無双☆スターズ プレイ日記3

2017年04月03日

netabare.jpg

 無双スターズをとても楽しんでプレイしている&是非次に繋がって欲しい&あわよくば速鳥さん参戦をーーー!!! という思いも込めてズンパスを購入しました。邪な心も混ざっておりますが、お金を出せる所で出さねば次に繋がるものも繋がらないですしね…!
 ゲームではないですが、昨年は大好きな漫画が突然の打ち切りという特大ダメージを受けて茫然自失状態だったので、好きなものにはそこにお金を使える内に使っていきたいものです。無理のない範囲で。

 リュウさまは5月11日(木)に「周倉」なりきり衣装が配信予定ですね。周倉なのでマスクなしになりそうですが果たして…!?
 討鬼伝キャラクタは4月13日(木)に時継の「織田のぶニャが」なりきり衣装、27日(木)に桜花さんの「アーナス」なりきり衣装が配信予定です。
 どれもこれも楽しみですね! 先週配信されたキャラクタもDLしましたが、残念ながら幸村、有馬一、リオしか仲間ではないと!(笑)他全員敵なのですよね!! 仲間にできた時に楽しみたいです。


 少し前の話になりますが、更新されていたのでこちらも。各ブランド長だけでなく、それぞれのプロデューサーの方々もお答えされております!!!
 討鬼伝からはおがPさまと森中P氏が!!!!! それぞれ討鬼伝のキャラクタが挙がっているのはやはり嬉しいですし、リュウさまもということでタマハミ中です。リュウさま繋がりで新堀氏もありましたが、孤高の超忍ということで…という理由がツボでした。
 色々な方のそれぞれのチームを拝見するのも楽しいですね! お祭りゲーだからこそだなぁと思います。しかしやはりもっとキャラクタが増えて欲しいという思いもありますね! 速鳥さんとハヤテ兄さんが出演してくださったら…あと半蔵(無双・仁王)もと思うといっそニンジャ☆スターズ…!? とも(笑)もしニンジャ☆スターズがあったら基本無言でとても静かなゲームになりそうですね…!!!

musost44.jpg

 無双スターズは分岐点が色々あるので迷いますね!
 タクティクスオウガで八方美人プレイをしてしまった自分はどちらも成立させたいと、思ってしまいます。無論、そのようなことはできないのでブサさんをメインに進めているのですが、しかしこちらを進めるともう一方が消滅というのがこれまた心苦しくもあり…!
 そのためのセーブデータ枠が複数あるのですがね! オートセーブ以外にも任意でセーブもできるのはありがたいです。

 とりあえず見られるEDはロードを繰り返して見て、その後島全体をブサさんで制覇していこうかなと思っています。できるのか分からないですが…!



 ネタバレなので追記に。

 ストーリー:真の英雄EDまで
 ドラマティックバトル:困難なる調略、勝利の女神と至高の品

 操作キャラクタ:リュウ・ハヤブサ(志貴の勢力)
 仲間:オプーナ・あやね・ウィリアム・有馬一・ダリウス・ホロウ・井伊直虎・王元姫・真田幸村
 風呂:あやね(専用)、直虎、王元姫、くま、三成、ミレニア、ダリウス






 愛属性のブサさんを使用しているので、攻撃がハート乱舞なのですよ…!!

musost45.jpg

 スクショは分かりにくいのですが、実機で動かすと凄いのですよ‥! 凄い…超忍だけどハート攻撃…!! なんという破壊力…! という感じで楽しんでおります。
 偶然ではありますが、愛属性で遊んでいたらばお風呂がネオロマキャラ2人と一緒にということがあり、なんというか運命を感じました(笑)

musost46.jpg

 
怜悧なる知将
 
musost47.jpg

 三成を仲間にするステージでした。三成らしい物言いはスターズでも健在ですね!
 戦国武将なので、ダリウスも反応しています。戦苦手なはずだけどということで、上手く戦場を転がしている様子を見て意外という感じでしょうか。
 王元姫はズバリ言い方で損をしていると言っておりますね! そこが三成の良さでもあり、というところでしょうか。冷静な方が多いこの陣営なので、三成も居心地良さそうになるのではないでしょうかね。

