KURAND SAKE MARKET 秋葉原店で忘年会しました

2019年12月16日

bounennkai20191.jpg

bounennkai20191no2.jpg

 KURAND SAKE MARKET 秋葉原店 様
 https://kurand.jp/sakemarket/akihabara

 11月末~1月頭までオオマガドキが続き、忘年会とは…? だったのですが、してみたいなと思いお声がけしたところ、全身アルコール消毒じゃー!! というメンバーである、じきさんりんさんが乗って下さって実現しました。ありがとうございます! 正直全員、「息してる?」という感じの挨拶になるだろうなと思っておりましたが、ゾンビになりながらも秋葉原の地に集合できました。いつもなら集合した瞬間、カオスオリジンのモノマネだったりモブ兵だったり元気に挨拶する我々ですが、静か~でしたね(笑)

 今回選んだお店は前回りんさんと伺って制覇しましょうね! と、燃えた「KURANDO SAKE MARKET 秋葉原店」さんです。なんと土日祝の昼飲みですと4時間で2,000円なんですよ! お得すぎる…ということで、死ぬ気で休みをもぎとって昼からアルコール消毒して翌日に備えようということになりました。
 こちらのお店は料理が持ち込み可なのです(お酒はNG)それぞれ持ち寄ったり、お店にいくまでに何か買っていきましょう~というのもできるのでそういうのも楽しいのですよね! 今回も、それぞれが何を持っていきます~と予告の時点でヨダレ垂らしている状態で、当日は電車の中で腹の音がBGMでした。


 以下、続きに。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。




bounennkai20192.jpg

 集合したあとは、UDXさんの1階に入っている福島屋さんで更に買い物を。実はこれまで入っていると知らず…。そういえばスーパー的なものがないよなぁ…アトレさんに入っている成城石井さんしか知らないというところで更に調べたらあるではありませんか! 全然気付かなかったです。そこで刺し身や揚げ物を買いつつ、他にも美味しそうなものが山ほどあって目移り激しいお店でございました。

 その後はKURANDさんに向かい、10階へ。今回は予約済なので座って楽しめる席でした。予約なしですと基本は立呑です。そして入店と同時にお金を支払います。3人で伺いましたが、それぞれのお会計も可です。ありがたいですね! そして席にまで案内していただけるのでそこで説明を聞いて楽しみます! いつ来ても案内が丁寧なのがとても嬉しいお店です。
 そして今回はポイントカードのようなものも貰えました。通うことに1つスタンプが貰え、貯まるとランクが上がっていって…だそうです。

bounennkai20193.jpg

bounennkai20194.jpg

 今回りんさんが手料理を持ってきてくださったのです!!
 小料理屋りんさんの出張版ですよ!!! いつも美味しそうなお料理がTLに上がっていて、いつも適当な物をぶっこんだ鍋しか食べていない自分はヨダレ垂らしながら拝見していたのですが、それがついに目の前に!!!!
 
 ・豚のチャーシュー
 ・小松菜のナムル
 ・うずらの卵のニラだれ漬け
 ・切り干し大根の煮物

 出張版のメニューは以上でした。どれもこれも本当に美味しくてバクバク食べてしまいましたよ!! チャーシューもナムルもうずらの卵も切り干し大根もむしろこのタッパーごとイケるのでは? と、思うくらいでした。
 じきさんもそうですが、料理が趣味の方は本当に凄いと尊敬しかありません。作り方も教えて頂いたのですが、行程がありすぎてやっぱり己には無理だなと(笑)
 皆さんで話していたのですが、切り干し大根は特にご家庭の味が出るのではなかろうかと。なかなか他の方の切り干し大根を食べる機会がなかったので、りんさんのを食べて新鮮でした。どれもこれもお酒に合うおつまみばかりで本当にありがとうございます!! また是非他のも食べる機会を虎視眈々と狙っておりますよ!!


bounennkai20195.jpg

 じきさんが持ってきてくださったのは浅草に寄ってから行く~! ということで揚げ饅頭やお豆腐やがんも、ローストポークなどでした。ありがとうございます!!! 浅草、美味しいものいっぱいありますよね~! モツ煮込みハシゴもまたしましょうね!!!

