(非公式)討鬼伝7周年カウントダウン企画(6/22~27分)

2020年06月27日

tkdk7thcd002b.png

 ※画像クリックで大きなサイズが出てきます

 予想外に語りが長くなっているので2つに分けることにしました。
 後半はこの記事で綴ります。前半は下記にリンクを繋げています。

 カウントダウン企画は毎日更新されておりますので、Twitterを見られる環境の方は以下のタグを検索かリンクを繋いでおりますのでクリックして頂くかですぐ飛べます。
 【 #鬼討ち7周年カウントダウン
 是非是非ご覧くださいませ。熱い作品に呟きでいっぱいでとても幸せになれること間違いなしですよ!!! 自分は毎日何度も見ては爆発しております。
 
 関連記事:(非公式)討鬼伝7周年カウントダウン企画(6/17~21分)
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2664.html

 2020年6月27日、討鬼伝シリーズ7周年おめでとうございます!!!!!!!
 もう7年なの!? というくらいあっという間ですが自分でも驚いているのが7年経っても熱がまったく冷めないことです。さらに同じように討鬼伝を愛するファンの方々とたくさんのお祝いが毎年できるのがとても嬉しいのです!! 今年はこのような世の中なので家で誰でも楽しめるようにという思いで初めてカウントダウン企画としてたててみたのですが、たくさんの方々が11日間という長い間作品だったり呟きだったりで盛り上げて頂けたことが本当に本当に嬉しかったです。ご参加頂けたみなさま本当にありがとうございました!!! 討鬼伝大好きな人がいっぱいいますよーーーー愛されまくってるんですよおおおおおお!!!! ということがきっと伝わったと思いたいですね。自分はこの11日間大体ゴウエンマリ化してましたし特に速鳥さんの日は暴走・極という感じでしたが、本日も同じく暴走2・極という感じです(笑)

 常々言っているのですが討鬼伝シリーズが大好きです。シンプルに遊んでも楽しいけれどもミタマスキルなど突き詰めると奥深いアクションが楽しめる部分、泣いて笑って焦って熱くなってととにかく惹き込まれる物語、あの人もこの人も気付いたら大好きになってしまう魅力的なキャラクタたち、一度聴いたら虜になる美しい音楽の数々、世界観や設定含めとにかく全部が大好きでまだ遊んだことないよという方には是非とも!! と、思わずにはいられないです。
 極までのウタカタ編もPS4版がございますし、2から入って極というパターンでも良いですし! アクション的には極から2の方がいいですかね? お話的にも知っていればもっと楽しめる要素もあるので極から2が特におすすめですがどちらでもですよ! 何でも気になるところがあればそこから是非ーーー!!!! と、なるのでした。
 更に今年は討鬼伝チームの方々が携わったP5Sも発売されたので、P5Sで気になった方にも是非プレイしていただきたいタイトルです。

 とにかく大好きなタイトルですが音沙汰がなく…ωさんの記念ライブのときにおがPさまが3を! と、おっしゃったのを最後に…な現状ではありますが、絶対また遊べると信じてます。それでもってまた無印のような盛り上がりに、それ以上の盛り上がりの次への展開をと夢見ています。夢見るのも希望を言うのもタダですからね!!! 言いまくりますよ!!! 今はお金の貢ぐ先も限られている現状なので応援に全力注ぐしかな状態ですが、だからこそできる範囲で応援を続けたいです。
 このタイトルに出会ったからこそチームごと追うようになりました。P5S話になりますが、討鬼伝チームが! と、分かった瞬間のさらなる熱もそうですしコメントが展示されるよと分かれば全力で駆けつけ、イベント等も死ぬ気で応募する感じでしたし、今もそのコメント展示がスマホの壁紙です。どのタイトルでも応援しますよ!!!!

 何度も書いていますが、本当に討鬼伝というタイトルがムスヒの君なのです。たくさんのモノノフさんと知り合いになれて楽しい毎日が送れているのも、そして皆さん優しい方々ばかりなのでコエテクさんファンとして新参の自分に色々なタイトルを教えて頂けてもっともっとゲーム生活が楽しくなったのも、全部討鬼伝に出会えたからなのです。いつでも帰る場所であり、いつでも出発する場所であり。そんなタイトルの7周年をお祝いできて何よりも嬉しいです。これからも8年、9年、10年そしてその先も変わらず応援しています。討鬼伝シリーズ大好きです!!!!!!!


 以下はこれまでの部分がそのまま載っています。



tkdk7thcd1b.png

 2020/6/26
 明日はついに7周年!!!!
 本日のお題は【橘花、かぐや、大和、九葉、識】です。ザ・地位の高い人々。それぞれ神垣ノ巫女、里のお頭、霊山の高官の方々ということでお題の〆の日に集結して頂きました。あとかぐやは巫女の方です。元参番隊の方ではなく。そちらのかぐやさんのビジュアルも気になりますね。

 まずはからいきますかね。初回では気付きませんでしたが、最初の防衛戦のときにトキワノオロチが顔を出した時のあの笑い声が初登場の識。2周目でやっと気付きました、あ、識の声だと。
 識はとにかく家族愛の強さが狂気的なせいでと思うと気持ちもわからないではないのですが、最愛の娘とのやりとりで最後の最後まで信じられなかったことが寂しくもあり、だからこそこのような事態を引き起こして哀れな結末に辿り着くことになり、強すぎる思いは諸刃の剣だなとも…。そういうところが識の良さでもあるかもしれませんが。これまで討鬼伝には元の時代へ戻りたい、過去へ戻りたいという思いを持つ人はたくさん出てきていますが、全員仲間と絆を経てその思いは変わらねど今の時代をと歩む変化を遂げた人ばかりでした。まだ諦めていない人でも方法や考えが少し変わったり。識だけは変わらずこの時間を滅ぼすことが唯一の道という部分に固執していたというのも対照的でした。
 個人的に2の主人公の正体がアレで本当に正解であれば識を倒すのがその主人公であったというのは物凄く熱いです。前作が千年と今を結ぶ終わりで、今作が古代と今を結んだ決着というのは討鬼伝というシリーズの世界設定的にも胸アツです。
 それにしても識がいなくなったことにより霊山は少し変化があるのでしょうか。陰陽方はもはやこれくらいではなんともですかね。そろそろ本拠地にも! とますます思ってしまうのでした。


