八吉で節分会しました

2020年02月10日

yakiti1.jpg

yakiti1no2.jpg

 ぐるなび様:個室居酒屋 八吉 秋葉原中央口店 様
 https://r.gnavi.co.jp/g243642/

 「鬼は内ー! 福は外ー!」で乾杯した節分会。モノノフの皆さまと酒を飲み、魚つつきつつ、舌鼓打ってまいりました。
 今回ご一緒してくださったのはお店の提案者の征次さんをはじめに駒さん、じきさん、りんさん(あいうえお順)です。ありがとうございました!
 もともと、美食家な征次さんのおすすめのお店に今度是非! というお話をしていて八吉さんが挙がり、そこでこの5人で集うことになりました。お話自体は昨年から決まっており、日にちを決める際に、「では節分が近いこの辺りで!」となったのでした。節分はモノノフにはお祭りデーですしね!!

 この日、例のよっていつものごとく時間前にいらっしゃっているであろう征次さんと連絡を取り合い、食前酒ではないですが1杯どうですかー!? と、おすすめの果寮MATSUTOMIさんへ向かったのでした。

kmatsutomiyakiti2.jpg

 果寮MATSUTOMI 様
 https://matsutomi.tokyo/
 ブログ内関連記事:果寮MATSUTOMIに行ってきました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2571.html

 前回飲んで完全にハマったアボカドアップルです。まさにやみつきですよ。これを打っている今も飲みたくて飲みたくて仕方がないくらいです。どこでもドアがあれば毎日通いたいですよ!! アボカドもアップルもたっぷりなのでスムージーっぽいのですがそれがまた美味しく!
 他のお客さんが飲んでいたホットのいちごクリームも美味しそうでしたし、アップルサイダーのホットも気になりますし、2つくらい買わないとですかね!?

 さて、この日はいつものお姉さんズではなく店主さんが店頭に。アボカドアップルだけでなく、フルーツクロワッサンサンドの洋梨も買いました。迷いに迷った挙げ句、洋梨で! いつもはお店で食べるのですが、これから食べに行くので持ち帰りに。すでにシロコッペさんでもいつもの如く翌日の朝食分も買っているのでシロコッペさんの紙袋にパンがいっぱいでした。嬉しいですね!
 洋梨のサンドも激ウマで、とにかく大ぶりな果物が入っているのですがその果物自体美味しいのは当然ながらクリームもパンもべらぼうに美味しいのが特徴です。決してフルーツの甘さを邪魔しないクリームなのが凄いですよね。

 店主さんから教えて頂いたのですが、お休みもなくなったようでいつでも! になったそうです。ふらりと立ち寄っても飲めるのは嬉しいですね。そして春になったら営業時間が長くなったりと暑い季節は夜でも楽しめるのもありがたいです。
 更に! Arts chiyoda 3331さんで果寮MATSUTOMIさんの系列店「STAR & OCEAN」さんがオープンになったようです。美味しいお野菜が食べられるお店ということで、MATSUTOMIさんで美味しい果物を摂取して、更に野菜までしっかり摂れるようになるだなんて秋葉原は攻守完璧じゃないですか、となりました。健康診断の結果がアレだった自分は栄養バランス考えましょう! のコメント通り、こちらで摂取せねばですね。


 その後、集合場所まで歩き全員集合したところで八吉さんに向かいました。八吉さんがある建物の上は、以前無双スターズのコラボで時継のお店だったバルが入っているのですが、下に八吉さんという美味しいお店があったのは気付かずだったのでまさに灯台下暗しと。スターズのコラボやDOA6のコラボでかなり色々なお店を開拓しましたが、まだまだたくさんのいいお店があるのだろうなと思うとわくわくしますね。

 
 以下、続きに。





yakiti3.jpg

 ザ・プレミアム・モルツ
 こちらのお店に行くのが決まってから楽しみで楽しみで毎日のようにメニューを見ては何を飲もうか食べようか…と、考えているのが楽しかったのですが、その流れで調べたところこちらのお店も達人店であるのが分かったのですよね! 神泡達人店なので美味しいビールに出会えます。
 以前、また別のモノノフの方々と赤坂のがっしょさんに行ったときに超達人店の存在を知って以来、そういうのを調べるのもまた楽しみの1つになりました。

