2018年を振り返る  ~音楽編~

2018年12月21日

2018musiccd1.jpg

 2018年もたくさんのことがありましたが、今年はなんと言ってもコンサートやライブ等の運が最高に恵まれておりまして、1回1回がとにかく濃く、基本的に詳しい記憶は残っていないという非常に惜しすぎる結果が悔しいものの、これでもかというほど濃密で美しく、そして熱狂的にという時間が過ごせたものばかりでした。
 特に1月から3月にかけては毎月こんなに幸せなことがあっていいのだろうか…と、毎月天にも昇る心地で過ごさせて頂いたコンサートばかりでした。そして5月に8月のコンサートでまた夢のような時間を過ごし、他の月にはCDで聴き返してはその度に涙するという本当に音楽に恵まれすぎて幸せ過ぎた2018年という印象です。来年も同じくらいだと最高なんですけどね!(笑)

 今年もいつも通り坂本英城さんを追い、Mマスを追い、ω-Forceさん、P5やクラシカロイドで彩られた年でした。基本的に音楽とイベントも連動しているので実生活もそんな感じなのですが、兎にも角にもこの贅沢すぎた2018年の音楽をずらずらと綴っていきたいと思います。サビなんで何億回でも書きたいです!!!!!


 以下、感想です。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性があります。
 下記に出てくる画像はAmazonアソシエイトリンクを利用しています。






 ブログ内関連記事:文豪とアルケミスト ピアノ独奏會(昼公演)感想
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2355.html


 2018年は「文豪とアルケミスト ピアノ独奏會」で幕開けしました。まずはチケットが取れたことに大喜びし、当日を楽しみにしていました。こちらは先にCDが出ていたのでひたすら聴きまくり、心臓の準備は万端です!!!! という感じでしたが、コンサート限定アレンジが出てきて無事に脳内でぶっ倒れるという感じでした。

 トッパンホールさんは本当に久々だったのですが、ピアノとの相性の抜群さもとても印象に残っております。文アルはのちにオケコンがサントリーホールで開かれますが、ホールと楽器の相性の良さがずば抜けていますよね! トッパンホール、それぞれのピアノ奏者の方々、そして坂本さんの音楽とアレンジのピアニストの方々すべて揃ってこの凄さですよね。どれかが欠けてもこの大満足さにはならないかと。
 あとは久しぶりにピアノの楽譜を買いました! 自分も大昔に習っていたことがあるのですが、あまりの楽譜の読めなささと音楽センスのなさに遠ざかっていたのでこれを機にピアノの復帰へ…! と、開いた瞬間絶望しました(笑)やっぱり自分は聴く専門で……。

 谷岡久美さんのピアノも本当に久しぶりで、いつも楽しみにしている愛らしい衣装とそしてあのタニクミさんの笑顔とそしてあのピアノ力! 最高でした。焦眉ニ~の熱演最高でしたよね!
 ベンヤミンさんのピアノは圧倒的で息をするのも忘れるほどでした。大好きな未知ノ路の大胆アレンジはとても驚きましたが、あれを生で聴けたことは一生忘れません。ベンヤミンさんのピアノの音の1つ1つが粒になった宝石のようでしたよね。芯があって、でも輝かしくて。ダイヤモンドみたいなピアノを聴けて過ごせただなんて…。
 宮本さんのピアノでは特に「折衷食堂」が楽しみで楽しみで、絶対1音も逃すものか!!!! と、鼻息荒くして待機していたのですがジャジーな部分のコンサートアレンジ大連発に完全に撃ち抜かれて記憶にないという惜しいことを…! あのアレンジ版ももう1度聴きたいです…!!




