討鬼伝関連:討鬼伝2 討利備亜、4Gamerさんインタビュー、無双☆など

2017年01月03日

netabare.jpg
週刊ファミ通 2017年1月12・19日合併号

 討鬼伝2の討利備亜が載っているのであれば買わねば! ということで、いつもの電子書籍での購入を。
 何気に討鬼伝は雑誌でしか載らない設定なども多いですので、逃せぬと! こちらについては下記に綴っています。


 というわけでまずはこちらを! 毎年恒例のインタビュー記事でございます! 年末といえばということで凄く楽しみなのですよね。あとはぽろり発言なども…。
 
 さてさて早速ですが、上記インタビューについて綴りたいと思います。あいうえお順なのでトップバッターはおがPこと小笠原ブ長からでございました。
 ωさんの20周年イヤーということで、無双☆をはじめ色々と続報が待ち遠しい年になりそうですね! 常に財布との戦いになりそうでも(笑)
 おがPさまについてですが、TLで大和のコスプレをして欲しいという某さんの発言に そ れ だ!!!! 感満載です。それから、おがPさまの今年の新作ギャグにも注目したいです。

 関口D氏のコメントから討鬼伝の次の構想を練っている最中という嬉しすぎることが判明に!!
 ファンとしてこれほど嬉しいことはなく…! ありがたいです。次へ向けた展開というのが極になるのか3になるのかは分かりませんが、期待大大大ですね。
 
 森中P氏のインタビューはなぜかいつも脳内で声付きで再生されるのですが、されやすくないですか!? と、皆さまにお聞きしたいです。
 そしてP氏も新たな進化をお届けしていきますと断言されておりますし、続報に期待ですね! 色々挑戦されているIPという印象も強いので、今後も新たなことに挑戦される姿やしかしながら討鬼伝の良さは残るというような進化を期待したいですし、応援したいです。
 討鬼伝モノノフも今月中に配信あるといいですね。それとも節分合わせになるのか。

 コエテクさん全体ではやはり仁王がいよいよというところでしょうか。絶対クリア出来る気がしないと自分は体験会で思いましたが、少しずつ学んでいって少しずつ進めるという手応えがあるのもまたいいですよね。ニンジャガも最初にプレイした時そうだったなぁ…と。今でも自分の動かすブサさんは超忍…? な感じで申し訳ないのですがね…。


 以下は無双☆と、ファミ通さんの感想です。
 ネタバレですのでご注意を!








 アクションムービーの桜花さんが公開になりました!
 討鬼伝の動き!! という感動と、浅野真澄さんの新録ボイス!! という感動とそして無双だなぁと思える部分ということで色々と胸が熱いですね!

 浅野真澄さんのキャストコメントも掲載されておりましたが、蜘蛛が苦手ということで桜花さんと同じと!
 そういえば無印時代のジャンフェスで浅野さんは気になるキャラは息吹を挙げておられたのですよね、桜花とはウマが合わないだろうけども、とも仰っていて。また息吹とのあれこれもフルボイスで聞ける日が来て欲しいです。
 からの最後の部分でしょうか! 沢山の人が手にとってくれたらまた桜花をという部分ですよ!!! 本当に本当に本当にそう思います。モノノフでは残念ながら声はないと思われますし、またいつかどこかでウタカタの皆に会いたいです。

 ということで無双☆にはキャストコメントが掲載されるということはこれはリュウさまも!!!!!!!???? と、思うと今から気が気でないというか既に爆発というか堀さんがどういうコメントを寄せられるのかと…!!! ドキドキですね…!!
 リュウさま温泉でオプーナさんと鍛錬されておりますしね…!!! しかも黒褌…!!! トレボが届く日に拝み倒す度にのたうち回って奇声を発する未来が浮かぶので今からその日を楽しみに待ちたいと思います。

 それにしても討鬼伝からはあとは時継だろうと予想されていますが、オプーナさんと時継がフィールドに! と、思うと微笑ましいというか和みますね。


1/700 東京スカイツリー(R) [プラモデル]

 討鬼伝2の討利備亜を読まれた方には分かって頂ける画像と!!(笑)いつも通り画像はAmazonさんです。
 しかしまさかそんな開発途中設定があったとは驚きです! 今の大きさでどの程度の設定なのかは分かりませんが、開発途中の画像も見てみたかったですね。

