文豪とアルケミスト プレイ日記6

2017年07月01日

netabare.jpg
bunal81.jpg

 討鬼伝の記念週間だったということもあり、プレイ日記が空きましたがイベントをこつこつと遊んでいます。
 それにしてもまさか文アルのイベントとモノノフのイベントとMマスのチムイベが重なるとは…。さすがに3つ重なるとこれはあれしてあれはそれしてこれはどうすれば? となってきますね。

 イベント時の専用アイコンがこれまた凄く可愛くて、こういう細かな可愛さや雰囲気も文アルの好きなところです。イベントごとに変わるようですし、これからにも期待ですし楽しみです。

 そして今のところもやはり1番大好きなのは紅葉です。果たして変わることはあるのか…! よく考えればグラブルでも緑川光さんが担当されているアルベールが好きなので、緑川光さんのキャラクタにも弱いのかもしれません。

 それからやっとこさ内装のアップライトピアノを設置できました!
 サントラを購入したので、アップライトピアノのコードが特典でついており、それででした。しかしアプリ版はコードの入力場所を探すのが難しいですね。検索してコード入力のページに辿り着けましたが、アプリ起動中には入力できないのでしょうかね。
 しかし紅葉は衣装の影響もあって家具が若干隠れてしまいますね。アップライトピアノなので紅葉の燕尾服というのも似合うと思い見てみたいなと。まずは開花をすすめて第二衣装ですかね。
 また、初めて期間限定の内装の「夏のちゃぶ台」も入手できました。こつこつを内装金貨を溜めていたので嬉しいです。すいかが物凄く美味しそうですよね。しかしちゃぶ台にピアノに全体的に洋風なちぐはぐな司書室になっているので、頑張ってもう少し統一感を出したいですね。


 以下、ネタバレなので追記に。







 有魂書の今回の結果です。

 夏目漱石/100  武者小路実篤
 徳田秋声/100  武者小路実篤
 夏目漱石/400  吉川英治
 中島敦/100   織田作之助
 永井荷風/100  新美南吉
 江戸川乱歩/100 中島敦
 小泉八雲/100  国木田独歩
 谷崎潤一郎/100 菊池寛
 夏目漱石/400  田山花袋

bunal82.jpg

 フォロワーさんのところの漱石さんが宮沢賢治を呼んだとのことで頑張って漱石さんでやっているのですが中々…。その代わりに初の田山花袋を呼んでくれました。ありがとうございます! 梶さんの明るい声が眩しい文豪ですね。そして貴重な弓。

 夏目漱石/400  志賀直哉
 田山花袋/100  三好達治


調査任務-カフェ・ロワイヤルの血戦-

 素材とレベル不足で第三章をメインに回しつつ、1軍の会派で第四章へも…という形で遊んでいました。
 ネコの手も使ってどうにかこうにか堀辰雄のカフェ衣装を入手しました。

bunal83.jpg

 たっちゃんにぴったりの可愛さですね! 髪型もお洒落なぱっつんですし、大きなメガネをかけたらまさに今風のカフェ店員さんっぽそうです。
 入手したあとは早速助手にして楽しんでおりました。こういったギャルソン衣装などに弱いので非常に嬉しいです。

 そして第三章を回しているとやっとこさ加入してくれたのが永井荷風です。

bunal84.jpg

 本当にドロップするんだ…と、驚きました。基本的にたっちゃんばかりだったので。しかし1度荷風が出てからはわんさか出るようになりました。荷風スイッチでも入ったのかと思うほど。それから第四章でもドロップすることが分かりました。

bunal85.jpg

 やっとこさ荷風の回想が拝める! と、早速溜めていたポイント分は拝見したのですが、イメージとぴったりな内容のお話でしたね。

 そしてこちらもネコの手を使ってポイントを溜めてどうにか衣装を入手しました。

bunal86.jpg

 なんと! ポニーテールに!! このお姿もまたとても似合っておりますね。個人的には髪を結う動作も見てみたかったです。色気が凄そうで。



 中野重治から堀辰雄宛の手紙が届きました。

bunal87.jpg

 物凄く真面目なお手紙ですね。あの頃のことということで、史実を知っていれば尚面白いというところでしょうか。これは調べねば…。まだ文豪の関係性や会派なども全然把握できていないので、少しずつ学びたいです。

 今度は三好達治からたっちゃんへのお手紙でした。

bunal88.jpg

 室生と喧嘩してしまったときのたっちゃんの様子について書かれておりましたが、これまた凄くいいエピソードですね。可愛らしい外見とのギャップも素敵です。
 あくまで文アルのキャラクタとして考えると一体どういう喧嘩になったのか…というのも気になります。

 また、オダサクからもたっちゃん宛の手紙が届きました。

bunal89.jpg

 栄養ドリンクとは……。たっちゃんが所謂レッドブルとかを飲むのかと想像すると中々ギャップが凄い気がしますね。かわいいですが。

 今度は白秋を助手にしてみたのですが、朔太郎からの手紙が凄いですね…!

bunal90.jpg

 元々雰囲気のある朔太郎ですが、手紙の中身も凄かったです。少々お耽美な感じな手紙も雰囲気が抜群で美しかったです。

bunal91.jpg

 こちらの手紙も同じように雰囲気を感じられるのが好きですが、朔太郎がとても好意的(もちろん友情としてです)な様子が伝わるのが読んでいてとてもよかったです。

 お次は谷崎潤一郎から荷風への手紙でした。

bunal92.jpg

 先生呼びが眩しく、それでいて美味しい食事などなどとても丁寧な文面に普段の言動とのギャップを感じつつ、とっておきのお店とはどういうお店なのだろう。これに対してのお返事はあるのかな、などなど谷崎潤一郎を助手にしたときの楽しみもできました。

 高村光太郎から荷風への手紙は真面目なものでしたね。

bunal93.jpg

 西洋芸術についてということで、この2人が語り合う様子もこれまた絵になるなぁ…と、手紙からの想像も楽しいです。
 同じものを見ても色々な目線があるという中身についても興味深いです。現実でもそうですが、同じものを見ても見た人によって感想が様々なのが楽しいですし、語り合うのがおもしろいですよね。ブログに通ずるものがあるなぁとついつい読みながら思っておりました。

 それから、たっちゃんから荷風への手紙もありましたがこちらはこのイベント用でしょうか?

bunal94.jpg

 カフェについてですし、つまりオダサク用や荷風からたっちゃんやオダサクへというのもあるのでしょうかね。



 6月27日は小泉八雲のお誕生日ということで、バースデーケーキと特別な台詞が楽しめました。

bunal95.jpg

bunal96.jpg

 あなや! というのがこれまたいいですね。
 しかしバースデーケーキもとても美味しそうで。王道のクリームといちごが物凄く空腹感を刺激しますね。たまりません。

bunal97.jpg

 それから、カレイの煮付けにて藤村と田山花袋の会話がありました。遠回しに馬鹿に云々もそうですが、静かに鋭くの藤村と明るくノリツッコミな花袋のやりとりは楽しいですね。そして今知ったのが藤村の声が立花慎之介さんだと…! 分かりませんでした…! さすが声優さん、色々なお声が凄いです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)