討鬼伝2 プレイ日記14

2016年08月23日

netabare.jpg
討鬼伝2
 EDを拝みました!! TLで恐らく一番最後くらいにクリアでしょうか。最後は探索や依頼は残してEDでしたが68時間ほどはやっていたようです。禊の台詞回収の時間が主、ですかね!?

 今までの討鬼伝とはガラリと変わった2ですが、やはり面白かったです!! アプデなどを重ねて更にじわじわと面白さが広がっていくのではないかな? と思っているといいますか、布教しますよというか(笑)
 アクションはより楽しく、討鬼伝のウリであるお話やキャラクタももちろんよく、様々な場で聴ける機会がある音楽も最高に最高でしたし、やっぱり大好きなゲームです。面白いので、気になった方は引き継ぎ体験版を是非是非と!! まずは遊んで頂いて。さぁ討鬼伝の世界へ…と、誘いたいですね。



 2からの方は極も是非ともやって頂きたいですし、極をプレイされて、2はまだ…という方も2をという気持ちです。特に九葉さんファンの方で2をやっていないという方は今すぐにでもプレイされることを推奨します!

 前作をプレイせずとも遊べる本作ですが、前作を知っていればよりニヤリとできる場面や、号泣する場面があるかと!! 感動の度合いが変わってくると思うので、是非極もと!
 今作もバスタオル必須とアドバイスを頂いておりましたが、用意していてよかったです。ここではまぁ泣かないだろうと思っていたら、声優さんの熱演でつられて男泣きという感じになり、追撃で泣かせにくるイベントも多いので。

 まだまだ全部遊びきれていないので総評というのはできませんが、ここまで遊んで思った部分はアクション部分についてはむしろ、モーションアクターの方本当に頑張ってらっしゃるのだな、というほどとにかく格好良く、操作性もよく、何よりアクションで遊んでいて楽しい・面白いというのは最高だと思います!

 気になった点の中で最も改善して欲しいと思ったのは、ストーリー中で本部や里のBGMが変わって盛り上がるも、禊などをしてしまうと元に戻ってしまう部分です。
 プレイ日記でも触れましたが、これは折角音楽と相まって最高潮に盛り上がるという演出になっているのがパーになってしまうので、本当に本当にもったいなかったです。「号令」や「決死」のままで出撃したいのに、「マホロバ-栄-」「マホロバ-静-」になってしまい、いざ決戦! となってものほほんですよね。もったいなさすぎました。

 あとはフラグ管理の甘さですかね。モブやNPCなどの台詞が進行にあっていなかったりなど、そこまで手が回る時間がなかったのかな? と、思いましたが、お話もウリの討鬼伝なのでこういった細かな点は目立ってしまうのでは? とも。

 今作は全体のお話が世界観・設定の掘り下げメインになっており、キャラクタ一人一人の掘り下げは次が出たらかな? と、思わせるような感じでしたので、次で掘り下げをして頂くべく布教頑張らねば!!! と。
 雑談や特定NPC同士の会話は凄く嬉しかったのですが、それプラス前作までの治癒・周囲での救援台詞や個々の依頼や手紙などがもっとあれば嬉しかったです。モブの活躍も嬉しかったですが、メインキャラは更にもっと…! と思いました。なんせプレイしたら皆大好きになれるのが討鬼伝なので、もっともっと! と、ついつい。

 これらはまとめてサポート宛に送ろうと思います。速鳥さんはお元気でバク転してますか!? 極の資料集も待ってます!! としつこく添えて(笑)


 そういえば今作は今までとは違い、ファンの中のキャラクタ人気が分散している気がします。
 特に男性キャラは見事に分かれているのでは? 自分も1位が決まらないという感じですかね。神無と八雲が男性キャラでは1位を争っている感じですが、見た目は禊焔がすんごい好きです。
 女性キャラではダントツで椿ですかね!! 見事に持って行かれました。真鶴も好きですし、皆好きというのは変わらないのですが、速鳥さんのようにずば抜けてという位置がおらずでしょうか。速鳥さんはそもそも作品の枠を超えて殿堂入りしているので別物かもしれませんが(笑)
 もし2で人気投票があった場合、博士や紅月は上位に食い込むだろうなと思っておりますが、以外がだんご状態な予想しかできず。



 以下、ネタバレなので追記に。極までのネタバレも含まれるのでご注意を。
 EDまで(最終決戦:神無・焔・八雲)
 禊:刀也(熱い仲)、八雲(無二の友)







六章 時の彼方

 真鶴の笑顔が見られたからと、神無はいつも通り姉上姉上でございますね! ざ・しすこんを地で行っておりますが、サラッとデレてもいるという。普段の口の悪さがでないのは穏やかな気分という証拠でしょうか。
 という流れで、討鬼伝お馴染みの重要なところで腹痛が…にズバリしましたよ!

330tkd2.jpg

 椿ちゃんありがとうございます!!
 しかし八雲たちも来てくれるのは嬉しいですが、これまでで分霊イベントないのは少々寂しいですね。せっかく一緒に戦う仲間ですし、深め合う機会があるのかなと思ったのですが…!

 最終決戦前に少々禊の台詞回収をするため任務を受けました。進行度5「凶星、降臨す」のシンラゴウからは新島八重を入手でした。

332tkd2.jpg


 しかしこの最終決戦のメンバーに悩みまくりましたね。神無を連れて行くとなると必然的に焔と真鶴と椿で、いやでも八雲も連れて行きたいですし、そうなると刀也も必然的にとなりますし、とどう考えても同行3人では足りない事態に。
 とりあえず最後まで悩もうと、神無・焔・椿のメンバーで出撃しました。最後の領域も最初は瘴気を薄めることに専念しますが、このアケバワニからヤマトタケルが出てきてくれました。

333tkd2.jpg

 さて、なんだかんだ最終地点になる辺りが出雲大社と出てきており、これは異界に流された出雲大社なのか、出雲と近いマホロバなので本当に出雲大社の地点なのかというのは気になります。
 武の領域では厳島神社がありましたが、それもまた本当の地点なのか異界で流されたものなのかは謎です。前作の厳島神社は流されてきたものだと思っておりますが。こちらはもし本当に存在している地点(異界なので多少の位置移動はありそうですが)だとすれば、現実で言うとこのような形ですね。



 これらの考察は後日にするとしまして、今は識を追います!!
 その間に八雲を同行者に加えたのですが、雑談で「シラヌイの里のお頭を知っているか? そのお頭は元近衛らしい」というようなことを話してくれました。
 近衛である八雲と凛音様は知り合いかどうか! と、発売前に予想をしておりましたが残念ながら知り合いではないようですね。近衛といえば桜花さんもですが、さすがに八雲は桜花さんの噂はなのでしょうか。
 しかし近衛同士の繋がりとはやはり深いのでしょうかね? 独立不羈のシラヌイの情報まで入手しているとは。

 そしてダラシからオトタチバナヒメを入手しました。

334tkd2.jpg


 この辺りは探索もすっ飛ばしてEDへ! という感じでしたのでお話だけを追います。結局は神無・焔・八雲で行くことに。

 トキワノオロチとは、かつて世界を滅ぼした鬼であり、超文明の民によって封印されたものでした。
 超文明は栄えておりましたが、カラクリを使った戦争が起こり、その最中に鬼という存在を見つけ、その鬼を操れたらと思い至ったようですね。実際に実行され、この世に鬼が持ち込まれてしまい、人の魂を喰らって強くなるのはいいのですが、暴走を始めてしまったと。ついには人の支配を逃れ、超文明は滅び、一部の鬼は数万年後の世界に現れるようになってしまったそうです。
 つまりこの世界に鬼がいるのは超文明の民のせいなのですね…。なんということを…というものですが…。
 そして識の正体も明らかになりますが、その後トキワノオロチが人の争いを終わらせようとして生み出されたものであるということも分かりました。

 それでも封じされてしまい仕方なく今のこの世界にやってきたのちに、モノノフに入り込み、オロチが封印された場所を探していたのだとか。つまりあの横浜防衛戦でのオロチが出現したときの笑い声は、識ということですよね?
 識としては愛する家族を失うようなことになってしまったがために生み出したものですが、過去に戻って救いたいという思いはやはり秋水と同じではあるものの、そこからが違いすぎですね。救い出したいという秋水と、そうならないために1からやり直そうと全てを壊そうとする識では相容れない気がします。

 ここらで主人公の素性も明らかになりますが、なんというクイズバトル系…と、よぎりました。クイズバトルが正史かどうかは不明なので、2は2のことで書いてしまいますが、霊山の上層部にこわれて鬼の力を人間に移植する実験を行っていたと。その実験体であり、その御蔭で空間超えとミタマを複数宿せる体になったとか。
 霊山は想像以上に腐った上層部がいるようですね…。というよりもほぼ腐っていて、なのでしょうか。平和ボケというのもあるのかもしれませんね。かと言ってもこういう状況であれば、最前線だったとしても今度はクイズバトル系に走りそうですが…。

