討鬼伝2 引き継ぎ体験版プレイ日記2

2016年07月26日

netabare.jpg
toukiden2akiba21.jpg

 新旧天狐さんに纏わるキャラクタが揃いました! せっかくですので速鳥さんは天狐さんに挟まれてもらいましたよ~!!
 カウントダウン絵から察しますと、好きだけども逃げられる速鳥、苦手だけども好かれる神無でしょうか。二人共基本的に口数が少なく、強いというキャラクタですが天狐さんが絡むと…一方は変質者に見紛う姿に、一方は最強剣士だけども屍に(笑)
 実際どういったエピソードが拝めるのか楽しみですね!! 真鶴さん含めて!!

 発売目前というのもあり、引き継ぎ体験版をもりもり進めております。
 しかし今回は友好度の上がり具合が凄まじいスピードですね。普通にイベント進めているだけでもう心の友レベルなので、もっぱら一人旅か一人で出撃しております。某キャラは友好度を上げ過ぎると、領域での雑談でネタバレするというのをお聞きしたので、余計に一人旅しております。
 これは製品版で調整入るのでしょうか。入ったとしても体験版からのキャラクタは時既に…なのですが、新しいキャラに有効でしたら是非とも調整入って欲しいですね。無印くらいで自分はちょうどいいと思うのですが、どうなのでしょうかね。極も上がりやすくなっておりましたし。
 現在の友好度の上がり具合は、禊台詞コンプはほぼ不可能レベルな気も…?


 そして、恒例の直前生放送もきましたよ!!! 明日お稲荷さんが買えれば準備万端です。うたかたも2本冷やしてます。YoutubeLiveで拝見しますよ!!! 飲み食いしながらTwitterやりつつ盛り上がりたいです。多分べろべろなので感想は一つにまとめるということはないと思います…。

 さて、発売目前ということで年齢予想をしようと!! 前作は一部割りといい線いきましたが、今作が難しいです…。
 実は博士の年齢は体験会の会場で見ているので知っています。ですので、ネタバレにならないよう博士抜きで考えたいと。

▼年齢予想(博士抜き)

・50代
 識(55)、九葉(50:確定)

・40代
 雷蔵(48)、時継(人間時代45辺り)、主計(43)、紅月(40か38)

・30代
 相馬(34:確定)、八雲(30)

・20代
 刀也(29)、九音・真鶴(23)、神無(20)

・10代
 焔・グウェン(19か18)、椿(18)、初穂(17:確定)、かぐや(10)

 時継(人間時代の最終年齢が45くらい)>紅月(38か40)>相馬(34確定)>八雲(30)>刀也(29)>九音、真鶴(23)神無(20)>焔、グウェン(18か19)>椿(18)>初穂(17確定)>>かぐや(10)

 こうして予想してみましたよ!!! しかし読めないのですよね…。当たっても嬉しいですし、外れても面白いですので明日が待ち遠しいです。答え合わせは発売日にしたいと思います。


 以下、ネタバレなので追記に。極までのネタバレも含まれるのでご注意を。
 一章冒頭(選択肢は近衛)~禊イベントまで。






一章 鬼討つ者

 マホロバのお頭は2年前に亡くなって以来空席ということが判明しました。
 2年前と言えばウタカタに極までの主人公が到着した頃でしょうか。マホロバの里のお頭はどういう方だったのでしょうかね。これだけ外様と鬼内で対立している里なので、どちらかに肩入れというタイプだったのか、平等だったのか気になります。
 現在は代わりに神垣ノ巫女が仕切っていますが、幼いため実権は八雲と刀也が握っているようですね。
 しかしきちんと謁見式などがある辺りマホロバですね。ウタカタは大和が身分の差なしというのを掲げているというかそのような感じでで、巫女様というよりかは普通の女の子として橘花も過ごしていますが、普通は神垣ノ巫女と言えば権力者であると。

8tkd2.jpg

 残念ながら岩屋戸にはカラクリは行けないようで…。まだまだ慣れているというわけではないのですね、里でも。しかし人間時代は自称・それはいい男だったという時継ですが、どんな感じだったのですかねぇ。

 さて、主人公は里のモノノフになるための許可を得に行きますが、八雲が最初からかっ飛ばしてますね!! 次期お頭と言い切る辺り。
 この後選択肢が出るのですが、こんなもの一つしか選べないじゃないですか!!!! と、なりました(笑)

9tkd2.jpg

 刀也は同意してくれましたが、八雲はご機嫌ななめなようで。刀也との仲は深まったようですね(笑)
 というか八雲が最初に発表になったとき、10割近い方々が烏帽子と間違えたと思うのですよね!? 自分も、「へぇ烏帽子キャラか」と思っていたところがどっこい! という感じで三度見しました。TLは八雲の髪と八雲の服のおんぶ紐についてで埋まった気がします(笑)

10tkd2.jpg

 すみません、八雲さん!! しかし今のところは真面目なキャラですね。あの髪型にどんな意味があるのか気になりますが! 彼はおしゃれと思っているのか、はたまた何か譲れないものがあるのか…!

