ペルソナ5 スクランブル プレイ日記2

2020年02月25日

 ※上記画像はAmazonアソシエイトリンクを使用しています
netabare.jpg
 ガイドライン:『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』動画・生放送等配信ガイドラインのお知らせ
 http://p-ch.jp/news/5617/

 渋谷ジェイルをクリアしたらバスタオル被ってプレイしようと思って油断していたらもう泣きましたよね。しかも出勤前に…。花粉と泣きで目が開かない中出動することになったので、P5Sは労働前にお話を進めたらあかんという結論に至りました。
 というわけでやっぱり楽しいんです!!!!! アクションが楽しいのでジェイル攻略がもっともっと楽しいんですよね。心の怪盗団ですが、オマエの睡眠時間を頂戴するという感じで嬉しい時間泥棒タイトルです。
 しかし体験会で苦戦した強敵に意外とすんなり行けたので、これは調子いいんでは!? なんて余裕こいていたら中ボスやボスでわんさか死にまくって笑っています。このゲームオーバーっぷりは仁王とかSEKIROばりでは!? となっておりますが、P5Sは難易度も変更できるのでアクションが…という方でも安心なのが嬉しいですね! 頑張ってノーマルで初回はクリアしようとどうにか繰り返ししながらも頑張っているのでした。
 ペルソナなので弱点をついてうまくダウンとって総攻撃や1MOREやらで攻め立てるのが常ですが、最終的に味方が全滅して弱点を突くわけではない喜多川くん1人で勝利するという展開になっているのでアクション力はキャラ愛でカバーできるのかもしれない…と、思い始めてきましたよ!(笑)

 さて、クリアするまでサントラはお預け! というのが自分の中での決まりなのですが我慢できずに1枚目だけ聴いてしまってひたすら荒ぶっております!!!!!
 今回、アトラスさん側では喜多條さんファンが荒ぶりすぎるどころか生きてる!? 大丈夫!? と、心配になるくらいいい意味でやばいと思っているのですが、コエテクさんのサウンドチームも増岡さん赤羽さんファンが同じ感じで心配になりますね!? 自分は見事に討ち死にして生き返ってというのを繰り返しております(笑)
 体験会でも「Keeper of Lust -Scramble-」が1番いいな~と、なっていたらの増岡さんではないですか!!!! 「Strikers」「Deredevil」「陽動」もそうですし、アレンジはペルソナ色を残しながらコエテクさんお馴染みのサウンドも入って、「ペルソナなのにコエテクさんサウンドする不思議」感を味わえる最高のものなのですが、新曲もそのような感じで凄すぎません!? え? アトラスさんに所属されておりました? 的な。
 更に赤羽さんの「Crossover」もどストライクなんですよ。総攻撃受けますねこれ聴くと!!!! お洒落さとセクシーさとスタイリッシュさが絶妙な1曲で大のお気に入りです。
 サントラは後ほど発売される予定云々とオタカラBOXの紹介ページに記載あったと思うのですが、オタカラBOX買えなかったという方におすすめですよ!!! むしろコエテクさんのサウンドチームのファンの方も是が非でもおすすめしたいです。
 まだメイキング映像は拝見していないのですが、このサントラのライナーノーツがないのが悔やまれます!!!! 両社サウンドチームのインタビュー記事が拝みたすぎるのですがどこかのメディアさん取り扱ってくださらないですかねー!!? サントラ感想はクリア後にすると思うのですが、とにかく良すぎて叫ぶしかないですね。今の所1枚目のエンドレスは、「Strikers」と「Crossover」の2曲です。2020年始まったばかりですけど、自分の中の今年のベスト10に確実に入るとしか思えないです。2枚目も気になりすぎて解禁しそうですが鋼の精神力で耐えたいと思います。


 以下、ネタバレ含むため追記に。
 7月28日昼~7月31日昼まで。





 渋谷ではアリスのファンが、「アリスと握手した手、もう一生洗えねえよ…」と言っていますが、自分も討鬼伝2の秋葉原で行われた体験会で、今作のディレクターでもあるみんな大好き関口Dと握手して頂いたとき同じこと言ってましたね。なのでこのファンたちの気持ち分かりすぎるな…と、なりながらジェイル攻略を進めるのでした。