335tkd2.jpg

 PVの神無の「やらせるか」というのはここででしたか!! と、そういう印象でした。何気にあのPVはほぼ全編から満遍なく使用されているのですね。

 あとは天狐さんも一緒にここまできたので、画面にしっかりいるのが嬉しかったです。

337tkd2.jpg


 自在に時間の移動はできないものですが、全ての時間が開く瞬間、それがオオマガドキなようです。そういえば、オオマガドキのきっかけになった北の地の鬼門はまだ残っているのですよね。一体どういうことなのでしょうかね…。
 それはさておき、全ての時間が開く瞬間ともなれば陰陽方は自力で起こそうとするのも頷けます。それ以外の方法で過去へ飛ぼうと思った場合は、まずトキワノオロチを復活させて因果の扉を開いてもらい、そこからオオマガドキへ飛んで…という行程を辿らねばならぬと。
 それであればオオマガドキを起こしたほうが早そうなという気も分かりますね。

 さて、いざ向かうはあの横浜防衛戦です。
 しかもBGMもそのままあの防衛戦ということで、こんなに心震えることはないだろうと!!
 とにかくも識の身勝手すぎる理由でこの歴史を終わらせるわけにはいかないですのでね。速鳥さんがきっと頑張って天狐語を習得しているだろうに、それを無に返すなんてそんなことは許されないのです。
 それはさておき、キャラクタ全員がそれぞれ乗り越えて明るい未来を手にしたところを踏みにじるような真似はできないと。
 そんな感じで燃える最終決戦なのですが、地祇石でタマフリの回復をしないで行き、かつ装備もそれほど鍛錬せずに挑んだところボッコボコにされまして、しかも救援の丸い部分が1周してしまうと強制的に自動セーブからやり直し…と!!
 気を取り直して決戦に挑みましたが、これがまた台詞が熱すぎて熱すぎて、全員で挑みたかったですね。曲も大好きなので、とにかく熱かったです。

338tkd2.jpg

 禊より普段の方が数倍デレを見せてくれているような神無は、開幕早々熱いことをおっしゃってくれてますね!
 神無が認める強い相手の背中が守れるのであれば、神無もより最強に近づいている証拠だと思いますし、真鶴の笑顔を奪ってしまった過去のようにはさせないために、どんな人でも守り切れる力をこれから持っていくのだろうなぁとじーんときました。

339tkd2.jpg

 焔の印象的だった台詞はこちらです。
 流れ者でもあり、マホロバには盗みに来ただけであり、メシが食えるから。そろそろ他の里にということを匂わせていた焔が、マホロバで生きたいと言い切ってくれたとは…! これが嬉しさにこの台詞だけでも涙ですよ!!
 マホロバの皆が安心する台詞だと思いますが、こういう時でもなければ言いそうにないのがまたいいですね。

340tkd2.jpg

 八雲は悩みに悩んでこちらでしょうか!
 かぐや様の元に! というのと悩みましたが、八雲らしいのはやはりこちらですかね。実際に攻な上に回天で常に攻撃しまくっておりますし、武器を持つと非常に好戦的になるのが八雲かな、とも。
 八雲はいつでもこの調子なのがむしろ安心です。まずいなと思っても、この調子を聞くと感覚が戻るというか。

341tkd2.jpg

 そして最後の最後でああああああああああと目からゲリラ豪雨になるのはこちらでした。アドバイス通りバスタオル用意は正解でしたね。皆さんが今作のヒロインは九葉さんと口を揃えておっしゃっていたのがよくよく分かりました。ヒロイン顔もそうなのですが、この台詞ですよ…。
 九葉さんが一人生き残れたのはつまりこのことがあったからですよね。このタイミングで未来からやってこなければ九葉さんも恐らくは…だった可能性が…。
 そして決戦前の、「私は少し先の未来を知っている」というその台詞の意味がここで分かると!! こんなの泣くに決まっているではないですか…。
 いつになるかは分からないけども、その時のモノノフたちが過去に戻って救いに行き、無事に討伐する未来を知っていると。この時間軸と繋がっている未来(今)というのをしっかりと感じられるものでした。
 しかし相馬と初穂が一緒にいたことにも気付いていそうですし、もしかしたらマホロバに来るときに何かしら察し、主人公に再会できたときに確信できた可能性もありそうかな、とも。
 撃たれたとき、未来のモノノフが自分を救ってくれたからこそ今の自分があると分かっていれば尚更死ねないですよね。それでもそれら一切合切匂わせず、ただただ振り向かずに信じて暗夜の道を歩み、この未来を待っていたのかと思うと…。
 実はかなり凄い体験をしているというのは九葉さんかもしれませんね。しかもあの瞬間で瞬時に理解しているというのもさすが軍師で。


 九葉さんの心中を思うとまさに奇跡的体験という形ですが、その未来通り全員帰ってこれました。
 この時の戻ってきた時の受け身の取り方が基本的に全員格好いいですが、ズザーッと思い切り転んでいる八雲が…(笑)
 更に刀也と八雲の会話に、本当に仲良くなりましたねお二人共!! と。マホロバは安泰ですね。なんてのんびりしていたら主人公がいないですよ!!
 え!? と、思いつつ更にそのあとのムービーの展開の衝撃が強く、思わずバスタオルを頭から被りました…。あの迫力は一瞬自分が刺された感が…!

 その後の展開はまた「あああああそういうことか!」ということ尽くしでした。
 博士がなぜ浄化を頑張っているかという理由もそういうことだったのですね、と。贖罪もあるのでしょうか…。しかしこの後の救われない展開でまた涙でした。
 もう妄想の中のクラネしか識には見えていなかったのですね…。というよりも刺した時点で、そう思い込むしかできなかったのでしょうか…。本気で殺意を抱いた時には全てが崩壊していたのかもしれません…。戻るはずのない識が描いたクラネはどこにもいないと…。識だけの歴史が終わるということはある意味では救いでもありますが…。
 この辺りは碑文を読み込んでから考えるとより一層深まりそうですね。


 そして1ヶ月後にお話は飛び、新たなお頭の誕生のシーンの九葉さんの台詞である、「オビトとなれ」でまた号泣ですよね!!!
 そこでそうきますか!! と!! 一体何回泣かせる気なんですかと思いながら鼻水すすってました。
 実際九葉さんはオビトには出会えていないですが、今世のムスヒの君には会えておりますし、千年を結んだことは実際に体験してますし余計に重みが増す言葉ですね。そして紅月も近衛やサムライという垣根のない、そしてそれぞれを結ぶオビトとなれるはずだと信じております。既に第一歩として統合されていて、西歌が託したマホロバを更によくしてくれるのではないでしょうか。
 それにしてもこうしてお頭任命の際に言われるような人物であると思うと、改めてオビトの偉大さを実感しますね。

 更には今度の握手は刀也からという! 前は八雲が差し出してそれを嫌々だったというのに、刀也自らが先にというのが印象的でした。
 初穂の喜び方も極までの初穂と同じで、ああこの喜び方は!! と、思い出してはまたバスタオルでした。

 マホロバはここからが仕切りなおしで、また新たな歴史を刻むのですね。これからが更に強くなると思いますし、西はマホロバが落ちれば壊滅状態ですが、頼もしい強固な里に出来上がるのではないでしょうか。
 それぞれ新たな一歩を踏み出してマホロバのために切磋琢磨する様子も素敵でしたし、かぐや様の本のタイトルで、あああああそうきますか!!! と、またまた感動しました。


 TLでも結構見かけたEDについてですが、個人的に自分もEDはいつも通りインスト派なので、最初にこの曲を使いながら何かムービーがあって、その後にインストのEDでもよかったのではないかな…とも。
 タイアップした以上ここぞというところで使わねばでしょうし、色々と商業的にあると思いますのでここらは何ともですかね。

 兎にも角にも鼻かみながらEDを見ておりましたが、やはり改めて感動しますね。スタッフさんやキャストさんのお名前などもじっくり拝みました。今回も渡辺峨山さんの尺八もとても素敵でした!!!
 まだまだやり残していることが沢山なので、ここからやり込もうと思います。まだまだたくさん遊べると思うと楽しみで楽しみで仕方がないです!!




刀也(熱い仲)
342tkd2.jpg

 ついに諦めた刀也でした。
 こいつに何を言っても無駄だろうと…! 袖掴むほどにスキルくれや精神なようですし、おとなしく禊をした方がいいのかもですね(笑)

八雲(無二の友)
343tkd2.jpg

 さすが八雲ですね!! 受けて立ってくれるそうで!!!
 それにしても八雲は同性がかぐや様と禊をするのはどうなのでしょうかね。ぎりぎりで許すのでしょうか?(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ユリーヌ | URL | -

    クリアおめでとうございます!!!
    クリア後の記事が上がったらコメントしようと心待ちにしておりました…!

    大幅なシステム変更やウタカタから拠点が変わるということで発売前は期待と不安がありましたが、終わってみたら討鬼伝好きで本当に良かったと思う内容でしたね~!

    トンガリさん贔屓なので見せ場ある度死反か魂呼付けないとマズイってくらいに興奮していたのですが、マリさんが幾つか前の記事でも触れてた九葉さんの大和発言には本気で心臓が止まりかけました(笑)

    そして時継の男泣きには私もあの声だけで泣いてしまいました…!
    あのシーンの山寺さんの演技と言ったら…声優さんの凄さをひしひしと感じましたよね。

    今までの感想一気に書いてしまったので長くなってしまいすみません;;

    まだまだアプデや配信もあって2周目もやりたくなるお話でしたし、続編も望めるような内容だったので今後の展開にも期待したいですね(*^^)

  2. こり | URL | M0jffQyY

    クリアおめでとうございます∩(´∀`)∩

    マリさんも遂にクリアされたのですねーー!!!

