THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~ Shining Side LV感想

2017年02月12日

sidem2ndg4.jpg

 2月11日に行われたTHE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~ Shining SideのLVに行ってきました。本会場へのチケットはもちろん落選でして、しかしながらLVで思う存分に楽しんできました! 今はLVがあって実際に楽しめるということが増えてきているので本当にありがたいことです。
 感想を一言で言うならそれはもう「315」しかないです。泣いて笑って叫んでペンライトとタオルで腕ぶんぶんで、翌日の今は喉と腕が痛いです。そして何より胸いっぱいですね! 何も手が付かないですし、はしゃぎすぎたのと感動で頭が真っ白で詳細な記憶はほぼないという…! それでも備忘録的に思い出を残したくこうしてキーボードを叩いています。

THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~ [Shining Side]  
 https://www.lantis.jp/sidem/2ndlive/

 日時:2017/2/11(土)開演:17:30~
 場所:幕張メッセ(本会場)、全国のLV実施館

▼出演者(Shining Side)
 DRAMATIC STARS、High×Joker、彩、FRAME、神速一魂、Altessimo、F-LAGS、Legenders

▼セットリスト
 M1 Beyond The Dream:DRAMATIC STARS、High×Joker、彩、FRAME、神速一魂、Altessimo、F-LAGS、Legenders
 M2 STARLIGHT CELEBRATE!:DRAMATIC STARS
 M3 勇敢なるキミへ:FRAME
 M4 夢色VOYAGER:F-LAGS
 M5 The 1st Movement~未来のための二重奏~:Altessimo
 M6 Legacy of Spirit:Legenders
 M7 オレたちの最強伝説 ~一世一代、破羅駄威棲!~:神速一魂
 M8 和風堂々!~WAnderful NIPPON!:彩
 M9 JOKER/オールマイティ:High×Joker
 M10 THE FIRST STAR:天道輝
 M11 ぴんとこな~蝶よ華よ~:華村翔真
 M12 Happy-Go-Unlucky!:木村龍
 M13 だいぶ・いんとぅ・にゅ~・わあるど!:猫柳キリオ
 M14 流るゝ風の如く~和敬清寂~:清澄九郎
 M15 Because:桜庭薫
 M16 サイコーCOUNT UP!:伊瀬谷四季
 M17 DRAMATIC NONFICTION:DRAMATIC STARS
 M18 Never end「Opus」:Altessimo
 M19 String of Fate:Legenders
 M20 With...STORY:F-LAGS
 M21 OUR SONG-それは世界でひとつだけ-:High×Joker
 M22 MISSION is ピースフル:FRAME
 M23 バーニン・クールで輝いて:神速一魂
 M24 MOON NIGHTのせいにして:DRAMATIC STARS
 M25 喝彩!~花鳥風月~:彩
 M26 HIGH JUMP NO LIMIT:High×Joker
 M27 夜空を煌めく星のように:DRAMATIC STARS & High×Joker
 M28 DRIVE ALIVE:DRAMATIC STARS、High×Joker、彩、FRAME、神速一魂、Altessimo、F-LAGS、Legenders
 M29 Beyond The Dream:DRAMATIC STARS、High×Joker、彩、FRAME、神速一魂、Altessimo、F-LAGS、Legenders

 ファスライよりもユニットの数も曲数も増えているので、最長4時間公演かなと踏んでいたのですが約3時間半の公演でした。もちろん休憩なしですが、あっと言う間過ぎて、終わった瞬間「もう一回最初からやろう」と思わず口に出たほどでした。楽しい時間はあっと言う間と言いますが、ずばりそれですね。本当に煌めく星のような時間でした。

 キャストさんの挨拶やコメントなどでもMマスという作品への愛を感じましたが、一番印象的だったのは、「キャストが、他のユニットが歌っている時に楽屋で皆歌っていたり、ダンスを完コピして踊っている人もいる」という部分でしょうか。
 プロデューサーはもちろんですが、キャストさん全体でも盛り上がっている楽しんでいる様子が伺えるのは、やっぱり嬉しいです。より応援していこうという気持ちも強くなりますね。

 それにしてもライブというのは年齢を忘れてはしゃいでしまいますね。セカライで最も望んでいた「夜空を煌めく星のように」の最初の一音目が鳴った瞬間反射的に「うわあああああああああ!!!」と、思いっきり叫びましたしそのまま泣きながら腕ぶんぶんでした。
 他のプロデューサーさん方もお好きな曲や担当アイドルたちが魅せて下さるシーンでは叫んで泣いてと、それを見聞きしては分かりますそのお気持ち…! と、なれるのもまたいいですね。とても気持ちのいい会場でした。


 以下は感想です。ほぼほぼ記憶がすっ飛んでいるので、間違っていることも多々あると思いますがご了承ください。







 LV会場も想像以上にプロデューサーさん方が集まっており、最初から最後まで大盛り上がりでした。ペンライトの切り替えもそうですし、コールもばっちりで、これがアイマスのライブ…! と、心底実感しました。また、女性プロデューサーさんの数がやはり多いですが、男性プロデューサーさんの方も結構おりまして、男女問わず人気というのもまた感じられました。
 今回は座席運もかなりよく、ど真ん中の見やすい席でして、これもまた315でした!!