 まずは浅草九重さんの揚げまんじゅうです。味は何がいいですか? と、お尋ねあったのでカレー大好きマンの自分は今回もカレーに。そう、カレーがあれば生きていけるのであります。
 揚げ饅頭だけでもいろいろなお店がありますが、やっぱり九重さんが自分も好きなんですよね。味の種類も豊富ですし、店員さんいつも明るいですよね! 今回のカレーも美味でございました。やったー!!!

bounennkai20196.jpg

 そして栃木家さんのお豆腐です。美味しいですよね~!! 以前じきさんに教えて頂いて、美味すぎる…と感激だったのですが、再び楽しめるだなんて本当にありがとうございます!
 今回はあげだし豆腐とチーズ入りがんもでした。どちらも美味しいに決まっているではありませんか! お豆腐っていつ食べても美味しいですけど、特に夏と冬が美味しい気がします。ちょうど寒い季節に温かいお豆腐とがんもは最高の組み合わせでした。おでん食べたくなりますね。
 チーズ入りのがんもも初めてだったのですが、あまりの美味さに酒も箸も進む進む!!! 皆さんお酒がお好きな方々というのもあって絶妙な持ち寄りメニューなのがまた最高なのでした。

bounennkai20196noe.jpg

 お次はローストポークです! こちらもちょうどおすすめ的な感じで入手できたという幸運の持ち主じきさん。これがまたべらぼうに美味しかったです!
 ソースが特徴的というをお聞きし、どんな感じだろう~わくわくしながら口に放り込めば、濃厚なソースから漂う酸味が肉と合わさって最高の一言なんです!! あ~~~これはビールやワインも呑みたくなるなーーーという一品でした。肉ってなんでこんなに美味いんでしょうね。大好きです!!! このブログ名も己の肉体も脂肪とお友達どころか親友ですからね、肉万歳!!!!


bounennkai20197.jpg

bounennkai20199.jpg

 福島屋さんで買ったまだいの刺し身とナゲットです。
 刺し身も食べたいな~と勝手にまだいにしたのですが、こちらも美味でした。そしてたくさん呑むには揚げ物でまず胃を整えるの大事! ということでナゲットも買いました。そういえばナゲット大好物なんですよね。マクドナルドさんのナゲットいっぱいのやつがお買い得のときはついつい買ってしまいます。
 福島屋さんは今回初めてで、最初にも書きましたが美味しそうなものがいっぱいだったので秋葉原に寄ったときは覗いてみようかなとも思いました。


bounennkai201910.jpg

bounennkai201911.jpg

 おむすびのGABA 様
 https://gaba-rice-ball-stand.business.site/

 自分が持参したのはおむすびのGABAさんのおむすびです。このGABAライスというのがサタケさんという会社が開発したものでして、このサタケさんというのが広島に本社があるのです。広島と言えば小早川家!! 毛利!!!!! というのも意識しての持参だったのです。そうでなくともこちらのおむすびが美味しかったので、悪酔いしないためにも主食系も持っていこう~ということで買いました。
 店内で食事もできますが、隣の売店でおにぎりやからあげなども買えるのです。こちらを利用しました。今回は直立海老天おむすびと広島菜の梅しば漬けおむすびです。日暮里でも同じようなもの買ってるんですけど完全に趣味です。

 やっぱりどちらも美味しかったです! いろいろな味があるので毎回悩むのですが、末広町駅の方まで足を伸ばす甲斐はありありですよ!!
 本当は果寮MATSUTOMIさんのサンドイッチにしようかと思ったのですが、次のシーズンが今週からスタートということで断念を。こちらもすんごく美味しいので今度是非持ち寄りたいです。


 そんなこんなで食べつつ呑みつつ大いに楽しみまくりました。美味しい食事に美味しいお酒に仲間との語らいなんて最高の忘年会ですね…。本当にこれを楽しみに先週は生きてきたので、染みました…。残り3週間をこの余韻で突っ走りたいのですが、既に翌日から心が折れたというか昨日に戻りたい精神で埋まるのでしたよ(笑)
 というわけで続いては酒シリーズです。

bounennkai201912.jpg

 CANDY APPLE(純米吟醸 淡麗甘口 13%)
 最初の1杯におすすめというコーナーから、かわいいデザインに惹かれてこちらにしました。低アルコールで飲みやすく、初心者のかたにもおすすめと書いてあったのですが、想像より辛口めでした。やっぱり日本酒ですので、日本酒だなぁという感覚に。
 軽めでさっぱりなので最初の1杯にはぴったりでした。
 新潟の津南町のお酒です。そういえば新潟には1度しか行ったことがなく。サーモンのマリネにぴったりなお酒らしいですし、加島屋さんが恋しくなりますね。

