ペルソナ5 ザ・ロイヤル プレイ日記6

2019年12月21日

netabare.jpg
 ※上記画像はAmazonアソシエイトリンクを利用しています

 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』動画・生放送等配信ガイドラインのお知らせ
 http://p-ch.jp/news/4574/

 いよいよ次回で禁止区画までの最後になりそうですね、P5R! ちょこちょこ進めてはいるのですが、前回でも書きましたが現実の12月のド修羅場っぷりが凄まじく、本当に更新がいまだかつてないくらいに鈍足続きに…。年賀状も急いでやらねばならんですし、掃除もろくにできておらずでまずいですし、でもゲームやらないと精神衛生上まずいですし、1日でも早く1月上旬まで終わってくれないかなーと願うばかりの毎日です(白目)クリスマスや年末年始感はP5Rで擬似的に味わいたいのですが、果たして3学期を無事に迎えられるのかという選択肢の心配をせねばならんというのも(笑)



 旅モナの札幌編が更新されましたね!
 というよりも本日と明日はジャンフェスで試遊が開催されているのが羨ましいです!!!! やっぱり行けませんでしたよね(涙)休みドコデスカー……。という自分の嘆きはさておき、札幌編でのムービーでの温泉に荒ぶりましたよね!!! 熱いお湯につかれる喜多川くんおめでたいです!!! という意味で。そしてスノボーを操る喜多川くん!!!! スノボーアクション楽しみですね。
 それからベルベットルームの情報も更に解禁になったようですね。試遊でも体験できましたが、より手軽になった気がしました。育てる方法もポイントを使っての強化もできるので、サクッと育てることも可能ですね。しかしペルソナですので、高レベルになると一体どれほどのポイントを要されるのか(笑)
 とりあえずペルソナの育成もペルソナの肝なので、好きなペルソナを育てるのが楽しみなのです! でも基本喜多川くん動かしそうなんですけど、でも強い敵は弱点攻めないとやばいのも体感済みなのでやはりワイルドの素養大事ですね!!!


 コーエーテクモゲームスさんの限定版のキャラクタの原画の方もモナちゃんまでサンプル解禁になっておりました! シンプルでかっこいい、キャラクタの魅力が存分に堪能できるデザインになっておりますね。喜多川くんとゴエモンのサンプルがあがる日が楽しみです!!! あとは飾る場所を確保せねばと…。そしてあと1本どこで予約しようか未だに悩んでいるので、1月中には決めたいなと思うのでした。


 以下、ネタバレなので追記に。前作プレイ済みの方推奨。
 10月12日~11月21日まで





 奥村社長の壮絶な会見のあと、春ちゃんの自宅では捜査が行われているのですがそこで何故か見つかる校長室からの予告状…。手際がいいですねぇ犯人たちは。そしてまた白々しい会話をしている特捜部長のシーンが挟まれるのが…。
 そしてあれほど怪盗団を持ち上げていた世間は、奥村社長が1人で育て上げた娘の話や春自身がいい子だからこそお父さんが悪人とは思えないなどなど余計に怪盗団に悪意が集まる時期になりました。胡散臭い状態から、人気に火がつきはじめ、その後は急速に人気が上がっての打ち上げ花火状態になり、そして残された燃えカス状態にまで反応がめくるめく変わり具合ですね。
 そしてこの状態でもほかを気にかけるという優しさの塊の春ちゃんですよ!!! ずっと気にかけ、そしてモナちゃんもハルのやつと気にしているのがこのコンビ好きな自分には嬉しいのでした。できれば楽しい話題というのが1番ですがね。
 そんな中、ついに春ちゃんとのコープが解禁に!!! ありがたや~!!! 今回は春ちゃん1本でいきますよ!!! 家のことで悩んだり、作ったお野菜についてのお話を伺ったりと春ちゃんなりに色々と考えて過ごしているのは安心しますね。そして何より惣治郎のことをしっかり忌憚のない意見をくれる人と見抜いているのが素晴らしいですね。さすが!