 さて、主人公は外様でも鬼内でもないということでハグレ者を率いる紅月に預けられることになりました。ここでかぐやが少し興味を持ってくださったのですが…

11tkd2.jpg

 可愛いのなんの!!! こんなにも可愛いかぐや様、お守りする八雲の気持ちはよくよく分かります。


 そしてここからはオープンワールド体験版にも似たようなところなので省略しつつ進めます。
 モノノフになるための試験ということで監視小屋を目指します。まずはさくさく進めて、その後オープンワールドを堪能しようという感じです。
 碑文についてはまた後程。

12tkd2.jpg

 その後、時継と焔の漫才で笑いつつヒダルを倒しますとが入手できました!!
 その後が前の体験版にはなかった部分ですね。監視小屋に入れなくなってしまったのは残念ですが、監視小屋前で火を囲んで4人で鬼を警戒するという日常風景が覗けて嬉しいです。こういうのもウタカタで拝みたくなってしまいますね…!
 どうやら異界に近いところでは気温は低いようですね。瘴気が濃すぎるところはもしや極寒の地なのでしょうか…!?

 ここらで紅月が主人公の身元について尋ねます。手がかりが「九葉のみ」というのがまたいいですね!!
 ちなみにオオマガドキで明治政府は倒れ、残った里・勢力圏のことを「中つ国」と言うというのも明らかになりました。
 どこまでが中つ国なのか。中つ国はどこを指すのかと曖昧でしたが、ようやっとはっきりしました。つまり中つ国以外には人間はいないはずですのでそれらのみと…。
 そして横浜防衛戦がどうなったかという顛末も聞くのですが、九葉さんが血塗れの鬼と呼ばれるようになったのは横浜防衛戦なんですね。生存者はただ一人軍師のみというのは軍師としては正しいのかもしれません。九葉さんが生き残ったからこそ、その次の戦いに生きたと思いますし。
 九葉さん、聞けば聞くほど人類のヒーローでありつつシリアス具合はヒロインだなと思いますね。極でのあの言ってはならぬ言葉というのが聞けた時のあの完全にプレイヤーの時が止まる感じは忘れられません。
 さて、ここで光るのはそこで焔のポジティブ加減です。素敵ですね! 富嶽さんもそうですが、こういったキャラのポジティブ具合はいいですよね!! 励まされます。本人は励ましたつもりはないようですが(笑)
 しかしそんな焔が先に寝ようとすれば…

13tkd2.jpg

 笑いましたよ!!! 紅月さんのこの顔いいですね~!!!
 焔も勝てないというのがよくよく分かりましたが、その後は時継も大ピンチでしたね。

14tkd2.jpg

 ここらの流れはひたすら爆笑でしたし、マホロバのキャラクタがどんどん好きになりました。
 討鬼伝はこの辺りのキャラクタの描写が本当に最高ですし、ドンピシャなのです。

 この後領域の雑談で焔が博打をやるというのが分かりましたが、これを聞いた瞬間、凛音様や富嶽兄貴と是非勝負して欲しいと!! ウタカタとは距離がありますし、凛音様もそれどころではないと思いますし、難しいのは承知なので、ミズチメさんが都合いい感じに夢を見せて下さったら…(笑)

 そういえば焔の「この里には暴力女しかいねー」みたいな台詞に紅月が「面白い冗談ですね、焔」と言うのは、これは二人を同行させていたからなのでしょうか。
 一人のみと会話もあるのであればこれらのコンプも楽しみですね!


 主計さんに挨拶を済ませますが、ここでお頭選儀が近々あると言われました。もう一人立候補して欲しいというのは紅月のことなのでしょうか? どうやら紅月さんは元々は近衛だったようですね。マホロバで生まれ育ったということで鬼内でもあり、その頃八雲もいたのであればやりとりなども気になります。

 近衛の行方不明者探しですが、八雲がおりました! オープンワールド体験版とかなり異なっていて驚きました。
 刀也は現実主義というのもあるのか、あっさり「やられたな」といいますし、それに対して「言葉を慎めよ」と激怒する八雲とのギスギス感も凄いです。
 というか配信前から勝手に八雲はギャグ要員だと思ってしまっていたのですが、土下座レベルに真面目な好青年なのですね!! 本当に失礼致しました。でもその衣装はおんぶ紐なのかおしゃれなのかそれも気になります!

