真・三國無双プレミアムパーティー feat.魏 次代を拓く叡智の宴(夜)感想

2019年11月03日

giparty20191.jpg

 「真・三國無双」プレミアムパーティー feat.魏 次代を拓く叡智の宴
 https://www.gamecity.ne.jp/event/2019/party_gi/
 夜公演出演者:神原大地さん(郭嘉役)、大原崇さん(荀彧役)、浜田賢二さん(荀攸役)


 2019年11月2日に「真・三國無双」プレミアムパーティー feat.魏 次代を拓く叡智の宴がアジュール竹芝さんで開催されました。昼夜開催されており、自分は夜公演に参加しました。
 まず一言で言えば「最高すぎて現実ではなくて夢としか思えない」です。そして「ファンなら絶対に行くべき」と断言できます。今回のでこの良さと知ったファンと、それならば! と、思うファンで次から倍率上がるのではないでしょうか。未だ夢心地ですし、宴が終わったあとの会話が「やばい…」「やばいですね…」「やばいやばいやばい」という語彙力がゲームオーバーしている会話でも通じるくらいやばいんですよ。自分、郭嘉さんファンであり神原さんファンでもあるのですが359400000回死んで生き返って今書いてます。これ笑いじゃなくて真面目にそう思うくらいなんです。
 何が凄いってまず間近なんです。どのテーブルにも必ずキャストさんが5回以上は通りがかりますし、座席によっては更に多いですし、クイズコーナーやら謎解きやらで、普通に「どう? いけそう?」とか聞いてくださるんですよ。自分も普通に浜田さんに、「どう?」と笑顔で聞かれて無事大爆発しました。
 更に最後はしっかり3人のキャストさんがお土産や謎解きの答え合わせを1人1人してくださるんです。こんな間近でしかも自分に話しかけてくださってしかも手渡しとかええええええええええ何この楽園は。神の集いか。それしかねぇってなものです。
 宴が終わったあとのロビーで参加者全員満面の笑みと照れと語彙力がなくただ幸せのため息ととい言葉がない空間って凄くないですか? 色々なイベントに参加していますが、こういうのって滅多にないと思います。皆さん幸せそうなお顔でとても嬉しそうで、本当に幸せのひと時だと思います。
 一瞬お値段に怯むかもしれないのですが、絶対に損はないですし、自分は次もファンのキャラクタや声優さんがご出演になったらチケット受付開始日に即行で申し込むと誓いました。とにかく最高で最高の宴でした。


 さて、こちらが発表されたときに出演者に郭嘉役の神原大地さんのお名前を発見した瞬間、「ここで取らずしていつチケットを取る!?」という己の中での戦いになり、無事取れた暁にはチケットのお値段サンゴクシ(税抜)を支払いまして参加券を得たのです。
 今回は1人で参戦しましたが、駅からご一緒してくださったのは桂花さんです。ありがとうございます! 桂花さんはこのイベントの決め手になったようなものなのですよ。以前ディナーショーに参加された際に、本当によかったからまた参加しようかなと悩んでいるというツイートを拝見し、桂花さんが良かったと仰るなら35940%良いのは確定、かな? という感じだったのです。
 しかもそんな桂花さんと、まさかの連番になっていてテーブルが隣同士という奇跡! 二人で「!!?」となりながらも、偶然の出来事に大はしゃぎでした。

 また、少し前に繋がった以前よりお名前は存じ上げていたフォロワーさんのるささんともご挨拶でき、色々なお話もできて凄く幸せでした! るささんはこの後宴で凄いことが起きるのですが、それはまた後ほど。
 そしていつも絶対約束せずとも出会うジュンさんとは、まさかのテーブルに着くまで会うことがなく、「え? おかしい…そんなバナナ…」となりかけたところで、お見かけし、ひたすら見つめていたところ気付いてくださったという展開に。なんとジュンさんとは隣のテーブルということで、これまた偶然が重なった楽しい展開でした。


