ペルソナ5 スクランブル プレイ日記5&電撃PlayStation Vol.685感想

2020年02月29日

dps685.jpg

netabare.jpg
 ガイドライン:『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』動画・生放送等配信ガイドラインのお知らせ
 http://p-ch.jp/news/5617/

 ヒーホー!!!!!!
 ついに某都市にやってきた怪盗団ですが、そこについての感想は上の一言にここでは留めるとしまして、電撃PlayStation Vol.685ですよ!!!!! いやはや先日のOPメイキング映像で墓を乱立させましたが、このインタビューでも乱立させましたね。まだ2020年始まって2ヶ月ですよ? このラッシュっぷりは一体…!
 その前に、電撃PlayStationさんも来月発売のVol.686をもって定期刊行を停止とのことで大変寂しい思いがございます。確か軌跡の記事を目当てに買った電撃さんで討鬼伝の初出し情報に触れたのですよね。まだ桜花さんの作りが更に男前っぽい頃、天狐さんがもっと狐に近かった頃辺りですね。そこから爆走しながら追いかけ…というのを思うと本当に寂しいです。その前ではガンパレード・マーチの電撃さんが出されたあの攻略本を買ったのが1番の思い出ですかね。TLでも電撃さんと言えばガンパレという呟きが多く見られました。そんな電撃さんが前号、今号ととても嬉しすぎるP5S特集を組んでくださったのであやからないわけがないのです!! ありがとうございました電撃さん!!!

 というわけでVol.685ですが、今回はなんとP5Sの開発陣インタビューのアートチーム&サウンドチームそれぞれに焦点を当ててのスーパー記事なんですよ。喜多條さんファンは前夜祭からの特典映像にトドメにこのインタビューということでお祭り騒ぎどころか自分ひとりで百鬼夜行できる!!!! という感じではないでしょうか? 自分もまさにそんな感じで1人百鬼夜行してます。意味不明だと思いますが、それくらい爆発している!!! というのが伝わったら嬉しいです!!
 ちなみにアートチームはアトラスさん側から薄田D副島氏織部氏。コエテクさん側から鈴木氏が参戦です。こちらも副島さんのデザイン話やそれぞれの作り方など色々と読んで更に楽しいインタビューになっております。が! やはりサウンドチームファンとしてはサウンドチーム話を…!
 サウンドチームはアトラスさん側から金田P喜多條氏、コエテクさん側から増岡氏MASA氏の4人です。
 初めてP5Sの楽曲を聴いたとき、ペルソナなのにコエテクさんサウンドがする!!! という衝撃が凄かったです。しかもそれがもちろんとてもいい意味で、更にはめちゃくちゃ合っているのでは!? というかこれはライブで聴きたい!!!(前夜祭で叶って本当に嬉しかったです!) と、サウンド面でまずいい意味で死ぬなとなるものでした。完成した今では完璧すぎる楽曲しか聴けていないですが、やはりそこに至るまで色々と試行錯誤あったようですね。ペルソナに寄りすぎてもコエテクさんサウンドに寄りすぎても…となる中で今の絶妙すぎる落とし所になっているのが本当に凄いです。
 前夜祭でもMASAさんがお話しておりましたが、目黒さんは「本当に好きにやってください」とおっしゃっていてそしてそこからのMASAさんのアレンジだったり、目黒さんも太っ腹ですしMASAさんのMASAさんらしさ全開だけども目黒さんサウンドもしっかりあってというのが熱いんですよね。つまりもう最高としか言えないんですけど(笑)
 まだサントラは1枚目しか解禁していないので、増岡さんの難産だった曲の1つがまだ…なのですが1つは「Daredevil」ですよね? むちゃくちゃ好きな曲なのですが、全然悩まれた感が分からないくらいに物凄くP5Sぴったりの曲ですよね! お気に入りの1つです。間奏部分のギター部分の無双感と言い、Lynさんの歌と言い、ペルライでも聴きたいです!!
 そして「Last Surprise」のアレンジのお話ですよ! あのハミングの秘話!! 更に歌の新録の秘話!! そういう経緯があってああなったんですねなどなど、そういうところから生まれるいろいろな良いことなどなど特典映像でも思いましたが、収録しながら全員で作っていくからこそああやって至高のものになっていくんだなぁというのととても感じました。
 更にLynさんの感想のキラーチューンという部分はヘドバンしながらこのインタビューを拝読していたのですが、そこからの増岡さんへの話題がまたツボですね。改めてこれから増岡さんの楽曲にめちゃくちゃ注目せねば!!!! となるのでした。
 そこからSEのこだわりですよ! これはどの地域に行ってもまずSEに注目せねば。そしてソフィーの起動の音も喜多條さんの作った曲を…という秘話もあり、1つ1つの音が聴き逃がせない作りになっているとますます思いました。
 ゲームとしてもお話も音楽もまさにどこも1秒も見逃せない&聴き逃がせないP5Sではないですか!!! これからのプレイがますます楽しみすぎなのです。