 この戦の帰りのお風呂はあやねちゃんの専用のものでした。

musost48.jpg

 一緒にならずに退散する辺りさすがリュウさま…!!!! リュウさまは一緒に入る異性キャラはいるのでしょうか。


困難なる調略(石田三成・有馬一)

 特定の仲間ができるとドラマティックシナリオというものが発生するようです。特別なシナリオになっており、該当者は出撃不可になります。この場合は三成と有馬は連れていけないということですね。
 このドラマティックバトルがギャグ要素ありで非常に面白いです!! こういう風になるのですね! という感じで笑いまくりでした。

 敵の英雄を勧誘して引き込むという案を実行に移す2人なのですが、三成の言い方では全然勧誘に成功しないと!!(笑)
 これを大真面目にやっているので面白いのですよね! しかも普段であれば左近や吉継がいるので何とかなのですが、それがまるでないとこうなるのかというのがありありと分かりました。
 有馬隊長も口下手2人で勧誘自体が失敗では? と、思い始める始末!

musost49.jpg

musost50.jpg

 代弁者が普段いるという自体がもう駄目ということで、ひたすら笑っておりました。
 こんなに見事に勧誘が失敗していくのも逆に華麗ですね。一応本人にしてみれば素直に話しているらしいですが…。

 この2人は意気投合して、2人揃って黙りを決めていてもいい空間を築き上げているのがまたいいですね。
 いやはや大笑いしたシナリオでした! こういうのも合間にあるのは楽しいですね。そういえば聖域で有馬隊長に弟がいるのを知りました。遥かにも出ているのでしょうか?


 お風呂は直虎ちゃんでした!

musost52.jpg

 赤備えはタオルもですね!! それにしても女性キャラは振り返る瞬間にやわらかエンジン(無双スターズ版)が発動するのがさすがすぎます。


刻命の姫

 無双スターズの女性キャラの中で外見が1番好きなのがこのミレニアです。いつ仲間にできるのかな~と、楽しみにしていたのですが、無事にできてよかったです!!

musost53.jpg

 こういうキャラクタ好きなのですよね…!! ずっと連れ回そうと決意しました。可愛いです。
 戦国無双の小少将ちゃんの外見のタイプも大好きなので、好きになる見た目は色々なようですね、自分。


 ミレニアを仲間にしたあとに、初めてデスマッチバトルに挑んだのですが、本当に一撃でやられるんですね!! 一瞬も気が抜けないですし、最後の方の敵がいっぺんに出てくる時には、ヒーロースキル全員重ねがけで無双するという感じで勝ち抜きました。
 デスマッチは完全無敵が使える桜花さんがいると楽になるのでしょうか?


 お風呂は王元姫でした。

musost54.jpg

 バスタオル姿も素敵ですね!! あとは温かいお風呂のはずなのに水風呂のような雰囲気になるのがまた素敵です。


華やかなる戦場

 キーシナリオです。あやねちゃんと直虎ちゃんが不可になるシナリオでした。
 ここでは敵にかすみちゃんが出てくるので、あやねちゃんの態度に注目ですね! さり気なくかすみより直虎のほうが!! と、普段褒めないところを褒めてしまうというツンデレさも味わえるのがたまらないです。

 このシナリオはのぶニャが様も可愛いですね。魚とネズミに釣られてしまうのが…!

musost55.jpg

 そして猫武将まみれになる戦場に立っているリュウさまというこのギャップが可愛いです。ニンジャガでは考えられぬ様子ですし。
 のぶニャがの野望はキャラクタが本当に可愛いので、グッズに1番お金を使っているような気がします。どうでもいい話ですが、自分の愛用のマグカップはのぶニャがの野望のうつのミャー国綱さまのです。


 お風呂は幸村とでした!

musost56.jpg

 褌同士で熱いですね!!! 傷などに効能のあるお風呂ということで、武士やニンジャにとっては最高のお風呂ですね。しかし幸村の胸筋凄いですね…!


