P3P プレイ日記6

2009年11月05日

人生薔薇色です。面白すぎる!!

以下ネタバレ含むので追記に。



楽しい七夕戦を終え、また学校へ。
順平がかなり怒っています。普段との差が凄いです。
そんな中、風花コミュを。料理部が楽しすぎて、毎週火曜と土曜は確実に行っています。
風花の料理は凄まじくバトルですね。普段の言動からは考え付かないくらいの迫力です。楽しすぎます!

真田コミュも進めています。
ハンバーガー屋へ連れられ、色々とお話を。両親がおらず、施設暮らしだったようです。
妹もいたみたいですが、今はもういないそうです。これが、素手で戦えるようにだとか守らなくてはとかに繋がっているんでしょうか?
ちなみに、荒垣とも施設で知り合ったようですね。美紀というのは妹か!?

タルタロス攻略も順調に。でもF72のボスは、レベル32で少々危なげでした。
相変わらずバトルが楽しいです。サクサク感が好きです!これでバトルがつまらなかったら、タルタロスはかなり地獄な気が…。

さて、肝心のストーリーですが、かなり重苦しい空気になってきました。
ゆかりがずっと不審に思っていた10年前の真相やその他もろもろ。風花と協力して、ついに美鶴に問いただします。
10年前の大規模な事故は美鶴の祖父が原因でした。美鶴はほぼ無理矢理ペルソナ使いにさせられたんですね…。
しかし、風花にちゃんとした真相解明をお願いする姿は真っ直ぐで、本当にいい人なんだなと思いました。
美鶴の真っ直ぐなところと、ギャグみたいに真面目なところが大好きです。
しかし美鶴はゆかりに爆弾を。
悪者扱いされた研究員とは、ゆかりの父親では?
順平もまた悩み、寮内は重苦しいままに…。
そんな中、急遽屋久島へ行くことに!!!
一気に順平がはしゃぎまくります。
その前に期末試験が!!
今回は全部出来ました!これは結果が楽しみです。真面目に聞いていた甲斐がありました(笑)
試験が終わると、幾月が新たに紹介したいという人を連れてきます。
誰だろう?と思ったら天田―――――!!!!!!!!!!!!!
いきなり出てきて心臓が飛び出そうでした。可愛すぎる!!!畜生!可愛いぜコノヤロー!
しかし、明彦は何やら微妙そうな様子。何があるやら…。
そしていざ屋久島へ!
というか、順平が風花に俺の水着貸してやるってとか言ったところで思い切り笑ってしまいました。浮かれすぎだコノヤロー!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)