 そんなわけでサウンドチームファンの方はまた購入をおすすめします!!!! 特に増岡さんのファンの方、これでもかというほど成分摂取できる気がするので、もし知らなかったという方おりましたら電プレさんも是非ーーー!!!


 以下、ネタバレ含むため追記に。
 8月7日昼~8月11日昼まで。





 ネガイが元に戻り、あの会見があり信者は目が覚める方が多いですが全員がそうではなく、ちょっと見直したと話す方もおります。立ち読みくらいならとおっしゃっておりますし、そこで惹きつけて読者にとなる未来が待っていたらいいですね。夏芽にはまたここから頑張って欲しいです。

 仙台も最後になるので一通り巡りますが、まさかの政宗公選手権が始まって笑いました。よっ! 政宗公と言えば悪い気はしないと話す喜多川くんです。P5Sのジョーカーは選択肢ノリノリなので、夫婦だを選んで更に笑いました。全力でなりきるジョーカーですよ、さっきまで伝説の勇者でしたし。あとはモナちゃんの「小顔のワガハイにはサイズがな…」と寂しそうな様子も大変よかったのであります。
 そういえばおみくじは「凶」だったのですが固定なのかそうでないのかも気になりますね。しかしジョーカーで凶というのはなんというかこう…。頑張れジョーカー!
 そこから七夕飾りを見ている喜多川くんに話すとキャンピングカーの用品を貰えるのでトロフィーも貰えました。飾り付けたくなりますね! そしてここの会話ですよ。「金や名声…そんなもので人の願いは簡単に歪む」という台詞…。これからもそういうような状況や人に遭遇することは多いと思いますが、乗り越えた喜多川くんならば手助けもできますし、迷うこと無く己の道をいけると思うのでなんというかより安心して見ていられますね。これからも喜多川くんらしい道を歩んで欲しいものです。


 いざ札幌へ! となりますが、さすがの長時間運転に真も疲労が見え全員で労ったりマッサージのことを話したり、何もできないバグ以下…と悲しがるソフィーに対してみんなで元気づけたりと和気藹々の様子が嬉しいです。のほほんとしていたところで、札幌についたらわさびサイダーが飲んでみたい! という春ちゃんにまた癒やされますね!! わさびサイダーって一体どんなものなんでしょう!!? 醤油サイダーは制覇済みなのかも気になります。
 一息いれたあとはまた車で出発なのですが、ルーフテントで寝ている男性陣の寝床は凄いようですね。サウナみてーなところに更に毛皮のモナちゃんもいて更に気温が上がりそうな…喜多川くんが淡々と、目が覚めると…と話していますがそこから芸術に繋がるといいですねという感想しか浮かびませんでした(笑)

 無事に札幌に着き、まずは風呂へ! 自分は北海道は1度も行ったことがないのでこういう感じなのか~というのをゲームで楽しもうと思います。更にはここのBGMが「Crossover」なんですよ!! このBGMはエンドレスなのでここから動けないではないですかーと思わず。
 しかし振り切って先にリクエストを片付けますよ。基本的には書いてある通りにすればいいのでいいのですが、ネガイ系が探すのに骨が折れますね。大体のところはモナちゃんが書いていてくれているのですが、そこから探すのが! 「不思議の国に残されたネガイ」では地下マップの左側の真ん中あたりに櫛の絵のような部分があってそこにありました。むしろそこにも行けたんだ! と、初めて知ることに。このあとにも「悪夢に残されたネガイ」というのが発生しますが、これが中々分からず…。弘瀬通のマップの左上の小さな濃い灰色の部分で見つけました。ここもこんなところあったんか…という感じで、今後のネガイの依頼もこういう感じなのだなと思うとしっかり把握していないとだなぁと。

