仁王 Complete Edition プレイ日記1

2017年12月14日

netabare.jpg
nioh0.jpeg

 日本ゲーム大賞2017優秀賞PlayStation Award2017ユーザーズチョイス賞・GOLD Price賞と今年3つの賞に恵まれた「仁王」のComplete Editionのディスク版が発売されました。
 PS4を買ったら絶対に仁王は買うと決めていたゲームでして、ちょうどこちらが発売することが決まり予約をして待っていました。というわけでやっとこさプレイし始めたのですが、既にこれまでに数十回「落命」の文字を見ております! やったー進めたぞと思った矢先に隠れていた敵にグサリ。おびき寄せに成功したぞ、一人一人潰してやろうと思っていたらのまさかの2人共ついてきてグサリ。装備確認するか~とメニュー画面を開いたところでいつの間にか近くにいた敵にグサリ。果たして自分のウィリアムはどこまで進めることができるのか…! ニンジャガもそうでしたが自分が動かすと超忍すら下忍、ウィリアムもそこらの海賊程度になってしまうのが…。

 ですが楽しいのですよね! 一体何十回この道通ったんだい? という感じになってくるのですが、一歩一歩でも進めて装備がドロップしたりアムリタを集めて少しずつ強化していき、社に戻ろうとしている途中に討たれて刀塚にいこうとしたところでまた討たれて全てが無に消える…なんてことを繰り返してでも楽しいのです。
 少しずつ亀の歩みでも進めている実感と、少しでも慣れれば苦戦した雑魚でも華麗に倒せたり、あいつは遠くから弓で攻撃してからだなと作戦を立てたり。そういうのが楽しいです! そして集中力が落ちると一歩進んで三歩下がるレベルにまで落ちていき、というのもとてもリアルに感じられます。とにかく本当に何度も何度も見飽きるぐらいに「落命」の文字を見るのですが、でも楽しい、それが仁王だと思います。


 以下、ネタバレなので追記に。 ※12/15 1枚スクショを貼り忘れていたので追加しています
 ロンドン塔~チュートリアルミッションまで。





nioh1.jpg

 OPにはもはや目当てと言っていい半蔵が!!! ということで早速撮影しました。後ろ姿も素敵です!!! 早く会いたいです!!
 仁王をプレイされている諸先輩方の皆さま口を揃えて「天使です」と仰るので俄然楽しみですね!!! 半蔵の姿写しが使える日は一体いつになるのか分かりませんが、とても楽しみです!
 それから豊臣秀頼殿のCVが古川慎さんということで、P業でお世話になっているアイドルの中の人というのもあり楽しみです。関ヶ原ということで小早川秀秋殿も出られるとか? 気になります。


【ロンドン塔】

 仁王は1600年頃の日本が舞台ですが、開始はイギリスでした。ロンドン塔にいるウィリアムですが、シアーシャが死が迫っていると教えてくれます。つまりこのままここにいてはただ命の危険があると。いきなり消される運命というのも過酷すぎますね。
 ちなみにウィリアムのモデルは三浦按針です。ミタマでもお馴染みの方ですね!
 
nioh2.jpg

nioh3.jpg

 こんなにも凛々しく渋いウィリアムですが、操作しているのは自分なので容赦なく最初の一人目にばっさり落命するのでした(笑)
 ちなみに日本ではないので落命という文字ではないのが新鮮でした。横文字です。

 それにしても容赦ないですよ、多分2発で沈みましたね(笑)さすが仁王…。素手のウィリアムに容赦ないです。そういえばニンジャガも最初Normalで遊び始めて最初の敵でいきなりゲームオーバーして笑った過去を思い出しました。敵が容赦なさすぎるのはさすがチーニンさんのタイトルだなと。
 もちろん次は様子を伺って背後から殴りにかかります。仁王はゴリ押しではやられるだけなので、隙きを見て斬りかからないとやられます。なので初手を避け、避けたあとで斬りかかればまだ大丈夫ですが、それで平気なのもこの塔だけでしょう(遠い目)なんせチュートリアルですしね! しかしこのチュートリアルだけでも一体何度倒れたか!

