ペルソナ5 スクランブル初生放送 感想

2019年11月05日





 予想を更に上回る楽しさに大爆発な生放送でした!!! すっごく楽しかったですね!!! そして討鬼伝という単語が飛び交うタマハミな生放送!!! 熱いです!!!
 ここのところ個人的に魏パーティーで爆発したまま魂が竹芝にいる状態のところ、やっと自宅に戻して生放送だったのですが完全キャパオーバーになっていて仁王2が未だに真面目に進んでいないという状況です。嬉しい悲鳴ですよ。

 というわけで、皆様御覧になりましたか!?(実機プレイ1回目は30:25~、2回目1:28:48~) 自分は祝杯片手に猫を膝に寝かせて見入っておりました。いや~めちゃくちゃアクション楽しそうではないですか!! 以前のPVでも今までのωさんタイトルのアクションの融合っぽいな~とは思っておりましたが、そこに更にペルソナならではの要素を加味して、更にアクションが映えるべらぼうに面白いのが確定している実機プレイでした。
 巷でペルソナ無双と言われていますが、無双という名前がついていない理由が凄くよく分かるアクションだったと思います。敵がわらわらいて爽快なアクションで攻撃を繰り出すという無双風な部分はありますが、それだけではなく色々な動かし方、遊び方、魅せ方で色々な層の方が楽しめるのではなかろうか! と思いました。今回の実機プレイで異なる方向性、そして金田P氏も仰っていましたが新たな方向性を生み出すタイトルになると自分も思いました。この路線のペルソナの派生も今後も見たくなるというような! もちろんダンスや格ゲーも楽しいので続いて欲しいですし、本家だけでなく色々なペルソナが楽しめる未来があるかもしれないと思うと顔が緩みっぱなしです。

 そんな実機プレイはコーエーテクモゲームスさんから隈部D氏が参戦ということで、スーパープレイお見事すぎでしたね!!! 個人的に、チーニンさんの仁王チームにいらっしゃる凄腕さんとのスーパープレイ対決が見てみたくてしょうがないという中々マニアックな願望があるのですがいつか実現する日はくるのでしょうか!?
 というのはP5Sには関係があまりないのでここまでにしますが、いや~面白い生放送でしたね。実に2時間16分放送していたようですが、体感1時間くらいにしか思えず。今回は初回というのもあり、既存情報の掘り下げやツッコミ、ここからペルソナ5に入る方のための紹介などの比重が高めでしたが、つまりはもっと情報が公開されていくとなるともっともっとですよね! 今から第2回が待ち遠しくてたまらないファンなのでした。


 さて、ざっと振り返るのですが今作はP5Rの半年後ではなくP5の半年後と明言されました。そして全国をキャンピングカーで巡るということも。高3の夏という大事な時期にというツッコミにはこれはこれ、それはそれという回答と梶田さんのパンクな生き方という話に大笑いでした。。大丈夫ですよ彼らなら!
 しかし未だ喜多川くんの金銭事情が分からないので、前回も書きましたが彼がキャンピングカーで巡る旅の銭をどうするのか…! 応募作で賞金が出るものだった等でとなるのかはたまた…! なんせ全財産でほにゃららとか伊勢なんとかを買う人間ですからね! そんな喜多川くんが好きなんですけど。
 とまぁ半年後ということで春ちゃんと真が大学生、その他高校3年生(双葉除く)ということでどういう感じになっているのか! というところも気になるところですよね。NGな話題だったようで今後や本編をお楽しみにというところなのでしょうか。松澤さんのところのジョーカーくんは新島さんのところのお嬢さんとお付き合いをされているようでそういうところも気になっておられるようでしたが、わたくしの所のジョーカーくんは9股なのでむしろ気にすると恐ろしいです(笑)
 9股といえば怪盗団以外のキャラクタもおりますが、それらのキャラクタについてもまたNGなようですね(笑)我らのべっきぃの夏休みが気になりつつ、その他新キャラクタもいるのかな? というのも気になりつつ。そろそろ気になるがゲシュタルト崩壊してきました。

