東京ゲームタクト2019(2日目)感想

2019年06月03日

gametakt20191.jpg

 公式サイト:東京ゲームタクト2019
 http://gametakt.com/

 東京ゲームタクト2019が2019年6月1日、2日の2日間にかけて大田区民ホール・アプリコさんにて開催されておりました。
 主催様、協賛の皆様、そして演奏者や関係者の皆々様、本当にお疲れ様でした。めちゃめちゃ楽しすぎました!!!!!!! あっっっという間の1日でしたがとにかく濃かったですし、坂本さんや中條さんともお話できて幸せすぎました!!! いや~本当に楽しくてまだ夢見心地です。まだ魂は蒲田です。
 そして、午前の部は1人参戦したのですが、午後からは毎年ご一緒して頂きありがとうございます!!! な、白湯次郎さんとでした。ありがとうございました!!!

 というわけで今年も参加しましたが、これまでは1日1公演ぐらいの参加だったものの今回は2日目入り浸りコースで昼夜・パーティ含めてチケットを確保しました。ゲームタクトさんはとにかくいろいろなことが行われる日で、分身したい! と、思うときもしばしば。ゲーム音楽好きの方でしたら最高の1日を過ごせるのではないでしょうか。大ホールでの吹奏楽やオーケストラの演奏会はもちろん、いろいろな形態での少人数での演奏を小ホールでしていたり、作曲家やゲーム業界の方だけに留まらないいろいろな方がご登壇されてのトークなどどこもかしこも大注目なのです。
 しかもその演奏会も作曲家の方が一緒に演奏されていたり、指揮をされたりなど同じ時代に生きているからこその体験ができるというこの幸せ。更には会場内を普通に歩かれているときもあったりで、「本当に実在するんだ!!」という衝撃などなどファンからすれば夢のようなひとときが存在するんですよ、凄い。
 そして演奏される方にはプロの方と有志の方々がというわけでゲームファンが作り上げるゲーム音楽という凄い形なのですよね。とにかくみなさんが楽しそうに演奏されているご様子は見ているこちらもわくわくしますし、もっと楽しくなるのです。
 それから、未プレイだったりあまりよく知らないという曲でも、「これはCD買わなきゃ! 調べなければ!」という好みの曲やゲームとの出会いにもなったりするのも嬉しいです。
 今年は、DREAMS DREAMS(NIGHTS into dreams)が完全に良すぎた出会いというか今まで知らなかったのを全力で後悔するレベルにハマる曲でした。感想でも書いていますが、演奏の音源を売って下さいお願いします!!! と切実に思っております。

tgametakt2019blog.png


 というわけで今回も例によって記憶が飛んでいることばかりですが、記憶頼りに1日分の感想を書きたいと思います。もはや演奏や曲についてではなくて思い出語りの方が多い気が…!?
 参加したのは、「吹奏楽で響かせるアクションゲームの音楽」「オーケストラで奏でるRPGの音楽」「アフターパーティー」の3つです。演奏の感想はすべての曲ではなく一部です。それ以外の物販やお昼などのことも書いています。
 

 以下、感想です。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。




gametakt20192.jpg

gametakt20193.jpg

gametakt20194.jpg

 「去年、ωさんライブでMASAさんギターでARENA聴けたのに、今年ギター中條さんで聴けるとか本当か!?」と、当日になっても夢なのでは!? なんて思いつつ会場に向かいました。年に1度の蒲田駅です。
 ちなみに後になって知ったのですがMASAさんもいらっしゃっていたのですよね!! MASAさんファンの方が「お見かけして声掛けましたよ!」と教えて下さったので、「ええええ!? じゃあどこかですれ違っていた可能性も!!?」と、勝手にどきどきしておりました(笑)

 指定席なので先に物販を覗こうと階段を降りて展示室へ向かいました。昨年も大人気の寄せ書きコーナーでしたが、今年は2日目に初めて向かったというのもありほぼ埋まっているという状態でした。やっぱり大人気ですね!
 参戦される作曲家の皆様のサインやご来場されているあの方この方その方な方々のサインも実はあるというオタカラな1枚なのでじっくり眺めるだけでも楽しいです。

gametakt20195.jpg

gametakt20196.jpg

 白湯次郎さんと午後の部の前にそれぞれ描いたのも撮りました。昨年同様息吹の飾りと天狐さんで攻める我々。今回は討鬼伝1曲もなかったのですがまた今度是非という思いも込めてでした。そして壁がぼこぼこしているので線がぼこぼこになり、ニヒルな天狐さんになりました(笑)


 時間を少し戻しまして着いた時の話です。朝礼にも少し間に合い、終了後に同じ部屋にある物販コーナーに向かいました。今回はゲームタクト公式さんとノイジークロークさんのブースで買い物をしました。



 いよいよ今週発売なプレカトゥスの天秤のサントラも先行販売されておりました! 試聴動画をノイジークロークさんがあげてくださっているのですが、これを聴いて「あ、買います」と。坂本さんファンなので買う候補ではあったのですが、先行で何が何でも買わねばならぬと!
 坂本英城さん、いとうけいすけさん、藤岡竜輔さんのファンでしたら買いの1枚ではないでしょうか。ツイートを拝見していても1日目の演奏でCD買いましたという方大勢おりましたよね。これから開封の儀をして聴き倒す予定なのですが、まずはどの曲がどなたが作曲されているか当てチャレンジを1人で開こうかなと(笑)

 あと、討鬼伝のサントラももう1枚買おうかと思ったのですが残り1枚だったので他のファンに届けーーーという思いで断念しました。

gametakt20197.jpg

 そしてゲームタクト公式ブースではパンフレットの他にオリジナルグッズを買いました!!! 坂本英城さんの缶バッジとラバストです。かわいいですよね!!? 勇なまの小林陽明さんが担当されているのでお馴染み感もあって素敵でした。
 ちなみに中條謙自さんのも購入しましたが白湯次郎さんへお渡ししました。こちらについては後ほど。この缶バッジが凄くなったのですよ!

