果寮MATSUTOMIに行ってきました

2019年10月17日

matsutomi2.jpg

 果寮MATSUTOMI 様
 https://matsutomi.tokyo/
 ※サイト上にも記載されておりますが、10月末~11月頭で一旦お休みし、その後リニューアルオープンされるそうです。


 自分のTLは趣味で繋がった方ばかりですが、美食家の方が多く毎日美味しそうなお店が流れてきます。その中で、今年特にハマっているフルーツサンドの美味しそうな写真が流れてきたではありませんか! 食い気味に見入り、すかさず調べれば秋葉原にお店があるとわかり、ちょうどアキヨドさんの有隣堂書店さんで有栖川有栖さんのフェアやってる!!! という偶然が重なり駆けつけました。

matsutomi1.jpg

 いきなり秋めいてきたこの日、秋葉原駅の電気街口方面からUDXさんのところを通ります。なるべく空いている場所を通りたいのでいつもこのルートです。階段を降りてまっすぐ進めばTHE ALLEYさんが見えます。左手に進んで大通りのところを右手に進んで末広町駅の出口が見えてきたら目的地はすぐそこです。
 見ていてホッとするような木を基調としたシンプルで洒落たお店に一歩足を踏み入れれば、目の前には色とりどりのフルーツが広がります。ここが新鮮で美味しいフルーツジュースが飲める果寮MATSUTOMIさんです。
 
 
 以下、続きに。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。




matsutomi3.jpg

 まず真っ先に、「フルーツサンドまだありますか!?」と店員さんに尋ねました。大人気なため売り切れ情報ばかり流れてくるので、ひたすら心配だったのですが「ありますよ!」という返事を頂き、まずは一安心です。

 肌寒い日でしたが。ジュースを飲めばきっと美味さで興奮して体温上がるだろうという理論で注文しました。というかそもそも美味しそうなフルーツを生で見て頼まないわけがないのです。
 オーダーの仕方はサイトにも記載されておりますが、まずはジュースを選びます。それで終わりでもいいですし、果物などをトッピングすることも可能です。ジュースパフェもあるんですよ。余力があればこちらも食べたかったです。
 メインのジュースが書かれている黒板を眺めていれば梨があるではありませんか。MATSUTOMIさんに通われている方も梨が美味しいと呟かれている方が多いので、梨が好きな自分はこちらに決めました。
 せっかくだからトッピングも選ぼう、でもどうしようかな…と、店員さんに「梨だとどれをトッピングされている方多いですか?」と尋ねれば、皆さん思い思いに色々合わせている方が多いということが判明しました。その中でも梨かベリーにされる方が多めというのをお聞きし、「梨に梨トッピングでお願いします!」と、梨梨ジュースが決まりました。

 写真ではトッピングの梨が見えていませんが、実はごろんごろんに入っているんです。
 黒いスプーンで食べたのですが、かなり入っていて驚きました。しかもこのジュース、なんとトッピング込みで550円なんですよ!? なんという良心的な価格!! 労働先の近くにあったら確実に毎日通っていたとしか思えません。

 そして肝心の味ですが、「美味しい!!!」としか出てきませんでした。
 お店の方が注文後に作ってくれるのですが、出来上がりで手渡される時のカップに入っているジュースの色や艶がもうすでに美味しいんですよ。思わず笑顔ですよね。
 ストローで啜れば、梨をすりおろしたあのどろどろ感と潤いが絶妙で、しかも梨のあの控えめな甘さが全部ジュースで堪能できるんです。梨好きの友人がいるのですが、どこでもドアがあればすぐにでも呼びたかったくらいには、1人啜りながら内心テンションは祭りモードでした。
 Mサイズを注文しましたが、たっぷりはいっていますし、飲み終えたあとに梨を食べるのも最高に贅沢でしたね。フルーツジュース好きの方はもちろんですが、老若男女問わずおすすめしたくなるお店です。


matsutomi4.jpg

 無事に購入できたフルーツサンドです。
 MATSUTOMIさんのこのロゴのシールもシンプルでかわいいですよね。こういうデザインに弱いので、そういうのも込み込みで大好きです。
 サンドにはいくつか種類がありましたが、マンゴークロワッサンとベリークロワッサンのそれぞれハーフサイズを選びました。マンゴーも好きな果物の1つなのですが、フルーツサンドのマンゴーは実は1度も巡り会えたことがなく、メニューで見かけて内心小躍りしました。

matsutomi5.jpg

 マンゴークロワッサンのハーフサイズです。
 お腹がすきまくっていたので、「お店で食べても大丈夫ですか?」と尋ねたところ、「大丈夫ですよ!」というお返事が頂けたので店内の椅子で顔にクリームつけながらばくばく食べていました。
 何よりも特筆すべき点は当たり前ですが、美味しいフルーツですよね!! 大きくカットされたマンゴーですが、マンゴーらしい柔らかさと甘みで頬張ればそれだけで幸せの一言なんです。
 クリームもたっぷり入っていますが、決して果物の甘さを邪魔しないですし、むしろクリームの甘さが思い出せないくらいなんです。それくらいフルーツがメインになっていてしかも全然くどくもなく、生クリームはちょっと…という人にもやはりおすすめしたくなるフルーツサンドなのでした。
 クロワッサン自体もふかふかでとても美味しかったです。何よりもこのマンゴークロワッサンは食べ終えたあとに、美味しすぎて家でも食べたいと思って買って帰りたくなるくらいだったんです。初めてのマンゴーのフルーツサンドがこのMATSUTOMIさんで食べられて本当に良かったです。

matsutomi6.jpg

 もう1つは家に持ち帰って食べたベリークロワッサンです。いちごしか見えていない写真ですが、いちご以外も入っているよくばりセットですね。
 本当はこのフルーツサンドを持って、SHI-TEN coffeeさんにも伺って、珈琲とともに食べようかなとも思っていたのですが、梨ジュースとマンゴークロワッサンで幸せになりすぎてしまい、またの機会にするのでした…。SHI-TENさんにはまた今度覗いたいです。

 そんなわけで家に帰る間も潰れないでくれよ~と、大切に持ち帰ったベリークロワッサンですが、こちらもやっぱり美味しくて顔にクリームがつこうが関係なくがっついて食べてしまいました。
 見かけどおりにたっぷり入っているフルーツたちで口がいっぱいになりますし、ほのかな味が残るクリームに美味しいクロワッサンにと何重もの味のハーモニーが口に広がるんですよ。何か室内楽聴きながら食べればよかったなとも思うフルーツサンドでした。


 お店の方もすごく気さくで優しいですし、とにかく良いお店でした。リニューアルオープンも今から楽しみすぎなのですが、お休みされる期間を待ち切ることができるのかという不安があるくらいです。
 またまた素敵なお店に出会えて嬉しいの一言です!! とにかく美味しすぎました。これでまた今月も乗り切れます!



おまけ
matsutomi7.jpg

 そんな大満足で再び駅の方に戻り、アキヨドさんに向かい有隣堂書店さんに行きました。
 東京創元社さんのコーナーに行けば、フェアがやっており文庫で持っていない本を選んでほくほくで帰るのでした。今度行く予定の謎屋珈琲店さんへのお供はこの中のどれかにしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)