コミカライズ 空の軌跡SC 第19話感想 ※7/9追記 最終回?

2016年07月08日

netabare.jpg
英雄伝説 空の軌跡SC (2)<英雄伝説 空の軌跡SC> (ファミ通クリアコミックス) 空の軌跡SC 3巻は10月15日発売!
 更新日だけでなく、単行本の発売日の告知まであるとはありがたすぎますね、新生コミッククリアさん!
 3巻の表紙は誰になるのでしょうか!? オリビエなのでシェラさんも表紙デビューが望まれますが、ミュラーさんもちょっと見てみたいですね。

 しかし、今回のお話は第1部完となっており、次回の更新日が書かれておりませんよね…? 単行本作業でお休みということでしょうか?
 それとも来月はお盆辺りにぶつかる可能性もということでしょうか。何はともあれ続報は待ち遠しいですね。


 それから気のせいかもしれませんが、今回のお話は絵や流れや雰囲気がいつもと違ったような感じがしました。気のせいだと思われますが…!


 ファミ通コミッククリア:空の軌跡SC
 http://www.comic-clear.jp/comic.aspx?c=21

 19話は、軍部ファンとしては待ちに待ちに待ちに待ちに待ちに待ちにまったという勢いのお話です!!!!! ずばりあの部分ですよ!!!!!
 特に20話は端折られなければ自分はまた文字化けでしか話せなくなりそうな予感です!!!!! が、軍部は脇役というのと、ここで第1部完ということはもしかして完全端折られか、運が良ければ先延ばしになって他のシーンからという可能性もなくはないと。あったら嬉しいのですが…! さて、どうなるのか…ゴクリ…。

※7/9 追記
 ファルコムさんのメルマガを読みました。突然すぎる最終回の文字に驚きすぎて言葉になりません…。
 SCを最後まで描ききる前提として今まで描かれていた漫画だと思いますし、何よりもあまりにも突然なこの展開に呆然としています。何だか違和感を覚える最新話だなと思っていたら、こういうことだったのですね…。
 啄木鳥氏が体調を崩されたことがございましたし、氏の体調によってということでしたら、それはもうお身体を再優先にと心から思いますが、もしそうでない場合はただただ残念で仕方がありません。人気がなかったので打ち切りとも考えたくないです。今はもうありませんが、ゲッキンさん時代から皆に愛されてこちらのコミッククリアさんでの連載が続いて、さぁこれから! というところでまさかの最終回とは…。ファンの方はご存知だと思いますが、SCでヨシュアが一度も出ずに、ですよ…。
 とにかく頭が真っ白すぎます……。このやり場のない気持ちをどうすればいいのでしょうか。毎月楽しく応援メッセージを書いて送っていましたが、今月はとにかくショック過ぎて、残念ですという気持ちでの送信になりました。
 コミッククリアさんでは「第1部完」と出ているので、自分はそれを信じて、また第2部として復活があることを心から願っております。単行本が10月ということで、19話が一部書き直しだったり、単行本でのフォローがもしかしたらあるかもしれません。
 啄木鳥氏は「続きが描きたい」とファルマガにてしっかりと綴っておられるようですし、大人の事情なのか何なのかは分かりませんが、考えたくなくなりますね…。
 こういうことは書きたくないですが、漫画には関係ありませんがjdkさんのことと言い、不透明で突然すぎることが多くなってきてしまい、正直、凄く消耗します…。無論、企業ですので色々あることは分かっています。理解できていても気持ちは全く追いつけません…。とにかく残念です…。
 何はともあれこれまでの連載、お疲れ様でした。ですがまだ「お疲れ様でした」なんて言いたくありません……。


 以下、ネタバレなので追記に。SCクリア推奨です。






 まんまと罠に引っかかったエステルとケビンが大急ぎで王都に戻り、フィリップさんと合流するも支部の中は全滅状態で…。
 エルナンさんの寝顔の美しさに思わずセシリア姫と言いたくなるくらいな18話でしたね…!!

