聖剣伝説3 TRIALS of MANA プレイ日記4

2020年06月13日

73tom.jpg

netabare.jpg

 菊田さん、ツイートされていたのですね! 約一ヶ月後になってしまいましたが知りました。”必ず”という言葉を信じて再チャンスがあると願いたいです。東響さんの聖剣サウンド聴きたすぎるのです!!!

 話が変わりますが、大昔に聖剣3を遊んでいたときは自分がSFCを持っていなかったので近所の子の家に行って遊んでいました。攻略はするのですが、子供らしい遊びもしていたんですよ。
 村や街に行くとたくさんの空き家があって、そこで遊んでいる子たちと、「○○ちゃんはどの家にする?」という感じでそれぞれ家を決めてそこでおままごとするんですよね。テーブルに食事が並んでいれば、「今日のご飯はハンバーグです」「材料なくなっちゃったからとってきて」など話しては村の外に出て少し戦いをして、材料を得たという仮定で話をして…。そういう遊びもよくしていました。だから話は全然進まないんですよ(笑)1人がメインで操作をし、他のみんなは口だけで参加してままごとが進んでいくという実に子供らしい遊びでした。
 でも確かこの遊びをよくしていたのは2だったんですよね。3は割とクリアに向けて頑張っていたような。特に2でお気に入りの家があったのですがどこの村だったか…SFCの画面を見たら思い出しそうです。という懐かしい思い出でした。


 以下、ネタバレなので追記に。
 ぴーひゃら笛入手~ルナ仲間入りまで





74tom.jpg

 精霊たちの力を借りるためにあと4つのマナストーンを! というところで自由に行けたのか、ある程度決まっていたのか忘れましたがどうやら最初は火か水なようです。まずはアンジェラ方面で水というわけでブースカブーには進んでもらいました。
 笛を吹く様子もまたかわいいんですよね!!! 他のキャラクタだとどういうモーションになるのかやってみねば。そしてここでワールドマップの全体像を拝み、あ~こうだったっけ~~!! と、テンションが上がるのでした。

 早速ブースカブーで1番近くの忘却の島に向かいますが、今はできることはないわと言われてしまい戻りました。しかし何ができる島だったか全然記憶にないんですよね。そのうち思い出すのか完全に忘れているのか。

 とりあえずは精霊だと、まっすぐ雪の都エルランドに向かいました。驚いたのがBGMの明るさです。こういう曲でしたっけ!? やっぱり完全に忘れてますね。
 ともあれゆきで喜ぶシャルロットちゃんがかわいいです。「わーい! ゆきでち! つめたいでち!」「まなすとーんをさがすまえに、ゆきであそんでいいでちか?」となるのが猛烈に可愛すぎて!!!!!!!!!!!! デュランは雪合戦してくれそうですし、なんだかんだいいながらホークアイも遊んでくれる気がするんですよね。でもデュランの雪合戦だとあたったらめちゃくちゃ痛そうですね(笑)シャルロットちゃんはどちらかと言えばゆきだるまを作りたいようですが、それもまた手伝ってくれそうなみんなです。

75tom.jpg

76tom.jpg

 そしてエルランドではそれぞれ暖炉のそばに。寒いですもんね。美人たちから話を聞く以外は基本真面目ですね。そしてデュランが珍しく武器屋の近くではないです。
 街を散策すると、理の女王はマナストーンから魔力を得ていること、今は懸賞金が掛かっているということが分かりました。アンジェラに会いたいですね。そしてアルテナは色々と攻めている割には街は平和ですね。攻めている側だからなのでしょうか。
 そのまま零下の雪原に向かい、どんどこ進んでいきます。ホークアイが「うへぇ」とまで言っていますね。砂漠の夜より冷えると。この寒い中、デュランが一番薄着ですが大丈夫でしょうか。頑張れデュラン。
 どんどこ進んいくのですが、声だけの台詞で結構色々喋ってくれるんですよね。基本この地域は寒いから早くいこう的な話が多いですがそれらも楽しいですね。シャルロットちゃんのあたたかいところで待ってるから云々(うろ覚え、砂漠で逆のパターンかもしれません)の台詞では思わず笑ってしまいました。