nioh4.jpg

 敵がどういう動きをしているのか様子見をしてから慎重に進まないと、やってやらぁ! と斬りかかった先にもう一人いて一網打尽にされる側ということもあります。タイマンで一人一人確実に仕留めていくのが自分のようなアクション下手にはちょうどいいのですというかそれでしか進めないと!
 おっかなびっくり進めているので動画で撮っていたらさぞイライラするものが撮れていると思いますねこれは…。
 とにかく慎重に慎重に進め、装備を集めていきます。仁王は敵を倒すと装備がドロップすることもあるのですが、その装備を装着すれば反映されるのが嬉しいですね。褌は先のお楽しみと聞いているので楽しみに待っていたいと思います!
 しかしこれがムービーにも反映されるのを後で知り、以下の装備でムービーを飾ってしまい、「これではウィリアムのせっかくの表情がまるで分からん!」と、即座に頭装備の表示をOFFにするのでした。逆にONにした方が更にという装備もあると思うので確認しながら楽しみたいですね!

nioh11.jpg


nioh5.jpg

 レベル上げやある意味ではセーブポイントにもなる社がロンドン塔なので西洋風なのにも驚きました。しっかりと舞台ごとに異なるものになっているのですね!

nioh6.jpg

 そしてチュートリアルなので操作を徐々に覚えつつ倒されつつ倒されつつ倒されつつ覚えつつというのを繰り返します。お、1人だなと思っていてここなら奇襲もないだろうなんて油断していたら矢が飛んできて落命したり、物陰に隠れていて奇襲されたり、全身鎧マンは攻撃が中々入らず逆にこっちには攻撃がサクサク入って落命したり、このルートは止めてこっちに行こうとしてやっぱり落命したりと雑魚よりも雑魚らしいウィリアムになってしまいました…ごめんよ、ウィリアム……

 また途中では盗み聞きできる場所もあり聞きすぎてバレて襲いかかられたりもしましたが返り討ちにしたりと楽しいです。
 それにしても随分大変な世になっているようですね。一体どういう運命になっていくのか。塔の中で倒れている人から聞けたものも寝込みを襲われたりだの、物騒なことになっております。

 そうですそうです、仁王でびっくりしたのが高所から落下するとダメージを物凄く食らうというリアルな部分です!!! ゲームなので気楽に落下して~と飛び降りたら一気に3分の2くらい持って行かれて「!!?」と! その後敵に見つかり避けきれずに落命したという…。
 そういえばリュウさまもある程度の落下は平気だったものの、一定以上になると落ちるとゲームオーバーだったというのを思い出しましたよ。これからは段差もハラハラ・ドキドキですね。

 というわけで逃げまくったりして何とか塔の上に辿り着き、処刑人デリックと戦うのですが、第一形態は普通に攻撃を避けて避けた先でちくちく攻撃するというヒットアンドアウェイを何度か繰り返せば沈みます。ここまでで個人的に戦いやすかったのが途中でドロップした斧だったので斧で攻撃しています。斧は雑魚が2発くらいで沈められるのでそれでもゴリ押しタイプの自分には大助かりなのでした。
 しかし第二形態が攻撃力高めなのですよね! いきなり攻撃力が上がりまくっている!!! と、食らって落命して気付くのでした。そりゃチュートリアルのボスが自分ほどの腕で初見で勝てるわけがないとロード画面を見て思うのでした。このボスは突っ込んでくるので突っ込んでいった先の背中をチクチク刺し、途中でシアーシャが九十九武器のことを話してくれるので指示通りにボタンを押して勝ちでした。

nioh7.jpg

 やったー! 勝ったぞ~!! なんて喜んでいたのも束の間、敵の狙いだったウィリアムの妖精ということでシアーシャが囚われてしまうという…!
 スターズでもずっと一緒のようだったので、てっきり一緒に旅をするものだと思っていたので衝撃でした。無事なのでしょうか…。ウィリアムは残されたシアーシャの羽を手にしますが、ドンパチしているのを兵が見逃すはずがなくここでもまたリアルだなと思ったのが、ゲームですと躊躇なく海に飛び込んで逃げるというファンタジーな部分をウィリアムが飛び降りるかどうかを戸惑うという部分です。その戸惑う瞬間に撃たれてしまってというのも凄くリアルで、そういった部分もとても面白いものだなと思いました。自分はあまりそういった類のゲームをしてこなかったというのもあり新鮮だったのです。


nioh8.jpg

 その後ウィリアムは日本を目指すことになるのですが、ここで懐かしの道場が体験できました! 操作方法のチュートリアルです。
 この操作方法のチュートリアルで「わけが分からん」となるくらいにはゲーム下手なのですが、まず残心のところは敵が出ず自発的に行うという部分ですかね。敵がいないぞ!? と、ひたすら数十分うろうろしてしまいました…。
 その次は遠距離武器の部分で敵を見つけるのに時間を食い、むしろ敵を見つける前に色々な所で撃ちまくるという愚行をするのでした…。

