ペルソナ5 スクランブル プレイ日記1&ファミ通感想

2020年02月22日

p5sbox1no2.jpg

netabare.jpg
 ガイドライン:『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』動画・生放送等配信ガイドラインのお知らせ
 http://p-ch.jp/news/5617/

 満を持して発売したP5Sですよ!!! すでに時間泥棒なのと、楽しすぎて進めるのがもったいないという心もあり、ですが話が気になる! ともなりとても矛盾した気持ちを抱えながらとにかく楽しんでおります。なんと言ってもジェイル中すべて喜多川くんを動かせるとかそれだけで熱すぎますよね、絶景ですよありがとうございます!!!
 そしてP5Sもスクショなしプレイ日記になっています。ネタバレ禁止区間までは綴りますよ! 上記リンクには生放送や動画だけでなくスクショやネタバレについても記載ございますので、特にペルソナは初めてという方は一度は目を通されるのをおすすめします。

 さて、荒ぶりすぎてどうやって帰宅したのか覚えていないくらいの前夜祭から、当日は少しずつ開封の儀をし、ようやっとプレイ開始までこぎ着けました。

p5sbox2.jpg

 これらは布教用のP5Sたちです。今回はω-Forceさん、そして討鬼伝開発チームの方々も参戦ということでペルソナは未プレイだけど気になるという方も大変お見かけしているので、更に畳み掛けるように布教するのであります!!!
 P5SでP5が気になってペルソナをプレイというのも嬉しいですし、逆にペルソナしか知らないけど討鬼伝へ…という方もいらしたら嬉しいですよね!!!! 両方のファンなのでファンが増えるのは大変嬉しいですし、たくさんお話しましょう!!! という感じで楽しみは広がるばかりなのです。P5はフォックスこと喜多川くんいいですよ~と言いたいですし、討鬼伝は速鳥さんがいいですよ~と言いたいですし、どちらのタイトルも面白くて、その面白いタイトルが合体! 的な(厳密には違いますが)で面白くないわけないってなものです。

  ※上記画像はAmazonアソシエイトリンクを使用しています

 ファミ通さんではP5S特集が組まれており、中盤までの攻略情報やそれぞれのキャラクタの戦い方等も掲載されている盛りだくさんっぷりです! 更に開発者インタビューがあると聞いては買わないわけがないのです。おがPさまはどうだろう…と、そわそわしながら拝見したのですがみんな大好き関口Dがいらっしゃるではないですかーーー!!!! ヘアスタイルが変わっていらっしゃるではないですかー!!!! そしてまたモナちゃん持っていらっしゃる1!!!!!! 買ってよかったファミ通さん…そして隈部Dもおりますよ!!!
 アトラスさん側も金田P薄田Dということで電撃さんでの開発陣インタビューと同じメンバーでございますね。今回はどういったお話が伺えるのかわくわくしながら拝読しました。
 キャッチボールならぬドッジボール発言でふふふとなったところで、しっかりすべて応えて作ったというのが凄いですね! なんと言ってもコエテクさん、シブサワ・コウさんからして大のペルソナファンですもんね。両社のペルソナ愛がたっぷり詰まったタイトルなのだなというのがいつも伝わります。熱いですね!
 その後、ネタバレになるので伏せますが初期段階の構想の話でもしそれが作られていたらどうなっていたのかとても気になりました。喜多川くんの口調はむしろその時代でも違和感ないのでは!? とか。誰がどの陣営だったんだろうやら、色々気になることでいっぱいです。
 今作でのシナリオの部分、特に王に対しての部分などはプレイ前に読んでいてよかったとなりました。色々考えながらプレイしたいです。そして前夜祭でも久野さんや三木さんの演技を熱く語っていた金田Pがこちらでも語れていて、進めるのがますます楽しみですよ! 自分が彼ら2人に感じる気持ちにどう変化があるのかも含めて楽しみです。
 また、怪盗団の夏の新しい私服についてのアトラスさん側とコエテクさん側での普段のデザインの起こし方の違いなども興味深かったです。そしてあのUIについても特にソフィアのショップ画面のクオリティの高さのお墨付き具合にそうだったのかー! と。あのショップ、デザインもですがソフィーの言葉が流れるのも可愛いですよね。
 そしてコラボが今回限りは非常に惜しいからの「個人的に」またやりたいというお言葉などなど熱いインタビューで今回も拝読できてよかったです!!! 是非またコラボあってほしいですし、ライブコラボもまた是非お願いします!!! と、願ってやまないのでした。


