討鬼伝2 祝・3周年おめでとうございます!!!

2019年07月28日

3thtoukiden2b.png

 本日、7月28日は討鬼伝2のお誕生日ということでおめでとうございます!!! もう3年経ってるの!? と、驚きでいっぱいです。去年発売されたくらいの気持ちですよ。

 マホロバに舞台を移して更にオープンワールドへ挑戦された本作。鬼ノ手アクションなど、アクションの面白さは2はまさにやみつきになるのではないでしょうか。
 討鬼伝シリーズはその世界観ももちろん大好きでのめり込んでおりますが、ウタカタまでのお話しで、異界の隅々まで歩いてみたかった! 繋がり部分の様子や全体的な様子がどうなっているのか気になる! 里の作りも! というのがマホロバで実現したのが何よりも嬉しかったです。ウタカタの異界もスターズで繋ぎの部分が判明してタマハミでしたが、マホロバは全部ですしね!
 地図を埋めるのも楽しかったですし、隅々まで歩いたと思っていたらこんなとこは知らんかった! というような場所もあったりで歩くのも楽しいのが2の印象に残っているところです。

 更に討鬼伝と言えば! なお話やキャラクタは2でも本当にとにかく泣きまくりましたし、みんな大好きですし、やっぱりそこは討鬼伝だなというのを強く感じました。特に九葉さんについては完全にヒロインの立場になっておられて、あれやこれや含めて泣き倒した勢いです。本人がいないところでは認めているのを口に出す所も荒ぶりましたし、それがあったからこその今ということでウタカタで起きたことも2をプレイしてからでは九葉さんはこういう風に思っていたのかな? などと違う方向からも色々と考えられるのでより深みが増しました。
 あとは個人的に2はプレイする前と後でハマったキャラクタが異なる部分が印象的です。極まではプレイ前から速鳥さんでプレイ後も速鳥さんで今も速鳥さんなのですが、2はプレイ前は神無にハマるかな~と思っていたのです。しかしプレイしたらすっかり八雲に落ち着いたんですよね。完全に落ちたのはあの近衛とサムライが刀を抜き合うあのムービーです。すぐにかぐや様を後ろに控えさせて、人相手であろうと刀を抜くあの姿。色々な思いが交差し合うあのムービーは何度見ても悲しみもあるのに心も震えるのです。プレイ前はどう見てもこの人三枚目枠だろと思っていたのですが、面白さもありつつしっかり魅せる所や真面目な所、心境の変化も混ぜつつ凄く素敵なキャラクタだなと、最終的にそこに落ち着いたのです。
 今の所双刀キャラクタに傾倒しているので、いつかあると信じている次の展開でも双刀キャラクタに落ち着くのかどうなるのか、というのもとても楽しみです!

 また、恒例の坂本さん話で恐縮ですが2も音楽最高の最高の最高ですよね!!!
 何度か書いていますが、最初2のテーマ曲を「カシリ-呪詛-」と勘違いしていたのですよね。カシリのテーマだと知らなかったあのPV発表当時。これがテーマか~2もかっこよすぎだな!!! と、思っていたらまさかの1つの鬼のテーマ曲だったと(笑)そんな勘違いも懐かしい思い出です。ωさんライブでまさかバンド版で拝聴できる日がくるとは思わずで更にタマハミしたのも今も記憶に新しいです。
 2で気に入っている曲の中に「西風」があるのですが、この曲を流しながら脳裏に討鬼伝2のキャラクタ一人一人をじっくり思い浮かべるのが好きなのですよ。みんな色々な過去を背負って自分とも戦いながら鬼とも、そしてこの世界とも戦っていて。そんな様子がシャボン玉のようにふわふわと浮かぶのですよ。楽しいことも苦しいことも、それがすべて彼ら彼女らの糧になっているというのを凄く感じるのが自分の中の「西風」です。討鬼伝シリーズのテーマな旋律が使われているというのも大きいですが。
 「烈火」などの人気曲ももれなく大好きですし、「トキワノオロチ-時輪大蛇-」は、反則級(褒め言葉)だと思っています! ゲームタクトさんで生オケ版も拝聴できましたが圧巻でしたね。この曲聴くと大体途中で泣きそうになりますし、防衛戦を浮かべても泣きそうになりますし、とにかく想いが爆発する曲なんですよね!!! 討鬼伝シリーズの音楽担当が坂本さんで本当に本気で嬉しいです。

 という感じでさくさく振り返りましたが、討鬼伝2はやはり秋葉原で行われた体験会の思い出が何よりも強いです! あれは本当に人生で忘れられない1日です。本当に本当に心から楽しかったですし、もう1度あの日を体験したいと願ってやまない時間です。またそういう日がくるといいなと思ってこれからもシリーズ応援しているのですよ!!! 何年でも何十年でも千年でも…!!!

 お祝いの絵は八雲とかぐや様です。やっぱり2はこの二人が自分の中では強いので二人が笑顔で楽しそうに過ごせていればと思っております。
 2のお祝いは実は後日複数のモノノフさんと某お店へと伺うのでその時の様子もしっかり感想書きたいと思います。なんだかんだと来月は極のお祝い月ですし、熱い3ヶ月が嬉しいです。
 改めまして、3周年おめでとうございます!!!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)