 
 以下、続きに。
 すでに記憶が朧げなのでだいぶ怪しいです。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。




giparty20192.jpg

 浜松町駅で桂花さんと待ち合わせたあとにるささんと合流し、13階へ移動しました。ドレスコードの決まりはないですが、ドレスの方が多かった印象です。あとはやはり魏カラーのブルーのドレスやコサージュ、リボンで更に装飾されている方が多かったですね。ネイルもこの日はブルーの方が多く、目の保養でした。また、中華要素を取り入れた服の方も多かったですね。さすが三國無双のイベントです。名族で宴があったら黄色や金色で会場が染まると思うと胸アツですね。
 そんなこんなで自分は仕事後に向かったので普通に私服でしたが、私服の方も少ないながらもおり、別の意味で目立つかなと心配でもあったのですが一切なかったです。
 それから、皆さん同じファンというのもあり、同じ卓の方とは皆さん大盛り上がりでお話できるという和気あいあいさでした。自分もそうですが、1人参加の方もかなり多く、それでも皆さんすぐに友達! という風になれるのも最高の空間でしたね。チケットの値段もあって大人が多いというのもあるからでしょうか。落ち着きつつもはしゃぐときははしゃいで楽しむという空間は格別です。同じ卓だった皆様本当にありがとうございました。

 18時に受付が開始され、座席カードを貰います。
 名族カラーのリボンが光るどセンター卓のセンターが桂花さん、自分がその隣でした。「これめっちゃよく見えますよね、やばい!!」と、はしゃぎながらまずは歴代グッズコーナーへ。

giparty20193.jpg

 今までの魏グッズが色々と飾られておりました。荀攸センターでしたよ!
 抱き枕カバーではなくて、ロングクッションカバーは曹丕殿が代表で飾られておりましたね。実はこの宴の参加が確定したあと、「これもうロングクッションカバーの郭嘉さん被って、郭嘉さんブランケット羽織ってくのが正装なんでは?」というトチ狂ったことを思ったのですが、どちらも家に留守番です。


giparty20194.jpg

giparty20195.jpg

 その後、約束せずとも会えるジュンさんにやはりお会いでき、昼夜参加のジュンさんからツワモノ限定ファイルや昼のお土産を見せて頂いたりしました。撮影・掲載許可ありがとうございます!
 この昼の郭嘉さん最高じゃないですか!!? この新しい絵大好きで大好きで、大興奮でした。大好きなんですよ~~~ふへへへくらいの気持ち悪いこと言いながら撮りまくりました。とにかく昼も最高だったということは検索やジュンさんからのお話で分かったので、期待が高まるばかりです。

 そして宴は最初に腹ごなしをしてからです。

giparty20196.jpg

 ビールあるやんけー! と、即行でビールを隣の隣の同士の方と分け合い、乾杯を待ちます。飲み物はソフトドリンクとワインとカクテルとビールがありました。自分はひたすらビールを開けてました。他の座席で残っているのあれば全部呑んだのにという気持ちもありましたし、まず真・三國無双でビールと言えば中條さんですよね!!!! 中條謙自さんはどこ!!? ビールですよビール!!! と、1人はしゃいでおりましたがジュンさんも同じこと考えていたようで安心しました(笑)いっそ生BGMで中條さんのアコギを!!!! とか帰り道妄想を語りつつ。
 そして、桂花さんの隣に座っていた方がいつも注いでくださったのでここを見ることはないと思いますが、こちらでお礼を改めて書きたいです。現地でもお伝えしましたがありがとうございました!! コエテクカフェさんでお会いすることがあったらよろしくおねがいします!

 乾杯の前の「準備はいいですか?」という問いかけは荀攸です。宴の始まりは荀彧と荀攸だったんですよ。お二人好きの方々がまずそこで「はあああああ!!!!」という感じになられていたので、見聞きしているこちらも笑顔でした。
 しかし別の卓で、まだドリンクが来ていない方がいらして「ちょっと待った!」という声にもしっかり耳を傾けて頂けて、何度か「よいですか?」という声が。荀攸殿さすがです! となりながらみんなで乾杯しました。気分は魏のために! ですね。これだけで楽しいです。