    神無のお前の背中は俺が守る!にはふおおおお//っと燃えましたよね(;;)
    神無がこんな言葉を言ってくれるようになるとは…っと感動でした!

    後半戦闘に夢中で聞き取れなかった会話もあるので後で見直そうと思います^^


    マリさん細かいところまでよく見ててすごいなと思ってムービー見返してたのですが、八雲のズサーーー具合が想像以上で笑いましたw
    1番コケそうじゃないキャラでこういう事やってくるあたり素敵ですね!笑

    最後のムービーでかぐやが討鬼伝を書いて締めるのがとてもよかったですよね~
    ここでもテンションあがり涙がぶわっと出ましたよ(;;)
    頁が半分しか書いてないところもいいですよね。この後まだ続きがあるよって事でしょ?って勝手に思ってます笑

  3. | URL | cZk.nTMk

    ついにクリアですね!おめでとうございます~!!
    2は「これはウタカタが舞台では描けないな…」っていう心臓が凍りつきそうな展開の嵐でしたが、最終的にはグウェンの台詞のようにマホロバも良い里だ!って思えるストーリーで本当に良かったです。

    しかしまぁ九葉さん……九葉さんで始まり九葉さんで終わる、ってくらい九葉さん!!!でしたね!!
    トキワノオロチ戦後のあれを見ると、極で切り札云々の話の時、九葉さん実は2主人公のこと思い出してたりするのかな~なんて思って、また極のストーリーをプレイしたくもなり!!w

    八雲のズザーッですが、私も最初「やwwくwwwもwwww」と思ったのですが、後にあれはヘアースタイルを守るためにやむを得ずだったのではと…!
    釘をさされる程八雲さんこだわりの髪型ですし、ああなったのにも何か理由があるのかも…?とても気になりますw

  4. 晶良 | URL | TUBmLZkc

    クリアおめでとうございます!

    改めてお疲れ様でした。
    68時間……がっつりと、探索しまくってからお話を進めるというのも良いですよね。
    某社のRPGとかARPGとかそんな感じの遊び方をせざるを得ないようになってるのを思い出しつつ、討鬼伝は先にストーリーをガンガン進めても問題ない設計になってるありがたみを噛みしめています。

    いや、もう、何から語りましょうかね!?
    実はすっ飛ばした古の領域をくまなく探索すると、つづらによって胸が激烈に熱くなるので気が向いたらやってみてくださいと! 敵がきついので下級のまま探索終わらせる方が楽だとは思います。
    某赤毛の剣士と鉤爪の男を思い出しながら回収しましたもの。○ームの塔やってるみたいで。

    八雲のズザーーーーッが解らなくてムービー見返して、私はあの時八雲は「ずべしゃっ」だなと思ってたことが判明しました。
    鼻の頭に土埃がついてる図とかつい想像しちゃいますね。
    背後の天狐も羨ましかったです。
    私がやったときは浄化する前に消えちゃってたのでいなかったんですよ。

    九葉は本当に最初から最後まで九葉でしたね。あのムービーの表情、まさにヒロインかと!
    色々なことが相まって今のあれな訳で。ウタカタで秋水や千歳に教えたいと何度苦悩されたことか、想像するだけでご飯は進みますしバスタオルは消えていきます。
    出会うかもしれないし、出会わないかもしれない。出会う可能性に賭けたい気持ちをぐっとこらえて、現実的なところから一歩一歩進めて行かれたのかなと思います。

    それにしても、時を越えた人間は全員容姿が若いのが気になります。
    年を殆ど取れなくなる呪いにでもかかるのでしょうかね?
    その割に初穂は育ちましたが、彼女は飛ばされた時間が一番短いですからねえ。
    飛ばされた時間が長いほどなのかもしれません。一番飛ばされた博士は見た目ローティーンですし。

    そしてサムライと近衛の解体統合ですよ!
    あれで鬼内と外様のカップルが堂々といちゃつけると真っ先に思いつつ、やはり刀也と八雲が上に来るのだなと。
    今まで各隊を纏めてましたから隊長にふさわしいですしね。
    かぐやが強引に纏めようとしたときよりは心理的抵抗が低いとは言え、長年いがみ合ってきたのでどうしても揉めることはあるでしょうから、あの二人が間に入って緩和出来たらいいと思います。
    利害関係で敵対する立場だったから揉めるに揉めましたが、実は彼らの理想はそう大した相違はないんですよね。
    なので同じ方向に進めるのだと確認しながら、徐々に意識の壁が無くなっていくことを願います。

    長くなってしまいました……。
    まだまだ楽しみは続きますし、マルチでも遊びましょう!
    あとPCの声優に岡村明美さんがいらしてナミさああああああん!!!!!

  5. マリ | URL | 1JkepbtE

    ユリーヌさん

     ユリーヌさん!! コメントどうもありがとうございます!! まさかこちらで頂けるとは…! 記念になりました。
     また何かございましたらお気軽に使ってやって下さい。

     一体どういう風になるのだろうと思えばやはり討鬼伝は討鬼伝でしたね!
     そして極をやっていて心底よかったと…!

     トンガリさんは2でも格好良かったですね!! 更に英雄としての自信と実績着実にという感じでしたし、頼もしい隊長でした。特に一緒に変装してという部分は、ユリーヌさん死反と魂呼神速連続発動レベルだったのでは!?
     あのあとの参番隊登場までの仕込みからの流れ格好良すぎでしたね!!

     大和発言に心臓止まりかけましたか!!! 同じです!!!
     2の九葉さんはここでそれ言うんですか心臓止まりますというような一撃必殺ばかり繰り出す軍師でしたね(笑)

     時継の男泣き、やはり泣いてしまいますよね!
     あれにはいい意味で堪えきれず、声優さんの凄さを本当に実感しました。山寺さん、すごい方とはもちろん存じておりますが、更に体感でした。

     2周目も楽しみたいですし、続編でこれらは!? という要素もありそうですし、次がすんなり出せるような売上に貢献すべく布教頑張りたいです!!!

  6. マリ | URL | 1JkepbtE

    こりさん

     こりさんもありがとうございます!!
     やっとこさED拝みました!! これから乱や古の領域は踏破で(笑)

     神無の台詞、熱すぎましたね…
     記憶喪失の方がある意味痛みはないとぼやいて殴られた神無からの大成長をひしひしと感じ、何と言っても口が悪くないというのにも感動しました!!
     強くなるための理由も思い出せて、笑顔も見れて、これで何の気兼ねなく最強への道へと、今後が楽しみですよね!!

     戦闘中はスクショ専念すると熱演が聞けず、熱演拝聴に専念すると台詞が分からずというジレンマが!!
     シェア機能万歳ですよね、討鬼伝は!!

     八雲のズザーッ拝みましたか!!(笑)
     基本的に皆さん格好いい着地なのに、一番決めてくれそうな八雲がコケると(笑)
     そういうのが許されるキャラでもあるのが愛らしいですね!!

     あの「討鬼伝」〆は感動過ぎました!!!
     かぐやが書く英雄譚はまさに討鬼伝ですよね。同じく涙がぶわっとでした。
     ああああ!!! そうですよね!! 途中までですし、この続きを書いてもらうために極でも3でも何でもどうぞーという気分に!!!
     次が出ることを願って応援し続けたいですね。

  7. マリ | URL | 1JkepbtE

    瑞さん

     瑞さん~~~!!! ありがとうございます!!
     某章の展開を見た時に「瑞さん!!!??? 大丈夫ですか!? ご無事ですか!!?」と、なったので、また今度お会い出来た時に語ってやって下さい…! ネタバレすぎてここでは濁しますが…お父上…

     2はウタカタでは絶対に描けないお話でしたね。
     まさかあれほど殺伐としていて、人同士の争いが普通にあるほどだったとは…。それでもそれらを乗り越えてのあの統合旗になる演出に感動しました。
     マホロバもいい里ですよね!! 同じく大好きになりました。

     2は九葉伝ですよね!!? 討鬼伝と書いてくようでんと読むという勢いで九葉さんでしたな…
     切り札のことを指している人物が複数浮かびつつ、どなたなんだい? とも!!
     九葉さんのために再度極とも思いますよね!! お気持ち分かります。

     あのズザーの理由!!!! なるほど!!! 髪型を守るため!!! 完璧すぎる理由で!!! これは八雲の会の会長にお伝えしたいと思います(笑)
     髪がああなった理由気になりますよね!? 濃い目の放送で是非真相解明を! と、サポート宛に送ってしまいました(真顔

  8. マリ | URL | 1JkepbtE

    晶良さん

     晶良さんもありがとうございます!!!
     コメントを幾つか頂き、その度に燃えておりました。重ね重ねありがとうございました!!