 リクエストをこなしたあとで移動しようとすれば、お供えをしている女の子がおりました。果歩ちゃんというお名前のようです。真が言うには、雪像の崩落事故があり小さな女の子が犠牲になったようです…。これは何かの伏線だろうなぁと思うのですがどう関係してくるのか…。
 しかしまずは風呂ということでですがその前に海鮮丼やラーメンを楽しみます! やっぱりラーメンは竜司くんですよね! 真が海鮮丼のときにモナちゃんにお土産を用意してくれたりと微笑ましいです。
 その後いよいよ風呂なのですがアン殿と春ちゃんが凄いというのがとてもよく分かりました。思わず無言になる男湯ですが、ノリのいいジョーカーなので「いい体してるな竜司」の選択肢ですよ(笑)笑いました。そんなギャグ展開も楽しみましたが、人の心の話になる男湯です。真面目モードではないですか。深く考える喜多川くんと、「フツーに話してるし、んなこと考える必要なくね?」な竜司くんの対比がまた良いですね。らしさ全開で。しかしソフィーの話題があがる度に、あのPVを見て絶対泣きますよ覚悟しておかねば…となっているのでどきどきです。ハッピーエンドだといいのですが…。
 さて、真面目な話ものぼせる寸前でコーヒー牛乳でもと竜司くんからのフルーツ牛乳と答えるジョーカーに、風味つきは北海道だからこそ邪道と答える喜多川くんということで最終的にどうしたのか気になる牛乳談義でした。この3人なら一気に3種類イケるのでは? とも思うのですがね!

 お風呂でリフレッシュしたところでタイミングよくゼンキチから電話がありますが、「誰だ?」と答えるジョーカーです。ゼンキチだからこそこのからかい楽しいですよね!
 しかしここからは仕事の話です。王と予想される容疑者は氷堂鞠子という現市長とのことで、あああのPVでほにゃららデラックスさん的な人になっていた人か~と、ふんふん聞いていたのですが何か引っかかる様子の春ちゃんだけずっと別の方を見ているのですよね。どうしたんだろう? と、思いながらも容疑者として怪しまれている理由を聞いてはこれはもうクロでしょうと。ゼンキチからは動きがバレると厄介だからおとなしく観光でもしてろと言うではないですか。それはそれでラッキーではあるのですが、そんなゼンキチに一ノ瀬久音との取引の話もしました。しかしゼンキチ、知らぬところでリスク増えるのはごめんだと慎重にしろと大人らしい発言をするではないですか。頼るべきは俺だ! と、寂しいだろとまで言いますがそこから繋ぐ言葉がオッサンじゃねえ、イケオジだ! で爆笑しました。反対に怪盗団のメンバーは冷え冷えなのも面白いですし、これでこそゼンキチ、やっぱりこんなゼンキチが悪いやつには見えないから情云々もきっと大丈夫だろうと思うのでした。

 というわけで観光をすることに。スープカレーも外せないと言う喜多川くんですがまずは春ちゃんが目当てにしている旧北海道庁舎に行きました。建物とたくさんのお花が綺麗でとても心洗われる気持ちになったのですが、女性の怒鳴り声が…。職員の人、めちゃくちゃ叱られていますしクビ発言まであるとなればこれはもう脅迫レベルでは? と、怖いなぁ…と思っていたらなんとまぁ「春ちゃん」と話しかけてくれます。PVであったなぁ、というかゼンキチに観光でもしてろと言われた先で出会うとかあのイケオジはフラグマンだなぁと思うのもつかの間、春ちゃんのマリさん発言で度肝抜かれたというか口から心臓が飛び出て地球一周してきたというかデラックス化するこの人そう呼ばれてるんかーーーーーーーーと時が止まりました。全世界の春ちゃんファンの方で特にお名前がまりこさん及びまりさんという方、呼ばれるチャンス!!!!!! デラックス化しますけど!!!!!!(笑)うおおおおおおお偶然とは言えHNこれにしておいてよかった過去の自分GJ!!!!! となりますが、王ですよ! 同じHNの方々耐えましょう!!!(笑)
 しかしこのデラックスさん、春ちゃんと話しているときと叱っているときの様子が違いすぎて物凄く裏表ある人にしか見えません。ずっと頭下げたままの職員さんもとても気になりますし、春ちゃんが言うには昔と全然違うようですね。何かがあってああなってしまったのだと思いますが、彼女のトラウマルームがどのようなものなのか……。
 それより何より、春ちゃんの身内がああだったり知り合いの市長が王だったりと環境が…!!! みんなもそれを分かっていて気遣っている様子と、気を落としながらも頑張ろうとする春ちゃんが…(涙)