 そしてそしてこの物販コーナーも「もしやこの方って…!!!」というお馴染みの方々が普通に座って接客を! という感じなのですよね。あれ? この方、お写真見たことあるような…というか○○さんでは…? いやでも間違っていたら失礼になってしまう…! という感じで普通に話せずだったのですがこんなチャンスないのだから話しかければよかったなぁと今になって後悔するんですよね。もっと心臓に毛を生やして伺いたいものです。



▼吹奏楽で響かせるアクションゲームの音楽

 松元宏康さんの指揮のもと、Aグループ・Bグループに分かれたそれぞれ有志で作られたゲームタクトウィンドオーケストラとブリッツ フィルハーモニー ウィンズさんでの大迫力の吹奏楽の演奏でした。
 なんとこちら100人近くの応募があったようで、凄すぎることですよね!? 吹奏楽をやっていて、かつゲーム音楽が好きな方がこんなにもいらっしゃるとは! 100人単位と言えば強豪校の部員人数並ですもんね。

 そんなみなさんの熱演に負けないくらい熱いのが松元さんの指揮&トーク、スペシャルサポーターのオザワ部長さんとさんしろう吹奏楽部さんでした。松元さんとさんしろうさんの漫才もプログラムの演目の1つかな? というくらいでしたし、オザワ部長さんとさんしろう吹奏楽部さんの参加者へのインタビューも有志の方へと吹奏楽愛に溢れるものであたたまるものでした。

 
ARENA(真・三國無双2) ゲスト奏者:中條謙自さん

 ARENAはどのタイミングで演奏されるのかな~と、パンフレットを開いた瞬間、「初っ端!!!?」と度肝抜かされたというか最初でいきなりトドメじゃないですか無双される側に!!? という感じで無双乱舞を開幕から食らいました。きっと中條さんのビール乱舞…!!! いえ、ギター乱舞!!

 そんな中條さん、ご登壇されるときもギター片手にめちゃくちゃ陽気に朝から元気に!!! という感じで初っ端から燃えまくりでございました。
 そして無双曲はライブでは聴いたことがありましたが、吹奏楽は初だったのでどういう感じになるのだろう? と、興味津々でしたがこれがまた熱いのなんの! そこに中條さんのギターが加わるわけですよ。もちろん弾かれるのは、ARENAでも特徴的なメロディ部分ですよね!! 管楽器に混ざった弦楽器1本の音は決して埋もれることなく、むしろ輝いておりました。アレンジも原曲を大事に、でも金管楽器などで更に大迫力になったり、木管楽器のぬくもりを感じさせつつも熱い旋律に心燃やすのでした。

 無双らしい疾走感、ロック感、無双感を音圧でダイレクトに感じつつこれを1度しか聴けないなんて…!! と、また聴きたいと昨日の今日で再演してほしい気持ちでいっぱいなのでした。
 とにかくARENAの良さは曲の良さですよね。聴けば分かるよさ!!! そしてどんな形態で演奏されてもその良さは損なわれることはなく、むしろ新しい発見にもつながると。名曲はずっとずっと名曲だというのを感じました。

 演奏後には中條さんと松元さんのトークもあったのです! できればネットに載っていないような秘話を…というのがあったのですが、ネットに載っているお話だったようですね(笑)
 メロウな曲調ということでボツ曲に…となりかけたところ、中條さんの押しがあって使われることになり、最新作のOROCHIでもしっかりと使用され、更にはライブでも演奏されるという愛される曲へとなっているという。ネットにも載っているということで書いてしまいましたが、御本人様の口から語られるというこのファンサに感謝しかないのでした。名曲と名演をありがとうございました! ファンは刻み込みました!!!


ギョロッチのテーマ(PATAPON)

 まさかのコールアンドレスポンス!!!
 最初に練習がありました。一緒に「ポンポンパタポン」「パタパタパタポン」と歌ったりするのですが、これ音程あるので一緒になるように歌うのですよね! ユニークな音楽なのですぐに入っていけるのも楽しかったですし、「ウーッ ヤッホッホイ」「ウハウハウハウハ」という掛け声が変わったり、ブリッツさんとのコーレスができるとか稀有な体験ですよね!?
 聴くだけでも楽しいのですが、楽器が吹けなくても歌が歌えなくてもこうして一緒に楽しめるのは嬉しいです。楽譜読めない&音痴な人間からするとこうして一緒になんて基本機会ないですしね。

 以前のゲームタクトさんで逆転裁判の「異議あり!」を一緒にやりましたが、凄く楽しくて凄く思い出に残っているのです。今回のPATAPONも同じになるであろうと思います。
 しかしギョロッチがどれなのか検索しても分からず…! めちゃくちゃ気になります。

