日本ゲーム大賞2018 発表授賞式に行ってきました

2018年09月21日

nihongamet20181.jpeg

 公式サイト:日本ゲーム大賞
 http://awards.cesa.or.jp/index.html


 ありがたいことに今年も招待状が届きまして参戦できました。
 毎年TGSの週はわくわくしすぎてとにかく待ち遠しいと、嬉しい1週間です。しかも今年はTGSが終わったあとには無双OROCHI3が発売するので余韻を楽しみつつ、新作ゲームも楽しめる展開がとても嬉しいです。今後楽しみなのは来年のDOA6とその先に控えている仁王2にとても期待しています。SEKIROはとても気になっているものの、絶対にクリアできないという予感がひしひしでして(笑)

 話を戻しまして発表授賞式です。
 ビジネスデーということもあり、より知っている方のお顔を拝見するということも多いのではないでしょうか。昨年も会場へ向かっている時に某社の方々がおり、「○○さんが実在している!!!」という感じで一人興奮しながら歩いておりました。今年は生憎雨で傘をさしていたので分かりませんでしたが…!
 というわけで今年の受賞作品が発表されました。今年はDQとMHW、スプラトゥーン2かな~と思っていたので概ね予想は当たっておりましたが、FGOやフォートナイトのようにスマホでも遊べるゲームも連ねるというのがとても印象的だった年でした。FGOは特に配信してから数年経っての受賞ですし、周囲の方々も驚いている方が多かったです。
 こちらの授賞式はご登壇されたときのインタビューはもちろん、大賞を受賞されたときの喜びのお顔なども拝見できるのが最高なのですよね! 特に好きなゲームでとなると本当に嬉しいです。MHWチームの方々が大賞を発表されたときにガッツポーズで立ち上がり、周囲の方々に頭を下げてそして嬉しそうにご登壇される姿は熱かったです。

 今年のインタビューで特に個人的にも燃えた部分が、「自分たちが面白いと思うものを追求していったら先がこうであった」という部分でしょうか。続編タイトルであれ、新しいハードであれ、海外も視野に入れるなどいろいろなプレッシャーがかかる中ではどうしたらいいのか。その中でやはり面白いと思うものをとにかく考えて作っていたというお話をされた方が数人いらっしゃったので、伊集院さんもそこは触れておりましたね。
 キャラクターデザインなどでも海外を視野に入れれば、こういう方がいいのか、ああいう方がいいのかと悩む部分もあればでも自分たちがかわいいなどいいと思ったところで作ったら好感触を得て良かったなどなど。ゲームもビジネスですし、そういうところがありながらも幅広く受け入れられるとなるとやはり嬉しさは格別だろうなぁなんて想像しておりました。

 そしてそして毎年の楽しみである、ゲームデザイナーズ大賞。いつもお馴染み何ブラ、何ッシュブラザーズの桜井さんが担当されるのですが、こちらの部門がまた「こんなゲームがあったのか!」と、とにかく毎度凄いのです。呼吸を忘れて見入ってしまう、そんなゲームばかりなのですよ。
 今回も実機プレイが入ったので見ておりましたが、この「Gorogoa」すごいですね…! パズルゲームということでどういうものなのかと思えば、レイヤーを動かして進めるんですよ。これどうやって作ってるんだろう。どういう脳みそがあればこのゲームの最初から最後までの絵を描けるんだろうととにかく別世界というのを感じるゲームでした。こういうパズルゲームもあるんですね。本当に世の中広いです。


 とにかく製作者の方々が楽しそうにお話する様子、若手の頑張っている方々をどんどん加わらせて新しい世代へと引き継ぎつつも現役でまだまだどんどん面白いものを! と頑張っておられる重鎮の方々。そういうのを目の前で拝められる素敵な授賞式です。また来年も楽しみですね! 参加できるかどうかは神のみぞ知る…というところですが(笑)
 あとDQ11のPVを何度か拝見しましたがやっぱりグレイグとホメロスの登場シーンかっこいいですね! ああいう副官が二名出てくるシーンが大好物なので一人で荒ぶっておりました。未プレイですが話は知っているのでアレなのですが、まぁそこはそこで!
 兎にも角にも、受賞されたタイトルや製作者・関係者の方々本当におめでとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. よーけん | URL | RcJXqQkM

    お久しぶりです、よーけんです。
    自分の推しゲームであるゼノブレイド2も優秀賞を受賞したようで何よりです。
    URL先(私のブログ)でゼノブレイド2について言及していますので、もしよろしければご覧になって下さい。

    …ホント、地続きのシリーズをやるにしたってやり方は色々とあるはずなんですけど…ね…
    (だからこそ未だに、心のどこかで「真・二部構成特化RPG」を求めているのかもしれない…)

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    よーけんさん

     よーけんさん、コメントありがとうございます。
     ご無沙汰しております。ゼノブレイド2も優秀賞の受賞誠におめでとうございます! 発表された瞬間、喜ばれている方々が周囲におり、本当に愛されているゲームなのだなと実感致しました。
     キャラデザについてのお話は実はこのゼノブレイド2だったのです。よーけんさんのブログも後ほど拝読致します。

     シリーズものというのは本当にいろいろな可能性があるのだなというのをここ数年とても感じますね…。
     そういえば今月末に発売でしたか? どういう感じになるのか楽しみですね。よーけんさん含め、皆さんの反応がとても楽しみです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)