討鬼伝 極 プレイ日記68

2016年05月08日

netabare.jpg
tkdk831.jpg

 ライトアップネクチメさん!!
 ネクチメさんをモデル歩き中に討伐するとそのまま討伐ムービーに移行するのかを検証しました。続きは追記にて。


 討鬼伝にテーマソング…? と、割りとゲームのイメージから想像がつかず、何ともかんともでしたが、「鬼討ツモノ」が原曲になっているものなのですね!
 自分はあまり中川さんを存じあげておりませんので、こればかりは聴いてみないことには何も言えず。OPで流れるようになるのか、ゲーム中に流れるのかは分かりませんが、今までお話もとても丁寧に作られている印象がある討鬼伝チームさんですし、さすがに世界観や雰囲気を壊すような使い方はされないだろうと信じております…!
 今度の月刊討鬼伝2でPVと共に発表されたりするのでしょうかね?

 それにしても2は声優さんが事務所縛りなどもなく、中川さん起用・テーマソングありなどかなり間口を広げている感じがしますね。新規客獲得のためでしょうか?
 面白いゲームだと思っているので、更に人気が増えたり売上が増えたりというのはファンも嬉しいです。売れればその余波で極の設定集が世に出る可能性も1%くらい上がりそうではないですか!!?
 2のときのウタカタ面子がどうなっているのか左さん描き下ろしを依頼~なんていう夢の様なこともあるかもしれませんので、ポジティブにいきますよ!!! まだ、まだ諦めていないのです、左さん描きおろしの瞳孔開いてない速鳥さんを!!!(笑)

 さて、今回も共闘編です。
 ネクチメさんと共闘部分に更に秋水さん語りアリです。秋水さんについても語りたいことは山のようにあるのですよ。速鳥さんもそれこそ山のように語りたいことはございますが要約すると「……モフモフしているな」と(嘘です)


 以下、秋水語りと共闘についてです。






 秋水さんについても語りましょう! ということで、秋水さんについて語りますよ!! 全てが秋水になるという勢いで!!

 秋水と言えば、極までやってこそのキャラクタ第一だと思います。無印だけでは魅力はまだまだ3分の1というか、敵と味方の微妙な立ち位置な気がします。それが極になりますと絶妙な立ち位置になると。

 無印で秋水は、ウタカタのモノノフたちを窮地に陥れようとしてもそれすら各々の過去を乗り越えるように乗り越えていく姿を見せつけられます。肝心要の巫女にしてもそうです。死という恐怖を思い出させることに成功させても、それすら力に変えていくのを目の当たりにします。
 オオマガドキからの秋水は、息吹と同じようにどこか凍てついた心の部分があったのかな、とも思っています。常に冷静であり、陰陽方の悲願に添えるように進めていき、本音は覗かせない。それでも過去を乗り越え、一致団結して鬼を倒していき、大切な友や仲間のために自らの命を掛けていくウタカタのモノノフの姿は思わず、「あの時、あなたのような人がいてくれたら…」と、本音が漏れるほど揺さぶったのではないかなと思います。実際に極では、その姿が眩しい、眩しすぎる故に憧れるという奥底も覗けました。
 オオマガドキの時は秋水は10歳です。10歳ではどうしようもできなかったでしょう。ただ大切な人たちが息途絶えていく姿だけでなく、仲間たちを振りきって逃げる者、囮にする者だっていたかもしれません。もしかしたらそういう姿を見たからこそ、「あなたのような人がいてくれたら」と言ったのかもしれませんね。
 秋水にとって北の仲間は心を開ける存在であり、幸せがつまった日々だったと思っています。だからこそその幸せが無残にも踏みにじられたオオマガドキを回避すべく、陰陽方に協力していて、過去には戻れないと分かっていても戻ってやり直したいと夢を持っているのではないのかな、と。
 一見冷たいように見えても、北の犠牲と巫女の犠牲の上に成り立つ今の世の中の犠牲の連鎖を断ち切りたいという思いや、暦との遭難時の「必ず助けに行く」は、あの秋水が言うからこそ重みを更に感じました。

 無印の日々を過ごして、秋水も少しずつほぐれて、または打ち解けているのではないかなと思っています。
 昔の秋水でしたら、「……正直死にかけました」発言も言わなかった可能性もありますし、それだけ皆に心を開いたからこそ話してくれたのかな、とも。男性キャラ最年少ゆえの可愛さ(可愛いという表現は失礼かもしれませんが…)も覗けてきて、ますます気にいるという方も多かったのではないかな、と思っています。自分もその口です。
 あなたの敵ではない、だからお願いです、必ず生き延びてくださいという言葉。秋水の悲願達成のためにも必要な人材であるのはもちろんですが、秋水なりの情があってとも受け取っています。