 そしてこのあと総監督である坂本さんもご登壇されてのトークがありました!! コーレスの「パタポン」部分に対してのボケとツッコミ加減に会場が笑いの渦でしたね。坂本さんも松元さんもトーク部分が凄く面白くて、でも曲を作られる時・指揮をされる時の仕事人モードのときとのギャップが最高に美味しい御二方だなと思うのでした。


Vampire Killer(悪魔城ドラキュラ)Bloody Tears(ドラキュラII 呪いの封印)Beginning(悪魔城伝説)

 自分はゲーム歴も浅いので今回の演奏会は、殆ど未プレイかつ知らない曲が大半というものでした。それでも楽しいのがゲームタクトさんといいますか、いい曲の出会いの場なんですよね! 毎年、「うおおおこんなにいい曲があったのか!」とオタカラ発見しているのです。
 そして今回も何曲もそういったものがあったのですが、そのうちの1つがこちらの悪魔城ドラキュラシリーズです。初めて聴いてもノりやすい旋律に、どこか妖しげな部分を漂わせつつも王道の迫力あるかっこいい曲に撃ち抜かれました。こちらスマブラSPでも流れているのですね! 公式サイトで「Bloody Tears」が視聴できます。これで戦えるとかかっこよすぎて、負ける気しないというものですね! やっぱりBGMって重大ですよね。入れ込み、感情移入具合が全然変わってきますもんね。


DREAMS DREAMS(NIGHTS into dreams)

 今回のゲームタクトさんの楽曲の中で最も印象に残っているのがこの「DREAMS DREAMS」でした。
 初めて聴いた曲だったのですが、物凄くどストライクでど真ん中でした。なんと言ってもアルト・サックスの方のソロは本当にお見事の一言でした! 素敵すぎました!! サックスならではあのあの演奏。腰砕けですね。あと10回聴きたいです(笑)
 何より曲調が本当に本当に本当に本当に好きです。アマプラで検索したところぶっちぎりの評価でやはりそうですよねー! と、思ったのでした。何より今までの人生でこの曲を聴かずに過ごしていたのを後悔しているくらいなので、取り戻す勢いで聴き倒したいです。

 凄く素敵で優しくてどこか夜景が似合うような色気を漂わせつつ、でも切なさもあって…という曲調と音色がとにかく心奪われました。流れるような旋律にスタッカートが特徴的な部分が入るのですがそこがまたいいのですよね! しかもその部分をいろいろな楽器でソロが聴けたというのもあって、その楽器らしいスタッカートが堪能できたというのも美味しかったです。曲で何倍も美味しいことになっていてそういう意味でも楽しみました。
 いやはや何よりサックスのソロの歌い方、アレンジの仕方がめちゃくちゃ良かったです。むしろこの音源は本気で売って欲しいです。エンドレスで拝聴したすぎます!!!! もともとサックスは大好きな楽器なのですが、大好きな楽器が大好きな曲調を演奏する幸せが凄すぎるという当たり前のことを物凄く体感しました。まさに虜の1曲でした。


METALMAN STAGE(ロックマン2 Dr.ワイリーの謎)

 ロックマンのメドレーが〆にありました。盛り上がらないわけがないですよね!! この日、演奏前に声が1番あがったのはクラッシュ・バンディクーでしたが、2番目くらいにわっとなったのがこちらでは? という感じがしました。自分の周囲の座席は男性の方が大半だったのですが、両隣の方はもちろん周囲の方もノリノリでした。
 自分も聴いたら思わずキンブレぶんぶんしたくなる熱さだったので、周囲の方のお気持ちがとても分かりました。特にお気に入りになったのが、「METALMAN STAGE」です。最初からテンション爆発なんですが、そこに続く熱すぎる旋律が痺れるのなんの! 全体を通してスタンディングで腕ぶんぶんしながら聴きたくなるメドレーでした。あとは色々な曲で連符が結構挟まれるのですがそこがまたかっこよかったです。金管がガンガン吹く中、木管が連符をキメるというこの王道っぷりがまた吹奏楽ならでは感あって好きでした。


 そしてアンコールは全員&お客さんで楽器を持参した方も舞台にあがってのモンストでした! 中條さんもギターで参戦していて、作曲家である桑原さんもヴァイオリンで参戦されての超豪華さ! 皆さん本当に楽しそうで、自分も楽器吹けたらなぁ…いいなぁとついつい思ってしまいました。



gametakt20198.jpg

 Pizzeria B 様
 https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13156213/

 13:00終演予定だったのですが、終わったのは13:50ということで全速力で白湯次郎さんのところへ駆けつけ合流しました。
 お昼を食べましょう~ということで近くのピッツェリアBさんへ。蒲田の食事場所を調べていたのですが、日曜日定休のところが多く、会場近くで開いている貴重なお店です。
 日曜日でもランチメニューがったのでマルゲリータのサラダセットを食べました。こちらしっかり窯で焼かれる、しかも手作業でのピッツァですよ! 入ってすぐ目に入るのが窯で気分が上がりますね。その上、椅子席でも椅子の幅がかなり広いので鞄を横に置けながら食べられるというありがたさ…! 大きい鞄でも大丈夫な嬉しいです。

gametakt20199.jpg

 焼きたてピッツァは生地はもちもち、具材もやさしくシンプルに美味しいもので大満足でした!


