仁王・仁王2 公式アートワークス感想

2020年07月05日

 ※上記画像はAmazonアソシエイトを利用しております

 6月27日(土)に、仁王・仁王2 公式アートワークスが発売されました。待望の仁王シリーズの設定画集ですね! 仁王シリーズでこういったものが出るということが嬉しいので、お布施も込めて購入しました。真っ先に開いたのは仁王の1番の推しである井伊直政のページでして、開いた瞬間血刀塚を築いたのでありました! 大好きです!!!!!!!!!!!!!!
 今までシリーズに出てきたキャラクタはもちろん、ステージのイメージグラフィックや細かな設定がある部分はそういったところも。装備の絵は小さめではありますがすべて掲載されておりますし、武器や素材等の説明文もすべて網羅されているので紙面でじっくり読みたいという人にもぴったりです。
 何よりも設定画集を読むのが好きという方、絵やコスプレ等の活動をされていて装備の詳細を知りたい方、仁王の世界をゲーム以外でも浸りたい方向けではないでしょうか。身長や体重等は記載されておりませんが、一部のキャラクタは年齢設定が記載されていたりも。それから、設定画集部分は3Dのみや設定画のみの妖怪もおりますし、人物では普段の和服姿は収録されていないという部分もありますので、そういったところは運ですかね。直政と鳥居殿の和服姿を紙面でも拝みたかった自分はいつかどこかで…と、思わずにはいられません。個人的に蛇目蝶ファンは特におすすめのアートワークスです。

 個人的にはボリューム等含めて大満足ですが、今後2のDLCが出た際にまたキャラクタなど増えると思うのでその分がいつか収録されたら嬉しいなとも思うのでした。なかなか難しいとは思いますが。DLCで直政を超える推しにもしも出会ったらこれは大変なことですよ(笑)


 以下、ネタバレなので追記に。一部のみ触れている感想です。





ビジュアル

 メインビジュアル等、使われたものがすべて掲載されている圧巻なページが続きます。仁王らしい渋くもありながらファンタジー要素もあるその世界観が見開きで拝めるというのは嬉しいです。
 そして今は亡き、コエテクカフェさんでのコースターの画像も掲載されていてとても嬉しかったのです! ウィリアムだけでなく肩に木霊ちゃんが乗っているんですよね! ずっと視えていたウィリアムだからこそという様子がとても良いですし、死にゲーだけど可愛さもあるというギャップが大好きです。

 P11の木霊ちゃんのテーマの部分は開く度に思わず顔が緩んでしまうくらいで! 特にすすきの中にいる木霊ちゃんトリオがかわいくてお気に入りです。やはり仁王に木霊ちゃんは必須の存在ですね。
 P12,13のTwitterで拝見することができた、販売本数や周年記念などのお祝い絵もしっかり収録されておりました。ウィリアムの真似している木霊ちゃんかわいいですよね! これはもう塚原卜伝ですわとしか言いようがないくらいです。それからすねこすりちゃんの背中に乗っているのがかわいくてかわいくて! これはゲームにも実装してほしいなぁと思ってしまいます。むしろ魑魅ちゃんも乗っていいんですよ? とか。歩いているとすねこすりちゃんに乗っかった魑魅ちゃんがどこからともなくやってきてはアイテムくれくれしてくれるとか!
 P18,19のPSStore特典のテーマは自分も所持しており、今もPS4はそのテーマやアイコンです。庵でくつろぐ姿だけでなく、寝ているすねこすりちゃんの愛らしさに大変和むのです。ゲーム内でも寝たりうろうろしてくれてもいいんですよ?! 
 そしてAmazonさんの特典テーマも凄く素敵ですね! かわいいです!! 特に中陰の間へすねこすりちゃんと歩いていく後ろ姿というのが味わい深く…。とても2の世界を感じます。

 こういったメインビジュアルでは直政がいないのは救いだったかもしれません。あったら一体どうなっていたことか(笑)


舞台

 各ステージだけでなく社やそのステージ内の設備等の設定があるところは掲載されているというのが嬉しい項目でした。
 しかし社の初期設定というかイメージ図を見て驚きましたよ! もともとすねこすりちゃんはというのは存じておりましたが、動いてくれるようになったのは嬉しいですね。そして存在感ありすぎる飛脚妖怪! 実装されていたらまず飛脚妖怪見つけたところでぶったまげると思いますし、あの足でシャカシャカ社へ向かっていく姿を見ると思うと凄いだろうなとしか…! その上社の回数制限設定に無くなってよかったーーーと、安堵したプレイヤーがここに。もしあったらクリアできていないですね間違いなく。日の本一の社壊しの兵くらいの二つ名できていたと思います。