 しかしながらただいい人というのを奥底に秘めた人という表現ではなく、オオマガドキの再来から北の脅威という戦が続く中、犠牲の連鎖を断ち切るために自ら立ち上がって、「北」を沈める原因になった張本人の切り札ですら救い出すという姿勢。
 決して情や感情だけに流されず、きっちりと分けて考えることができるというのもらしさだなと思っています。

 簡単に理想を諦めてはならないということ。人間は過去には戻れないというホロウの発言を鑑みても、秋水の夢というのは不可能とも言えるのでしょう。オオマガドキのあの状況で誰も犠牲にせずとも救える道とは、彼自身が考える未来からの救援あってこそ初めて成り立つものなのかもしれません。
 夢物語に近い夢ではありますが、秋水自身が示す「九葉(犠牲あっての道)を否定すること」という夢であり野望であり理想というのは叶っているのではないでしょうか。
 ムービーでの出番は残念ながら極ではありませんでしたが、1回1回のイベントががっしりとプレイヤーの心を掴んでくる、そんな印象でした。

 ムービーで思い出しましたが、桜花さんが「秋水!」となるあのムービーの速鳥さんも好きなんですよね。後半の姉妹の言い合いで溢れる空間で、こう、居心地悪そうな感じに佇んでいる姿というか、言い合いを自分が聞いてよかったのだろうか的なあの感じが!!




 さてさて、語ったあとは共闘編です。
 今回は自分がお誘いしたのですが、任務を受け忘れているを数回やらかすという大ボケっぷりをかましてしまい、申し訳ございませんでした…。受けた気になっていました…。

 今回もテーマ共闘だったので、お馴染みの秋実さん、晶良さん札で野良さんでした。いつもありがとうございます!!
 テーマ共闘ではありますが、割りと突発的に開催したものでして、テーマとしては2つだけでした。

 まずはこどもの日があるので、これでもか! という程ガチガチの鎧装備でやりませんか? と、提示しました。

tkdk832.jpg

tkdk833.jpg

 凄まじいガチガチ装備っぷりですね!!
 実は秋実さんと、当初頭装備も同じだったようで、今回は上半身が同じな為、同じような路線で考えていたということが後に判明しました。晶良さんは髪の色と同じ青で綺麗に華麗にまとまっておられると! 毎度書いていますが、テーマ共闘は装備の被り具合や全く被らなかったときなどのそれも面白いのですよね!

 無印をやっていた頃、どうしてPC装備だけはこうなるのだろうか、と割りと疑問だったのですよね。

tkdk834.jpg

 並ぶとこうなのですよね!!
 誰よりもゴツく、男性であり頭である大和よりも重厚と…! これは顎で鬼の一部を食いちぎる系の噂出てもおかしくないと…! 無印時代は大人の事情で露出装備があまり出来なかったと、おがP氏か森中D氏が当時おっしゃっておりましたが。

 更に今回はミタマを見た目ショタ縛りというものにしてみました。こどもの日なので!

▼こどもの日鬼退治ショタ縛り

 秋実さん:豊臣秀頼、一寸法師、桃太郎

 晶良さん:那須与一、平敦盛、桃太郎

 野良さん:桃太郎、一寸法師、二宮尊徳

 自分:聖徳太子、天草四郎、豊臣秀頼

 桃太郎入れていればーー! となりましたが、秀頼が被ったようで! その他一寸法師もですし、意外と似ていて似ていない構成になったのが面白いですね。
 ちなみに自分の構成は太刀には物凄く不向きですし、灰色スキルが一つあるので全く実用的ではありません。針が刺しやすいというのだけがいい部分な気が…。

 そうですそうです。色々組んで遊んでいたのですが、偶然以下になった瞬間、「これはあぶない図だ…」と(笑)

tkdk835.jpg

 全員賭なので、スキル的には組みやすいですが絵柄が危ないですね!! 一寸法師はお椀でレースばりにすっ飛んで逃げそうですし、秀頼は淀殿がすっ飛んできそうな気配が。

 それでもって任務は、恐らく皆さん桃太郎を組まれるであろうと予想してゴウエンマとダイテンマの任務でした。
 ここで今回自分が撮った中のMVPが撮れたのです!

tkdk836.jpg
 
 ゴウエンマと一緒に屈みポーズでカメラ目線ポリタン!!!
 野良さんは今回札参戦だったのですが、撮れたスクショを見返しますと野良さんしか撮れていないレベルにポリタンまみれだったのです! きっと野良さんが降臨していらしたに違いないと!!

tkdk837.jpg

tkdk838.jpg

 見た目はあれほどごつい装備ですが、ワンパンでかなり体力を削られるというギャップも面白い装備でした。
 しかし自分にはスキルが揃っていないと太刀はまったく使いこなせないということも分かったのでよかったです!