     討鬼伝は2はお話のみに絞って進めるとかなり早めにという風にできるのもありがたいですね。
     お話を復習したいときなど大変ありがたく。
     古の領域はまだまだですが、つづらがいい意味で要注意なのですね!? これは期待です…。○―ムの塔ですって…!? それは中の人的にも神無必須ですね(笑)

     八雲の確かにずべしゃっ! ですね!!
     綺麗なお顔や衣服に土埃というギャップもいいかもですね!!
     天狐さん、しっかり組み込まれているというのが嬉しかったですね! あ、しっかり写っていると感激でした。

     九葉さんはヒロイン顔含め、完全なるヒロインでしたね…。
     そうなのですよね! あれらがあって極やって、それでこうなると。決して秋水や千歳には伝わることがないのですが、そのもどかしさがまた~~~!!! ああああ!! いい痺れ具合ですね。
     九葉さん、常に人類のことを考えている方ですし、自分の個人的感情はなくしてと思うとさすが軍師ですね。あれだけで死ねないの分かります!

     そういえば共通点として皆若いですね。鬼門を通った組は鬼門の性質でもあるのかな? とも思いましたが、どうなのでしょうか。初姉は鬼門なしだからなのでしょうかね?
     というか千歳のような不老不死のような体質になっているのでしょうかね? その辺り気になります。

     統合は感動ですよね!!! あああ、そうでした! あのOW体験版からじらしていたあのカップルたち、堂々とですね!
     刀也と八雲はそれぞれの隊長には本当にふさわしいですよね。まとめあげていた実績もありますし、部下にも慕われていますし!
     これからはそれぞれの理想が意外と近いこと、などのすり合わせが少しずつ進んでいくといいなと思いつつ、近衛は近衛、サムライはサムライとしての矜持を保ったマホロバらしい組織になって欲しいです。

     岡村明美さんいらしたのですね!!!!
     そして共闘もまたしてやってください~~!!

  9. ひじき | URL | s.V9SYaU

    ご無沙汰してます♪

    クリアおめでとうございますヽ(*´∀`)ノ
    マリさんがクリアするの待ってました♪


    後半は怒涛でしたね!急ぎ足すぎて「あれ?まだ分霊してないキャラいるよ?!」って(笑)
    これは極に期待ですかね~( *^艸^)

    今回九葉さん可愛いすぎでしょ...(笑)
    主人公と再開した時は内心めちゃくちゃ嬉しかったんでしょうねぇ♪部下1人1人の名前ちゃんと覚えてそうだし(*^ω^*)

    最終戦は相馬連れて行くのもオススメですよ~!
    ウタカタの事を言うんですが、それが本当に嬉しくて♪2周目には是非とも♪


    今回は主人公の出生からして空スタが強化されてる感じがします♪会心が出やすくなってます♪
    隠スタ弱体化して悲しい...
    ニギアラの追加要素でスキル組むのがまた1段と楽しくなりましたね(^-^)

    今後のアプデやDLCが楽しみですね♪
    落ち着いたらまた共闘しましょうね~(*^ω^*)

  10. 秋実 | URL | sj93pB3o

    改めてクリアおめでとうございますー!!

    こんばんわ~自分も、クリアするまでは他の情報見れなかった口でして、今マリさんのプレイ日記全部見て来ました(*´ω`)
    焔ミタマで荒ぶるマリさん可愛かったですwカッコいいですよね、半蔵!!

    鬼討ちストーリーの醍醐味の一つ、巧みな布石配置が輝きましたよね。
    「あぁ、ここに繋がるのか…!」とか「だからあの時こんなセリフを…!」というのが多々あって、後から見返しても美味しい・楽しいのがこの作品の良さだなぁと。

    2は表現に血が出たり、人死が出たりと、より乱世の雰囲気が出てて個人的には好きな展開が多かったです。
    極まではリアルタイムで過酷なのは主人公だけでしたからねw
    (そういえば、主人公瀕死フラグ立てでお馴染み、那木・富嶽に当たるキャラは2では誰に当たるのでしょうなw)

    「オビト」という単語が、人としてではなく、言葉として残っていたのはグッと来ましたね、那木さんや息吹が調べても分からないはずですねw

    「人は過去に戻ることはできない」と極で言ってたのは何だったんや!!って感じで、秋水の夢が現実に出来ることは証明されてしまったので、今後どうなるのか、非常に楽しみであります!!

    ウタカタの話も相馬や初穂伝えに聞けたのは嬉しかったですよね。
    今頃どうしてるのか…気になるし、跳界石なんてシロモノがあるんなら、馬なんて必要ないのでわ?!と情緒もなく思ってしまいますw

    極があれば、また範囲を広げて無限戦場のようなスキルを活かせる場も欲しいですし、何より分霊のなかったキャラクターの話も…ともっともっと!がどんどん出ちゃいますな(*´з`)
    作る側はタイヘンだと思うので…期待はしつつ、妄想に励みましょうかね!w

    DLCなど楽しみに、また共闘のお供などたくさんさせてくれたら嬉しく思います!!
    スキルも、自分もまだまだあまり考えられてないので、面白いのあったらどんどん試したいですね♪

    鬼討ちシリーズはクリアしてからが本番です!!w

  11. マリ | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです

    くこのさん

     ありがとうございます!! やっとくこのさんの記事が拝読できるとワクワクしておりますよ!!

     いやはや2も涙の展開でしたね!
     お気持ち分かります!! 最後の最後に向けて今までのあれやこれやがあったのか、と最初と最後の繋がり方とその重要さがここまでとはとも驚きつつ感動しました。
     最終戦は他のデータでとっておいてというのもいいかもしれませんね!
     おっと、時継そうでしたか! 今回沈むの早いという方と自分のように一度戻ってという方に結構分かれるのですかね!?

     最終戦メンバーそれはまさに何があっても生き残るメンバーですね!? 褒め言葉ですよ!!
     そういえば相馬にすると凄く泣ける、前作をやっている人には感動するだろうとおっしゃる方々が。くこのさんもやはりそうでしたか!?
     叩き潰せなノリ、むしろちょうどいいかもしれないですね!!

     もう一つの方もお役に立ったようでよかったです♪

  12. マリ | URL | 1JkepbtE

    ひじきさん

     ご無沙汰しております!! そしていつもありがとうございます!!
     いやはや約1ヶ月かかりましたが、どうにかこうにかクリア出来、やっとTLも追えるようになります。改めてどうぞ宜しくお願いします!

     後半は怒涛の展開でしたね!
     分霊している場合ではないという感じの急ぎ足もあったかもですが、やはり分霊したかったですよね!?
     あとクリア後の焔のページ救済お願いしますと!!
     極で人物掘り下げ・分霊くるように応援せねばですね。インタビュー拝見しましたが、まだ白紙に近いようですし…!!

     九葉さんヒロイン過ぎて、自分の中でヒロイン(男性・50歳)というのができたのも驚きでした(笑)
     再会できたときの嬉しさはものすごかったでしょうね!? しかも未来で出会えることが分かっていたのですし、この時だったのかという感慨深さもありそうです。
     部下は一人一人顔や名前詳細まで把握されてそうで!!

     相馬凄いらしいですね!?
     ウタカタのことですとな!? これは2周目はやはりデータのこして全員分拝まねばですね!

     空スタ以前結構使っていたので、またミタマを揃えつつ色々試したいと!
     隠は隠形が一人というのが寂しいですよね…焔の「隠れてな」の台詞が意味なくなっているのも寂しいです…

     ニギアラもあるので、どれに特化させようか悩むのも楽しいですね!!
     また是非共闘してやってください~!!

  13. マリ | URL | 1JkepbtE

    秋実さん

     秋実さん~~~ありがとうございます!!
     同じくクリアするまで色々とシャットアウトやらシャットダウン状態でしたがこれにて解禁でございます!! TLもやっと追えるので、またもりもりリプライすると思いますがどうぞ宜しくお願いします(眼鏡を光らせながら)

     焔まさかすぎて「!!!???」と(笑)
     即行メインにしましたね!!! あとは毛利がリストラされているかされていないか…(まだ調べていません…)

     布石や何気ない行動がこうなっていたのか! という繋がりお見事でしたね。素晴らしいなと!!
     世界観や設定の掘り下げはたまらなく、そういう意味でも面白かったです。

     2はまさに乱世というか本当はこういう時代・世界であるというのをひしひし感じました。シラヌイと霊山の対立もこうやって血を流しているのだなと思うと、またくるものがありますね。
     今回庇って致命傷というのは真鶴さんが背負ってくれたのでもしかしたらフラグ立てが刀也・八雲で、主人公の危険位置が真鶴になる可能性が!?(笑)

     なるほど!! だからこそオビトという英雄は知らないだったのですね!! 目から鱗です。
     個人名は言葉で、人物についてはムスヒの君として残ったというのもまた感動しますね。

     人は過去に戻ることはできない部分ですが、博士の「この瞬間だけ」というのが気になっています。アレが因果の扉を開いた瞬間のことを指すのか、はたまた本当に一度きり、既にほにゃららがいないので因果を結ぶ鬼がいないのでもう二度とできないになるのかどっちなのでしょうかね!?
     これは解釈分かれそうで気になっています!

