仁王2 プレイ日記24

2020年08月10日

510nioh2.jpg

netabare.jpg

 牛若戦記の全ミッションをクリアしました。
 短いながらも義経や謎の…方など凄くよい描かれ方でよかったです。どういう描かれ方をしてどう終わるのだろうかとドキドキわくわく状態でしたが、こういう描かれ方か! と、じんわりと浸れる余韻がとてもよかったなと思いました。そして次への続け方というのもとてもよくて、秋まで待てないくらい楽しみです! 予告的なものであの人確定しましたしね!!!!!!
 個人的には穏やかで、でも強く、人情に厚い義経の描かれ方がとても好みでした。もっともっと見てみたい気持ちもあるのですが、意外とこのくらいだからこそというのもあるのかもしれないなとも思っています。あまり平安時代を主としたものに触れてこなかったというのもありますが、この義経を始めとする関わるキャラクタの描かれ方が好みだったのですよ! こういう魅せ方もあるのか! と。人と妖が関わるこの仁王2の世界観だからこその描かれ方がとても魅力的でした。
 前作でもDLC第1弾の伊達家の描かれ方が、こういう路線もあるのか~! と、気が抜けない面白さというのを感じたのですが、今作でもやはりDLCでそのキャラクタの仁王ならではの描き方が凄くハマっているので嬉しいです。

 しかし前作のDLCは第2弾の冬の陣で最大のトラウマを作ったステージという印象が強く、今から第2弾もビクビクしております(笑)
 冬の陣とかやってる最中から、「もう二度とやんねーーーーー」と叫びというか吠えながらだったので今作の第2弾は少し穏やかだといいな~と……(笑)

 
 早速さらなるパッチの配信がありました。取れない場所に落ちるアイテムも解消され、人妖相克の果ての進行不具合も修正されたようでこれで安心して再び挑めます! よかったです!!
 しかしトロコンは修羅でクリアなので自分にクリアできるとは思えませんが、やれるところまでやってみたいと思います。まずはあやかしの途中からを頑張れよレベルなんですけども…(遠い目)

 そうですそうです、あと今作のサブミッションは分岐があるものも結構あるのが凄く好きなのです。DLCでもありましたし、次もその次でもそういったサブミッションがあったら嬉しいなと思っています。


 以下、ネタバレなので追記に。流血表現注意。
 メインミッション:
 サブミッション:轟く平曲、桜下の奇緑、霊石の虜囚、付喪の武僧、白刃を越えて、
 修行ミッション:





511nioh2.jpg

511nioh2no2.jpg

 フォトコンのボツにしているフォトです。タイトル「冬の音」(2枚とも)
 秀の字の方で笛の方を投稿したのでこちらはボツにしました。2の推しは今の所安倍晴明かな~と思っているのですが、DLCの続きでお顔が更にブラッシュアップされるのではー!? なんて期待もしているのでボツに。
 それにしてもこの場所が最高に好みのフォトスポットなんですよ!!!! なんにもいじらなくてもこの色合い。自分の中の完全などストライクなのです。この場所で何枚も撮っているのですが、さて応募するのはどのフォトになるのか…。


サブミッション:轟く平曲

 白澤からの依頼でした。今や無人となった屋島の海辺ですが、怪しげな楽器の音色が鳴り響くとのこと。調べに行ってもらえぬかの? と、言われますがミッション名が「平曲」ですよ。平家物語ではないですか。これ20000000%平家の方々出てきますよね? 出てこなかったら逆にびっくりなくらいですよね!?
 まぁ道中で平家の人々が襲ってくるんだろ…くらいの軽いノリで行ったらボッコボコにされて笑いました。さすが仁王シリーズ。推奨レベルよりうんとレベルの高い秀の字で突撃しているのに一体何度落命したか!!!!! 己のPSを嘆け!!!!!

512nioh2.jpg

 数ある義刃塚の中でもお猪口の要求数が高めの方々をお連れし挑むも、こんなに連戦あるんかい!!!!! と、ツッコミ甲斐のある人数でござんした。
 平家側の屍狂いの方々が妖怪引き連れて突撃してくるのですが、教養のない自分には誰が誰だか分からず…。最初の方は誰で、倅に先立たれたという方は誰で兄上の助太刀にきた方は誰でボス以外誰なんですかー!!!? という状態でした。
 この連戦のこなくそーーーーとなったところは、時間差で敵が増えるところなんですよね。すけびとさんを義刃塚で呼んでいるので分散できるのですが意外と早く沈むことも多く、こっちの敵からの攻撃を避けたと思ったら死角から別の攻撃が飛んできてさよならbye byeで脳内に馬渡松子さんの歌声が響くそんな展開ばかりだったので微笑みの爆弾を投げたくなりました。
 というわけであの連戦はどれが誰だよというのを分かる方は是非教えて頂きたいです!