 春ちゃんとのあたたかい時間を過ごしながら怪盗団を嵌めた人間探しのために頑張るみんなです。奥村社長を狙わせたのも意図的であり、ここ数ヶ月は手のひらの上で転がされていたという事実まで知った全員ですが、それでもまた犯人へは到底至りません。というかそこで辿り着けるような奴らであればこれほどことは上手くいっていませんね。
 更に冴が指揮権を握ることになり、奴らにしてみれば押し付ける役として適役だったのかもしれませんが、こちらからしてみれば最高の助っ人になるわけで。ここらも面白いですよね。双方利用はするものの最終的に勝利した者の適役なのが。

 さてさて、校長室での予告状発見もあり鴨志田事件もあり、生徒全員が事情聴取を受ける形になるという展開にまでなってしまった秀尽。すでに喜多川くんの名前まで出てきますし、交友関係は完全に洗われているようですね。喜多川くんもいつ自宅にまで来られるかと警戒しております。とにかく目立たぬようにと文化祭実行委員になった2年生ズですが、ここでゲスト希望の投票の圧倒的1位が明智くんという。さすがのカリスマ名探偵ですね。
 そしてそんなカリスマ高校生探偵が急に怪盗団を擁護とまではいきませんが、そんな発言を連発し始めるのです。話している内容を聞けば、そりゃ~あなたはそう思うでしょうねというか以下略状態なので、この辺りもプレイしながら「ほーん…」という感じで見つつも話を進めねばなのです。そして真はゲストに呼んで、そこで思い切って話を聞こうという大胆な手を。というよりも最早そうするしか方法がないところまでになっている怪盗団。よくよく考えればこの辺りも面白いですよね。全部筋書き通りではあるのですが、そこからの大逆転が始まると思うと。
 1つ気になるのはあのたこ焼きも演技なのかそうでないのかというところですかね!? あれは素だったんじゃないかな~なんて思っているのですが、油断させるためというかそういうキャラのためなんでしょうかね。『みんな』は知っていてわざとだと思っているのですが。

 この辺りの展開は変わらないのですが、丸喜がいることにより喜多川くんが文化祭にやる気満々というか丸喜に出会いたい!!! という思いが爆発していて新鮮な展開もあって楽しいのです。手土産を用意するほど会いたいようですが、一体出会ったらどういう感じになるのか楽しみすぎてしょうがないです。
 その後、たこ焼きイベントを経てなんと丸喜に会いに行く喜多川くんイベントが!(笑)しかもたこ焼き持ってという辺りが最高ですね。どんどん距離を詰めて迫る様子に爆笑しました。
 しかし人の心をほだして深淵を見る術を得たら喜多川くんはどういうキャラクタになるのかというのも気になりますね。どんなノリでどんな話し方になるのか。という面白い部分もありましたが、真面目な部分もあって楽しいイベントでしたね。しかしやはりあのPVで流れた母の絵がついにというのを語っているではないですか。やはりあのPVは丸喜に語ったみんなの何でも叶った世界ですよね。その展開になるEDもあるのでしょうか。それにしても絵は自分で研鑽をつみたいとまっすぐ答える喜多川くんがとても素敵なイベントでもあったのでした。


 こういう追加イベントは嬉しいなぁと思った矢先に明智くんからの共闘持ちかけ話の流れに。君たち以外の動いているヤツを見たという台詞には更に「ほーーーーーん」としかなりませんがね!!
 しかしここから表向きと裏をかくためにという二重の行動が水面下で始まっているというのが分かると楽しい部分ですね。全員が演技派でもあり、それだけバレては元も子もないということもあって慎重にとなっているのだなと想像するだけでスリル満点な期間です。
 
 共闘話は置いておきまして、後夜祭ではかすみとのダンスも追加されていました。かすみの新体操の技を含めた華麗なダンスに魅了されていくみんなの様子、まさにPSS2019のあのアンコール状態!!! と、思っていました。あのときのあらおさん、まさにこんな感じですよね。一気に惹き込まれたのでした。それにしてもかすみの存在はここにきてもまだ少し浮いているという感じがしますね。特待生としての特別感もあると思いますが、まだ怪盗団の面々とも表面上という状態ですし、彼女と行ったあのパレスはどういう経緯で、そして彼女とジョーカー以外の面々は絆ができるのか含めてやっぱり気になります。
 さて、後夜祭と言えば春ちゃんとおデートですよ!! もちろん叫ぶ言葉は「ずっと好きでしたー!」の一択です。しかも最前列でその上主人公は校内でも有名人なので物凄い目立つイベントですよね(笑)この時点で度胸ステがまだ4なのですが、MAX超えているとしか思えない行動力だなと。さすがペルソナの主人公!!! しかも終わったあとで春ちゃんから、「あなたとだったら私…これから先も、大丈夫だと思う」と言われてしまいますからねやったー待ってて春ちゃんすぐにお迎えにいきます!!!