 そしてネクチメチャレンジです!!
 しっかりと動画に残っているの代わりにもなりますね。ありがとうございます!
 今回は部屋名が「NEKUCHIME LIVE」だったのですが、命名も秋実さんです。多謝であります!!

 ギリギリまで体力を減らし、そのあとは千切を殻に当てて無理やりタマハミさせて歩き待ちをし、歩いたところを「全身全霊です!」というわけでした。
 1発で成功したものの、あの歩きのままでは終わらず…。しかしながらスポットライトに照らされて召されるというか祓われる運命になるのはネクチメさんだけと!!(笑)鬼の中で実は一番高待遇なのかもしれません。
 ちなみに数回チャレンジしておりますが、スポットライトのみでした。

tkdk839.jpg

 最初は総攻撃で体力を減らしますが、残り少なくなりますと様子見をしたり、千切を溜めっぱなしにしたり(いつでも殻を脱がせられるように)普段しない動きになるというのも面白かったです。
 2でオープンワールドの領域を歩いていると急にスポットライトが…! という展開はあるのかないのか(笑)


 最後は恒例のムジナ探しだったのですが、この日は特殊でも誰一人として出るものが出ず、無限を数回だったのですが、最後の最後でやっとこさ出てくれました!
 しかしムジナ編のスクショはまともなのがないので以下の2枚で…。

tkdk840.jpg

tkdk841.jpg

 ノヅチたん、癒やしですね。「いてっ!」という感じが可愛いです。

 それにしても今回も動きといい、癒式でのサポートといい、勉強になります!! なるほどな~と言いながら床で這いつくばっていたので、少しでも次に活かせるようになりたいものです。
 またリベンジでも、2でもよろしくお願いします!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 秋実 | URL | -

    秋水は裏のヒロイン

    ムハァァアアアアマリさんのォオオオ秋水さん語りィィイイ!!!!

    ハァハァハァハァ……!!!!

    …失礼致しました取り乱しましたすみませぬゼイハァ…

    言いたいことはすべて仰って頂けたので、私からは特に何も…というわけにはいかないので、自分も語り返しちゃいます!w

    自分は無印の頃から秋水スキーでしたが(自分のツイ辿ったら購入から20日で惚れてたらしいw)、見た目だけの美男子ではなく、極では内面の情熱や優しさが垣間見れて本当に良いキャラクターですよね。

    隠し事はするが「嘘は言わない」。
    …というルールを自分に課すところにも、8年前、霊山が北の地に迫る危険を知らせないまま、主要なお頭・巫女を呼び出し、結果的に壊滅してしまった悲劇が絡んでいるようにも思いました。
    嘘や人を騙すようなことは嫌悪してそうだなぁと。

    いざ同様にウタカタに危険が迫った時、誰も捨て置かず、諦めることもなく、桜花さんを始め、仲間のために走る隊長の姿は眩しく、憧れに値する存在なのかなと。

    マリさんが仰るよう、オオマガドキで地獄をぬるく感じた、という発言からして、そういう醜い人間同士の争いも見てきたのではと思いますし、10歳の彼が北の人々を救おうとしても、救えなかった(或いは信じてくれなかった)ことを、ずっと悔しく胸に楔のように打ち込まれているのではと。
    それが後の原動力になっていることが、幸か不幸かはわかりませんがw

    ウタカタのモノノフを利用しようとするのも、ただ危険に晒して無駄死にさせるようなことはしない、誰一人犠牲を出さず、すべてを奪還すること、それが隊長なら可能だ、という確信を元に語った夢物語だからこそ、自分は応援したいと思いました。

    善悪は誰にも裁けない、彼の信じる正義…その行先を見守りたいです。
    自分の目的遂行のためならばモノノフも陰陽方も欺いてみせるという18歳…
    惚れるしかなかった…!!

