ペルソナ5 ダンシング・スターナイト プレイ日記4

2018年06月09日


 無事にトロコンできました!! 音ゲーが苦手な自分でもトロコンできるとはなんというありがたさ!!
 1番大変そうだなぁと思っていたのは「KING CRAZY」を取るという部分です。なんせ下手くそなので「ここでしょう!」という押し方をしても「GOOD」だったりするので、リズム感も音感もない自分にはもはや不可能な域なのでは…? という境地でしたがこちら難易度関係なくなのですよね。なのでEASYで無事に取れました!
 サポート方面も充実しているので(その代わりスコアはだだ下がりしますが)それらを駆使して高難易度もクリアというのも可能になっているのもありがたいですよね! 1曲だけALL NIGHTでクリアしないとその曲でサブに選べないキャラクタがいたような気がするのでそのときにはサポートをすべてONにしてクリアしました。
 下手な自分でも楽曲が存分に楽しめて、FEVERに入ったときのそれぞれの掛け合いのダンスも拝められるのは本当に嬉しい仕様でした。

 やっぱりこのゲームは曲が好きで延々と聴けるという方やキャラクタ同士の日常的な会話がちょっと見てみたい方や、色々な衣装で色々な曲を踊っている姿が見たいという方は楽しいと思います! 欲を言えば好きな、曲でダンスするメインメンバーが限られているので、全員全曲メインでというのも見てみたくてしょうがないのですよね! その分ダンサーの方はそれぞれ分のダンスを考案せねばですし大変だとは思うのですが、あれもこれも喜多川くんやモナや春ちゃんやというか全員で拝みたかった!! となったので。
 そのダンスで思い出したのですが、キャラクタごとに完全にダンスの方向性が別れていて本当にすごいなと思いました。どのキャラクタもかっこいい&かわいいダンスというのは同じなのですが、春ちゃんがダンスしたらバレエを取り入れたダンスで、竜司くんは竜司くんらしいノリの他の誰とも被らない方向性で、喜多川くんやジョーカーはシュッとしたダンスが似ているようで全然似ていなかったり、モナはモナであの体型で映えるかわいいダンスになっていて、ダンサーさん本当にすごい…!! と、ただただ感動しきりでした。いやはやすごいですね。一口にダンスと言っても色々なジャンルがあるように、それらがキャラクタとマッチされた動きでというのに凄く感動でした。

 今週配信されたテオドアも早速購入して遊んだのですが、さすがテオドア完全なる弟系…! ということでそれぞれ姉2人の椅子になっているのに笑いつつでもスタイリッシュ!! と、感動でした。そして久々にマーガレットにも出会えたのが本当に嬉しかったです! ベルベットルーム組やっぱり大好きです。
 テオドアの曲はハム子を思い出しますね。なんだかんんだP3Pは6周くらいしたんだなぁとふと思い出しながらテオドアの今後も楽しみです。



 教会でのあのポーズがダンスに!!! で、爆笑したりやっぱり執事服最高なんだなぁと思ったり、春ちゃんとモナの師弟ペア可愛すぎだなぁと癒やされたり、モナの曲でモナを撮りまくっては可愛いな~~~~ととにかく顔が緩んでおりました。
 そして今更気付いたのですが、ノートを消すにすればノートに邪魔をされない撮影が可能なのですよね! すぐにゲームオーバーになるのでどのボタンでも可能なサポートと途中で終了にならないサポートもONにして撮影タイムを楽しんでいたりもしました。

 というわけでP5Dも楽しみました!! 曲がやっぱり最高なので定期的に補充しつつP5の2周目もちょくちょく進めたいたいなと思っております。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)