 この時点で喜多川くんのマスターアーツはトロフィーを取ったくらいだったので他のキャラクタを使ってからまた戻ってこようとソフィーのショップで色々買いましたが、アン殿の武器の仕入先がまさかのコスプレショップからでちょっと噴き出しました。しかも店名が世紀末…!!! 覇者先輩とまで付けたくなるのがP5プレイヤーですね。
 さて、いよいよジェイルで派手に囮をすることになるジョーカーですが、サーチライト破壊班がアン殿、竜司くんとモナちゃんという初期メン。双葉がハッキングを仕掛ける間の護衛が喜多川くんに世紀末覇者先輩、春ちゃんという後半組でした。鉄拳制裁と薪割りかのようにぶった斬る先輩方がいる護衛強し…!
 そしてついにド派手に囮役! ということで、P5Sを始めたときの映像が始まりました。ここに繋がっていたんですね!しかしここからはチュートリアルではないので真面目に囮をして長い時間耐えねばならないのですが、敵の攻撃が本気です。え? これノーマルってマジ? となったくらいいきなり難易度上がった気がしたの自分だけですかね!? 実はここだけで5回くらいゲームオーバーしましたよ!!! ゲームオーバーしすぎて、「EASYに変更しますか?」と出ました(笑)
 いやいやいやP5Sはノーマルでクリアしますよニンジャガは開始直後に難易度下げたプレイヤーですけど!!!! となりながら、まずはベルベットルームでジョーカーのペルソナを鍛えたり合体しました。今まで喜多川くんしか使っていなかったくらいなのでジョーカーのみになって初めて危機感覚えましたよ。むしろここでソロになってよかったのかもしれません。この戦いは地上に降りると状態異常はもちろん、敵が猛攻撃かけてくるので回避しても回避した先でやばい&弱点つかれるであっという間に死にます。ファントムムーヴで回転ぐるぐるで凌ぐのが1番安全かもしれませんが、特攻する自分だったのでした…。
 あああああああもう死ぬからなるべく早めにーーー!!!!! と、半泣きになりながら耐えているとどうにかできたようで、ゲートが大爆発に! ここの3Dのムービーがめちゃくちゃかっこいいんですよ!!! あれだけゲームオーバーしたご褒美がこれというのは最高すぎる!!! と、大興奮でした。爆発をバックにかっこよく登場するパンサー、スカル、モナ。そしてゲートから敵をバイクで轢きまくりながらやってくるのは世紀末覇者先輩! 静かにしかしかっこよく決めるのはフォックスで、その後に美少女怪盗的なポーズを決めながらのノワールという熱すぎるムービーにとにかく燃えすぎて、頑張ってよかった!!!!! と、大はしゃぎでした。しかもその最後をキメるのは我らがジョーカーでしかもあの手袋を直す仕草つき!!!! 痺れます。PSS2019でもKAZOOさんがこのポーズされておりましたがかっこよかったですよねー!!!!
 このかっこよさもはや無敵ですわ!!! と、いざジェイルを進むのですが次に出てきた強敵の黄昏の女娼にボッコボコにされました(笑)いやいや先程からいきなり強すぎでは!? となるのですが、弱点さえついてゴリ押せばまだイケるのがノーマルなのです。ジョーカーとモナちゃんで疾風属性でSPガンガン使ってゴリ押しをしてとにかく倒しました。いやいやまだ序盤でゴリ押しは自分まずいのでは…? と、心を入れ替えて頑張ろうと思うのでした。

 その後、王城に入れるのですが無数のスイッチがあり適当に押しても経験値もお金も稼げない戦いが始まるだけという展開にしかなりません。
 サードアイを使ってもそのスイッチになるものが全部光るので途方に暮れておりました。何度も間違えては怪盗だからこそとヒントを言ってくれるのですが、サードアイで見ても全部光るじゃんかよーと嘆いていて押したところが敵が出なかったのです。どうやら順番に押さねばならないということで、サードアイをしながらひたすら眺めており何か変化が出ないかと見ていたら床に足跡あるではありませんか! てっきりずっと模様だと思っておりましたが、サードアイをやめると消えるんですよ。これは!!! と、足跡を追って押したら正解でした。床もよく見ろってことですね、学びました!

 その後も無限討伐のように連続のバトルがあったり、天の刑罰官が再び出てきました。中ボスバトルが多くなってきましたね。しかしここからはステージのギミックを使って攻撃だったり足止めだったりできるので、そういうのを使っての動きも増えて更に楽しくなりますね! 相変わらずボコボコにされるのは変わらないのですが。しかしノーマルでこれほどボコボコというのはリスキーはもはや自分には不可能なのでは!? とガクブルですよ。前夜祭で金田Pがしっかり強化すれば大丈夫とおっしゃっていたので強化頑張りたいです。

 その後、城の頂上辺りまで登りつめるのですが、実体化していないネガイらしきものが。最初に見たシーンでは宝石のような形をしたネガイを奪っているところでしたが、ニンゲンの願いに元々形はないからこそこのモヤモヤっぽいのが本当の姿なのでは? と、モナちゃんが言っていました。しかしモヤモヤでは盗めないですし、元の持ち主に返せないですよね。このモヤモヤという単語のソフィーの言い方が物凄く可愛くてタマハミでした。久野さんボイスが合いすぎていて最高です!!!
 そして、実体化させるにはやはり予告状ですよね! P5Sでもその展開あるのかー!!! と、実は物凄く感動したシーンでもありました。これまでの情報には予告状云々は出てきていなかったような気がするので今作ではないのかなと思っていたのですがありましたよ! やはり予告状からのオタカラを頂戴したが怪盗団ならではですよね!
 そんなわけで頂上を進もうとするものの見えない壁の出現によりスカルがギャグ発動で! このシーン笑いました。今回次のシーンでギャグ落ちというのが多めなのですが、すべて面白すぎて毎度爆笑しています。お茶飲みながらプレイできないP5Sですよ。
 しかし笑ったあとで繰り広げられるのが心無い声ばかりというこの差…! アリスがかつて受けていたようなイジメとしか思えないシーンでした。そしてそれが鍵になっていてここから先に進めないというのをソフィーが話してくれました。王の心の鍵で守られている鳥かご、とても儚さを感じるものでした。ずっと押し留めておきたい過去がアリスにもあり、それが先程の回想のような声たちだったんですね…。すかさずパンサーが学校でではないかと言います。似たようなことを学校で言われていたからという理由が辛いですが、それを乗り越えたパンサーだからこそアリスも救えると信じたいです。
 パレスのときは鴨志田含めて、絶対にぶっ飛ばしてやる!!!! という思いで戦いを挑んできましたが、ジェイルではファミ通さんのインタビューでもありましたが色々と考えますね。もちろん今アリスがしていることは到底許せるものではないのですが。
 というわけで現実のその場所で鍵を開けるということをせねばならない怪盗団ですが、なんとアリスの出身校が分からないという珍事に。アン殿も言っていますが、普通有名人の出身校って基本的にはすぐ出てきますよね。双葉ですらすぐに探せないほど巧妙に隠しているというくらい消したい過去ということで根深い様子がとても伺えます。これはどう考えても探すのに手間取るのでは…? なんて思っていたらのゼンキチでした。喜多川くんに即行で、胡散臭い刑事と言われ、春ちゃんに「はい、とっても」と笑顔でぶった斬られるところが再び拝めたりと面白いです。春ちゃん、特にゼンキチに対して笑顔で真っ二つにする勢いの台詞なので大好きです!!!
 ゼンキチが消されている部分も公安の俺ならば! と、言うものの竜司くんがばっさり、「あ、いっす」と断る様子からのノリツッコミゼンキチで爆笑しました。P5Sめちゃくちゃ会話のテンポいいですよね!? ひたすら笑いっぱなしです。
 それにしてもアリスの母校に驚きですよ!!! 喜多川くんがすかさず「洸星高校かっ!?」と、言うのにも噴きましたが、よく考えればP5初めてのプレイヤーの方には喜多川くんは別の学校の生徒というのがここでより強調されて伝わったのではないでしょうかね。今回は制服姿でもなく私服ですし。

