SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE | 隻狼 プレイ日記3

2019年07月22日

sekiro47.jpg

netabare.jpg

 今は節分じゃないのであなたの出番じゃないです!!! というかその技とかいつの間にここはDEAD OR ALIVEの会場に…!!? という感じで最初の画面から狼のセクシーポーズになってしまいましたが私は元気です。むしろだからこそ元気かもしれないですね(笑)
 前回過去編に飛び、中ボスで完全に心が折れかけたというかゲーム自体が別の所やったほうがいいよとアドバイスして下さったのですが、本当に別のところで大正解でした。自分のような雑魚には進め方が間違っていたようで、最初にこっちを進めるべきだったようです。
 が! 過去編で拾える義手忍具がいくつかあってそれが現代編で役立っているので、どちらかで詰まったらもう片方を進めるという感じなのでしょうか。

sekiro48.jpg

 実に10日くらいに遊んだので、まずは其処許、死なず半兵衛殿と手合わせで操作方法を思い出したのでござった。半兵衛便利すぎますね。むしろ荒れ寺のマスコットですよね、彼。賽銭箱に何か入ってたこと1度もないですけどいつか入るって信じてるんですよ其処許は! 家にも1人半兵衛欲しいです!!!!

 そして画像はかっこよく背景と共に決める狼殿ですが、このあと10秒位で死ぬので楽しいですね!! やったー!!! というヤケクソのテンションで遊んでいるSEKIROです。


 以下ネタバレなので続きに。流血表現注意。
 葦名城城下~大手門の鬼形部を倒したところまで。
 スマホの方はmoreを押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。





sekiro49.jpg

 現代編って確か死にかけの野上の倅とばーちゃんのところからだったよな…そんでもってその先に進むと大砲持ったやつがいて瞬殺されてここは大坂の陣でお前は真田丸かコンチクショー!!! となったところからだったはず…
 と、記憶を手繰り大砲野郎のところまでいきます。自分は忍ばないニンジャなので正面突破しようとしたところ瞬殺されたので、忍ぶニンジャに変化ですよ。でもこの道一本しかないしなぁ…と、崖から落ちそうになる寸前のところまで行き下を見下ろせば降りれる所あるじゃありませんか!! 大砲野郎を正面に、左側から降りてこのまま忍殺ですよやったーーー!!!
 やはりこのゲームはアサクリ精神大事ですね。が、アサクリも途中から面倒になって、うるせー俺は逃げも隠れもしねぇ!!! と、突撃してアサシンというよりバーサーカーになっていました。しかしSEKIROはバーサーカーでやると全然進まないので忍ぶ精神大事に頑張ります。

sekiro50.jpg

 あれ? この影は九郎殿では? と、話しかけたら会話があるのですがエマじゃないですかこの女性。長くお仕えしているんですね。というかこの話って過去編の平田屋敷襲撃時のことですよね? あの過去のお話しもどうなっているのか気になるんですよ!! どうしてああなっているのか気になりすぎるものの自分の腕が未熟すぎてあだ名マルマインに勝てないのが…。

sekiro51.jpg

 また「あの夜」!!! 意味深すぎる「あの夜」ですが、これって過去編のことを指してるということで合っているんでしょうか。
 しかもこの商人、過去編で途中で出会ったお宝の在り処を教えてくれた無害なNPCですよね? SEKIRO内で人を見るとまず殺されると思うので殺すという殺気に溢れたプレイしているのですが、忍殺できなかったので安堵したんですよ。恐ろしい判断の仕方、それがSEKIRO。