 そしてこの食事タイムの間にモニターに流れるのは声優乱舞2015の映像でした。それが発表された瞬間、ペンライトを点灯して用意する素早いファンの方々でまた卓が盛り上がるのでした。やはりこの2015のキンブレを用意されている方が多かったですね。荀彧初参戦というのもあってでしょうか。自分は虎牢関だったあの声優乱舞2014の魏ペンライトで参戦でした。

giparty20197.jpg

 『次代を拓く叡知のコンビネーション “中華蒸しパン包みと小海老のチリソース”』が最初に提供されました。
 食事の時間は食後のティータイム含めて1時間なのでさくさく提供されます。1つ1つのボリュームは抑えめなのですが、楽しみと緊張で胸いっぱいなのでお腹いっぱいになりました。
 メニュー名がしっかりとコラボしているのが嬉しいですよね。この中華蒸しパン包みが個人的に気に入りました。

giparty20198.jpg

 『酸味も辛味も煌めいて 王佐の “酸辣湯”』
 提供されたときに、お隣の方々が「荀彧汁」とおっしゃって、自分のいた卓では大盛りあがりに(笑)確かに!!!! ということで、荀彧ファンの桂花さんは持参されていた荀彧アクキーと撮影されておりました。自分も郭嘉さんの何か持ってくればよかったーとここで後悔です。

giparty20199.jpg

 『「味わい時です」口中来福の “若鶏のソテー”』
 写真では小ぶりそうですが、実物は予想以上にボリューミーでしかもとても美味しかった若鶏のソテーです! しかしこの辺りで軍師たちがまた話すんですよ。実はこの宴には真犯人がいる! という衝撃的なことを。食べながら聞いていたところ、ここで謎解きをしろと!!(笑)
 この宴は謎解きもテーマのため、この日の前に曹丕殿から招待状という名の謎解きも頂いていたのです。こちらは予め解いて持参していたのですが、それらを使って最終的に真犯人を割り出すという本格ものでした。
 そして配られる謎解きのカードを鶏肉を齧りながら受け取ります。幸い貰ってすぐに解けたので食事に集中できたのですが、少し悩むと料理はまた来るしででも謎解きもあるしで少し大変な食事だったかもしれません。でもこの謎解きも軍師方が「採用試験です」というアナウンスありで言うので頑張る気も更にアップしますよね!! そういった部分も凄くよかったです。

giparty201910.jpg

 『「楽しませてあげるよ」とろけるような享楽の夢 “あんかけ焼きそば”』
 郭嘉殿メニュー!!!! と、荒ぶったものです。なるほど、とろけるようなというのをとろみなあんかけにかけるとは! と、ひざポンしつつ味わいました。いや~郭嘉殿メニューをコエテクカフェさん以外でも味わえる日がくるとはとニンマリです。
 ちなみに写真にはよく写っていないのですが、このメニューは1番上に載っている人参がちなんだものに飾り切りされているんですよ! そういうところも凝っていますよね。しかも2種類あるというのも嬉しかったです。

giparty201911.jpg

giparty201912.jpg

 『次代も共に歩みたい、あなたに贈る “愛玉子とココナッツ団子”』
 共に歩みます!!!! という、凄く美しく美味しいデザートでした。どの卓でも「綺麗綺麗!」という声が多くあがっていた気がします。魏や晋カラーっぽくも見えてとても素敵ですよね。添えられているココナッツ団子も中身が黄色くてお月さまみたいでした。しかもめちゃくちゃ美味しいと。ココナッツ万歳。
 あとは金粉が乗っていたので、一緒のテーブルだった方と「名族パフェですね!」というお話をしながら食べられたのも嬉しかったです。

