キャサリン・フルボディ プレイ日記2

2019年03月02日

netabare.jpg

 フルボディな感じで楽しんでいるキャサリンですが、KルートのEDを全回収できました。その前にストレイシープでの様子を動画で撮ってみました。キャサリンは悪夢シーンやそれぞれのキャサリンとのやりとりも味ですが、なんと言ってもやっぱりストレイシープでのやりとりが好きなんですよ! エリカを混じえた仲間たちとのこのやりとり。友情があるからこそなのですが、それぞれの個性も出ていて物凄くハマります。
 1人が席を外すとそのキャラクタのことを話したりということもあるのですが、それもまたすごく性格が出ていてそういう何気ないやりとりがとてもオアシスです。なんと言ってもメインは修羅場ですし(笑)

 それぞれの彼女も魅惑的ですがやっぱり友人たちに心傾いてしまっていますね。みんないいんですよ本当に…。掘り下げが見たすぎる! と、思うのですが今の余白があるのがまたいいのかもしれないと思ったりもします。
 それにしても本当にお酒飲みたくてしょうがなくなるゲームですね! キャサリンコラボバー的なのもあったらいいなぁと心底思いますよ! 花粉症期間が終わったらバーに駆け込みたいですね。


 以下、ネタバレなので追記に。※流血表現注意※
 スマホの方はmoreを押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。







 Babelを初めてプレイしてみました。早速DLCであるジョーカーでやってみたのですが、怪盗団のみんなが喋ってくれるのは嬉しいですね! P5Dをやっている感じと言いますか。でも肝心のパズルが自分には難関過ぎて全然進められていないのでその先にいくと台詞はどうなるのー!? という感じで気になりまくりなのであります。きっとパズル力上げろよというお達しなのかもしれませんね…!?
 しかしまぁジョーカーも本編だけでなくて再び修羅場というのも大変ですね(笑)そういえば今月はP5Rについての続報が出るという感じでしょうか。P4で言うゴールデン的なものなのか何なのかは分かりませんが楽しみで仕方がありません。

 そういえばBabelを遊んでいたら、石田☆ルゥの正体分かったんですよね!!! 予想が当たりつつでしたが名前の意味は分からずでして、「なるほど!!!!」ってなりましたよ。しかしルゥ様が自分ツッコミしているのはツボでした。ますますこのヴィーナスにメロメロになりますね。


 続いては回収したKルートです。全部で4つでしょうか?
 前回1つを回収しているので3つを軽く。というかほとんどネタバレ厳禁部分の違いとなるので書こうにも書けぬという…!

k・フラれるED

 途中でストレイシープに長めに居座っていたら浮気キャサリンがやってきて赤ちゃんでちゅよムービーが始まったのが衝撃でした! これはCルートは一体どうなってしまうのか!!? 新たな扉を開きまくりなんでしょうかね。
 それから、厳禁部分になってからのストレイシープでトビーが女だったら誰一択なのかというのも聞けて驚きました。意外と聞き逃しになりそうな会話もありそうなのでこれからも要チェックですね。
 そしてこのEDはやっぱりどうにもならず虚しくもなるんですけど友情に救われますね! ジョニーもオーランドもやっぱりいい人たちですよね。ヴィンセントも人がいいのでいい人の周囲にはいい人がという相乗効果も感じるのでした。
 しかしこのEDはこの先を想像したくないんですよね。なんというかどうなっても辛い感じになりそうだと言いますか…。大抵は先を妄想するのも楽しいということが多いのですが、このEDだけはここから先は考えたくないです。


K・復縁ED 堅実より

 この周ではなるべく客も救おうとしたのですが、2名ほど間に合わず…。それにしても重い過去を背負いまくっていますよね…。だからこそ悪夢の時間の下の階層の重苦しい背景などと合うのが辛いです。段々と開けてくれば背景もとなるのは嬉しいですし、生き残って羊がいっぱいというのも嬉しいです。

 このEDは前回見たEDに繋がっていく感じでしょうかね?
 素直におめでとう! ともなれますし、ヴィンセントは尻に敷かれるのがまた似合っているなぁとも。


K・トゥルー 中立

 キャサリンに対しての印象がまったく変わるので個人的には必見EDだと思います。
 今までのEDは二人に対してやヴィンセントに対しての思いがという感じなのですが、このEDはキャサリンに対してがダイレクトにきますね! 個人的にはとても好きなEDです。キャサリンにとって1番幸せなEDは結婚かこれでは? と、思っています。その2つでもだいぶせめぎ合うほど揺れ動くようなEDなんですよね。
 今の所3人のキャサリンで誰が好きかと言われればQを選ぶのですが、このKですと結構悩むかもしれません。へぇ、こういうEDもあるんだ! と、目から鱗というかいい意味で衝撃のEDでした。

 こういうEDを見てしまうとますますCとQルートも気になりますね!!! 凄く楽しみです。


 それからここまで見てきて思ったことの1つに、最後の最後のFin.の部分まで絶対に見たほうがいいということが。最後に出てくる絵もそうなのですが、何よりも音ですよ音! 全部意味ありすぎますね。個人的に印象的なのはフラれるEDのときのFin.部分ですね。獲得できるトロフィーの名前を見て、なるほど! とならざるを得ない感じでした。そしてそこから覚めてまたあのシーンへ…とやらなくては! となるのも面白い体験でした。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)