 まずはビールで節分音頭で乾杯し、これで2020年も皆さん無病息災間違いなしですね! 風邪やウイルス等流行っておりますが、元気に過ごせますように…!
 そしてそしてお通しも4種から選べるんですよ! 全部くださいと言いたくなるくらい美味しそうなお通しでした。自分はイカの何かを選んだのですが、これがまたビールに合いまくりであっという間に空に。最高の瞬間ですね。


 乾杯後噂通り、担当のおねえさんが今日のおすすめのお魚をたくさん抱えて持ってきてくださったのです。これがまた圧巻で! 写真には撮っていないですが、どの魚も美味しそうで目が合うと、「キミにきめた!」ってなるのですがそれが全部の魚でなるのが(笑)
 どれも美味しそう、みんなどれでもOKということでおねえさんがおすすめする金目鯛を煮付けにしていただきました。魚を選ぶだけでなく、調理方法も選べるのが凄いですよね! メニュー表にもどこで仕入れているか、どういうルートでここの調理場までなのかというのが記載されているくらいこだわっておられる八吉さん。美味しいに決まっておりますね! 秋葉原でこういうお店があるというのが意外でしたが、駅チカでJRも地下鉄もつくばエキスプレスもと交通の便も良いですし、接待向けのお部屋も用意されているので需要あるのも納得です。


yakiti4.jpg

 お造り4品盛り合わせ
 魚がとにかく美味しい! と、征次さんにお聞きしていたので、まずはお造り頼まねば! ということで頼みました。この日は笠子、平目、目地鮪と何かです(笑)今日の魚を選ぶときに、笠子も凄く美味しそうで迷っていたらこちらで食べることができたので、全員で「ラッキー!」となりながらでした。それにしても盛り付けも切り方も美しくて…そしてこれで残った大葉とわざびだけでも酒が進むのがいいんですよねぇ…。


yakiti5.jpg

yakiti6.jpg

 子持昆布の串揚げ
 これは食べていただきたいおすすめ料理です! と、征次さんが最初から推されていた噂の品を1人1本ずつ注文したのですがこれがまぁべらぼうに美味しくて、ほっぺたが落ちるとはこのことか! となりました。
 カラッとあげられている子持昆布自体がまずたっぷりの中身で、揚げ物なのにこんなにぷりぷりの中身が味わえるなんて…という感動の第一波、そして上に乗っかっている鰹節のふわふわさとタルタルソースが口の中で合わさって、「美味しい」としか言えなくなる我々5人。あまりに美味しかったのでおかわりすればよかったなーと今でも思う品です。食べ終わってしまうのが凄く悲しくなる美味しさなんですよ!


yakiti7.jpg

 山ねこ(芋焼酎)
 ラベルとフォントがかわいい山ねこをロックで飲みました。普段焼酎はもっぱら米派ですが、山ねこが俺を呼んでいる…的なことで芋を。冬なのでお湯割りでもいいのですが、店内がむしろ暑いくらいだったのでロックで。氷が冷たく、形もよく、染み渡る1杯でした。
 やはり芋なので最初の香りがきますね! しかし味の方は芋だけどごくごく呑めるさっぱりさに思えたので、苦手な人でも呑みやすいのでは? と、思って帰りながら調べた所やはり苦手な方でも呑みやすいフルーティさがウリでもあるのですね。


yakiti9.jpg

 金目鯛の煮付け
 山ねこと最高に合ったのがこの金目鯛の煮付けですよ!! 自分たちで選んだ魚がこうしてやってくるのを見ると何だかいいですね! 荒ぶりながらつついたのですが、ここでのMVPはなんと言っても駒さんでしょう。
 「金目の金目です!」とめちゃくちゃ嬉しそうにきれいに取り除かれた骨を見せてくれた姿を見て、みんなでツッコミですよね! 「駒さんめっちゃ楽しそうですね!?」と!!! 大盛りあがりでした。「駒プロは完全部位破壊が得意ですね」などお話しつつ、駒プロがまだ残っている美味しいところを残さず余さず綺麗に掘り返すのでございました。駒さん、鬼の絵も物凄く上手でやはり鬼の骨格などを影響あるのでは!? という派生のお話も楽しく。まさに骨以外すべて食べられるので、今回も綺麗にみんなで食べ尽くすのでした。
 「この金目鯛とご飯食べたいですよね」「分かります!!!」と、モノノフさんは美味しいものがお好きな方が多いですよね話になり、こうして色々なところに行って食べられるのが嬉しい、また行きましょう色々なところ! と、あれこれ色々なジャンルの食事の話が出て、「あーそこ一度も行けてないです!」「そこ行きたかったところです!」等になるのも楽しいのでした。