 その後自分は早々に食べ終わり、ビールと紅茶のちゃんぽんをしながら開演までしばし休憩を。
 


 いざ時間になれば宴の本番が始まります。
 後ろの扉からお三方が登場され、参加者の傍を通ってメインの場所に向かわれるという最初から大サービスで死ぬかと思いました。記憶が朧げなので間違っている可能性高いのですが、最初はそれぞれのチームの列を通って向かわれたと思うのですよね。縦3つに割って、それぞれ右から荀彧、郭嘉、荀攸だったような気がします。自分の卓の横を神原さんが歩かれているのを拝見して死にそうというか1度ここでトドメでした…。え、あの神原さんをこんな間近でとかそんな…というものですよ…見惚れました…。
 神原さんは元々別ジャンルでファンのキャラクタを担当されていて、でも1度も生で拝めることがなく、どれだけ積んでも縁がないんだなぁ…と涙流すことしかできなかったところに、郭嘉役を三宅さんから引き継ぐという発表があり息が止まった思い出があります。まさか好きな郭嘉を好きな神原さんが演じられるとかこれは奇跡では? としか思えず。サンプルボイスが発表されたときの感動といったら本当に言葉にならず。元々の三宅さんの演じられていた色気のある郭嘉も大事にされつつ、神原さんならではの色気表現とそして軍師という立場が持つ知的さ、儚くも美しい人生を大いに楽しむそんなような間のとり方にその間の楽しみ方、それらが融合された絶妙な郭嘉さんになっていて本当に本当に感激だったんです。
 そんな神原さんが目の前というか間近を通られるんですよ!? 即死でした…そして即行で生き返るのでした。オタクは死返を知らず内にものにしているのかもしれませんね……。

 最初はそれぞれのご挨拶からなのですが、確かここか次のコーナーかどこかで浜田さんが、いきなりの参戦(三國無双でのイベント)がこういう場でという部分のことをお話されておりましたね。宴の公式サイトのコメントでもありましたが、待望のイベント参加ですよね荀攸!!!
 荀攸と言えば、元々浜田賢二さんのファンの方から浜田さんのお芝居は本当に素敵なんですというのをお聞きしていて、8で荀攸で参戦になったときも凄く嬉しかったのですよね。実際遊んでみて落ち着いていて真面目なキャラクタのらしさというのが物凄く感じられ、だからこそそんなキャラクタが酔ったときに覗かせる台詞や親愛台詞がまさか意外と突っ込んだ感じで心臓が忙しかったりと、感情表現の幅が広くないキャラクタの中での最大限の幅というのを凄く感じさせてくださる凄い方なのだな~という思いだったのですが、このイベントで更に素のお人柄もとても素敵で、生のお芝居も圧巻でという怒涛の無双乱舞にただただトドメをさされるのでした。
 ちなみにこの宴の決め手のもう1つはこのファンの方からの熱烈な浜田さんの良さを教えて頂いたことなんです。生のお芝居は是非1度はというくらいであるというのを聞いたらやはり行かねばなるまいですよ。そしてファンの方の言うことに間違いなんぞあるわけないのだなと確信するのです。
 ここまでで名前が出てきていないですが、自分が1番ファン活動的なものをしているのは関平・丁奉役の中尾良平さんでして、中尾さんのお芝居も本当に最高なので青二劇場やナレーション等も何卒ー!!! と、ここでダイレクトマーケティングしたいと思うのでした。ちなみにアンケートの要望欄にも中尾さんお願いしますと書きまくったのでした。

 そういえば大事なことを書き忘れておりましたが、今回大原さんと浜田さんがちょうど左右逆で似ている髪型にされていたのが非常にツボだったんです! 打ち合わせされたのか、そうでないのかは分からないのですが、そのシンクロ具合に激しく興奮なのでした。ちなみに浜田さんは正装、他のお二人はそれに近い格好という服でした。


 さてさて次のコーナーの感想にいきたいと思います。
 最初はトークコーナーで、出演者とキャラクタへの質問でした。
 最初の質問では、演じられたキャラクタについてのことだったのですがこちらの話題がお三方で大盛りあがりだったんですよね。キャラクタへの深い理解はもちろんなのですが、主に演劇面でのガチなお話だったんですよ。
 このコーナーは司会が浜田さんだったのですが、浜田さんがご自身のお話をされているときに大原さんと神原さんでも話が盛り上がっていて、「聞いてー」というところで会場がかなり湧いたのが印象的です。
 それぞれ軍師というキャラクタで、熱血! というのでもないキャラクタの3人なので感情表現の幅が広くない中での表現方法についての話が熱かったですね。特にお三方が「それ!」となっていたのが戦闘ボイスのお話でした。熱血ではないけどもでもやりたくなってしまうのが…! という部分でのキャラクタ作りはやはり難易度が高めのようですが、そんなことが全然分からないくらいですよね。さすがプロの技。どの方がお話していたかは忘れてしまったのですが、「殺意持って」「殺意なんだ!?」というやりとりもげらげら笑ってしまいました。
 そして浜田さんの演技のお話を真剣に耳を傾けられてからの、「ああ、そうやれば!」となっていた天然大原さん炸裂しておりましたね。大原さん、自分生は初めてだったのですが凄く天然な方なんだーというのを覚えました。愛すべき天然なんですね、大原さん。でも荀彧モードに入ると完全に荀彧でそのギャップにいい意味でくらくらしました。

