アニメ「アイドルマスター SideM」:第6話「二人が選ぶVictory」感想

2017年11月14日

netabare.jpg


 この日は23:15に起きたものの、あまりの眠さにあと5分…と居眠りしたら目が覚めたのが終わっていた23:59という体たらく…。Amazonさんでやっとこさ拝見できました。
 という自分のことはさておき、いよいよWの回になりました! この頃は悠介くんが怪我をしており、享介くんはサッカー選手としてという時期だったのですね。そして2人の2人だからこそという絆を強く感じる回でした。
 それにしてもアニメで流れる「DRIVE A LIVE」のピアノバージョンでしょうか。切ないアレンジがこれまたぐっと来ますね。知っている曲だからこそ一層感じます。他にも今回も劇伴でオーボエの音色が使われたものがありましたが、素敵でしたね! 好きな音色なのでついつい聴き入ってしまいました。








▼Mマス発売予定自分用メモ

 11/10 アイドルマスター SideM ぬいぐるみ5種High×Joker再販
 11/15 THE IDOLM@STER SideM ANIMATION PROJECT01「Reason!!」(CD)
      THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR ~GLORIOUS ST@GE!~幕張・仙台公演事前通販
       隼人の一天堂ジャムパン(通販)
 11/17 隼人の一天堂ジャムパン(店舗)
       アイドルマスター SideM×山梨 ~Side Animation~(通販)
 11/18 「理由(ワケ)あって、渋谷!ハンズでBeit!」(イベント)
 11/21 High×Jokerの稲妻ハンバーガーセット開始(イベント)
 11/22 THE IDOLM@STER Prologue SideM –Episode of Jupiter-(BD)
 11/23 「アイドルマスター SideM in ナンジャタウン」(イベント)
 12/6  ORIGIN@L PIECES 09(CD)
 12/14 THE IDOLM@STER SideM ANIMATION PROJECT02~04(CD)
 12/27 アイドルマスターSideM1(BD)

 ここにきて更に怒涛のコラボが投入されており既にパンク状態ですし搾りかすになっております。しかしながら大大大好きな八天堂さんとのコラボや、いつも素敵なコラボグッズなどを製作されている山梨さんとのコラボなどなど心躍るコラボばかりでとても嬉しいですし、楽しいですね。
 八天堂さんは通販はもちろんですが、秋葉原へ出向いた時には必ず買って帰ります。併設されているはちぱんカフェさんでのフレンチトーストも絶品ですので、是非是非この機会にまだ食べたことがないという方は! と、おすすめしたいです。※下の写真は撮影・投稿許可を得ております。

hachipan1701.jpg

 今週は「Reason!」の発売だけでなく、八天堂さんのコラボと山梨さんとの通販が開始ですし、どきどきですね。週末はハンズさんへ行かれる方も多いのではないでしょうか。



 以下、ネタバレを含む感想です。記憶頼りのものですので間違っている部分が多々あると思われます。ご了承下さい。





第6話「二人が選ぶVictory」

 突然運ばれる石川Pと見守るドラスタという一瞬医療ドラマが始まったのかと思えた感じですが、そうではなく。というわけで盲腸で入院となった石川Pに対して、まずはしっかり休むことと言うのは薫さんで。薫さん、石川Pが我慢をしてでもという性格でもあるというのを見抜いており、だからこそしっかりと完全回復できるようにと休むことを真面目に告げるのがらしいですね。元医者というのもあり、的確な判断というのも。
 ここで和んだのは翼さんでした。精をつけるためにたくさん食べましょうと提案するも、「まずは白湯から」という発言に誰よりも青くなっている姿…! 大食漢の翼さんにとって白湯からというのは…。あの幸せそうに食べる姿も魅力的だと思いますし、健康でありますようにとついつい思ってしまいました。

 石川Pの個室になった理由は思わず笑いました!
 まさか社長が関係していたとは(笑)確かにあの感じでは個室しか無いですね。しかしきちんとお見舞いにきて頂けて尚且つ365日いつでもあのテンションというのがさすが社長最高ですと思いました。あのくだものは賢くんと社長の御見舞なのでしょうか。

