無双OROCHI3 プレイ日記6

2018年10月10日

netabare.jpg
orochi3100.jpg

orochi3101.jpg

 そろそろ出てきてくださっても…!? と思っていたらいきなりのご登場になった太公望と神農様ですやったーーー!!!!!
 いや~やっぱり待望の御方のご登場は嬉しさもひとしおですね。神農様も変わらず穏やかですし、稲穂攻撃ど迫力ですし、太公望のあの態度も変わらずですしとても嬉しいです。太公望はこの態度だからこそ「坊や」呼びがこれまた最高なのですよね!!! あと2の頃から尻もちつかなくなりましたし坊やの成長たくましいですね!!

 神農様が出てきたので蛟や他の妖魔がいるところでの戦いがとても福原さん無双になっていて楽しいです。以前は寛志様無双でしたが今度は福原さん無双にもなると! 妖魔ステージでは隆景と神農様連れて行かねばっ!(笑)



 OROCHIではありませんが三國も出ているのでこちらも。まだ募集されていると思いますので興味のある方はいかがでしょうか!? 最終的な記事がどういったものになるのかとても楽しみですね!
 三國も二人プレイ追加されましたし、OROCHIはまだサントラを聴く楽しみが残っておりますし今年はまだまだωさんで堪能できそうで嬉しいです。


 以下、ネタバレなので追記に。
 スマホの方は▼moreの部分をタップして頂くと隠れてしまった部分が出てくるかもしれません。

 四章:最後まで
 サイドストーリー:天の声を聞く者、腕輪奪還戦、英傑獲得戦、食糧奪還戦
 陣地イベント:神農・家康、太公望・荀彧





サイドストーリー 天の声を聞く者

 左慈はもう仲間になっているしということは張角だろうなぁと思ったのですが、張角と小太郎ってそれだけでもう怪しさ満点ではないですか! と始まる前から面白かったです。しかもそこに李典も参戦ということで勘vs奇跡vs忍術という濃さです。凄い。

orochi3102.jpg

 やはり隆景連れて大正解ですよ百々目鬼!!! 寛志様無双!!!
 というのはさておき、突然味方を襲い始める小太郎にそういう奇跡いらないです!!!! という風になりましたよね思わず! 全然奇跡でもなんでもないですけどこの気まぐれ感はやはり氏康でないとだめですよ。氏康今すぐ来て!!! という感じでしたが最終的に丸く収まりました。張角はしかし気に入ったようですね。小太郎はどう思っているのか……。


四章 神々の挟撃

 ゼウスの真理は分からんままにアレスも攻撃してきますしロキもやってくるという突然のピンチです。いつでもピンチなんですけどなにこの三国時代は! というツッコミを思わず。8でしっかりがっつり三国時代を味わいましたがまさかOROCHIの世界でもとは思いませんでしたよ。今年はやはり三國イヤー!

 そしてこのステージもまた面白いのですよね! 一見みんな真面目な面々で、甘寧がその通りに動いてくれるか少しだけ心配が…という部分なのですが于禁は見逃せない規律違反で動いてしまいますというそのキャラクタらしい動きがあって策がハラハラしてしまう状況にという。一時カオスな状況になるのですが、これもまたこういったお話あってこそなのだなと楽しかったです。

orochi3104.jpg

 余裕があるロキはいつも余裕がないように思えるアレスに対してこんなことを言いますが…なにか思うところがあるのでしょうかね。図星なのか更に怒ってますし、それとも…に続く言葉は同じ神々の人に対してなのでしょうか。というかロキはなにか知っていますねこれは。今は、なんて意味深じゃないですか!
 えええええ話が気になりすぎると思っていたら呂布を誘導しないといけないのに倒してしまうという1番策を台無しにしたのはプレイヤーでしたすみません……。

orochi3105.jpg

orochi3106.jpg

 と、思っていたらの!!!!!!!!!!!!!!
 ええええええええええええええええまさかここでいきなりそんな心臓の準備がまだでした太公望に神農様ーーー!!!!! となりながらもコントローラー置いてしばしコロンビアポーズをとっていた人間がここに。
 それにしてもオーディンはそれだけ強いんですね。真・遠呂智とどちらが強いのでしょうか。というか優劣あるのかは謎ですが。

 無事に加入してくれてとても嬉しいのですが、早速酒呑童子のことを尋ねている神農様が。おっしゃる通り先にこの世界に来てはいますが妲己ちゃんの罠で呂布に捕まり…というものでした。その後行方知れずですが…なんて思っていたらの…!

orochi3107.jpg

 遠呂智様ガチャ!!!!!!!!
 遠呂智様にもガチャ要素あったとはと思いましたよね。SSRはやはりどこの世界でも自引きは難しいんだなぁとつくづく思うのでした。
 それにしてもロキが見つめたあの赤いものはあれは酒呑童子になるのでしょうか?


