ゲーム大賞授賞式2017に参加しました

2017年09月21日

gamet201706.jpg

 「仁王」年間作品部門 優秀賞受賞おめでとうございます!!!!
 投票したというのもあり、とても嬉しいです。というか今年は絶対に仁王で拝めるはず! という自信満々で鼻息荒く幕張メッセへと向かったのでした。本当に本当におめでとうございます!!



 というわけで、今年もありがたいことに招待状を頂けまして参加してきました。毎年、今年はどのゲームがなのだろうというところからクリエイターさん方のお話のわくわく感、桜井さんはどんな面白いゲームを紹介して下さるのだろうという期待、伊集院さんのお話も楽しく、その上雲の上のような存在のクリエイターさん方を間近拝めるという最高のイベントです。
 毎年思いますが、あの御方が目の前に! あの御方が真横を通って…! という感覚は凄いですね。気持ちだけは一気に若返るというか、目を輝かせてわくわくするというまさに童心に返るかと。そのお姿を一目見るだけでも大いに影響があるというのは、さすがトップクリエイターさん方だなと思います。

 そして毎回席の位置が色々なのですが、今年は本当に最前近い席まで開放されていてあの舞台を更に間近で! と、興奮された方も多かったのではないでしょうか。かくいう自分もそうです。とてもいい位置に座ることができ、ますます感激でした。


 毎年始まる前は展覧会の絵が流れるのですが、今年も同じでして、「お、始まるな」という風になりますね。しかしながらその前に、過去の大賞作品の振り返りコーナーがありました。これもまた面白かったですね。今年は、それぞれの受賞作品のときのムービーがなかったのが寂しかったのですが、その分が振り返りになったのかもしれませんね。
 さて、色々な方のご挨拶を経たあとは「経済産業大臣賞」の発表からになり、誰もが納得という「Pokemon GO」が受賞されておりました。聞き間違いでなければ5億DL突破という、凄まじい桁数が。誰もが手軽に始められるという部分と、あのポケモンを実際に自分の手でという夢が現実になったという部分での数字でしょうか。凄いですよね。ナイアンティックの方が、これから10年、20年と続くコンテンツに…という意気込みも語っておられましたし、これからも楽しみなコンテンツですね。

 ポケモンは今年のゲーム大賞では何度も受賞されるという形で、さすがポケモン…! と、思いました。ベストセールスでもそうですし、年間作品部門の優秀賞でもそうでしたね。大賞もポケモンかな? と、思っていたのですがあの作品でしたね!
 今年は大森さんのお姿を何度も拝めるというこちらの授賞式でしたが、中でも印象だったのがトロフィー授与のときに投票したユーザーの女の子からの質問でした。「ゲームを作ってますが、家でも遊びますか?(ポケモンを)」というもので、「クリアしています」というお返事をしっかり頂けておりましたが、なるほどそういう質問か! という意味でも微笑ましい一コマでしたね。開発者でもあり、トレーナーでもありという部分が垣間見れました。

 そして毎度お馴染み、桜井さんがプレゼンターをされる、ゲームデザイナーズ大賞の発表は「INSIDE」でした。
 毎年恒例、桜井さんがプレイをしながら紹介をして下さるのですが、これまた意味深かつ衝撃的かつ台詞がないのでプレイヤーの数だけお話の受け取り方があるというようなものですね。最後のあれはどういう意味なのかという桜井さんのお言葉がどういうことなのか気になって仕方がないです! が、怖がりなので自分はプレイが難しそうです。しかしどういうところで終わるのかというのが大変気になります。
 こちら実際に製作者の方が来日されておりまして、メッセージも拝聴できて嬉しかったです。緊張されていたようで、追加の質問等は難しかったようですが、色々とどういう意味を込めてという開発者側のネタバレを知りたくなるゲームでした。


 年間作品部門の優秀賞の発表では、仁王に次いで嬉しかったのが「ペルソナ5」です。こちらも受賞するであろうと思い込んでいたので大変うれしかったですし、なんと副島さんのお言葉まであったのですよ!!!
 私事になりますが、たまに絵も描く自分は実は副島さんの絵が大大大好きで憧れておりまして、しかしながらああいった絵は自分では描けぬということで、とにかく素敵だなぁと拝み倒すという形なのです。というのもあり、まさかこの目でしかも間近で!! というのが本当に嬉しくてしょうがなかったです。今年も参加できて本当に光栄です。

gamet201704.jpg

 続いてインパクト大であったのはこちらの、「ニーア」の方々でしょうか。ヨコオさんノリノリですね!! おじぎをされる度にマイクに衝突というのもまた可愛いのですが、お話されている方の裏でトロフィーを頭から飛び出すように掲げるというネタまで! 会場中で笑いが起きましたね。本当に楽しかったです!
 出荷本数200万本突破というのもおめでたいですし、これからもニーアというタイトルが更なる展開をというのを望んでおられる方も多いのではないでしょうか。また、音楽の岡部さんのお名前も出ておりガッツポーズでした。ニーアの曲素敵ですよね!!
 しかし被り物は美味しいですね。伊集院さんも、ゲームらしい感じでいいですねと盛り上がっておりましたね。