 そして開けた場所にくると見覚えのある鎧姿が。デュランがすぐにジンのところにいたと反応します。落ち着いた黒曜の騎士はシャルロットちゃんたちが聖域への扉を開くのではなく自分たちが開いてやるから諦めろと言うんですよ。マナの剣を竜帝様に捧げると言いますが、竜帝って確かデュランの父ちゃんが命を賭して…だったのでは? と、思っていたらデュランがそう言うではないですか。そしてその言葉で喋っている相手がデュランだとわかったような口ぶりです。これはつまりこの騎士の中身は父ちゃんってことですよね…? 落ちたあと何があったのでしょうか。何よりデュランの母親はすでにと思うと……。この辺りも完全に話を忘れているので楽しみです。

77tom.jpg

78tom.jpg

 去ったあとは再びマシンゴーレム戦でした。しかも今度は3体ですよ。勝手がわかっているので前回よりも戦いやすかったです。必殺技をガンガン使って倒したあとはデュランが怒っておりました。竜帝が生きていたら無駄死にしたっていうのかというのはごもっともですが、きっと正体はと思うとどういう気持ちに辿り着くのか。

 今は追えないのでとにかく先にマナストーンの場所へ向かいます。ここでシャルロットちゃんがさっきのくろいオヤジが言っていたことを利用して…と言うんですよね(笑)

79tom.jpg

 しかしフェアリーに一刀両断されました。そういうことになった場合、マナの樹が枯れてしまって二度と取り返しがつかなくなるよと。そもそもエネルギーが放出されたことによってマナの力が弱まっているのでこのままだと神獣が復活してしまいこれまたそれどころではないという…。そんなわけでやつらがエネルギーをすべて放出してしまう前にマナの剣を手に入れなければならないということです。
 うんうんなるほどなーと復習にもなってタメになったぞと思っていたらまさかこの話で感動して涙ぐんでいるウンディーネが! 関西弁のノリのいいネーチャンキャラクタですね。



 ウンディーネを仲間にしたので今度はサラマンダーを仲間にしに向かいます。場所は灼熱の太陽が眩しい砂の都サルタンです。ホークアイの縄張りですね。
 今度は一気に暑いということで、すずしいところでまっていたいでちというシャルロットちゃん。先程上で寒いから待ってる云々書いたのですがやはりこちらで言った台詞が正しかったんですね。失礼しました。
 サルタンに入った瞬間、ホークアイに財産盗まれた富豪がいました。ご無沙汰してます! と、話しかけたら改心したようでリンクアビリティを入手することになりました。ホークアイ、いい盗みをしましたね! しかし盗まれて改心ってP5を思い出しますね。

80tom.jpg

81tom.jpg

 ここでのみんなの様子は特に気温には触れず、この先の戦いについてという感じですね。真面目です。
 そして街では女の子が、「こないだ、おおきなふくろをかついだ、ネコさんをみたよ!」というではないですか!! ニキータ!!! あの盗みに入ったときのことでしょうかね。今はローラントで元気にしていると思うので、また世界が平和になったら砂漠でというニキータの姿も拝みたいです。

 さて、サラマンダーを仲間にすべく灼熱の砂漠を超えます。用があるのはその先なので。
 砂漠なので砂が滝のようになっているところなどもあるのですが、1つ登れないですね。あともう一つも先に進めない段差のところがあっていつ行けるようになるのだろうと楽しみです。もしすでに行けるのであれば完全に操作間違いなのですが(笑)
 あとはサボテン君が埋まっているのも砂漠はぴったりですね。ちょうどいい感じで。サボテン君にしてみるとどこの土地が埋まりやすいというの等あるのでしょうか?