 LV会場でも一部物販が販売されており、事前通販で迷っていたオリジナルショッパーを結局購入しました。
 「袋に丸めていれますか?」と、店員さんに言われましたが「このまま使うので大丈夫です」と、早速タオルやペンライトなどを全部そちらへ。大きいので何でも入るのがいいですね! 嵩張らないMマスグッズは今後このショッパーにいれて保存したいと思います。



 LV会場限定映像は、パンフレットの写真の撮影時に収録されたものでしょうか。パンフレットの衣装で動いでお話されるキャストさんが拝める貴重な映像でした!
 が、High×Jokerが映った瞬間荒ぶりすぎて全然記憶に無いのですよね…。いつも通り元気で可愛いHigh×Jokerだったとしか(笑)それにしても渡辺さんはあの帽子が凄く似合っておりますよね! スタイル抜群ですし、凄く映えておりました!!!
 どのユニットも楽しかったのですが、Altessimoが最初は永野さんだけで、「土岐さん!?」という感じになっていたのがまさにリアルAltessimoでした。土岐さんは永野さんの話を聞いていたという!! 土岐さんもその後お話しておりましたが、やりとり和みました。


 その後はスポンサーさんのコールを!! しかしLV会場は一部のスポンサー様が、カメラがとても引きになっており米粒サイズの企業ロゴでどうにか判断して叫ぶという(笑)


 そして山梨さんコラボですが、こちらはLV会場でも一際大きな声援でしたよ! 「やまなしー!」ではなく「きゃあああ! やまなしー!!」という感じで喜びの声混じりの声援で包まれておりました。ほうとうもですし、信玄餅も予約開始後に買えるように願っております!!! 数量限定なので血で血を洗う戦いになりそうですが、どうか買えますように…!


Beyond The Dream

 ビヨドリはトリかな、と思っておりましたが一発目でした!
 ノリのよい曲でコールやペンライトや身体を温めつつライブがいよいよ始まったんだな、と心底実感したのでした。念願の「315!」コールが出来たのは本当に本当に嬉しくて、すっごく楽しかったです。

 しかしあの舞台上に全キャストさんが揃うとぎゅうぎゅうに感じますね。それもまた熱いのですが、それぞれユニットごとに映し出される姿が拝めるのも嬉しかったです、やはりユニットごとの声が聴こえると嬉しくなりますね。


 全体曲のあとにお一人ずつの紹介がありました。
 この時も思ったのですが、ファスライは寺島さんもいらしたのと1stというのもあり、仲村さんが進行しつつも寺島さんがフォローしながらという様子も伺え、それもまた素敵だったのですが、今度は仲村さんがお一人で! という感じがとてもしてそういう部分でもまた”2nd”というのを感じました。

 自己紹介はそれぞれやはり声援が熱いのですが、念願の「榊夏来役、渡辺紘こと…」「ひろひろだよー!」ができたのがこれまた本当に思い出です!!
 夏来くんの台詞も聞けましたし、悔いなどあらぬ…! という心境でしたが、念願成就過ぎて何をお話していたのかという重大な部分がすっぽ抜けているという…。BDが発売されると思うので、そこで補完したいと思います。


STARLIGHT CELEBRATE!

 ファスライはHigh×Jokerからでしたが、今回はドラスタのこの曲からでした!! ファスライの格好いいダンスも曲ももちろん大好きで、最初からペンライトを振るのが楽しかったです。

 ファスライでも披露した曲は若干ダンスが変更になっていたりして、新たな楽しみができているのもさすがですね!!
 今回は八代さんがアップになる時に物凄く可愛らしい笑顔を沢山魅せてくださったのが印象的でした。内田さんは反対にセクシーさ溢れる格好良さ、そして仲村さんは王道の笑顔とブレないダンスで引っ張っていくというのを感じました。
 それにしても仲村さんは安定した歌唱力が凄いですね。全体曲でも、最初にご自身から歌い出す歌などでもかなり軸になっているのを感じました。裏声などもほぼ使用されずに歌いきれる部分もさすがすぎますね…!

 この曲はやはり何度聴いてもサビのダンスと合った時が凄く好きで、曲の後半部分で更に高みへというもっともっと明るくなっていく部分が大好きです。ドラスタというユニットを凄く感じさせてくれる歌であり曲であり。


勇敢なるキミへ

 曲がかかり緑に会場が染まっていくのがまた心地よく、何と言っても増元さんの踊っていてもしっかり安定したあの逞しい低音ボイスが直撃という幸せ!! しかし増元さん、挨拶時に「かわいいー!」コールが凄く、ギャップがまた素敵でした。
 FRAMEの皆さんも最初はユニットモチーフの衣装なのでそれぞれより決まっているのですが、熊谷さんが前髪を伸ばして渥野さんが3次元に…! というのを感じました。濱さんも絆創膏にスマイルマーク入りでとても可愛かったです。

 FRAMEもこれまたダンスが凄く格好良くて、あれだけ激しく動いて歌うなんて…凄い…としか。
 この曲は自分の中でニチアサの戦隊モノ系の子どもたちに夢を与えるようなイメージを持っているので、健全な明るさがライブでより感じられて燃えました。

 確かこの曲だったと思うのですが、途中で全員ソロダンスのシーンがあったと思うのですよね…。これがまたすんごく格好良くてですね、FRAMEのPさんたち魂抜けかけてないかな? と、思うほどでした。
 個人的に熊谷さんのダンスが格好良くて見惚れておりました。渥野さんヘアなので特に斜め横から辺りの角度で映ると更に格好良さを感じました!


夢色VOYAGER

 汽笛から始まり、「うおおおおお!!! F-LAGS!!!!」という感じで一気にテンションが上りました。この曲も大好きですし、F-LAGSも好きで盛り上がっている所に、メンバー全員旗を持ってご登場という辺りで「ああああああ」という言葉にならない脳内でしたが、実際には歓声として口から出ていました(笑)

 全員で歌ったあとは三瓶さんからですが、まずはもうそこで涼さん…!! という感じで感極まりました。更に次が徳武さんで、毎度聴く度に撃ち抜かれているのですがライブでも最高すぎました…。
 そして何と言っても1番の歌詞をかっさらっていったのは浦尾さんかと!!! 「今度はぼくが」という部分を「今度はワシが」と歌ってくださったのですよね!!! 思わず会場でも歓声があがり、ペンライトぶんぶんでした。こういうのは感激ですね!!