 というわけでこの盗っ人は心を入れ替えて情報屋も兼ねた物売りになったようで早速情報を買いました。
 あの時なんでこんなに立派であんなに凄い平田屋敷があれほどの襲撃を受けたのか謎でしたが、先だっての戦の折のため若い侍がほとんど出払っていたと。襲撃にもってこいな日だったんですね。
 それでもってこの元盗っ人、この先に控えている赤鬼に効果がある火が出る筒の覚書の情報も売ってくれるんですよ!! まぁもう既に持ってるんですがね!! 火がぼーぼーなきっと忍者の道具らしい物を! しかし有益な情報を教えてくれるならこの先も楽しみですよ。名前も穴山というのが分かりましたし。しかし山内と言い山が付く名前多いですねこの辺り。


sekiro52.jpg

 そしていざ中ボスの赤鬼!
 火が効くというのというので火吹き筒と油を装備し、まずは周囲にいる盗み聞きできる雑魚を忍殺と普通に倒すので始末します。そして赤鬼に近づくとフラグ通り、やっぱり縛るだけでは全然駄目なようで普通に襲ってきます。そして初見は普通に死んだので、死にながら「いやいやこいつ縛った奴が凄すぎだろ…どんだけ凄腕なんだよ…もしあの雑魚たちが縛ったのだとしたら雑魚なんてお呼びしては大変失礼では?」となりますよね普通に。一体誰があいつを縛ったんだ…むしろ縛れるくらいにまでしたのも誰なんだ凄すぎる…となりながら何戦かやったら倒せました。

 ▼赤鬼メモ
 ・最初に近づいて一気に穴山のところまで逃げて発見マークを消す
 ・背後から忍殺で1回分減らす
 ・弾くのではなく基本回避

 この3つを守りながら隙きを見てちまちま攻撃していたところ勝てました!
 火吹き筒があると楽ですがなくても倒せますね。なぜなら自分のようにアクションが苦手な人間はまず死にすぎて忍具使うためのアイテムの形代が足りなくなるんですよ。形代は買えますが、そもそも銭がないんです(笑)銭を得ようとすれば死んで更に失うなんてこともザラですので、基本節約プレイしかできぬと。でも下手くそだからこそ怯みなどをとれる物は使いたいと! このジレンマ。仁王でもまさにこれでしたがSEKIROでも変わらずこれとの戦いだと思うのでした。

 そんな貧乏プレイの中、無事にとどめ忍殺まで持っていけましたがこれかっこいいですね!! 狼めちゃくちゃ頭掴まれているというのに構わずトドメを刺すというのが!!! 痺れる格好良さです。これまでの戦いがどんだけ情けなくともトドメは格好いいのですべてチャラですよ。


 弥山院に比べたら全然楽だったなと安心した赤鬼を倒して先に進めば、遠くのものを見るための竹筒を入手しました。これを使えば敵がどういう動きで巡回しているかや人数が分かるのでお助けアイテムですね。
 寄鷹の衆というのが葦名一心お抱えの忍びらしく、この竹筒を使ってるんですね。こういうアイテム内の説明が死に継ぐ死の合間の休息ですよ…(遠い目)

sekiro53.jpg

 そして、んじゃどういう感じかね? と、筒で見てみたらどう見ても中ボスです!!! という御仁と多すぎる見張りに卒倒でした。
 最初はこの画像で言う左回りで攻め込んだのですが最初の1人を忍殺したところで覗き見したところ全員こっち向きなんですよ。これ絶対方向間違えた。これじゃ忍殺できないわどうすんべ…となりながらまぁ雑魚2人くらいならイケるか? と突撃したところ応援呼びやがる野郎がいて2人どころかあっというまに5、6人に囲まれて為す術なく死んだのでした。
 こいつらがいたら絶対過去編は起きてなかったわ…きっと平田屋敷に救援か増援行っただろうしそうなると野盗程度でこの守備突破できなさすぎでしょう…となりながらのリベンジです。しかし衰退見せててこの強さって全盛期考えたくないですね…よかった全盛期の葦名家じゃなくて…。

 というわけで右側から攻めることにしました。
 この屋根から右側につたっていくと下に降りられて鉤縄で飛び移れる場所があるのです。その前に銃持ちの敵に気づかれて正確無比すぎる狙撃をされるので手裏剣で仕留めます。SEKIROの世界の雑魚は雑魚でも金メダリスト並のスナイパーですから恐ろしいですよ。
 その後も敵に気付かれても雑魚であれば視界からそれれば高確率でマークが外れるので忍殺で一人一人確実に仕留めます。うまく決まり続けると楽しいですよね! これぞニンジャ感!