四章 大いなる影

 なんと遠呂智様ガチャの結果に会いに行くのにアテナも共にということになるのでした!

orochi3109.jpg

 今回はドッペル太公望もおりますが反応はないようですね。それより何より女狐呼びが再び拝めて嬉しいんです!!! 女狐呼びしておりますが妲己ちゃんにも坊や扱いですしそんな太公望がいいんですよ大好きです。今回も自分が倒れれば終わりだから守れよとは言わずに肝に銘じて行動していただこうという言い方なのがいいんですよね!!!!
 あと妲己ちゃんが誰に対しても「さん」付けなのも大好きですというのを今更ながら書きたいと思います。

 というわけで妲己ちゃんに遠呂智様というまずい状況ではあるのですが、関索が自然に口説き文句を述べるというのがこれまた和みまして! 美しい花、可憐な女の子…卑弥呼が思い切り食らっているのがこれまたかわいくて、遠呂智様との追いかけっこというハードさの中でまさかこんなかわいいやりとりあるとは! と、面白かったのでした。ちなみにここでは強化された遠呂智様とは戦いませんでした。通常でもやられそうになったので、こりゃ~まずいと。再戦時に頑張ります。

 それにしてもオーディンたちが妲己と手を組む理由が未だに分かりませんね。妲己ちゃんは遠呂智様が復活さえしてくれればというところかもしれませんが、オーディンたちの狙いも分かりませんし、一緒にいる安倍晴明や賈充・官兵衛の狙いも不明です。謎は深まる一方ですね。


サイドストーリー 腕輪奪還戦

 腕輪を盗られてしまったということで正義の男馬超と悪党・法正という隙きのない陣営での捜索になりました。この時はまだげらげら笑いすぎて咳き込んで背中もお腹も腰も痛くなってのたうち回ることになるとは分からなかったのです…。

orochi3110.jpg

 こんな怪しすぎる民いねーーーーーー!!!!!!!!
 となりながら、このステージの面白さは文字では半減どころか3分の1も伝わらないですね!!!!!!! 久秀は声がついてこそ2000%のキャラクタだと思っているので。もうすでにここで腹抱えて爆笑してました。

orochi3111.jpg

orochi3112.jpg

 立花夫妻が出てきたり「つまんねー!」という久秀に爆笑したりというかもはや久秀の一挙一動に全部大笑いしてたら終わってましたね全部(笑)
 ちゃっかり最後の最後で腕輪盗んだままトンズラしそうになったところを素直な相手に返すことになりましたがいや~まさかここで久秀加入だったとは!!!! 久秀が神格化したらどうなってしまうのかと想像するだけでやっぱり面白いです。というか信長様が持ってますし、それを知った久秀はどうするのか気になりますね。


サイドストーリー 無垢なる花の旅

 ひみつ作戦のため周瑜にはひみつでということですがこうしたら周瑜が居ても立ってもいられなくなるのは目に見えていますよね! そうでなくとも小喬1人でって大丈夫だろうかと心配になりましたが、なんと政宗が護衛をされているようで。周瑜と小十郎で見つからないように進むというステージでした。結果的に1度も見つからずに済みましたが、見つかるとどういう反応になるのかも気になりますね。
 そしてこのステージは政宗様かわいすぎでしょう!!!!!!!

