アサシンクリードオデッセイ プレイ日記3

2018年12月05日

aco35.jpg

netabare.jpg

 アプデをしたところ、フォトモードで左スティックと十字キーが動かなくなって非常に困っていたのですが、フォトモード起動中に右スティック長押しのリセットを使ってから急に直りました。お陰でそれ以降はフォトモードを起動してもスティックも十字キーも動きます。一体何だったのか…。
 検索してみたら同じような症状の方がやはりおりますね。フォトモードもかなり肝だと思うので、不具合直るといいですね。
 というわけで今回はフォトモードでのスクショがほとんどありません。リセットで直るまで全然思うようなフォトになっていないので…!

aco36.jpg

 しかし愛馬であるフォボスは撮っていたのでした。
 かわいいですよね!!!!!! フォボス用のスキンも色々あるようですね。ペガサスになれるやつを見た時は、フォボスも飛んで見張りを見破ったりできるのでは!? なんていう妄想をしましたが、目立ちすぎてむりですね(笑)


 というわけで絶賛楽しんでいるオデッセイなのですが、サブクエストも充実していますし、世界巡るのも楽しすぎるわフォトモードも楽しいで全然メインが進まないんですよ! これクリアするのはあと何十時間後なんだろうという感じですが、のんびり楽しみたいと思います。幸い次の新作はDOA6まであくので。


 以下、ネタバレなので追記に。
 スマートフォンの方は▼moreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性があります。





 さてさてオデッサに再会したあと手伝いをしたところ急襲を受けるという事態になり、一体何事!? 悪いのは誰!? という展開になった前回でした。
 今回はそれらを調査するために指導者の家で色々と調べます。にしても相当欲しい土地なんだなというのはよくよく分かりました。綺麗に手に入れようとしても結局は命が幾つも失われる展開に…。双方にとってよほどのことなのだなというのがわかったのですが、カサンドラ強いです。

aco37.jpg

 きな臭い調査を終えたあとだというのにいきなり、まずは楽しもう♡という選択肢が出る辺りが!!!!! これ最初見たとき笑いましたよ。確かにカサンドラはイケメンだけども、だけども!!! と。というわけで真面目な選択肢にしました。まだオデッサには心開けぬのですよ…。このあとやりとりが続きますが、どう考えても怪しすぎる話し方で!!! 結果的に、私に都合のいい真実を持ってくればよかったという風にまで言いますしね(笑)すごいぞオデッサ…! しかしそんなオデッサを仲間に誘えるんですよ。結局仲間にして副官に任命しました。これからも色々な仲間が誘えるのでしょうか?

 船には副官を最大4人くらい置けるのですが、船をアップデートしていかないと複数任命できません。そのためにもオリーブ材などが大量にいるのですが、なかなか普通にしていては得られず…。やはり海に出て海賊行為ですよ!(笑)敵船見つければ問答無用で襲いかかり真っ二つにしたり乗り込んで財宝頂いたり…。
 地上では割りと優しいカサンドラですが、船に乗ったら別人のようです。まるでハンドルを握ると変わる人のように…。


 そんな感じで海賊のようなことをして新しい島に辿り着きました。「忘れられた島の洞窟」というところなのですが、ここがどう脱出していいのか分からず数十分くらいあーでもないこーでもないとやり、ついには「ここで詰んだか…」となりました(笑)

aco38.jpg

aco39.jpg

 むちゃくちゃ雰囲気のあるところで、いきなり振動がきて「この世のものではない」だとか「今は先に進めないようだ」とか「ワールドマップが開けない」だの出てきて、こええええええとなりながらやっていたんです。
 とにかくどこでも登れるのがアサクリだ~と2枚目のところの壁をよじ登るのですが、どこもかしこも途中から絶対登れないんですよ。え!!? ワールドマップ使えないからファストトラベルも使えないし、洞窟は行き止まりだし、一体…!? と、検索しても抜け道があるとしか出ておらずで本当に途方に暮れました。
 結局行き止まりのところを前にして左手側がやはり行き止まりではあるのですが壁によじ登れるのでそこから脱出できます。こういうことか!!! と、ホッとしたのでした。いや~本気で詰んだと思いましたね。
 しかし奥にいるのはなんなんでしょうね。ものすごい振動でしたし大きな物でもいるんでしょうか? この世のものではないとなれば何か怪物なのか…。もっともっとお話が進んだあとに再び来るのでしょうかね? その時を楽しみに待ちたいと思います。