 その後、フォローしている方に数年ぶりにご挨拶できたりととても嬉しい出来事もあり、だいぶ慌ただしくさせてしまって申し訳なさの極だったのですが本当に嬉しかったです!!! 話したいことが山ほどあったのですが気がつけば某さんのことばかりになってしまってうあああああと! 短い時間でしたがありがとうございました(涙)
 そして高解像度のお写真切実に待っております…(笑)




▼オーケストラで奏でるRPGの音楽

 岩垂徳行さん、松元宏康さんの指揮で奏でるのはゲームタクトオーケストラの皆さんです。この日のために有志募集から半年かけて練習を重ねてきたということで、本当に素敵な演奏をありがとうございました! 大編成の音圧は心地よすぎるくらいですね。個人的に印象的だったパートはコンミスの方、オーボエ、トランペットの方でした。ソロ等お見事すぎました! 素晴らしい演奏が聴けて耳の保養でした。
 そしてMCは横町藍さんなのですが、聞きやすく心地よいMCにゲーム愛が覗くコメントや皆さんとのやりとり含めて今年も凄く素敵でした! とくにタクティクスオウガのところ、ヘドバン並に頷きましたよ!! 自分もどうしても汚せなかったタイプです。そして辛い日和見ルート…(遠い目)
 


英傑~ナイツ・オブ・ラウンド討滅戦~(ファイナルファンタジーXIV)

 当日の朝に行かれる方が極限を超えてについてTLで触れていたので楽しみにしておりましたFF14メドレー。FFらしい壮大なファンタジーを感じる曲調で一気に世界に引き込まれますね!
 個人的に印象的だったのはこちらの討滅戦でした。午後の部は合唱も入るので舞台上が大変厚くなっておりましたが、そんな合唱が最初からなのが討滅戦で、和音がむちゃくちゃ好みだったのです。
 ナイツ・オブ・ラウンドというと自分の中ではFF7のあの長い演出ばかり脳内によぎるので、へぇFF14だと倒す方なのかとまずそこからでした。しかし名前に相応しい荘厳さを感じる曲ですね! そして旋律の明るめの部分が凄く印象的なのです。合唱が入る部分と言えばいいのでしょうかね、希望が見える旋律で無事に討伐できたら明るい未来が待ってるのかな? なんて想像しながらの拝聴でした。
 

回想(幻想水滸伝II)

 幻水はキャラクタの一部は知っているのですが、未プレイなのです。が、やはり聴いたことある曲が幾つかありました。
 特に印象に残っているのが「回想」でした。ピアノとホールの相性って最強で最高ですよね! 美しいの一言です。そしてこの曲のオーケストラ編成との相性の良さ…! 厚みのある弦と彩る管楽器と打楽器陣で名曲を余すことなく魅せるというのを音で堪能しました。
 未プレイなのでどういう回想シーンなのかな? と、想像しながらなのですが、プレイされている方だとどのシーンを思い浮かべるかというのもまた盛り上がりますよね。

 そしてまさかの第1部にもアンコールが! そして始まったのは「Gothic Neciord」でした。大人気の曲なのですね! 自分は知らなかったのですが、聴いて一見クラシックっぽいけれど戦闘曲っぽい! と思いながら聴いていく内にどんどん惹き込まれるのでした。
 幻水2好きの白湯次郎さんは「Gothic Neciordは、1フレーズ聴いてから戦闘を始めた」と語っておりました。同じようなファンの方多いのでは!? というかこの曲もこれを聴いたら負けられない! を地で行く曲ですね!!


Theme of Black Knight(タクティクスオウガ 運命の輪)

 タクティクスオウガはプレイしたのですが、日和見ルートでボコボコの印象が強く、崎元仁さんの名曲の数々がカチュア姉さんが覆い尽くす感がありまして、鼻歌でも歌ってみろと言われても「ミルディン」としか言えないのですが、聴いたら全部しっかり覚えておりました。
 という訳の分からん感想はさておきまして、横町藍さんのMCがとても印象的な始まりでしたね! 分かる!!!! 分かりすぎる!!!! ヴァイスと分かり合えるとそのルートでも思ってた!!! 的な。かくいう自分はミルディン命だったのでひたすらミルディンに神経注いでおりました。いいんですよミルディン…。寡黙な二枚目……。

 そんなタクティクスオウガ 運命の輪の曲では「Theme of Black Knight」を聴いて特に当時のプレイが脳みそをジェットコースターのように駆け巡っていきました。しかしやはり曲を聴くと追い詰められる感覚が(笑)運命に翻弄されたというかもはや何がよくて何がだめで自分はどうしたくて良くするにはどうすればいいのか全然分からなくなったというあのプレイ時のどきどき感。緊張感。えええええ!? という展開。
 やっぱりプレイした曲をこうして聴くと感じがまったく違いますね。とりあえず曲への感想よりもプレイ時のあの感情が強くて曲の感想どころではないというのが、これもまたゲーム音楽ならではかもしれないと思うのでした。


三人いれば…?(ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル)ゲスト指揮:谷岡久美さん

 谷岡久美さんが再びクリスタルクロニクルで指揮を! ということでファンは大歓喜ではないでしょうか。毎年ファンの方が寄せ書きを贈ってくださるそうで、そちらを持参されてご登壇されておりました。大事な宝物を抱えて話されるお姿はファンの方は泣かれた方絶対いらっしゃるのでは!? と、思いながら拝見しておりました。実際に御本人様のお手元に届くのがまず凄いですよね!
 更に今回のメドレーは普段の演奏会では選ばない曲を選出ということでとてもユニークで独特ででもかわいくてというものでした。