 他にもさまざまなタイトルが受賞されており、年間作品部門の大賞を射止めたのは「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」でした。
 優秀賞で発表された時点で自分の周囲では歓喜の声が上がっておりましたが、大賞の時の更なる喜び加減は凄かったですね! 偶然ゼルダファンの方々の中に紛れ込んだようですね、自分が。こういった生の反応も授賞式の楽しさなので好きです。分かるんですよ、自分の好きなゲームが名前を呼ばれる瞬間の嬉しさは! 自分も「仁王」が呼ばれたときは思わずその瞬間に拍手しておりました。やっぱり嬉しいですよね!!
 それからゼルダのトロフィー授与役のユーザの方のコメントも熱かったですね!! 分かります、そのお気持ち!! と、聞きながらうんうん頷いておりました。伊集院さんが、「あとで楽屋で1時間くらい語りますか? 同じユーザー同士」とお声がけされていたのもそのお気持ち分かりますというものでした。同じ好きなものを語れる仲間を発見できる場でもあるのがTGSですね。

gamet201705.jpg

 授賞式のあとはいつも通りフォトセッションなので、狙いはここしかないという感じでとにかく鯉沼氏と早矢仕P氏を撮りまくっておりました。
 「仁王」での受賞のコメントがリアルだったのも印象的でした。世界で受け入れられ、販売本数もよく、しかしながら日本では同じような販売本数までは…だったようですが、遊んだ人たちの感想が熱い、そして楽しいと言ってくれるという風に鯉沼氏も早矢仕P氏もお話されておりましたね。実際にその”楽しい”というユーザーのたくさんの気持ちが実を結んでの受賞ですし、本当におめでたいです!!! お二人が笑顔で並ばれているお姿を拝見できてファンとしては感無量です!!!


 今年も大変楽しく熱いゲーム大賞でした! やはり生の空気と熱気はたまらないですね。来年も頂ければ参加したいです。

 そして一気に話が変わりますが、どうやら真・三國無双8から郭嘉の声優さんが神原大地さんに決定されたとのことで!! これまた一般参加の日にも書くと思いますが、神原さんならそらもうあの三宅さんとは別のベクトルの色気ボイスもりもりではないですか!!! と、荒ぶっております。その上ωさんも20周年記念ライブを開かれるそうですが、まさかの真・三國無双8を買った人の中から更に抽選という、キャパどのくらいなんですか!!? という感じになっております。というかロックで討鬼伝とかこれはもうTEKARUさんフラグというか呼ばれてはいかがです!? と、心底思うのでした。続報が待ち遠しいですね。

 今年のゲームショウも熱いですね!! 一般参加の日が楽しみで楽しみでしょうがないです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 3倍 | URL | -

    授賞式に招待されたようでおめでとうございます!
    ウチにも来てたっぽいんですが、仕事の都合がつかず行けませんでしたので
    マリさんの記事で歓喜の渦を感じられてよかったです。

    受賞されたタイトルはどれも納得のラインナップでしたね。
    個人的にはニーアが凄い売れてるんだなあと共に、プレイした人の感想見る限りかなり面白いという印象を持っています。(未プレイですが)

    大賞のゼルダも納得できるタイトルであったと。これもまた未プレイなんですが(汗)

    仁王についても満を持して発売して評判通りのクオリティだったと聞いています。(これも未プレイですが汗汗)

    授賞式の醍醐味の一つは登壇者の生の表情が観られることだと思いますが、その瞬間の喜びを共有できるのがいいですよね。

    …なんか未プレイタイトルばっかりじゃん!!!
    時間が足らなすぎます。一日48時間くらいないと無理ですね…

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    3倍さん

     3倍さん、コメントありがとうございます。
     おおっと! やはり3倍さんのところにもでしたか!! 時間帯が平日の夕方という中々難しいところですよね…!

     受賞タイトルは本当に納得のラインナップばかりでした! 人気、セールス共にその通りというような感じなのではないかなと。
     ニーアは精神的な要素もかなり強いので、心が折れてプレイ続行不可という方も出るとお聞きし、自分には無理そうだなと思い、音楽のみで我慢しております(笑)
     でも気になるのでプレイしたいのですよね…!!
     
     ゼルダも大盛り上がりでしたよね! ゼルダがやりたくてハードを買うという方も多かったと思いますし、凄いタイトルだなと思います。

     仁王はハマる人はハマるというタイトルなようですね、日本では!!
     こちら自分チュートリアルで挫折しそうになったのですが、今度発売するコンプリート版を購入予定です。果たして進められるのか(笑)

     授賞式はまさにおっしゃる通りで!! ゼルダの方々の「まさかもう一度壇上にあがれるとは!!」という驚きと喜びのお姿には思わず顔が緩みましたし、仁王でうおおおお!!! と、なるのも楽しいですし、生で拝めて「本当に実在しているのか…」となれるのも楽しいです(笑)

     自分も未プレイばかりです…。P5もやりたいですし…。
     時間もそうですが、ここ数年で体力が一気になくなってもうへろへろです。歳を感じますね…(遠い目)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)