     跳界石で飛びたいと何度思ったか(笑)
     20歳の秋水さんのお祝いするまで諦めませんぞ!!! 何かしら~とサポート宛に書いて出しましたが果たして…(遠い目

     そうなのですよね! 作る側は色々含めて大変でしょうし、でも補完あってほしいですしというジレンマで!!
     ともあれ変わらず応援して何らか次に繋がったら嬉しいなと思います。

     クリアしてからが本番ですよね!!?
     金曜日どうぞ宜しくお願いします!! 進行度1かつまだ古や乱踏破できていないノフですが…

  14. | URL | eJqImPP2

    初めてコメさせていただきます

    マリさんの日記をパート1からずっと拝見させて頂いていました。
    実は自分は少し前にクリアしていたのですが章が終わるたびに振り返りとしてずっと追いかけていましたw
    そしてマリさんの日記を読むたびにああこんな事があったんだなあと1人で
    感慨に浸っていました(笑)
    ここから個人的感想になっちゃいますが私はキャラクターとしては八雲が1番好きなんですよね。
    なんと言うか不器用なんだけど芯と言うか想いがしっかりしているみたいで。
    何より探索に連れていくとかぐや様の話しかしないっていう・・・でも八雲と言うキャラクターも刀也、かぐや、紅月と言った他のキャラクター、ストーリーがしっかり構成されているからこそキャラが立ってるわけで・・そう考えると討鬼伝2もクリアまではそんなに時間はかかっていないもののすごく考えて作られているなあと。
    長々脈絡のないコメしてすみませんでした。また記事待ってます!

  15. マリ | URL | 1JkepbtE

    桜さん

     桜さん、はじめまして、こんにちは!
     1から見ていて下さったこと、大変嬉しく、また今後への励みになります。どうもありがとうございます!!
     こうしてコメントも頂けて感無量です!!

     振り返りでとのことで、そちらも嬉しく思います。
     遊んでいるとあっという間ですが、実はかなりなボリュームがあって、あんなことやこんなことがあったんだなぁと思えますよね。

     なんと! 桜さんは八雲が1番お好きですか!!
     分かります。不器用で、偉そうな部分もあるのですが、実は全員が大事でしっかりと芯がある方ですよね。

     お話を進めているときは予想よりかぐや様かぐや様ではないのだなぁと思っていたのですが、連れて行ったらものの見事に(笑)
     八雲も刀也や紅月、かぐやのお話や背景があるからこその方ですよね! 紅月のかぐやはもう歩み始めていますよという部分など、ここからの八雲が楽しみでもあり。

     いえいえ、とんでもございません!
     色々なコメントが聞けるのはとても嬉しいですので、また急に語りたくなったという時など、自由にお使いくださいませ。

  16. sato-chan | URL | L8AeYI2M

    クリアおめでとうございます!
    私も先日やっとクリアしました。マリさんのブログ、拝見しながらうんうん!って頷いております。目からゲリラ豪雨になるとか、今作のヒロインは九葉さんとか、もうマリさん最高です!私も実は九葉さんと同じようにあのシーンで「そうか、そういうことか」って思わず呟いてました。いろんなシーンが思い浮かんでそれが繋がった瞬間って感じで。最終決戦のメンバーは、博士・相馬・雷蔵で行きました。単純に親愛度が上がって無くて、連れ回していたのでそのまま行っちゃいました。(^_^;)
    相馬は前作の主人公を紹介したいって言ってました。出て来て欲しい。面白そうとか思いながら必死に戦ってました。
    2も面白かったですね。ストーリーはクリアしてもまだまだやることが残っているので、プレイし続けるつもりです。\(^o^)/

  17. マリ | URL | 1JkepbtE

    sato-chanさん

     ありがとうございます!! &クリアおめでとうございます!!
     またブログに伺ってコメント残しに参ります~!!

     共感もして頂き、大変感謝感激です。
     自分も他の方が呟いていらヒロインは九葉さんに物凄く同意したので、お気持ちわかります!! 今作は完全に九葉さんがヒロインでしたね。目からゲリラ豪雨も分かって頂けて嬉しいです。突然に大雨でしたよね(笑)

     あの九葉さんのシーンは全てのことが集約しますよね。だからこそで。個人的に、あの多大な犠牲があったからこそオオマガドキの鬼の侵攻が緩んだことを考えると、すべて無に返すような誰かさんの行いはやっぱり賛同できませんね…。せっかくの覚悟と命を捧げて特務隊として励んだというのに…!

     なるほど! 最終戦はそうだったのですね!!
     そして相馬の台詞なるほど…それは皆さんがおっしゃることに同意です!! 熱いですね!! きっとあの主人公のウタカタで元気でやっているかな、と。

     また是非共闘もしてやってください!!

  18. ねむりねこ | URL | -

    お疲れ様でした

    マリさんクリアおめでとうございます。
    私は発売日に買っておきながらまだ極をプレイ中です。ミタマ集めも残り
    20体なのでもう少しです
    ミタマがコンプリートできたら2の方にうつるつもりですよ
    極めをプレイしてるからか6章しかないの?
    という感じですけどたぶんこちらも極めが出るのでは?
    なんて思っています。
    その際にはマリさんが気にしていることが解消されてるのかなって思いました
    発売延期してるのに粗が多いという批判もよく目にします
    まだ未プレイですがあまりに気にならないかなって思ってます。

    しかし年末にかけてPS4はビックタイトルが多数出るのでレトロゲームは
    プレイできそうにないですね
    何より待ち遠しいのは11月にPS4でスカイリム5が移植されることですね
    PS3の際の致命的なフリーズやバグが解消されてることを祈ります
    追加シナリオも気になりますし
    Gジェネの新作もガンダム好きとしては見逃せませんし、来月はペルソナ5
    龍が如く6も発売決定ですし・・・(^^;

    そういえば今悩んでるのはコガネムジナ極が持っている福沢諭吉です。
    一番出現率高いのはどのモードでしょう?

  19. マリ | URL | 1JkepbtE

    ねむりねこさん

     ねむりねこさん、ありがとうございます!!
     極をプレイされている方も多いようですよ!!
     ミタマコンプリートまで目前ですし、更に応援しております。
     
     章は元々の無印くらいですが、ボリュームはあると思いますよ!
     また現時点では極も3も白紙状態とインタビューでおっしゃっていたので、それらが出るかは売上やユーザーの反応なのでしょうか。自分は出て欲しいと思うので、応援を続けますよ~!!

     時間が足りなかったのだろうなという部分は感じますので、恐らくこの2での大型アプデや細かなアプデで解消されていくのではないでしょうか。
     フラグ管理などはまた別だと思うので、それらは今後解決していけばいいですね。
     あの短期間でよくここまで持ってきたなと思うか、延期しているのに粗がと思うかはまさにプレイヤー次第でしょうか。
     
     PS4も大型タイトル多いですね!!
     幾度か触る機会が増えてきておりますが、楽しいですね~!!
     スカイリムも移植ですか。それはかなり朗報ですね!

     コガネムジナの出現率自体がプレイヤーによって本気で変わってきますので、一番出現率が高いのはとは一概に言えませんが、

     1 緊急任務でムジナが出たらミタマ出るまでリセット方式
     2 無限討伐の5体で帰還でひたすら出るまでを繰り返す
     3 特殊任務の地、安など出る任務をひたすらやる(部屋建てし、上手な方々ばかり集まった場合はかなり短時間で一戦終えられます)

     以上の長期戦かと…!

  20. 梨杜 | URL | mQop/nM.

    プレイ感想です【終】

    マリさん

    ということでだいぶ時間差ですが討鬼伝2、無事スタッフロールを拝みました!!
    プレイ時間はだいたい56時間ほど(札交換やカラクリのための放置あり)、任務は進行度四の途中からすっとばし、探索は雅が中途半端、残りふたつは全く手付かずとなっております。
    依頼も後半はそこそこ無視してました。
    さて、長々と書かせていただいたプレイ感想も一応最終回となりました。
    しかし怒濤すぎてどう書いておさめればいいやら、というのが正直な感想ですね…。
    そんなときこそ、いつものようにマリさんのプレイ日記をなぞりながら綴らせていただければと思います!!
    書き溜めてはありましたが、前記事でエンジン全開でというお許しをいただいたのでここは長さなど自重せずまとめて投稿させていただきます!

    決戦前の腹痛がもう鉄板となった討鬼伝シリーズですね(笑
    これはもちろん選ぶしか!
    ということで椿のツッコミをもらって喜びつつ。
    分霊、見たすぎますよね…!
    確かにこの人数ですと分霊まで行くのは本筋との兼ね合いもあり尺的に難しいのでしょうが…。
    今確認してみれば、公式サイトのキャラクター紹介で仲間になるのに「モノノフ」欄と「マホロバの人々」欄に入る基準は分霊のあるなしだったんですね。(初穂相馬除く)
    そんなわけで2極を切実に希望しております。
    いや、大型アップデートで分霊シナリオ追加してくださってもいいのですよ公式様!?
    ちなみに確かこの最終決戦に繋がるときの里のBGMが「英雄ノ進撃」で、旧BGMですがタイトルといいぴったりだ…と、一人感動していました。

    最終決戦のメンバーは本当に悩みまくりました。
    しかもかなり熱い台詞をそれはもうたくさん喋ってくれたので、これは何周も違うメンバーで試さねば、と思っております。
    嬉しいことに台詞量が多かったので何回連れていっても新しい発見がありそうですね。
    ストーリー難易度はある程度低いとは思いますが「引き継いではじめから」が切実に欲しい今日この頃です…。

    ウタカタとマホロバはかなり遠いようなので、桜花の噂は難しいかもしれないですね…!