 おにぎり屋さんではなくて鍛冶屋のラフ絵もあったのですが、これがまたドツボで!!! こういう雰囲気大好きですし、個人的にこういうのを拝見すると俄然オープンワールドで施設内をうろうろしたい気持ちでいっぱいでした。この鍛冶屋の雰囲気と作り込みをもっともっと細部まで味わいたい思いです。たまにムラマサがおにぎり食べててほしいですよ。この世界のムラマサはこしらえないのかもですが。

 ロンドン塔から2のラストまですべてのステージのビジュアルが収録されているので、見る度にトラウマが蘇るという美しさと恐怖が襲ってくるというなかなか新鮮な体験ができる本になっていますね!(笑)感想で触れていないですが佐和山城見た瞬間本閉じました(笑)
 早速臼杵から触れたいと思います。と言ってもここもかなり抜粋しての感想ですが。ロンドン塔を抜けてやっっと日本だー! と、わくわくして船から降りたらこのおどろおどろしさ! 全然気持ちが晴れない挙げ句、最初の雑魚の一撃で死ぬというザ・死にゲーという感じがむんむんなステージです。でも好きなんですよこのおどろおどろしさ。怖いはずなのになんか好きなのです。村長の家も入った瞬間、うわあ…になるのですが設定画もまさにそんな感じでこの世界の厳しさを改めて感じます。

 お次は厳島なのですが、これがまぁアートワークスで拝見するとただただ美麗な様子で、おや? 隆景殿が手入れしていた時代かな? と、思わず。ゲーム中での朽ち果てた様子や溺死しまくった苦い思い出や、開幕1秒で死んだ海坊主ビームなどの数々の思い出が思い出されない美しさです。凄いぞ厳島! さすが厳島!

 伊賀隠れ里は屏風のデザインがとてもかわいくて、このデザインの何かが欲しくなりました。風呂敷とかタオルとか。このデザインに更にお父上(カエル版)入れたのとか欲しいです! ふと思いましたが、倅半蔵はこの屏風見て育ったんですかね?

 そして読み進めていく内に、ということは江戸城もあるんですよね!? 紙面で大丈夫!!!? 飲みながらとかはまずいんでは!? と、少々緊張感を持ってめくったところ全然で安心しました(笑)主に城の外側が映っておりますし、最上部の1枚絵はまさにゲームでもという絵ですが、この絵からあの有様は想像できないこのギャップが好きです。

 DLCのステージももちろん掲載されており、遠野が美しいなぁと惚れ惚れしていたところでめくって冬の陣が出てきて心臓が止まりかけました……しかもなんというトラウマが蘇るような絵ですかーーー!!!!!! もう2度やりたくないステージNo.1です。2のDLCもこんな恐ろしいステージ出てくるのかどうか今から気が気でないですよ!!!

 2で1番お気に入りの場所は中陰の間です。しかしクリアした身ではもはや中陰の間に行く用事がないので、DLCで何か使い道が増えるのかどうか期待しております。行く用事はないですが、とにかく場所が美しい、風景も美しい、何もかもが良い場所なのでフォトモードでの撮影が1番楽しい場所です。そんな場所が紙面でもじっくりと眺められるのはありがたいです。

 鷺山のデザインの多さや細かさもお気に入りです。特にお札等の汚れの設定までもが細かくて、そういう意味合いでこういうことになっていたのかなどなど風景の1つ1つも意味があってというのが分かるのはより楽しくなりますね。フォト含めじっくり拝みたいです。

 中陰の間以外では墨俣の開始地点も大好きです! あの釣り場ですかね。和傘の朱色と木々の緑が凄く映えていて、それでいてあの透き通った川の様子とすべてが最高です。中陰の間に次ぐお気に入りスポットですが、あまりフォトは撮っておらず。撮らねば。木霊ちゃんが釣りをしていたりすねこすりちゃんが寝てたりというのが見てみたくなる場所です。

 ゲームで思わず見入ってしまったステージの1つに聚楽第もあるのですが、こちらは個人的にゲームを推します。あの庭園に飾りにデザインにと、でもゲームでやると常に死と隣り合わせでまともな精神状態でじっくり拝められないというのがあるのですが(笑)

 平等院のデザインも好きで、紙面で舐め回すように拝みました。特に酒呑童子とウィリアムでコンセプトアートの違いがあるというそういったこだわりがとても印象的でした。背景も少し異なりますが、なんと言っても台座の違いですかね。意味が分かるとよりグッときます。この平等院での出来事はDLCで触れられると思っているのでとても楽しみです。


人物

 人物は出てきた人全員掲載されているのでは? と、思ったのですがもしかしたら竜之進と竜之丞いないんでは!!!!? 気づいてしまったのです…本当に何度読み返しても彼らがいないことに…! むしろ設定を1番見聞きしたかった人たちが…!!!!