 その後も大工の副官を仲間にしたりと色々過ごしてやっとこさ衰退している指導者を倒しました。すっかりメインストーリーを忘れかけていますが、ステントールに会って狼に会わねばならんのですよね。
 指導者を倒したことで認めてもらえて今度は征服戦争への参加が認められました。

aco40.jpg

 攻める方がいい装備が貰えるのですが難易度は高くなるということで、こりゃ~攻める方で装備入手だやっほ~い! と単純に考え攻める側でやってしまい、結果的に国力衰退まで持っていたのに自分が味方して勝ってしまったため強大にまで戻るということをこの後にしでかしました(笑)今までの努力が水の泡になる瞬間をむちゃくちゃ噛み締めましたね…。
 ちなみにこの戦争はレオニダス王を操作したときと同じでした。あれはここへの伏線だったんですね、システム的に。とにかく敵をどんどこなぎ倒していくので回復スキルも重要になってきました。

 しかしここでまたお話が動きます。ステントールとカサンドラではなく、カサンドラだけに会いたいと狼が言うんですよ。傭兵の正体も知らないのに。何か第六感が働いたのか、ただ単になのか。
 もちろん感動的な再会になるわけがないです。あの回想を見たらカサンドラの思いは十二分に分かりますし、だからといって簡単に首を取るというわけにもいかないだろうと思いますし…一体どうなるのだろうと思っていたらそのどうするかを選択するのはプレイヤーなんですよね!!! ここを選ばせるか!!!! と、思わず止まりました。こんな選択重すぎますよ…。

aco41.jpg

 傭兵だけれども、ああいう回想があったけれども…! やはり殺すことはできなかったのでそうではない選択肢にしました。どちらが正しいのかはわかりません。でもここで狼から更に驚愕の事実を聞いて、「!!!?」となりました。え!? ではあのあたたかな家族団らんの回想は一体…!? となりましたし、だからこそカサンドラと弟をああいうことにできたのかなとも思いましたし、とにもかくにもすべて知っているらしい母に会わねばならぬという使命ができました。一体どういう運命が待ち受けているのか…。そして敵は身近にというのか一体…。
 というわけで実際には殺してはいませんが、狼はいないのも同然のことになったわけで会いに行ってそうなったとなればステントールはもちろん兵士全体が襲いかかって来るも同然でしょう。慌ててその場を離れましたが、このあとステントールたちはどうするのでしょうかね……。
 
 そういえば狼から装備をもらったので装備したらトロフィーをもらえました。そのトロフィーのタイトルがとてもかわいくて印象的です。

aco43.jpg


 このあと船に戻ったのですが、バルナバスの発言に癒やされましたよ!!!! ほにゃららなら神々もそれほど気にしないんじゃないのかね? とか!!! バルナバス本当にいいキャラクタなのでありがたい仲間です。
 そんなこんなで次はどこへ行こうかという話になり、エルペノールに会うことにしました。もともと狼の首をとってこいというのはエルペノールの依頼でしたしね。しかしどうにも胡散臭い人ですよね、あの人…! 一体どうなるのか…。
 なんて話をしていたらケファロニアが大変なことになっているという話が。一体どういうことだろうかと思いきやあの病気ですよ! あの家族を救ったことによってケファロニア全体を脅かすものにしてしまうとは…神官が正しかったのですね……。あのとき、よい行いをしたな~なんて思ったのは愚かなことだったと…! こうしてあとあと選択肢が響いてくるのも物語を感じますね。つらいお話なのですが……。


 いよいよエルペノールのおわすフォキスへ!

aco44.jpg

aco45.jpg

 山岳地帯も多く、紅葉が美しいですね! ちょうどこの頃はアプデでフォトモードが残念なことになっていたので思うようなものは撮れていないのですがせっかくなので載せます。

aco46.jpg

 ティテュオスの墓にも行けました。ゼウスや他の神々の怒りをって一体何をされたのだろうと検索して、なるほどと。
 それにしてもこれまで地名や人名や神々の名前がたくさん出てきましたがカタカナが覚えられない自分は大苦戦中です(笑)漢字でも三国志の人物名で混乱するので、覚えられるのはぎりぎり日本史の人名くらいなようです。

aco47.jpg

 さすがにアレスは覚えておりますよ! OROCHIに出てくれればどうにか覚えられるかもしれません(笑)