 砂漠にはオアシスもあります。そしてそのまんまですがオアシスの村ディーンに到着しました。寄っても寄らずともな場所ですが寄ります。サボテン君いるでしょうし。

82tom.jpg

83tom.jpg

 仲間の様子は今回はそれぞれらしさが出る台詞でした。ホークアイは馴染み深い土地というのもあって水位が下がっている事を気にしていますし、デュランは砂の上での踏ん張りについてですし。デュランは鍛えるの含めて大好きなんですね。鍛えれば=強くなるということかもしれませんが。

 人々からもお話が聞けます。水位が下がっていることを気にしている水ですが、なんと湧き水自体が止まってしまっているんですね…。古文書に記された滅亡の時が再び始まろうとしているのかもと話す老人がいます。その危機を救うと思うと熱いですね。
 熱いで思い出しましたが、この先は火属性のモンスターが多いのでサラマンダーの日は避けたほうがいいですよと教えてくれる人もいました。そうでしたね! それぞれの曜日で強くなったりでしたね。今はまだサラマンダーの日でないからさっさと行こうと思うのですが、このあと途中でサラマンダーの日になって乾いた笑いが出た自分がいたのでした。

 一休みしたあとは再び砂漠を歩くのですが、なんと見覚えのある姿が見えるではないですか。でもなんでジェシカがここに!? すぐに駆けつけますが、ジェシカは来ちゃ駄目と言ってくれます。しかしよく見ればジェシカの首にアレがないんですよね。つまり今なら美獣を倒せるチャンスなのでは? と、思いますが美獣はジェシカを連れて行きビルベンの2人をまた置いていくのでした。

84tom.jpg

 ホークアイの叫びも虚しく攻撃を始める2人…辛いですね…ホークアイは何度友人という関係の人間を手にかけねばならないのか…。
 最後のチャンスのビルベンですが以前との変化はあまり分からず、むしろ戦い勝手がわかった分今回の方が楽でした。これでジェシカまでもとなったらあまりのことですし、頑張って救いたいものです。
 
 その後は火炎の谷を進みますが、現実でうだるように暑い中画面も暑いというのはなかなかこうくるものありますね(笑)PS4も唸りまくってますし。
 火が凄まじい勢いで吹き上げている上に溶岩が流れているところもあって恐ろしいですが、溶岩のところを歩いてもダメージが微々たるものなので安堵しました。死にゲーが多かったので、落ちたら死ぬという気持ちで踏み入れましたが全然で。よかったです!
 そんな感じでギミックなど知らぬわ精神でガンガン進んでいけば美獣に追いつけました。でも相手は悪ですので当然ながらジェシカを人質にするわけですよ。くっ…となるところですがこの窮地をすくのがにゃにゃんと!!!!!

85tom.jpg

86tom.jpg

 ニキータじゃないですかーーーーー!!!!!!!!!
ローラントにいたんじゃなくて救ってくれるとはーーーーーーー!!!!!! と、荒ぶりに荒ぶるのでした。さすがニキータ!!!!! これはもう7人目の主人公ですよ、ニキータ編どこで遊べます!!?
 ニキータは冷静にジェシカを診てますね。なぜか呪いの首輪は解かれているけど、長い間に渡って呪いがかけられていたせいで心身ともに弱ってしまっている状態だと教えてくれました。ここまで来られて、しかもピンチを救うだなんて全然弱っちくんじゃないですよ!!!! 最強です!!!! その上、ジェシカをディーンに連れていくと言ってくれるんですよ。なんたる優しさ…。大好きですニキータ!!!!!
 ジェシカはニキータにまかせて美獣を追えばなぜここに連れてきたかの話がありました。マニャストーンの封印を解く禁呪の媒体にするためだったんですね。そしてそのために呪いを解いたと。そうでなければ美獣もろともですしね。しかし邪魔が入ったことによって媒体がビルベンに…。なんたる運命でしょうか…。とにかく目的を成し遂げた美獣はさっさと帰ってしまいますし、こちらはサラマンダーが力を貸してくれたので聖域へは五分五分の進捗具合ですかね。

87tom.jpg

 ディーンにニキータがいるはず! と、立ち寄ったところ地下の方にいました。ニキータが見守ってくれているなら安心ですね! しかもおいらくやしいんだにゃ! とまで言ってくれるではないですか!! イーグルの仇含めて厚いネコさんですよね!!! そしてジェシカの寝言が……。