 心は春色ってな展開に踊りまくりの内心なのですが、なんと惣治郎が予告状を見つけてしまい、双葉と主人公に話をするという展開が。このイベントも好きなイベントの1つです。惣治郎の人間としての優しさや弱さなどがすごく伝わるイベントだと思っています。誰しもが強いわけではなく、それは双葉もそうでだからこそ閉じこもっていたところ、色々なきっかけがあってでした。惣治郎にはこの2人がいてもっともっと強くあれたりするでしょうし、2人も正体を知って尚という惣治郎がいるからこそとなると思いますし、本当の家族ではないのですが家族以上の家族のような絆を感じます。家族ではないからというのもあるのかもしれませんね。

 
 さて、色々なことを経てそれでも進まねばならぬ怪盗団は冴のパレスに乗り込むことになりました。上手い具合に明智くんが乗せてくれるというのもあるのですが、「そいつへの反骨心が僕の正義の源だ」「極めて個人的で…ただのくだらない恨みだ」という台詞は芝居を続ける彼の中の本音でもあって好きな部分です。これを言うことによってより理解や怪しまれずにという計算もあるのかもしれませんが、そうであっても本音というのは変わらないですし、色々と欺きはするものの正直に話していることも多いんだなと思うのでした。完璧ではあるものの、どこか…というのも魅力ですかね。だからこそ大逆転できたのですが。
 実際パレスにというわけで作戦は動くのですが、この辺りかりから不自然なくらいに意味深な描写が増えてきますよね。明智のスマホを弄る双葉などなど。完全に騙し通せていると思っているからこそあえて何も思わなかったのでしょうかね。彼の敗因の1つは侮りすぎているという部分も、でしょうか。
 それにしても彼のステータス画面のビジュアルはまさに王子様系ですよね。中性的な。お母様も本当に美しかったのだろうなと思いますし、髪型も長めなので余計に面影もあるのではなかろうかなんて思っているのですがどうなんですかね。
 それから、パーティに入れていると台詞が結構攻撃的な部分もあるので「おや?」と、思う人多めな気がするのですがそれらもわざとなんでしょうか。

 さて、ロイヤルということで明智くんのコープが変化し、よりコープらしいものになったのですがついにここらで動き始めましたね。
 似ている境遇、でもまったく反対の立ち位置。白と黒な彼らですが、そんな明智くんからこっちへ来ないかという提案を受けます。重要な選択肢であるような警告でたので一応セーブデータはとっておきつつ、一体どこでこの結果が生きてくるのか分からず悩みまくった結果、「明智は好敵手だ」にしてしまいました。果たしてどういう結末へ繋がるのか…。一瞬P4Gの共犯者ルートか? とも考えたのですが…。本当にペルソナは選べない選択肢多いですね!!! 悩ましい!!!
 更にコープは進み、2人でメメントスへ行きたいとまで言い出すではありませんか。喜多川くんの絵を描きたいから行くというような理由なわけがないですし、絶対やばい展開ですわと思いながら進めば銃を向けられるわけですよ。え!? もうここでそんな正体バラすような真似しちゃうんですか!? いいの!!? ジョーカーに銃向けるの大好きすぎでは!? なんて考えつつタイマンに。うへ~ペルソナ何か用意してったっけ!? と、焦りながら戦うのですがアラハバキを奇跡的に用意しており、物理も銃撃も呪怨、祝福も効かないという完璧な対明智くんペルソナでは!!? よかったーー!! と、難なくクリアでした。アラハバキ様万歳。
 しかしこの辺りで滲み出る主人公への憎さや羨みなどの混ざった感情が出てきており、割りと積極的に分かりやすくしているのかな? という感覚で見ておりました。更に嫌いだとまで言うではないですか。続く台詞もあの場所で聞くような台詞ですけど、ここで言ってしまっていいんですか!? と。そりゃ既に主人公たちは水面下で彼を裏切り者と判断して寝首かかれないようにしていますが、ここまで分かりやすく描くということはロイヤルで追加されている部分に大きな変化がありそうだなと期待が膨らみます。それにしてもここまで描かれると初回プレイヤーもはっきり分かりそうですね。
 そんな嫌いだ宣言した明智くんがかっこよく手袋を投げ込むシーン、ここ何気に好きです。ゲームだからこそできるクサいくらいの演出ではないですか! 大好きなんです。「受けて立つ」という返事をして、彼との対峙を待つ約束をするのですが…つまりこれはどうあっても戦う羽目になるってことですよね? そこから先に救いがあるのかないのかドキドキです。


