アニメ「アイドルマスター SideM」:第1話「理由(ワケ)あって、アイドル!」感想

2017年10月08日

netabare.jpg


 EOJを経て、いよいよMマスのアニメの本編が放送になりました。どんなお話になるのだろうかと楽しみにしておりましたが、見始めたら最後までひたすら惹きつけられたままという形になり、EDが流れる頃には30分は早すぎると思うものでした。
 映像もとても綺麗でしたし、お話もすんなりとまとまっていてするっと楽しめた第1話であり、毎週とても楽しみになるものでした。

 何より、個人的にプロデューサーはどういう風に描かれるのかというのも気になっておりましたが一言で言えばとても格好良かったです。EOJのように見ている人たちの視線で描かれるのか、はたまたモバゲーの方のように顔なしのあのプロデューサーで進んでいくのかとどうなるのだろうと思っておりましたが、そこは見てのお楽しみでしょうか。とにかく、第1話同様スッと溶け込む飾らない格好良さを感じるPでした。



 以下に記載しておりますが、特典に福岡・静岡公演の先行申込券が封入ということで出演者が発表になっておりました!! やはり最難関は全ユニットが揃う幕張でしょうか。そして静岡公演にハイジョが出演というのを目にして幕張、仙台、静岡を応募せねば…となっております。今度こそどこかで現地参戦したいです。ジャージを着て…!!!

▼BD・DVDシリーズ・全7巻発売決定

・第1巻発売日12月27日(水)
 ・3rdライブの福岡・静岡公演第1弾チケット先行申込券付きなど

▼「Five-St@r Party!!」

・2018年5月20日(日)inパシフィコ横浜
 ・ドラスタ、Beit、S.E.M、High×Joker、W、Jupiter、石川界人さん、河西健吾さん出演
 ・イベントチケット優先販売申込券は昼の部が第2巻、夜の部が第3巻に特典として封入

 そして早速BDやDVDの情報と、驚きのパシフィコ横浜でのイベント開催決定情報が! 全13話ということで、1クールという感じでしょうか。どのようにお話が進んでいくのかは分かりませんが、メインをメインビジュアルの面々で進めていきそこに他のユニットたちもということになるのでしょうか。F-LAGSやカフェパレなども登場が待ち遠しいです!



 そして来月から始まるナンジャタウンさんでのイベントもビジュアルが発表され、猫耳夏来くんに完全にやられております。しかも大好きな燕尾服アレンジ!!!!!! こちらも全ユニットが拝めると信じているので続報を待ちたいです。メニューも楽しみですね! 特にカフェパレはぴったりだと思うので尚更楽しみで仕方がないです。


 以下、ネタバレを含む感想です。記憶頼りのものですので間違っている部分が多々あると思われます。ご了承下さい。






第1話「理由(ワケ)あって、アイドル!」


 エムステでの共通衣装に身を包んだアイドルたちが輪になり…というところから始まりましたが、こちらのステージはファスライをイメージしてでしょうか。315プロダクション開設からそこに至るまでを描くという感じなのでしょうか。最終話はライブをしているところで「Reason!!」が流れていて…というEDになりそうだなとも予感がしつつ。