勝利の女神

 リオちゃんの仲間入りステージでした!

musost57.jpg

 このムービーのリオちゃんの可愛らしさ凄まじいですね!! 華麗にな足技もですし。
 自分はパチスロ系は無縁なので作品は全く分からないのですが、普通のゲームで遊べるというのは嬉しいですね。

 ちなみにこのステージでもリュウさま専用セリフあるのですよね!!

musost58.jpg

 思わずガッツポーズしました。思いがけない発見もあるので、色々なキャラクタで色々なステージを駆け巡る楽しさもあって面白いです。BGMも変えられるのは大きいですね。


勝利の女神と至高の品(リュウ・ハヤブサ、真田幸村、リオ)

 ドラマティックバトルの2つ目です。
 というわけでなんとリュウさまが使用できないと…そんな…という感じですが、気を取り直して使いやすいと評判なダリウスをリーダーにしました。
 どうやら幸村とリュウさまが大事にしていた”あれ”がなくなってしまったようです。ブサさんのを盗ったとは許せん!! という感じでダリウスで無双していくのですが、本当に使いやすいですね。攻撃範囲が広いので拠点制圧の時にとても便利です。

 リュウさまは寿司が好きですが、リオも好きなようでパーティをしようと誘われるのですが…

musost59.jpg

 この台詞のときの物凄く嬉しそうで優しい言い方に完全にノックアウトですよ…新録のフルボイスの威力を体感しますね…これは……完全に無双されました……。心臓1000000個弾け飛んだ感じですね……やばいですね。語彙が全てやばいになってしまうほど……。
 しかしリュウさま、しっかりと美味しいものと美味しい酒と美女など人間らしさも出ていて熱いです。リオちゃんも好みなのでしょうかね?それにしてもですよ、この時の凄まじい優しい言い方にリュウさまファンは生きてます!!? という感じですね。おそらく皆さん気絶状態で無言になるのでは?? この威力は凄まじすぎます…。

musost60.jpg

musost61.jpg

 とにかくリュウさまが沢山喋るのでタマハミしながら遊んでいるのですが、ここもまたオチで笑いました!!! そういうオチですかと!!
 しかししっかり釣り道具に反応するブサさんもかわいいですね。

musost62.jpg

 何よりこの落ち込む表情スチルが用意されているのが!!!! 可愛すぎます!!!!! 無双スターズ万歳状態ですね。


 しかも戻ったら風呂がミレニアという…!

musost63.jpg

 目の保養です。ありがたやと…!
 そういえばミレニアは胸囲が桜花さん系なのでしょうか? そこもまたいいですね。


冷然たる仮面

 キーシナリオのもう一つです。
 環のために更に非常になる志貴の様子がありありと分かるステージですね。これも全て環のためを思ってというのが…! 全て知っている側からしますと、ただただ辛いものです…。

 ここで更に分岐が出ました。リュウさまルートかダリウスルートか…。どちらも好きなのでどちらもにしたいですが、それは出来ずなのでリュウさまルートを選びます。
 しかし聖域に戻ってのダリウスの選択肢がこれまた気になるものですね…

musost64.jpg

 遥かプレイヤーの方でしたら意味が分かると思うのですが、ダリウスは結構シリアスな路線を歩むキャラクタなのでしょうかね。

 シリアスな展開だ…と、感じながら入ったお風呂はくまさんでした。

musost65.jpg


冷静なる錬金術師

 プラフタが加入するステージです。

musost67.jpg

 この子は人形なんですね! てっきり人間かと思っていたので驚きました。しかも虎戦車を初見で扱える能力! 月英様が喜びそうですね。

 この時のお風呂は三成でした。

musost69.jpg

 三成は脱いだら凄いんです系なのですね…! 毛利家もそうなのか少々気になります。


黎明の碑

 ダリウスの分岐が消えてしまいますがこちらを選びました。志貴とリュウさまで碑を探すルートです。
 志貴は亡き父の託されし意志をという熱い気持ちを持って今もこうして進んでいますが、それはまさにリュウさまも同じと。

musost70.jpg

 その気持ちを分かり合える2人だからこそのルートでしょうか。ジョウさんもこの世界にどうぞという感じになりますね! 聖域の渋さ力を一気に担えるのでは!?