 春ちゃんどうにか元気になるといいけど…と、思いながら市長の噂を集めます。しかしその前に急ぎの用事があるらしい喜多川くんのところへ駆けつけました。一体何があったんだい!? 大丈夫!? となっていたら、缶ジュースですよ…しかも魚介を丸ごと絞り、道内で絞った牛乳を合わせたというどう考えても人類を滅亡させる兵器ではありませんか…なんちゅーもんを自販機で売っているんだこの世界は…そしてなぜ買っているんだ喜多川くん……しかも自分で飲まずにジョーカーに押し付けて感想をくれというこの投げっぷり!!!! そういうところ大好きですよ。うんうん春ちゃん落ち込んでいて寂しかったけど元気出ました。ありがとう喜多川くん。
 しかし春ちゃんと話すとやっぱり落ち込んでいて…春ちゃんがつらそうにマリさん…と話すとうおおおおおおお今すぐネガイ解放せねば!!!!! 早くジェイルに入って王倒さなきゃ!!! ってなりますね。暫し耐えておくれ春ちゃん……。

 ああああ春ちゃんのためにも一刻も早く倒して解放しないと…と、演説を聞きますが病的なまでに汚れというか街自体も行政も塵1つないような美しく真っ白なというこだわりを持っているようですね。何が彼女をここまで変えたのか…。これほどこだわっているということは隠蔽されたり汚職で何かあってということなんですかね。
 そして彼女はキーワードもあっさり言います。夏芽のときとは打って変わってですね。しかし札幌ジェイルは札幌らしくそしてスノウ・シティらしき一面雪…どころではなく豪雪地帯ですね…。頭に雪がつもって鼻水出ているモナちゃんと体育座りして足もすっぽり服に隠しているソフィーがめちゃくちゃ可愛かったです。
 そして攻略を始めるのですが、雪ということであざ笑う雪だるまという名前で大きなジャックフロストが出てきたりでとても可愛いのです! 雑魚としてもわんさか出てくるのですが、とにかくかわいいので和みます。ヒーホーくん大好きです。しかし喜多川くんの属性的にアレなので辛いジェイルでもありますね。アン殿大活躍です!
 また、ジェイルで聞ける「上からも…下からも…鞠子様…」というので笑いました。上からマリコ…! こういう小ネタでフフフと笑いながら、コアの1つ目をあっさり入手です。最も楽に入手できたのでは? しかしここから長いのがこのジェイルでした。取ったことにより退路を断たれるだけでなく、吹雪が凄すぎて見えないくらいに…。何故か随所に設置してある巨大ストーブをつけて進むのですが、ノリノリのジョーカーは「餅を焼こう」の一言。どんなところでも常にらしさを失わない、それがジョーカー! 「ばあちゃん家かよ…」とP5Sのツッコミ力が高すぎるスカルの一言も聞けて万々歳です。
 この辺りまで来ますと、強敵との戦いもとにかく弱点を攻める!!! が見についてくるのでとにかくまずは弱点を見極めてスキル連打です。尽きたらアイテムで回復なのでアイテム重要ですね。あとはジャスト回避が決まるとスローがかかってその演出込みでかっこいいので余計テンション上がります!! そんな感じで2つ目のコアも入手ですが綺麗なお花でした。職員にも物凄く怒っていたのもお花のことですし、美しい街にとしきりにかたる姿、特別な思い入れがあるとしか思えないのですがどんな理由なのか。
 3つ目もさくさくいきますよ! やはり春ちゃんがここは主役でしょうと春ちゃんメインで進めているのですが、P5Dでもそうだったのですがスクランブルでも喜多川くんの春ちゃんを褒める言葉が好きなのですよね。綺麗な単語がぴったりで好きなのです。
 スノボを駆使したりで3つ目のコアも入手しますが、市長き章という今度は物凄く分かりやすいものでした。選挙ポスターにお花に市長き章…。やはりお花が特に気になりますね。とにかく早く春ちゃんに笑顔を! となるのでこのまま一気に突撃しますよとなっていれば、突然の大掃除タイムが始まりましたヒーホー!!!! 突然のジャックフロストの大群の大掃除タイムがこれまた可愛すぎて和みまくりですね。最初の方で転んでしまって起き上がる子含め、ヒーホーくん祭り!!!!! やったー!!!! と荒ぶるのですが、これでは攻略できないんですよ。混ざるしか!?
 モナちゃんが1度現実に戻って様子を…というところでの返事はもちろん「ヒーホー!」ですよね!!! これしか選べません!!!! そしたらのみんなが「ヒーホー!」と言うではないですか(笑)ソフィーのはかわいいなぁ、ノワールも元気いっぱいまではよかったのですが、スカル辺りで爆笑してフォックスで死にました(笑)めっっっちゃノリいいですねみんな!!! そんなみんなが大好きですヒーホー!!!!!