 新キャラクタといえばすでに公開されている、ソフィア(CV:久野美咲さん)と長谷川善吉(CV:三木眞一郎さん)がフルネームで公開になりました。
 善吉を初めて見たとき、「P3のタカヤと幾月を足して割ったような風貌に刑事だと罪罰の克哉属性では?」なんて思っていたのですが、公安の方でした。梶田さんも同じようなことを仰っていたのでですよね!? と、思いながら見ておりました。
 ソフィアについてはヨーヨーの動きが鎖鎌の鎌鼬のときの武器の部分の動きっぽいというのが気になって気になってなのでした。あとソフィアを見て思うのは、キャサリン・フルボディのリンとなんとなく合いそう、ですかね。出会って欲しい二人です。


 そしてそしてアクションなのですが! 実機プレイ開始前にご登場されるときの笑顔!!! そして楽しくプレイされる様子!! ω-Forceさんの実機プレイは制作側が凄く楽しそうにプレイされているのがダイレクトに伝わるのが楽しくて大好きなんですよね。やっぱりゲームは遊んで楽しいというのが大きいので、作られている側の方々が心底楽しそうにわいわいやっておられるご様子というのはファンには凄く嬉しいとしか言えないです。そういうのもあって討鬼伝シリーズはは作られた方々含めて大ファンなんですよ。
 そしてそんな隈部D氏のスーパープレイはジョーカーで渋谷から始まりました。ちなみに渋谷のスクランブル交差点もタイトルの1つのようですね。それだけではなく色々な意味ということでお話がやっぱり楽しみです。成長した彼らがどう動くのか!
 さて、まず基本的なアクションからド派手で爽快で痺れました。元々ジョーカーはかっこよくて好きなのですが更に惚れます。ジョーカーは武器もあって軽やかな印象も強いですね。まさに華麗な怪盗というイメージに自分は見えました。あと気のせいかバク転のような動きも見えたような気がするのですが、手を使っていたようにも見えたので若干異なる感じでしょうか、討鬼伝脳の幻覚か本当なのかどうかは自信ないのでするっと書いてやめたいと思います。
 さて、ペルソナの主人公と言えば色々なペルソナが使えるというのがやはり醍醐味ですが、今作でもそれは健在でしかもペルソナを選んでいるときは時が止まるのでゆっくり選べるというのがありがたい仕様で! これだけハイスピードアクションだとペルソナも高速で選ぶことになるのか…これだとライブのイントロで爆速でペンライトの色を変更するときばりでは!? という心配は杞憂だったようです。安心ですよ。
 しかしここで金田P氏からペルソナならではのSPが大事という言葉が! P5のパレス攻略でSP切れが凄まじく、基本1日でダンジョンは攻略するというところを数日に分けた思い出が蘇ってきました。P5SでもSPは大事なのでより多くの敵を巻き込めるスキルや、ペルソナならではのデバフ等の駆使も攻略の鍵のようですね。そういうらしさはしっかり残しながらのこのアクション! ということで早く遊びたくて仕方がないです。もちろん銃もあって溜め撃ちが!
 そして今回の目玉の1つなのでしょうか、背景物に乗り移りながら移動しつつ攻撃しつつのファントムムーヴがかっこいいんですよ!! しかも銃撃からの追撃などの攻撃のコンボなども多彩でジョーカーがかっこよすぎて自分が1MOREからの総攻撃くらいましたよね!!! 喜多川くんやモナちゃんもこれをすると思うと…!!!! モナちゃんでパトカーたくさんあれそれしないとですね(笑)
 そしてさらにさらにショウタイムが!!! これがペルソナの数だけショウタイム作っているということでびっくりですよ。どれほどの数が実装されているのか分からないというか、「合体の方も…」「NGです!」というやりとりがあったのでまぁこれはきっとあるのだろうと(笑)ベルベットルームがどうなっているのかも気になりますよね!(本日公開のジョーカーの動画で映っていたのでラヴェンツァで確定ですかね) 自分はアリスとヨシツネとネコショウグンがいるのかどうかがとても気になっていますよ。