yakiti10.jpg

 湯葉トロのお刺身
 ポン酢のようなジュレかかってるんですね~なんて話をしていて今調べたら土佐酢のジュレだったというのが分かって、ただのポン酢ではなかったのですねさすがです…!!! となったのでした。わさびと土佐酢ジュレがアクセントになっているやさしい味が嬉しい一品でした。

 九葉さんズが揃っているのもあり、九葉さん話にもなったのですが足湯話でフィーバーでしたね!!! 九葉さんは着込んでいるのがいい、余計な露出がないのが良いゆえに、足湯で覗くくるぶしや袖から覗く手首の部分の威力がやばいという話に。足湯のくるぶし話を嬉しそうに駒さんが話されるのを見て4人でまた盛り上がるのが最高でした。
 そしてレイヤーさんも3名揃っているということで九葉さんの服の話やこういうのを着て欲しい話でも盛り上がり、九葉さんを肴に飲む酒の進むこと進むこと。九葉さんと識が入っている足湯のところにおもちゃの水鉄砲持った大和が乱入話まで行き、討鬼伝は本当にどのキャラクタも愛されているな~としみじみするのでした。本当にどのキャラクタも素敵ですよね!!!

yakiti11.jpg

 鶏の唐揚げ 彩り野菜を添えて
 魚のお店の肉はどうなのかと注文したのですが、これまたサルサソースと食べる新鮮なお野菜と肉がうまーーーーい! のです。サルサソースで食べるということが今までなかったので、こういう食べ方もあるんだな~と新鮮でした。

 にしても鶏ってつくと、速鳥さん…ってなるのでどうしても注文してしまうんですよね。今回のお店も八吉さんということで、八雲に天吉的なことをつい思ってしまったのでした。


yakiti12.jpg

 純米吟醸 八海山
 りんさんと駒さんで「飛露喜~~~!!」と、飛露喜ファンが偶然にも揃った中で、八海山を注文しました。ジョニー(キャサリン)のお陰で八海山をよく注文するようになりましたが、やはり純米吟醸のは美味しいですね。個人的には雪室の純米吟醸の八海山が最推しなのです。
 この八海山の盛りこぼしは別の店員さんが注いでくださったので控えめなのですが、このあとおねえさんが注いでくださった酒が完璧な盛りこぼしだったんです。ちょうどグラスに表面張力ができたところで瓶が空いてしまい、「足りないので新しいのをお持ちします」とおっしゃるほど! そこから更に注いでくださったのですが、下の部分すら表面張力凄いくらいだったので、すかさず「おねえさん、注ぎ方めちゃくちゃ上手いですね」と言ったのでした。盛りこぼしはあくまでお店のサービスなのでおねえさんの心意気が熱かったですし、嬉しかったです!


yakiti13.jpg

 天ぷらの盛り合わせ
 天ぷらも食べたいと注文して届いたのがこちらでした。〆のうどんと合わせて注文される方も多いようですね。つゆもあればおろしもあり、色々な食べ方もできるのも嬉しく、茄子や魚、や立派な海老やかぼちゃなどの定番品勢揃いなのもテンション上がりました。


yakiti14.jpg

 橙色の梅酒(ソーダ割り)
 りんさんが橙色は美味しいですよ! と、教えてくださったので選んでみました。色からして綺麗ですよね! そしてたっぷりなソーダ割り。さっぱりな甘さで料理にも合いますし、とても上品な梅酒でした。橙色があれば今度からはそれを選択するしかないとなるほど美味しかったです。梅酒も奥深いですね。