 続いて橘花ちゃんかぐや様の神垣ノ巫女さまたちです。
 最高権力者というのもあり幼いながらも物凄くしっかりしておりますが、その中でもそれぞれの物語で成長していくという姿が好きです。皆を守るという大役。日々寿命を削るという不安を抱えながらという部分は特に橘花ちゃんのお話で実感しました。だからこそ博士の研究成果をお届けしたいですね。どれほどの巫女が救われるか!
 そして二人共それぞれ懸命に巫女としてできることを頑張ろうとしているところが好きです。橘花ちゃんは姉である桜花とのやりとりが特に可愛いです。姉さまの手料理を食べることに果敢に挑戦していく姿、お伽噺に夢中になる姿、大切な姉妹愛というのが微笑ましくて癒やしです。
 更に橘花ちゃんは「橘花」という曲がとても雰囲気が出ていて大好きです。穏やかで明るさもしっとりさもあってまさに橘花ちゃんだなと聴く度に思います。いつか生で聴きたい曲のうちの1つなのですがやっぱり全曲聴きたいんですけども!!
 無印を超えて、極でゴウエンマの目の前に出てと更に活躍の場を広げる橘花ちゃん、危機を二度退けたという実績は自信にも繋がっているのではないかなと思っています。不安と怖さよりもこの使命についてもっともっと誇らしく携わっていると思うと、そこから2年経って更にという橘花ちゃんにも出会いたくて仕方がないです。

 かぐや様は自身が頭の代わりというのもあり、その上この近衛とサムライとという問題を抱えている大きな里の巫女というこの歳にしてとんでもない重責を背負っているのが凄いです。ですがそんなかぐや様をお守りできることお世話できることは八雲は更に誇らしいかもしれませんね。
 かぐや様はゲーム中ももちろんよいのですが、コミカライズと併せると更に楽しめると思うのですよ!! 一人頑張り奔走し、色々考えながら里の様子を直で知ることによって固めた考えで、使者にしっかりとお伝えする様子はお頭そのものの姿で格好良かったです。
 そういったかぐや様を堪能しつつ、あのED直前のムービーのこれまでのお話を綴っているという演出に繋がって胸アツすぎました。しかもタイトルが討鬼伝ですよ! そうきたかーーーー!!!!! と、涙するのでした。


 大和はとにかく聞きたいエピソードがいっぱいありすぎるキャラクタで、ノベライズどうですか!? という思いでいっぱいです。速鳥さんを拾ったときのこともそうですし、訓練兵時代の大和・九葉・妻のことも知りたいですし、白い服時代も見たいですし、オオマガドキで相馬と戦った鬼って結局どういう鬼なんですかー!? というのも気になりますし、オオマガドキのことも知りたいですし、自暴自棄の息吹を救った話も知りたいですしもう全部知りたいです!!!!
 最も信頼のおけるお頭という立ち位置で、ときに厳しく、ときに優しく、ウタカタ全部を大事に思っている英雄というのをとても感じます。分霊したときのミタマが判明した瞬間、「あ! これは納得すぎる!!」と、1番頷いた人かもしれません。まさにでした。
 そんなまさにお頭! な大和も初姉とのやりとりはその頃に戻った様子も感じられて微笑ましいです。初穂の日に書きましたが、画集のあのおんぶの絵が!!!!!!!!! 死にました!!!!! 画集の絵で1番好きな絵です。でも因果が解けかけたときに、今の大和の声で子供の頃の台詞になっていたのはツボでしたね。そういうお頭大好きです。
 そしてなによりあの死線の果てにの任務ですよ!!!!! アプデ前だったのもありもう本当に真面目に無理です死にます…全部足りませんやり直します…と、涙ぐみながら撤退を考えていたところでのあのムービー!!!!!! 里の全戦力を投じ、里の結界を解いて救いに来た橘花からの英雄ノ進撃とともにお頭のあの一撃ですよ!!!!!!! あああああああああああ!!!!!!! と、見返す度に全身の穴という穴から湯気が出そうなくらいにタマハミというかあのタマハミしたゴウエンマって自分では? という感じでとにかく大興奮です!!!!!! 初めての大和の戦っている姿が! イツクサの英雄が!!! 英雄ノ進撃とともになんですよ!!!!! 死にまくったシーンその1です。討鬼伝では全体的に死にすぎてるんでそういうシーンがありすぎるくらいなんですけど。とにかく大興奮でこれは撤退なんて弱気なことを考えている場合ではない! 奮起せよ己!! と、奮い立ちながら頑張って倒しました。英雄の力ってこんなにも凄いのだなと体感できた大好きなシーンです。

 また、九葉さんとの仲も大好きです。お互い嫌い合っていてでもこれでもかというほど分かり合っていて。九葉さんが最初にウタカタにやってきたときのあのニヤリ顔は大和がいるからこそと思っておりますよ。度々大和が見せる「……」という台詞も九葉さんの考えや行動をある程度読んでいてというのもあるのだろうなと思って知れば知るほど美味しかったです。
 これからも九葉は東の最前線には大和がいるからと安心して他に集中できそうですし、大和にしてみても九葉ならばと分かっていてウタカタに集中していそうですしいい関係だなと思っています。


 〆は2のヒロイン九葉さんで。極時代は悪そうに見えるおエライさんというような感じに見せつついい人であった九葉さんは、なんと2でヒロインへ…。
 まず極時代から語りますかね。九葉さんファンの皆さんと同じく菜っ葉がだめなのか、味噌汁に菜っ葉が入ると駄目なのかしりたいですね。あとあの髪の色は地毛なのかも。一気に白くなった派でもあるのですが、どうなのでしょうか。
 九葉さんは北を犠牲にした鬼ということでその後躊躇いなく犠牲にすることができる人なのですが、2の画集の全力で将棋を楽しんでいる絵や、クワッハッハッハという笑いの寝言が聞こえたりとユニークな部分も最高にいいところです。ゴキゲンで両取り仕掛けられているお姿熱いです(ゴキゲン中飛車ではなく)
 九葉さん、どう見ても悪者風に描かれるのですがこれもやはり発売前のアニメの姿が物凄くいい人では? と、思える描写だったので多分いい人だろうと思いながらプレイしたのも懐かしいです。実際そうでしたし、「ある日突然選択を迫られる」という台詞は印象的です。九葉さんにとってそれは北という大勢の人を犠牲にするか、はたまた中つ国だけでなく日ノ本自体を沈めることになるのかというレベルの選択を迫られたわけで…それを考えただけでも胆力が凄すぎます。霊山にあまりいいイメージがないというのもあり、北で鬼門が開いたという報告を受けたときに北を犠牲にするかどうかの判断をしたくなくて逃げた高官も多そうなイメージもあるのです。選択すれば死ぬまで汚名が降りかかるわけですし。そんな背景があったかどうかは分かりませんが、九葉さんはそれを選択し、少しでも人が生き残れるようにと死力を尽くした結果があの防衛戦であり七日七夜ノ戦でありと思うと凄まじいです。決して振り返るなと言ってくれるのも九葉さんがそれをまさに実行しているからだというのもよくよく伝わります。それが北で散っていった人たちに対すると話してくれたとき、もっともっと大好きになったキャラクタです。実はこの選択で髪が真っ白になった可能性あるのでは? とも妄想している人間なので地毛かどうかの回答が気になるのです。