 今回の記事にも設定として重要なネタが1つありましたね。これはまた考察班には逃せぬ貴重な情報かと。
 マホロバとウタカタの文化レベルについてですが、これはまた両者が行き来したらかなり面白そうですね。そして更に上をいくであろう霊山がどのようになっているのかますます気になりました。
 モノノフの里は独自の文化が発展しているという設定ですが、やはりより霊山に近ければ近いほどというのもあるのでしょうかね。その辺りも気になります。

 忙しいときほどネタを仕込む開発陣ということが暴露されておりましたが、初期の体験版では入れた建物内に製品版では入れないというようなこともあったので、それらなのでしょうかね。
 ああいう室内に入れるというのは凄く楽しかったので、今後一層オープンワールドに力を入れるということになればそういう部分も期待したいです。が、これからもVitaもあるでしょうし、そうなってくると色々と難しいのかもしれませんね。自分はVitaが好きなので、バージョンアップされた携帯機もこれまた難しいでしょうけど出てほしく思います。
 それにしてもそれぞれのキャラクタの私室というのは気になりますね! 今回は1キャラのみですが、全員気になります。ウタカタではたたらさんの依頼で少しだけ文章でイメージできるというキャラクタもおりましたが、謎な人が殆どで。マホロバも殆ど謎なので気になります! むしろ全キャラ分の私室の状況でも分かったら討鬼伝ファンなら1年か2年はそれらで盛り上がって過ごせるような気もしますね!!!

 鬼のポーズチェックですが、このインタビュー見て分かりましたよ。だからあんなに面白すぎるネクチメさんやマガツミカドが出てくると!!!!!
 初めて見た時の爆笑加減となんなんだこのハイセンスすぎるネタは…!!! という、スタッフさんの振り切れた全力のセンス具合に脱帽したものです。
 基本的に鬼の行動は物凄く細かいですよね。ファンの方々と話す時も細かいよね! ということでよく盛り上がります。鬼がモノノフを掴んだと思ったら掴み損ねてキョロキョロしていたり、ズザーっと転ぶところ、決めポーズが格好良かったり、動物モチーフであればそれらがよくよく表現されていたり。細かな動きにも目が離せないそんな討鬼伝の鬼が好きです!


 というわけでこの度も楽しいトリビアでした。
 某台詞部分については省いてしまいましたが、あの台詞も網羅された設定集が本当に欲しいのですよ…。中々聴けない台詞も多いですしね…!!
 しかしながら自分の中で戦闘中台詞ダントツトップは「貴殿は優しいな」ですよ!!!!! あの速鳥さんが!!!!! 壁を乗り越えたことによって心から信頼できるからこそ、そう思えてそう言えると!!!!!! これがもう泣かずにいられるかっちゅーものですが、しかも中尾さんのフルボイスということで二重の鬼千切・極と鬼葬がかかってくるというようなものです。
 やっぱり何を書いても結局速鳥さんに帰ってきますね。これはもうしょうがないですね。今年は酉年ということで速鳥さんと思い込んでタマハミしたいと思います!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. sato-chan | URL | L8AeYI2M

    明けましておめでとうございます!

    すっかりご無沙汰しております。
    こんな私ですが今年もよろしくお願いします。<(_ _)>

    討鬼伝2の極が出るのか気になりながらちょこちょこやっていますが
    さすがに年末年始は忙しくて全然ゲームやってません。
    無双スターズも気になりますがたぶん買わないと思います。
    自分の中で無双はもう卒業してしまった感があるので・・・
    今後の討鬼伝が気になります。ウタカタもマホロバも楽しいですよね。

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    sato-chanさん

     あけましておめでとうございます!
     昨年も大変お世話になりました。
     こちらこそまたこうしてご挨拶が出来るということ、とても嬉しく思っております。

     討鬼伝は次への構想を練っているということで、極なのか3なのか気になるところですね。
     お話的にはマホロバの部分は解決しておりますし、次のお話も見てみたいのですが、しかしながらマホロバのキャラクタの掘り下げは見たいという…! アクションゲームですし、そういうところは難しいですね。何らか補完欲しくなります!

     ウタカタもマホロバもそれぞれいい所なので、他の里も気になりますね!
     霊山も2で一体どうなっているのか…という感じになったのでますます気になります!
     新情報の続報が見られる今年だと嬉しいですね。
     改めまして今年もどうぞ宜しくお願い致します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)