アサシンクリードオデッセイ プレイ日記1

2018年11月26日

aco1.jpeg

netabare.jpg

 次のゲームは何にしようかな~と、色々調べていたところアサクリオデッセイがとても面白いと評判だったので買ってみました。神話ではないですがOROCHI3でギリシャ神話にも馴染みがあったというのも理由の1つです。
 アサクリ自体初めてなのですが、オデッセイからでも無問題とのことで安心しました。しかしZ指定なんですよ…。果たしてそれに耐えられるのかという心配がありましたが、これまた流血表現OFFがあるので速攻で切り替えてどうにかしています。ムービーで危険を察知したときは目をつぶって対処です(笑)
 あとはアサクリも難しいというイメージが先行していたのですが難易度選べるんですよありがたいですね! 今作は古代ギリシアを探索というのも醍醐味なので、イージーでゆったり楽しんでいます。これから現実では師走というど修羅場が待っていますからね…ゲームの世界くらいゆっくりしたいんですよ…(遠い目)

 というわけでいざ古代ギリシアの世界へ!!!!
 なのですが、もはや紀元前の時代の歴史なんて記憶の彼方でしてね……確か国家じゃなくてポリスってのがあったんだよなぁ…くらいの浅学どころの表現では済まないくらいなため一体どういうことになるのか! その上、カタカナが覚えられなくて日本史と世界史ならば後者の方が点数低い人間なのでなっかなか覚えられないまま進んでいますが楽しいです!!! 分からない人間でもこの世界の作り込みと美しさに一気に惹き込まれますね。

aco2.jpeg

 今作はフォトモードがいつでも起動できるので、綺麗なところを見つけたらすかさず撮影しています。下手くそなりに綺麗に撮れたらやっぱり嬉しいんですよ! 今回1番お気に入りのを最初に貼っています。
 暗い洞窟で敵を暗殺しながら進んだ先がこの景色だったんです! 感動でした!!
 フォトモードはゲーム中でも他のプレイヤーが撮影したのも随所にあってよく見ているのですが、同じ場所でも全然違いますし、同じゲームじゃない!!!!! というくらいの撮影力の差というのも感じるのも楽しいですし、反応できるのも楽しいです。なんだかんだ満喫していますね。とにかくオープンワールドを駆け巡って遊び倒しています。


 以下、ネタバレなので追記に。
 スマートフォンの方は▼moreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性があります。






aco3.jpg

 テルモピュライの戦いってなんだ…紀元前480年っていつだ……と、初っ端から勉学を怠ってきたことへの後悔が始まります。それでもって中田譲治さんの声なのでまずそこに注目してしまいました。
 ここで大事なことが! 日本語音声版のDLCも無料で配信されています。自分はそちらをDLしてのプレイです。
 話を戻しまして、テルモピュライの戦いの早速ググって補完しました。ペルシア戦争のなかの1つで、テルモピュライでスパルタ(ドーリス人によるポリス。古代ギリシア世界で最強の重装歩兵軍を誇りギリシア軍の主力)を中心とするギリシア軍とアケメネス朝ペルシアの遠征軍の間で行われた戦いなのですね。これはプレイ日記を書くことによって少しは勉強になるのでは!? と、淡い期待を抱きつつ続きを書こうと思います。
 レオニダス王はペルシア軍との戦いのために皆に奮起させるような熱い言葉を投げかけますが、やはり台詞回しが独特だなと思いました。大元のシナリオの方も訳された方も詩的に美しくというのを感じます。

aco4.jpg

 そんな美しい台詞回しをもっと聞いていたい気持ちはあるのですが戦いが始まってそんな場合ではなくなります! 必死ですよ! いきなりレオニダス王操作するんかい! というのもありますが、操作も普段のゲームと異なりますし攻撃しようとして回避したりとにかく必死でした。
 タイマンを終えたあとはまた戦いなんですよ。本当に人がいっぱい戦っている中で戦うという臨場感を得ながらヒットアンドアウェイでいかないとこれはまずいな、あと盾ってやっぱり重要なんだななど色々考えつつもどうにか勝利しました。
 寡兵でもなんのその! という誇りを胸に…というところを、裏切り者のせいでこの先の未来が一気に光を失うのも感じました。このムービーがまたやばそうだったので速攻で目をつぶったのですがつぶって正解のようでしたね…セーフ……。

 レオニダス王よ、永遠に! という咆哮を思わずしたくなるようなお話の中いきなり画面が現代に飛んで驚きです。
 レイラという女性がヴィクトリア博士の研究によってこのオデッセイの時代へ…という形でゲームは進んでいくのですね。この辺りはシリーズプレイヤーならば分かるという部分でしょうか。

aco5.jpg

aco6.jpg

 難易度などもここで設定できるのですが、難易度はいつでも変更できるようです。そしてモードは悩んだのですが、オデッセイのおすすめという探索モードにしてみました。勝手気ままに色々進んで遊んでみようと思います。
 そして選べる主人公! それぞれで30時間分くらいお話が違うようなのですごいですね!! かっこいい女性主人公だったのでカサンドラにしました。日本語音声では清水理沙さんです! もうむちゃくちゃかっこいいんですよカサンドラ! 清水さんのお声が本当に合っています。選んでよかったカサンドラ…!


aco7.jpg

 で、いきなりお話が始まります。そして突然吹っかけられる戦い…! キュクロープスと名乗っているチンピラ集団という解釈でいいんでしょうか? 違っていたらすみません…。
 また読みにくいというかキュプロークスって言いそうだ…となって頭を抱えたのですが、英語読みはサイクロプスと知って、「そういうことだったのかー!」となりました。