 あああああどうなるんだ~~~と、どきどきしながらも進めれば春ちゃんと浅草へ行くおデートが。酉の市ですね。大宅に偶然出会って、少し恥ずかしそうにしている春ちゃんの姿がかわいいのなんの!!! 何より桃色のスカートが可愛く、そこから伸びる足の白さにガッツポーズですよ!!! 春ちゃんかわいい!!!! 万歳!!!!!
 そこから貰える熊手がクマ手なのもまたいいですよね。クマ、元気ですかね?! 元気ですよね!!!

 春ちゃんから元気を頂いたあとはニイジマ・パレスを本格的に攻略し始めます。人気曲の1つである「The Whims of Fate」が堪能できるパレスですね。PSS2019が記憶に新しいのでフラメンコver.の妖艶さがつい浮かぶのですが、個人的にはP5Dの「The Whims of Fate (Yukihiro Fukutomi Remix)」がお気に入りです!! 歌ありは断然原曲なのですが、オフボーカルでも聴いてみたいと思うP5Dver.なのでした。
 BGMからしてハイテンション! になるニイジマ・パレスはギャンブルを実際にしながらというのも面白い仕組みで楽しいです。当たれば特盛りの牛丼をと夢見ている喜多川くんに特盛りの牛丼を毎日贈りたいお局様状態になっている己はさておき、他人の頭ん中で得体のしれねーカジノにド借金とか怖すぎるというド正論述べる竜司くん大好きです。お母様の育成大成功ですね、金銭感覚の。
 このギャンブル、明智くんが大活躍なのですが、”勝ち方”は心得ていると彼が言うのが色々な意味でぐっさりきますね。確かにここはそれで切り抜けられるのですが、このあと待ち受けるのは大逆転に、そして彼の本当の目的ですら…ですし。その”勝ち方”というのは実はとても脆いものであるというのが……。実際にキャラクタを作って名探偵にもなってというそういった部分での”勝ち方”は成功しているとは思うものの…。考えさせられる発言です。このあと彼は真の”勝ち方”に辿り着けるのでしょうか。

 オタカラへのルートも見つけ、さっさと予告状出すぞ~という雰囲気ですが待ったをかけるのは明智くんです。もっともらしいことを言って日付を指定するのですが、そうでないと困るからですよね。
 というわけで日にちまで間があく間、春ちゃんと絆を深めたりステータスを他の方のコープを進めて大忙しなところに芳澤イベントが追加されていました。ここでやっと分かりましたよ、冒頭部分での「約束」が。やるべきことが終わったら一緒にどこかへでかけて欲しいというのが約束だったんですね! なるほど。
 更に丸喜の任期がきてしまい、お別れのときに。号泣する女子生徒たちの様子が見られて、高校生らしい様子だな~と。高校ってこういう部分が楽しいですよね。先生に限らずですけど。青春の1ページですね。彼の、辛かったら逃げて下さいという台詞は、そんなこと言われたら絶対に逃げないし壁をぶち壊したるわとなる自分なので、そこだけ自分の中の何かが燃えましたがそんなことは置いておきまして。
 丸喜が最後に一緒にお昼を食べようというところからの眼鏡が曇って何も見えないイベントで大爆笑しました。自分も眼鏡族なのですんんんごい分かる!!! と(笑)丸喜も主人公も眼鏡曇ってる顔グラ用意されているのにも笑うのでした。ひとしきりげらげら笑ったあとに待っている話は全然笑えず、正体がバレているという展開だったのですが、あのシーンで丸喜が映っているのにもちゃんと意味があったというのが流石ですね。もはやどのシーンも見逃せませんねこれは。
 しかし研究していたことがワケあって認められることはなかったとなるのが気になります。黒幕たちのせいでしょうか。これで丸喜とはお別れですが、今生の別れではないですしいつか助けになれるときというのがそう遠くない内にあると思っています。それが真ED(あるのか分かりませんが)なのかどうか分かりませんけど。