 ブログ内関連記事:THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR~GLORIOUS ST@GE!~ in仙台に行ってきました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2368.html


 未だに夢だと思っているライブです。
 まずチケットを取れたということ自体が真面目に奇跡だと思いますし、しかも席がステージほぼほぼ目の前ですよ…。初めてMマスのライブでチケットが取れたということだけでも本当に本当に本当に嬉しいことだったのですが、座席ガチャも大勝利で運は吸われた…! と思いましたね。実際ステのガチャは…なので(笑)
 いや、座席以外の楽曲のこと書けよという話しなのですがやはりあの目の前で担当が歌って踊ってしかも手を振ってくれてとかライブはそういう部分も大きいんですよ仕方ないです!!!!!! このライブで初めて、「今絶対目が合った!!!!!」というこれまでだったら「いやいやいやその周辺の人全員そう思ってますって」というのが吹っ飛んで、思い込めるという感覚を味わいましたね!!!! アイドルって凄い…という力を感じるのでした。
 一度生を知るとやっぱり絶対次も生で見たいって心底思いますね。だからこそ倍率が凄まじいことになるんだなというのも分かりました。4thのSSAも頑張りたいです。

 で、やっぱりそれらの衝撃が凄すぎて記憶にないんですよ。
 夏来くんと一希くんが歌って踊っている…(号泣)という感じで、来月発売する仙台公演のBDを見て「こうだったんだ」となりたいです。
 そういえば、この公演のあとにタケルくんのソロをしっかり聴き直しました。夏来くんと一希くんと同じオリピ組だったので聴いてはいたのですが、生の寺島惇太さんの歌い上げ方と声と曲がすごく印象に残っており、やっぱりいい曲だなぁと思うのでした。

 今年間違いなく1番聴いているMマスの曲は「♡Cupids!」です。特に一希くんのソロVer.が1番聴いていると思いますが、3人のも同じくらい聴いています。
 とにかく好みの曲かつ一希くん単体はもちろん、F-LAGSの声が全部揃ってのあのハーモニーと絶妙なんですよね! 自分は感想で音の方向性と書くことが多いのですが、ズバリそれなのです。楽曲の音色とF-LAGSの3人の合わさった声がまさにど真ん中で!!! 完璧な合わせ技だと思っています。その上あのダンスですよ!!! は~~~~もう言葉は要らないって感じですね…。BDでまず気が済むまでエンドレスするんだろうなと思っています。
 夏来くんのソロは正座してバスタオル用意して拝聴したいと思います。夏来くんおめでとう(号泣)ということになるのが今から目に見えるので…!




 ブログ内関連記事:ω-Force 20周年記念ライブに行ってきました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2374.html


 泣いて叫んで燃えまくった最高のライブです!!!!!!
 とにかく最高の時間でした!!!! 他のファンの方々とも何十回でも繰り返して話しているのが、本気で次回もお願いします今度はチケット代払わせてくださいという部分です。これまた叫びすぎたりキンブレぶんぶんで記憶がないライブでしたが、満を持してのCD化ですよ!!!! しかもトレボ限定です。これが発表された瞬間トレボが確定になりましたし、予約開始日に音速で予約しにコエテクさんの公式サイトに飛んだのも懐かしい思い出です。ゲームでもDLCとして配信されているのでこれまた音速で購入しましたありがとうございます!!!!!

 ω-Forceさんの20周年記念ということで討鬼伝の名前が挙がっている部分でまずは泣き、でもロゴと物販は無双のみ…という部分は別の意味で泣いて即行で次は是非討鬼伝も物販やロゴに仲間入りさせてあげてくださいメールをしたのもこれまた懐かしい思い出です。
 しかも坂本さんがキーボード参戦ですし曲数も同じくらいですしメドレーにもしっかり入っていて無双ももちろん好きですしファンですが並々ならぬ思い入れがある討鬼伝部分は格別の思いがありました。しかも討鬼伝Tシャツを着てライブ参戦とか夢のまた夢のようなことが現実だったんですよ!!! こんな嬉しいことまた是非あってほしいという欲望を持ちまくって過ごしたいです(笑)