 そして2は最初っからクライマックスであり最初がEDであり始めた瞬間から九葉さんの部下で動かせるとかそんなご褒美あっていいんですか!? となりました。あの防衛戦のムービーは2の中で最も好きです。厨二心をくすぐられるというのもありますし、特務隊がかっこよすぎで!!! あの黒いフード被って象の鼻いかねばってなりますね(笑)

 鬼のところで語ったトキワノオロチの曲ですが、ここでも語ります。マホロバの決戦でもあり中つ国にとっても大きな一戦の曲ですが、やはり九葉さんと特務隊が更に印象強いのです。九葉さんは北を見捨てることを決めた時点でさまざまな覚悟を決めたと思いますが、精鋭揃いの特務隊もほぼすべてを失う様子も見ながらのこの防衛戦で希望が持てる未来も一緒に見えてどう思われたのかとても気になっています。ずっとずっと先の未来で反撃ができると分かったからこそより一層振り返らず生きていけたのかもしれないとも考えました。
 そこから特務隊の話しなのですが、特務隊が壊滅し、主人公は飛ばされそこから極の話を見るにまた切り札を何人も得たのだと思いますが、その最後の切り札が救われた2年後にあのとき見た未来がやってきて主人公と再会したときどのような気持ちだったのか知りたいです。切り札が増えた以外の喜びもあったと思っています。そして元部下というだけであって最初から心許している様子などもあって凄く良かったです。ゆえにあの呼び出しを食らってしまったときは、九葉さんーーーー戻って今すぐ戻って!!! どう見ても罠!!!!! と、画面の前でわめきながら撃たれる様子を見ていましたよ…。それでも九葉さんは強運スキルの持ち主なので絶対死んでないぞと思っておりましたが、まさかあの服を着ながら&撃たれている中で泳ぎきったの凄すぎる…! 元訓練兵強すぎる…! と、なったのも楽しかったです。
 トキワノオロチと決着を着けたときのあの思わず手を…というシーンはどう考えてもヒロインでしたし、やっぱり2のヒロインは九葉さんだなと確信しました。当時サジェストでヒロインって出てくるくらいでしたもんね!!!!!
 散々いい意味で泣かされた九葉さんですが、みなを導くオビトとなれというあの台詞は反則すぎですよね!!!! 大号泣でした。ここで!!! オビトを!!!!! ああああああああ(号泣)と、今も見返しながら泣いているので全然画面が見えません。



tkdk7thcd2b.png

 2020/6/25
 あと2日!! いよいよあと2日ですね。ドキドキです。
 本日のお題は【ホロウ、グウェン、虚海】です。ファンタジー色組トリオです。この3人で集まったら間がなかなか独特になりそうだなとも。天然色強めかもしれないですね。


 ホロウからまず語りたいと思います。あれは極が出た年のTGS…討鬼伝コーナーもあり、試遊者は缶バッジが貰えました。しかも選べるのです。白湯次郎さんと一緒に、「息吹!!! 速鳥!!!」と血眼になって探したのですがまだ在庫がある2人でした。すぐになくなったのがホロウと相馬と聞き、さすがすぎるなという思い出が蘇ってきました。
 ホロウと言えば独特さも好きなのですが、食べるの大好き人間にとっては腹ペコホロウの食べ物話に食欲湧きまくりで、自分も食べながら…ということが多く。鮭弁当食べた過ぎます! ついに叶わなかったコエテクカフェさんでの討鬼伝コラボですが、あったら鮭弁当は食べたかったですね。コエテクカフェさんはなくなってしまいましたが、まだ諦めていない自分は何かで!!! と死ぬほど思っております。

 話が食べ物になりましたが、ホロウはその独特な動きや会話がとても楽しく、トリッキーでもあって極のお話がより楽しくなりました。特にあの暦ちゃんと谷底に落ちたときの、誰かいないことに気付きませんか? というところで、「あ!!!!」と、衝撃でした。
 助っ人にきてからのやりとりもそうですが、あのオラビの攻撃を受けたあと更にとなったところですかさず暦ちゃんと守ってくれた部分のかっこよさ最高でした!!
 そして何より最終戦後のあのムービー! 千歳に向かってのあの言葉はプロポーズではー!!? なんて思ってしまうほど興奮したのです。あの2人はあの2人のコンビで完成されていますよね!!! これからの世を2人で楽しく生きてほしいです。
 富嶽の台詞を真似したり、天狐語講座をするにあたりコーチっぽくなったり、奇想天外な様子が大好きなホロウですが、宿しているミタマが判明したときはボロ泣きでした。そしてここでオビトの存在を知ったからこそ、2の九葉さんの「みなを導くオビトとなれ」で大号泣だったんですよね!!!! あれ極からの人はあそこでうわああああああとなり、2から極という人はオビトの正体が分かったときにああああそういうことか! となれるのが最高だなと思っています。


 グウェンは森中Pが生放送で話していた左さんのリテイク数で驚いたという部分を強く覚えています。それまでにあがったグウェンの候補というのがどういうのだったのかというのも見てみたいですね。個人的にタータンチェックなスカート部分が凄くかわいいと思っています。西洋からきた彼女だからこその柄でもあって、今後マホロバでそういった衣装も増えていくかもしれない可能性もあるんですかね!?
 グウェンについては鬼はデストロイ等の言葉もとても印象なのですが、やはりその正体ですかね。そういうことになっていたのか!! と、驚くと共にそれをさり気なくやっていた九葉さんと10年耐えたグウェンが凄いなとも思うのでした。グウェンもマホロバで過ごした時間、そして任務を経て、更にネイリングとその運命に打ち勝ち、その上トキワノオロチとという壮大な成長を遂げて今後どうなっていくのか楽しみなキャラクタです。さり気なく天狐語もしていましたし、真鶴との天狐語講座なんてどうだろうなんて妄想したりも。表向きの任務は解かれたわけですし、これから改めて自由に生きるグウェンがどういう道を辿るのか楽しみなのでした。