 以下、ネタバレ含むため追記に。
 7月28日昼間で。




p5sbox3.jpg

 コエテクさん限定の複製原画の方も2つ買ったのでせっかくなので載せます。こちらはフォックス&ゴエモンの方です。
 複製原画はなんと言ってもとにかく美麗なのが最高なのですよね! 生の美しさはもっとなんです!!! と、なります。こちらはいつもの複製原画よりは少し小さめなので机に飾っています。机の一角がペルソナとヒーホーくんコーナーになってきましたよ。

p5sbox4.jpg

 こちらはシリアルナンバー入りのメインビジュアルの複製原画です。こちらが想像の倍は大きくて、ダンボールのサイズに驚きました(笑)なんだこのでかさは!! と。
 しかし大きいだけあり迫力なども一層感じますね! P5の物語を乗り越えた彼ららしい表情のP5Sらしいメインビジュアルでお気に入りです。そして気になるシリアルナンバーですが、自分は50番台でした。近い番号の方いらっしゃるかな~というのも気になりますね。以前、討鬼伝のを購入したときはモノノフさんでかなり連番に近かったので。
 あとは飾る場所ですかね! このイーゼルにはいつも討鬼伝の複製原画が飾られているので、もう1つイーゼルを買うべきか、しかし置き場所がない…と、飾り場所を探すのでした。

 また、オタカラBOXも即行で予約したので設定集やサントラ、サコッシュや手ぬぐいなどもお迎えできました。モナちゃんのBOXなのが可愛くて好きです! サコッシュはこれはペルライで使わねばですね。
 それからP5Sのグッズということで、ウインドブレーカーも買いました。ペルライやイベント等で着ていきたいですね!



 というわけでP5Sのプレイ日記です。
 体験版のところまでのお話はすでにそちらで書いたので、続きからです。自分がプレイしているのはDL版なので、歴代ペルソナのバトルBGMと回復アイテム詰め合わせが早速入ってきました。今はまだ新規曲を堪能しているのでバトルBGMは変えていないですが、しばらくしたら「A Lone Prayer」エンドレスの未来が見えます!

 さて、ジェイルに迷い込んでしまったジョーカーとスカルとモナがソフィーに出会い一緒に戻ってきたところからです。現実世界ではスマホの中で過ごしているのですがこれがまたかわいいんですよね! 喜多川くんも絶賛していますが、切なさの中に愛しさと心強さを感じるって何歳かな? というのがいいですね!(笑)
 しかし記憶喪失のソフィーが埋め込まれていた命令である、『人の良き友人になれ』というの一文を拝見すると製作者はいい人に思えますが、一体誰でどういう意図を持ってなのか気になります。今作はEMMAからジェイルに飛ぶというのもあり、EMMAの製作者やマディスがとても気になるところですが、EMMAのような凄いアプリを開発できる人であればソフィーの製作者のことも知っていそうな気もしますし、もしかして同一人物が作っているのかでもそうしたらジェイルのような場と役割が違いすぎるなそれもわざとなのかどなど展開が楽しみ過ぎなのです。
 それにしてもソフィー本当にかわいいですよね! 久野さんの声が合いすぎていて!!! ソフィーの謎についてモナちゃんが話していたら、「喋る猫に言われたくない」のところで爆笑しました。喋る猫にスーパーAIの会話って思うと凄すぎますね。

