モンスターハンター:ワールド ベータテスト版 プレイ日記1

2017年12月11日

mhwb1.jpg

 β版が12月10日の2時から開始になり、早速朝から遊んでみました。
 モンハン自体がP3rdぶりというのもあり、何もかも忘れている状態で始めたのですが、本当に何もかも忘れていて笑いました。もはや癖で□ボタンで攻撃と思ってしまうのですが、□ボタンはアイテム使用なのですよね…!! 何度無駄に回復薬Gを飲んだか!(笑)

 そんなこんなですが操作を練習できるところもあるので、そこで各種武器の確認もできます。
 まずはやってみようとシングルプレイで遊びました。今回はキャラクリはできず、用意されている男女それぞれ6キャラの内から選びます。アイルーも6匹の中から1匹です。

mhwb2.jpg

 アイルーはこの子にしました! 目つきがかわいいです!! 製品版ではアイルーもキャラクリできるので気になりますね。この目つきの悪い子をまた作りたいです。

mhwb3.jpg

mhwb4.jpg

 というわけでこの組み合わせで出撃しました。モンハンは女性キャラクタの装備がかわいいイメージがあったので女性キャラクタにしました。褐色肌が眩しいです。
 そしていきなり食事です。キャンプ地をうろうろしていたら食事ができるというアイコンが出てきたのでこれはやってみねばと。とりあえず脳筋なので攻撃力アップの肉料理にしました。まさに肉肉しいメニューですね! そしてモンハンの1人でこんなに食べるのか! という量を数年ぶりに拝めることができて楽しかったです。


 以下、続きに。






mhwb5.jpg

 クエストの初回はキャンプ地が決まっており案内の方が丁寧に教えてくれます。地図を開けば痕跡がある場所を教えてくれるのでその場所までまずは向かえばいいと。初のオープンワールドのモンハンは質感や世界観、背景や小さいモンスターの細部までしっかりと作り込まれていて没入感が凄いですね! BGMも自然豊かなものから、モンスターが気付いて狩りになればボリュームも上がってと臨場感も凄いです。英雄の証をゲームで聴ける日が待ち遠しいですね。
 ちなみに崖などを降りる時にPCを間近で大きく拝見できるので、細かくクリエイトされる方や装備を細部まで拝みたいという方にも嬉しいカメラになっていますね。

 で、痕跡を辿るために導虫ににおいを覚えさせるのですがこれが若干分かりにくかったりします。特に草木が生い茂っているところでは同色になるのでどこだろうとなったり、痕跡を探すためにうろうろしているときなど、「どこにいるんだ虫は…」となったりしてしまいました。クエストクリア後からは最初のキャンプ地が選べるのでそこから痕跡があるところを探すのが大変でした。これらを探すのに時間がかかってしまい制限時間ぎりぎりになることがしばしば…。慣れですかね。

 
 今回のβ版には3つのクエストが用意されており、それぞれ初級、中級、上級となっています。シングルプレイでは自分のような攻撃は避けない、とにかくひたすら攻撃、アイテムとはなんぞや状態でも時間内にクリアできるようになっていました。

mhwb6.jpg

 まず驚いたのが、敗北条件の1つの9回力尽きるという部分です。いつも3回で失敗という風に染み付いていたのですがこれは体験版仕様なのか、最近のモンハンはこうなっているのでしょうか?
 とにかく狩ってみるべしとドスジャグラス討伐に向かいます。懐かしい双剣で行ってみたのですが、鬼人化ってどうやるんだっけ…という恐ろしい忘れ具合でした(笑)色々なボタンを押してもまったく思い出せず、鬼人化せずにとにかく斬るだけでも倒せました。

mhwb7.jpg

mhwb8.jpg

 次のボルボロスが時間ギリギリでした。というのも中々ダメージが入っていかないと。外側の皮部分の岩が剥がれたあとはダメージが入りやすく、そこからは荒ぶっていたのですが、ハンマーも操作方法はすべて忘れていてただ殴るだけでしたが、途中で坂からボルボロスの背中に飛び乗ることができ、そこから攻撃そしてダウンさせるという一連の行動が楽しかったです。最近のモンハンはこういったこともできるのか! と。魅せプレイの幅もより広がりますね。

