JUDGE EYES:死神の遺言 先行体験版感想

2018年09月12日

jet1.jpg

 TLを見ていたら、キムタクが如くという思わず「なんだそれは」となるような文字がいくつも。何のことだと思って検索すれば、龍が如くスタジオさんの最新作「JUDGE EYES:死神の遺言」が発表になっておりました。名越さんの次なるタイトルはこちらだったのですね! しかも発表当日に先行体験版の配信まで! 更には発売も今年の12月というとんでもないスピード感ですね。
 自分は龍が如くシリーズは全くプレイしたことがないので、神室町も初めてです。アクション感なども初めてですのでどういう感じなのだろうと体験版をプレイしてみました。




 以下、続きに。






 わあお、本当に木村拓哉さんではないですか!!! となりますよねこれは。
 木村さんが演じられる八神という弁護士はこの頃仕事が来すぎて電話がひっきりなしにという様子が。無罪を勝ち取ったということで、横にいる先輩が腐ってますがそんなところも人間味あっていいですね。未来が明るい弁護士として…という様子が見えるのですが、ここから現在の探偵業へとなっていくきっかけになった事件が起きました。これがまた酷いですね……。犯人の捕まったときのなんというか表現できないようなあの表情が凄かったです。複雑な精神状態になるとああいう感じになるのかな…という。リアルさ含めて強烈でした。

 弁護士から探偵へ…ということでしたがいきなり現れた八神は浮浪者のような姿で、本当に探偵なのか…? と思わず思いましたが変装だったんですね。しかしこのワイルドな髭のお姿でもさすがというイケメンっぷりですね。

jet2.jpg

 そしてこのお次に登場するのが探偵事務所での調査員の海藤さんという方なんですがこの方がツボでした。最後までプレイして、この人むちゃくちゃ面白いぞとなってハマってゆくのですが、まず八神のことを「ター坊」って言うんですよ。そこからしてグッときますね。

jet3.jpg

 この海藤さん、目立つような格好ですが繁華街ではむしろ溶け込んでいて、だからこそ八神の格好も不自然ではなくそして彼らの目的であるとある人物の尾行も順調になっているんですね。
 その海藤さんの尾行を手伝うのですが、ここでチンピラに絡まれるんですよ。おお、龍が如くっぽいぞ! と、勝手に思っていたのですがここから突然のアクションゲームが。本当に街中で喧嘩するんか!!!! と、ある意味では衝撃でした。

jet5.jpg

jet4.jpg

 アクション自体は操作しやすく分かりやすく、しかしながら誰でもド派手にとできるのが嬉しいですね。喧嘩らしく重量を感じるような重みある攻撃も楽しいですし、でも重いだけではなくて飛んだりキックしたりでエフェクト含めて目で楽しいですし、なんと言っても一般人に当たりそうになるとちゃんと一般人が避けたり迷惑そうな顔していたりとそういう細かなところまでリアルで楽しかったです。
 その上、道に転がってるようなものも掴んでぶん殴れますし、三角コーンでぶん殴るとこういう感じなんだという現実では絶対しないようなことができるのもゲームらしくて楽しいです。

 へ~こうやっていきなり戦闘に入るんだなぁ、しかも突然絡まれてとかなんだなぁと思っていたところに、海藤さんからどこそこへ行けと言われました。
 地図が読めない、方向音痴の自分はここで詰むのか…? と、ドキドキでしたが目的地を設定すればちゃんと地図で道案内が出てくれます。ありがたすぎる機能です。

jet6.jpg

 色々なアイコンが出ているので、それらで製品版は色々遊べるのだろうな~と、今後の続報も気になりますね。

 その後は尾行するターゲットをサーチしたり、尾行も実際にするのですがこれがまたドキドキですね。スリルあります。見つかりそうになって慌てて隠れたり、見失わないよう追いかけてみればいきなりまたきた道を戻ってきて大慌てで隠れる場所を探したり…。

jet8.jpg

 これ絶対バレてるのでは!!? なんてヒヤヒヤしながらもどうにかこうにか尾行できました。
 これってゲーム内でも頻繁にあるのでしょうかね? 1回でも結構お腹いっぱいになれたので回数があると大変そうだなとも思いますが、探偵業ですしね。実際にそういうのが遊びたいんだという方には最適かもしれません。実際どれほど尾行するのか分かりませんが。

 サーチモードも何回かあるのですが、色々と調べられるのですね!

jet9.jpg

 猫の鳴き声がする! と、探して見つけました。見つけた時に加算されたので、すぐに正解を見つけずともいいのかもしれませんし、すぐに見つけたほうがいいのかどうなのか…!?

 最後に追いかけるモードもあり、分かりやすくボタンが表示されるのでそれにそって押せばスタイリッシュアクションが拝めます。キムタクさんファンの方はとにかく見ていて荒ぶるのでは!? と、思いつつ最後の最後で見せた海藤さんのターンで完全に海藤さんに落ちるのでした(笑)

jet10.jpg

 これからどうなっていくのか気になりますね!
 アクションなども楽しかったですし、体験版を遊んでみての感想は「楽しかった」です。ただストーリーの方のムービーを見てみますとやはり事件が続くのでそういうのが苦手な自分にはプレイはやはり厳しそうです…。でもお話もどういうことができるのかという部分も気になるんですよ!!!! もどかしいです。システム等もこれからたくさん明らかになると思うので、続報を楽しみにしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. はな | URL | FhFcE1xw

    お久しぶりですー!
    私も先日プレイしたのですごく楽しく読ませて頂きました・・・!
    「キムタクが如く」という言葉を聞いて私も早速プレイしてみたのですが、あの木村さんを動かして町を歩くというだけで楽しいですね(>▽<)尾行のシーンで隠れる為に若者の後ろでスマホを触りだした時には「こんな隠れ方ありか?!」と思い、つい笑ってしまいましたw

    ただ、設定で表現をマイルドにしたのですが冒頭のシーンは結構見てられないくらい辛かったですね(>_<)事件ものだからか、こういった表現は苦手な方には難しいですね;ですが、お話がこれからどう展開していくかなど気になる部分はたくさんあるので続報が楽しみです(*^^*)

    ではでは長文すみませんでした!
    猫が見つけられなかったはなでした(笑)

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    はなさん

     はなさん、コメントありがとうございます。
     そしてご無沙汰しております! 先日プレイされたとのことで、嬉しいお言葉までありがとうございます。

     「キムタクが如く」ってキムタクさんだよというツッコミ待ちのようなタイトルですがなんかもうそこから面白いですよね!?(笑)
     おっしゃる通り、あの木村さんを動かせるというのが凄いですし、あの尾行での隠れ方もそれありか!! と(笑)むしろ八神さんのカリスマオーラ的なもので隠れるの難しいのでは?! とも思ったのですが、神室町ではきっと大丈夫なのだろうなとも…!

     冒頭シーン想像以上に辛かったですね…
     そうなんですよ! お話はものすごく気になりますし、キャラクタも気になりますし、でも表現が事件なので厳しいので自分はなかなかプレイは難しそうです…。はなさんの感想を楽しみにしております!

     猫、実は横に…という感じですよ~!! 鳴き声が聞こえるので分かりやすいと思います。製品版で是非!
     またお気軽にコメント欄利用してくださいませ。ありがとうございました!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)