 そして谷岡久美さんが指揮なのですが、岩垂さんも補助的に指揮を一緒に? というはずなのですが、この演出最高すぎましたね! 最初は一応一緒に降り始めるのですが、一歩一歩後退していく岩垂さん(笑)いてね感ある目線で見つめる谷岡さん(笑)視界に入っていないすきにまた一歩下がる岩垂さん…と、下がるごとに会場がくすくすと笑い声に包まれるのも楽しかったです。演奏中だけども楽しい時は笑ってというのもゲームタクトさんならではな雰囲気かなと思いました。

 で、1番記憶に残っているのが恐らく「三人いれば…?」だと思うのですよね。金管楽器の方々がマウスピースで演奏されている曲なのですが(違っていたら直します)マッピだけの音ってなんかカエルのような感じでかわいいですよね!? それが曲調とマッチしていて、なるほどな~!! と、思うのでした。そしてマウスピースだけでしっかり吹ききれる皆さんさすがです、と。


ファルガイアの風(ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ)ゲスト指揮:なるけみちこさん ゲスト奏者:谷岡久美さん(口笛)、中條謙自さん(ギター)

 なんと! ミリオンメモリーズの曲をこうして生演奏というのは初! ということでおめでとうございました!! 更には以前の演奏会の再演が決定したり、グッズ展開やアプリのアップデートなどなど皆さんの応援あってこそな展開の数々がお知らせされ、胸が熱くなりました。好きなタイトルは全力で応援します! という気持ちで生きておりますが、自分も気を引き締めて応援しないとな! と、思うのでした。

 そしてそんな告知を行ってくださったのは今回は保安官でご登壇のなるけみちこさんです! そしてコーヒー農園ご夫婦の谷岡久美さんと中條謙自さんコンビ! 皆さん、衣装からワイルドアームズの世界を表現されていて、こういったところもまた嬉しいですよね。しかも携わっている作曲家の方が直にですよ! 凄い現実ですよこれは…。

 コーヒー農園のご夫婦の支度が整ったところでなるけさんが指揮を振り始めるのですが、これがもう最初からノリノリの曲調を全員が全身で感じながらの演奏で思わず聴いているこちらも…となりそうでした。心の中では踊るくらいの勢いでしたが! 弦メンバーもギターのようにという演奏で見た目でもワイルドアームズの世界に更に引っ張ってくれるというようなものでした。個人的にはこのファルガイアの風が特に好きでサントラ等の展開が待ち遠しいです。

 そして谷岡久美さんの口笛がご活躍! というものだったのはMillion Memoriesの方でしたよね…!? 口笛物凄く素敵でした!!! 谷岡さんと言いますと黄色というイメージがあるのですが、口笛の音色を色に表現したらまさにこの黄色だなと思う凛としてでも可愛らしさもあってという口笛とメロディに凄く感動でした。
 中條さんのギターはARENA同様ノリノリで、そしてめちゃくちゃこういう曲調が似合うな! と。カントリー系のギターもっともっと拝聴してみたくなりますね。自分、実はこの公演最善でどちらかと言えば上手側だったのでまさに間近で中條さんのギターだったんですよ。あまりの近さに衝撃が凄すぎて最初は音が脳みそから吹っ飛んだのですが、どうにか落ち着けて聴き入れました。


戦闘!野生ポケモン(ジョウト・夜)、26ばんどうろ、戦闘!ジムリーダー(カントー)、戦闘!チャンピオン(ポケットモンスター 金・銀・クリスタル)

 懐かしのポケモンですよ!!! 自分は赤緑世代なので、がっつり金・銀・クリスタルもリアル世代であります。ワタル命で、何気に自分の中の好きなキャラクタの殿堂入りしているキャラクタの1人だったりします。

 今回は作曲者として増田順一さん一之瀬剛さんがご登壇されてトークありという奇跡のような公演となって嬉しかったです。このトークでも触れられていましたが、金銀は予告出てから出るのに数年かかっているのですよね。あの当時、いつになったら金銀は出るんだろう…と、コロコロコミックを読みながらポケモンアニメを見ながら過ごしておりました。今の年齢なら数年なんてあっという間ですが、子供にとっては1年が長いので数年なんて長すぎる…というくらいだったのを思い出しました。懐かしい思い出です。
 一之瀬さんは金銀からサウンド担当ということで、当時の秘話も語ってくれました。増田さん、丸くなったエピソードというところでしょうか(笑)笑いありの和気あいあいとしたステージでとても楽しかったです。