sekiro54.jpg

 そして中ボスも背後から忍殺ができるので1度忍殺してあと1回! というところからなのですが…、こいつも山内じゃないですか!!!!! 葦名家の中の山内族の強さ凄いですね!!? 忘れないよ山内…と、最初に宣言しましたがまさかここでも身内だろう人が出てくるなんて…。山内族はあと何人いるのか…!
 この山内は最初の山内よりも強く、しっかり弾いて弾いてとやらないと怒涛の攻撃してきますね。二度あることは三度あると言いますし、きっとまた山内の真打ちが出てくるのではなかろうかと思っております。君のことも忘れないよ山内……。そして真・山内は存在するのか!

sekiro55.jpg

 そんな山内がいた場所の右側にも行ける道があったので進んでみたらこんな貼り紙が……。あ、これは自分には今はもちろん後も絶対無理ですね!? となりそうな気配しかしませんよ。しかしご丁寧に警告してくださるのはありがたいですね。そしてこの手前でとれるアイテムがきっと重要なのだろうなと思いつつ1つしかないので、もう少し己を鍛えてから挑もうと思います。
 しかし首なしってことはビジュアル怖いってことですよね? 朝~昼に遭遇しないと……。


 この辺りで一旦寺に戻りました。エマと話せば竜咳の話題が出ており治す方法を探り中だそうです。もう殆どの方竜咳ですからね! 無事なのエマと半兵衛くらいでは!!?
 しかし竜咳になるとなった人たちと話す度に咳こまれるのと喋りにくそうな様子で物凄く罪悪感ありますねこれ……。すべては自分の貧弱な腕前のせいなのですが……。

 どうすりゃ治るんだろうなぁ…と悲しみながら進むと地響きするんですよ。もしかしてこの山は火山で噴火するのか? と、ぼやきながら谷を落下しつつ鉤縄でびゅんんびゅん楽しく移動していたら何か見えたんですよ…

sekiro56.jpg

 は? 遠近法なんかおかしくないですか? 狼の方が手前なんですけど奥にいる貴方様の方が大きいですよね??

sekiro57.jpg

sekiro58.jpg

 いやいやいやいやいやデカすぎでしょう!!!!!! この世ーはーでっかい蛇の島!!! にいつからなったんですかね!? 宝島にしてくれよ頼む!!!!!!
 と、ぎゃーぎゃー言いながらあっちこっち行っていたら即死ですよ。もう笑えますね。強すぎる…。というかこんな蛇いるなら平田屋敷もこういうのいるところにお屋敷作ってくれ頼む!!! 
 という感じでとにかく蛇は一撃が致命傷なので食らったらアウトですよ。とにかくしゃがんだりして気配を消し、洞窟があれば逃げ込み、だがしかしジャンプして先へと進まねばならずというこの地獄。忍びなら口寄せでナメクジ呼んでくれよ! そしたら勝てる!!! というどこのNARUT○の世界だという話ですが本気でそう思いました。

sekiro59.jpg

 谷を降りつつ洞窟で身を隠しつつとにかく道なりに進むと途中で意味深すぎる籠が置いてあるんですよ。この画像で言うとちょうど蛇の下あたりに四角い影が。
 訳の分からんまま近づくとここに潜り込めたのです。でも何故かこの蛇、洞窟とか草むらは容赦なく叩き潰すのにこの籠だけは潰さないんですよ。そもそもこの蛇と雪の中これだけ残っている籠って何かもう最強なのでは? むしろ九郎様この籠にいるのが1番安全なのでは??