 そんなこんなでフォキスをうろうろしています。砦攻略はやっぱり少し大変ですね。いやいやそこが肝だろ! というツッコミがありそうですが、1人1人おびき寄せて倒して隠して…というのではなく脳筋なので突っ込んでなぎ倒す派のようですね自分は! なるべく囲まれないようにしつつは攻略しています。その方が安全度が全然違いますしね!
 砦攻略でアサシンだなぁ…というのを感じつつ、その他でもサブクエストを攻略しています。やっぱり表現が洋ゲーですよね。魔女が出るという依頼も踊りが「挑発的な」と表現されたり。勇敢な女性船長と話をしたら「尻から出る風」だとか(笑)なるほど! そういう表現方法がありましたか! と、すごく楽しいです。
 
aco49.jpg

 その女船長からこんなにも情熱的な表現が聞けたりと!!! 一体どんなに素晴らしい女性なのか…会いたいなぁ…と、わくわくしながら向かおうとしたら既にこのクエストのところは完了していたようで、沈んでいた船の中で見つけたアクセサリーがまさにそれだったのですよね…。つまり彼女はもう……。
 お、お宝ラッキー! なんて思って拾っていたのですがまさかこんなドラマがあったとは…。恐るべしアサクリ…!

aco50.jpg

 報告するときにここでまずげらげら笑ってしまったのですがこのあと真実告げるのが重すぎるではないですか…!!!! 結局は副官になってもらいました。カサンドラもギークのような女性ですよ!!!

 色々なドラマを乗り越え、そろそろエルペノールに会ってやるか…という感じで会いに行ったらこなくそーーーー!!!!!! ってなりましたよね!
 なんじゃこいつは、一体何者なんだ!? と。けしかけたのもすべて分かっていてで、その答えを知っていてなおかつ今度の依頼の相手が母親とかそんな芸術あってたまるかこんちくしょーーー!!!! と、怒り爆発でした。

aco51.jpg

 この表情でこの台詞ですよ!!!!! こいつ…まじでこいつ…と腸煮えくり返ってどの選択肢にしたのか忘れたのですが戦いになって挙げ句にエルペノールは逃げ出すとかいう最悪な展開でした。絶対こいつは首根っこ捕まえてやる!!!!! となりますね。
 そのために家を調査するのですが、ポイベーは引っかかってしまったんですね…! きっと助けるために紹介してくれたのだと思っておりますが、あんな幼気な子どもまで巻き込むとは…。
 他にもエルペノールが探している女がいるということや、戦争が永遠に続くように仕向けているとか性根腐った野郎ということだけは再度確認できました。
 逃げたエルペノールはフォキスにいるようですが、どこにいるかは分かりません。絶対探し出してやる!!!!! と、鼻息荒くしてフォキス中を歩き回っています。

 道中やたらと強い猪に出会いまして、伝説の~とついている辺り本当に強い猪のようです。ちなみに猪自体普通に強く、複数に囲まれて突進されまくるとあっという間にシンクロ解除になっているので笑えました。
 どうにかこうにか必死こいて倒すとクエストが出まして、この世界にいる伝説の生き物たちを退治したら報告してくれという気の長いクエストになりました。一覧がいきなり拝めますが、Lvが違いすぎて今見つけても瞬殺されるだけと!

aco52.jpg

 ネメアやケリュネイアなどなどジルオールも大好きなのでついつい反応してしまいました。まだまだ全然難しいですが、ケリュネイアの鹿はそろそろいけそうですね。見つけたら頑張らねば!


aco53.jpg

 最初のピュティアの墓というところに到着し、松明をつけてうろうろしていたところ美しいのでフォトが捗りました。
 しかしここ行き止まりなんですよね。

aco54.jpg

 この場所の奥が続いているはずなのですがどうやっても行けないのでどうすればいいのだろうと悩み中です。穴も棚があって進めませんし、今はまだ行けないのか他に手段があるのか…!
 そしてエルペノールはどこにいるのか!!!!!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)