 途中で速鳥さんが映った瞬間息の根が止まるかと思いましたし、感想でもTwitterでもさんざん書き、皆さんも口を揃えておっしゃっていた、○○(キャラクタ名)が映る度に○○さんが今タマハミしているなと思ったという部分もとても印象的です、考えることは皆さん一緒ですね。ライブ中基本的にはバンドメンバーのアンジェロの名前を叫んでいましたが(もちろん曲と曲の合間の部分です)息吹が映ったときは「息吹ーー!!!!」と、叫んだり。
 坂本さんのキーボードも至近距離で拝めてしかも漫談まで聴けてとか企画考えてくださったω-Forceさんさまさますぎます!!!! しかもバンドメンバーはお馴染みのあの方々ですよ!!! しかもアンジェロまで揃ってのことはもう滅多なことではないのでは? と、思っていたのですがそれがまた大好きなコエテクさんの曲で再度聴けるようになるなんて、と本当に嬉しかったです。是非次回もあってほしいですし、是非同じメンバーでお願いします!!! 今度はMASAさんに更に加えて木下さんも是非!!!! 榎本さんとのダブルベース拝聴したすぎます!!!!!

 で、やっとこさ曲のことなのですがCD化して存分に聴き倒し、「あ、こういうことやっていたのか」と冷静になって聴けることができてとにかく嬉しいです。至福です。
 三國は8の曲が特にお気に入りの曲が多いのであれこれ聴いてみたいものばかりです!!! 「決意」「五丈原の戦い」も大好きでエンドレスなのですが、こういった曲もライブで聴いてみたくてしょうがないのです!!!!
 戦国無双は数年前にAUNJさんのコンサートがあってそこで是非立ってキンブレ振って聴きたい! という思いがここにきて叶ったというのもとても嬉しかったです。「勝機」がやっぱり好きで今も流しているのですが、カミチャさんのキーボード美味しすぎですね!!!! かみちゃーーーと叫んだか記憶がもう曖昧なので次回リベンジできるといいなという願望を持って生きたいです。
 討鬼伝関連はもはや言わずもがなという感じなのですが、ずっと聴いてみたいな~と思っていた「カシリ」のバンド版が聴けてイントロ流れた瞬間、興奮してキンブレぶんぶんで脳みそ爆発状態でした。そこからの、絶対バンド版美味しいと約束された「烈火」ですよもう完璧すぎる流れ…。そこからの三國~戦国~討鬼伝というメドレーというω-Forceさん力高すぎるメドレーで無事に血刀塚1億個くらい作られたという感じでしたね。血刀塚はチーニンさんですけど…!!!!!!

 今書きながら聴き返して思うのはやはり是非次回開催お願いします!!!!!!!!!!! ということです。三國も戦国も討鬼伝もまだまだまだまだまだまだあれもこれもそれも聴いてみたいのばかりですし、もう一度聴きたい曲もありまくりですし、何卒…!!!!



 ブログ内関連記事:東京ゲームタクト2018「ファミ箏 ~ゲーム音楽和楽戦!~」感
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2392.html


 和風ハンティングアクションを全部和楽器の編成で演奏! という非常に珍しい機会の演奏会でした。
 和楽器というと金管楽器などに比べればどうしても音の迫力が…となるのではなかろうか、という思いを綺麗さっぱり吹き飛ばしてくれますよね! AUNJさんもそうですが、和楽器ってこんなにも音の圧力凄いのか…! と、耳だけでなく体全体で感じた方も多いのではないでしょうか。自分もそのクチです。

 3月のライブ終演後にモノノフの皆さんと、「じゃあ次は5月に!」と約束したのもとても印象的で、そして5月に会場でまた色々なモノノフさんと再会できて、そして感動で泣くのを堪えてという…!
 この演奏会では1番記憶に残っているのが、「千年ヲ駆ケシモノ」です。曲自体が最初から熱く飛ばすもので、まさにそのまんまですよね! 始まった瞬間圧倒的で、とにかく凄いとしか言いようがなかったです。あっという間にその世界に吸い込まれて、ホールなのにそこはウタカタで、シラヌイで、霊山で…という嬉しすぎる体験ですよね。それぞれのソロが生でというのも感動でしたが、弦楽器などの部分もすべて和楽器になるのですが全く違和感ないというかもともとこの編成でしたよねという風に錯覚するのも含めてただただ感動でした。

