NINJA GAIDEN Σ2 PLUS プレイ日記4

2016年05月21日

netabare.jpg

 ハヤブサも出演しているのでこちらでも。
 昨年のフォトコンテストのハヤテとハヤブサのスクショがとても好きで好きで、何度見てもツボに入ります。御免のポーズがこういう場所でいきるとは…!!
 今年のフォトコンテストはDOAX3も可ということで、そちらで応募される方の作品も楽しみですね。

 そしてそして今年はイラコンも開催なのですね!
 応募条件を読みましたが、16:9のjpgデータということでサイズが本当に大丈夫なのかどうなのか凄く心配になります(笑)
 フォトコンテストも同じ比率なのですが、Vitaの画像はそのままですと960×544ですよね。4の部分は切り捨てで540扱いで大丈夫なのでしょうか…?
 イラストは800×450のサイズでも大丈夫ですかね。なんとなく浮かんだものがあるので参加してみたいものです。参加するのも楽しいので!

 自分は見る専ですがコスコンも楽しみです。写真で拝見しましたが、昨年のバースはまさに本物でございましたね! ティナちゃん呼んできてーと、見た瞬間思いました。DOAのコスプレイヤーの方は多いですよね。自分はTGSでしか拝んでおりませんが、コンテストに出演されている方以外にも沢山見かけたので、人気だと!


 さてニンジャガですが、Chapter9の演出が大のお気に入りです!! こういった演出は盛り上がりますね。リアルタイムで刻々とですし。その上、ムービーもかなり熱く、一人で燃え上がったのですが最後のボスでそうだニンジャガだったこれはと思い出しながらゲームオーバーしてました。
 また、Chapter関係なくですが、ジョウさんも動かしてみたかったです。むしろ親子でタッグバトルを…!!
 


 以下、ネタバレなので追記に。流血表現にもご注意下さい。
 Chapter9~Chapter11までです。






Chapter9 飛行要塞ダイダロス

 久々に幻心の名前が出てきまして、彼らがおわす飛行要塞に乗り込むのですが、初っ端がキツすぎました。思い切り撃たれまくりで中々攻撃できず…。盾の中から撃とうとすればそこを狙われるというスナイパーっぷりを見せつけられました。
 前作でこういう感じでゲームオーバーしたな…というのを思い出しつつ…。

 それにしてもこのChapter9の演出凄く素敵ですね! まるで映画の中に入り込んだ気がして、とても熱かったです!

ng2p37.jpg

 状況に沿ってアナウンスが流れ、そこを実際に敵を倒しながら遊べるということに感動しました。ムービーで終わりではないというのが嬉しいです。その上、内部では手帖にてハヤブサ親子について書かれているのもあり、ニンマリと。リュウ様、まだナメられているようですが(笑)というかこの時点でブサさんはお幾つなのでしょうか…? DEAD OR ALIVEの5までが23歳で、5以降が25歳ということは…?
 
 たくさん流れるアナウンスで面白いなと思ったのはここでしょうか。

ng2p38.jpg

 しっかり美女呼びなんですね!! しかし敵のエリザベート含めても美女しか出てきませんし、ソニア以外のパターンも気になってしまいました。それからこの辺りになるとエリオットくんには見えなくなってきました。慣れたようですね! というかエリオットくんにお姉さんがいたらこういうお顔なのでは…? とも。

 ここでは敵にさほど苦戦することもなく、ゴリ押しでも進めました。ブサさんの「いきなり墜落したら困る」という台詞もニンマリしつつ、途中で爆発する敵のみ気をつければでしょうか。ここまではよかったのですよね…。
 演出も最高ですし、苦戦もさほどですし、その上ブサさん普通にしていても渋いのにまさかバイクも乗りこなせるだなんて!!! 心臓は1000回くらいゲームオーバーする勢いで撃ちぬかれておりますが、不死のごとく蘇りますよ!!

ng2p39.jpg

 と、鬼のようにスクショをしていたあとに待ち構えていたアルマジロにボコボコにされました……。テンションの落差が凄まじいChapterですね…。
 まずアルマジロでかすぎる…と、絶望状態でしたがどうにかこうにか攻撃していきました。が、ある一定の所から体力が一定ごとに回復してしまうので持久戦でこちらがやられました…。これは厳しいなぁとリトライしたのですが、2回目は体力回復しなかったのですよね。なんだったのでしょうか。元々回復はするのですよね…?

 ソニアが無事でよかったですが、それより何より、果たしてリュウ様にできないことがこの世にあるのか気になってきました。


Chapter10 服従か、死か!