 ちなみに乾杯は「お疲れ様です!!!!」という忘年会とまだまだ続く繁忙期への労りと、「関平1位おめでとうございます!!!」でした。関平のは自分のわがままです。おめでとう、関平!!! 毎日投票した甲斐ありました(涙)


bounennkai201913.jpg

 Single Origine Sake 魚沼(純米吟醸 濃醇辛口 16%)
 呑んだ瞬間「うめーーー!!!!」と、思わず言った日本酒です。ズバリ今回で1番美味しかったのがこちらです。もう1杯のめばよかった…いや次の機会に…。
 とにかくすっきり呑みやすくシンプルにど真ん中でした。これは家に常駐させたい酒ですね。ストロング箱の隣に置くか…とも一瞬思いましたがはてさて。しかし情報によると味は濃いめで辛口らしいので、自分の情報は鵜呑みにしないほうがよいです! とりあえず自分の舌にはさっぱり呑みやすい味でした。魚沼産の美味さを信じて選んだのですが大正解でした。


bounennkai201914.jpg

 酒裏剣(特別純米 濃醇辛口 20%)
 じきさんが「手裏剣!」と、おっしゃっていてすかさず次それ呑みます!!! となった、滋賀県のお酒です。忍者といえばな甲賀市の酒造で作られたお酒ですよ。
 忍者なのでクールなお味なのかな~と、思いきや独特な感じで濃醇辛口というのを感じました。こってり料理に合うらしいですし、ケバブにもぴったりと書いてあったので秋葉原といえばな組み合わせになりそうですね。ケバブを持ち込む手も…!
 忍者成分が補給できて幸せなひとときでした。忍者万歳!!!!


bounennkai20191no2.jpg

 ALIENS(特別純米 淡麗辛口 15%)
 ラベルが1番お気に入りの日本酒です。まさに一目惚れで選んだ1本。
 じきさん「○○に似てる!」
 自分「あ! ゴジラに出てくるやつですね!?」
 じきさん「ウルトラマンです」
 りんさん「なるほど、建物壊す系に出てくる系なんですね!」
 なんていう会話もあった楽しいお酒でした。
 ちなみにこのお酒はソユーズに乗って旅立ち、約10日間宇宙を旅した米と酵母使ったお酒なんですよ。なのでのようですね。でも高知のお酒なんです。そういうところもまた良いお酒でしたが、肝心の味を覚えておらず…。でも辛口系だったな~というのは朧げながら…。いや、宇宙を感じる味と書けば!?


bounennkai201916.jpg

 MATERIAL BANANA(6%)
 ここから甘い日本酒のターンに入ってきます。せっかくだから普通のお店で呑めない日本酒も堪能せねばと果実系も色々堪能してきました。
 こちら見事にバナナでして、香りも味もザ・バナナです。でも日本酒なのでちゃんと酒の味もするというのが面白いですね。今回も全部ロックで堪能しましたが、果実系などはミルク割りやアイスがけも合うようで、これは是非ミルク割りで堪能してみたい1本でした。


bounennkai201917.jpg

 日本酒出汁割り(鯛、蕎麦、しじみ)
 店員さんからの「出汁割りもできますので~」という笑顔での宣伝を受け、せっかくなので全種頼んでみました。てっきりお猪口に1杯ずつと思っていたらの徳利付きで大喜びの3人。
 日本酒が強くて出汁は香るくらいかな? と、思っていたらの出汁がメイン中のメインでした。しじみと鯛はしゃぶった魚の骨を~という感じもする出汁割りでしたが、蕎麦が「これは年越しそば」「そば入れたい。食べたい」と3人が強く言うくらいにザ・そばつゆでした。蕎麦湯というか直飲みに近い感じですかね? 蕎麦持ってくればよかったですね、となる出汁割りでした。しょっぱいのが飲みたいな~となったら特におすすめです。


bounennkai201918.jpg

bounennkai201919.jpg

 ださいたま梅酒 狭山茶・狭山紅茶(梅酒 7%)
 これはいい!!! となったお酒がこちらのださいたまシリーズです。ネーミングはどうなんだろう…と、思わないでもないのですが味がとにかく面白いのです! この日呑んだお酒で純粋に美味い! となったのは魚沼なのですが、別ベクトルで同位なのがこちらのシリーズの2本です。
 梅酒でお茶や紅茶ってどういうことだろう? と、思いながら一口呑んだらびっくりですよ! 本当にお茶で紅茶なんです。狭山茶の風味と梅酒の酒分が両方とも一切邪魔せず共存している凄い梅酒でした。特にびっくりなのが紅茶です。本当に紅茶なんですよ。でもお酒なんです。おやつの時間に1杯、朝の1杯、爽やかに〆たいときの1杯で何にでも呑めて美味しい梅酒だな~と感激でした。
 調べたところ、桂木ゆずもあるようですね。お店で見落としたようなので、こちらも呑んでみたいです。いや~これは是非いろいろな方に呑んで頂きたいお酒ですね。こういうお酒もあるのか! と、とにかく感激でした。