 次は月夜の森です! 「ブースカブーしゃん! おつぎはつきよのもりでち!」と音頭とってくれます。ブースカブーしゃん!!!! 呼び方かわいすぎです!!!! ニキータのこともニキータしゃんになるのでしょうか?
 特に寄り道はせずさくさく泳いで月明かりの都ミントスに辿り着きました。ここ好きなのですよね、幻想的で。常に夜の様子がまた綺麗です。しかし住まうのは獣人たちです。特にシャルロットは攻められたというのもあって警戒していてもおかしくないですが、ミントスにいる獣人たちはまったく敵意がなく穏やかです。「じゅーじんをごかいしてたかもしれないでち」と素直に言うシャルロットちゃんがかわいいのでした。
 獣人たちからはアルテナがここにもやってきたことを話してくれます。ずいぶん侵攻進めてますね。しかし無抵抗だと分かると素通りだったとか。本気になったときを怖れてなのか、本心が気になるところです。

88tom.jpg

89tom.jpg

 デュランにしてみればアルテナ兵がいると分かれば落ち着いてなんかいられないですよね。ホークアイは夜目に慣れているからと頼もしいではないですか。デュランの戦いのカバーが完全にできるコンビです。

 月夜の森も美しいですが、敵がばかすか襲いかかってきます。しかも常に暗闇というのもあってキャラクタたちはより辛いようですが、ホークアイが暗くてどうのこうの言うんですよね。いやいやいやいやさっきミントスで夜目に利くって言ってましたよね!? 一体どういうこっちゃでしょうか。夜目に利くけども、なんですかね? でもそうしたらさっき頼もしい感じで言った台詞が台無しになるような…? この辺りは収録後に付け足されて~というのあるかもしれないですね。分からないですけど。

90tom.jpg

 そしてカールのお墓もしっかりありました。ケヴィンのお話を進めるときにここらは……。
 そのあと月読の塔へ到着するのですが、久々に見た死を喰らう男と初めて見る獣人と倒れているアルテナ兵たちがいました。獣人はルガーという男ですが記憶にないのでこの辺りもケヴィンのお話を進めるときに復習したいと思います。死を喰らう男がルガー様と言っているくらいですしよほどですね。そしてルガーが去ったあとに死を喰らう男はピンハネしていることやなぜ魂を集めているのかということをべらべら喋ってくれます。ありがたい敵です。

91tom.jpg

 そこにやってくるのはケヴィンですよ!!!! おおおおおお!!!! 嬉しいですね、主人公が出てくるのは。ですがここで思ったのはそういえばアンジェラ見ていないぞ? ということです。もしかして見れないんですかね? それともこのあとお話があるのかどうなのか。忘れているので拝めたらラッキーくらいに思って1周目を進めたいと思います。

92tom.jpg

 死を喰らう男はシャルロットちゃんであれば絶対に忘れない相手です。ヒースをさらった張本人ですしね。逆に相手は忘れていましたが途中で思い出したようで。更にヒースの現在の状況を話してくれますが、えええええそんな展開でしたっけー!? と、新鮮でした。シャルロットちゃんはそれを聞いて信じることはできずにうそだと反論しますが、なんとここでルガーが戻ってきてオレが倒すとか言うではないですか。いやケヴィン戦わないですけどね!!!
 ルガーは目が据わってくると攻撃が痛いですがそれ以外は割と普通なのでこれまたさくさく倒せるのでした。ここからルガーとケヴィンのドラマティックな話があるのですが、突然入るというのが昔懐かしの感じですね。というよりも6人いるからもう1周して補完してねということなのかもしれないですが。
 ルガーとの別れも最後の最後で双方の気持ちを伝えあったので心置きなくだったのかなと思いました。しかしここでルナがケヴィンの願いを叶えてくれるんですよ! ルナの力凄すぎます。いつかまた大きくなったときにルガーはケヴィンと出会って何を思うのか気になるのでした。なんとなくでも記憶にケヴィンという存在が残っていると嬉しいですね。

93tom.jpg

 ケヴィンがみんなに獣人のジョーシキを話してくれるのですが、それを聞いてのデュランの「すげーな」の一言がとてもらしいなととても印象に残ったシーンです。ルガーは今度はどんな動物が育ててくれるのでしょうかね。

 そしてシャルロットちゃんにしてみれば死を喰らう男の行方が大事です。慌てて追いかけるもすでに影はなく。ヒースを救い出すためにもがんばると更に奮起するシャルロットちゃん! 残りのドリアードもさくっと仲間入りにして聖域へ先にと目指したいです。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)