 第2回目のご登場は他のキャラクタもということで、スカル、パンサー、ソフィーでした。
 キャラクタの交代のハイタッチがまたいいんですよね! バトンタッチ大好きです。そんなわけでソフィーは初心者にもおすすめで、でも使いこなすと上級者の方でも楽しいという面白そうなキャラクタですね。戦っているときの顔がなぜに忍空の風助っぽくなるのかも地味に気になります。
 そしてパンサーの鞭もかっこいいのですが、皆さんとても盛り上がっていた待機ポーズのセクシーさが自分もとても気になるのでした。カメラを正面に回せば見られそうですかね!?
 更にスカルの溜め攻撃がすんごいスカルっぽくて興奮です! まさかキャプテン・キッドを飛ばせる日がくるとは…!! 更に上手く操作すればスキルも威力が上がっていったりとよりテクニカルに遊ぶ意欲ももりもり増えそうですね。
 ここまでそれぞれのアクションを見てはふと、ジョーカーが速鳥さんや八雲の双刀、ソフィアが初穂とホロウの鎖鎌と銃、パンサーが焔で仕込鞭、スカルが相馬で金砕棒とやっぱり考えてしまったのでした。その後、中ボス戦がありペルソナ討鬼伝ですよ…!!!
 中型~大型サイズの敵が1体に4人で戦うというまさに討鬼伝で!!! ωさんなので味方のAIはきっと優秀だろうと思っていたらそうでしたね。と思っていたらのここで討鬼伝発言ですよ!!!! 途中でソフィーの攻撃が虚空ノ顎っぽいと思っていたらD氏も「討鬼伝っぽいですよね」発言がーーーー!!!! あああああと転げまくりました。転がるしかないんですよ。オノゴロですよ自分。しかも嬉しそうに仰るのでまた爆発するのでした。むしろここから討鬼伝に興味を持たれて、始めました! という方が増えたらいいな~~~と、ファンは思っているのでした。討鬼伝楽しいですよ~!!!
 と、ニヤニヤしながら見ていたら「開発でもずっとノワールを使っている人が」発言でガタガタっとなるのでした!! 自分女性キャラクタでは春ちゃん1番好きなので、分かりますそのお気持ち!!!! という感じでした。いいですよ春ちゃん……。自分の周囲では女性キャラでは双葉、真、べっきぃが圧倒的な人気ですかね。
 そしてここからまたトドメなんですよね! 梶田さんの、「安心材料の1つに討鬼伝作ってる人」というのと、「名作でしたもん」の部分ですよね!!!! ああああああ(涙)という感じでした。次があるって信じてますよ討鬼伝!!!! そしてD氏の「やった」という素直な喜びに盛り上がる雰囲気にも和むのでした。ペルソナ討鬼伝でも討鬼伝の次でもとにかくファンはずっと待ってます!!!!!


 兎にも角にも生放送で更に更に楽しみで仕方がないという状態です。開発の方々が新しい切り口でペルソナを魅せるというのを本気で作られているというのが伝わり、これは間違いなく面白いのが確定では!? と、思っています。
 すでにオタカラBOXは売り切れの所もちらほら見えるので、BOX狙いの方はお早めをおすすめしたいです。自分は残りの店舗別特典待ちなのでした。判明する前に売り切れそうだな~という心配ももりもりです。
 特典で思い出したのですが、せっかくのアクションゲームですしコスチュームも本編同様色々あるんですかね? DLC等でもあったら嬉しいなぁと思っています。ベルベットルームコスで戦いたいですし、エルミンの制服でも戦いたいですし!!! モナちゃんのメイド服も!!!
 というわけでこれからも続報は待ち遠しいですし、開発状況も9割と仰っておりましたしラストスパートを全力で応援しつつ生放送第2回があると信じて、そして楽しみ過ぎなのでした!!!!



 出演者の方々のサイン入りポスター!!! オタカラすぎますね!!! どこかで飾られる日がこないかな~なんて思ってしまうのでした。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)