 自分はポケモンの曲をオーケストラや吹奏楽で聴いたことはなかったので、今回がコンサートとしては初めてでした。金銀自体の演奏もなかなかレアなようで今回拝聴できてとてもよかったです!
 あのピコピコ音で聴いていた曲がオケになるとどうなるんだろう~なんて思いながら待っていたらの最初の1音で泣きそうでした。ワカバタウンから始まったのですが、銀を買ってもらってワニノコを選んでという当時の思い出が蘇ってきてもうだめでした。そして戦闘曲ですよ!! こんなに迫力が出るのか!! と、ピコピコ音でも盛り上がる曲なのですが、音の厚みと種類が増えるとこうも違うのかと凄くわくわくしました。
 そしてそのわくわくが最高潮になったのが「26ばんどうろ」でした。一之瀬さんのトークにも出てきたこの名曲。またカントーに行けるだなんて! そしてあのモブの名台詞が見れるあの場所ですよ。流れた瞬間、「カントーちほう への だいいっぽを ふみだした!」が脳内の吹き出しで出てきました。やっぱりアレンジが原曲を凄く大事にされているのを感じます。
 は~もう感動で胸いっぱいすぎると聴いていたらメドレーですので畳み掛けてくるんですよ、その畳み掛けが「戦闘!ジムリーダー(カントー)」なんですよ!? ずるくないですか!!? 最高です!!!!! まさにメドレーで旅してるじゃないですかーー!!! オケで金銀の旅ができるだなんて(涙)
 そしてやっぱりこのジムリーダー戦の曲は連符ですよね! この掻き立てる感! 絶対負けられないぞ、頑張ってくれスターミー!!! となりながら子供時代の自分はせっせと頑張ってました。なんでスターミーかというとスターミーが好きで基本6匹中6匹か5匹スターミー編成だからです。

 スイクン戦も流れてこの流れは確実にチャンピオンくる!!! と、思いながら「戦闘!チャンピオン」が流れて無事に心の中でジャンピング五体投地ですよ。金銀のチャンピオンはワタルなんですよ!!!! ああああああ!!!! ワタル好きとしては倒したくなくて一生チャンピオンでいてほしいのですが、でも倒さないとEDいけないんですよ。子供ながらに倒しても「でも最強はワタルだから!」と言っておりました(笑)
 というか四天王も入れ替えがあったりで当時、ポケモントレーナーは入れ替わりが激しいんだなぁと思ったり、とにかく聴きながら思い出しか書いていない感想になってしまいました。
 チャンピオン戦はやっぱりこの不安定になるような和音や音が自分の中では凄くスリルあって、負けたらセーブしてるし戻れないしという物理的にもスリルがあるという中での曲なので、今も聴くと燃える反面、「セーブしてるしやばい」という気持ちになるのでした。

 とにかくオケ編成の豪華さに物凄く感激でしたし、メドレーの順番と選曲が神がかっていてそういう意味でも印象的な公演でした。
 話は金銀から変わるのですが、自分がプレイしたことあるポケモンの中で1番好きなのがダイパの「ギンガ団アジト」なんですよ。あれと一度生演奏で聴いてみたいというのがあるのですが、あるのでしょうかね。今度からポケモン関連もチェックせねば。あとはみんなだいすきシロナ戦の前奏部分とでも言えばいいんですかね。あのピアノ曲です。拝聴したいです。


 そしてアンコールの1つがみんなだいすきビッグブリッヂの死闘だったのです!!! ビッグブリッヂざんまいのCDをTGSで買ったので今それを流しながら思い出しておりますが、ビッグブリッヂの死闘はやっぱり大編成は迫力凄すぎますよね!? ピアノソロでも聴いたことがありますが、そちらも好きですし、どの編成でも何度聴いても燃えるお約束曲的なものはやはりいいですね。




アフターパーティー

 凄かった~とオケの終演後に時計を見たらアフターパーティー開始の時間になっていて大慌てで向かいました。
 受付のところでは20歳以上の確認があり、腕に紙を巻いて飲酒許可完了です! ケータリングはサンドイッチとかかな? とか思っていたのですが想像以上におしゃれかつ色々で、最初の頃に来れたのもあり全種類1つずつ頂くくらいの勢いで皿に盛ってテーブルに着きました。もちろん立食です。
 自分と白湯次郎さんはアフターパーティーの参加は初めてだったのですが、何度も参戦されているジュンさんが見つけてくださって声までかけて頂き…! 本当にありがとうございました。

 飲み物はビールにして待っていれば坂本さん方がご登場されて挨拶になりました。ここで坂本さんが話してくださったことが凄く心に残っております。まさにそれです分かります!! というのがこの日の演奏会で何度あったか。以前に比べたら今日もどこかでゲーム音楽のコンサートが…という世の中にはなってきましたが、それでもゲーム好きな人でないと聴く機会はどうしても少なくなってしまいますよね。自分の母親も、流している曲がゲーム音楽だと分かると「いい曲がいっぱいだ」とそこで初めて知るという感じで。この先5年、10年後はどうなっているのか。もっともっと楽しい未来が待っていると信じております。

 じ~んとしながらも乾杯の音頭はやはりビール王、中條さんでした!! かんぱーい!!! と、みんなでしたらもうそこはカオス空間ですよ。皆さん思い思いにお話されたりサインを頂いたり、写真を撮ったりで、会場中が笑顔で溢れていました。
 自分も白湯次郎さんとジュンさんと乾杯していたら、同じテーブルの目の前に岩垂さんがいて目玉が飛び出ました。しかも振り向けば後ろには坂本さん!!! 神々のような方々が身近どころか目の前とか隣とか後ろとかですよ!!! なんという豪華すぎる空間……。
 とりあえずは腹を満たしてと黙々と食べていたら隣にいらっしゃったのが中條さんですよ!!!! ぎゃああああああ!!!! と、心の中で叫びつつ、スーパーノリが良すぎて10年来の友達かい? というくらいに気さくな中條さんが普通に「かんぱーい!」と仰ってくれるんですよ! 凄い…なにこの奇跡は……。これは現実なのか!? と、思いつつ「ARENAめちゃめちゃよかったです!」とお話して、以前のω-Forceさんのライブのことなども話しました。MASAさんとのやりとり話に笑いに花が咲きながらですよ凄すぎる。
 話しているとファンの方が写真を一緒にとだったので、「ビール貸して~!」と中條さんにビールをお貸ししました。開始数分でしたがすでにカップ重なってましたね。さすがビール王…!