sekiro60.jpg

 何かここにいると安全だな…と隠れていたら何か目がめっちゃ近いんですよ。これどう見ても見えてるでしょう。バレバレでしょう。バレてないわけないじゃん!? と、思っていたら忍殺マークが目に出たので慌ててR1ボタン押して攻撃しました。
 ええええ、狼こんな大蛇まで倒せるの凄くね!? と、ぼけーっと見てたら痛さでのたうち回っているだけでとどめ忍殺はできないようです。しかもこの暴れも少ししか持たず普通に戻るのでぼやぼやしてるとまた叩き潰されます。方向音痴な自分は、次どこ進めばいいんだよ!!! つーか蛇がジタバタしすぎて景色分からん! 静かにしてくれ!! という感じであっちこっち行っていたら何度か死にました。
 正解のルートは籠の奥でして、ダッシュで逃げると鉤縄使ってポンポン上に登っていけます。ただし蛇が普通に戻ると普通に攻撃されて死ぬので忍殺したら一心不乱に向かわないと駄目なようですね。迷子はこういうところでも死を重ねるので、お陰様で自分のSEKIROの世界での流行の最先端は竜咳ですよ。混沌。


 蛇恐ろしや…というよりもなんちゅーとこに城作ってんねん! というツッコミ入りそうな現場でしたが、そこを抜ければ大手門に形部様がいるという情報が入りました。あの方がいれば葦名も安心ということでツワモノなのだなというかフラグばりばりじゃないですか。

sekiro61.jpg

 更に進めば今度は九郎様と弦一郎ですよ。津田さんボイスが相変わらず渋いなぁと聞き惚れますが、どうやらこの会話は現在の…なのでしょうかね。迎えに来ないのは狼のことかなと思っているのですが…。しかしこの九郎様の考えと弦一郎の考えのぶつかり合い、そしてこの先の行方がどうなるのか気になりすぎます!

 そしてその先に進むと開けた場所があるんですよ。あ~これ絶対ボスフラグじゃないですか。しかもさっき噂してた安泰なってくらい強い形部様ですよね? 一体どんな方なんじゃ…と、進んでみたらの…

sekiro62.jpg

 馬乗ってるんですけど!!! ずるくないですか!!!? いやいやこっち人間の足なんですけど!!! いやそれどう考えても卑怯では?!! 正々堂々戦おう?!!!! という精一杯の主張をしますがボコボコにされました。1人だけ馬使うなんて卑怯者すぎるぞこやつめ…と、思うのですがよく考えたら狼なんて回生使えますもんね。馬くらい認めねば。

sekiro63.jpg

 毎度毎度威勢の良すぎるご登場のされ方をする鬼庭形部雅孝殿ですが、この人最初の挨拶の途中で攻撃すると怒るのに笑いました。細かいですねこういうところ!!! 仁王でもほにゃららが喋っている最中にぶつけると怒られますし、最後までちゃんと聞くとトロフィー貰えたりしてげらげら笑った過去があるのですが、こういうネタ大好き人間なので嬉しいです。

 この後、追いかけっこすぎて全然攻撃できないぞとなったので一旦戻りまして、鉤縄攻撃のスキルをまず得ました。鬼形部殿、途中鉤縄マーク出るのでそれを使うと一気に近づけるんですよね。その時に攻撃できるので、数少ない攻撃チャンスをものにするためにはこれしかないと。
 そして、そういえば愛馬が爆竹に驚いて…という悲しむ敵がいたなと思い出して爆竹を用意しようと思うもそういえば銭がなくて買えなかったことに気付き、銭を稼いて飛びました。

sekiro64.jpg

 この黒いテントのところでロバトの爆竹が買えました。500銭はなかなか厳しいですよ自分には…。しかしアイテムの銭袋とそこらの雑魚狩りをしてどうにか用意しました。少しでも足止めできるものは作らねばですよ!! そして寺に戻って義手忍具に仕込んでもらいました。

sekiro65.jpg

 そのときエマ殿が仏師のところにいて竜咳のことを調べていると。物騒なものを要求されますが、すでにここらの仲間の方はみんな竜咳なので、どこでも誰でも取ってこれるというお手軽さ。嬉しくない出来事ですね(笑)この塊は1つでいいので1人に話しかけて貰うと選択すれば大丈夫でした。これでエマ殿の研究が進めばいいのですが…。