 何よりこの曲のラストがまた更に感動でした!! 最初は小さい旗でしたが、最後の最後はあのCDもジャケットのスタイルかつ大きな旗で揃われたのですよね!!

THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE-14 F-LAGS
 ※上記画像はポンデリンクさんを使用したAmazonさんへのリンクです。

 まさかこれを現実で拝めるとは…!!
 F-LAGSというユニットの良さを改めて噛みしめる曲になりました。


The 1st Movement~未来のための二重奏~

 凄く好きな曲で、ライブで聴けるのを心待ちにしていたのですがこの曲の凄さがあまりに凄すぎて、自分でさえこれだけ瀕死になるのであればPさんは呼吸止まってるのでは…? と、真剣に思うほど凄かったです。

 自分はAltessimoの歌は土岐さんと永野さんそれぞれの歌声はもちろんですが、声と声が重なり合ったときに奏でられるあの絶妙すぎる美しい声が真髄だと思っています。あんなに美しくかつAltessimoというユニットを言葉を使わずとも表現できるのは他にないのでは? とも。
 それが会場に響き渡るのですよね…! こんな幸せが聴けるなんて最高すぎます。
 更に後半部分で永野さんのソロから土岐さんのソロへ繋がっていく部分がありますが、あの時の歌声で永野さんの手を取るようにというに感じられる、土岐さんの優しさと、信じて歌声のバトンを渡す永野さんというのを感じられて思わず涙が。

 Altessimoは曲調から激しいダンスはないのですが、かなり情熱的な動きが多く、それがまた心を掻き立てるという…。1番と言っていいほど心に残りました。


Legacy of Spirit

 駒田さんが最初から「海」と、確実に言って下さるという感じで笑いも起きつつという感じで癒やし系でもあるLegendersの挨拶などでしたが、歌に入ればキレッキレのダンスと、そのダンスにより彩りを入れてくれる衣装の色と格好良さでとにかく格好いいものでした。
 間奏部分の一人ずつの台詞もライブで聴けると迫力がまた全然違いますね。

 笠間さんのヘアスタイル、一部はLegendersを意識している色ですよね…!?(※ご本人様のツイートで雨彦さんカラーというのが判明しておりました) 凄く素敵でしたし、汐谷さんがアップで映る度に愛らしさと二枚目っぷりに凄かったですし、駒田さんのダンスもこれまたキレッキレで釘付けでした。


オレたちの最強伝説 ~一世一代、破羅駄威棲!~

 コール曲であり、個人的に難易度が最強でした。
 が、「ファイヤー! ファイヤーファイヤー!」「押忍!」「いっせのーせ! パラダイス!」など、綺麗にハマると本当に楽しすぎますね!! ノリノリの会場だったので、コールもがっつりで尚且つ皆さま完璧でした。
 途中の「ニャ~!」も聴けたのが嬉しかったですし、このコールかつアップテンポの曲ですが、益山さんのダンスの完璧っぷりが凄かったです。深町さんもなのですが、お二人ともさすがですね! どちらの曲か忘れてしまったのですが、益山さんのヤンキー座りも完璧過ぎて、朱雀くんがそこに…! という感じでした。

 確かこちらの曲だと思いましたが、ライブバージョンになり、途中でコールの練習から本番へ移っていくというのがありました。これまた凄く楽しかったですし、魂震えますね!!


和風堂々!~WAnderful NIPPON!

 彩の曲もライブでコール付きでやるとなると更に楽しくなりますね!!
 最初の「セイッ! セイッ! セイッ! セイッ! セイッ!」「ポン!」から全力全開になると!! これは面白いと、もっとノリノリになりました。

 彩の皆さんは目尻の部分の朱入れのお化粧もあるのでアップで映る度に、燃えますね! 山下さんは猫により注目になりつつ。
 バレッタさんも山下さんも笑顔が可愛すぎて悶絶でしたし、中田さんはイケメンっぷりがより映えるのでこれまたPさんは大丈夫かな? という感じになりました。

 彩の曲もセカライ前と後では印象ががらりと変わりました。ダンスがついてコールがついて、となりますとこんなにも印象も変わるものなのか! と、驚きです。
 元々彩らしい曲でしたが、神速一魂とはまた別のベクトルのコールの面白さがあるので、ライブには欠かせないユニットというそういう意味での存在感も感じました。和服風の衣装なので動きも和の舞踊を取り入れたり、正座があったり手つきの仕草がより美しかったりとそういう部分も注目するのが楽しかったです。


JOKER/オールマイティ

 待ってました!!! と、最初の一音目が聴こえた瞬間に首からマフラータオルを外し、人にぶつからぬよう折りまくってぶんぶん回していました。ぶんぶんと書いていますが、人には本当にぶつかっておりませんのでご安心を…!

 ずっとずっと楽しみにしていた大好きなHigh×Jokerの大好きなこの曲で、ファスライBDを見返しながらタオルを回していたのがついにリアルタイムで!! と、大興奮でした。
 ハイジョはダンスも頭の中に大体入っているので手拍子もがっつりばっちりでした。本当に楽しかったです。

 この曲は最初の方で夏来くんのソロがあるのでそこでまずは失神しないように堪えつつタオルを振り回しつつ心の中では「ぎゃーーーー」という感じでした。本当格好良かったです!!! この曲は夏来くんが「もう言わせねーぞ」という普段言わない言葉が聞けるのでやはりそれだけで心臓鷲掴みですね!! ああもう生きててよかったです…!!
 それぞれのソロもそうですし、永塚さんの猫さん仕草もがっつり拝みましたし、白井さんの体当たりも拝みましたし、この曲で一番好きなダンスの部分である、千葉さんが「思わず書き込む」と歌うところがリアルタイムで拝見できたのが凄く凄く凄く嬉しかったです!!! この踊りはすぐに終わってしまうので、LVで映った瞬間大興奮でした!!