 来年もゲームタクトさんはありますが、是非また討鬼伝シリーズが聴けたら嬉しいです! このときは和楽器と吹奏楽がちょうどぶつかっていて、吹奏楽の方が聴けなかったので吹奏楽の方でもまた拝聴したいですし、とにかく来年もあるといいなぁと願いを込めております。

 それから同じプログラム内の源平討魔伝もとても印象に残っております! メドレー形式でしたが、どれもこれもやっぱり熱いですね。何十年経っても愛される曲、そして色褪せぬ曲、やっぱり名曲というのはずっと名曲なのだなと思う日でした。




 やっぱり目黒さんをはじめ、アトラスサウンドチームさんも好きなことを再確認しましたねというペルソナ5関連です。
 「Wake Up, Get Up, Get Out There」を最初に聴いた時、あ、これはもうお金じゃぶじゃぶですありがとう目黒さん…!!!! となるに決まっているではないですかという約束された名曲。更にそこから「Life Will Change」を聴いては、もうこれだけですべての元は取れていてという感じですよね!!!!

 P5の中でもやっぱりこの2曲の人気凄いと思うのですが、自分もそれです。んがしかしこれまたP5Dで色々と目覚めるんですよね!!!! 喜多條さんに小塚さんの楽曲にただただ五体投地です。P5Dはソフトだけで買ってしまったので、プレイ後に大慌てで買うために検索しまくりました。今後はCD付きを買うと誓います。
 P5Dでやって完全に目覚めたのは、「Tokyo Daylight」です。小塚さんアレンジ版になって気が狂うくらいになり、モナちゃんのダンスというのもあり更には喜多川くんも踊ってくれるというのもあってひたすらエンドレスで繰り返しておりました。ゲームに疲れてP5D起動して「Tokyo Daylight」をプレイしてまた別のゲームに戻ってというのもしょっちゅうです。何がそんなに射抜かれているのかというと、編曲はもちろんなのですがサックスの存在がかなり大きいのではと分析しております。このサックスがまたジャジーでカラッとしていて、でもセクシーさもあってという。でも踊っているのがモナちゃんなのでかわいいというギャップ含めて美味しすぎる曲です。

 そしてこれまた本編をやっていたときは何も思わなかったものの、喜多川くんのソロということで真剣に聞いていたらもうだめです虜ですとなったのが「Life Goes On」です。
 この曲聴くと本編では試験を解くのに一問もミスれないという必死さが思い出されるのですが、P5Dは喜多川くんのあの最高のダンスですからね!!!!!!!!!!!!!!! こんなにも最高の曲だったのか…と、再確認できて光栄です。ベースがむちゃくちゃかっこいいですよね。P5Dの男子メンバーのバンド版だと喜多川くんはベースなのでそれもあいまって尚更素敵です…!
 他にもP5Dで目覚めた曲のなかに、「The Whims of Fate」「母のいた日々」があります。どちらの曲も冒頭部分が死ぬほど好みで、P5D発売してくれてありがとう!!! 発売されたからこそこのアレンジたちが聴けたのですよね!!! と、思うのでした。……よくよく考えれば全部喜多川くんも参加できる曲ですね…! 偶然ってすごい。

 ペルソナは来年ライブがありますよね! いつも行こう行こうと思って都合がつかず状態なので来年こそ!!! と、思っております。平日なのが少々厳しいですが頑張りたいです。まずはチケットが取れますようにと。詳細待ち遠しいですね!!!