 虚海は虚海としてというときと千歳としてというときで印象が異なるキャラクタでした。前者ではやはり仙人のような飄々としつつ凄いことを企んでいる姿や秋水や九葉たちとというときの悪役感が強く、でもしりとりをしたり薬を煎じてくれたり食料を提供してくれたり助けてくれることもあり不思議な人という印象でした。対して千歳のときはお姉ちゃんと呼ぶように無邪気でかわいい妹という印象で、最初は自分の中のちぐはぐ感が強くかったのですが、イヅチカナタを倒したあとのやりとりから段々と固まっていき、今では動物と仲良しのかわいい千歳という人物で固定されました。

 討鬼伝では元の時代に戻りたいと強く願う人に出会うことが多いですが、特に識と千歳は規格外感ありますね時代的に。それぞれで研究を進めている両者ですが面識の有無はどの程度だったのかなど気になるところです。
 千歳の中で1番好きな部分はやっぱり最後のムービーです。ホロウおねえちゃんと声をかけてくれた回想シーンのあの風景と同じ場所でというのも感動でしたし、元の姿に戻ったこと、今更人の生き方など分からんよと言いますがそれでもこうなったことでホロウと共に生きていこうとなるのが嬉しかったです。
 そして考察的には声の断章の研究がどうなっているのか気になりすぎです!!! いつか考察の答え合わせができる日がくるといいなとも思っています。



tkdk7thcd3b.png

 2020/6/24
 あと3日!!! ついに7周年まであと3日になりました。
 本日のお題は【相馬、八雲、樒、久音】です。ザ・濃い方々で集めました。いろいろな意味で強い方々の集い…!

 最初は歩き巫女の家系な久音から綴りたいと思います。
 括るの!? という感じですがまずは彼女たちの過去が謎すぎて気になるというところをですね!!! 2での考察から歩き巫女の家系はあの辺りに関係しているのでは? という妄想も止まらないのですがやっぱりその辺りの謎の答え合わせもいつかーー!!! と、思っています。

 さて、まず改めては樒から。樒もかなり好きなキャラクタです。あの独特さに凛音さまと同じくらいお色気たっぷりのな美女という感じですがあの話し方やけだるそうな感じからまた少し異なる印象が美味しく、何よりあれで実は19歳(当時)というのが! 橘花ちゃんと1歳違いというのが衝撃でした。
 樒はそもそも秘密の設定があると公式で明らかになっていますし、その設定が明らかになる機会をひたすら待っておりますよファンはここで!!!!! 公式様はファンミ的なものをですねお願いします…いやでもやっぱり1番は3的なものなんですけども!!!!
 話を戻しまして樒です。あのぼーっとしたような話し方がまた好きでして、特に異性の禊場での台詞大好きです。確か無印だと樒出ると禊できないままでしたよね!? 貯金に余念がなく、この先は別料金…と言ってくれるのが大好きでした。極になったらさすがにできるのか…!? と、どきどきでしたが特別枠になりましたね! やったー! となったのも懐かしい思い出です。しかし見物料払ったのでしょうか?(笑)
 樒からの依頼もホラーか! という感じで樒に起こる出来事にビビったり面白かったりと思い出に残っていますが、やっぱり因果の結びが解けてきたときのあの頼もしさですかね。みんな完全に混同している…! と、焦ったときに唯一変わらずだった樒がいてどれほど安心したか! 魂を結びつける、時間は稼ぐと言ってくれさすが天才肌! と、本当に頼もしかったです。
 2年後の21歳では貯金がさらに順調になっているでしょうか? タイトルが異なりますが、仁王を遊んでいると千子家の方々が凄まじいので樒もそれくらいすれば億万長者に…! と、つい思ってしまうのでした(笑)

 久音は同じように独特ですが、かぐやにしっかりと言うべきことを伝えたりとまた少し異なりますね。
 そして画集で明らかになるあの料理の完成品!!!!!(笑)鬼の素材を使った小料理屋で文字で見ている分には美味しいそうですが、絵を見るとやばい!!!!! ってなりますね(笑)コラボカフェの要望をあげたことがありますが、久音の料理だけは再現するのNGになってもおかしくないのでは!? と、思わず(笑)いやでも逆にあれほど突き抜けたものだったらありというのも以下略。
 そして初めて絵を描いたのですがやっぱりデザイン好きだな~と思います。衣装とかも凄く可愛いですよね。


 続いて俺様何様相馬様な相馬です。
 これも耳タコくらい言ってますし書いてますが、初めて見たときに「えええええめちゃくちゃモブっぽさある感じなのに緑川さんでいいんですか!? 大丈夫なんですか!?」って失礼ながら思いましたしTLもそれ一色でした。禊に出てきたときも、へ~里の人も極からは入ってくるんだ~と思ったら緑川さんボイスが聞こえて、「相馬か!!!」となったくらいでしたよ! ですがゲームで遊んだらその考えにジャンピング土下座せねばならぬくらいの凄まじい格好良さ。いい意味で褒め言葉でずるいと連呼したくなるくらいの御方で! 極で相馬ファンが一気に増えて缶バッジも瞬殺されというその理由も分かりすぎるというものなのでした。最もギャップがあるキャラクタではないでしょうか。
 あと2に前作キャラクタが出るというのが判明したときにファンの方の殆どが「相馬は確定だろう」となっていたのも印象に残っています。自分もそう思っていた派です。人気もそうですし、もともと各地を点々としていますしそういう意味でも、金砕棒キャラクタとしてもそうだろうなと。
 とにかくすべてがかっこよすぎるんですよなんなんですかこの人!!! ずるい!!!(笑)でも最初のあの配信アニメではヒーロー暦ちゃん、ヒロイン相馬という感じの今思うとスーパーレアなシーンも拝めるのがいいですね。
 そんな相馬ですが初登場シーンの偉いぞオーラがまず印象的でした。自信に溢れていてそれでいて緑川さんのお声もぴったりで、あれ? モブっぽくない…? という変化が初っ端でありました。そこからはもう怒涛の落としかかりが凄まじすぎて!!! 強い・嫌味のない自信家・気配りもできてやさしい・頼れる隊長・緑川さんボイスって完璧が服着て歩いてるようなものですよ。それでいて息吹にそれ以上近づくと素っ首刎ねるぞとか物騒な面白いことまで言いますし、攻守完璧すぎて大丈夫なの…? 凄すぎでは…? ファンはいくつ心臓あっても足りないんでは?? と、わけの分からん心配するくらいでした。
 まずずるいポイントの1つに暦ちゃんと落ちたところの救出ムービーですよね! 最後の最後で美味しいところを持っていき、しかも俺の可愛い後輩をとか言ってしまうんですよ! しかも最後のドアップ含めて美味しいどこ取りという単語が似合いすぎるシーンです。
 かと思えば突然木綿ちゃんのおはぎをジャンケン王の息吹と本気で争い大人気なさを見せたり、面白すぎでしょう!! となっていたら突然酒を持って自宅にやってきて下戸だったら下戸なりの付き合いをという超絶気遣いを見せて長い時間を過ごしたり、洞窟で一緒に過ごすことになれば先に休んでいろとまず他者を優先するその器…!
 亡くなった部下が飼っていた猫のタマ吉を飼っていて、その猫に似ていてカゼヌイと戦うとちょっと鈍るというそういう優しさも垣間見せ、16人の願いを叶えるために8年間奔走して、命の恩人である木綿のために頑張りってよくばりセットすぎでは??? 大丈夫ですか?! キャパオーバーしまくりで平気なんですかー!!? というくらい天狐盛りキャラクタ過ぎて凄いです。ちょっと茶化すような書き方していますが、相馬ももちろん好きです。こんな書き方しかできないですよこの人!!!!
 人が英雄と呼ぶなら英雄となってというその生き方、信念、強さが本当にかっこいいです。でも2年経っても得意の事後報告だ! があって面白いですし、そういうずるい(褒め言葉)ところは変わらずというところが~~!!! となるのでした(褒め言葉)
 それにしてもトキワノオロチ戦での「東の地に英雄が一人いるのを知ってるか!」という部分は泣きました。紹介してやろうというのも泣きました。英雄が英雄として見てくれていたんですね…ことさらウタカタのみんなにまた会いたいとなる瞬間でもありました。
 相馬はこのまま歳を重ねても一切老けなさそうなところも良いですし、もともとエリートということでモノノフになった辺りの話も知りたくて仕方がないです。


