Truffle BAKERYのパンを食べました

2019年05月24日

truffleb1.jpg

 公式サイト:Truffle BAKERY 様
 https://truffle-bakery.com/

 Mマスの聖地、門前仲町にある深川東京モダン館さんで行われているアンコール展示を観終えたあとに向かったのがこちらのトリュフベーカリーさんでした。
 今回はモダン館さん→トリュフベーカリーさん→ソウルメイトコーヒーさんの順で伺ったのです。どこもモダン館さんのお近くなので、III期やVI期でも足を運んでお土産に…と、なりそうです。もしくはトリュフベーカリーさんでパンを買って、ソウルメイトコーヒーさんでコーヒーをテイクアウトして、スカウトするところのベンチで座って飲み食いというのもいいかもしれませんね!

 ちなみにこちらのTruffle BAKERYさんは本店が門前仲町で、二号店が三軒茶屋にもお店があるようです。門前仲町はMマスの聖地で、三軒茶屋と言えば今度ロイヤルやスクランブルが出るP5シリーズの聖地ですね。ゲーマーの方の聖地巡礼のお供に…にもなれるお店では!? と、思うのでした。

 ブログ内関連記事:理由あって、モダン館!(第II期)に行ってきました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2522.html

 ブログ内関連記事:SOUL MATE COFFEEに行ってきました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2523.html

 伺う前にはお店のことを調べ尽くすタイプの自分なので、ひたすら検索しまくっていたのですがとりあえず分かったのは美味しい、早い内に売り切れるという情報でして、果たして自分が行く頃に何か残ってるのだろうか…と、不安との戦いでしたが土日祝な日の夕方でも数種類残っておりました! 奇跡…!

 こちらのお店もとても外観からおしゃれかつ可愛く、見ているだけでよだれが…という感じなのですが、あっという間に列ができるのでとにかくまず買うべし! という感じで店内に入ります。自分が伺ったときには前に1人お客さん、という感じだったもののあれこれ見ていればいつの間にか後ろに列が! すぐ売り切れるというのを身をもって体感したのでした。

truffleb2.jpg

 とりあえずあるパンを買おうと思っていたのですが、まず目に入ったのがこちらのきのこのパンです!
 きのこといえば一希くん!!!!! 凖担当が一希くんなので、絶対にこのきのこのパンは買おうと誓ったのでした。さいこうの夜のきのこネタもさいこうでしたね。
 

 以下、感想です。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。





黒トリュフ卵サンド
truffleb3.jpg

 お店の名前にもなっているトリュフ入りのパンはやはり買えないかな…と、思っていたらまだ数個あるではありませんか! と、見つけて買ったのです。
 公式サイトを拝読しますと、トリュフはヨーロッパで最も相性の良い食材としてあげられるのが卵だそうですね。そして日本人に馴染み深いたまごサンドと…! という物語が。いやはや俄然期待が高まり、封をあけるのも楽しみで楽しみで。

 いざ開けて食べてみれば物凄く食べやすいたまごサンドでした。パンもトリュフ入りのたまごも物凄くさっぱりしていて、物凄く軽く食べられるサンドイッチでした。たまごサンド自体が万人受けすると思いますが、その中でも特に万人受けするのではなかろうかと、考えながら気がついたらパンはすべて胃袋へ。
 たまごサンドは濃厚を求めている! という方には少々物足りないかもしれませんが、素材の味を楽しみたいという方にはとてもおすすめなサンドイッチだなと思いました。


クロックムッシュ
truffleb4.jpg

 今回は4種類のパンを買ったのですが、2番目にお気に入りなのがこちらのクロックムッシュです。ああああ2つ買えばよかったと頭抱えた感じなのですが、残りの個数を考えると1個以上買えなかったのです…! という感じでした。が、2つ食べたいクロックムッシュです。
 めちゃくちゃ美味しいのですが、パンの撮影って一体どうすりゃ美味そうに見えるんだ…と、はてなマーク飛びまくりの写真なので美味しそうさがあまり…になっていてもどかしいです。現物は全然美味しそうなんですよ!!

 まず一口食べて、「パン自体が美味い」と当たり前のことに感動でした。そうだ、美味しいパンって美味しいんだよなぁとしみじみ思うのです。そしてシンプルな具材がこれまたそのもので美味しいのに合わさって私の戦闘力は53万ですになるのだから凄いですよね、食べ物って。


きのこのタルティーヌ
truffleb5.jpg

 一希くん!! と、思って買ったタルティーヌです。そしてこの形態のパンをタルティーヌというのだなと、覚えることができました。
 こちらのパンも使われているきのこ自体がどれもこれも美味しいのはもちろんなのですが、印象的だったのはやはりパンです。パンというよりバゲットと言ったほうがいいですかね。というわけでバゲットなため、外側はむちゃくちゃ固いのですが、中が驚くほど柔らかくもっちりなんですよ! 外側は歯が持ってかれるか! という感じで大勝負だったのですが、中のもちもちふわふわっぷりにこのギャップ万歳…と浸りながら食べたのでした。


チョコのパン
truffleb6.jpg

truffleb7.jpg

 今回1番ハマったパンがこのチョコのパンです。めちゃくちゃ美味しいのなんの!!!! しかも1個150円というお買い得価格過ぎて、10個くらい食べたい…となりながら噛み締めて食べたパンです。

 チョコは基本美味しいですしまぁ普通に美味しいだろうな~程度の感じで買った自分にタックルかましたい勢いで美味しかったこちらのパン。実は食べる前にチョコチップが皿に落ちたので拾って食べてびっくり、なんだこの美味すぎるチョコ…という感じで止まりました。え? チョコチップがこんなに美味しいって本気なのかい? なんですかこのチョコに全振りの美味しすぎる物体は…となりながら、パン自体もひとくち食べて陥落しました。次行くときも絶対にチョコのパンは買おう。最低2個買おうと心に誓いましたよ。
 まずチョコが美味しすぎるのですが、パンもすんごくもっちりしていて自分の好みど真ん中ですし、その上その生地全体にたっぷりチョコが染み渡っていてというかチョコがパンになったらこうだよなというのを地で行くんです。いや、パンがチョコになったらこうだよな、かもしれません。とにかくパンとチョコの一体感が凄まじすぎて自分の中で電撃走りまくりですよ。食べ終えるのが惜しすぎるのですが、でもまだまだ食べたいという欲望との戦い…。とにかく美味しいチョコのパンでした。


 というわけで、列ができるのも納得だなととても思うトリュフベーカリーさんでした。何より美味しいからこそこれら全部まとめて1人で食べきってしまうくらいですしね!(笑)まだまだ食べていないパンも多いので、新しい味の出会いも楽しみにしつつモダン館さんに寄る時は絶対に買いたいお店になりました。
 来月もチョコのパンが買えるといいなぁと思いつつ、また別の種類のパンも買えるといいなと夢見ながら伺う日を楽しみにしていたいと思います。それでもってパンをもっと美味しそうに撮れるような皿もしくはカッティングボードでも買いたまえ自分…とも思うのでした。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)