 やっぱりこの曲はライブで歌って踊って一緒にという感じで聴くのがハイパー楽しいですね!!
 白井さんのドーナツ食べるシーンもやはりとても可愛く燃えました!! 白井さんといえば、ファスライのときに髪色が黒でヘアバンドも黒だったのであまり分からなかったので次は変えたい、というようなことをおっしゃっていたのですが、セカライでは真っ赤なハイジョカラーのヘアバンドで、それもまた凄く燃える部分でした。



 この後はソロコーナーに移るのですが、ハイジョの方々で恒例のやりとりが!!
 「のがみん先輩があれをやりたいと」というようなことを永塚さんが仰ってくださり、あれをやりましたよ!! これもすっごく嬉しかったです。
 野上さんのあの全開の笑顔で「会場の子猫ちゃんたちー!?」からの黄色い声での返事。自分も全力で参加しました。そして、「会場の野郎どもー!?」での野太い返事も! LV会場でも男性プロデューサーさんはおりましたが、女性プロデューサーさんも声を低めに返事をされていてそれもまた楽しい思い出になりました。

 そしてもしやソロコーナーがあるのでは? と、噂されていたセカライですが、本当にソロコーナーがありました。だからこそ一部のオリピ4メンバーは視聴が早かったのですね。
 しかも! ソロだけでなくバックダンサーが混合チームでして、これもまた315でした!! これはBDでしっかりと拝み直したいです。LVカメラはバックダンサーの方々が映っていないこともあったので…。


THE FIRST STAR

 トップを飾るのは1番星を目指すこの方でした。
 「1番星まで」という最初の最初の部分で心震えました。仲村さん、さすがだなぁと思うのと同時にバックダンサーが千葉さんもだったのですよね!!
 それぞれリーダーが集って1番星の歌をと思うとそれだけで目頭が熱かったです。
 が、やはりダンスはLVではほぼほぼ分からないという状態だったのでBDが待ち遠しいです。
 千葉さんの大きな振りのダンス大好きなので、大好きな曲で3人でというのをはっきり見られる日が待ち遠しいです。

 ソロはショートバージョンでしたが、それだけでも十二分に美味しいものでした。


ぴんとこな~蝶よ華よ~

 バレッタさんのソロでしたがこれがまたバックダンサーがブレザー同士の永塚さんと土岐さんという!! 思い切り洋装ですがそれで和風の踊りと、羽ばたくような仕草もあるので、意外だという面でとてもインパクトがありましたが、これがまた中毒性高すぎて…。特に土岐さんの真面目な表情での踊りが更にツボでして、バレッタさんの歌も素敵でしたが、3人揃ってのダンスが猛烈に印象に残っている曲になりました。


Happy-Go-Unlucky!

 FRAME唯一のソロ曲持ちである濱さんでしたが、凄く可愛い感じになったのでは!? とにかく終始満面の笑みで楽しそうに歌って踊って歩いてという濱さんを見て1年分の癒やしをとるという感じになりますね!
 コール部分も皆さんより楽しそうにかけられるというのが濱さんの持つ力なのではないかな、と思いました。
 バックダンサーの方々にも注目したいのでこれまた映像化を早めにお願いします…! という心境でいっぱいです。


だいぶ・いんとぅ・にゅ~・わあるど!

 とにかく凄すぎたソロ枠でした。山下さんの実力の底力もさることながら、バックダンサーの白井さんと浦尾さんのこれまたど真ん中のダンスが合わさって、個人的にソロの中で最も印象に残っています。
 何故かこの曲のみLVでもダンスの方々にもかなりカメラがいきまして、鮮明に分かったというのもあるかもしれません。
 山下さんがキリオくんの声で完璧に歌いきるのもさすがなのですが、これまでのソロを歌ったキャラクタたちの代表するダンスモチーフも取り入れてしまうというこの凄さ…。形態模写が得意であるキリオくんまんまですね。


 山下さんがこちらのトリオのお写真をあげられておりましたが、見るだけで甦りますよあの凄さが…!!
 実際にキリオくん、春名くん、大吾くんのイベントも見てみたくなりますね。とにかくも混合チームでのソロはひたすら荒ぶりっぱなしになる恐ろしさが…!


流るゝ風の如く~和敬清寂~

 唯一ソロ曲で本当にソロで立たれたのが中田さんでした。
 まだ発売前ということで、実はこのあとのコメントコーナーで、歌詞がふわっとなってしまったことについて悔し泣きをされてしまうのですよね…! この時にすかさずフォローする彩の方々だけでなくFRAMEの方々もということで非常に熱かったです。
 しかしソロをソロで歌詞が…ということでしたが、発売前なのでプロデューサーは実は分からないと…! それでもそう思い悔しんで涙をというその姿勢と熱さに胸打たれるのでした。
 凄く九郎くんらしいソロ曲になっていて、澄んだ歌声と柔らかな曲、そして和の美しい動作が取り入れられた動きは本当に綺麗でして、最後の部分は思わず見入ってしまい、口をぽかーんと開けたままペンライトを振ることも忘れたまま、という状態でした。

 ここでのコメントかどうかど忘れしてしまったのですが、ペンライトが彩カラーだけでなく、九郎くんのお茶の緑もあったのが嬉しかったと、仰っていたのも強く残っています。
 ファスライで高塚さんが「花を咲かせよう」の部分でのお花色で思わず歌いながら涙を…というのを、思い出すコメントでも。


Because

 自分がいた会場で始まった瞬間の歓声が一番凄かったのが内田さんのこのソロ曲でした。
 熱さと冷たさを併せ持ったような曲で、プロデューサーは目を1秒も離せないかのように情熱的に、そして目を見つめられうかのように歌いきっている姿が本当に惚れ惚れとしました。さすが内田さんですね…!!