 その後の選択肢がまた攻めてきますね。
 サムライか近衛を選べということになるのですが、2周目データもしっかり作っておけよという暗示なのですね!? と(笑)
 自分は前作では無印は速鳥が唯一笑うところで専用セーブ、極で速鳥の「天狐の毛か!」の禊台詞用セーブデータ、某章まるまる用で埋まっていますので、2は果たしてどうなるのか…!
 話を戻しまして、悩みに悩んでここは近衛に力を貸すことにしました。なんせ人数不足になっていますしね。
 ここいらでは博士も含めて色々な考えが覗けますが、刀也は博士の考えは正しいと思っていると。しかしながら全てのものがそう考えるとは限らないというのがジレンマなようですね。
 今のところは八雲は気持ちなどが見えてきますが、刀也は全く読めず。コミカライズなどでもどちらかと言うと鬼内が悪いというような感じに描かれている気もしたので、体験版とのギャップが新鮮です。

 
 というわけで八雲に手を貸すのですが、その前に寄り道をしようとうろつきました。
 時間帯が夜指定という依頼もあったりするのですね!

15tkd2.jpg

 夜のミフチから遠山金四郎が入手出来ました。
 更にはなんと!!!!!!!!!!!!

17tkd2.jpg

 天狐さんが!!!!!!!!!!!! このままここで一生過ごそうという感じですが、それはできないですし、連れて帰ることもできません…。しょんぼりです。

18tkd2.jpg

 どうやら壱与が天狐さんに入っているようですが、この壱与は木綿ちゃんっぽい感じで癒やされますね。こちらもミフチ討伐になり、大岡越前、そして天狐さんから壱与が入手になりました。

 ああ、天狐さんを早く連れて帰りたい…と、思いながら自宅に戻ると手紙が届いておりました。

19tkd2.jpg

 やってしまいましたね(笑)
 問うべからずなのに思い切り問いましたね(笑)
 いやしょうがないですよあの選択肢は!! それ以外選べないですよ!! 許してください八雲隊長…!


 さてさて、先にお話を進めたほうがいいというアドバイスを頂きまして近衛を探しに行きます!
 この時に瘴気が濃い部分ではNPCが警告の台詞を言ってくれるのは嬉しいですね! 以前の要望にも書きましたが、あるのとないのでは体感がかなり違ってくると思います。元々収録されていたのかもしれませんね。

 安の領域では、「異界渡りの一族」という、瘴気耐性が強い方々がおりました。モノノフへの案内や地祇石などにも欠かせない方々だそうです。
 そういえば樒や九音などの巫女さんたちは瘴気などはどうなのでしょうか。樒さんの秘密はついに何も判明せずでしたし、いつか何らか明らかになって欲しいです。

 さて、オープンワールドと同じなので鬼ノ目での追跡も~なんて思っていたらの反対方向で!!
 え!? そっち方面は死反マラソンの領域では!? と、思っておりましたが行けるようになっていました。
 無事に近衛も発見でき、オヌホウコを倒し、柳生十兵衛を入手できたのはいいのですが…

20tkd2.jpg

 自分はてっきりこの鬼の骸の中から出てくるのは、前作で言う核や何か鬼の痕跡だと思っていたらの遺品で…。
 重い展開ではありますが、討鬼伝の世界は元々こうなのですよね! ウタカタがのほほんとした里なのでうっかり忘れがちになるのですが、常に命の危険と隣合わせの中を生きているというのを実感しました…。

21tkd2.jpg

 それにしても、生きていたという部分にはやはりとても嬉しそうですね! 亡くなった方々に対しての辛そうな表情。生き残ったものの務めと話す姿は凄く真面目で、真面目キャラに弱い自分はぐらりときつつもありました。
 嫌味な人間なのかと思えば、誇り高き近衛という部分はしっかりと保っているのですね。

22tkd2.jpg

 せっかく「博士」呼びをしたのにも関わらずすぐに「魔女」呼びに戻りますが、無茶ぶりの資金繰りでもきちんと届けさせる辺り偉いです。
 この一連で八雲の株がぐんぐん上がりましたよ!! 刀也版ですとどうなったのでしょうか。これは双方見ているのと見ていないのでは結構感じ方が変わりそうですね。

23tkd2.jpg

 しかしオチは博士かと思いきや焔…(笑)


 焔面白すぎると笑っていたらなんとやっとこさ禊開放に!!!
 思い切り女の時間に突撃していますし、全く気にしていないですし、このくらいの図太さがあれば息吹も突撃しまくれたのではないかと。でもそれだと息吹らしくないですね。

24tkd2.jpg

 というかバンダナ取ってますし、頭も濡れた感じの表現になっているではないですか!!!!!!!!! えええええ可愛いです!!!!!
 そしてこのウタカタ版お願いします!!!!!!!!!!!!! と、本気で思いましたよ…!!
 いやだってですよ? 速鳥さんの御髪が濡れるとかそんなきl;。、mんbvcrちゅいおp@098う7ytr
 いやいやいやいやいや頭から濡れた速鳥さんとか、全国1000万人の速鳥さんファンが百鬼夜行の如くギラついた目で行進間違いないですよ…あの横浜防衛戦の鬼は速鳥さんファンだった…!?
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)