 そこからは期日になってパレスの攻略からの冒頭の展開になるのですが、アルセーヌとのやりとりがまたいいですし、かすみが救いに来る展開は変わらずですが、約束の内容が分かっているので深みが増しますね。しかしかすみはどうやって乗り込んだんでしょうかね。この日もどうやって知っていたのか。明智くん側は彼女の存在を知っているのかどうなのか。
 兎にも角にも話は進むのでのちに分かるだろうと信じてお話を進めますが、またあの痛めつけを拝見することになるのが…!!! 辛いのです……。しかしこのあとの展開はいよいよ核心的なものへ。
 このあとの本性を出す彼の姿が見ていてこれも辛いです…。躊躇いなく撃ち抜く姿も辛すぎます。まだ高校2年生ですよ…。他の怪盗団の面々も怪しまれずにその後…となっているのも虫酸が走るどころか本物の寒気を感じますね。特捜部長もしでかしたことを思うと同情する気はまったくないです。気の毒にとはしかし思うのですが、加担したらこうなるということなんですかね。とにかく胸糞悪い展開が続く中、車の中の春ちゃんの美少女っぷりがすんごいんですよ!!!! めちゃくちゃ可愛いのでスクショを撮りまくっておりました。キャンバスを見る喜多川くんの美少年っぷりも素晴らしいですが、この春ちゃんの作画の良さは最高なのです。
 は~春ちゃん可愛いなぁ…となりながらの無事の再会ということでここからの展開が熱くて大好きなのです!! 不自然なまでの描写の数々の答え合わせが始まるのですが、みんなが知恵を絞って一か八かの賭けにも出てという大胆な作戦の決行。心躍ります。検証もしっかりしていて、緻密な計画ですよね。そして絶対にそれがバレてはならないということで迫真の演技をしてきたみんな。あのムービーでの最後の竜司くんのニヤリ顔がまた最高なのです! 初回プレイ時は撃ち抜かれたところから絶句状態だったのですが、あのニヤリでどれだけ救われたか! 2周目以降は、同じくニヤリとなれるのが楽しみ方の違いにもなりますね。
 更に真犯人も見当がつくわけですが、惣治郎が以前警告したのはその人物を分かっていてどれほど危険な奴かも知っていたからだったというのも明らかになります。いよいよ真犯人を追い詰めることになるのですが、その計画のド派手さがまた痺れますよね。死んだはずのリーダーが派手に名乗り出るというこの演出!!! 世間が色々な意味で湧くこと間違いないですし、実際あの演出も大好きです。お話だからこそああいう王道的な演出かっこよくないですか!? 中二病的なというか。いくつになっても童心に帰る演出です。その時も間近ということで、ここから更に楽しむぞ~!! と、盛り上がるのでした。

 反面、明智くんたちは自分たちが描いた通りになっていて色々とお話していますが、「将来のことは…考えてますがね」の声色加減が。すでに真犯人も思惑は気付いていてという中、彼はロイヤルでどうするのか。
 そして3学期に運良く進めた場合のお話がどうなるのかも楽しみですね。やはりかすみあのパレスを攻略することになるんでしょうか。とにかく次のあのパレスまでしっかり突撃したいと思います。その後は禁止区域に入るのでクリア後に…。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    >非公開コメントの方

     わああご丁寧に、しかもこちらでのコメントというお気遣いありがとうございます!
     とても嬉しいですし、とても励みになります!!
     来週いっぱいまでは鈍足更新だと思いますが、以降は普段通りのペースになれればいいなと思っております。
     新しい歳も趣味や推し事に全力投球したいです。これからもどうぞ宜しくお願い致します。
     毎日寒いですし風邪も流行っております、どうぞご自愛くださいませ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)