    私も何もかもすっとばしてお話を追いましたが、古の領域で道を間違えて瘴気に蝕まれ一回死にました…そんな場合じゃないんじゃい!(椿口調楽しいです…!
    さんざん迷いましたが最終決戦は神無、真鶴、相馬にしました。
    超文明の話は、本当になんてことを…ですよね。
    人の欲深さというのは果てしないものなのでしょうね。
    識は陰陽方ではなかったですが、まさかの…
    陰陽方の方はといえば、九葉さんから霊山に巣くっていると情報がありましたが2極もしくは続編でまた出てくるのでしょうかね。

    横浜防衛戦の笑い声、おそらく間違いないでしょうが確認してみねば…!
    そうなんです、前にも書きましたが全て救いたいという秋水と全てを無に帰そうとする識は過去に戻りたいのは同じですが真逆ですよね。
    絶対に相容れないと思います。

    主人公は、ウタカタは天然ムスヒの君、マホロバは人造、ということなんですよね。
    同じミタマを複数宿せる身体でもある意味真逆と。
    すぐさま斬りにいく神無はかっこよかったですが、あえなく無駄に終わるという…。
    PVはネタバレだろうと思ってほぼ見ていなかったのですが、ここも入っていたのですね。
    天狐さん…同行させていなかったのですよ…何たる不覚。
    2週目では必ずや…!
    あっ、鬼門まだ残っているのですか…!?
    鬼を討ったら勝手に閉じるものだと思っていました…まだまだ勉強しなければ。
    マリさんのおっしゃる通り、陰陽方も恐らくそう考えていますよね。

    しかしラスボス戦が横浜防衛戦とは考えつきもしませんでした!
    ラスボスにふさわしい合唱つきで、荘厳でしたね。
    識の理由で歴史を終わらせるわけにいかないのは激しく同意ですが、速鳥さんの話にいって爆笑しました(笑
    本当ですよね、全員で挑みたかったの分かります!!
    台詞がとにかく熱くていっぱいあってとにかく燃えたというとこで若干記憶が曖昧なのですが、神無の最初の台詞ははっきりと記憶しております!
    まさにおっしゃる通りでございます!
    焔、そんなこと言ってくれるんですね…あの戦闘中に宮下さんボイスで聞きたすぎます!!
    マホロバで生きたいなんて、もう見ただけで涙出てきますよ…;;
    死罪も覚悟して受け入れてたあの焔が!
    八雲もぜひあの高笑いを小野さんボイスで聞きたいですね。
    いや、文字見ただけで脳内再生はされるのですが、やっぱりちゃんと聞きたいじゃないですか!
    キャストさんみんなキャラにぴったりすぎ問題勃発中です。

    「そうか……そういうことか」はきっとプレイヤーも同じことつぶやいてたと思います。
    そしてあのヒロイン顔…焔もそうですが、いつもの九葉さんと違う素っぽい顔が見れて大満足でございます。
    というかさすがの九葉さんもあんな顔するんだな…と思いました。
    そしてマリさんの書いてらっしゃる諸々もずばりその通りですし、この未来を抱えたまま10年生きていたのは大変なことかと…!
    九葉さんにとっては何年後から来たのかは分かりませんし、ただひたすら待つしかないですよね。
    マホロバのカラクリ使いとみんなに出会うまで、やきもきしながらも信じて自分の道を貫いていたんだなと思うと…極の九葉さんもまた違った視点で見えてきますよね。

    受け身の八雲はマリさんのプレイ日記を拝見し、慌ててムービーを見返せばまああんなことに…!
    刀也と八雲は人物的には正反対な印象ですが、何だかんだで根本は似通っているところもあると思うのですよね。
    あのムービーは…だからそういうの苦手なんですってば(泣)(3回目
    またもや心臓がバクバクしましたよ…

    ここからあれだけの衝撃を与えてくるのはすごいですよね。
    伏線もざざざっと回収して…贖罪と、その時代に生きたものの責任感というのはあると思います。
    しかし流されたのが6歳というのは、物心ついて自分のことも一応最低限把握しているけれども、人に頼らなければままならないというある意味絶妙な年齢でしたね。
    言葉もということで想像を絶する大変さだったのではないかと思います。
    生き残れたということは、いい人に会ったようでよかったです…もちろん博士の生きようとする力も強かったのだと思いますが。
    ここで安易に「お父さん…」「娘よ…」とならないのが識らしさであり、博士らしさでもあり。
    博士も最後の最後まであの態度というのがまさに博士ですよね。
    超古代の文明に生きた人間として、そしてこの時代に生きる人間としての覚悟に涙しました。
    一番最初にキャラ紹介を見たとき、博士って名前なの?と思っていましたが、まさかそういうことだったとはでした。

    オビト出てきましたね!
    事典にも載っていないようですし、極未プレイの方にはさらりと流れたかと思いましたが、やっているととてもじーんと来ましたね。
    そういえば漢字にすると御人なのでしょうか…。

    握手や初穂の喜びかたももちろん最高でしたが、ここのムービーで個人的に主張したいのは握手のあとに真鶴が一番最初に拍手をはじめるところですよ!
    鬼の副長と呼ばれてはいますが、鬼内と外様の融和を強く望んでいました(銃撃を受ける前は本当に嬉しそうでしたね…)し、いつか争いを望まぬものもいると言っていたのはやはり本人の意思だったのだなあ、と。
    そこからの統合旗の演出も今見返しても泣けます。
    あとの博士の台詞は、博士が言うからこその説得力がありますよね。
    最初聞いたときと重みが違います。
    マリさんのおっしゃっていた最初に博士が行き倒れている主人公を助けた理由、今なら確かに見方が変わりますね。

    そして〆の演出、また鳥肌もので。
    最初のムービーで「~世界は暗闇に閉ざされた」と言っているのはかぐやですよね!?
    かぐやが喋っているのはそういう意図なのかと、ここでもまた唸らされました。

    EDについては、この曲はここでか!という驚きはありましたが、歌詞も曲調も討鬼伝の世界観を汲んでいると思いますし、討鬼伝おなじみのメロディフレーズも入っていて、何より熱くてかっこよかったので個人的にはこれでもいいなと思いました。
    インストとどちらがいいかと聞かれれば、大団円に相応しい曲調でメドレーで流れてくるあの感じ大好きなので、そちらを選びますが…
    しかし今までのムービーダイジェストはずるすぎます(いい意味で)。
    曲の盛り上がりとリンクしてかなり燃えました!

    感想の最後に、碑文について。
    私はまだ全部集まっていないので内容についてはそれからなのですが、ひとつだけ「あっ!?」と思ったことがあったので忘れないうちに書かせていただきます。
    もしすでにご存じ(?)でしたらすみません。
    方舟ノ記録拾、私はまだひとつ抜けてるのですが、下から二行目の文を読んだあとにタイトル画面で流れる「西風」を聞くと、また別の感慨が涌いてくるような気がするのです。
    意図して入れたならスタッフさんすごいな…と個人的に感動しています。
    (12日夜追記※ちょうど碑文についてブログが更新されましたのでコメントを一部修正いたしました)

    これで、マリさんのプレイ日記に沿って書かせていただく私の討鬼伝2プレイ感想は終了です。
    極も2もすごくもう一周やりたくなりましたね!
    軌跡から訪問し数年お邪魔していたこのブログがきっかけで討鬼伝シリーズにはまり、このタイミングでブログにお邪魔し、ここまで都度長々と感想を記すのを許していただけたこと、またそれに大変丁寧なお返事をいただけたこと、本当に本当にありがたく思っております。
    また、いつも書いていることですがマリさんのプレイ日記は討鬼伝に限らず細やかな愛に溢れていて、そして自分のプレイ時の感情を呼び起こしてくれ、解釈を拡げてくれる楽しさと深さに満ちています。
    再度、大きな感謝の意を示したいと思います。
    これからも討鬼伝に限らず、好きなことについてなんでも楽しく綴るマリさんの記事を楽しみにしております。
    そういえば先日と言っても結構前なのですが、極までのプレイ日記を改めて全部読破できました!楽しい旅でした!
    そして今後も、シリーズを共に応援し、楽しませていただくことができたら、こんなに嬉しいことはありません。

    またシステムやその他雑感、人物などについてまとめて何か書かせていただくかもしれませんが、その際はよろしくお願いいたします。
    今までお読みいただき&お付き合いいただき、本当にありがとうございました♪

    梨杜

  21. マリ | URL | 1JkepbtE

    梨杜さん

     改めまして、クリアおめでとうございます!!
     梨杜さんが討鬼伝をプレイして下さった上に2もクリアまで!! と、もう感激過ぎて涙が…という感じです。

     そうなのですよね。怒涛&凄まじいネタバレになるので控えめに書いたのですが、どうおさめればいいやらですよね!?