 その次の質問は休日についての質問でした。
 こちらはなんとキャラクタの回答を生台詞でお披露目だったんですよ! 最初が郭嘉さんだったのですがここで無事に3594回死にましたよね(笑)でも記憶違いかもしれないのでこのコーナーでない可能性も高いのですが、郭嘉殿が郭嘉殿らしい夜について語っていたんですよ。神原さんの生お芝居で艶と含みたっぷりの語りかけで死なないわけないじゃないですか。表面上は平常心を保っているようにしていますが、内心大暴れで暴徒と化していました。あれ? このイベント、ネオロマのそういうコーナーだっけか? と、思ったのですが真・三國無双のイベントでした。
 しかもこのときに、神原さん郭嘉で大好きなあの笑いが入ったんですよ!!! あのわざと含みを込めた意味深な台詞を言って、そしてその反応を楽しんでのあの愉快なんだろうなと思わずにはいられないあの笑いですよ!!! あああああああれを生でとかこれはゲームの音声では? と、思うのですが現実でした。

 なんて郭嘉殿らしいんだ…というか神原さんの生台詞に乾杯…となっているところに荀彧と荀攸で爆笑でした。この二人真面目に面白いこと言うので余計に楽しいんですよね!!!
 冠婚葬祭に忙しい荀彧ですが、荀攸が来ることも多いようでその部分を「あとは察してください」で〆るところで大笑いでした。だめだ荀彧真面目に面白いツボすぎるとなっているところに畳み掛けるように荀攸の「適当な知己」ですよ!!! トドメでした。「適当な知己!」と神原さんと大原さんにもツッコミ受けていたのですが、「適当は悪い意味ではない」云々で返していた浜田さんというそのやりとりにも爆笑でした。

 真面目な演技のお話に甘さも笑いもあるトークコーナー、もっと聞きたかったくらいでした。


 お次はクイズコーナーです。今度は司会が神原さんになり、大原さんと浜田さんが回答者になりました。
 こちらのクイズコーナーはそれぞれチーム分けになり、荀彧チーム、荀攸チームで戦い、勝利チームにはこのイベント限定のコースターが全員に貰えるという大盤振る舞いですよ。卓ごとになので9人の軍師たちで力を合わせてというわけです。
 まずは荀彧チームが真・三國無双画像クイズを選択され、荀攸チームの自分は見ていたのですが、いきなり難易度高くて笑いました。これこの間の下天のイベントのクイズばりじゃないですか! と、思いながら桂花さんと、「何色でしたっけ?」とあーでもないこーでもないと話しながら見ていたのですが、荀彧チーム全員揃って同じ解答で勝利を飾っておりました。大原さん、解答をひらがなで書かれていたのを突っ込まれておりましたが、色々なところで大原さん天然節炸裂されていて本当に和みました。

 お次は荀攸チームということで真・三國無双クイズか、「これだけ三國無双って付いていない」という理由で選ばれた三国志クイズのどちらかをやりました。
 1番身長が低い武将は誰? ということで挙がったキャラクタがこれまた絶妙な身長の方々なんですよ! 最終的にどっちだ!? というところまで卓内の作戦会議で絞れたのですが、この会議中も浜田さんも大原さんもそれぞれ座席まわってくださるんですよ…。大原さんが後ろまで突っ走るのを見届けたあと、「大丈夫そう?」「どう?」という感じで尋ねに回る浜田さん。「どう?」という感じで偶然目があって話しかけられてそこでやはり3594回死にましたよね。まさかの!!!!! こんなこと起こるイベントってこの宴神回すぎでは…と、何億回も思わずにはいられんのです。
 しかしなんとこの回も全員同じ解答で正解だったんです! 凄い…。というか当てられるここに揃った猛者の方々がまず凄いとしか。