 その後、全員でジェイルに潜入しますが、スカルが最初にジョーカーたちにその服! となったときに「オマエもな」としたツッコミをフォックスにもすることになるモナちゃんが最高なのでした。というかスカルと同じ反応してると教えたらフォックスは何か一言言いそうですよね(笑)それも想像できるのが楽しいのでした。
 そして美少女怪盗と申します! の春ちゃん大好きです!!! 体験会でもここをプレイしていて燃えていたのでした。アン殿のモフモフ発言も可愛かったですし、とにかく怪盗団がまた会話をしている! というこの事実だけで嬉しくなれるのがたまらないです。
 さて、パレスとジェイルの違いについての話も出てきています。ジェイルではネガイを奪われても誰もいなくなったりはしておらず、では一体現実でどのような変化が出ているのか、そして王であるアリスについて色々と調べることになりました。ここで活躍なのがアン殿ですよ! アン殿の運が最高に輝いておりますね。売れっ子芸能人であるアリスを間近で拝められるチャンスを頂けたのでした。
 その前に街でアリスについての噂を集めるのですが、ここが体験会と変わっており、サクッと終わるようになっていてびっくりです! 体験会のときは駅前に戻ってというのもあったのですが、セントラル街側だけで終わってびっくりしました。体験会で少し詰まった箇所だったのですが、詰まった方がもしや多かった感じですかね!?
 それはさておき、街ではアリスに熱狂で危ないところでお金を借りている人や狂信者のごとくなっている人などがいる反面、急に近しい人がそういう風になってしまい困惑している人やアリスは腹黒い等文句を言う人などときっぱり別れているところがますます不気味なのでした。ネガイを取られてしまうと前者になってしまうんですかね…。しかし街中のアリスに対しての絶賛の台詞を見ていて、これ自分もハマっているキャラクタとか作品に対してこうだわ…となるのでした(笑)


 そして翌日の27日、ジョーカーたちが動いている裏でゼンキチもしっかり動いているのが分かりました。怪盗団のリーダーを調べろという上からの命令をしっかり聞いているではないですか。すました顔でルブランのカレーを堪能していてゾクッときました。すでに本格的な調査が始まっているのですね…。なかなかこういう運命から逃れられないジョーカーですね…!
 かくいうジョーカーたちはアン殿とアリスが出演する生放送の観覧者で参戦しておりました。思わず鞄から顔を出すモナちゃんにペットの持ち込み云々と声をかけるアン殿と「ペット…」で落ち込むモナちゃんというこのやりとりもまたツボでした。
 今作、この鞄から顔を出すモナちゃんのお顔の作りや仕草が更にかわいくなっていると思うんですよね!!! 特にジョーカーは背中を見せる事が多く、代わりにモナちゃんがこちらを向いていてというのが多いのでよく見ているのですがあまりに可愛くて見入ってしまい、話を忘れることもあるくらいとにかく可愛いです!