mhwb9.jpg

 いつも通り導虫のあとを追っていたところ、目の前に寝ているモンスターが。どなただろうと思っていたらのターゲットでした! 物凄くぐっすり寝ている所を申し訳ありませんという。

mhwb10.jpg

mhwb11.jpg

mhwb12.jpg

 スラッシュアックスは初めて使ってみたのですが、これは爽快な武器ですね! 見た目は重そうなのでヒットストップも重厚感溢れるものなのかなと食わず嫌い状態だったのですが、いざ使ってみたらの想像以上の爽快感で! さくさく攻撃ができ上にも横にも銃撃戦のような感じの攻撃もできて面白かったです。剣と斧のスピードの差などの違いも使っていて楽しいですね!

 と、ここまで遊んでやっと罠の存在を思い出したのです(笑)そういえばモンハンは罠とか閃光玉とかがあった気がすると! 慌てて使ってみたのですが、それらを駆使して戦えばより楽になったりと楽しみが広がりますね。
 モンハンはやることがいっぱいあるというのも思い出し、脳みそがパンクしそうですが遊んでいく内に身体が覚えていくのだろうなと思っています。

mhwb13.jpg

 ちなみにこちらは別のキャンプ地から始めた時に痕跡探しの途中で出会った別の対象のモンスターです。突然の遭遇だったり、モンスター同士が攻撃し合う様子などもあり、まさにモンスターたちがその地で生きているというのを感じる構成になっていました。
 特にモンスター同士の攻撃し合う様子は燃えましたね! 今まで自分の中ではOPやムービーのみで体感した存在というものだったので、よりリアルな形になっていてお面白かったです。赴く度に違う顔が覗くクエストになりそうですね。


 武器は自分は操虫棍がお気に入りになりました!
 自分の下手くそプレイでは魅力が伝わらないので、ここは公式動画を貼りたいと思います。



 何と言ってもこのアクロバティックな動きですよ!! こういうの大好きなので見た瞬間に荒ぶったのですが、でも絶対自分には難しくて扱えないなとまず思いました。しかしまぁ下手でも遊んでいて楽しいのが1番ですからね、使ってみようではないですかと使ってみたら楽しいのなんの!! とにかくびよんびよん動く感じで楽しいです。全然敵に攻撃が当たってなくてスカしてばかりでも楽しいです! これはハマりますね!!
 しかしいまいち虫の使い方がよく分かっておらず、とりあえず虫出しとけ状態でした。一つ一つ分かってくると更に面白くなりそうですね。

 体験版を遊んでいて1番気に入ったところはオトモ関連です。
 とにかくゴリ押ししっぱなしの自分は大体回復が尽きて…ということが日常茶飯事なのですが、今回はオトモが回復させてくれるのですよね!! その台詞も可愛いですし、こんな風に水辺では浮き輪のようなものに乗ってくれるのも可愛いですしそれでいて回復もですよ。最高のシステムですね!

mhwb14.jpg

 このオトモの回復のお陰で何度救われたか! 回復するにも飲む時間があることを忘れていてそのまま突撃食らって回復できていないという失態を幾度も状態だったので尚更です。そういえばガッツポーズがなくなったような気がしましたが気の所為でしょうか。



 そしてオトモが小型モンスターとお友達になってくれて一緒に戦うという熱く可愛い展開に盛大にフィーバーしました!! 最高ですね!!! オトモ関連はまさにこういうのが見たかったというものばかりで、大変感激でした。とにかくアイルーたちを撮影したくて近づきまくってなどなどしたのですが、撮影難しいですね…!

 さて、β版ということでよりブラッシュアップされていくと思われますし、製品版が期待大ですね! まだ購入は迷っておりまして、仁王の合間にやりつつというのもいいかなと思っているのですが、すぐあとに無双が控えているのですよね…。嬉しい悲鳴ではあるのですが、というところなので悩みつつも続報を楽しみにしていたいと思います。某問題も解決しているとよいですね…!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)