 最後は八雲です。まさか八雲に落ちると思わなかったんです。
 最初に発表されたとき、烏帽子キャラクタか~と思いきや地毛で、しかも白湯次郎さんが「おんぶ紐」とおっしゃるのでこの髪型でおんぶ紐って面白すぎる…その上声が小野友樹さんとか一体…!? と、声は小野友樹さんだけども完全な三枚目路線キャラクタだと思いこんでいたら、意外にも真面目路線多くてその手のキャラクタ好きにはハマったようです。もしかしたら討鬼伝では双刀キャラクタにハマるのかもしれないですね!?
 どこで1番意識するようになったかと言うとやはりあの真鶴が撃たれたところのムービーです。刀也の敵意を感じ、すぐにかぐや様を隠すようにしたあとに双刀を構える姿に惚れました。躊躇せず、相手に声をかけることもせず、ただ相手の怒りと殺気を感じて黙って行動に移ったところで、こういう動きもできる人なのか! と。
 それでもやはり当初の想像通り髪型がネタになったり、部下からも何か言われつつも慕われていたり、かぐやもしっかり八雲は大事に思っている様子だったり、懸命に変わろうとしている部分も見えて凄くいいなぁと思ったのでした。禊の誘い台詞も、話がしたいと分かれば途端に素直になったり。かぐや様との仲を羨ましいと言われたり、ああいう言動ですが素直なところがとても可愛いなとも思うのです。それでもって回避バク転ですからね!!!! ずるい!!!!!(褒め言葉)
 これからも小競り合いはしつつもかぐや様をお守りすること、近衛の仕事を誇りを持って務められるのだろうなと思っています。だからこそミタマがどなたなのか気になりすぎるんですよね!!!! 分霊できる日がきたら嬉しいです。

 それからコミカライズの椿が主役の回の八雲がたまらなく最高なんですよ!!! あの木の上からしっかり見守っている姿!!! 強者だからこそのではないですか!! ああいう強者の王道の演出大好きなのでそれを八雲で拝めたのが嬉しすぎました。
 
 そんな八雲ですが、あの誇りだ! とおっしゃっている髪型は寝る時や髪を洗うときのみ降ろすんですかね? 支度にどのくらいの時間がかかるのかも気になるのですが、慣れているので早そうです。そしてかぐや様は降ろした姿を見たことがあるのかどうかも気になってですね…!




tkdk7thcd4b.png

 2020/6/23
 7周年まであと4日です。
 本日のお題は【暦、木綿、刀也】のお父さんと娘的な要素を醸し出す人たちにしました。きっと集まったらほんわかになると思うんですよ。桜の樹の下で3人でなんて姿も似合うんではないですかね!?

 さて、まずはちゃんです!!!!
 暦ちゃんはとにかくかわいいい!!!!!! というのが本編の感想なのですが、発売前に配信されたオリジナルアニメではヒーローというかかっこいいという印象です。あのアニメ、相馬の目の前で暦ちゃんがいいところをというシーンがあるのですがそれを見た相馬の表情が完全に惚れた…感あるもので話題にもなっていましたね。コメントがそんな感じで溢れていたような。なので暦ちゃんはキリッとしたお顔をしていますし、凛々しい少女侍的なキャラクタなんだと最初思っていたんです。
 そしたらあの頬を膨らませた怒り顔でノックアウトされ、禊でのもじもじモーション、味のしない夕食、すべての人にバレバレの怪しさ満点の行動だったりとにかくかわいいではないですか!!!! かたじけない等の言葉などは凄く武士なのに他の言動が可愛すぎます!!! これは凛音さまも可愛がりますわなと納得です。シラヌイのマスコット的存在なのでは?!
 そんなかわいい暦ちゃんですが、シラヌイとホオズキの一連の部分で富嶽殿には黙っていてくれないかと言うシーンは大人顔負けというか完全に大人の意見で考えを改めました。見捨てたという事実は変わらない、だからこそとそういう発言と考えができる暦ちゃんのギャップが最高な瞬間でした。いろいろと悩みながらも自分の目で見て考えたことでそれをやり遂げ援軍を呼べるということまで出来た暦ちゃんの成長物語は見ていてとても気持ちのいいものでした。とくにあのウタカタに再び戻ってきたときの達成感のある笑顔が眩しいです。そして「私は全てを懸けて、あなたをここから脱出させる」という台詞が特に大好きです。


