文豪とアルケミスト プレイ日記10

2017年07月23日

netabare.jpg
bunal139.jpg

 やっっっっっっっとお迎えできました、新文豪・川端康成です!! あといくら積めばお迎えできるのか…と、なりかけましたが、32回目の潜書でどうにかこうにか転生しました。

川端康成に関する研究-招魂研究-

 坂口安吾/400   横光利一
 横光利一/400   中島敦
 尾崎紅葉/400   若山牧水
 宮沢賢治/400   武者小路実篤
 中原中也/400   北原白秋
 新美南吉/400   島崎藤村
 堀辰雄/400    志賀直哉
 徳田秋声/400   高村光太郎
 萩原朔太郎/400  武者小路実篤
 宮沢賢治/400   夏目漱石
 高村光太郎/400  尾崎紅葉
 幸田露伴/400   北原白秋
 夏目漱石/400   小林多喜二
 小泉八雲/400   志賀直哉
 森鴎外/400    石川啄木
 三好達治/400   吉川英治
 北原白秋/400   森鴎外
 永井荷風/400   正岡子規
 谷崎潤一郎/400  萩原朔太郎
 武者小路実篤/400 森鴎外
 中島敦/400    森鴎外
 小林多喜二/400  石川啄木
 織田作之助/400  三好達治
 横光利一/400   島崎藤村
 尾崎紅葉/400   高村光太郎
 江戸川乱歩/400  武者小路実篤
 徳田秋声/400   尾崎紅葉
 島崎藤村/400   志賀直哉
 三好達治/400   森鴎外
 坂口安吾/400   三好達治
 菊池寛/400    森鴎外
 新美南吉/400   川端康成

 お迎えできたのは大正義・新美南吉殿のお陰でした!!
 自分のところの有魂書は新美南吉、三好達治、坂口安吾の3人がとてもいい仕事をして下さる傾向が! 今回も頼みの新美南吉殿でしたね。ありがとうございます。潜書時間は6:13で、その時間が載ると同時に栞で溜まっていくゲージが一気に0になりました。
 栞も早々になくなったので特売で購入したのですが、内装金貨もつくのが嬉しいですね! 縁側まで3000枚を切ったので、期間内に頑張りたいと思います。

bunal140.jpg

 それにしても川端さん独特ですね!
 個人的には帰還したときの台詞がなんだかとてもツボです。それですか! 的な感じで。お気に入り文豪なので、早速レベリングしつつ1軍に入れてせっせと潜書しています。まずは紅葉の衣装解放を頑張っているので、次は川端さんの衣装解放に向けてどんどこ開花させていきたいと思います。



 新しい献立も増えるといいなぁという願望がありましたが、夏メニューということで非常に楽しみで仕方がないです!
 が、見られなくなる回想があるということであんこう鍋を急いで見なければ…となっております。プレイ日記を更新後、早速起動せねば…! 夏の献立はどんなものでしょうかね! またお腹が空く最高の絵が拝めるかと思うととても楽しみです。


 以下、ネタバレなので追記に。






 有魂書の今回の結果です。

 中原中也/100   中野重治
 島崎藤村/100   吉川英治
 宮沢賢治/400   谷崎潤一郎
 夏目漱石/400   横光利一
 中原中也/400   萩原朔太郎
 堀辰雄/400    国木田独歩

 虹色の文豪はまだ1度もお目にかかれず…。いつか来て下さることを夢見て潜書したいです!


 早速利一とも連れて行ったのですが、双筆がこれまたいいですね!!

bunal141.jpg

 恐らくですが、「利一、集中しなければ」「ああ、分かっている」という会話でしょうか。淡々としたやりとりと、分かっているという辺りがさすがですね。燃えました。



 朔太郎から宮沢賢治宛へのお手紙は和やかになるものでした。

bunal142.jpg

 楽しかったと書かれているので、あの朔太郎がとても楽しく過ごせたのだろうなと思うとそれだけで安心できますね。マンドリンもということですし、これからも和やかに過ごして頂きたい2人です。

 更に癒やしが爆発した手紙は新美南吉から宮沢賢治宛のものでした。

bunal143.jpg

 2人ともとても愛らしいショタキャラクタの外見をしているだけあり、想像するだけで悶絶ものですね。館長さん、キャラメルをいくつか図書館にストックしておいている可能性も…? 手渡す様子も見てみたかったです!

 今度は三好達治からのお手紙だったのですが……

bunal144.jpg

 あまりにも衝撃的すぎて……。賢治さん呼びは達治くんらしいなぁと微笑ましかったのですが賢治さんあんた何を見せているんですか…?! と(笑)
 賢治さんは何歳設定なのでしょうかね(笑)これは達治さんが言っていることが正しすぎますね!?


 お次は川端さんを助手にしました。「暑いですね…」と、一言だけというのもありとてもらしさが出ていていいですね。
 さて、高村光太郎からのお手紙ですが…

bunal145.jpg

 やはりとても丁寧ですね! 高村光太郎からのお手紙は基本どのお手紙も丁寧で芸術に溢れるものですが、誰が相手でも変わらないという感じがいいですね。どんな彫刻を彫ってもらったのでしょうか。

 秋声からも届きました。

bunal146.jpg

 潜書する際に褒めてくれたらしいけれども…という話をしておりましたが、それの続きですね。面と向かっての褒められは慣れていないからお手紙でというのが秋声らしさ爆発でたまりませんね!!!

 寛からも届きましたが、笑いました。

bunal147.jpg

 「……駄目ですか」と、言っている姿が物凄く簡単に浮かぶ辺りもまた最高なのですが、どれだけ借りているのでしょう。川端さんはメモにはしていないのでしょうか。
 少々ググったのですが、だめですかというのは実話のアレンジも入っているのでしょうかね。

 また、利一からもしっかり届きました。

bunal148.jpg

 意思疎通論!!! 実際どうやって皆さんとやりとりされているのかというところが見てみたくなりますね。今後のイベントで何かあるといいなぁとも思います。


 今度は利一も助手にしました。

bunal149.jpg

 寛からのお手紙ですが、出版はできないけれども小説をというところがよいですね! 個人的にはキャラクタたちそれぞれの目線の図書館の様子を綴ったものを読んでみたいです。ネコ含め。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)