 というわけでウィリアムからです。初期設定の頃よりも更にサムライ度が上がっているのが今のウィリアムでしょうか。髪を結うだけでも全然違うのですね。

 その次に半蔵父子なのですがこれがもう最高すぎて血刀塚をどれほど築いたか!!! やっぱり父子で並ぶと親子だな~ってより思いますね! 親父殿が親父殿っぽいですし、倅が倅っぽいのが。絶妙な違いが素晴らしすぎると、見ていて幸せなページです。その上、お互い赤色を取り入れていますが、父子で色が異なっているそのこだわりにも感激でした。より渋さ、ダンディさを感じる色合いが親父殿なのだなと。それから親父殿は煙管をカエルのときと合わせているという様子も分かってとても嬉しかったのですが、確かゲームで吹かしている様子なかったですよね!? ムービーで見てみたかったです。
 猫時計殿も初期から模様が変わっているんですね! 今の猫時計殿がおいくつなのか気になりつつ…今の猫時計殿の設定がまるで載っていないことにも気付いてしまって衝撃ですよ!!!! 何卒!!! 何かで!!!!
 猫又の装備の違いはどれもかわいいので、むしろ猫又の装備も作らせてくださいと思ってしまうのでした。討鬼伝で言う天狐さん的な。

 お勝の初期案からの変化にも驚いたのですが、その初期案の下に掲載されているお勝のビジュアルがすんごい好みなんですよ!!! この中性的な美少年っぽさがたまりません。森蘭丸と名付けたくなりました。これはイケメンですわ…主人公ですわ。

 メイン級のキャラクタからめくったページに出てきたのが長政だったので和みました。好きですよ長政。憎めなさが。勢いよく飛び込んでいく割に鬼のようなミッションばかりというの含めて。そしてそんな長政のお父ちゃんである官兵衛ですが、初期案は好々爺っぽかったんですね! 今の底知れぬ官兵衛殿は半兵衛とどういう会話をしたのか気になります。

 仁王の立花夫妻が好きな自分は夫婦で並んでいる設定も拝めたのが嬉しかったです。そして誾千代やっぱりかわいいですね~! 凛々しさある美女です。しかし髪をおろした姿は拝めますが、初めてウィリアムと対面したときのあのお着物の姿は掲載されていないので残念でした。
 宗茂は素顔が割と現代に近い二枚目なんですね。初期とそれほど変わらないというのも印象に残っています。そしてこの立花夫妻の装備が好きなんですよ自分! デザイン大好きです。赤鬼の次に愛用していたと思います。

 鳥居殿は朱雀のどちらの姿と一緒かな~と楽しみにしていたところ、ちゅんちゅん状態で一緒だったのでコロンビアポーズでした!!! やはり鳥居殿といえば雀姿と一緒にやいのやいの言っているお姿が可愛い上に至高ですのでね!!! いやでももちろんあの最期のお背中は別格ですが!!!! そんな鳥居殿ですが、初期案の頑固爺さんっぷりにびっくりです。今の鳥居殿のお顔になって個人的には凄くよかったなと。それにしてもやっぱりかっこいいですね、鳥居殿。見る度にあのムービーを思い出して泣きそうになりますが。

 そして大本命直政ですよ!!!!!!!!!!!!! ああああああああああああああああああああああああああ本当に格好いいです!!!!!!!!! このド真面目な上な美男子かつ福山潤さんのお声とか血刀塚で染め上げたる!!!! ってなものですね。最高に美しいです。
 焔虎と、兜なしのお姿で揃ってどーんと映っているのがそれはもう最大のご褒美で夏のボーナスという感じなのです。ありがとう仁王! ありがとう選んでくださったスタッフさま!!!
 というわけで叫びながら血走った目で拝んでいたわけですが、なんと年齢設定書かれているではないですかーー!!! いくつの設定なんだろうなぁと思っていたらの!!!! 大好きです!!!! 何歳でもそうなんですけど!!! 年齢が載っているキャラクタとそうでないキャラクタがいるのでそういうのも面白いですね。また、初期設定と大きな違いはないものの前髪のあるなしでこうも変わるのか!!! と、衝撃でした。今のお姿にしてくださったスタッフさんに感謝を!!!!! その他古傷だったりくせっ毛についてだったりやや釣り眼という設定だったりと美味しかったです。絵を描きたい欲が出ましたが果たして…? そして1番好きな和服姿が載っていないのがーーーーーーーー!!!!!!