 いや~ひたすら笑った、と現実に帰ったらまたデラックスさんが叱責しているところが…。しかし今度は叱られている職員が立てないくらいに体調が悪化しており、思わず止めに入ります。デラックスさん、クズとまで表現しておりますがそれほど職員信用していないんですかね…どんな悪事を働くかわからないわと言うほどとは…。一体何があったのか。
 とにかくあまりにも変わってしまった姿に思わず春ちゃんが叫ぶように言うのですがこれがまた辛いです…。春ちゃんにこれ以上辛い思いはさせるわけにはいかない思いでいっぱいですよ。早くデラックスさんを元に戻さねば…と、思っていたら、「あの子のためにも」と言うではないですか。あの子となれば、札幌についてすぐに見たあの事件現場しかなくないですか!? つまり犠牲になった子は娘という可能性もありますよね…? しかしもし娘ならば春ちゃんも知っていてもおかしくなさそうなので薄い線ですかね。そしてその事件の原因やその後の捜査など含めて職員に不信しか持てないということになっていてもおかしくないですね…。もしこの予想が当たっていたらトラウマルームに行くのが辛すぎます……。そうでなくともあの子が事故のというのは可能性が高いのでやっぱりエグいことになりそうです…。頑張れ自分…! 春ちゃんの笑顔のために…!!!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 桜 | URL | -

    ヒーホー!

    ヒーホー!自分もそれ選択して幸せになった桜です。
    全員のレベルを均等にあげるべく様々なキャラを使っているのですが、ソフィーちゃんの連打攻撃がすごく使いやすいと!
    そして喜多川くんのカウンターやっとこさ使い方が分かってきたり、ジャスト回避の割合が増えてきたりしております。
    とりあえず現時点で言えることはすごくストーリーがしっかり作られており、たしかにプレイアブルキャラクターは少ないかもですがだからこそ全員にしっかりスポットが当たっているなと。
    王に関するストーリーもなぜその人が王になったかがすごくわかりやすくて王憎しだけにならないようになっているのがまた良いと!
    怪盗団の台詞で王が救われる展開も良き…
    札幌編は春ちゃんがメイン(王との関わり)ではありますが正直この札幌編で春というキャラをより好きになれそうです。

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    >桜さん

     桜さん、コメントありがとうございます。
     ヒーホー! の選択面白かったですね! かわいいヒーホーからノリノリから突き抜けた感じまで(笑)
     
     Lvを均等にという部分がとても桜さんらしいです!
     基本弱点を攻めると思うと満遍なく育っていた方がいつでもどこでも安心ですよね。装備を揃えるときに一気に金欠になるのは痛いですが、のちに金は回収できますし何よりゲームオーバーの回数が減るの大事だなと思いました。
     カウンターやジャスト回避もさすがです! おめでとうございます!! ジャスト回避決まるとスローになる演出が凄く爽快な作りになっていて感触としてもとても気に入っております。

     お話凄く作られてますよね!? ナンバリングタイトルではないしサクッとかなと最初思っていたら、体験会でこれ本編と変わらないと思い、製品版でそのまま何の違和感もなく普通にペルソナとして遊んでいますよ!
     なるほど。PCキャラクタはもともとシリーズがこの人数ほどなので何も思わなかったのですが、たしかに無双等に慣れている方にはそう受け取られるかもしれないですね。しかしおっしゃる通りスポット当たっていますし、更に気になったら本編も是非! という作りにもなっていて楽しいですね。
     王に関してはインタビューでも触れられておりましたが、そこがミソですよね! 極悪人というわけではなくて、同情したり、早く助けてあげたくなったりと本編との違いもメリハリついていてより没入感あるのでした。

     春ちゃんをよりお好きにという部分、春ちゃん好きとしてはとても嬉しいです!! かっこよかったです、辛くとも頑張って立ち向かうお姿…!
     春ちゃんもとても成長していて、だからこそのこの札幌での救い方、立ち向かい方ができているのでロイヤルプレイされたらスクランブルも思い出して頂ければより一層愛着わくと思います!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)