orochi3113.jpg

orochi3114.jpg

 女子の一人歩きということで見かねて…と仰る政宗様は、まずつつかれたらどうする! という心配をされているのが素晴らしいですね! そして鳥は竹に雀にちなんで…というものなのでしょうか。
 そして夢中で花摘みしてる政宗様とか想像するだけでかわいすぎますし、小十郎が見ていたらと想像するとこれもまた楽しいですし、なんだかんだと振り回されつつも最後までやりきる政宗様さすがでした。

orochi3116.jpg

 そしているだけで面白すぎるなんてずるすぎますな久秀もまたまた出演となって爆笑しました。ほんとにただ単に出てきただけなのに!!!!!!(笑)やっぱり久秀いると面白さが2倍になりますね。

 それから周瑜が董卓出現のときに言った台詞が辛辣すぎて笑いましたし、この台詞は美味しいので色々派生でも脳内で楽しめるぞと思ったのでした。
 〆は小喬と周瑜のめでたしめでたしでしたが政宗様のツッコミが冴え渡っておりましたね。しかし周瑜はそんな小喬が大事なのであってという永遠な平行線ですね! ごちそうさまでした! 伊達主従もめでたしめでたしでしたね!


四章 蒼き覇道

 元々いたのではなく、今やってきたのですね! となった展開でした。ここでのご登場嬉しいです!
 それにしてもまぁアレスの仲間へと誘う台詞の凄まじさが…アレスらしいなぁという感じですね。そしてこの状況からすぐさま察知して冷静に策を巡らせるというのがまさに蒼き覇道というのを感じる展開でした。
 しかしあの凄い台詞で誘いをしてきたアレスの下に息子がついていると知った曹操様ですが、これまた落ち着いてなにか考えがあるのやもしれぬが…となるのもさすがですね。展開は呂布にアレスという猛攻でしたが夏侯淵・夏侯覇父子のやりとりで和んだのでした。


サイドストーリー 英傑獲得戦

 物腰の柔らかい色男ってそれは…となっていれば荀彧はすぐさま美女と酒と注文するのが素晴らしいですね!
 しかしまずは加入は待ってましたの島津義弘ですよ!!! 釣り野伏せも絶好調ですやったー! その後、お市が美酒を持って郭嘉に会いにという完璧な作戦が成功しました。そういえばこのステージ、失敗するとどうなるのかちょっと気になりましたね。どういう台詞を言うのか。

orochi3118.jpg

 なにげに荀彧を初めて使ったのですが使いやすいですね。攻撃範囲も広めですし速めですし。そして改めて思うのがお顔が綺麗ですね。さすが…!
 そして郭嘉加入後は更に軍師の追加となり鮮やかな運びとなってスムーズなものでした。猛将に軍師と完璧な布陣でしたね。


四章 怜悧なる次代

 いよいよ曹丕の城を攻めることになります。地下道からの潜入という文字で真っ先に仁王の穢土城思い出して悪夢再び! という感じになりましたが無双ですので安心です。アレはありませんね! セーフ!

orochi3119.jpg

orochi3120.jpg

 蔡文姫がいるので曲がなのですが、思わず聞けた蘭丸の台詞に癒やされました。蔡文姫と蘭丸で演奏だなんて耳も目も保養になるではないですか…!
 また、張郃と濃姫のやりとりもまた素敵でしたね~!! 美の理解者! お二人の艶やかで美しい舞で戦場を無双する姿が目に浮かぶようです。
 それから今までの戦いを見ていて思ったのですが、今作は子飼いトリオがそれほどギスギスとはならずに安心しました。言い合いはあるもののうまい具合に収まるというのがありがたいです。
 それにしても曹操様あれほど軍師も充実しているのに半兵衛を見ては引き入れたいとするその姿が曹操様らしいですね。断る濃姫様がまたよいです。

 そして濃姫vs甄姫というあまりの美しさに目がやれるのではないかというやりとりも拝めて嬉しかったです! 甄姫様に向かって跪いたらと煽る濃姫様も凄いですし、きっぱり断る甄姫様もやはりお強くて凛々しくて素敵ですね。
 最後は曹丕の真意も見え、連合軍が無事にゼウスに会うためにという手はずが整いました。あとはやるしかないのですね! ゼウスの真意は何なのか気になります。