 そんなわけでなんやかんやでマルコスに会いに行くのですが、まずは装備を整えるために住居にあるものを身につけるのですが、どこに装備があるか分からん…で、15分くらいうろうろしました(笑)
 あまり遠くにいくとカサンドラが、「この装備では危険だな…」くらい男前なことをおっしゃってくれるのですが、どこにも装備なんてないやんけーーーー!!!! と、なっていたのでした。実は建物の1番上(3階?)までよじ登っていくとそこにあるんですね。装具を装備という初歩の初歩で躓いていて果たしてクリアできるのだろうか…と、不安になりつつも進めます。

aco8.jpg

aco9.jpg

 水中で鮫に襲われたり、新たな場所を発見すれば狼に襲われたりとアサシンされる側になりつつも進みます。

aco10.jpeg

aco11.jpeg

 あのゼウス像にいつか登る! という野望を誓ったり、廃墟のような場所にたどり着いては怪しい…となったり、キュクロープスにまた襲われたりと色々です。
 自由に探索できますが、マップを開くと随所にLvが書いてあるので、Lvが高いところにはいかず、行けそうなところから行くようにしました。でも現実でも東西南北が分からない自分は、ゲームで分かるわけがなく、マーカーで示しているにも関わらずどこだよ~~となっているのでした…。カサンドラは格好いいのに自分が動かすととても迷子です(笑)

aco12.jpg

 カサンドラは鷲のイカロスをお供にしておりまして、イカロスが空中から探すというのもできます。進めるごとにチュートリアルを挟みつつとなっているのもありがたいですね!
 更にファストトラベルにもなっており、イカロスマークのところの場所の更にイカロスマークがついているところまで登ってシンクロ(△ボタン長押し)すると…

aco13.jpg

 ファストトラベルができるようになりました! ありがたいですね! オープンワールドでは重要すぎますもんね。

 無事にマルコスに会えたものの更に金をデュリスに貸してそこまで取りに行くということになり、馬を借りるのですが、ここでは完全に好みで選びました。

aco14.jpeg

 美しく、そしてかわいいんです!!!!! いや~いい馬に出会えて嬉しいですよ。これから共にと思うと嬉しすぎます。
 しかし一度火に突っ込んだのかカサンドラも馬も燃えまして、あわあわしながら消火に務めた記憶が…。カサンドラが松明で燃えたのはあったので人は燃えると思ったのですがまさか愛馬までとは! 火のところには気をつけたいと思います。そして愛馬が無事で本当に何よりでした。
 馬に乗りながらデュリスに会いに行くのですが、また探索です。サブクエストなどもいろいろと発生しているので経験値を得るためにもうろつきました。装具もLvが低いと装備ものもあるので、Lvはあって損はないという感じ大丈夫なのでしょうかね。
 サブクエもクリアすると派生して続きが…というのもあるので、そういったのも含めて楽しいですし、別のロケーションに行って得ていたものが実は他のサブクエで必要なものですぐにクリアできたりだとか、そういうのも含めて楽しいです。気ままに行動しているのでどういうことになるのか分からないのもいいですね!

aco15.jpg

 ちなみに目標にしていたゼウス像にも登りきりましたよ!
 誤って落下したら一気にHP0くらいになって血の気が引きましたが(笑)

 そんなこんなで寄り道をしつつ囚われたポイベーを救出するために草むらに隠れて口笛でおびき寄せてのアサシンっぷりを発揮したり、そういうのもしています。どちらかというと隠れているつもりがバレバレで囲まれたところをゴリ押しで殴り倒すというアサシンでないカサンドラになりつつありますがそれもまたカサンドラなら許されるのです!!!
 このポイベーを助けた辺りで賞金首に狙われるようになりました。まだまだLv差があるのでマーカーから避けて移動しておりましたが、いつか決着付けますよ…!
 そういえばサブクエストでも選択肢があってというのも結構あるのですが、かっこいいカサンドラなのでむちゃくちゃいい人路線で進んでいます。しかしどこかの著者さんが、のちのちあまりよくない結果になってしまったこともあるとあったので、割りとドキドキしています。

 サブクエストで狼の毛皮が必要になって、そういえばあまり最近狼に遭遇しないなぁと思っていたら狼の洞窟を発見したりと少し詰まっても、各地を探索することによって解決することも多いので面白いですね! とにかくまずうろうろしてみようという気になりました。

 さてさてマルコスがキュクロープスに金を借りていただとかカサンドラもろとも襲撃されるぞと言われたりだとか大変ですが、マルコスはのらりくらいでうまいですねぇ。
 ここでカサンドラの過去が少しずつ明らかになりますが、マルコスがここまで生き残っているというのが何よりの彼の運の強さの証拠でもあるなと思いました。

aco16.jpg

 その後クエストをこなしたりでLv5になりタロスに挑みました。ある程度Lvが上がるといつの間にか傍にということが多かった気がします。後ろにいたーーー!!! というのも多く、ドキドキですね。
 タロスは強かったので、とにかくヒットアンドアウェイでどうにかしました。なかなか攻撃が入っていかないのですがそこは忍耐勝負ですね。


aco17.jpeg

 このあとどういうお話になっていくのかも楽しみですし、どうやっていろいろなところに行くのかも楽しみです!! 弟の再会もいつになるんだろうなぁと待ち遠しいです。あとフォトモードが楽しいのでこれからもいろいろと撮影したいですね。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)