 というわけでアリスの母校が分かったためその学校に向かいます。喜多川くんが鳥かごでの言葉から色々と発言してくれていますが、言葉の取捨選択から更にずしんとのしかかりますね…。高校生でもこういうことがあるのだなと思うと余計辛いと思いましたが、人間である限りいくつになってもこういうことはあると思うと……。
 いざ乗り込むものの、出てきたのは言葉の刃で傷つけていた張本人らしき人物が。幽霊苦手な先輩が真っ先に反応されていたのもビビっときた! という感じでプレイヤーも反応したのでした。
 これPVであったシーンではないですか! と思ったらの戦いに。ロックキーパー戦ですが、これもまぁ大苦戦しましたね。一撃一撃が大きいので、食らうと一気に大ダメージに。とりあえず真はSPは回復にすべて使い、攻撃は他のメンバーに任せてとやるものの回復は追いつかない&SP枯渇でピンチに。うわあああとなりながら戦っている最中のBGMに更に残酷な台詞も加わって更にうわあああとなるんですよね! 喜多川くんが言葉の刃と表現しておりましたが、めった刺し状態ではないですか…これはアリスは過去を抹消するのも頷けます。最終的にジョーカー以外全滅でジョーカーのHPも3分の1というところでぎりぎりの勝利でした……。いやはや辛いですね。とにかくしっかり回避もしないとあっという間に倒れるので敵に囲まれて判別しにくい時が要注意だなと再度認識を改めました。
 それにしてもここまで使ってきてやっぱりジョーカーは使いやすいですね! 動きに速鳥さんっぽさも見えるぞ~という部分でテンション上がるのも関係していそうですが(笑)それでなくとも爽快なアクションは使っていて楽しいですし、ペルソナも色々使えるので揃えておけば常に弱点をつけますし、ゲームオーバーになってもジョーカーで弱点他はお気に入りメンバーで固めて頑張るのも良し、倒せないので全員弱点をつけるメンバーと回復メンバーで固めるも良しでいろいろな遊び方ができるのもいいですね。

 もうだめかと思いましたがどうにか倒せたので安堵したのもつかの間、なんとあの鳥かごの鍵を持っていたのはその人だったんです。王自身ではなく番人がというのもパレスとの違いですね。そもそもパレスには別の人の番人というのもおりませんでしたし。しかし、絶対に触れられたくない、それこそ鳥かごの中で一生隠し通したい過去の鍵を持っているのがその人というのがジェイルというのであれば、今後のジェイルでもそういうことがありそうですね。心を強く持たねば。
 これでもう最上階への道は開けた! ということでいよいよ予告状ですよ! しかし今まではパレスの主である相手のオタカラを頂戴して改心という流れでしたが、今回は王ではなく奪われた人々のネガイというオタカラを頂戴するのであって果たして改心が同じように上手くいくのか…という不安も。それでもアリスのシャドウが出てくる確率は高いのでそのときに説得でも拳で語るでもできるのではないかと喜多川くんが! いいぞいいぞ喜多川くん! と、燃えている自分ですがここからはやはりアン殿ですよ!! とても素敵です。というよりもアン殿らしい目指し方や救い方というのを凄く感じました。正面からいこうという言葉、誰かの光になりたいという同じ夢はあれは本心だという言葉。収録時にその言葉を聞いたときは、本当なのだろうか…と疑いまくって聞いていた自分ですが、アン殿がそう言うのであればそれが正解だろうと強く思えますね。同じようなことをされたことがあるから、そして今していることも説明してくれます。今のアリスは、自分がされてきて嫌だったことと同じことをしている人になっていて、それを彼女はどう思っているのか。同じところまで堕ちてそれでいいのか。そうするくらいの憎い気持ちなのか…。そうなのだろうなぁとは思うのですが、やはりこれまでのとにかくぶっ飛ばす! という気持ちとは異なりますね。直接怪盗団のメンバーに被害があるというのではないというのもありますが、色々と乗り越えた怪盗団だからこそのこの動きというのもとても感じます。


 いざ予告状を! ということでアン殿が文面を考えるらしいですが再び双葉砲が炸裂らしくとても楽しみでした。P5でもP5Rでもあの部分は気持ちが最高潮でしたし、待ってました! これぞ怪盗団! と、燃えまくりだったのでそれがここで再びですよ。
 渋谷の大型ディスプレイにはEMMAを作っているマディス社とPINEAPPLE社が共同プロジェクトを…というニュースが流れており、なるほど某林檎社的な…と、見ていれば映像が乱れての怪盗団のマークが!!! 覚えているか? から始まる久々の怪盗団ですよ!!! 熱いです。P5無印のED後なのでそのとき大衆の人たちは~というのはネタバレ禁止区間なので語るわけにはいきませんがこうして反応を見ていますとこみ上げてくるものがありますね。
 柊アリスへの予告状、そしてその映像の様子を見ているゼンキチの口元が徐々に口角上がっていくシーンですよ!! ここが凄く素敵でした。警察は犯人だと思っている怪盗団がここに来て逆に別の動きをするという展開。警察内の動きも気になるところですが、何よりゼンキチの口元のニヒルな微笑みは糧になりました。胡散臭い&警察は信用できないものの!(笑)
 そしてそしてアン殿の予告文ですよ!! アン殿らしい口調なのもまたいいですが、何よりも「偽りの光」と表現さえたのが物凄く印象的です。アリスにとって本心だからこそ、杏と同じ夢だからこそ。偽りではなく1番最初に願ったであろう、夢見たであろうそのままの光に戻って欲しいです。