四章 神々への挑戦

 諸葛誕の読みが当たったという嬉しいことから始まったこのステージです。諸葛誕はやっぱりいつ見ても応援したくなる人なので、読みが当たったお陰で準備しておいた甲斐があったという大活躍は嬉しいですね。

orochi3122.jpg

 いよいよゼウスと対面ということですがこの発想はなかったですよ郭淮殿(笑)文鴦が淡々と相手しているのがこれまた面白かったです。
 それから三成を引っ張り出して前線に連れて行ってというおねね様も可愛かったですね。無双しているおねね様を見ての言葉、実は動いているのはおねね様のみというこのやりとり! 微笑ましいやりとりでよかったです。

 さてさてどうにかこうにかアレスもアテナもやっつけてだったのですが、ここにきてアレスがまた伏線というかあれ?! もうそろそろでEDだったのでは!? と、思いきやもう一波乱ありそうですね。父に対してくだらん気まぐれと言うほどまで怒りを溜めているアレスですが、この言いようではオーディン側に…となりそうですね…。ついたところでアレスのいいようなものにはならないと思うのですが……。


サイドストーリー 食糧奪還戦

 大食感と言えば許褚でしょう!!!!! そして出動する甲斐ちゃんに、甲斐ちゃんの手料理に惚れ込んでいる王異というすでにかわいい組み合わせのステージになりました。
 しかし乙女の料理すごいですね! 本当になんでもこいじゃないですか! 甲斐ちゃんなら世が世なら各国の料理まで制覇できるのでは!?

>orochi3123.jpg

orochi3124.jpg

 甲斐ちゃんと王異の微笑ましいやりとりと、許褚の癒やしの一言に食欲が刺激されまくるステージでもあったのですが、妖魔のやりとりも面白すぎて必見でしたね! 妖魔軍側も思い入れが深くなってしまうものでした。そして蛟様無念…(笑)


四章 ゼウスとの対決

 ついにゼウスとの戦いになりましたよ! でもオーディンはまだやってこずなのですよね…。あちら側は何を考えているのでしょうか。
 かつて曹丕に教えてもらった結界の解き方に合わせて進めていくのですが、ポセイドンの腕輪のところはドラマティックでしたね。今の今までずっと耐えてきた曹丕がということで、彼らしいやり方というのもあってこれは曹丕ファンが息してないのでは!!? と、思わずにはいられませんでした。アレスに警告をしていたのは曹丕自身でしたが、そんな曹丕を最後まで裏切らないと信じていたアレスは案外お人好しなのでは…? とも思ってしまう出来事でも。
 しかしここからが怒涛の展開でしたね! え!? ゼウスの真意って本当にそれなんですか!? だとすれば太公望が全知全能の私でも~と仰っていたのは確かになかなか分からんですわなというか深く考えすぎた方が負けくらいだったのでは!? と、思いました。本当にそれが真意だったのかはたまたこの展開を予想してわざとだったのかこうまでくると深読みなのか妄想なのか止まりませんね。
 それにしてもロキが神々の挟撃のときにアレスに言っていたことはやはり神に対してというか実の○に対してだったんですね。あの伏線がここで判明するとは…
 そして、四章で終わりだと思っていたので次があることにびっくりしてます(笑)


陣地イベント

神農と家康
orochi3125.jpg

 食事に運動と健康な話しだなぁと微笑ましく見ていたらの毎日天ぷら発言で思わずこうなる神農様かわいすぎてトドメでした。毎日天ぷらと言う家康様もかわいかったですし、癒やしの集いですね…!


太公望と荀彧
orochi3126.jpg

 あの太公望にうまい運びで進言する荀彧ということで友好度を深めて次の話が聞けましたがこれは必見ですね!!!!
 表情を変えずにあの太公望を完全に掌の上で転がすというか矯正させかけるという強さ! 王佐の才は凄すぎましたね。この太公望が拝めただけでも一見の価値ありでしたしOROCHI3予約して本当によかったですしありがたや~。
 しかし芝居がかかった口調をやめた太公望を少々想像してみたのですが想像できませんでした(笑)
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 桜 | URL | -

    いつも楽しく読ませて頂いております。
    何というかコメントして、コメント返し頂いてるとおろすりに関しておしゃべりしてる感覚になるので楽しいんですよねー。

    以下それぞれのストーリーについてです
    神々の挟撃
    はい、最初に挑んだ時呂布が出てきて真っ先策がうんぬんのセリフが出てる最中に倒してしまいしまったああああとなってしまいましたwそして軍律うんぬんな于禁殿と、オラオラ甘寧が結局最後はお互いの腕を認め合うところはおおとなりました。
    太公望はいつ…?と自分も考えてただけに全く前触れもなくいきなりなところはびっくりでした。
    そして遠呂智様ガチャで腹筋崩壊していましたぞ!この場合妲己にとってのSSRはいったいどっちの遠呂智様なのかも気になりますよね。こっちの?ってことは…?