 プロデューサーが入院ということで仕事をしつつ御見舞に来てくれるアイドルたちの姿も拝めてうれしかったです。
 High×Jokerは学校生活もありというのもあると思いますが、ドーナツが御見舞品という辺り春名くんがチョイスしたのだなと分かる感じがいいですね。それぞれ添えられてあるメッセージもそれぞれらしくて。夏来くんが下の方に邪魔にならないようなところに書かれているのがこれまたとても印象的でした。夏来くんらしいです。

 個人的にはBeitのお渡し会が大成功だった様子というのも気になりますが、舞田先生が全部かっさらっていきました。すごすぎますね、あの親しみやすさというか積極的に話しかけにいく話術! 何より笑顔を忘れず、かつ決してしつこくならず爽やかに全員をそれぞれ褒めているというのが素晴らしいですね。見ていて気持ちのいいシーンでした。看護師さんやご婦人だけでなく紳士の方まで全員分け隔てなくというその姿勢。舞田先生の素直さと明るさ、親しみやすさを短いシーンながらもとても実感しました。すごく好きなシーンです。
 それを見習って早速実践しようとする硲先生もさすがですね! 臆せず、そして他人の見習うべきところをすぐに吸収して自分なりにチャレンジしてみようという姿勢。先生の鑑ですね。

 そんな入院時に出会うのがWの2人でした。
 プロデューサーはあまりサッカー界隈のことは詳しくないのでしょうかね。2人の素性は分からず、サッカー好きな青年たちとして接していきましたが、それが最終的にスカウトに繋がったのではないかなとも思いました。知らないからこそ、見たそのままの2人がサッカーを愛している様子、互いを思いやっている様子、2人で最強を目指したいという姿、もし知っていたらまた違う目線になっていたかもしれませんね。
 無茶しがちな兄をせっせと支える弟。それがお互い無理の押し付け合いではなく、無茶をしても本気で答えてくれる弟と分かっているからこそな兄と、俺しか悠介の無茶に答えられないというその自信と受け止める想いなどがすべて合わさってあの兄弟ができあがるのだなと思いました。
 お互いがいないところでプロデューサーに、褒めているのですよね。嬉しそうな顔で、ああいうところがいいと素直に言えるその姿は見ていて思わず笑みがこぼれるものでした。
 子どもたちにサッカーを教える様子も、勢いで教える兄とここがこういう風になってと細かに説明をつけて教える弟、弟が説明したことを動きで説明するのが兄という風にもなっていて、本当にいいコンビなのだなと幾度も実感しました。
 パンとおにぎりのTシャツを着ていた頃から2人で最強の技を、2人ならば何でもできる、その思いでずっとプレーしてきて今が在るのだなとこみあげるものがありましたが、その先に怪我という2人が分かれてしまう出来事に繋がってしまいました。2人だからこそ、というこれまでの中で1人ずつになったらどうするのか。2人にはかつてないほど辛すぎる事実が待っていましたが、それをどうするのか。
 2人が出した答えは会見を開いてのもので、号外新聞でしょうか? お忍び姿のJupiter3人が驚きながら見ている様子も拝めましたが、これは1話で冬馬くんが読んでいたサッカー雑誌に2人が載っていたからというのもあるのでしょうか。
 どんな世界でも2人ならば最強で、互いがいるからこそ未来を見て歩んでいける。新たな道も2人だから突破できる、そんな思いをたくさん感じました。アイドルに転向ということでリハビリをしながら色々と調べている享介くんの姿もまぶしかったですし、アイドルになろう2人でという決意を享介くんに向けた悠介くんの真っ直ぐな瞳と表情、そしてそれを受け入れる涙ぐんだかのようなそれでも力強い享介くんの表情は忘れられません。これからも最強で最高の双子の輝かしい姿を、ステージという舞台で見続けたいですね。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)