 今回八代さんはソロ曲がなかったので、本日のソロコーナーで、でしょうかね? 楽しみですね。


サイコーCOUNT UP!

 ソロコーナーの〆は、ハイジョで唯一ソロが出ている伊瀬谷四季くんの曲でした。野上さんも、テンション振り切れてのご登場かな、と思いましたがやはりでしたね!!
 青春ど真ん中な四季くんらしい曲で、サイコーに熱かったっす!!

 しかも最後ですよ…野上さんが最後のキメポーズで魅せて下さったのがホワイトデーイベのポーズと!!! 思わず声が出ましたよね…。叫んだあと、反則すぎますと脳内で何度言ったか…! バックダンスも可愛かった記憶があるのですが、これで全部ぶっ飛びましたよね…決めポーズの威力の凄まじさたるや…!!


 この後はソロコーナーの〆ということでFRAMEと彩でのやりとりでした。彩は既に全員がソロを出すということですが、対してFRAMEは濱さんのみ。お二人が「いつー?!」というかのようなやりとりに非常に和みました。
 オリピは4までは発表になりましたが、5はどなたになるのでしょうかね。ハイジョもそろそろもう一人出そうですが、まだ1人も出ていないユニットもいるのでそちらが優先そうですね。


DRAMATIC NONFICTION

 後半戦の始まりもドラスタです! が、ここで更に一際歓声が凄くなる理由が…!!! なんと!! オリピ衣装にチェンジされているのですよね!!
 ドラスタも元々の衣装もがらりと変わっておりましたが(以前の衣装はアニONカフェさんに展示されているようです)まさかオリピ衣装まであるとは…!! これがまたとても格好良くてですね、更にはしゃぎました。

 そしてこの曲ですが、ファスライのときよりも更に進化していると。特にそれぞれソロで繋いでいく部分の表情と歌い方が…! 初日でのセクシーさの担当も兼ねているドラスタというのをとても感じましたが、それの真髄を知れるのはまたもう一つの曲で。


Never end「Opus」

 ライブで印象が激しく変わった曲の1つです。
 それぞれのソロから始まるのは同じですが、永野さんと土岐さんがそれぞれ左右の少し上に位置される場所で歌っているという、1人というのと繋がる前、出会う前というのを感じる配置になっておりました。
 そしてこの曲の動きの掻き立てるような激しさが凄かったです。それぞれが相手を探すためにがむしゃらに、悩みを抱えながら探しぬくというのをまさに表現されていて、その必死で探す姿があるからこそ、歌の後半で二人が重なり合う部分で動きもお互いが見つめ合って手を重ね合って…という情熱的なものになっていくのですよね。
 これらの演出が2人の持つ内に秘めた熱さというのをこれでもかというほど表現されていたと思います。とにかくAltessimoの振り付けはAltessimoだからこそ、というのを最も感じるものでした。

 Altessimoはそれぞれの様子もかなり注目していたのですが、永野さんがこの舞台に緊張はあるけども心から楽しもうという姿が凄く伝わってきまして、尚且つ楽しそうに歌う姿が凄く素敵でした。奏でるのは楽しいよと伝えてくれるように。
 そして土岐さんはこの曲でも永野さんを見つめる視線の優しさ、包み込むような雰囲気が本当に素敵でした。土岐さん自身も緊張もあると思いますが、後輩が安心してこの舞台を楽しめるようにカバーしようというかのような気持ちも伝わってくるような感じでした。


String of Fate

 もはや腰しか覚えていないという…!(笑)
 しかしこれでほぼ全員の方に伝わると信じておりますよ!! 冒頭部分のダンスの腰の動きのセクシーさのずば抜け具合…笠間さんが特に目を引くというか腕を止めて見てしまうという感じでした。
 しかしあのセクシーさで汐谷さんは可愛い北村くんボイスで歌われるのでこのギャップも凄いですね。駒田さんもクリスさんの性格を考えるとこれまたギャップが美味しいのです。しかもオリピ衣装なのでより脚の細さやブーツが際立つので、こういったダンスが映えるのですよね…! 撃ち抜かれました。
 ドラスタのセクシーさが生身を感じるという表現であればレジェのセクシーさは無機質な感じがするというものでしょうか。しかしどちらが良い悪いというのではなく、どちらもそのベクトルで最高だと!!
 レジェだからこそできるセクシーさとレジェの子の曲だからこそというのをひしひしと感じました。これはS.E.Mと合同でというのがあったら凄まじい色気で会場中が爆発しそうな感じですね。


With...STORY

 三瓶さんも泣き、坂上P氏もこみあげるものがあり、プロデューサーさんも号泣された方が多いのではないでしょうか。自分も前が見えない…という感じになりました。

 3人がしっとりと熱く歌い上げ、はなまる笑顔にという辺りで花丸を描く仕草が入っているのにも感動しましたが何と言ってもトリコロールではないでしょうか。
 会場中で3列に分けて赤、白、青とペンライトを分けてあの大きな会場全体でトリコロールが完成になったときのあの凄さ、美しさ! もちろんLV会場でもトリコロールが完成しておりましたよ!!
 315プロダクションの涼くんがここにというのも感じましたし、同じF-LAGSのかけがえのない九十九先生、大吾くん、誰一人として欠けてはならない、欠けてはトリコロールは完成しない、そういうのも感じました。
 最後のラーラーという部分はペンライトを横に振りながら鼻水がこれ以上出ないように必死ですすったのでした…。