 というわけで気を取り直して再戦です。
 絶対倒してやる精神でとにかく深追いせず、ひたすらガード。狼のガードの体勢が崩れたらL1を何度か押して鬼形部の方に身体を向けてガード。鉤縄マークが出たらすかさず鉤縄で飛んで攻撃。あとは鬼形部が槍の攻撃を何度かしてきて地面に槍ささったときが攻撃のチャンスなのでそこで2、3度攻撃。あとたまに馬が怯むのでその時には5回くらい攻撃しました。
 あとは攻撃チャンスの時に爆竹を使用して怯んだところで攻撃も何度かというのを繰り返し、1度目の忍殺をし後半戦に。後半の頭くらいで今までにない攻撃をしてくるんですよね。これが食らうと物凄く痛いので、変な突きのモーションをしてきたらガードしつつ後ろに下がりつつで対処しました。鬼形部は回避よりも断然ガードだなと。
 後半はもう爆竹使ってるどころではなく集中力との戦いですし、何か鬼形部は「弦一郎は荷を背負いすぎている」とかドラマティックなこと言ってますし、そういうのは戦ってない時に言ってくれーー!!! と、思いながらひたすらガードガードガード、鉤縄、たまに攻撃でついに2回目の忍殺マークが!!!

sekiro66.jpg

sekiro67.jpg

 あああああああああああやったーーー!!!!! と、コントローラー握りながらコロンビアポーズでした!!!!

sekiro68.jpg

 嬉しいです!!! 初めてのボスが倒せました!!!! それでもって侍らしい最期でしたね、鬼形部!!! そしてこの画面の忍殺の文字が嬉しいの何の! 更にトロフィーまで!! いや~とにかく嬉しかったです!!! 死にゲーは心も折れますが、こうして倒せたときに達成感も凄いですよね。いやはや本当に嬉しいです!!!
 鬼形部を倒したあとは戦いの記憶が貰えました。これで攻め力を成長することができるようです。即行で使って上げましたよ。腕がない自分には成長要素は命綱ですからね…。あとは忍義手の強化用のアイテムも貰えました。仏師には元気になってもらってこれからもどしどしお世話になりますよ。
 そして戦いの記憶を早速使って驚いたのは鬼形部の元々の職業ですよ。これって過去編の襲撃と関係あるんでしょうか? それとも別のなのか。弦一郎は逆に鬼形部のことをどう思っているのかも気になるのでした。


sekiro69.jpg

 鬼形部と反対側の方にいくと何か見たことのない派手な服の人たちが倒れてるんですよ。ちょっと待ったこの白覆面めっちゃ好きなんですけど……トゥンク…となったため慌ててスクショ撮ったのですが、めちゃくちゃ始末されてますよね。しかもここにきて突然現れたので鬼形部殿とは関係なさそうですし、一体…? と思いながら進むと建物の中に人が…

sekiro70.jpg

 大太刀持っていて物凄く背が高いですし何者なんだこいつ…と、なっていれば自己紹介してくれました。どうやら狼には好意的なようですね。鼠がたくさん忍び込んでいる葦名の中で鼠狩りをしているのがこの天狗らしいですが、つまりこの派手な白覆面は鼠ってことですよね。一体何者なのか…。物凄く好みなので詳細知りたいんですよね天狗殿ー! 天狗殿にとっては狩る対象でしかないと思うのですが…!!
 そんなこんなで鼠相書きをもらいました。大手門辺りなど怪しと書いてあるのでこの先すぐのところにいるのでしょうか? 見当がつかないので見つかるか分かりませんが見つけたいです。
 それにしてもこの天狗のいる場所の横に老婆がいるんですよ。無傷な上にこの戦い&鼠狩りが行われたすぐ横で平然としているこの肝のすわり方…!! 只者ではない一般人多すぎなんですけど…。


 1番の一般人は自分の動かす狼でしかないこのSEKIRO。今後どういう敵が出てくるのか! もうここで完全に詰んだ! となるのか、進められるのか! 全然分かりませんがこの後も気になりすぎるので頑張りたいと思います。尚、更新が途絶えていた場合は、全然進められていないのだなという証です(笑)
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)