 というわけで第1話では確かOPは流れないまま始まったはずです。というのも脳内ではReasonが流れていたので実に記憶があやふやであると(笑)一体何が現実なのか…!
 というのはさておき、天道輝を軸にお話が始まります。バーでスカウトされたというのは明らかになっておりましたが、そこでのやりとりがまたとてもらしさが溢れていて印象的でした。
 飲みすぎてしまい朝までバーで眠ってしまったところを店員さんに起こされて…という完全に記憶がない状態でしたが契約書や名刺などは手元に残っており…という目を覚ました本人は何が何だか分からない状態というところから探っていくというのも面白かったです。
 できたての315プロダクションはまだまだ引っ越しが終わったばかりでダンボールが山積みでというのも、本当にできたてほやほやの事務所というのを実感しました。そしてバーから事務所へ向かうところの駅などもリアルでしたね。聖地巡礼されている方もいらっしゃるようなので、この駅も検索すれば出てくるかもしれませんね。とても見覚えがあるホームでした。
 インターホンすら切れているというできたてさ加減ですが、賢くんがすぐに対応してくれるという辺り賢くんはこのまま315プロダクションに就職になるのでは!? という未来をもりもり感じつつ、突然登場になったプロデューサーに驚きました! まずは顔がついている!! ということに(笑)
 どういう扱いになるのだろうと思っている中で先週のEOJがあったので、視聴者視点になるのかなと思っていたところで物凄くはっきりと描かれたのも驚きでした。しかもとても格好いいと!! タレ目で一見のほほんに見えそうですが、敏腕プロデューサーというのをとても感じますが実にやわらかな雰囲気でアイドルたちを支えるというとても素敵なプロデューサーでした。しかも声は石川界人さんという!
 自分の中の第1話全体の感想がごくごく自然に落とし込まれるMマス、でした。本当に自然で、日常にすっと溶け込むかのような、元々そこに存在していたようなという絶妙な自然さというのを自分は感じ、プロデューサーの存在もまさにそこでした。人それぞれだと思いますが、自分には物凄く自然で何の違和感もありませんでした。何度も書いていますが、まさに自然というのが自分の中での感想です。
 そしてプロデューサーに関してはとても格好良かったです。アイドルたちを支え、その魅力を引き出すという言葉通りの存在だったと思っています。スカウトも兼ねつつなので、アイドル一人一人につきっきりにはなれないものの、その時に何が必要なのかというのを瞬時に見抜き導いていく、そして言葉を添えていく。肝心の部分はアイドルたちで壁を乗り越えねばなりませんが、その支えやきっかけのお陰もあり一歩一歩進んでいくアイドルたちという、欠けてはならぬ存在というように思いました。それは賢くんも同じですね。そして社長も…!


 さて、お話についてですがDRAMATIC パッション!! STARS結成までの部分もすごくよかったなと思いました。
 エムステでまた最初からお話を見ることになり改めて思いましたがドラスタが3人でトップアイドルへ! という仲になるまでの紆余曲折はかなりなのですよね。そこがまた美味しくもあるのですが、アニメは30分ですししかも今回は1クールですし、どうまとめるのかと思えばすごくすっきりまとめられていてよかったなと自分は思いました。
 今回は輝の過去には触れつつありましたが、薫・翼組は触れられていません。服装も私服などなので過去の職業が分からないようになっておりましたね。輝と薫の衝突とそれを取り持つ翼といういつものドラスタの風景は描かれましたが、とてもさっぱり(いい意味でです)描かれていてよかったです。
 大手弁護士事務所に所属していてどうしても自分の思いが達成できずにとなっていた輝ですが、自分で契約書を作成し判を押す辺りの作業はもちろん、バーで酔ったお客への対処方法はとても素敵でした。臆せずに酔った客へ話しかけ、すぐに見抜き話をし、そして酒を嗜むものとして一緒にお酒を注文して話を聞きつつ呑みつつという一連のやりとりは輝という人物が根っからのお人好しであり、正義感でありというのをスマートにかつ分かりやすく描かれていて、その上バーの空気も決して悪くせずというそういった持ち前の良さをすごく感じることができました。改めて輝という人物はこういう人なのだなと温かくなれるものでした。