 お次は荀彧チームで真・三國無双の音クイズを。BGMは戦闘1と五丈原と決意なら任せろ!! という勢いでしたが、相手チームですしね。
 どういうクイズだろうと思えば魏キャラクタのキャラソンの紙を3枚集めろということで、各卓に置いてある紙を表に返して置いておくというものです。合っているものを「こっちです!」と掲げるもよし、妨害するもよし、というわけですね。しかし皆さん、とてもいい方々なので妨害等はなく無事に魏の3曲を提出できた荀彧さんでした。
 ちなみに自分たちの卓は「DEADLY POISON」でした。劇薬!!!! ある意味では軍師には軍師で妨害をとできる選曲でしたね。

 ここまで互いに勝利のみをあげているという輝かしい戦績なのですが、最後の最後が荀攸チームの隠された武将の名前を当てるクイズでしたが、問題出た瞬間に桂花さんが解いて問題を読み終える前に、スケッチブックに解答を書かれて尚且絵まで添えられるという早業を!!! 見事すぎました。
 こちらも全員正解で、それを見た浜田さんが「ああ、そういうことか!」となっていらしたのも含めてツボな1幕でした。

 しかし引き分けという結果になってしまったので、コースターは無理かなと思っていたらの引き分けなので全員に配ります! という最高な展開に!! ありがとうございました。この夜公演だけの1枚のコースター、宝物にします。



 ここからが凄すぎたプレゼント抽選会だったのですが、サイン入りグッズを3名に直接手渡しだけでなく、名前を呼んでくださる特別メッセージもあったんですよ!!
 こちら自分の卓にいらした方と、あとフォロワーさんが見事に当選されていてそれが分かった瞬間、桂花さんと大はしゃぎしておりました。こういうのって嬉しいですよね!!!!
 このメッセージもその方の傍にそれぞれのキャストさんがいらしてくれるだけでなくそこでその人に向けてのメッセージで名前呼びなんですよ…。完全ネオロマコーナーでしたよね。なんかもう自分宛てではないのに息できなかったですし、凄く熱く嬉しいことをメッセージでおっしゃっているのですが、右から左へ抜けていってしまうくらいなんかもう衝撃が凄すぎました。
 自分の卓で当選された方は荀攸さんが引いてくださったのですが、色々とお話したいという部分をアドリブで何度も仰っていたり、突っ込んだことをという風に変えられたり、最後は握手までというファンサ神でございました…。凄く丁寧で凄く紳士なんですよ浜田さんと、ファンの方が熱く仰っていた意味が物凄く理解できました。
 フォロワーさんのるささんは荀彧からメッセージを頂いていたのですが、大原さん途中でお名前を再度聞かれる天然っぷりを発揮されつつもこれまた熱すぎるメッセージでしたし、最後のお見送りのときもしっかり声かけてくださったようで本当に皆さんお優しい方々ばかりだなぁと、心温まるエピソードばかりです。
 郭嘉殿のメッセージはなんかもう死んでいて記憶がないのですが、とにかくやばかったです。あなたと二人でというのはここででしたっけ? 休日でしたっけ? とにかくもう凄まじすぎて死んだとしか言えないんです。
 こういう1回きり、その場限りでどこにも残らない1度だけの宝物って本当に凄いですよね。おすそ分けを頂けて凄く嬉しかったです。何度でも言いたいですし書きたいですが、本当に夢のような時間って存在するんですよね。幸せです……。
 ここまで書いて気付いたのですが、要望に討鬼伝でという1番重要なことを書き忘れたことに気付いてやっぱり昨日に戻ってもう1回体験したいですあああああああ。速鳥さんで天狐語メッセージ欲しいんですけどどうすれば!!!!(涙)