OUR SONG-それは世界でひとつだけ-

 元気のいい曲が多いハイジョの中では少しおとなしい感じのこちらの曲。大人っぽさというのも感じて大好きなのですが、この曲も歌って下さるとは!!! と、非常に嬉しかったです。
 この歌は夏来くんの歌い方が可愛いので、ひろひろさんに大注目しつつ聴いていたはずだったのですが、胸いっぱいで覚えていないと(笑)

 何よりこの曲のときはそれぞれスタンドマイクで離れたところで各自で歌っているという演出がこれまた燃えました。しかもオリピ衣装ですよ!!! これは夢なのか…と思いましたが、紛れもない現実でした。
 またこのスタンドマイクを使った仕草が思わず喉を鳴らすかのような色気も感じ、ちょっぴり大人への成長を…というのも感じさせてくれるものになっており、眩しかったです。
 そして間奏部分ですよ!! それぞれエアバンドを披露してくださるのが!! ハイジョはバンドのアイドルグループなので、やはりこのパフォーマンスは外せないと思っています。それぞれ思い思いに弾いて叩いて歌うという様子がじっくり拝めたのが嬉しかったです。ひろひろさんのベースはもちろんですが、白井さんのドラムパフォーマンスが更に格好良くなっていて惚れ惚れしました。
 千葉さんの大きな振りのダンスが魅力ですが、LVカメラではあまり分からなかったので、これまたBDに期待したいと思います。

 この曲はソロパートが目立つので、それぞれのキャストさんが歌い上げる様子が凄く美味しいのですよね。じっくり味わえるHigh×Jokerもとても幸せです。



MISSION is ピースフル

 FRAME担当のプロデューサーさんが何度トドメ刺されたのだろうな、と真面目に思うファンサービス力高すぎです!!! という曲になりました。
 なんとトロッコ枠ということで、会場全体をぐるり回るという。それぞれのトロッコをスーツの方々が頑張って押している様子が途中カメラにちらちら映ったので、スタッフさん応援しています! という気持ちに更になった曲でもありました。

 それにしてもこの曲は歌いながらファンサービスとしてボールを投げたり、ハイタッチのようなものをされるシーンもあったりで本当に凄いものでした。ライブは口パクということは一切ないので、ダンスやファンサービスなどでという場合には完全に途切れるというのが、リアルさを感じました。
 増元さんも熊谷さんもファンサービスが凄かったですが、濱さん!! 濱さん本当に凄いですね!! ずっと笑顔笑顔笑顔というのも見ていて嬉しくなりますが、とにかくファンサービス旺盛でして、途中笑い声が入っておりましたがこれも嬉しくての声でしょうかね。ライブ感溢れる曲でした。

 確か熊谷さんだと思うのですが、トロッコが少し恐さもあったと。結構スピードが上がっていた時もあったのでその時でしょうかね。それでもそんな様子は見せずに歌もプロデューサーさんへ向けての対応もされるのが凄かったです。

 スピーカーを持っての登場でしたし、まさにCDジャケットの再現でしたね。F-LAGSのときにも書きましたが、再現はとても嬉しいです!!


バーニン・クールで輝いて

 コール曲がまたまたやってきました!!
 個人的にはこちらの方がコール難易度は低めなので「oi oi oi!」「oi oi oi!」はやりやすかったです! やっぱり楽しいですね!! あと単純に「おい」というのは言いやすいし言っていて楽しいのだな、と思いました。ライブでやるのはやはり楽しいですね。

 そしてこちらもお二人ともダンスが格好いいのですよね…。何と表現すればいいのか分からないのでとにかく格好いいとしか言えないのですが、ダンスが上手い方々というのはこんなにも魅せ方がハマるのか、という感じでも。神速一魂を感じました!
 それから恐らくこちらの最後のキメポーズがヤンキー座りの方だったと思うのですが、これがまた写真で一枚欲しいですという感じの決まりっぷりでした。


MOON NIGHTのせいにして

 イントロが流れた瞬間、自分がいた会場で最も歓声が凄かった曲がこの曲でした。自分も思わず「ぎゃー!」と言うほど。ライブで聴けるの凄く楽しみだったのですが、ライブ版のムンナイの破壊力の凄まじさに色々と「おいで」された方が多いのではないでしょうか。通常版ですら凄まじいのですが、ライブ版はセクシーさが315倍ですか?? と、真剣に思ったほどでした。
 まず顔つきが違いますもん! DRAMATIC NONFICTIONもセクシーでしたが、更に表情が妖艶に、そして仕草やダンスも色気にステータス全振りというようになっていました。表情だけで人を止めてしまうかのような妖艶さ、ジャケットを肌蹴させる仕草、そしてそれぞれの仕草…。最初でも書きましたが、八代さんの表情と仕草が本当に凄かったのですよね。仲村さんも内田さんも凄かったのですが、八代さん!!!? と、動悸息切れになるような感じでした。しかも歌い方もですよ。他の曲の翼くんでしたら柏木翼くん(健全かわいい属性)かもしれませんが、このライブのムンナイは柏木翼くん(18禁)でしたよ本気で。
 ドラスタの面々のこの人気曲への仕込みの本気具合にも撃ち抜かれるのでした…。

 そしてそれまでコールもがっつり入るけども「おいで」の前後は完全に静寂が訪れるというのもまた凄かったです。
 2日目でもやると思いますし、仲村さんの「おいで」比べも見てみたいですね!