     決戦前の腹痛は今後も貫いて欲しいですね!(笑)
     前作で言えば大和の分霊も極でしたし、そういう感じなのでしょうかね。同行はできませんでしたが、元々モノノフであり、何を宿しているのだ…と、皆さん気にされてましたし。
     というわけでDLC分霊シナリオ編でもなんでもお願いします!! と!!
     英雄ノ進撃はかなりかかりますよね! というかこのBGMなども含めて是非前作も!! と、思いますね、2からのプレイヤーさんは。こういう部分でも感動に差がでるな、と。

     最終決戦のメンバーは悩みすぎますよね!? 最終的に主人公の代わりに誰かをとか思うほどに(笑)
     強くてニューゲームが存在しないのは、今回はほぼ任務を受けずに進められる&難易度低めというのなのでしょうかね? あると便利なのですがね。特にお話がいいアクションゲーなので、何度も確認したいですよね!

     シラヌイもマホロバとはかなり離れますが(現時点での自分の中の位置考察ではマホロバが岡山辺り、シラヌイが富山辺りです)それでも噂が伝わるというのはさすがですね。独立不羈というのもあるのかもしれませんが。
     あとは桜花さんが近衛だった時代がかなり前というのもあるのでしょうかね。ウタカタですぐに外されておりますし(笑)

     椿口調いいですよね!! ついつい使ってしまいます(笑)
     最終決戦メンバー熱いメンバーですね!! 相馬は前作プレイヤーにはかなり嬉しいことを言ってくださるとか。さすがですね!
     古代文明のお話についてはもう言葉がないというか…。
     そして陰陽方の規模の大きさに驚きましたよ…。既に主導権を握れるほどだとは…。自分たちは霊山君が守る安全な場所でぬくぬくしながら野望を叶えるためにウタカタ近くでオオマガドキを起こすために襲撃だなんて、頭きますね!
     九葉さんも黙ってはいないでしょうし、秋水も色々と動けるでしょうし、いつか霊山のお話が出たら明らかになるといいですね!!

     主人公については次に更新される内容で実は一つ考察を書いています。梨杜さんの碑文の解析状況が分かっていないのでここでは伏せますね。

     PVはこのムービーもでしたね!
     全然こんな最後の方のムービーだとは露知らずという感じでした。
     天狐さんまできちんと入れて下さったのは嬉しかったので、是非2周目でご確認くださいませ!!

     オオマガドキを起こした鬼門は北の地に残っておりますよ~!
     ゲーム内の用語のオオマガドキの所で確か記載されていたと思いますので、お時間あるときにご覧になってみてはいかがでしょうか?
     普通は閉まるものなようですが、残っているようですね。今度のソシャゲのモノノフはその北の地が拠点なので、解明されるかもですね!

     まさかの横浜防衛戦が最後でもという感じでしたよね!
     始まりの地は終わりの地でもあったと。この曲大好きで常にリピートです!!
     あああ、速鳥さんの話で笑って頂けて嬉しいです! そうなのですよ。速鳥さんの努力を無に返すなんてファンとしては絶対に許せないのです!!!!(笑)
     焔の最終戦必聴ですよ! 是非!! ウシヲキナ戦の熱さが(涙)
     神無はいいこと言って下さるのですよね本当に。いいやつだなぁと思いつつ、八雲は通常運転でした(笑)

     九葉さん、こんな表情もできるのかということばかりですよね!!
     何しろ主人公たちが止めに入らなければそのまま九葉さん含めて特務隊全滅だったと思いますし、そう思いますと素の表情が出るのも大いに頷けますよね。
     梨杜さんが仰るとおりに、この未来を抱えてずっと生きていくというのは嬉しい半面辛いかと。待つことしかできないですし、つまりトキワノオロチが未来で復活するということですしね…。

     ズザーな八雲は、「髪型を守るためでは?」というコメントを頂いてからそう思うようになりました!!
     その後のあのムービー、心臓に悪いですよね…自分もぐっさりやられたかと思わず…

     梨杜さんが書かれた通り、安直に親子のハートフルな感じにならないのがらしいですよね!
     非常に残念すぎる結果なのですが…。悔やむ識が拝めるかなと一瞬思いましたが、もうそんな識はどこにもいないのですね。失うまでは過ちではなかったと言っていますし、その頃の識にであれば伝わったかもしれませんが…。
     クラネの生きようとする力は凄かったですね。一番最初に空間転移しそうになった主人公に「私がここにいるように」と声をかけたのは、まさにですよね。
     それだけこの地で生きて、贖罪をするならするという強い気持ちがあったからこそだったんだなぁと。
     以前書いた最初に行き倒れている主人公を助けた理由というのも、自分がこういうことがあったからこそというのもあったのかな、とも思います。

     オビトは反則すぎでしたね(褒め言葉)
     ムスヒの君としてモノノフを作り上げた偉大な人物はこういう単語で千年後も結ばれて生きていると!
     実際には御本人様が、となりましたがこれまた感動が5倍くらい違うかと。
     漢字はあるのでしょうかね? 千歳と同じ世界ですし漢字かなと思うのですが、どういう字なのか気になりますね!

     真鶴が最初の拍手というのも凄く好きです!
     やっと争いが終るという。あのゆっくり加減もまたよかったですよね!
     そして〆が!! まさにかぐやが書いた本になっていたと! 最初のナレーションもそうですし、そうかなと自分も思っております。

     碑文についてもありがとうございます!!
     西風の文、反応しましたよ! クラネが主人公に最後の方で話す(分霊辺り)部分でも風と触れていたので、あの時代に流行ったものなのか、伝わるものだったのでしょうかね?
     その上であの「西風」聴くと穏やかですよね。元々の曲が「中ツ国ノ旋律」で国全体の旋律ですが、マホロバになるとこういう風になるのだな、という楽曲での表現が泣けます。

     最後の最後まで嬉しいお言葉がぎっしりで本当に恐縮ですが、とても嬉しいです!
     誰かに伝えたい、誰かと話したいという思いで始めたブログなので、こうして梨杜さんと沢山お話できたのはとても嬉しいです。
     梨杜さんのお陰で気付くこともいっぱいありましたし、そういう考え、そういう視点でというコメントを通しての楽しみ方も凄く楽しかったです。

     まだまだ色々なものを書くと思いますので、何かあればお気軽にどうぞ!!
     こちらこそ素敵な感想をいつもありがとうございました。本当に本当に嬉しかったです!

  22. 梨杜 | URL | mQop/nM.

    お返事ありがとうございます

    マリさん

    改めましてクリアのお祝いありがとうございます!!
    Twitterの方と時間差が生じてしまい、色々お気づかいさせてしまって申し訳ありませんでした;
    これも全てはゲームが面白すぎるせいなのです…(言い訳
    えええ!?涙まで…!?さっとハンカチを手に取りつつ、お気持ちありがたく頂戴いたします!!
    時期的な関係もありますが、まさかこのブログにはじめてお邪魔するのがアクションゲーム関係だとは、当初は思いもよりませんでしたよ~討鬼伝すごいです!

    そして先に書いておきます&毎回失礼しています
    がお返事が!すごく長くなってしまいましたのでご注意くださいませ!!

    いつも詳細に展開を書かれるマリさんのプレイ日記ですらあれやらこれやら若干ぼかされていましたので、ネタバレ案件の凄まじさがうかがえますね…!! 

    ファンの間で語り継がれる、討鬼伝シリーズの隠れたお約束になってほしいですよね、腹痛は(笑
    大和は気になったとは思いますが、一線から引いたという設定になっていたのでぎりぎり…というところだったのでしょうか。
    2は仲間として最終決戦まで同行できるので、余計に…ですよね。
    まあでも設定されていないことは絶対にないと思うので、要望を出しつつ気長に待つしかなさそうですね…。
    そういえばあれから渡辺綱も出てきまして、列伝を読んで茨木童子との関係ににやりとしました。
    英雄ノ進撃はもはや安売りレベルでは!?というほどかかりますよね、燃えるのでいいんですが中型これ統一だと思うので、ヒダルとかすぐ倒してしまうと若干もったいない気分にもなりますね(笑
    ゲームに限らずBGMってすごく耳を傾けている人とそうでない人がいる印象ですが、討鬼伝の音楽にはぜひ心動かされる人が増えてほしいです。
    そしてサントラ購入へ…!

    そうなんです、もはや仲間の皆さんプレイアブルにしてもらってもいいんですよレベルです!
    ってコメントを書いてる間に無双スターズとかいう代物が…だからタイムリーすぎますってコーエーさんグッジョブです!!(号泣
    2から入った方に極をプレイしていただきたいというのも叶ったので、マリさんのブログは願いが叶うブログかもしれませんね♪
    むしろ最終戦は主人公除いて4人に拡張しても枠少ないくらいですよ!
    私も強くてニューゲームがないのはそういうことなのかな?とは思っています。
    極があるとしたら若干後半の難易度も上がると思いますし、もし可能であれば早めに実装してほしいですね~開発の方々からするとそれどころじゃないんじゃい!という忙しさでしょうから、こちらも気長に…。
    何を引き継ぐかなどシステム的に難しいのかもしれませんが。
    ムービーは見返せますが細かいイベント台詞のひとつひとつに重大な伏線や燃える箇所があるので、何度も確認したいんですよね。

    その位置関係ですとシラヌイは恐らく相当有名な里になりますよね。
    八雲はずっとマホロバにいるにもかかわらず…ですから。
    雷蔵が雑談でウタカタが気になっていると話してくれましたが、禁軍は霊山が拠点ですしあちこち行き来しているでしょうから、噂にも詳しそうですよね。
    桜花はもう外された理由が納得も納得ですからね(笑
    なんだかんだで過保護でも役目を全うし、部隊までまとめる八雲もなかなかのものですよね。
    もしかしたら巫女を大切にする、という共通点で意外に話が合うかもしれませんね!
    二人とも生真面目ですし!