 会場中が即死だったメッセージコーナーもとい抽選会が終わり、今度はミニドラマコーナーでした。
 こちらもパーティ限定なので詳しくは書きませんが、荀攸殿ノリノリでしたよね!!! 郭嘉IFのED感も若干あると書けば伝わるでしょうか。メインのお話はとある酒についてだったのですが、それについての荀攸殿の食いつきっぷりが半端なかったです。それらについて軍師たちが色々と語ってくれるのですが、郭嘉・荀彧で真面目路線、荀攸があの路線という対比にまたドツボでした。荀攸のところで会場から笑いが溢れるというのもこのノリだからこそでしょうか。
 そしてこのミニドラマ、宴に集っている者たちにも…ということでそれぞれキャストの方が卓に1つ用意されているグラスに注いでくださるんですよ!!! 自分の卓は郭嘉だったので神原さんということでその時点で死亡でした。

giparty20191.jpg

 郭嘉殿が注いでくださったグラスはこんなにも美しく…! 実物はもっと綺麗なブルーなのですが、我々の卓で「綺麗綺麗!!」とみんなが言っていたら、「あなたたちには負けるけどね」ってさらっと郭嘉ボイスで仰るんですよ…しかもこれ卓によって多分台詞異なっていると思うんです。他の郭嘉卓の方は別のこと仰っていたようなので。
 美しい注ぎに、美しい微笑みにこの台詞って即死以外の何者でもなくないですか!!!? その瞬間、卓の全員が息できなくなって静まりましたよね。その後きゃーきゃーでしたが!!! 神原さん、本当ファンサ神すぎます……。いい歳のおばさんな自分もこの瞬間だけは心だけ乙女でしたよね、仕方ないこれは……。


 頭の中で何度も先程の台詞がリフレイン状態になっているところでライブコーナーです。今回は荀彧郭嘉でした。
 こちらもお話仕立てになっているのですが、まさかの荀彧の出番の前に流れたのが真・三國無双8の楽曲の中で1番を争う好みな曲である「決意 GAZE AT THE FATE」だったですよ!!!! その瞬間、「決意…」と思わずぼそっと喋ってしまったくらいにはもう大好き過ぎて、まさかここで決意とかそんなそんなそんなありがとうございます!!!! 状態でした。
 その中で荀彧の「Ends-Ways-Means」のイントロが! すぐに皆さん青い武器という名のペンライトを点灯して、会場中が綺麗な青で埋め尽くされました。その中、荀彧が歌い上げるのですが、大原さんの歌も初めてな自分はロングトーンのビブラートがとても好きなのと、子音から母音へ移る部分のビブラートも好きなんですよ。なのでそれらが入ると興奮しておりました。
 そして何よりもこのライブは間奏部分の大原さんが可愛すぎてMVPだったのではないでしょうか!? 可愛さのMVPは大原さんだったと思います。なんと大原さん会場をダッシュで「ヘイ! ヘイ!」というライブならではのコールを! すぐに魏の民の皆さんは続きますが、荀彧すごく元気!!!! という感じで凄くかわいい大原さんでした。

 そして荀彧のあとは郭嘉と交代になります。ここもお話仕立てになっておりますよ。その後、「Never Ending Celebration」を歌う神原さん…!!!! 別ジャンルで拝んでいる通り、安定された歌で大暴走でした。会場の音響は音楽に特化しているわけではないので、響きも音の聞こえ方もかなり難しい場所だったと思うのですが、見事な歌でしたよね! あああああ神原神が間近に降臨されているとは!!! という、気持ちだけは五体投地でした。
 なんと言っても神原さん、歌っているときも毎度おなじみ身振り手振りありなので本当に世界に引き込んでくださるんですよ…この歌を聞いている時の自分は更に郭嘉さまの民でした。壇上に、神原さんとそして郭嘉殿でしっかり見えてくるんですよね! 感動でした。今も家でωさんライブで購入したCDをリピートしておりますが、いい曲でいい歌ですよね…生で聴ける日が来るだなんて…ありがとうございます!!!