    大いなる影
    アテナさんが可愛いステージですよね。ここではまだどちらかというとツンの方が勝ってるイメージですが。
    そして通常営業の関索はやはり…鮑三娘いなくてよかったねと汗

    腕輪奪還
    お前のような民がいるか!全く同じ感想ですw久秀様可愛い…

    無垢なる〜
    政宗万歳!
    小喬に振り回される犠牲者またここに…
    馬鹿め馬鹿め言いつつちゃんと気を回したり、彼女が喜んでくれるように頑張ったり突っ込んだり政宗の可愛さ真面目さ大爆発でホクホクでした。
    ぜひ友好度あげて陣地イベ聞いてみてくださいませ!

    蒼き+次代
    曹操ファミリーはいつもどこでも我が道を行きますよね。
    蜀陣営が兄弟で戦いたくない
    曹操→考えがあるんだろう
    曹丕→父に挑む
    なのは対照的だなあと。
    夏侯覇のいやいやいや…も聞けましたし。

    神々+ゼウス
    まずPVで脚本家の名前が出てきた時誰?となってましたが面白いと噂の幻想水滸伝の方だったんですね。
    神々はポセイドンの腕輪って誰?からの曹丕の 私だが燃えました。
    ゼウスは実はこのステージまでゼウスがラスボスと思ってたのでよし、最終決戦だ!の意気込みで挑んだらまさかの大どんでん返しというか…でもここで終わるなんてもっと遊びたいと思ってたので内心嬉しかったですし、アテナ味方フラグも立ちましたし、やっぱり面白いというところで今回は〆たいと思います


  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    >桜さん

     桜さん、コメントありがとうございます。
     分かります、そのお気持ち! そしてそのリアルタイムさもあって実況や動画というのは更に親しまれるのだろうなぁと常々思っております。みんなでわいわいというのは楽しいですよね!

     あああ、桜さんも呂布倒しましたか(笑)
     むしろ倒さない方が難しいですよね!? 出たら=倒すと染み付いているといいますか!
     このステージ、于禁も甘寧も最後は~なところがよかったですし、なんやかんやと事は運んでおりますし(信長様好みであったかは分かりませんが)よかったですね!
     遠呂智様ガチャは思わずですね(笑)ソシャゲの影響怖い…!
     2Uだったら8人くらいか~と思うとあっちかこっちかである意味よかったですかね!?

     アテナが段々と人間を知っていくというところでよいステージでしたよね。関索の自然を見ていたら鮑三娘の大変さもですし、関平も大変なんだろうなぁと(笑)

     久秀のところは爆笑しすぎて最高ですね!!!!!!!
     しかし演技が秀逸過ぎて民らしさも出つつ、でもあんな怪しい見た目の民いねえええええですよね!!! アイドルですよ久秀。

     無垢なるは伊達主従がよかったですね!
     きちんと守っていたり頑張ったり夢中になったりで振り回されるのがかわいいコンビでしたね。ああいう可愛さは小十郎や久秀では出せませんし(笑)
     友好度上げてみますね!!

     曹親子はやっぱりあの覇道っぷりがいいですよね。
     どの勢力も好きですがやっぱり魏をやると魏かっこいいなぁ。芯があるなぁついていきたいなぁと思ってしまう8でした。それはOROCHIでも健在で、仰る通り蜀陣営の兄弟で戦いたくないというあのシリアスさとは対照的ですよね。三國はそういうところが面白いです。

     そうなんですよ。お話の方はあの有名なという!
     元々のファンの方が太鼓判押されているのをこれでもかというほど身をもってわかった感じでした。
     ゼウスがラスボスというの分かります! まだオーディンたちの真意は分からないけど最終決戦かなと思っていたらの…!
     同じくもっと遊べるんだと分かって嬉しかった反面、「ええええ!?」という衝撃も大きすぎてとにかくいい意味で落ち着かないプレイでありがたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)