bounennkai201920.jpg

 室町ラッシー(純米 濃醇甘口 3%)
 福岡の純米酒でなんとラッシーなんですよ! じきさんが、「本当にラッシー」とおっしゃっていて呑んでみたところ、本当にラッシーのあのどろどろさ! しかしお酒です、3%ですがしっかりアルコールも分かるのでした。
 スパイシーカレーに合うと書かれていたので、今度はカレーも持ち込んで! となりますね。そしてこちらは書かれている通りに甘口でした。ジュースだな~なんて思いながらどろどろ感も楽しめるなんて! と、愉快な1本でした。しかもよくよく見ればラベルの旦那が美髯公ではございませんか! 関羽殿…!(違う)


bounennkai201921.jpg

 KURACAFE ココアリキュール(果実酒 7%)
 前回はあんこで〆たので、今回はココアで〆るか! と、勇んで注いだものの前回同様の失敗をしました(笑)そうなんです、このシリーズはロックもおすすめとは書いてあるのですが絶対にロック以外がよいということを!! 呑んだ瞬間、ココア分が凄く、とても美味しいことは美味しいのですが、ロックの場合はエスプレッソサイズで! という感じですかね。
 おすすめの飲み方のアイスがけというのが絶対に1番最高な味わい方だと心の底から思っております! 今度はアイスがけでこちらを堪能したいですね。絶対美味しい…。雪見だいふくにかけて味わうのも、バニラアイスだったり更に濃厚にチョコアイスにもいいかもしれないですね。


bounennkai201922.jpg

 デザートにパブロミニさんで買ったクリスマスなタルトを食べました。甘いもの続きで更に甘いもので〆ることになった自分です(笑)
 パブロミニさんはいつでも人気ですね。この日も当然ですが混雑しておりました。食べやすくてボリューミーで甘酸っぱいいちごが堪能できたタルトでした。雪だるまもかわいいですね!
 赤なので呉の民でございましたね。丁奉!!!

 というわけであっという間の4時間でございました。本当にあっという間でしたね。よく飲み、よく食べ、幸せすぎる1日になりました。やっぱりいいですね、忘年会…! 最高ではございませぬか!!! また来年も是非やりましょうね、と約束しての解散でした。忘年会は楽しみなのですが、繁忙期は来てほしくないというこの矛盾(笑)
 本当にお忙しい中&ゾンビの中、ご一緒して頂きありがとうございました!!! また是非やりましょうね!!!



bounennkai201923.jpg

bounennkai201924.jpg

 秋葉原なら売っているだろうと、「LisOeuf♪vol.15」をアトレさんで買いました。
 突然どうした!? という感じなのですが、今回はなんと坂本英城さんがゲストで誌面に登場しているコーナーがあったのです。坂本さんとノイジークロークさんのTwitterで知って、即買いでした。
 冨田明宏さんの「CREATOR’S ROOM」というコーナーでのゲストが坂本英城さんで、この道へ入るきっかけだったり、そこに至るまでのお話だったり、好きな音楽の話やいろいろな変化や自作についてのことなどなど、盛りだくさんの見開き2ページ特集でファンにとっては嬉しい出来事でした。作曲の仕事はもちろん、多岐にわたる仕事の幅の広さ、精力的な活動などなどファンはいつも楽しい時間でいっぱいなのです。坂本さんを追うだけでも人生薔薇色、虹色! という感じなのですよ。そしてそんな坂本さんが紡ぐ楽曲の数々の素晴らしさと言ったら言葉にできないくらいです。とにかく自分の語彙力では説明しきれないくらいなのです。
 ネタバレにならないようにこれくらいしか触れられませんが、もっともっと読みたいのです! となってしまう素敵な特集でした。ありがとうございました。

 ちなみにこのムックは初めて買ったのですが、おしゃれですし、お写真等もとても素敵ですし、音楽にも特化していて素敵な本ですね! 気になる方やジャンルが出ているかどうかこれからも気にせねば。

 そしてりんさんからクリスマスプレゼント的にハンドメイドアクセサリーも頂いてしまいました! ありがとうございます!! 今回は傘用ということで、自分のだと分かる用にだと!!! こんな素敵なアクセサリーが付けてあったら逆に貰われていってしまう可能性も!? なんてついつい思ってしまうくらい素敵なアクセサリーにときめいております。まずはこの間の嵐で傘が…になったので、傘を買うところから始めたいと思います。傘探しの旅に出ます!!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)