 鳥かごは解き放たれ、落下した鎖でてっぺんまで登れました。更に予告状のあとなのでBGMがLife Will Changeなんですよね! 荒ぶるしかないです。



 そこにはあのモヤモヤ(byソフィー)がでっかい宝石となって実体化しているではありませんか! おおおお! でもモナちゃんがオタカラ見ても落ち着いているぞ~となったので、パレスの主ではないオタカラなので普通にいられるのですかね?
 しかしあれどうやって持って帰るんだろう? と、思っていたら無茶振りされるスカルを見て爆笑しました。でも竜司くんならいけると思うんですよね!(笑)P5DのLife Will Change (P5D-EDIT)の映像の冒頭のような感じで!
 という笑いながら見ていたシーンもあるのですが、ここでアリスがやってこないわけがないですよね。ここまでやっていますし予告状もしっかり見ているわけですし。怪盗団の面々がアリスがしてきたことを淡々と告げますが、どこ吹く風で杏へ話す様子を見て、またゾクッとしました。しかし杏が全部知っていると告げればそれがスイッチになっているようでこの姿が保てなくなっているのが…! ネット上から情報を消しても、自身が変わっても、どれだけしても過去が追ってくるというこの現実が彼女にとってどれだけのものかというのもより伝わりました。これだけ好き放題してもそれでもここまで豹変するほどとは…。
 不思議のアリスらしくうさぎのような感じになるのですが、これを見てモノノフの自分は「カゼヌイ!!!?」となったのでした。きっとモノノフの方々はそう思った方多いのでは? と、勝手に思ってるんですがどうですかね!?
 カゼヌイではなくマッドラビット・アリスはその上開幕早々怪盗団にもしかして恋人同士もいるのかな? という1番触れてはならない話題を出すではないですか!!!! 危険!!! その話題はこの戦場で倒されるのがジョーカーになってしまうから危険!!!! と、冷や汗だらだらでした(笑)P5Rのジョーカーくんは春ちゃん一筋ですが、P5のジョーカーくんは全股なので、この会話を聞いて1番内心どきどきだったのはジョーカーだったと思うのですが度胸がライオンハートな彼ですのでどうなのか(笑)
 そこからアリスがジョーカーを狙う発言辺りで、「なんかもらうとか言ってんぞ!」と言う辺りが物凄くスカルらしくてフフフとなりました。そうですよ、竜司くんのいいところはそういうところですよね、そういうところ大好きです。
 そういう会話はどきどきだったり面白かったりなのですが、ぶっちゃけアリスが物凄く強くてそれどころではない状態に! ステージ上にはクラッカーがあるので、アリスが真ん中のポールにしがみついたらクラッカーで攻撃をしてダウンさせてというアイドルのステージ上に舞う銀テではなくて紙吹雪という喜多川くんもいい絵になりそうだというくらい絵面は素敵なのですが、まずそこまで持っていくのも一苦労でした。なんと言ってもがっつり体力持っていかれるので食らうと終わりです。3回くらいゲームオーバーしたところで、これは弱点構成に変えないとだめだと、ジョーカー・パンサー・モナ・フォックスに変更しました。フォックスは不動なので何があっても入れています。パンサーは攻撃で火炎属性が乗るのでそれを利用しながら攻めていくのですが、マスターアーツもまだですし装備も心もとないのもあり、HPを半分削るところまでもこの4人でどうにかでした。
 HPが半分以下で更に本気モードというかこれは完全にカゼヌイ!!!!!!! と、なっていましたよ。これは絶対やばいやつではないですかと連続攻撃から逃げたり、とにかく弱点を攻めるのですがアイテムも底が尽き、そもそも金もないのでこれ以上は負けられない、どうにかここでケリをつけねばまずいとフォックス以外全滅の状態でそこからソロバトルですよ。やばい!!!! と、なりながらフォックス愛と気合で無事に勝てました。ホッ…愛は勝つ!!!(笑)それにしても、もう死ねない、1撃も食らうことはできない、これってSEKIROだっけ?! となりながらやっていた後半戦でした。

