NINJA GAIDEN Σ PLUS プレイ日記3

2016年03月13日

netabare.jpg
ninjaga33.jpg

 水中の移動が少し難しいです。操作がしっちゃかめっちゃかなのもあるのでしょうが、前進しようと思ったら上に行ってしまって酸素がピンチ! という場合も。しかし水中は個人的になぜか好きな場所なので用がなくとも潜っていたり…。
 それにしてももっと格好いいアクションがたくさんあるのでスクショを撮りたいのですが、ブレる及びスクショ撮る操作の合間に敵に攻撃されてピンチに! というのも多く、中々。壁走りのシーンなども撮れれば格好いいのですが、そんな余裕がないと…!


 DOAの話題ですが、ハヤブサも出ているのでこちらに。
 昨年行われたイベントが今年も開催されるようですね。昨年は参加しておりませんが、どのような感じなのかなと気になっております。ごくごくライト層でも遊びに行く分には大丈夫な場合ですが…。続報に期待したいです!
 また29日には戦国無双コラボコスが配信ですね。ハヤブサはやはり半蔵なのか。それとも小太郎なのか。はたまた全く違う武将なのか。楽しみです!

 
 以下、ネタバレなので追記に。流血表現にもご注意下さい。
 Chapter7~10です。






Chapter7 僧院

 皇帝居地ザルカンへと僧院が繋がっているとのことで、早速僧院へ向かいます。ここでは魔人史なども読めるので、少しずつストーリーの補完ができていいですね。

 ところでここの僧院は高所にある細い道を歩かねばならないというところがあるのですよね…

ninjaga25.jpg

 こういうものが大の苦手で、スティックを恐る恐る動かして進むのですがそれでも落ちそうになっているのですよね…。むしろ恐る恐る動かしているからこそ落ちるのかもですが…。
 こういうところを進めていると、ジェットコースターから落ちる時のあのむずむずした感覚が凄いのと手汗が凄まじいので、Vitaを何度拭いているか…。

ninjaga26.jpg

 今度は司祭部屋から永劫の書を入手するのですが、これが最初分かりませんでした。左右右左とあったので、1回ずつ動かしていたのですがうんともすんとも。
 これはもしや日付が関係しているのでは? と、2712を左右右左で合わせてようやっと入手できました。
 
 その後、顔が逆になっている岩に対して不気味だなぁ…と、思っていた所この岩が動き出しましたよ。なんというお約束! と、思いながら壁走りなどでなんとかギリギリで切り抜けと…。

ninjaga27.jpg

 そして今度はまた高所なのですが、落下して降りれば速いだろうと落ちたらゲームオーバーで(笑)
 一応あまりにも高い場所からの落下はハヤブサでも耐えられないのですね!! そこはリアルですね!!
 また恐る恐る落ちそうになりながら進み、その先ではゾンビのようなものに囲まれ、骨なボスを倒しました。波乱万丈ですね!!
 ちなみに魔神は人間の成れ果てが多いとのことです。今までも散々人間をやっつけていますが、化物のようなものも元は人間だろうと思うと…のしかかってきますね。


Chapter8 アルマ重鬼卿

 レイチェルの操作でした。
 妹アルマが重鬼卿になってしまいましたが、ガモフが言うにはアルマは素直でいい子なため重鬼卿にはいいようですね。しかしレイチェルもその実力がありますので、狙っているのでしょうか?
 レイチェルvsガモフだったのですが、これがまたガモフが強かったです…。かなりボコボコにやられました…。
 一撃は大きいレイチェルですが、ガモフの二丁銃と素早さに完全に翻弄されましたね…。また戦うことになると思うのですが、出来れば戦いたくないですねぇ…。
 

Chapter9 秘密の地下

 ヒミツの地下とかひみつの地下などの表記にしますとガラリと印象が変わりますね。
 というのはさておき、ザルカンへの道がまだまだ開けません。鎖国的というのもあり、かなりなものですね。
 ここらで龍剣が3まで鍛えられるようになったので早速鍛錬してもらいました。また氷刃殺も入手できました。あまり忍術は使っていないのですが、使って行った方がいいのでしょうか?

ninjaga28.jpg

 それにしても恐ろしい名前の部屋も多いのがまた怖さを醸し出しますね。

ninjaga29.jpg

 そしてまた躓いた壁走りです。ギリギリの所で落下してしまい、こちらも何度も何度も何度も何度もやり直してどうにかクリアしました。
 何気ないところでは壁走りは普通なのですが、いざ要求されると失敗するんですよね。普段いかに適当にやっているのかが丸分かりと…。

ninjaga30.jpg

 そういえば司祭さんは書が盗まれたのを知っていました。一応人の出入りはあるのですね。しかしまたご丁寧に番号は分かるように。今回は右左右左で1410で、中身は神命珠でした。

 そしてここのボスがいよいよアルマと…。このボスが中々に面倒なタイプでした。結構時間がかかりつつどうにかこうにか。
 それにしてもハヤブサがトドメを刺すことになるのだろうか…と悩んでいたらのレイチェルが。しかしこのアルマとレイチェルが交互に映し出されることによって顔がそっくりなのがよくよく分かるのですよね。アルマは魔人かつ頭がふっ飛ばされているのですが…。
 覚悟を決めていたかと思えばやはり手は下せず…


Chapter10 タイロン厳戒

 僧院が凄まじい破壊になり、軍が出動し、ハヤブサにとっては袋の鼠状態に。大変なことになってきました。
 しかしここでハヤブサは重鬼卿にも心があることを知ります。だからこそ去れというハヤブサ。

ninjaga31.jpg

 狙われている故、近くにいればそれだけ危険度も跳ね上がります。ストレートに言いますが、内心を想像するのもまた興味深いところです。事実を述べているだけなのか、慮っているのか。
 しかしレイチェルはドークに連れて行かれてしまいます。レイチェルまでそうなったら戦えないですが、一体どうなるのか。そもそもドークはどういう人物(?)なのでしょうかね。

 その後レイチェルがいた場所で彼女の武器を入手し使ってみますが、一撃が重いのがいいですね! それにしてもレイチェルもハヤブサも何の武器を使っても絵になりますねぇ。

ninjaga32.jpg

 お話もどんどん佳境に入るなぁと進んでいくわけですが、弓の攻撃が難しいのなんの…。スクショ撮ってる余裕すらないと! その間に撃たれますしね!(笑)
 近接で戦える敵はいいのですが、そこを容赦なく撃ちぬいてくるんですよね。まさに油断も隙もないというか。
 遠い建物から狙ってくる敵は狙いをつけるのも難しいですし、ここかな? と標準合わせればその辺りで攻撃してくるので回避してしまい、合わせたのがパーになると…。しかも強弓を入手したのがこの後だったので、余計に大変でした…。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)