 全員睡眠薬に引っかかっていること&レンがさらわれたと勘違いし突っ走るのはエステルらしいですね。
 既に落ち着いているケビンさんが止めていますが、エステルは止まらないと! こういう時に「エステル!」と、止められるのは未だ姿を見せないヨシュアなのかなとも思います。しかしそれはFCまでのエステルだったかもしれません。今はSCで、ヨシュアがいなくともここまでやってこれているという大成長を次で見せてくれると!
 この部分は凄く印象的でした。考えることは自分よりも他の人と思ったからこそケビンに、「お茶会」の場所を聞いたのでしょう。
 ケビンはその最終的な狙いを見事に当てています。そこからエステルは、そこに辿り着く前までにという機転のきかせ方を魅せてくれました! これは格好いいですね。
 城は王国軍がしっかりと守ってくれてるという部分で、軍部ファンとしては分かりますその気持ち! と、頷きながら読んでおりました。実際王城の警備はマックスが手厚く守備を展開していますし、親衛隊も残っています。エステルが軍を信頼しているからこそ出来たことでもありますよね。遊撃士と軍が協力関係にあるリベールらしいお話ですね。


 というわけでジークのお陰もあり、オルグイユの位置を発見するのですが、待っておりました…!!! 本当に待っておりました、カノーネさん!!!!! 物凄く待っておりました!!!!!!
 ゲームでは伏線がありましたが、コミカライズでは満を持してという感じでしたね。しかし相変わらずお美しく…!

 そんなカノーネさんはFCの時から何一つ変わっておらず。
 エステルに言わせれば”そんなこと”かもしれませんが、カノーネさんにとってはそれが全てなわけです。エステルにとってのヨシュアと同じく、カノーネさんにとっては心酔するリシャールが夢見たリベールをなのですよね…。
 カノーネさんは王国軍の兵士からもその能力をしっかりと認められています。首席卒業はユリアさんだったのだろうと思いますが、競うほどです。だからこそ真剣になっているキレ者さも感じさせるその表情が美しいなと思います。まっすぐですよね…。だからこそその思いがよくよく伝わって辛くもありますが…。

 その進撃を止めるのはライバルであったユリアで…。
 ユリアたちがレイストンでの訓練に行っていると思っていたからこそのチャンスでもあったと思いますが、そこを読んでいたのはマックスですよ!!!!
 しっかりきっぱり「昼行灯」の台詞が出ていて、さすが美味しいところは逃しませんね!!!!! と、鼻息荒くなってました(笑)
 カノーネさん、FCの大尉時代から一応階級が上のマックスを物凄くこき使っていた挙句の果てに「シード」呼びですのでブレないですよね! そんなところも大好きですし、決して訂正しない、逆らったりしなかったそんなマックスも大好きです!!!!!!!!!!!1
 ユリアからは侮ったお前のミスとしっかり言われておりますが、そうですよ、マックスもリシャールと同じ直属の部下ですよ!! セントハイム防衛した軍人ですよ~~~~!

 それにしても命をかけた人は強いですね…。
 リシャール直属になった時からきっとそれは変わらないのだろうなと思うと余計に泣けてきますが、泥をすすってでも、命を捨ててでもという覚悟の相手と、どうにかして何もなく収めたいというユリア側では分が悪いのは見えていますね…。かつてのライバルを傷つけるのは避けたいと思いますし…。
 しかしカノーネさんの告白からユリアの告白返しが残念ながら削除に…?

 さて、ゴスペルの実験も兼ねてということで成功しますがそこを封じるのはあとでこっぴどく説教を受けることになるケビンさんで!!
 隙を見逃さずに「撃て!!!」と、命令するユリアさんの凛々しさには心臓持って行かれましたね…これはエリカさんがいたら大変なことになっていたのでは!? 戦う姿というのはやはり格好いいものですね。

 しかしユリアさんだけがカノーネさんの本当の目的に気付いているというのが……。
 それを見つめるユリアさんの目が………。
 その後のレンに利用されたと分かったカノーネさんの表情はもう何も言えず……。あのカノーネさんがこのような表情をするのはこれで最初で最後では?
 パテル=マテルが出てきてからはカノーネさんのところに寄り添うユリアさんというのもまたくるものがありますね…。
 P35の「上だ!!」のコマにマックスがいますが、テンションがなかなか上げられないほどには…。


 やはり今回の部分はかなり駆け足気味のペースでしたでしょうか?
 追記前にも書きましたが、不思議といつもの啄木鳥しんき氏とは何か違う感じがしました。絵も少し違うのもあるのかな、と思ったのですが、お話の流れや雰囲気がどうも何か違う気がします。良い悪いという話ではなく、何かが…という感じで。
 うまく言葉にできないのですが、普段と読後感が違う気がします。他の方の反応がとても気になりますね。

 ユリアさんの告白返しがフォローされるのかそのままになるのかは、あの軍部フィーバーな取り調べが20話であるかどうか、ですかね。
 次の更新日の予告を楽しみに待ちたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)