 進めていけばなんとブサさんのムービーが!!!!

musost71.jpg

musost72.jpg

musost73.jpg

 あまりの格好良さに撃ち抜かれながらスクショするという感じでしたが、無事に撮れていてよかったです…。スターズはいつでも見返せるのがいいですよね。ニンジャガもう一度ステージをやり直さねばならぬ仕様ですし…!!

 さてせっかくの志貴の思いですが、碑は残念ながら欠片のみであり、全部探すという時間はないとのことです。

musost74.jpg

 それでも冷静になって悔いのないものを選べる時間はあるだろうよと声をかけるブサさんさすがですね! 修羅場をくぐり抜けた数が生きますね。
 しかしここでもまたルートに分岐が。今度はEDへの分岐ですね。リュウさまルートと、三成たちのルートです。先に三成ルートをやって、その後にリュウさまルートに戻って周回プレイに入りたいです。

 プラフタが加入したからか聖域に樽が出現しておりました。

musost75.jpg

 これが噂の「たーる!」なんですね!
 アトリエではこれが毎回あるのでしょうか? どういう部分でこういう風になるのか気になりますね。

 そしてお風呂はダリウスでした。

musost77.jpg

 ネオロマキャラはムキムキにするとお叱りを受けるという生放送での暴露があったように、控えめにでもスタイルはよくという程いい筋肉量になっておりますね! 何よりも髪を上げるというのがいいですね!!


真の英雄(石田三成・ダリウス・有馬ED)

 夜見の狙いは団結させないためではないかと考えた3人が、自ら悪役になり団結させるという結末なのですが…。ダリウスがやはりシリアスですね…。敵視されることには慣れているということで鬼の一族は大変なのでしょうか…。
 三成もこのくらいどうでもないという性格ですし、有馬は悪に勝つためにという思いで見事遂げます。

musost78.jpg

 中々辛いEDですね…! 特に志貴勢で遊んでいたので志貴のダリウスへの声掛けが……。

 色々なEDがあると思いますので、他のEDも覚悟しておこうと思います。次はリュウさまのを見たあとにまたロードで戻って制覇したいです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. よーけん | URL | RcJXqQkM

    ♪はっし~り~出~し~た~♪想いが~今~で~も~♪
    こ~の~む~ねを~♪た~し~かに~た~た~いて~るから~♪

    …プラフタ登場まで進められたようなので早速解説をすると。
    プラフタは最初は「人間」だったのですが、ある事情から自分の魂を本に移し替え、
    そこからソフィーの発想(抜け落ちた記憶を取り戻すにあたって、
    「元の状況にする=人間体を作る」)で、人形のボディが与えられたわけです。
    とはいえ、元々は錬金術士(アトリエ式では「師」ではなく「士」)なので
    錬金術で作り出した武器を使って戦う事も出来る…というわけです。
    そして、ソフィーはプラフタを「本当に人間に戻す」ために長い旅に出る、と。

    あ、今から不思議シリーズをやるならソフィーからが一番だと思いますが、
    個人的にはフィリスの方が好きなんですよ、雰囲気が。
    地中の村で穴を掘って暮らしていた二人が、ある一時を境に地上に出て、
    風の行き先のままに果てしない世界を旅していく…という「RPG感」が。
    (フィリスにもソフィーとプラフタと、プラフタに縁のある二人が出てます)

    ちなみに、文頭の歌はアトリエとは全く関係ないロボットアニメ
    『天元突破グレンラガン』の主題歌『空色デイズ』です。何故この曲かと言えば
    「地中の村で穴を掘って暮らしていた二人が~」って部分が共通してるからです(笑。
    というか、電撃オンラインのフィリス紹介記事でもグレンラガンの名前が出て
    「やっぱみんな思うところがあるんだな」って…)