 木綿ちゃんもかわいいいいい!!!! の一言です!
 木綿ちゃんを構成するすべてがかわいいです。看板娘にどれほど救われた方がいるか!
 母の形見を身に付け、常に笑顔で送り出してくれる木綿ちゃん。きっとお母さんにそっくりなのだろうなぁと妄想したりもしています。もしそうだったら娘に妻の面影を…というときもお頭はあるのではないかなと。あとは九葉さんも密かに似ているなと思う時があるのかどうなのか気になるところです。
 オオマガドキの頃からみんなを元気付けてくれた木綿ちゃん。天狐さんのしゃべる言葉も訳せるくらいですし、多才でもありますよね。そんな木綿ちゃんの好きなところの1つに、大和からの依頼シリーズでの木綿ちゃんのツッコミ的な一言が入るあれが大好きなのです!! 大和がとあるモノノフは一瞬で倒した云々言えば、一瞬ではないとのことですだったり、数百人のモノノフを育てたということには百人とちょっとみたいですと付け加えたり、お頭も人参に勝ちましょうでは爆笑でした。いい父娘ですよね!!!! お頭も木綿ちゃんのことを大事にしているのが伝わりますし、あの父子のムービーは何度見ても癒やされます。
 ムービーと言えば極最終決戦前のところで木綿ちゃんが手をぶんぶん振ってくれるところが大好きです! あれ元気百倍になりますよね! 相馬が見ていたら鬼神の如き働きに更になるのではなかろうかと。

 あとは禊の異性でとある友好度のときにお父さんに知られたら~とありますが想像するだけで恐ろしいですよね(笑)お茶に誘っただけでとんでもないお役目押し付けられた息吹という例がありますし、着替え中を誤ってというときも死にそうでしたし、禊なんて知られたら…。しかも極は相馬もいるので覗き魔の件と言い、血で血を洗うウタカタになってしまいますね…!
 2年後の木綿ちゃんがどういう姿になっているのかも気になります! 髪型を変えている可能性もあるのでは? と、思うと妄想止まりません。


 刀也はとにかく洋装が似合う&足が長いというイメージがまず物凄く強いです。まず何よりも足に目がいき、SDで描くときも足の長さには気をつけねばとなったのでした。
 そんな刀也で印象的だったのはやはりサムライと近衛の内戦になったところのムービーです。真鶴が撃たれ、躊躇いなく太刀を抜き、鬼ではなく人との戦いに持っていったところです。これまで討鬼伝は影でモノノフとモノノフがというのはありましたが文字だけでしたし、基本は鬼を相手にというものだったので人同士が争うということにピンときていませんでした。それがあの時目の前でというのが凄く衝撃だったのです。あの時八雲はすぐに痴れ者を捕らえるように言い、すぐに捕まえました。それで更に険悪になることにはなってもまさか人同士の切り合いになるとは思わなかったのです。そもそも普通の人もたくさん住んでいますし、みんなモノノフであり、同士の切った張ったはご法度というのが頭にあったので。そのときに結果的に”外様”という立場、考えというのを物凄く意識したのでした。差があるところではこういうことなのかと。
 その後、八雲と共闘することになったりかぐや様が自らを守る結界を張って思いを告げてそしてそれに応えるように手を取るシーンへの変化がとてもよかったです。

 サムライを率いる頭ということで怖いものなしのように一見みえるものの、真鶴に対してはというのが少しかわいいです。一体どんな怖さを見たのか(笑)
 誤って尻を射抜かれたときに眼鏡を送った経緯など、もっともっとサムライ内での日常的なことを知りたい!! という思いは変わりません。ミタマも知りたいですしね! コミカライズで神無怒りのキャベルの千切りをひたすらむしゃむしゃしていたのも微笑ましかった思い出です。



tkdk7th5b.png

 2020/6/22
 7周年まであと5日となる本日のお題は【息吹、椿、凛音】です。
 見ての通り槍トリオです。実力者揃いですし、女性陣が特に色々な意味で強いですね。息吹は美女に囲まれて幸せだと思うのですが、尻に敷かれそうな面々でも…? いえ、彼の場合でしたらそれもご褒美ですねきっと!!


 まずは椿から話したいと思います。椿は驚きました、おんどりゃあああああ系だったんだ! ということに! 最初は真面目でおかたい優等生女子(でも真鶴とは方向性が違うタイプの)と、思っていたんです。喩えるならば、真鶴が風紀委員的+図書委員的な女子で、椿が学級委員長的な。しかし学級委員長は学級委員長でも熱血系のだったとは! という形でのギャップが楽しく、しかも常に元気で、自信たっぷりの様子も嫌味ではなく、神無とのやりとり、他の仲間たち、父親との関係もとにかく全力で元気というのが救いでもありました。特にマホロバは里内での辛いお話も多いので、椿の明るさは本当にいつも助けられた思い出があります。そんな椿が灯籠流しで見送る姿は余計に胸に迫るものがありました。いつだって感情が素直で豊かでそういうところが好きというモノノフの方も多いのではないでしょうか。人気投票も堂々の1位でしたし圧巻で凄いですよね、おめでとうございます!
 異界で「やっほー!」と言う姿も好きですし、同性同士での禊での百合っぽさがかわいい部分もいいですし、目標を公言し主席卒業ということも隠さずそれに驕らず努力もしてというのもかっこいいですし、大人になる前の少女っぽさという部分も好きです。

 椿はゲームでの動きも好きなのですが、コミカライズのも大好きなんですよ! あの豆まきの。自信満々で立ち向かい、神無と出会い、外様だからといってということは一切ないですし純粋にその強さや負けず嫌いゆえに立ち向かって、しかも最後は油断した所を勝利を勝ち取るというそういうところが椿のいいところと、凄くニヤニヤしながら読んでいました。今も読み返すとまさに同じ表情になります。

 これは勝手な妄想なのですが、いつか椿がお頭にという展開を考えることもありました。個人的には椿は今の鬼が優勢の中でのお頭というよりかは人が優勢の中でもっと輝くお頭タイプな気もすると思ったのです。しかし椿はまだ10代ですし、ここから更に色々なことを学んで変化があること間違いなしだと思いますし、将来どういうお頭になるのだろうかという妄想はこれからも止まらなさそうです。相馬みたく精鋭部隊の隊長というのも似合いそうですし、今後どのような道を歩んでいくのか気になります!