 とにかくまさか本当にお話できるとはーーー!!!! ということで感激でした。自分なんか本当に新参者過ぎて神々の隣にとか恐れ多すぎてやばいくらいなのですが、気さくな御方過ぎて感動でいっぱいでした。その後、白湯次郎さんとサインと写真も一緒に撮ってもらいました! ジュンさん、シャッター押してくださって&ペンも貸して頂きありがとうございました。

 で、ここで凄いのができあがったのですよ。自画自賛するんですけどこれはもう凄い真・三國無双っぷりが出ているというか呂布や張遼くらい強いんじゃないかなと思えるくらいの1枚が!!!!

gametakt201910.jpg

 何にサインしていただこうか…と、悩んだ末に御本人様映っていないのに失礼かなと思いつつ笑って書いてくださったのでよかったです!!!!
 この写真、真・三國無双8の完成発表会のときのなのですがこれはもう真・三國無双っぷりを詰めるしかないとサインをお願いしたのです。最初、「鈴木さんの顔に被っちゃうかな~。笑」と仰っていたのですが、お身体のところに! しかも名前入り!!!! ぎゃあああああという感じですよねもう!!! このあとお写真も撮らせて頂いたのですが、「俺と撮ったのに今度鈴木さんのサインね。笑」とお言葉を頂きました。鈴木P氏や宮内D氏に出会えるチャンスはすこぶる難しいのですが、いつか…!! いつか!!!!

 そして中條さんの缶バッジを白湯次郎さんにお渡ししまして、サイン頂いたのですがこれ実は裏面も入ってるんですよ!!! 「小さくなっちゃうから、裏に大きいのもね」と!!!! 凄すぎます!!!! 1つの缶バッジで2つのサイン入りですよ超豪華じゃないですか。これ1つでTREASURE BOXですよ。
 実は白湯次郎さん、ωさんのライブでMASAさんのピックを受け取った方でして、この写真にピックがあれば完全完璧真・三國無双な1枚じゃないですか!!? と盛り上がったのでした。これは自慢の1枚になってしまいましたよ…ごくり…。自分で言うのもあれですけどオタカラすぎるものになりました。中條さん、本当にありがとうございました! これからも楽曲にギターにビールにと楽しみにしております。


 続いて、坂本さんの元へ向かうのですが列が! 最後尾に並んで話すことをまとめていたのですがいつも支離滅裂かつ全然関係ないことばかりになってしまって大後悔ばかりなのですが、今回も1番伝えるべき「楽しかったです!!!!」を最初に言えずに大後悔ですよ…。何度お話しても緊張で慣れなさすぎると言いますか、言葉に詰まるといいますか。神々を前にして民はもはやひれ伏すのみですよ。
 というわけで今年は演奏していない討鬼伝と文アルの話を初っ端にしてしまい、でも討鬼伝へのプッシュは忘れず、プレ天の曲凄く好きですとお伝えはできてよかったです!! サインもまた頂いてしまい、写真も撮らせて頂き、何事にも替えられない時間になりました。いつも人生に潤いと楽しさをありがとうございます。坂本さんの生み出す曲は命の水です。
 そしてせっかくなので坂本さん缶バッジにもサインしていただけばよかったーーーと今思ったので、いつかのためにとっておこうと思います。ラバストも飾らねば!!
 話がそれますが、坂本さんには基本プレゼントBOX等があれば差し入れとしてお手紙ともども大体預けているのです。今回初めて自画像に挑戦したのです。それが上に描いたものなのですが最新の髪型でないことに気付いて、次は変更せねば! と思ったのでした。あともっと似せられるように頑張りたいです。

 そんなこんなで電車の時間の関係上、早めに離脱をして帰路につきました。ふたりとも帰り道は「凄い…凄かったですね…凄い…」のオンパレードでした。まさに夢のような時間としか表現できないですよね!!!
 演奏だけでも楽しいのに、更にはお話できたりサインだったり写真だったりと手元に残るものもお土産にできたりと、1年に1回の最高に贅沢な時間だと思っています。入り浸りのゲームタクトさん初めてでしたが、大大大満足です!! また次を期待しています。楽しい1日を本当にどうもありがとうございました!!! 携わったすべての人に感謝申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. ウル | URL | C7/dE5B6

    レポありがとうございました

    こんにちは、今回のゲームタクトのレポを探しててたどり着いた者です。
    私もRPG曲のオーケストラは聴きに行きましたがすごく良かったですよね、感動が蘇りました。
    また、私は参加しなかったアフターパーティーの様子が知れたのも良かったです。
    詳細な熱いレポありがとうございました!コメント失礼しました。

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    >ウルさん

     ウルさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
     たどり着いて下さったことだけでも嬉しいですが、こうしてコメントまでいただけて大変光栄ですし、励みになります。重ね重ねありがとうございました。