 もちろん内田さんも凄まじい色気でして、自分の後ろの方々が内田さんファンか桜庭さんPさんだったのかは分かりませんが大歓声とキャーキャーという荒ぶりと終わった後の「やばいやばいやばい」というやりとりにお気持ち分かります! と、なっていたのでした。


喝彩!~花鳥風月~

 「ソイヤッサー ソイヤッサー」のコールが彩高に楽しかった曲でした!! やはり彩の曲は楽しいですね!! 「彩! 彩!」のコールも凄く楽しかったです。
 間奏の「ソイヤ!」も楽しかったです。
 ムンナイで一度瀕死になったプロデューサーさんたちも彩の曲でコールをしながら生き返っていくというかのような。
 自分はサビの部分で途中横乗りになるような部分が好きで、ライブは自分で動かしながら楽しめるので思い思いに楽しめるのも楽しかったです。

 彩の面々はそれまでは和装風なのでオリピ衣装で彩らしさを残しつつも洋装な感じになると印象が変わるのも美味しいですね。
 しかし彩が見聞きしていて一番緊張などしていないユニットなのでは!? とも。山下さんのキリオくんっぷり、バレッタさんの翔真さんばりに引っ張っていきつつ楽しむ姿、中田さんの九郎くんを彷彿させる真面目さなど、ああ本当に彩なんだなぁと。


HIGH JUMP NO LIMIT

 なんとイントロがライブアレンジ版が追加になっていたのです! 最初「こんな曲ないぞ…?」と、思っていたらのいつものイントロで「ぎゃーーー!!!」ですよね!!! 真っ先にペンライト赤で腕上げまくりでぶんぶんでした。
 大体はファスライと同じ流れで仲間に加わっていく夏来くんや、ぶつかっていく春名くんが拝めて凄く嬉しかったです!!
 あとはこの曲は「Jump!」のところでジャンプするダンスが死ぬほど好きで、サビの部分は何度見ても心拍数が上がる感じです。細かな振りが変わっていたりしたので、それはまたBDが出てから確認したいですね。

 自分はこの曲は特に千葉さんのソロ部分が大好きで、野上さんのソロの「大事な「これから」を」という部分がメガマックスな勢いで大好きなのでそれがライブで聴けて鼻水も涙もという感じでした。

 最後のJump! のところも気持ちは一緒にジャンプ!! という感じでした。やっぱりこの曲も大好きです!!! いやもう本当ハイジョ大好きで大好きなので本当に嬉しいです。


夜空を煌めく星のように

 追記前にも書きましたが、一番聴きたかった曲です。本当に真っ先に「うわああああああ!」という感じで叫んでしまったのですが、本当に念願成就過ぎて…。しかしまさかハイジョは2曲連続になるとは…。しかもどちらも動いて踊ってソロもあってとかなり大変な曲続きに…!! お疲れ様ですと思いつつ、嬉しさで爆発していました。
 しかもオリピ衣装ですからね…大好きな曲を大好きな衣装で……心臓が10回止まっても3150000回は復活するという感じでした。感激です!!!

 特に途中に永塚さんが美味しいソロがありますが、まさに力を振り絞って歌いきるというご様子で、熱さが覗けたのがこれまたどきりとしたものでした。しかもその後に控える千葉さんのソロや野上さんのソロで追い打ちをかけられ、ハイジョもドラスタもというか315プロは315なんだよおおおという男泣きをしたいという感じでした。

 ソロで思い出したのですが「色とりどりのShining!」という部分を最初に野上さん、最後の方で千葉さんが歌うのですがこの時の「Shining!」の部分の歌い方の違いもまたこれまたぞっこんなんですよ。これだけで3時間は語れるというかのような勢いで熱い部分です。

 この曲も興奮で頭が真っ白で詳細をほぼ覚えていないのですよね…。ひろひろさんのソロや動きには注目しておりましたが、本当に動いて歌ってる…と、今までも見てきただろう! というような当たり前の事実にただただ脳みその容量を食われた感じでした。何度でも書きますけどハイジョ大好きです(号泣)


DRIVE ALIVE

 ラストはこの曲でした。仲村さんの掛け声で皆で「DRIVE ALIVE」と、叫ぶのですがこれがまたいいですよね! ライブ感あって!! 自分も一緒にできるんだ~と嬉しかったです。ちゃんと「M」もパッと手で作れるようになったので片手でペンライト片手でMをやりながら楽しみました。


 ここまでで3時間くらいなのでしょうか。正直あっと言う間すぎて、まだ1時間くらいかな? という体感でした。
 実はオリピ衣装について語るコーナーもありまして、F-LAGSとLegendersでかなり盛り上がっておりました。笠間さんが、「全員後ろの右肩に星のマークが入っていて、そこは丁度手を置く場所で、プロデューサーさんが背中を押して欲しい」(意訳)と仰ったのです。これまた感激過ぎました。凄く考えて作られていて、そしてプロデューサーとアイドルという立ち位置まで考慮されているとは…!
 いいお話だなぁとじ~んとしつつ、三瓶さんがトリコロールで号泣されたお話、しかしながら最後で「F-LAGS」と3人可愛いキメポーズで笑いと歓声を取るなど美味しいものでした。

 話を戻しまして、最後は一人ずつコメントでした。一番最初に千葉さんだったのですが、「色々な人がちばしょーと呼んでくれて凄く嬉しい」というお話をされており、すかさずLV会場でも「ちばしょー!」と沢山の声が。自分も「ちばしょー!」と叫びましたよ。皆さんからちばしょーと呼んでもらえて破顔になっているのがこれまた可愛くて可愛くて。さすが最年少ですね…!!
 続いて野上さんが泣きそうになっていたところを突っ込まれ、「泣かない!」とファスライで泣いたのでセカライは泣かないという宣言を!! そのまま白井さんのドーナツ話に永塚さんのとても丁寧なお辞儀を拝見したあとは「ひろひろー!」ですよ。コメント言う前とその後で計3回くらいは「ひろひろー!」と叫びまして、昨年の分もという気分です(笑)そんなひろひろさんはやはりはにかんだ表情が凄く可愛らしくて悶絶でした。セカライの髪型も凄く素敵でした! 格好いいですし、可愛かったです。


 永塚さんのブログにハイジョメンバーのアンコール後の写真があがっておりました。全員315に格好良くて可愛いのですが、ひろひろーーーー!! と、再度叫ばせてください…!!! この笑顔可愛すぎます…!!!!