    椿口調便利すぎて、私の頭の中の椿は最近大活躍です(笑
    最終決戦熱かったですよ!
    相馬、おっしゃる通り前作プレイヤーには嬉しい台詞のオンパレードでしたのでぜひ確かめてみてくださいね♪
    あと結構笑ってる表情が多くてですね、さすがオオマガドキを越えた英雄は余裕があるなあとも思いつつ(笑
    絶対勝つと信じているからこそなのでしょうがね、やはり好戦的なのも相変わらずで!
    陰陽方については、いつか決戦の機会が来るといいですよね!
    しかしそういった人間たちの研究が、秋水の夢を叶える希望のひとつになってもいるというのもまたもどかしい話です。
    腐った人間だけをどうにかできればいいのですが、おそらく研究の重要なところはそういった人々が握っているでしょうしね。
    しかし極を経た今の秋水ならば、陰陽方の力を借りなくても未来に向かって歩いていけるかもしれないと思うのは私だけなのでしょうか!?
    そして九葉さんの次の任地が気になる今日この頃でございます!

    碑文についてはまだ全て集まっておりませんが、本筋と違ってネタバレ気にしないので早速興味深く記事一度だけさらっと拝見しました。
    自分でも回収し、噛み砕いたあとにもし何かありましたらまたコメントさせていただきますね。

    2週目は天狐さんもばっちりお連れいたします!

    用語の鬼門の項目に載っておりました…ご指摘ありがとうございます。
    まだ残っているなんてえらいことですが、確かに「討鬼伝モノノフ」に関係してくるかもしれませんね。

    本当にまさかですよ!やられた!と思いました。
    トキワノオロチ戦は終焉と荘厳な感じが出ていながらも、疾走感もありで熱いです!まさにラスボス!
    ひとつだけ個人的な好みを言うとすれば、基本は歌詞がないなら全インストの方が、というのはありますがそれを差し引いても燃えますね!!
    速鳥さんの件、盛大に笑ってしまってすみません(笑
    でも筋が悪いどころか最悪な天孤語を、愛のために二人も師を仰いで必死に練習してるんですもんね、それは許せませんよ!!
    あああ、実は悩み抜いた末に最後の最後まで焔と相馬で悩んでいたのです!
    2週目は焔優先的に組み込みます!
    ウシヲキナ戦の再来とはそれは必聴ですね!!(涙
    もう台詞多すぎて記憶が曖昧なのですが、私がやったときは戦いの終盤で3人が「いけー!」「やれー!」「ぶったぎれー!」のような感じで叫んでくれて最高に燃えまして、マリさんもそういう感じだったのか後日でいいのでよければお聞きしたいです。
    八雲もぜひ通常運転絶好調をフルボイスで堪能したいです!
    でも通常運転ということは誇り高くも随所にさりげない(というか照れて表に出せない)気配りがあって、ということですよね!?

    九葉さんは出る度に人間味と人間離れした凄まじさが平行してぐんぐん伸びていくのでずるい(褒め言葉)ですよ!
    そうですよね、主人公たちが来なければ九葉さんも死に、鬼の侵攻はさらに進みますます人類存亡の危機に…!
    トキワノオロチの記述を見つけたときにちょうどお頭選議があり、識が来たタイミングだったというのもある意味天恵だったのかもしれませんね。

    八雲の髪型!(笑
    確かTLでも拝見しました!
    そもそも他の皆みたいにかっこよく着地できればよかったのではとつい思ってしまいますが、きっと放り出され方が悪くてとっさに!だったと解釈しておきます!
    そんなところも八雲らしいですよね!
    例のムービー、私はイヤホンでやっているので効果音的にもかなりきましたね…(泣

    識と博士、私も一瞬そう思ったのですが甘かったです…。
    それだけ二人とも、よくも悪くも覚悟を決めていたと。
    遅すぎる再会が悔やまれますね…。
    博士も最後に、さようならと言っていましたが父さんとは呼びませんでしたしね。
    でも、本当は自らの名前を明かしたときに心のどこかで期待する気持ちがわずかにでもあったのかもしれないと勝手に妄想すると涙が出てきます…。
    ここから下も私の個人的な考えですが、博士も、そして焔も、普段はさらっとしていますが、自分が人に手を差しのべてほしかった過去があったからこそ、肝心なときに優しいんでしょうね。
    博士は助けてもらい(6歳が独りで生きるのは無理かと仮定して)、焔は誰にも助けてもらえなかったから独りで生きていかざるを得なかった、という違いはあれども。
    伸ばした手を取ってくれる人がいることのありがたみが分かっているのだと思います。
    神無は最初はああでしたが、もしかしたら、一人は確実に信頼できる、手を取り合える身内がいたからこそ少しだけ未熟だったのかもしれないですね。ちょっとこれは穿ちすぎかもしれませんが。

    大和といいオビトといいたったの一単語で鳥肌が立つ瞬間が多すぎですよね!
    あ、漢字というのはマリさんの千歳と同じく名付け時のイメージや意図がこうかな?と思ったということでした!
    色々考えると面白いですよね。
    モノノフ創立3人組も大好きなので、だいたい極で判明しましたがもう少しだけ詳しく見たかったりします!
    ホロウとオビトの出会いとか!

    真鶴の拍手、ありがとうございます!
    確かにゆっくり加減がよかったですね!
    ぽつぽつと続いていく感じで。
    かぐやのナレーションと〆についてもご意見ありがとうございます!

    そして碑文の件、すでにお気づきで失礼しました!
    最初コメントを投稿したときはコンプされていることも知らず「ここはお持ちでしょうか?」などと書いてしまって、わりと間もないうちにブログが更新され記事を拝見して恥ずかしくて急いで修正いたしました(笑
    ああー確かに!風にまつわる表現、古代の民の間でよく使われていたのかもしれませんね。
    そうなんです!中ツ国ノ旋律が根底にあっての、マホロバの「西風」というのがまた泣けますね…。
    ただ、vitaだとやめるときスリープにするので、他のソフトにしたりトロフィーを確認したりしない限り、意識しないと普通タイトルの曲は滅多に聞かないんですよね…すぐゲーム開始してしまいますし。
    それに興味がないとサントラで曲名を確認したりしませんしね。
    開発の方の意図はともかく、個人的にかなりぐっときたのでお気づきの方が増えるといいなあと願う案件です。
    碑文を書いた方に、遥かな時を越えて穏やかな西風が吹きつつありますよ、とお伝えしたい気持ちでいっぱいです。

    ということで、今回もお返事ありがとうございました♪
    マリさんのプレイ日記に、人の感想を読みたい、どう思ったかを知りたい、という欲を今までさんざん満たしていただいてきたので、その千分の一、万分の一でもお返しできたらと思っていたので嬉しいです。
    長文に毎日のコメント返信をいただくのはとてもお手間をかけたかと思いますが…こういう感想を抱いた、こういうところに共感したという一例をなるべく細かくお伝えしたく、甘えさせていただきました。
    発売から1か月という時間の差はありましたが、逆に他の方のコメントを長文で下に押しやることもなく、マリさんもちょうどクリアされていたのでタイミングがよかったのかもしれませんね?
    また何かのゲームでもなんでも、こうしてプレイ感想などお話しできる機会がありましたら嬉しいです。
    ちなみにクリアまでいって、またこのお返事書いている途中で疑問に思ったことがあったので、そちらは明日以降日を改めてコメントさせていただきますね。

    本当に本当に、ありがとうございました!!

    梨杜

  23. マリ | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです

    桜さん

     桜さん、コメントありがとうございます。
     不要とございましたが、是非とも返信させてくださいませ!
     コメントを頂いてから既に5年くらい経っている気分ですが、まだ1年と…! 時間が経つのが早いですし、自分も桜さんと色々お話でき、また共闘もできと非常に楽しんでおります。
     嬉しかったことはたくさんございますが、中でもトロコンや考察が楽しいと仰ってくださったことはとても嬉しいです。トロコンは途中ダレるときも多いですが、やはり取れたときは凄く嬉しいですよね。
     考察も同じで、色々な方の視点があるからこそもっともっと楽しくなると思いますし、違う視点を知って更に物語を奥深く幅広く知れる・考えられるとも思っています。なのでこちらも同じように嬉しかったです。

     色々なジャンルを兼任しているブログであり自分ではございますが、基本的に討鬼伝は変わらず遊び続けていると思いますので、気楽にかまって下さいませ。これからもどうぞ宜しくお願い致します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)