 あ~~~本当にぎりぎりだった…と、一息つくもののアリスはそれでも怒りが収まらないようです。倒されて余計にむかっ腹たてるのも気持ちは分かりますが…。見て見ぬ振りしていたやつも許せないし、蔑んできたやつへの復讐もしたりないようですね。パンサーに対しても何が分かる! という感じでした。綺麗で優しくスタイルもよくという所謂カースト上位と表現しているアリスですが、パンサーはパンサーでそれ故に色々とあった過去があります。
 アリスはアリスでそういう人たちに負けたくないからこそデザインを勉強してここまで頑張ってきた、それでもあの女が現れて過去をみんなに言いふらし始めたという地獄がやってきてしまったのですね…どれだけ努力してもそして自身を変えても結局は消したい過去が呪いのように振りかぶってきて、そしてそれが引き金となってそれであれば…ということでしょうか。だからといってしていいことではないのですが、どうしようもない絶望の底のようなところに落ちてしまったとき、パンサーの場合はジョーカーたちや親友の存在、そして自分の中の正義や許せない気持ちが色々と混ざりながらもどうにか抜け出すことができました。アリスにとってはそういう存在がなかったからこそ光の見えないトンネルを彷徨うようなことになってしまったのだろうな…と、思うところがあります…。
 だからこそ自身もいじめる側と同じような立場にたったと言うアリスに対して一喝するのはパンサーですよ! ここからが本当に良くて思わず泣きましたよ。あああああ労働前なのに泣いてしまった!!! と、ここで労働前にP5Sをやるのはやめようと決めた瞬間でもあったのでした。という自分の話はさておき、誰かの光になりたいという夢、それはまず自分自身の光に! という部分にハッとしました。アリスもその言葉には気付いたようで、最初に願ったその思いが同じような思いをしている子を助けたくて、という理由だったこと。ここでもう涙腺だめですよね。書いている今も画面が滲んて見えない状態なのでだめです。
 それでもここでそこに気付くことができて、更には謝りたいと言えるアリスですよ! 命乞いでもなく保身でもなく倒されるからこその焦りでもなく、自分の過ちに気付いて更にはそこからやり直したいと本心で言えるこの展開が熱かったです。そしてパンサーは親友や怪盗団のみんながいたから今の自分がいて、だからこそ友達になろ? と、自身もそういう存在に…というこの優しさですよ。パンサーはずっとアリスの才能を凄いと思っていて、だからこそ事務所に社長に機会をもらっていましたし、騒動の中でもそのことは認めていました。とても努力家で、そして同じ夢を持つものならそれに至ったことも自身と同じだろうと、それであればアリスの本当の性格がどのようなものかも感じ取っていたのだろうなと思いました。
 アリスが冠をおろしたとき、わがままな女王様のように振る舞っていたその王であるアリスという存在をやめて、元のアリスに戻れたのだなと演出込みで印象深いです。同じ夢を持つアリスが大好きだと伝えるパンサーのその言葉にどれほど救われたであろうかと考えるだけでも幸せになれますね。どれだけ過去が追ってきても、それに耳を貸さず、更なる努力と誰かの光になりたい、同じような思いをしている子を助けたいというその純粋な優しい思いと気持ちを分かってくれている友達という存在が力になって跳ね除けてくれるだろうと思います。

 ああああよかった! 救われて本当によかった…それでもこれからアリスは何の罪もない人々を弄んだことに対してのことが山のように押しかかってくると思いますが、それでも今のアリスであればしっかり罪を償って生まれ変われるだろうなと安心もありました。攻略後の感情も全然違うのも面白いですね!
 そして改心が成功ということでこれまでの展開ですとジェイルが崩れてモナちゃんカーで脱出! というものでしたが崩れる気配はなく。一体どういうことなのか。
 そしてこの一連を見ていてソフィーにとっても得るものが大きかったようです。人を救うために悪いやつは倒す、それをしない理由が分からなかったソフィーですが、倒さずとも変えることができたというこの事実。人の心はいつになっても難しいですが、そこがドラマですね。春ちゃんも何かを乗り越えて強くなれたかと思えば、ちょっとしたきっかけで揺らいだりと話しています。人生何歳になっても心の成長はできるということだなと思いました。立ち止まったり、考えることを放棄したらそこで止まるというのもよくよく感じますね。人生勉強のようになってまいりました…!


 さて、シャドウのアリスは改心に成功しましたが本物のアリスはどうだろう…と、見ていれば無事に成功だったようでよかったです!
 しかしジェイルについては謎だらけです。なぜアリスはEMMAを使ってああいうことができたのか。アリスのスマホを分析したい…と、思うものの今の状態を考えれば部外者がその機会を得ることなど不可能に近いです。そんなところにやってきたのがゼンキチですよ。取引についての話しのようですが、改心事件は全国各地で出ていてアリス騒動だけではない、まったく容疑は晴れていないと言うではないですか! ゼンキチは真犯人がいると踏んでいるので、ジョーカーが逮捕されて終わりというわけにはいかないようですね。
 ゼンキチと協力するかどうかという会議ですが、今の状況を見れば嫌いな警察でも…というデジャヴ感ある展開が強いですね。しかし今回は認知の世界等も知らない人間です。どうやっても寝言は寝て言えと一蹴されるでしょうし、ではどうするかというところで覇者先輩の大胆発言ですよ! さすが思い切りのいい元生徒会長殿!!! ゼンキチ相手にいいから黙ってとまで言える先輩さすがです!!! いつか克哉、明彦、堂島さん&足立、真、ゼンキチなどの警察関係キャラクタ大集合というのが見てみたくもあります。想像するだけで強いですね。
 さて、問答無用で渋谷ジェイルに連れて行かれたゼンキチですが説明するソフィーに対しての「いや、お前だれ!?」で爆笑しました。そうですよね! 突然1人増える恐怖!!! 畳み掛けるようにモナちゃんも喋れば、「…って化け猫!?」でトドメさされました。ゼンキチ、発売前の最初の頃の情報ではこれはなんというか読めないキャラクタだぞ~となっていたらPVで新作が出るごとにノリのいいおっさんキャラクタというのにシフトし、製品版で遊んでいてめちゃくちゃおもしろいおっさんキャラクタに認識が変わりました。三木さんの演技がとにかく会心すぎますね!!!
 現実に戻ってきてもまだ受け入れられない様子を見て、「…初々しいな」と喜多川くんが感慨深そうに話しておりますが、そのときの喜多川くんの立ち姿が最高に好きなんですよね!!!! あの立ち方!!!! 手すり部分に少し寄りかかっての高身長だからこそ更に映える立ち方!!!!!! 最高です!!!! いいなぁ…自分も身長が180くらいあったら…と思うのですが、喜多川くんの顔とスタイルがあってこそ映えるのだなと思ってからは考えるのをやめました(笑)
 まだ理解が追いついていないゼンキチに覇者先輩が追い打ちをかけるように、「取引をするからには、私たちは共犯関係よ」と言うではありませんか!!! ひゅうううう共犯者ルート!!! P4G!!! と、少し荒ぶりましたが全然様子が違う共犯者ですね。しかしあのEDは印象的でした。話がそれましたが、結果的に取引をすることになり共犯者ということに。しかし自分の操作するジョーカーなので最後の選択肢は「喋る猫をよろしく」1択でした。ええモナちゃん命ですからね。
 さて、アリスの事件はこれでひとまず解決ですがなんと次のマークしている場所が! 8月8日までに札幌に来いと言うではないですか! てっきり次は仙台だと思っていたので次が札幌なのか~! と、驚きでした。あのマリコさまが王のところですよね? 一体どういうドラマが待っているのか。そしてキャンピングカーで巡る経緯がここで明らかになりました。しかしそれらもゼンキチが去っていくときの、独り言の三木さんの演技に全部持っていかれました。三木さん本当に最高すぎますよ。これはゼンキチ人気出ますわ。