     RPGのオケを聴きに行かれたのですね!
     最初から最後まで熱量・音圧共に圧倒的で凄かった演奏会でしたね。
     それぞれ思い入れあるタイトルはもちろんですが、知らない曲でもこれがよかったから検索して調べてみようとなれるのも楽しいですし、今年も凄く楽しいゲームタクトさんでした。

     アフターパーティーは初でしたが参戦して本当によかったと心から思いました。参加者の皆さんはそうですが、ご登壇された方々もとても気さくでお優しく、お話できるという貴重すぎる機会なのでウルさんも気になりましたらおすすめしますと書きたいと思います。
     こちらこそありがとうございました! 次の開催もあると信じて待ちたいですね。

  3. 桜 | URL | -

    レポありがとうございます

    ゲームタクト参戦お疲れ様でした!
    そして、毎度行ってないのに行った気になるわかりやすいレポありがとうございます。
    にしてもあの神曲を初っ端とはスタッフおそるべし…
    今年は結局仕事で参戦早々に諦めてこちらの記事を待ってたので即拝見させて頂きました。
    そしてですよ、アフターパーティとかあったんですね!
    坂本さん真後ろで直にお話とか自分だったら卒倒する自信あります…w
    全モノノフの想いを坂本さんにぶつけて頂いてもう感謝ですよと。
    自分もコエテクさんにご意見な形で討鬼伝続編の希望は出してはいるのですが…!
    なんとか…出てほしいですね…

    少し先になりますが6周年共闘会のレポも心待ちにしております〜

  4. マリ | URL | 1JkepbtE

    >桜さん

     桜さん、コメントありがとうございます。
     そしてお疲れ様でした! こちらこそ読んで頂き本当に本当に嬉しいです。ありがとうございます!!

     ARENAを初っ端って凄いですよね!!?
     パンフレットでも読むか~と座席で開いて目玉が三国時代まで吹っ飛んだ勢いでしたね(笑)しかも中條さんご自身の参戦ですよ! 凄すぎて…ありがたやゲームタクトさんという感じです。

     アフターパーティーは毎年開催されているのですよ~!
     今年は思い切ってと参加したのですが参加して2000%よかったなと思いました。
     坂本さん真後ろにいて目の前に岩垂さんに隣に中條さんとかここは地上の楽園かな? という感じですよね! 凄い…。神々と一緒にカップぶつけて乾杯とか何この奇跡は…と思いながら過ごしておりました。
     坂本さん、何度かお話させて頂いたことはあるのですがいつ拝んでも神々しいオーラが凄すぎて庶民の脳みその思考停止させるくらいの御方であります…!
     会場に他にも討鬼伝極のサントラにサイン頂いていた方お見かけしたのでモノノフさん他にもでございますね。

     自分も思いは直に!!! なのですが、おがP様のライブのときの言葉を信じたいと思います。

     共闘会のもありがとうございます! 参加してくださった方が楽しい時間だったなと思えて頂けるようにはしたいですね…! こちらも感想は書く予定ですので、またよろしくお願いいたします。

  5. 秋実 | URL | BoheOJYw

    参加&レポお疲れ様でした!!

    こんばんは♪今更ですが、レポ読ませて頂きました!!
    マリさん大興奮の理由、とくと理解✨w
    驚きと興奮のジェットコースターですね、読んでるだけで行った気になります(´ω`*)

    演奏もそうですが、アフターパーティーこわすぎます…神しかおらん空間とか無理すぎて…;;
    しかし貴重な体験やお土産、お宝、素晴らしい👏✨
    鬼討ちプッシュもありがとうございます!!という感じで、流石の熱量マリさんです💕

    今回は一曲もなかったのが残念でしたね…新曲やら何やらで難しいところでしたかね。
    色んなゲームがあるし、その中で選んでくれるのがどれだけありがたいかってことも痛感します;
    次回は、一曲でもあればいいですなぁ~!!

    公式のコンサートでも全然いいのですがね…と∞回でも話しますですw

  6. マリ | URL | 1JkepbtE

    >秋実さん

     秋実さん、コメントありがとうございます。
     いつもいつもいつも本当にありがとうございます!!!
     いや~めちゃくちゃ楽しかったですしタマハミ過ぎて夢幻の如くなりって感じですけどしっかり現実として刻み込まれております!!!

     アフターパーティー恐ろしいですよね!!?(褒め言葉)
     偶然とはいえ、目の前に岩垂さんやってこられたときになんだこのテーブルは神々の集いか!? ってなりましたけど神々の集いでした(真顔)ただの人間がご同席してすみません!!
     貴重すぎる体験に、楽しすぎた時間にと本当に幸せ空間&時間!!! 鬼退治もそうですし、無双もそうですし、コエテクさん関連また色々あってほしいですよね! 本家でもこういった外部でも。

     今回は1曲も…だったので、本当に仰る通り、幅広いタイトルでしかも坂本さん自体もたくさんの曲を書かれるなかで演奏があったことが奇跡のようなものでしたよね!!
     またどこかで聴ける日がくると信じてます!!! そして同じく公式コンサートですよーーー自分も今後もやるまで話し続けますが、他のブランドは積極的にコンサートあるのに何故にωさんだけ…? となっているので今後もアンケートや要望やらでひたすら言い続けたいのでありました。
     自社ホールでせっかくならやってほしいですよね! ライブ形式でも嬉しいですし、でもコンサートも!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)