 凛音さまはとにかくもっと掘り下げを何卒!!!!! と、思いまくっているキャラクタの1人です。加入も終盤というのもあり、喋り方の変化などの部分もまだまだここからというところでお話が決着を迎えたというのもあり、あれもこれも知りたすぎるという部分が多いです。とにかく知りたい! という思いが止まらぬほど素敵なキャラクタです凛音さま!
 個人的に女性キャラクタでは短髪が好きでして、その上担当声優さんが小松由佳さんという完全にかっこいい美人キャラクタ確定ではないですかー! と、ビジュアル・声ともに動かずとも好きになること間違いなしと思ったのです。実際動いて喋ったら更にかっこよすぎて死ねるのですよ! ありがたいことです。

 まず登場ですが、焦らされるわけですよ…! まだかな? もうそろそろかな? と。それもこれもシラヌイの性質を考えれば頷けるものです。独立不羈の里であるということ、そして九葉・相馬という霊山から来た者がいること。凛音さまが発表されていて戦うというのが分かっている以上絶対援軍に来てくれるのは確定なのですが、それでもどうなのだろう…となる焦らし具合に見事にハマったわけです。そして成長した暦ちゃんが見事に連れてきてくれてあの初登場のムービー。満を持しての登場はあまりの凛々しさに何度見返しても射抜かれます。銀色に蒼い装備でかためられたシラヌイの頼もしきモノノフたち、最後に出てくるのは妖艶な美女で、この登場シーンだけでご飯何杯イケるか!!! 北の女狼めと言う相馬もよかったですし、女狼という単語が似合いすぎる凛音さまが大和殿かしら? と、お頭同士の挨拶を快くされている姿は熱かったです。あのシラヌイがお頭ごと動いたと、思うと凄いことですよね。それでもってお頭らしい堂々たる振る舞いと口調だけどもあの美貌に妖艶な身体にという、すべてど真ん中なんですよ! ひと目みただけで一生ついていきます! となれるカリスマパワーを感じる御方なのでした。
 それゆえにホオズキが援軍を要請していたときに攻撃されていて手が回せなかったときのことを考えると辛いです。ウタカタでの戦いを経てもうそういうことがなくなっていると信じたいです。

 お頭としての凛音さまも大好きですが、チンチロ大好き! というおちゃめな一面もという凛音さまも大好きです。大和が賭け事を禁止しているのを知っていて大会開いていますし、バレそうになって潮時かしらとなりつつも続けたり、富嶽を素っ裸にできるほどの勝負師でありお酒呑む姿がお似合いすぎですし、賭け事を全力で楽しんでいる姿が見ていて気持ちがいいです。
 
 それからやはりお姉様と呼ぶにふさわしい振る舞いの数々も大好きなんですよ! 支援したときの「いい子ね…」や、「期待通りの働きだ!」には犬のように尻尾ぶんぶん振るという表現がぴったりなくらい嬉しいですし、「いいぞ! 私に続け!」が聞けると、「一生ついていきます!!!!」となります。
 あとは何よりも年上の相馬に対しての「坊や」発言ですかね!!!! これがもう死ぬほど大好きで、凛音さまの台詞の中でも最も好きな台詞です凛音さまと相馬の関係がここで決まったなという感じもありますし、凛音さまなら大半の相手は「坊や」だなという感じしません!? いいぞ~~と荒ぶるのでした。アイドルの握手会ではないですが、凛音さまに坊やって言ってもらえる会とかあったら通いますよ!!!

 そんな凛々しくて美しくて強くてという凛音さまですが、秋水さんとのやりとりや、九葉さんとのやりとりはやはり一際印象に残っています。九葉さんの最後の切り札を救い、答えだと言う2人。北出身としての思いはあれど、それでも霊山と肩を並べて戦える日がくればと答える凛音さま。ウタカタでの共闘を経ての言葉だと思うととても熱いです。これがいつか本当に実現してほしいのですよね! 霊山に集結するウタカタ、シラヌイ、マホロバ、そして百鬼隊とか! 霊山でなくてもどこでもみんな大集合してそれぞれの力を合わせてという日がくるといいなと思っています。
 元近衛ということで八雲が気にかけていますし、八雲とも出会ってほしいですしね! 八雲が想像しているイメージとだいぶ異なると思いますがそのギャップ含めて出会ってほしすぎますし、凛音さまが八雲をどう思うのかも気になりますし、近衛時代のお話も聞きたいですし、北時代もシラヌイでの生活も気になりますし、結局のところとにかくもっと知りたい! に到着する凛音さま語りなのでした。



 最後は息吹です。討鬼伝シリーズでは1番好きなのが速鳥さん。次に好きなのが天狐さんと息吹なのです。息吹好きなんですよ、二枚目なのに三枚目路線なところもいいですし、でもやるときゃやる人間ですし、信念持っていて泥臭いかっこよさがあるキャラクタだと思っています。
 でも正直1番息吹が先輩として、年上としてという様子が分かるのはクイズバトルだったと思うんですよね! いやそれを本編で!!! 本編でDLC的にどうですか!? と、当時本気で思ったのでした。あれを知ってると知っていないではまた息吹に対しての感じ方が異なりそうな。発売当時の人気投票で息吹の票が少なめだったのですが、ファンの人とこれクイズバトルの本編でやってたら結果違ったんでは? と、話したのも覚えています。
 道化を演じていて大切なものを二度と失わないためにもそういったものを作らないように過ごしていて、それでも周囲の人に対しては絶対に命を失わせないように違反をしてでも生きて返すことを信条にして行動していて、他の人のことをよく見ていて面倒見もよくて、それでも心にずっと風が吹いていたなんてもともとがとんでもなくやさしくないとできないですよね。そうでなければ助けようとも、他者を気にかけることもないと思います。絶対に生きて返すという信条が達成できなかったとき、まず自分を責めるその姿がとても息吹らしいと思いました。そこで酒に逃げたというのも息吹らしくて好きなのです。時間があの時で止まってしまったんだなというのが分かりますし、それほど息吹にとって深く傷跡に残る出来事だったというのもよくよくと。まだまだ子どもだった自分のせいでよりによって最愛の人を亡くしてしまったという取り返しのつかない出来事から自暴自棄になっていたところを大和に救われたというエピソードも死ぬほど見たくてしょうがない部分です。
 そして夢患いにかからなかった部分はいろいろと考えさせられました。どれだけ深く思っていても心が凍えきってしまっていても分かっていたからこそかからなかったのではないか、とも思っています。未練もあり、大切に思っているという部分はずっと変わらなくても今を生きねばならない、あの頃には帰れないこと、守れるように生きていくという強い信条があるからこそ平気だったのかなと。酔生夢死と自虐のように言っていても、警鐘が聴こえればモノノフの顔に変わってしまう姿は大和に救われた時から色々考えて染み付いた生き方なのではないかと。正解は分かりません。ですが自分はそんな風に思いました。
 出撃しない、そう決めたはずなのに危機が迫っているのを聞けばすぐに反応してしまう息吹に、同情なんてせずに当然のことをまっすぐど真ん中にぶつける富嶽が凄くよかったですし、まさに息吹にとって1番必要なことを言ってくれるのが富嶽だったのだなと分かって熱かったです。他の誰が駆けつけてもこうはならなかっただろうと。しかも〆が「あばよ伊達男」という完璧すぎる去り方だったじゃないですか。来なかったらこれで最後だというあばよ、全然伊達男ではない行動に対しての皮肉にもなっていて痺れました。そこからの再起がすごくよかったですし、照れくささで後ろを向く姿にそこからは時計の針が動き出したかのようになっていく息吹の姿が大好きです。
 特に年下の速鳥に対してよく見ていたり出禁のときの面倒見る担当になっているような感じだったり、極の最初の秋水さんに1人で行くなとお兄さんらしさが垣間見えたりで、お、伊達男っぽいぞと思うものの依頼だと受難ばっかりで面白かったり、極の依頼は使われているっぽくて平気なのか!? と、心配するものの大団円だったり、人の良さが伝わるものが多くて好きですね。無類の女性好きのキャラクタですが異性の禊だとかわいい面が覗けたりと気のいい青年という言葉が似合うなぁとも思っています。