 というわけで全国の旅になるのですが、まずはこれまでの謎についてのお話でした。
 イセカイナビとは違い、日常で普及しているアプリでありいろいろな人が使えること、キーワードも普通に使っていればジェイルには入れないこと、そして自身が王のようにもなれないこと。運営している会社も世界的な大企業のマディス社であり、これまでと勝手がまったく異なっています。一体どういうカラクリなのか。今回はたまたまアリスのジェイルに入れたからこそ気付けたものの、たくさんのジェイルが存在しているかもしれないこと、しかしその存在はソフィーならば嗅ぎ分けられるということで見つけ次第怪盗団として立ち向かっていくことになりました! いいですね!
 そしてそしてそして!!!!! P5Sが発表された当初から、喜多川くんお金大丈夫なの!!? 名物食べられるお金も旅費もどうするの!!? となっていたらその理由も明らかになって安心しました。だからこそ止められていたスマホの回線も復旧しているのですねよかったね喜多川くん!!!! おめでとう喜多川くん!!!! 嬉しさもあるのか大事なことなので2度言いますくらいの勢いで語るのにも安堵しました。
 というわけでキャンピングカーで全国行脚することになったのですが、年頃の男女が一緒でいいのか!? というゼンキチの問いに何かあったら鉄拳制裁と薪割りの先輩方の容赦ない返事があって笑いました。薪割りの要領で攻撃されたあとヨハンナで轢かれそうだなと一瞬思ってしまいました。
 それは一旦置いておきまして、アリスのEMMAではトモダチ登録するとどんな奴でも言いなりになったという不思議な展開が。しかしアプリ自体には何の細工もないようですね。一体どういうことなんでしょうか…。それでも誰かが覗いていた足跡は分かったということで、アリスのような人間を見つけてはアリスのアプリだけにそういうことができるような仕組みを…なんでしょうか。ソフィーのようなスーパーAIが存在する世界なので可能そうですよね。しかし真犯人の思惑が謎です。これから徐々に明らかになっていくのだと思いますが、楽しみですね!


 そして! ついにキャンピングカーがお目見えに!!! ベッド4つにルーフテントも電源も調理設備もあるという凄く良いキャンピングカーですね。P5Sのシナリオ関連のスタッフさんが実際にキャンピングカーで出かけて…というお話がインタビューでありましたが、それらを経てのお話なので俄然楽しみですね!!!
 早速モデルになっている某社さんのキャンピングカーでぐぐったのですが実物もとてもかわいいですね!!! そんなわけでついに東京を出て! という旅が始まりとてもわくわくしております。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. やっと回避を覚えた桜 | URL | -

    カゼヌイめっちゃ同意です

    お待ちしておりました!そしてマリさんもアリス編?渋谷編?クリアおめでとうございます㊗️

    ようやくアクションの方には慣れてきましたがやはりアクションの指南みたいなのは常に画面に表示させないと何が何やらわからない状態ですwですが例えばですけど疾風属性異常を付加してから火炎系で攻撃するとダメージが上がったり、主人公で敵の防御を落としてから他のキャラにチェンジして追撃するとすぐ1More!や追撃アイコンが出てきてあ、こう言うことか!と。
    マリさんがボス戦は討鬼伝〜と言っておられたのが分かりますね。
    特に攻撃の予備動作は大型鬼に似てるところがある(身体を反らしたり、動きが変わったり)ので回避はやはりした方がいいなと。

    相変わらず喜多川、フォックスは完全にパーティのスタメンになりつつあります。
    めちゃかっこいいしオブジェクトを破壊するアクションとかスタイリッシュがすぎててもう最高すぎると。ジョーカー、フォックス、ソフィア(回復してくれるのありがたい)がほぼ固定ですね…

    そして記事追っかけですがまずはオープニング戦闘はなるほどここに繋がるのかと!
    そして始まった瞬間あれこれソロ?!ちょっと待ってとなったのも同じですw
    大和くん使い込んでて良かったです。
    (ちなみにそうです大和は日本っぽさとリーダー=お頭からお頭の名前を拝借したのです。京極院はまあ自分の出身府っぽさを出したく…でも実は名付けてから主人公には本編やアニメ版で公式のお名前があると知ったのですが)
    そして爆発ムービーですよ!爆発から飛び出してくる仲間がほんとに頼もしくかっこよく……!
    思わずガッツポーズしたのでした。
    ちなみにバイクのキャラって真ちゃんであってます…?(かっこいい…)