yakiti15.jpg

yakiti16.jpg

 鯛茶漬け
 征次さんが子持昆布の串揚げと並ぶおすすめの逸品がこちらということで注文したところ、まず5人分用意できるか確認してきますと言われたので、もしなかったらどうするかと別のを見ていたところじきさんと自分で、「やっぱからすみでしょ!」となったのに笑いました。
 しかし見事5人分あります! ということで全員で鯛茶漬けを注文しました。まずは真鯛をそのまま頂き、「うまーーー!!!」と叫びながら胡麻ダレにつけ、それをご飯の上にのせてお出汁をかけて食べるという究極の1杯。胡麻ダレにお出汁って胡麻ダレが勝つのでは? なんていう杞憂は食べたらぶっ飛ぶものでして、お出汁はもちろんそのまま美味しく、「ペットボトルに入れて持って帰りたい」と全員で言い合うくらいでして、そんなお出汁が胡麻ダレと相まって更に鯛の旨さもお茶漬けで食べるご飯の美味しさも全部が邪魔しあわないって凄いですよね! 最近美味しいものばかり巡り会えているので、料理って本当に凄い世界だよなぁ…と、思うばかりです。全部の世界がそうだと思いますが、とにかく奥深いですね。

yakiti17.jpg

 乗せるとこうですようわあああああああ!!!! こんな美味しいものはドアップでも取らねばならんとしっかり収めるのでした。
 お出汁も胡麻ダレも美味しいですし真鯛は言わずもがなですし、最高ですね鯛茶漬け…。あとは皆美さんのもまた違った美味しさがあるので皆美さんも是非ご案内したいですね!


yakiti19.jpg

 濃厚杏仁豆腐
 〆にもう1杯のみたいな~とも思ったのですが、財布にお金があったか怪しいので杏仁豆腐にしました。器もかわいいですよ! と、征次さんがおっしゃっていたので楽しみにしていたらの! こちら蓋付きなのですが、蓋もかわいいんですよ~。そして開けたらこの大きな杏に濃厚な杏仁豆腐がたっぷりと入っていて、最後の最後までとにかく美味しいひとときでした。

 お話も討鬼伝も無双も夢の国のお話など色々出来て楽しかったです! ディズニーシーのお話もあがり、シーはそういえば1度しか行ったことがないんだよなぁ…と思いながらよく考えたら夢の国自体学生時代に行ったのが最後なのでは? となっているので久々に行きたいのでした。

 みんな美味しく楽しく、最後のお会計は酔いが回っているのもあり全然計算が合っておらず、まだ足りない、まだ足りない!? と、なるのもおかしく、そして全員が「美味しすぎて内緒にしたくなるお店」となるのでした。
 最初に予約したときは席のみ2時間のようなことが記載されていたのですが、急かされることもなく、3時間以上いましたが時間を言われることは一度もないままだったのでそういうのも嬉しかったですし、店員さんも特におねえさんが丁寧で明るく、お酒の注ぎっぷりもお気遣いもとても素敵で本当に良いお店でした! また是非行きたいです!!!
 行きたいお店や場所がたくさんで身体とお金が追いつかないくらいというのも嬉しい悲鳴ですね。美味しい食事に体内からアルコール消毒で、2020年も体調崩さず過ごしたいです。今年もよろしくお願いしまーす!


yakiti20.jpg

 そして最後に。なんと! 征次さんから贈り物を頂いてしまいました!!
 1月から実は用意していたというブックカバーに巾着…! 全員が「ぎゃああああ!!!」と、大喜びしまくったものです。皆さんレイヤーさんやアクセサリーを作られる方々なので、センスといい細かな作業といい、本当に凄いのですよね。自分はまったくできないジャンルなのでいつも「凄い」としか言えず申し訳ないくらいですが、本当に凄いです!!! ありがとうございました!
 更に誕生日プレゼントということで自分はブックカバーと更に猫さまチョコレートまで!! 昨年も猫さまがかわいくそして美味しい缶入りチョコを頂いたのですが、今年も本当にありがとうございました。とにかく眼福ですし、美味しかったです。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)