 いざアリスの生放送が始まれば実は引っ込み思案だったこと、自分を変えたいと思いながらなかなかできなかったこと、とある洋服に出会いそれを着たときに世界が違って見えたこと、そして誰かの光になりたいと思いこのファッションを始めたことなどを語っておりました。既に王の姿を見ているので、これは本心なのか作っているのか怪しい…とも思ってしまうのですが、誰かの光ってアン殿ではないですか! となっていたらアン殿もやはり反応していてそちらに持っていかれました。誰かの光になりたいからこそ、ネガイを奪い取った人間を熱狂的なファンにしてしまうというのは確かに合っているのかもしれないですが、そうしなくともそうなれていたのではないのですかね? それともそれでも足りなくて、なのでしょうか。
 う~ん…と、考えながら見ていたら突然MCの人が豹変して放送事故になってしまう展開が。えええ!? 突然すぎますし、でも不自然な間は一体何だったのだろう…アリスのせいとしか思えないですが一体なんでそんなことを…? と、更に疑問が増えます。
 これらを見ていたアン殿がやはり自分と同じ夢を挙げるアリスの言葉を考えているのが辛いですね…同じ志を持つ者として嘘の言葉を掲げてというのは決して楽しい気持ちにはなれないでしょうし…。
 そしてここからアリスの現実でも王のときと変わらないんでは!? という恐ろしい一面が…。マネージャーらしき人が、もうこんなこと、止めませんか…? と、恐怖しながらもしっかり止めているのは偉いですが、彼のその後が恐ろしく心配です。これ以上のことされてしまうのではと…。というかアリスは思い通りになるオモチャが欲しいんですかね? たくさんの狂信者のような人を生み出してもまだ何か満たされないんですかね? それでこんなことをしてしまうのでしょうか…。そう思うと可哀想ですが、周囲の人間がもっと可哀想ですよ!
 思わず止めに入るジョーカーたちですが、ころっと表情を変えてアンのことを大好きだったのとか言うのが怖いです。先程の放送事故現場の感想を思えばアンにもそういう境地に陥ってそういう表情を見せて欲しいとしか思えないではないですか!! きっぱり断り、あんな酷いことをする人と吐き捨てるアン殿が大好きです。アン殿は一貫して優しいですし、悪いことや酷いことをしている人間がいたら認めず、そして立ち向かうのがとてもかっこいいです。

 一通り情報を集めたということでアジトで会議をする面々ですが、本当にアリスのメリットが分からないんですよね。真の目的は何なのか。そういうのはなくてただ単にオモチャにできる人間を作ったり、陥れたり、そういうのを楽しむためなのでしょうか。
 そしてパレスの場合はオタカラを盗めば改心になりましたが、ジェイルにはそれらしき匂いはあるもののオタカラかどうか定かではないという煮詰まった感じに。しかしとりあえずそのそれらしき匂いを探ることになりました。しかしここでソフィーが疑問点を投げます。心がまだ分からないソフィーは多くの人を苦しめているアリスを倒せばいいと呆気なく言いました。所詮は悪党という考えもありますが、それでも改心を選ぶのが信条であり、悪党を倒すのに同じ悪党になってはならんというのが心の怪盗団なんですよね! ソフィーに心をというものを改めて教えるというか説明にもなり、尚且新規プレイヤーにも怪盗団とはどういうものかというのが分かるようになっていて、自分も怪盗団結成当時を少し思い出しました。というわけでソフィーも加えた怪盗団が再度結成されましたよ! おめでたいです!!!

 さてさて、今作では一区切りになるとメンバーがいろいろなところに出没していて会話が聞けるのも楽しかったりします。
 この時点でハチ公近くにいる喜多川くんに話しかけて思わず笑いました。悩みならあると深刻に言う喜多川くんに、まさかやはり食費がなくて…!? 大根の葉っぱも育たず!? と、ハラハラしていたら気温のことでした。全裸になっても熱中症が心配なくらいの暑さ、頼りになるのは水と塩だけということで貴重な岩塩を頂き、エアコン買ってあげる!!!!! となったフォックスファンの方多いんではないでしょうかね。自分はそう思いましたし、むしろジェイルで稼いだお金でジョーカーと喜多川くんの部屋にエアコン買おう!!!!! 最強コスパ危険!!!!!!
 それにしてもアン殿のフヌヌードもそうですし、教会で全裸発言もそうですし、喜多川くんは常に全裸の話題がありますね(笑)