    で、お城のスイッチ自分もあれえ?となりましたwで、サードアイで照らすも同じく足跡に気付かないポカをやらかししばらくぐるぐると

    そしてやはりソフィアちゃんは可愛いですね!細かいですけどソフィアショップでの
    どれを買うんだ?何にするんだ?ご利用サンクス。迷ってるのか?がめっちゃ可愛くてついついショップを多用しまくるという…

    そして学校へ行くときの善吉のフルボッコ言われよう…wでもPV見る限り彼も操作できる???みたいですごく楽しみです。

    ここまではアリス憎しだったのに過去を聴くと何とも言えない表情になるアンがなんとも言えないと。だからこそ予告状のシーンは最高でした。



    そしてです!冒頭ですが!アリス第二形態間違いなくカゼヌイですよね?!
    心なしか攻撃方法もにゃんこに被って見えましたwそしてここではまずジョーカーがダウンし、ついで喜多川がダウンし、最後はモルガナとパンサーでアイテムをガンガン使いつつゴリ押しで結局クリアという…
    なので倒したときのやったぜ感とそのあとのパンサーとアリスの会話もうんうんと。
    にしてもジェイルって謎ですよね。
    悲しいかな5 本編を知らないのでパレス…?(P4のマヨナカテレビしか知らないので)とはなっているもののそれでもパレスなるものとは全然違うのだろうと。黒幕も気になりますしね。


    ちなみにお聴きしたいのですがp5とp5rはどちらも同じ内容ですか?またアクションや謎解き要素などはどう言った感じになってますでしょうか?登場人物が魅力的なのでどんどんRやりたい欲が高まるのですが…

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    >桜さん

     桜さん、コメントありがとうございます。
     渋谷ジェイルクリアお互いおめでとうございます!

     アクションにも慣れてきたようで! ペルソナはコマンドでも雑魚でも1つ間違えれば普通に全滅の危機があるのでそのままアクションにそれが来た感もりもりですね!
     炎上のしている的に疾風属性、凍っている的に核熱属性とかですかね? ペルソナならではの攻撃感覚ですね。覚えるしかないのですが、クリアする頃には身体に染み付いていると思います! 1MOREや追撃、総攻撃等全部RPGのものがそのまま来ているのでここから従来のペルソナに戻っても感覚は同じだと思いますので逆にここで覚えられるという…!

     ボス戦討鬼伝感覚というのも伝わったのが嬉しいです! 大型鬼的な予備動作や追尾攻撃などなど動きをよく見て、避けてでも攻撃してと。無双アクションという名前がついていないのもこういうのを遊んでよくよく分かった感ありました。

     フォックスにハマっておられるようで嬉しいです! そうなんですよ、あの独特のポーズ含めてフォックスはかっこいいんですよ。突き抜けた感あるのもまた楽しいですし、スタイリッシュですし!
     ソフィーも回復ありがたいですよね。自分はそのポジションがモナちゃんという感じです。

     OPの戦闘ここかー! というのからのあの爆発シーンなどめちゃくちゃ熱かったですね!! 突然ソロになるのもミフチを思い出したり、ジョーカーの囮役というのはこれから遡るとよりニヤッとできると思います。
     主人公のお名前、やはり地域的なものでしたか! もしかしたら…と、思っていたので嬉しいです。ちょうどどちらも縁な名前ですし、素敵なお名前ですね。
     ちなみに本編では名前は決まっておらず、コミカライズやアニメで3からの主人公は名前があるという感じなので全然お好きなもので大丈夫だと思いますよ! ジョーカーでも通じますしね!
     バイクのキャラクタは真で合っています。ショウタイムでの鉄拳制裁! もかっこいいですね!!

     お城のスイッチ、背景がもともとビカーッと明るいのもあって足跡全然気付きませんでした(笑)模様と化してましたね(笑)桜さんもしばらくぐるぐるしたとあって自分だけではなかった! と少し安堵しました。サ

     ソフィアショップかわいさ天狐もり過ぎてやばいですね!? ご利用サンクス同じくすんごく気に入っております! 迷ってるのか? もそうですし、デザインも台詞も何もかもが可愛くて最高のショップですね。

     ゼンキチも仲間入りなのでどういった経緯でとなるのか凄く気になっています。自分もあの世界に馴染んでいくとなるゼンキチのこれからが楽しみですね。

     今回はジェイルの王がただ単に憎しみしかないというものではなくという描かれ方が特徴的ですね。しでかしたことは良くないのですが、それでもああやって改心できて自分の口で謝罪なども言えて本当によかったです。アン殿の表情もあの予告文も最高でしたね~!

     そしてやっぱりカゼヌイですよね!? なんかめちゃくちゃ見たことあるぞこの骨格に動き…! と。特に後半は更にカゼヌイでしたね。
     お互いゴリ押しで頑張ったということで、あの達成感嬉しいですよね! アイテムも金も底が尽きて地獄と化しておりましたが、無事に倒せてよかったです。
     パレスのことを知るとより今回のジェイルとの違い、王の様子の違いなどが面白くなるかもしれません。

     P5とP5RはP5のシステムを改良+新キャラクタ・新イベント・新EDが追加された完全版のようなものです。
     もし遡るのでしたらP5Rをおすすめします。システムや戦闘がとにかく遊びやすくなっているので、100時間以上のタイトルというのもありRをおすすめします。
     また、P5R(というかナンバリングタイトルすべて)はコマンドRPGですのでアクションはありません。謎解きはお話の中でしていくので、とにかく話を追うという感じですね。
     ただP5Sと違い、コープやミニゲーム、ステータス上げなどやることが凄まじく多く、慣れるのに少し時間がかかると思います。そして上でも書きましたが1周最低100時間くらい要するタイトルなので腰を据えて遊ばれるのをおすすめします。
     またペルソナシリーズはRPGの中でも戦闘の難易度が高めですので、お話をとにかく追いたいという場合は難易度セーフティかイージーをおすすめします。
     が、面白いタイトルだと思っているのでとてもおすすめします! 個人的にシリーズで1番好きなのがP5シリーズなので特におすすめしたいですね。
     そして以前も告げたかもしれませんが、ペルソナを遊ばれるときには何についても一切検索しないことをおすすめします。ネタバレ禁止ですがそこかしこに溢れておりますので…。

  3. 野良 | URL | mQop/nM.