nioh9.jpg

 しかしこの和の風景素敵ですよね! 敵もいなければとても平和で落ち着きます。桜も美しいですし、ウィリアムの和服も眼福ですし。
 そんなこんなで操作チュートリアルをクリアしたら突然武器や守護霊の選択になり非常に悩みまくりました。一体どうすればいいんだ…使いやすかったのは斧だけどもだがしかし…鎖鎌も討鬼伝でもニンジャガでも好きな武器で…でも仁王で初心者には難しいのではなかろうか…と、悩みまくった結果以下になりました。

nioh10.jpg

 これはもう速鳥さんと息吹と天狐さんにすべてを賭けるしかない!! という感じでこういうことになっています。何が正解なのかは分かりませんが、好きなもので突き進んでいこうと決意するのでした。
 というわけでロンドン塔~チュートリアルミッションまででした。次回は鬼の棲む島ですが、既に笑えるほど落命していて笑っています。果たしてクリアできるのでしょうか!?
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. マリ | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです

    匿名希望さん

     匿名希望さん、コメントありがとうございます。
     いつも嬉しすぎるお言葉とても嬉しいですし、こちらこそ励みになっております! 現実逃避にも疲労回復にもブログはなるのでこれからも楽しくやっていきたいですね。

     そして仁王いよいよです! いや~本当に既に何十回(回数分かるのでステージクリアごとに載せたら楽しそうだなと。笑)も倒れているのでどんだけ下手くそなんだとなるのですが、下手くそでもここまでいけるということを証明したいですね!(笑)
     今後スクショで流血表現あるかもしれないですので、注意書きはしますがお気をつけくださいませ! 自分でもできるくらいなのでそれほど強めではないのですが(Dくらいです)血痕などは多々あるので…。
     ダークな世界は怖いです自分も! 真っ暗な所で見知らぬところからやられると素で「ぎゃー!」とか言ってるので(笑)
     それでも楽しくて、数々の受賞理由にもなるでも楽しいというのを体感しております。おすすめのゲームですね!! まだ最初のボス(ロンドン塔というのは全体的にチュートリアルダンジョンです)が全然倒せていないので頑張りたいです! 忍者に会うために!!!

  2. ぬる | URL | RJRSaA9Q

    待ってました!

    ついに待ちに待った仁王のプレイ日記が!
    順調に落命を重ねられているようで何よりですw

    現在の装備がムービーに反映されるので、しばしば残念な絵面になったりするのが本当に面白いですよね。
    全身フル金属プレートアーマーバケツ頭マンだと、飛び込みに躊躇するウィリアムがさらにリアル感増しますww
    ちなみに一度観たムービーはマップ画面でメニューの「アムリタの記憶」から自由に閲覧でき、さらに閲覧した時の装備がつど反映されるので、「ムービーシーンのビジュアルしくじった!ww」という場合も安心です。

    半蔵は天使だし褌はマジ褌なので、幾多の落命を乗り越えながら攻略頑張ってください!

  3. マリ | URL | 1JkepbtE

    ぬるさん

     ぬるさん、コメントありがとうございます。
     やったー! ありがとうございます!! 順調に落命を重ねていき、日ノ本一の落命の座を獲得できそうな勢いであります(笑)

     ぬるさんのコメントで1枚スクショを貼り忘れてたのに気づきましたよ!!! ありがとうございます!!! バケツ頭マン!!!! しっかりと貼りました。ありがとうございます。
     いやはやまさかムービーに反映されるとは思わずで、「やっちまった…これ誰だよ…」と(笑)

     >全身フル金属プレートアーマーバケツ頭マンだと

     なるほど。つまりその装備にさせてもう1度拝見すれば面白そうですね!!? というか自由にムービーを見返せるのも今初めて知りました! ありがとうございます、師匠…!!!
     しくじったムービーだったので、かっちょいいウィリアムで見直したいと思います。

     半蔵は天使で褌はマジふんということで、荒ぶるヨダレと戦いながらまずは怨霊鬼頑張りたいです!! スキルや術など試しまくってみたいと思います。そして集中集中…ふんどし…おっと煩悩が邪魔を…(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)