 あ~笑った笑ったでも最強コスパは危険!!! と、なりながら話を進めていたらソフィーの通販でまた爆笑なんですよね!
 バイク便で手軽に届いてしまう金の延べ棒って一体(笑)というか金の延べ棒というとガンパレしか浮かばないので、四軒茶屋ではなく熊本だっけここは!? となったのでした。しかし法律は破っていないサイトで支払いは仮想通貨であとで振り込みというのをあっさり喋るソフィー大好きです。AIだからこそですよね! 開封済を返品できてよかったですね竜司くん…。
 からのソフィアショップオープンです! おめでとうございます!!! アトラスさんも絶賛のショップのデザインかわいいですよね。ソフィーの台詞が流れていたり、どこから取り寄せたかも分かるのが可愛くて好きです。

 その後、喜多川くんの装備は1番高いのを購入しいざジェイルに潜入です。今回はジェイルから帰還しても日にちが進まないので、消耗するごとにチェックポイントで帰還して整えてから進めるのが良さそうです。節約プレイしていたら普通に全滅の危機が幾度も! だったので、お金が入る度に装備も揃えて、BANDなども育てつつしっかり用意して挑むのが良さそうです。
 ジェイル自体は迷うことも多いのですが、地図が最初からオープンですし、サードアイやファントムムーヴを駆使しての探索とあと純粋にバトルが楽しいので攻略が楽しいです!!! 常に喜多川くんのいろいろな動作が拝めるとか神ですよね!!! 最高です!!!! 真っ先にマスターアーツも全部得られたのがフォックスです。しかしトロフィーを見ていたら全員マスターアーツの項目があったので、しばらくは他のキャラクタを使い、全員取ったら喜多川くんに戻ろうと思うのでした。喜多川くんはカウンターが決まったり、手数が増えたりしていくのを見ると燃えますね!!!! まだまだコンボを覚えていないのでおぼつかないプレイですが、頑張りたいです!
 あとは装備をしっかり準備しているので、体験会で3回くらいゲームオーバーした強敵にも今の所ゲームオーバーなしで進められています。きちんと用意するの本当に大事ですね! あと回復アイテムの重要性が本編以上にというのを感じるので装備も買いつつ、アイテムもしっかり買わないとだなぁと思うのでした。
 それからジェイルの攻略中、メンバーがメメントスにいるかのように色々話してくれるのが楽しくて嬉しいです。

 しっかりカバーアクションで背後から攻めてというペルソナらしい動きをアクションでもがっつり堪能しながら進めていると、オタカラではないですがキーになるようなものがありました。ジェイルの仕掛けを動かすコアの役割を果たしているのですが、それがアリスブランドの洋服だったり、自身が表紙を飾る人気雑誌(ウンウンなのが面白かったです)だったりとこれは他のジェイルではどういう感じなのかも楽しみになってきますね。
 ここまで進めるとハッキングバトルも何回かありました。前夜祭での岩井さんのプレイで、これは自分ゲームオーバーするわ…となっていたのですが、なんとか大丈夫でした! あのごっそりHP持っていかれるの恐ろしいですよね。双葉の装備もちゃんと用意するようにという話が出ますが、あれを見たらそうします! と、即答しますよ。

 その後、1番最初の生放送で隈部Dがプレイしていた中ボスバトルがありました。まぁ今まで大丈夫だったからこのまま突撃して平気だろう…と、消耗したまま特攻したら普通にゲームオーバーしました(笑)そういえばあの生放送のときもガチで戦っていたもんなぁ…自分は完璧に用意しないとじゃんか!! と、考え直し、帰還してHP・SPともに全回復し、いざ挑むものの食らうと一撃が痛すぎでして、弱点突こうにもSPすぐ切れるし、失敗すると食らうしやばい!!!! と、モナちゃん以外全滅になり、そこから必死でモナちゃんで倒すのでした…。いやはやしっかり敵の動きを見て、戦わないとだめだ! と、切り替えになる一戦でした。しかし面白いですね! ぎりぎりでも倒せれば倒せた! となりますし。雑魚は無双のような感じの爽快感が楽しめ、強敵や中ボス等で大型鬼と戦うようなアクションも楽しめるので緩急つくと言いますか、更に飽きないアクションになっていて楽しいです。