    ある意味では復讐劇なんですよな。
    すべてを奪還することで、犠牲者や理不尽を起こした連中・事物に報復して、己の正しきを示すという…
    利己的ではありますが、目指すのが世界平和なあたりが、秋水の憎めないところなのかなとw

    2で出番があるのかはわかりませぬが…それでも自分は今後も彼を贔屓に愛していきますぞ٩( ''ω'' )و

    そして共闘編もありがとうございます!!
    マリさんのガチガチ装備、決まってましたね、素敵でした(^^♪
    桃太郎シンクロ惜しかったですな~w

    そしてポリタン無双!やっぱりどこにいても目に入ってしまってww
    ポリタンは癒しですなぁ…2でも継続して着れればいいなぁ。

    ネクチメチャレンジはリベンジでも、普通に討伐でもまたやりましょう!
    今度は4人そろってチャレンジしてもいいですしね~本当に立ったまま昇天なされるのか…

    ノヅチちゃまは2でも良い指南役してますので、お楽しみに!w

    …長々と失礼いたしました~|ω・)

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    秋実さん

     秋実さんんんn!!!!! 熱いコメントありがとうございます!!
     コメントも記事の一部、あってこそ成り立つという考えですので、まさに秋水さんファンの方のコメントあってこそと感激です。そして読みながら赤べこ並の頷き加減でしたよ! 首振り止まらないという感じで!

     購入から20日後では既に完全に落ちていた、ということですね!? さすが秋水さん、魅惑的な御方でございます。
     分かります! まさに才色兼備という言葉がぴったりな方なのですが、それだけで終わるわけではなくて冷静に見えて熱い部分や優しさが感じられるのがいいのですよねぇ。

     >隠し事はするが「嘘は言わない」。

     なるほど…! そこの部分が完全に抜け落ちておりました。
     騙された結果が北の壊滅だったからこそ、嘘は言わない。あああ、まさに仰るとおりですね!
     本当のことしか言っていないものの、隠し事はするので、本当なの…? というミステリアスな部分が出るのもいい部分ですよね。分かる人はこの人は嘘は言わないと分かるというのも。

     ウタカタが放棄という決定がくだされた時に、里の一般の人でも逃げ出なさい、全員がその場にいるという中でそれを守る姿は、憧れであり、横文字で恐縮ですが、”ヒーロー”でもあったのかな、とも思ってしまいます。
     でも秋水さんも逃げ出さずに最後まで協力する姿は”ヒーロー”ですよね。憧れの存在と同じ位置に立てていると思っています!

     オオマガドキは想像を絶するものだったでしょうね…。相馬があずまの地で人同士の食料の奪い合いでという陰惨な跡地を見たようですし、北でもあったと考えておかしくなさそうですよね…。
     10歳の少年には大きすぎた出来事だったと思いますが、それが原動力になると思うと…ですね…!
     思い出自体は不幸ではありますが、それを思い出しても憎悪しか浮かばないというわけではなくなっている今の所まで来ていることは嬉しいですよね!

     あの夢のお話は泣きました…今も泣きそうになってます。
     九葉さんの取った手段はあの時点で人間の未来には正義だったと思います。それでも北の人間にとっては悪でもありますし、だからこそそれぞれが信じる正義を信じて、決して後ろを振り返らずというのを極でしっかりと魅せて下さった姿、凄く大人でした。
     最初に見た印象と全然変わりましたよ! その分禊は同性異性問わず歳相応の感じが出てかわいいなぁと。そのギャップもいいですね!

     利己的ではあるが世界平和を目指すという部分、秋水さんファンでしか書けない一文でございますね!
     討鬼伝は完璧人間はいないのですよね。誰かしら何かしらあって、しかしそこ含めて愛おしいと。

     2でお話がどう動くのか想像つきませんが、それでもその先でまた何かあると思いますし、またウタカタノお話がどこかで、という可能性もあるかもですよね!
     終わってしまうわけではないですし、秋水さんをこれからも応援される姿を自分は楽しみにしております。自分も速鳥さん応援しますし、描き続けますよ~(笑)

     共闘もありがとうございます!!
     スクショがポリタン無双で、ご本人様降臨されていたに違いないと思っております!!

     ネクチメもミタマのニアミスもまたできたらいいですね! さくっといけますし!!
     今度は千切極当ててトドメ! というのも面白そうですね。多分立ったままではなさそうですが…

     こちらこそ熱いコメント本当に本当にありがとうございます!! 止まりません!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)