 コメントはどのユニットも凄く熱かったです。
 F-LAGSはやはり三瓶さんでしょうか。後輩誰も泣いてないのにと涙がこぼれる姿に徳武さんと浦尾さんがこう絶妙な距離感のフォローで…! そして涼くんとして立っているので「格好いいですか?」という問いかけに「格好いい!」というコールアンドレスポンスがあったのが印象的でした。
 そして「46人で舞台に立ちたい」というお言葉も…! いつか現実になって欲しいです。

 Altessimoは土岐さんが真っ先に、「永野くん、凄く喋れるようになったでしょう?」と! 嬉しそうに、そして後輩の成長の喜びをすごく感じている姿が素敵でした。永野さんもまっすぐ一生懸命な様子が伝わってきて熱かったです。
 また、土岐さんが都筑さんの台詞を絡めてのコメントを仰ってくださり凄く素敵でした。じんわりくる最後の最後までAltessimoらしいお二人のコメントが素敵でしたとしか言いようがなかったです。

 神速一魂はやはり相棒同士! というお姿がとても眩しかったですね。最後にお馴染みのコールとして「医食同源」もやろうとするのですが、深町さんが「問いかけるので」という言葉がどうしても出てこないと! 最初に「問い詰め…」と、仰ってしまい笑いが。その次に「問い合わせるので」と仰ってしまいまたまた笑いが。結局は「お尋ねするので」だったか、そんな感じに! そんな深町さんを見つめる益山さんも良かったです。

 FRAMEはやはり熱いですね!! 増元さんが映し出されるとすかさず「かわいいー!」コールが起きるのがこれまた可愛かったのですが、濱さんが最後に「315プロの皆さん」辺りを言いたかったのだと思われますが「315プロナイト」と言ってしまうと! 会場が微笑ましく笑い、すさかずフォローに入るFRAMEとファスライで同じことをされた内田さんを始めとするドラスタの方々のフォローが美味しかったです。

 そしてLegendersは最初の笠間さんが涙を…。舞台に立てて嬉しいこともあるけどもレジェが受け入れてもらえるかというそのことが不安でもあって…という部分の告白に、そんなことないよというかのようにレジェカラーのペンライトが振られる様子が会場で起きておりました。そして「背中を押してください」という涙声の台詞でこちらもまた涙と鼻水が…。
 少し前のMマス内のゲームでみのりさんがレジェを格好いいと仰っていましたが、まさに同じような感想を今日抱きました。まだまだこれからのユニットでしょうし、次が楽しみですね!
 そして笠間さんが涙をということで汐谷さんも駒田さんも泣かれるという!! これにはプロデューサー側も泣きますよね!! しかも汐谷さんは北村くんと合わせて一句詠んでくださったのですよね。しかも北村くんボイスでとても綺麗なものでした。最高のプレゼントでしたね!!
 最後は「ずるいよ!」と言いながら泣いてしまう駒田さんですが、駒田さんのこんな大きなホール話から「後ろのほうがペンライトしか見えない」発言で笑いました。駒田さんのキャラクタ315ですね!! そして海の単語も忘れずという。次の機会にソロもお聴きしたいです。

 最後はドラスタでしたが、やはりドラスタは2日目の方ででしょうか! しかし今回もアクシデントが起きて、仲村さんが内田さんの手をずっと握っているという大変微笑ましい出来事が!
 今夜のフライトも315でしたし、またライブ後の座談会などを見てみたくなりますね。それから、しっかりと関わって下さった大勢のスタッフさん方への感謝の気持ちもお伝えする仲村さんがさすがでした。


Beyond The Dream

 最後は再び全員でビヨドリでした!! Tシャツに着替えてなのでわちゃわちゃ感が楽しいのですが、こちらもBDで確認待ちをしたいです!! とにかくハイジョは315でした!!!


 というわけであっと言う間の3時間半でした。
 途中で坂上P氏から「トルコじゃなくてトリコロールが感動した」というお話やSide Miniがリニューアル、そして新ゲームも開発中というお話が出てきており荒ぶりました!! デレステのようなものでしたら更に盛り上がるのではないでしょうかね。夏来くんが動いて踊ってくれる日はずっと待っていたので、そういったゲームだと嬉しいです。

 まさにここからまた新たな一歩ということで、とても楽しみです! まだまだ新人プロデューサーですが、これからも楽しんでいきたいと思います。
 315な時間をどうもありがとうございました!! 心から感謝を込めて…。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. マリ | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです

     縁永さんから再びコメントを頂けることができたということが本当に本当に嬉しいです。ありがとうございます!! またもし何かあればお気軽に使ってやってください。

     教えて頂いたサイトさんなどもしっかり拝読して挑むことができました!
     そして一昨日は新しいゲームの開発中という情報、昨日はアニメ化ということでますます波に乗りますね!!
     どのようなアニメのお話になるのかも楽しみですし、担当の子や応援しているユニットが出てくるのも待ち遠しいですし、全員動いて喋る姿が拝める日が待ち遠しいです!!

     すっかりP業もメインになってきましたが、まだまだ勉強中の身ですので、今後もよろしくご指導お願い致します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)