 ブログ内関連記事:文豪とアルケミスト オーケストラ演奏會 感想
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2468.html

 ブログ内関連記事:Music 4Gamer #3「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサート感想
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2427.html


 2018年の1番おすすめのCDと言われたらこちらのCDを挙げたいです。あの美しかった演奏会がそのままCDでいつでもどこでも何度でも聴けるというこの幸せ。とにかく最高です。
 こちらの演奏会が発表になったとき、サントリーホールの文字にガッツポーズし、更には東京交響楽団という文字を発見してコロンビアポーズのまま固まるという感じでした。更に更にその上全曲坂本さんが編曲し、その上解説付きですよ!!??? なんだこのビッグバンは…凄すぎるぞ……と、この現実にただひれ伏すのでした。

 満席のホールで流れる曲はどれもこれもが本当に素晴らしく、1曲1曲それ以外は何も聴こえないというくらいに聴き惚れて、そして終わってしまう度に終わってほしくないと心から思った演奏会です。鳴り止まない拍手も本当に印象的で、自分もひたすら我を忘れて拍手をずっとしていました。文アルも演奏会に恵まれておりますよね! CDもそうですし、是非次回も何かでと期待しております。

 楽曲についてはそれぞれで散々語っているので省略気味ですが、やっぱり「折衷食堂」「いざ往きめやも」でしょうか。この2曲のオケアレンジのどストライク加減は凄まじいので、自分と似たような好みの方でしたら2000000%幸せになること間違いなしかと。
 坂本さんの曲は原曲は言わずもがななのですが、編曲でまた新しい世界がたくさん広がるので、同じ時代に生きることができて本当に幸せだとしか言いようがないです。
 こちらのCDはとにかく布教しまくりたいものなので年が明けたら布教したいです!!!




 ブログではほぼ語っていないのですが、バクステに行って生の矢田ちゃんに出会ってから一気にハマったのはこちらのクラシカロイドです。現在Eテレ(訂正しました。教えて下さった方ありがとうございます)で2期が再放送中ですよ!!!

 このCDには矢田ちゃんも歌っている「やってらんない気分」も収録されておりますし、同じように大好きな「アイネクライネ・夜のムジーク」も収録されています。
 基本的に何も考えずにげらげら笑ってのんびり見ているというクラシカなのですが、ときに号泣するときもあり、それが2期の「ウソつきはモツのはじまり」でした。モツは基本的に底抜けに明るくていつでも元気ででも下ネタも…という感じなのですが、このお話でとある女の子と出会うのですよね。その子のためにいつも通りに明るく過ごしてゆくのですが、最終的に「だからそういう名前だったのか!」となり、気付いたときには号泣でした。それで更にこの「アイネクライネ・夜のムジーク」なんですよ。普段歌詞を気にすることがない人間なのですが、歌詞カードを拝見して更に泣いたのでした。モツだからこそできた叶える夜をプレゼントですよね。
 いつもはクラシカを観ると、「ギョーザー食べたい」ってなるところが8話はならなかったのもすごかったです。しょっぱいギョーザーになりますね。

 他にも好きな曲たくさんなのですが、「ラブゲーム大作戦 ~フィガロの結婚より~」も特にお気に入りです。こう書くと自分ってモーツァルト(キャラクタではなく)好きだったんだ…! という感じで驚くのですが、アレンジャーの方でさらなる魅力に気付けたという形でただただ感謝です。
 クラシックをこうした形で色々と楽しめるというのがとても楽しいクラシカロイドですよね!!! ギョーザーつまみながら聴きたくなるクラシック、いいじゃないですか! 最高ですね。

 そして矢田ちゃんですよ!!!!!!!
 矢田ちゃんの参加している曲ですとやはり「やってらんない気分」を推したいです。むちゃくちゃかわいくてノリがよくて何度聴いてもにこにことなる曲です。
 24日にバクステでクラシカステージがあるんですよね…12月はど修羅場なので参戦できないのが悔しすぎるので、年が明けたらまたバクステ行って余韻だけでも味わいたいです(涙)



 というわけで2018年の音楽編でした!
 色々な方面の楽曲に触れられたというのも大きいですが、とにかくどれもこれも最高すぎたので来年も楽しみすぎです!!!! やっぱり音楽大好きです。来年もできる限りコンサートやライブは行きたいですね。チケットとれるかどうかにもかかっているのですが(笑)
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)