 そして中ツ国では珍しい金髪が地毛なのかそうでないのかも気になっている部分です。他に金髪ってグウェンくらいなので。
 あとはウタカタのジャンケン王ですが、あのジャンケンモーションと桜花からの鳩尾攻撃モーション等、そこだけの特別な動きが1番多いの息吹ですよね!? す、凄いぞ! 息吹愛されてるな~と思わずにはいられないのでした。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 秋実 | URL | sj93pB3o

    タマハミしすぎて元の姿に戻れないw

    マリさん、遅くなりましたがカウントダウン企画、
    本当に∞ありがとうございましたー!!!!

    企画段階ですでに素敵な時間になることは確定したも同然ですが、
    それに至るまでの準備や告知や声かけなども含め、本当にお疲れ様です☕
    毎年周年記念に何か楽しいことを考えてくださるマリさんへは、
    皆さん声に出さずとも心から感謝や信頼を寄せているものと思います。
    私もその一人ではあります、どうなるやらだった無事に任務も真っ当できて一安心でございましたw(もっと早く支度しなさい!!)

    日替わりキャラのチョイス理由もそれぞれで面白かったです!!
    やはり20日の「かわいい4人です」ですな!!もう最高ですわ~~~🙏
    速鳥くんの文量は…流石としか言いようがなかったです👍✨

    そして毎日更新されるイラスト群の数々には感情が追い付かずに
    今も毎日少しずつ消化している感じです、まだまだ楽しめます笑!!
    全通されてる方も本当に愛も技術もすさまじい…圧巻ですし、尊敬です✨
    勿論、文字やコスプレやつぶやきも一つずつmgmgしてます。
    こんな贅沢に舌鼓をうてる機会ないですからね!!
    本当に、芸達者なモノノフさんが多いので眼福でした~💕
    まだまだ続けて欲しいです🎶

    マリさんの集合絵も、もうこれ…なんとかグッズ化しませんか?!?!?!?
    買います!!!!
    めちゃめちゃ可愛くて癒されますし並びも個人的には滾るものがあるので…
    アアアアア愛!!!!(財布を取り出しつつ)

    いやもう箇所箇所で触れてますが、3的なものを期待したいですよな!!!!
    音沙汰ないのはいいのですが、せめて忘れないで欲しいと…
    我々ファンが声を絶やすわけにはいかんのですよっ!!
    …ってことで、私も私でフェスの方頑張りますw(もう考えてるw)

    わりとこういうイベントごとは、参加する人間も濃い層で固定されていますが、
    薄い層でも待ってるユーザはたくさんいるコンテンツだと思うのですよな。
    あとは広報とか認知度とか、こまごましたところの努力…頑張って欲しい…!!

    CD絵、「この方といえば!」もいいですが、逆パターンも見てみたいですね♪
    私もどうも秋水さんで期待されてるようですが…
    本音を言えば他の方の秋水さん絵が見たい…!!いや見たすぎる…!!!!
    たぶん推しを持ってる人はみんなそう思いますよなw
    来年は秋水さん以外を描いてみたいですねぇ…と言うのはタダ!!

    もう来年のことを考えちゃうのも、"楽しかったから"です💕
    本当に素敵すぎる幸せ企画を立ち上げてくださったマリさんには感謝です!!
    スタンディングオベーション👏👏👏
    今後とも鬼討ちファン筆頭としてのご活躍、楽しみにさせて頂きます♪

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    >秋実さん

     秋実さん、コメントありがとうございます。
     お忙しい中、両方にコメント頂けて大変嬉しいです! ありがとうございます!!!!

     なんだか恐れ多いお言葉頂いておりますが、むしろ自分が祝いたすぎて皆さんもやろうぜ!!!! という中島くんが野球を誘う感じで…というものなので、むしろこうして秋実さんをはじめとする皆さまがご協力して頂けるからこそなのです!!! いつも本当にありがとうございます。
     ですので声に出さずとも~はまるっとそのままお返しというか自分もそう思っておりますよと秋実さんにお伝えしたく!!!

     チョイス、かわいい4人で怒られなくてよかったです(笑)
     今回公式サイトに載っている人をメインにしたものの、明らかに偏ってもだなぁ…と、結構いろいろと混ぜてみたのですが杞憂にしか過ぎず、お! この方がこのキャラクタを!? 的なこともあったのでどのキャラクタも本当に愛されているなぁととても実感しました。
     速鳥さんはまだ書き忘れたところあるので悔しいです(笑)

     全通どころか自分だけの日あったら…と、ガクブルだったのですがこれまた杞憂で!!! 全通の方にはフォロー関係にない方もいらしたので凄く嬉しかったですね~!!! それだけこのタイトルが愛されているのだなぁと。フェスもそうですが、フォロー関係になくても企画に参加しやすい状況というのはとても良いことですよね! そこも励みになりました。
     絵もそうですし叫びや小説、コスプレ等凄すぎですよ皆さん!!! 秋実さんも手芸部の一員でもございますし凄すぎますよ!!! これからも皆さんの新作が楽しみですね~!!

     集合絵にもありがとうございます!!! 毎日絵を描くって大変ですね皆さんすごすぎです!
     個人的に秋水さんは2の博士や識などの研究&軍師系とお話してほしい思いがあってあの並びにしたのです! いつか会う展開あるって信じてますよ自分!!!!!
     そして秋実さんの秋水さんはやはり自分の中で格別感あるので拝見できてタマハミでしたが識もいかがです!!? 博士もそうですし!! 速鳥さんでもいいんですよ???(笑)同じく言うのはタダ精神!

     そうなんですよ!!! 楽しくて楽しくて!!!
     ネタが尽きた感はあるのですが、来年も何かやりたいですね! それもこれも世の中の状況次第にもなるので落ち着くといいですね~!!
     自分も来年のフェスも楽しみにしておりますよ~!!!! というか秋実さんこそですよファンのは!!! というか皆さんがファンの鑑過ぎて皆さままさにそれ!!! というのが討鬼伝のファンの好きなところでもあったりします。フフフフフ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)