文豪とアルケミスト プレイ日記8

2017年07月11日

netabare.jpg

 いきなり別ゲームの話題で申し訳ないのですが、まさかここで速鳥さん系統が来るとは…!!!!! と、非常に動揺しつつ紅葉から川端さんに傾くのかどうかというところも非常に気になります。
 何気に横光氏も前髪が長いという類なので、そういう路線なのでしょうか。そこに弱いので今後も楽しみです。
 ログインボイスでは竹本英史さんかな? と、思っていたのですが、関智一さんでした。色々な台詞が待ち遠しいですね! あとは開花での衣装も気になります。問題は入手できるかどうかですかね…! 前回のカフェイベントでも栞は取得できる分は集めたのでどうにかお迎えできたらいいなと思っています。

bunal107.jpg

 そして転生キャンペーンとして7月10日(月)~26日(水)13:59まで坂口安吾(CV:杉田智和さん)が期間限定(金の栞使用。未使用でも極稀に転生)でお迎えできるのですが、無事に1度で迎えることができました! よかったです!

 さてさて、登録者数も40万突破ということで非常におめでたいです! 音楽も絵もキャラクタも素敵なものばかりなので、もっともっと遊ぶ方が増えて…と、なったら嬉しいですね。とにかく音楽が素晴らしいので是非プレイして聴いてみてください!! と、思うのでした。
 キャラクタたちも育てていったり、回想や手紙を見ている内にどんどん愛着が湧いていきますね。自分のペースでのんびりとも遊べるので、音楽を堪能しつつポチポチ遊びたいという人におすすめかと思います。



 以下、ネタバレなので追記に。







 有魂書の今回の結果です。

 三好達治/400   横光利一
 谷崎潤一郎/400  横光利一
 横光利一/100   織田作之助
 萩原朔太郎/400  江戸川乱歩
 中原中也/400   北原白秋
 谷崎潤一郎/400  若山牧水
 夏目漱石/400   森鴎外

bunal108.jpg

 中原中也/400   石川啄木
 森鴎外/400    江戸川乱歩
 志賀直哉/400   森鴎外
 夏目漱石/400   小林多喜二
 横光利一/400   新美南吉

 新しい文豪が仲間入りしました! 森鴎外です。
 渋いボイスにパリッとした洋装にと、気が引き締まりますね。やはり1度出ると出やすいのか、それまで全く出なかった森鴎外でしたが、出たあとは再度と。これまで見えていない文豪はいつ仲間入りしてくれるのか…!
 森鴎外氏と言えば、その流れで個人的に森博嗣さんの茉莉森探偵を思い出します。あの漫画大好きで、幾度も読み返しては…と、繰り返しています。

 新美南吉/400(金)坂口安吾

bunal109.jpg

 10:20という時間が出て驚きましたが、これはもう確定でしょう! と、待っていればズバリそうでした。アンゴ鍋ネタが出るのか楽しみです。

 森鴎外/400(銅) 志賀直哉
 森鴎外/400    吉川英治
 国木田独歩/100  室生犀星

 

 紅露時代で「金色夜叉」に挑んだところ、回想が拝めました。

bunal110.jpg

 時代にとって古いのでは? という考えを出した露伴に対しての弟子が超えていくのも~という師匠らしいお言葉だなぁと見ていたらのそうきましたか! という流れで大変よかったです。割りとマイペースにと見せかけて…な部分もよかったですし、そこで乗り気になる露伴もよかったですし、とてもいい回想でした。
 少し攻略を見てしまったのですが、どうやらものによってはLv幾つから…というのもあるようですね。色々な文豪を育てつつ楽しみたいです。

 「お目出たき人」では実篤と志賀の回想でした。

bunal111.jpg

 歩いて旅行とは凄いなぁ…と、思っていた所まさかまさかの全部任せきりにという部分で実篤のお坊ちゃまキャラと、直哉の面倒見のいいキャラクタ性が垣間見ることができて楽しかったです。
 しかし実篤の自転車特訓をしたら色々大変かつ面白そうですね。図書館前で皆で交代で特訓というのも想像すると楽しいです。

 「恩讐の彼方に」では吉川英治と菊池寛で回想がありました。

bunal112.jpg

 未だに「きっかわ」と読んでしまうので気をつけたいのですが…という自分のぼやきはさておき、真面目な吉川とノリとキレキレのツッコミという寛のやりとりが面白かったです。健康オタクなんですね…!!


 そしてボスで潜書に失敗していた、は-四「あらくれ」がクリアできました!

bunal113.jpg

 地道に開花素材を集めつつレベリングしていた成果を感じますね! 歯車を集めたら紅葉のLv20部分から進めたいですね。衣装解放にも更に10個必要なので頑張って集めたいです。



 助手も色々と替えています。
 藤村を助手にしたところ、手紙が全部埋まりました。

bunal114.jpg

 まずはオダサクからだったのですが、凄く彼ららしい内容ですね! 幽霊扱いされてもこの藤村ならば…! というかなんというか。この手紙を見ても、「ふーん…そう」くらいで淡々としてくれそうだというか、ますます幽霊っぽく見えそうな気もしますし、ドタバタギャグになっても楽しいです。

 秋声からも届きました。

bunal115.jpg

 島崎呼びがこれまたらしいやりとりですが、今のところ最初の泉鏡花とのやりとりや紅葉とのやりとりしか知らないので新鮮です。普通にやりとりできる仲間がいてよかったという親心的なもので見てしまいました。和むお手紙です。
 詳しくないので調べましたが、彼らは同い年なのですね! そういうのもあっての気兼ね無さなのかなとも想像すると楽しいです。

 国木田独歩からも届きましたよ!

bunal116.jpg

 藤村が名前がないあのネコを気にしているという部分にとても反応しましたし、あのネコが犬と戦っていたというのを想像しては笑ってしまいましたし、普段と全然違う姿のネコくんも実際見てみたかったです。ネコかわいいですよね。

 田山花袋からも届いたのですがこれまた笑いました。

bunal117.jpg

 藤村完全にいいように使われてしまっているだけではないですか! と(笑)
 むしろ色々と喋れる藤村の方に…ということはないのでしょうか。いえ、それよりも藤村がどういう情報収集ができるのかということも気になりますね…!
 藤村の手紙は基本的に面白いものが多く、電車でプレイしていなくてよかったと(笑)

 今度は佐藤春夫を助手にしたところ、室生犀星から届きました。

bunal118.jpg

 一気に真面目ですね。どちらも褒めている上に、それぞれの作品が好きだと。一方だけではなく誌も小説も好きというのはこれまた嬉しすぎる内容で、読んでいてこちらも思わず笑顔になるものでした。

 更に高村光太郎からも届いたのですがやはり芸術絡みの話題でしたね。

bunal119.jpg

 絵の具を買うお金の相談もしていたのだなぁと裏側も覗けますが、館長は果たしてなんと言ってくれたのか気になります! 館長ならばむしろ買ってきてくれそうな勢いな気も?

 その後、坂口安吾を助手にしたのですが中原中也からの手紙で笑いました。

bunal120.jpg

 手紙を書くのかというのも驚いたのですが、それぞれ納得できすぎるもので笑いました。安吾の罵倒も普通に想像できますし、それから一発殴りにいく中也というのも簡単に想像できると! 
 もし殴り合いがあったらみんなどうするのかも気になりますね!

 未だにキャラクタの派閥や時代など理解していないので、一度自分でまとめてみねば…と、思うのでした。そうすればより手紙の理解度も深まるのではなかろうかと心躍る自分がいます。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)