 お話もしっかり進みまして、あんなことしなくても超売れっ子なのにと話すアン殿と、何かきっかけがあったのかしらと挙げる真の会話で話の続きがますます気になるのでした。
 ここからはBunkamura…ではなく、Bunkamachiを目指します。芸術の男・喜多川くんが食いついているのがさすがですね。
 そうですそうです、ここの電源装置を3つ探して動かすところの3つ目(ロープが左右にあって、真ん中の建物にというところ)の場所にどうやっても行けなくてしばらく悩んでいました。二段ジャンプでも行けないし、ファントムムーヴもできないし、ロープでも途中でジャンプできないし…と、悩んでいたら壁に背を預けて歩くスペースがあり、そこから辿り着けました。そう言えばSEKIROでよくやるやつがあったな! と、やっと思い出しました。
 順調に攻略を進めるのですが、こんなに動きまくってアリスが気付かないわけがないですよね。封鎖された上に、凄い敵の数で進めないように…。一体どうしたものかと現実に戻って案を練ろうという話になったのですが、ルブランに戻るところで酔っ払いに絡まれる展開に…! すかさず相手になるジョーカーのかっこいいこと! さすがジョーカー、すべては人助けから始まったこの運命…色々あってもそこは曲げないジョーカー! かっこいいです! しかしこの場には真もいるんですよ。あ~鉄拳制裁が…と、思っていたらゼンキチがやってくるではないですか! 絶対偶然ではないでしょうこれ!!
 助けてくれたのはありがたいですが、すかさず喜多川くんがゼンキチが公安だと見抜いておりますし、更に尾行にもう1人いることも分かり、すでに大変な事態になっているのも分かって恐ろしいです。
 更にルブランに入り、先程までは普通だったマスターがゼンキチが公安だと分かってからの変化が要注目ですね。お冷を置くときの乱暴さ加減と怒りながらの「…ごゆっくり」の台詞が! こういうマスターが大好きです。更に物凄く笑顔かつ明るい声で、「私たち、警察が嫌いなんです」と言う春ちゃんが大大大好きです!!!!
 そんなアウェーな場にいるゼンキチは今の状況を話してくれます。どうせ生放送の現場にいたことも抑えてるんだろうな~と素直に話したら、「素直過ぎないか?」と言われて笑いました。しかしゼンキチは上は怪盗団の仕業という風にというところ、証拠もなく違うと思っているようですぐ逮捕されないようにする代わりに情報をという取引を持ちかけてきたではないですか。んなものは公安は信用できないの選択肢ですよね。あんだけのことされてきましたしね!? しかも警察側からの取引ってあれこれ思い出すではないですか! 今作では一体どうなるのか…。ゼンキチにはカレーはいつでも品切れと言うマスターに痺れつつ、とりあえずまずはアリスをということになるのでした。このアリスの一連のことがどうにかなったら警察側やゼンキチはどう変化出るのかも楽しみですね。
 しかしアリスをというもののあの大量の敵と封鎖されている壁をどうにかしないとなのですよね。ここで囮に…という話でジョーカーに視線が集まるのですが、囮のプロフェッショナルですよねここまできますと!!!!! ジョーカーがいれば何でも安心!!!!
 ちなみにこの時点でセントラル街にいる喜多川くんと話すと、大切な友を守るのも俺たちの役目だと熱いことを話してくれるので更に最強コスパっぷりの熱になるのでした。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. イージーに苦戦する桜 | URL | -

    ついに発売しましたね

    ようやく自分も開封の儀(と言っても通常版ですが…)を行い、プレイし始めました…!にしても布教用でお一人で複数本買ってしまうマリさんさすがです…!こんなにもファンの方に愛されるとなると制作者さまも感無量かと思います。