    更に言うとグレンラガンはCV柿原徹也さんの主人公がCV小西克幸さんの
    『兄貴』の姿を追っていったり、トランクの中の少女を見つけたり、その少女が
    世界観の根幹に関わる秘密を握ってたり…とこれまたどこまで見たような話でして。

    …すいません、脱線が長くなり過ぎました(自分の悪い癖ですね、本当に)
    色んな作品に触れられるこの世界、本当に楽しいものです。是非探して下さいな。

    あ、「たる」はアトリエシリーズの謎の伝統ですのでお気になさらず(笑)

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    よーけんさん

     よーけんさん、コメントありがとうございます!!
     驚きました!! よーけんさん、こちらのアトリエシリーズもがっつりだったのですね!! 色々と教えて頂き非常に感謝感謝でございます。

     なるほど。少し進めていくと本だったという風に言っていたので、元々は人間というのは知らずでした。記憶を取り戻すために更に人形にということだったのですね。
     しかも本当の人間に戻すための旅がお話ということで、物凄く重要人物なのだなというのを今このコメントで読んで分かることが出来ました。大変助かります。

     フィリスのアトリエの始まりはそういうものなのですね!! これまた意外です。
     アトリエと言えば以前OROCHIという作品にあのスケさんはご登場になったので、その方は知っています。一度もプレイしたことがないのですが、左さんがキャラデザを担当されているシリーズもあるので気になりますね。

     空色デイズは空色デイズという名前しか知らなかったのですが、かの有名なグレンラガンの主題歌でしたか!
     しかも共通部分に電撃さんでも触れられるとは!! 思う所は一緒というのが分かるとこれもまた嬉しいですよね。

     グレンラガンの主人公と兄貴がその声優さんということで某軌跡の兄のキャスティングが決まった際には絶対意識しただろう云々色々な所で見かけましたね…!

     色々な作品に触れられるのは楽しいですよね!
     今アトリエシリーズの曲が凄く素敵だな、とサントラを聴いては荒ぶっているのでそういう出会いもあって楽しいですね!!

     たるについてもありがとうございます!!!
     なるほど…!! 謎の伝統でしたか(笑)

  3. よーけん | URL | RcJXqQkM

    左さんがキャラデザをやっているのは『黄昏シリーズ』ですね。
    比較的新しいシリーズですのでプレイするのは苦ではないと思いますし、
    2作目の『エスカ&ロジー』は個人的に「最も初心者に勧めやすいアトリエ」だと
    思っているので、そちらから入るのもアリです。

    エスカが入り易い理由は
    ・『ある場所』に辿り着くという明確な(RPG的な)目標がある
    ・ストーリー基幹が男女恋愛で解かり易い
    ・「黄昏の(荒廃)世界」を感じられる仕掛けが多い
    …と、全体的なバランスはアトリエの中でも高い方だと思っています。
    シリーズ2作目とはいえ、前作(アーシャ)はやってなくても問題無いでしょう。

    アトリエシリーズ、ご興味持たれましたら是非ともどうぞ。

  4. マリ | URL | 1JkepbtE

    よーけんさん

     よーけんさん、コメントありがとうございます。
     左さんがキャラデザのシリーズを教えて頂き、ありがとうございます!!
     黄昏シリーズでしたか。1番新しいのがソフィーのアトリエ関係だとしますとその1つ前くらいでしょうか?
     エスカ&ロジーが最も初心者に勧めやすいとは…!!

     よーけんさんがそれほど仰るのでしたらアトリエシリーズはまさにそこからのほうがいいのかもしれませんね!
     アーシャをやっていなくとも、というのはありがたいですね。シリーズものは前作をやっていないと厳しいのだろうかとも思えるので、それらが比較的軽いと安心してプレイできますね!

     いつかアトリエをプレイすることがあった時には、おすすめどおりエスカ&ロジーからプレイしたいと思います。いつもありがとうございます!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)