 人間(軍)と魔物が戦うのですが、人間のボロ負けっぷりが衝撃的でしたね…。水の都ほど過激な描写ではなかったのは救いでしたが…。と、そんなことを考えながら龍剣をレベル3まで上げて進んでいたところの列車内がこれは…エグいです…。しっかり刃物入った場所が分かるのが…。CERO Dでよかったと心底思いました。

 道中、歴史書を拾いましたが黒衣の超人とは隼一族のことなのでしょうか…? 読んでいると一瞬今の話なのか…? とも思ってしまいました。ニンジャガで気に入っているものの一つに手記や手帖などがあるのですが、今回は以蔵という方のマメマメ日記がかわいい表現でしたね。
 ところで地蜘蛛の前の御屋形様の話題があがっていたのですが、あの人でいいのですかね…? 何気に幻心は弟を誰かさんに亡き者にされたようですが、弟とは…? もしや幻心とガモフは兄弟なのでしょうか…?

 このChapterはボスより何よりジャンプで進むところですよ…。

ng2p41.jpg

 途中で救済のように下まで落ちないようになっていますが、操作をミスってやり直しになった瞬間の絶望っぷりと言ったら…。自分の動かすブサさんはふらふらニンジャでして、ブラッドでも乗り移ってるんじゃ…という感じです(笑)
 更に歯車に巻き込まれダメージを負い、やっとこさ乗り越えた所で敵が襲いかかり避けて落下しまたやり直しになったり…。ジャンプしたり大車輪したりは楽しいのですが、失敗ばかりなのです。前作よりもマシですが!

ng2p42.jpg

ng2p43.jpg

 ジャンプですり減った神経は渋いブサさんで回復で! 一瞬で全回復できる感じが最高です。


Chapter11 水都の夜

ng2p44.jpg

 あやねを動かして進める部分でした! コスチュームはチャイナ服風の夜の蝶的なものにしてみました。
 ジョウさんが無事なのことが分かってホッとしましたが、怪我が凄いですね…。顔も包帯ぐるぐる巻きとは…。特に目も巻かれている気がして、心配です。

 あやねはスピーディに動かせるので楽しいのですが、攻撃力が低めなのでしょうか? 結構攻撃しているはずだけども中々倒せていない…? という体感でした。
 しかしそれらを上回る爽快さが楽しいですね!!

ng2p45.jpg

 途中ではスイカを斬ったりも。和みます。
 ここでは勾玉を取り戻すためということで、それを目的にボスを倒しますが、あやねは天神の小娘呼ばわりなのですね。霧幻天神流の天神でいいのですよね…?
 なんとか倒せて一息ついたと思ったらの…

ng2p46.jpg

 どういうことなのでしょうか…!? かすみですよね…!!?
 時系列を調べたのですが、DOAよりも前のお話ということはまだ抜け忍でもないのですよね…? 姉として見に来ているということなのでしょうか…?
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. よし | URL | jlTJ30Ik

    Σってニンジャガシリーズでは簡単な方らしいのですがどうなんですかね?
    私は360のニンジャガ2とWiiUのレーザーズエッジ持ってますけど難易度的に手が出せまんよ・・・。
    +でΣ2も配信されたのでVita版を落としてはいますが沸点高いので最後まで出来なさそうですし。
    ニンジャガシリーズは演出やキャラが良いので出来ればもう少し遊びやすくして欲しいかなと。

    後、外伝的にエレナが主人公とか紅葉が主人公とかで作ってくれませんかね。
    主人公が女性というだけで多少はモチベ上がりますし。
    それにしても、マリさんVitaの小さいボタンで良くあのアクション出来ますな。

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    よしさん

     Vita移植版はヒーローモードという一番簡単な難易度が増えているようです!
     遊びやすくという部分もそこかもしれません。体力が少なくなりますとオートガード発動などなど。まさにヒーロー状態に!
     遊びやすくなっているという点ではノーマルモードもな気がします。それでは物足りぬという方の高難易度も存在しておりますし、よりプレイヤーの実力毎に寄り添える感を自分は感じておりますかね。

     360は一番むずかしいシリーズですかね?
     自分はΣでですが、前作は最初ノーマルで遊んだらこれはクリア絶対無理だと悟りました(笑)(前作はイージーモードもありました)
     
     エレナが主人公!! 麗しいですね!!
     そういえば紅葉も2では1ステージのみ使用でしたね…。クリア後はシナリオをムービーはハヤブサですが、中身は紅葉やレイチェル、あやねで遊べるというのがあっても楽しそうですよね。

     逆に大きな画面や大きなコントローラーに慣れていないので、店頭体験等をすると驚きます(笑)
     特に大きなTVは視界に全て情報が入るように慣れずに終わってしまうことが多々…!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)