    で、早速ですが…全然無双と違う!というのが一番の感想です。
    無双だとそれこそ難易度簡単とかだと正面突破じゃああああと言わんばかりのゴリ押しでいけたのをこちらは特にボス?キャラは正面からゴリ押ししてるとあっという間にライフ削られ何度主人公(名前は散々悩んだ末京極院大和くんにしました)をダウンさせてしまったのやらです。
    ちゃんと弱点を考えないと追い討ちもできないしとかなり戸惑っております。
    いきなり視点が変わったり、壁歩きしたり、まずはゆっくり慣れていこうと思います。

    で、ここからはアクション以外のコメントですが、
    まずソフィアちゃんですよ!めっちゃ可愛いではないですか!
    久野さんの声めっちゃあってるし、ちょっとずつ皮肉とか言うようになってくるしで即一推しキャラになりつつあります。あとはモルガナですかね。攻撃で車に変身もびっくりですがこれは前作してないのでなんともですがこんな可愛くてかっこいい猫を肩にのっけてる主人公が羨ましいと。
    また喜多川ってキャラのアクションが周泰様っぽい(武器も日本刀ですし)スタイリッシュなアクションで声が杉田氏ということでこちらもハマりそうな予感です(見た目かっこいいのに時々残念キャラになるのは杉田キャラの宿命……?)

    またこれはアニメのペルソナ4を見てても思ったのですがBGMがどれもこれも素敵だと!
    そりゃサントラヒットするわなと思った次第でした!

    少しずつ進めつつこちらでもコメントさせて頂きますー

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    >桜さん

     桜さん、コメントありがとうございます。
     発売&開封の儀おめでとうございます!! 今回は討鬼伝チームがと分かった瞬間、これは5本は最低買いますわと決めていたので遂行した感じです。これをバネにお願いしますコエテクさまーーーという感じですよ! 今ωさん1番偉いの早矢仕Pですし早矢仕Pさま討鬼伝を何卒ーーーと!!! という思いを込めての買い込みでした。

     無双アクションではなく、ARPGと謳っているというのがよく分かるアクションですよね! 雑魚は無双のように爽快にゴリ押しでもいけますが、ボスや強敵はしっかり考えないととなっている作りがまさにペルソナだと思います。
     ペルソナはRPGですが、弱点をつかないとすぐにこちらがピンチになりますし、SPを温存して通常攻撃で~というシステムではないので、考えて戦わないとという部分がアクションになってもまさにペルソナになってるんですよ!
     視点が変わったりというのもP5やっていると、ああ~となるので本当にペルソナがそのままARPGにという形がああいう風になっているのだと思います。
     なかなか慣れないと思いますが、ボスを倒す感覚などは討鬼伝っぽさもありますし、桜さんでしたらすぐに感覚掴めるかと!

     ソフィーめちゃくちゃかわいいですよね!? 久野さんのお声も完璧に合っていますし、だんだんと人間っぽさが…というのが凄くよいですよね。自分もソフィーはイチオシです。
     モナちゃんもかわいいですよね!? 車に変身は、P5の世界が認知の世界という世界に非常に関わっており、人は何故か猫がバスになるというのが普通に浮かんでいることということで車になっているのですよ。ネコバスですね(笑)
     主人公のお名前かっこいいですね、桜さんの! お頭っぽさのある名前もまた素敵です。
     喜多川くん周泰さまっぽいというコメントを拝見して1人でビンゴ状態になっておりました! 以前、桜さんはP5Sやったら周泰さまを彷彿させる喜多川くんに~とお話ししたので、まさに! と、嬉しかったです。喜多川くんは二枚目ですがああいう突き抜けたキャラクタ&おもしろすぎ&美声のギャップがいいですよ!!

     BGMも最高ですよね!! 今回は特に桜さんは馴染み深い方々(MASAさんや赤羽さん増岡さんなど)が編曲や作曲で参加されているので馴染み深い音色やメロディーあるのでは!?
     楽曲面ものちのち書くのでそちらもお話できたら嬉しいです!

     こちらこそ語れるの楽しみにしております!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)