    読み応えあるプレイ記さんきゅーです!

    マリさーん、早速読みごたえたっぷりなプレイ日記ありがとうございます(∗ˊᵕ`∗)
    自分の進行に合わせて読ませていただき楽しくヘドバンさせてもらってますよー🙌🎶
    「あ、いっす」のテンションや「…滉星高校か!?」の反応やゼンキチの初異世界体験のところなど笑いどころも「ねー!?(*´ー`*人*´ー`*)」って感じでかぶりまくりで嬉しかったですし、あの選択肢は自分も迷いなく「喋る猫を~」一択でしたよー🙌✨

    そしてボス戦の泣いたとこでマリさんもやっぱり泣いてらしたと拝見してONE MORE!!泣き追撃喰らったじゃないですかー.˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.
    スカルに「早えな!?」ってツッコマれそうですけど、泣きますよね、あそこ。
    ここのパンサーの台詞もですが今作は各人の台詞や反応が、先の戦いを経ての皆の成長を伺える部分をさりげに漂わせてるのが巧いなあと。なんだかしみじみしちゃいました。
    ペルソナをアクションに~ということでシナリオは多少二の次な感じのスピンオフかと思いきやとても丁寧に台詞も話も作られてる印象で、まさに正統続編ですね!
    進めるのがますます楽しみです。

    戦闘部分、sekiroかNIOHか!?もわかりみすぎます。
    ボスよりも乱戦で取り囲んでくる雑魚が怖すぎてwww😹
    そそ、ラビット、後半の引っ掻き攻撃とかカゼヌイの片鱗感じましたよね!ね!
    今作は戦闘中の没頭感も凄いですし倒した後の達成感はアドレナリン出まくりだし、しかも推しキャラでかっこよくキメられた時ったら~(๑´>᎑<)~♡…で、ついつい「もうちょっと進めちゃお」となるから時間盗られ放題ですww
    …ってこれ以上はとめどなくなるのでこのへんで。
    またコメしにきますね(予告状)
    キャラのお話とかコメに書ききれない諸々はまたいつかお会いできた時にたくさんお話させてくださいまし👍✨

    ではでは、引き続きプレイ日記楽しませていただきますね♪
    読んでるよーって言いたかっただけなので自分にはコメ返不要です!
    お互い存分にゲームにTake Your Timeされましょーヾ(*´∇`*)ノ

  4. マリ | URL | 1JkepbtE

    >野良さん

     野良さん、コメントありがとうございます。
     こちらこそいつも熱く天狐もりなコメントありがとうございます!!! とても嬉しいです!!!!
     「あ、いっす」などのテンポ良すぎる反応めちゃくちゃ楽しいですよね!!? いや~めっちゃ笑ってます。飲み物のみながらプレイできないですもん(笑)
     やはり野良さんも「喋る猫を~」でしたか! あれしか選べないですよね!!! 何周しても絶対それしか選べないです。

     あああああ野良さんもやはり泣かれました!!?
     いやいや渋谷じゃまだ泣かない泣かないと余裕こいていたら、思いっきり泣いてプレイ日記も全部濁点付きになるところでした(笑)本当にスカルいたら、ツッコミ入ってますよ絶対! まさか最初のダンジョンでとは。
     そうなんですよ! P5というあの大きな物語&コープを乗り越えたからこそのお話になっていて凄く熱いですし、こういう台詞が言えるようになったんだな、こうして救いの手を更に迷わず差し出せるようになったんだなというそういうのが嬉しいですよね!! 怪盗団好きな人にはただただ嬉しい展開かなと。
     本当にがっつり続編ですよね! お話も小ネタも、P5をプレイしていない人向けの紹介やもろもろなども含めて凄く丁寧ですよね。さすがです!

     戦闘部分、SEKIROか仁王分かります!? やったー!!!
     いやはやペルソナは雑魚でも1つ間違えると全滅のゲームというのがアクションになってもしっかりというのがさすがですね! 助けて南条くん!! リサもアン殿のピンチだから来ておくれ!! って1人で喋りながらやってました(笑)
     そしてやっぱりカゼヌイ感もりもりでしたよね!!!? いや~これはカゼヌイですわ、早くモノノフさんと話したいとなっていたのでコメント欄でやりとりできて本当に嬉しいです!
     没頭感もそうですし、ゲームオーバーを重ねると倒せたときより嬉しいですよね! そうなんですよ! 更に推しのかっこいい姿があるとなれば!!! 顔がニヤニヤなので家でしかプレイできませんね。そもそもげらげら笑っているので外でプレイしていたらゼンキチの職場の人たちに捕まるくらいの(笑)
     それでまだ進めちゃお! というのも分かりすぎてヘドバンです。前夜祭の地蔵だった分をここでヘドバンで解消しているくらいうなずきまくりです。時間泥棒ですよね! 睡眠時間頂戴されてるううううう。

     こちらこそ語りたいこと山程なので今度是非!!! 次のペルライがいつになるか分からないですがそうでなくとも是非ーーーー!!!!
     Take Your Timeされまくるけども免疫力低下はしないような体調で遊べますように!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)