 少し飛びまして、雑賀孫一父子です。サンプルであがっていたのが孫一で、自分のTLの孫一ファンの方々を一撃必殺しにかかっているなとしか思えなかったこの父子の並びですが、実物を目にするととんでもないですねやはり。それぞれ見ているときよりも、揃ってとなると半蔵父子と同じくすんごく父子感出ますよね! お父ちゃんはアダルティな中に渋さが勝っていたり、倅の方は色気が凄まじすぎてやばいというのだったり。奥二重だったんだ倅…という発見や、3Dの動きと加瀬さんのお声が入るといい意味でとんでもないことになるという恐ろしさやとにかく雑賀孫一族やばいとしか書けないです。
 そして初期案も掲載されていたので見たのですが、段蔵風だったんですね! 確かに段蔵の今もニヒルな感じと色気があるなぁと思っていたのですが。ここから今の孫一への変化が大きすぎて一体何をどうしたらこうなったんだろうという経過も気になるのでした。

 守護霊もすべての守護霊が載っているのですが、福ちゃんの初期案と一緒にいた守護霊はどういうものだったのか気になりました。そしてどの守護霊もかわいくて目の保養なのですが、蛇目蝶の気合いの入れ具合どうしたんですかね!? 凄すぎません!!? 個人的に主人公等もぶち抜いて1番細かい掲載率では!? と、思っております。蛇目蝶ファンの方は特に買いだと思っています。

 濃姫のところではC案が大好きすぎてこの濃姫様も見てみたかった! と、思わず。蝶々の飾りもかわいいですし、メッシュカラーの入り方も個人的に1番好きなのがC案で、次にB案が好きなのでした。しかし信長様の奥方と思うと現在のお姿が1番貫禄出ているのだろうなとも思ったのでした。
 そして信長様ですが設定画からしてイケメン過ぎてぶっ倒れるかと思いました。2で1番イケメンと思っているのが若信長様です(1番美人は天海として再会したときの光秀、1番美青年は半兵衛と思っている人間)まさにイケメン・二枚目という言葉がぴったりすぎて!!! 若様のときの背面マントありのお姿も素敵すぎですし、壮年なお姿も素敵ですしやはりコエテクさんの信長様は安定しておりますね。
 そしてCV表記にシブサワ・コウ氏のお名前もしっかり記載されていたのも印象的です。

 仁王シリーズの女性キャラクタで1番好きなのがトメちゃんなので、トメちゃんの笑顔がたくさん見られることができてとても嬉しかったです! かわいいですトメちゃん!!!!
 初期設定の頃の男性のフリをした~という設定からのお姿もあって驚きました。そういう設定あったんですね! そこから今のかわいいトメちゃんになったというその途中も気になるのですが、とにかく色々なトメちゃんが拝めたのがよかったです。2でトヨちゃんとトメちゃんで出陣もしてみたかったですね。キャラクリで作れということかもですが。

 ケリーの項目は初期案の怖さで採用されなくてよかったーと(笑)あの怖さで登場だったら毎度チビってましたねよかったよかった。そしてパンツの設定まであるのに驚きました。ケリーのパンツ姿を描くことは一生ないと思うのですが、もしあったら参考にします。

 長政と同じく憎めないキャラクタで気に入っている重長も楽しみにしていたのですが、彼は1Pのみでしたね…! それでもぎっしり詰まっている設定で嬉しかったです。設定にしっかりと小早川を魅了した色男っぽさというのも組まれていて、同じ美男子設定を持つ直政とはベクトルが異なっているというのも印象的です。重長は動き含めてかわいいですよね!

 2の始まりは秀の字からでした。デフォルト秀の字がどーんと載っているので、お好きな方は拝み倒しているのだろうなと様子がありありと浮かびます。それにしても全然気付かなかったのが、CV担当に小林大紀さんがいらっしゃったことなんですよね。小林さん、とてもかわいい女性キャラクタボイスもできる御方なので、どの秀の字(男)ボイスだー!? と、探す楽しみができました。もしかしたら使っているボイスかもですし。
 妖怪化の姿も1Pずつしっかり掲載されていて嬉しいです。特に幻の姿大好きなんですよ。あの嘴に羽のような装飾に。しかし幻も全然使いこなせない自分には…というジレンマが! 頑張れ自分!