 さて、これで本当に宴も終わり、なのですが。
 最後の謎解きが! 最初に提示された通り、真犯人がいるわけです。招待状、食事中、そしてこれから手渡される謎を解けば真犯人が分かるということで制限時間つきで一斉にスタートしました。
 最終問題は2つ解かねばならないのですが、右は途中まで分かるけど左は…と悩んでいたところ、荀彧殿が思いっきりヒントを仰ってくださったのですぐに解けました。ありがとうございます荀彧殿! 真犯人が分かって、なるほどな~!! そういうことか! と、ニンマリできるのも楽しかったです。
 今回謎解きということで、招待状の時点から難易度上がると難しいかな~と思ったのですが、そういうことはなく誰でも解けるレベルのちょうどいい難易度だったと思うのです。しかもしっかりとそれらがこの宴に来る前、途中、最後と絡んできて、全体的なシナリオにも結びつくという趣向がとても楽しかったのです! 軍師ならではの謎解きだったので、他の勢力が続くとしたらどうなるのかというのも気になりますね。


 最後はキャストの皆さんのご挨拶と、1卓ずつ近くを通ってのお見送りです。手をふる神原さんにキャーキャー手を振る様子は、これ郭嘉EDで見たことあるやつだ! という現実とあの世界がリンクしているような感覚がまた面白かったのです。とても印象的でした。
 そしてそして最後の最後は謎解きの答え合わせが1人ずつあります。見送りということでキャストの3人の方が待っているのでそこに向かうのです。え!? まさかそんなことまで!? という緊張のあまり汗だくで死にかけてました。
 
 いよいよ自分の順番だ…と、まず神原さんに解答を手渡しすると、すべて郭嘉ボイスで「おや…?」と、悩まれてしまい「え!? 違う!?」と、狼狽えていると郭嘉殿なあの微笑みで微笑まれたあとに「正解、だね」と言われて即死でした。ああああああああ郭嘉殿に翻弄されるの万歳!!!!! と、帰り道で思い出しては死にかけ生き返りですよ。威力3594万ですね。
 お隣では浜田さんが正解だと正解のカード、不正解は不正解のカードを渡してくださるのですが、緊張がピークでなんにも言えずでもそんな自分の様子がおかしくて「ふひひ」くらいの気持ち悪い笑いをしたら、浜田さんもしっかり笑ってくださったのでまたぶっ倒れそうになるのでした。浜田さん、天使すぎますね? しかもカードを渡される時手を添えてなんですよ!!! 間違っても浜田さんの御手に触れてはいけない!!!! と、汗ダラダラで触れないように気をつけて受け取りました。
 最後はお土産を大原さんが手渡しなのですが、自分は顔も真っ赤で一声も出なかったのでただただ頭を下げるマシンと化してすんごい気持ち悪い笑顔で見つめることになってしまい、本当に申し訳なかったです。というかせめて「ありがとうございました」くらい自分言えよと思うのですが、声が出ないんですよ。今度があればもっと心臓鍛えてきます!!!

giparty201913.jpg

 お土産はこちらです。
 特製のショッパーに、缶バッジが4つ(大きな缶バッジの裏側にそれぞれのキャラクタの小さい缶バッジが3つ入っています)、プレミアムキーホルダー(夜ver.)わり氷大きなカードは裏側にキャストさんのメッセージ入りになっています。あとは勝利のコースターです。

 お土産もそうなのですが、とにかく宴の内容と演出、仕掛けやキャストさんそれぞれのお人柄が滲み出るファンサービスが素晴らしすぎて、本当に本当に幸せな1日でした。
 やっぱり参加してよかったですし、是非他の勢力も続いて欲しいですし、別のタイトルでもやってほしいです。中尾さん出るなら昼夜いきますと確信する演出でしたね。
 とにかく夢のようなひとときでした。最後のお別れの挨拶で郭嘉殿が、夢にお邪魔しようかなと仰っていたのでこれから毎晩出てきてくれと願わずにはいられないですよ(笑)
 すごくすごく素敵なパーティでした。また是非やってほしいですし、続いて欲しいですし、そして再び魏もやってほしいです! アンケートが雑になってしまったので電子アンケートもほしいなぁとつい思ってしまいますね。
 次に続いたとして、推しが出るという方は是が非でも応募をおすすめしたいと思います。最初にも書きましたが、次は絶対倍率上がると思います。次に続きますように!
 
 今回この素敵な宴を考案くださった方々、携わった方々、キャストの皆さん、同じ卓で共にした軍師な民の方々本当にありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)