 そして薫との衝突ですが、薫に対しては最初の一言がとても印象的でした。本気で目指すという部分です。
 決してお遊びでもなんとなく始めるというわけでもなく、本気でというのをまず最初に宣言する姿は凄く素敵であり、その言葉がまた輝たちにとっても大事な言葉になりという流れも印象的です。
 ウマが合わない2人であり、最初から衝突が多く、翼にも辛辣な一言があり、完璧にこなすために1人黙々と練習する薫と、2人で何かあればアドバイスをし合ってと進めていく輝と翼の対比もよかったです。全員真剣な思いは一緒ですが、やり方などはまるで噛み合わず。ぐっさりと刺さる一言を言う薫とそれに反応する輝に、なだめる翼といういつのも図は最初から今も変わりませんがそこに友情や絆が徐々に芽生えていくという過程が楽しめるのが1話ですね。
 思いは同じでも揃わないドラスタは膠着状態にも陥りますが、ここでそう繋げますか! となったのはプロデューサーが連れて行ったスカウト中のアイドルのライブ。そして繋がるEOJ!!! ここの一連の流れはとても熱かったです。なるほど! それで先週のドラスタとJupiterに繋がるのか!! と。
 Jupiterのライブの様子はJupiterの姿はもちろんですが、そこにいる笑顔溢れるファンの姿もドラスタの3人には強く印象づけたのではないでしょうか。そこからまた3人は少しずつ変わっていきます。3人の息を合わせるために3人で練習して揃えたい、壁を乗り越えたいその思いが薫に伝わり、そして薫自身、3人で褒められれば悪い気はしないという思いを自然に感じられるようにいつの間にかなっているというこの展開。とてもよかったです。思わず小さくガッツポーズしてしまう薫とそれを冷やかす輝などのやりとりは、今のドラスタを感じさせ、こうしてこの3人の絆は出来上がっていくのだなと思いました。3人でユニットを組みますと言われたときの反応も思わずかわいいなぁと思ってしまうもので、そこに社長のパッション!! が加わりカオスなところもよかったです。「…DRAMATIC STARSです」と訂正するプロデューサーもかわいかったですね。しかしDRAMATIC パッション STARS…!! 社長にかかればどのユニットもパッションが加わるのでしょうかね!?(笑)
 練習時に3人揃うことになった姿やそれらを乗り越えていく姿を見守るプロデューサーもよかったです。常にアイドルたちを心配したり思っている様子がとても伝わりました。

 今回は道流も登場になりましたね!! まだまだサインが飾られていない男道らーめんでの食事シーンがありましたが、大盛りのラーメンに炒飯に餃子にと疲れていてもたくさん食べられます!! という翼らしいシーンも描かれていてほのぼのする反面、深夜帯にラーメンと炒飯と餃子を食べたくなるという…!!(笑)
 1クールなのでこうした形で他のユニットのアイドルたちがスポット参戦という風に描かれるのでしょうか? その描かれ方にも注目ですし楽しみです。


 そして最後はJupiterだけでなくHigh×Joker、S.E.M、W、Beitのスカウトされたアイドルたちが事務所に大集合でした。(10/9 改めて思い出しましたが、Wはサッカー選手として雑誌の表紙を飾っていたのでまだアイドル前でした。失礼しました)
 この時にEDのシーンがそれぞれスカウトされるところだったりその前の交流だったりで印象的だったのですが、高校生バンド大会で盛り上がっているHigh×Jokerの姿とそのあとにスカウトとしての声掛けでの隼人くんのとても嬉しそうな、驚きつつ頬を染めつつというあの笑顔ですべて持っていかれました…!!! 可愛すぎです!! もちろん夏来くんはどれもこれも大注目しておりましたが、とにかくあの隼人くんが可愛すぎて無邪気で第1話で1番印象に残っているシーンなのでした。

 第2話はそれぞれの他のアイドルたちのことも描かれそうですね。High×Jokerは出番があるのか喋るのか!? 夏来くんが動いて喋るのかという部分を非常に楽しみにしつつ来週を待ちたいです。

 というわけでとても楽しんだ第1話でした。Mマスアニメは以前からずっとやっていたんだと錯覚するようなすんなり感がとてもハマっております。そしてBGMもとても素敵ですね! ところどころ奏でられるピアノでのBGMやDrive A Liveのピアノアレンジがとても素敵で、是非そのCDもしくはエムステで叩かせてください! と思いました。
 映像も音楽もすごく素敵でした。第2話も待ち遠しいです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)