 無明の初期設定も全然違っていて驚きです! 今の波瑠さんのお姿が断然好みですね。初期設定はどちらかと言えば誾千代風だったのだなぁと。

 おまたせしました、竹中半兵衛殿のページ! ということでこれまた穴が開くほど見入っていたのですが、あの口布の絵ずるくありません!!!? こんなの即死じゃないですか…一体何人を塚にさせる気ですか半兵衛殿!!!! やったー!!!!! と、無事に塚を築きまくりました。設定のためとはいえあんなすけすけ…。半兵衛ファンの方と、本願寺は雨だから透けててもおかしくないですよ! むしろチーニンさんは汗で透けるDOAがあるのになぜ半兵衛の口布は無事云々喚いていたのですが、まさかアートワークスで拝めるとは……。心の準備をしていなかったので一撃必殺でした。
 それにしても美少女っぷり凄いですね半兵衛殿。絵でお顔が載っておりますが、中性さと知性の溢れんばかりの雰囲気にと完璧すぎではございませぬか! 装備も大好きで一式で遊んでいることが多いですが、その詳細も分かりますし、着物姿も素敵ですしむしろその姿でも出撃したい思いでいっぱいですし、大変満腹なページでした。

 丸目先生など修行場の皆々様も掲載されております。十勇士やモブ兵もしっかり載っています。竜之丞親子は載っていないですけども!
 話を戻しまして。やっぱり晴明は3Dで突然のむちむち感なんだよなぁ絵ではやっぱりシュッとしてるんだよなぁ多分DLCで出ると思っているけどもむちむち感満載で出るのかどうなのか…と一息で思いました。
 そして狩衣OFFの状態ですと朱色と紫という超ド派手な格好になるというこのギャップも良いです。狩衣合わせたときの色のバランス凄いですね。さすがデザイナーさん。


妖怪

 妖怪も一通り掲載されておりますが、3D1枚のみ、設定が1枚のみ詳細ありと妖怪によってさまざまです。一反木綿や飛縁魔や火車とかの設定の細かさ凄いですよね!? 蛇目蝶でも思ったのですが女性型の守護霊や妖怪の詳細が特に凄いアートワークスです。烏天狗大先生がなんと3D1枚のみというのが少し寂しかったです。

 木霊ちゃんからスタートということでやはりウィリアムの真似をしている姿等は実装してほしいです!!! 迷子になっているけども枝をぶんぶん振って素振りしている木霊ちゃんがいたりとか…。
 すねこすりちゃんの設定画も最高だったのですが、3番の左がめちゃくちゃかわいいですね!!!! もろに猫という、逆立てキャット状態なすねこすりちゃんもかわいいです。
 魑魅ちゃんは3Dのみでしたが、あのビッグ魑魅ちゃんが生まれた経緯とか知りたかったですね。

 次のページをめくったら敷次郎の細かさに仰天でした。凄い、木霊ちゃんたちよりもめちゃくちゃ細かく載っている!!!! これは敷次郎を描けというお告げですか!? となるほど細かく載っておりました。さすが敷次郎!
 
 設定画を拝見して、うえええええ実はこうだったんだ怖すぎる!!! となったのが怨霊鬼と唐傘お化けです。怨霊鬼たん、身体中にあんなにお顔あったんですね…唐傘お化けの口いっぱいの様子は鳥肌立ちました。よかったですよよく見えなくって…。あと蜘蛛のビジュアルがシダ植物等が苦手な自分に即死でした(笑)普通の蜘蛛なら平気なんですけど…。
 こういう発見が面白いですね! たたりもっけの顔の模様の設定にはただただ凄い!!!! となりましたし、鉄鼠は設定画があまりにも渋すぎてこの鉄鼠はガス出さないし動きもちょこまかしないしきっと義輝様の動きのような感じで攻撃してくるとしか思えない…という風になるのも楽しかったです。いや~この鉄鼠は痺れますわ。渋い…。


図鑑

 全部説明付きなのが嬉しいです! ゲーム中にも読みますが、紙でじっくり読めるというのがこういった設定集の醍醐味でもあるなと思っているので。
 個人的にムジナの首巻が好きです。墨俣にいるムジナだったらあげると渡してくれるかもしれないですね、想像しては和むのでした。いやむしろ仲良くなったウィリアムか秀の字がムジナにあげて…というパターンも最高ですが!!!


 というわけで大変堪能したアートワークスでした。
 何よりも仁王シリーズでこういった本が出るということが嬉しく、是非続いて欲しいと思っているので今後もこういった展開があったら嬉しいです。今月末のDLCの続報も待ち遠しいですね!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)