 そして連戦に耐えたあとは再び平景清殿でした。「貴様、なぜ幾度も我らを……!」という台詞を開幕で言われますが、こちらも恨みがあるわけではなくてたまたま呼び出されているのがあなた方で、屍狂いとなれば倒さねばというだけなんですよ!!!! というのが辛いところですね。しかしここまでかなり全力で戦っているので、倒したあとに「達成」が出なかったときの絶望感と言ったら!! まさかこの連戦のあとで更に戦うんですか!? どんだけ鬼なんですかこのミッション!!!!!! と、やけくそで進んだら正体がいました。なるほど、あなたが呼んでたんですねあの方々…。船内ライブしてたんですね、ソーシャルディスタンス保った感じの……。そういえばそもそも琵琶法師も…と、色々思ったところで達成の文字が見えて一安心でした。これで安らかに眠れることを信じてます!
 それにしても琵琶法師がいれば色々な時代のライブできますね。平安時代、戦国初期、中期、後期などなど。今夏ですし、サマ○ニ的な。サマ○ニオウとか……。


サブミッション:桜下の奇緑

 再び桜ミッションです。今作は桜で始まり桜で終わるというイメージですが、途中でも桜ということで強いです。それでもって桜の美しさに人が当然のように惹かれるものの、あやかし巣食う場所でもあるので万人が愛でられる場所へとするべく出撃するのでした。
 ロード中は源氏物語や平家物語などに触れられているのがさすが平安時代と感じますね。にしても桜ですよ。十三桜ですよ。牛じゃないですか…また牛が待っているのか…!? 今では牛から逃げる秀の字ではないですよ! むしろ牛に真正面から突撃するレベルですよ!!!! 牛から逃げない!!!!

 しかし開始地点がすでに牛よりも馬の近くという場所だったのでここでは牛は出ないだろうと思いながら進めばまた連続戦闘ですよ…さっきもだったんですけど…でも前作の終盤のサブミッションよりはマシですね。
 鬼猟鬼もさっさと倒していつも鍵ができる場所に向かいます。ここでもやはり連戦で、どいつもこいつも平安無双ってタイトルでもついてるんですかー!? こっちがやられる側ですか!!! と言いたくなりますね! 最後は烏天狗殿が出てきて、いつも通り華麗に無双してくるのでした。呂布を相手にする雑魚の気持ちを味わえますね! いえ、戦国時代絡みなので本多忠勝を相手にする雑魚の気持ちで!!! そんな気持ちは味わえなくていいんですよああああ!!!!!!! となりながら勝てました。鍵も得られましたよ。

513nioh2.jpg

 歌が聞こえてきました。願わくば~と始まると、我に七難八苦を与えたまえになるのが毛利脳というか中国脳と言えばいいのか。兎にも角にもこの歌なんだっけか~とググったところで西行の歌と分かって納得でした。そういえば西行の歌3つくらいアイテムでありましたもんね。
 その後、馬の待っている場所で待っていたのは河童等でここに来て初めて尻子玉抜かれました。すまぬ秀の字!!!!! 尻子玉抜かれるのは倅半蔵が最も似合うイメージなのですが、そういえば安倍晴明でも抜かれる反応あるのか!? と、ドキドキになってきました。見たくない気持ちが高いのですが1度見てみたい気も(笑)

514nioh2.jpg

 ぬっぺふほふやら化け蟹やらを倒してやっと終わった!!!! となれば桜の木にいたのは藤吉郎…ではなくて西行でした。すぐに長い旅と見抜くのが凄すぎません!? さすが西行…。
 そしてクリア後の白澤先生の台詞がとてもよかったです。さすがの白澤先生、西行の歌もご存知で。そしてあの歌札の数々がこのミッションにつながったんですね! 偶然ではないキーアイテムだったんですね。
 それにしてもこの山、実に末永く桜の名所である場所になっているのが本編で分かるという作りが嬉しいですね。あやかしの名所でもあるかもなんですが(笑)


サブミッション:霊石の虜囚

 平泉に新たな戦が起きてしまったようです。藤原氏と源氏間での霊石を巡っての争いということで、霊石はいつの時代でも恐ろしく。ミッション名でも虜囚と出てしまっておりますし、もはや霊石は魔性…。霊石使わずとも魔性な小少将ちゃんもいるぞ! みんなそっちの虜に!!! となる小少将ちゃんファンでした。

 というわけで見慣れた道を進むと誰かが戦ってました。そもそも妖怪複数相手にここまで持ちこたえている超人ですよ。見た目は渋いお方ですが侮れません。自分が操作する秀の字とか下手すりゃ3秒持ちませんしね! そんなこんなで奥州にこれほどあやかしが増えているとは…となった御仁についていくことになりました。謎のサムライと出てきたので一瞬ウィリアムっぽさ感じます。

515nioh2.jpg

 仁王シリーズの渋い御仁は全員とてもイカすというイメージなのですが、例にもれずこの謎のサムライ殿もイカした御仁でございました。
 今回は逆走ということもあって、最終地点があの洞窟になります。一歩踏み入れれば霊石まみれ! まさに宝の山! 銀山! 石見銀山! 毛利!!!!!! という連想ゲームが始まる己の脳内ですが全然毛利は関係がありません…。
 霊石たっぷりの隠し金山を見ては、やはり好かぬとすかさず答える御仁がさすがですね。これを利用して覇者になると考えるか、隠すべきかとなるのか。どういう道になるかも見ていて気になるシリーズです。

 常闇の一本だたらで死にそうになりつつもなんとか凌いだあとは連戦が待っていました。連戦多いですね、DLC! 今作はまだマシな連戦ですけども修羅のこのミッションとか考えたくないですね。ただでさえぬっぺふほふ苦手なのにこれ以上攻撃力上がったぬっぺふほふとか考えたくないです!!!!!! しかし動きまくれて攻撃力も高い超有能な妖怪ですよ、己の体型的にも目指すべきはここなのかもしれません(遠い目)
 なんて思っていたら、最後倒したあと霊石を食べてでも守り…という輩が「美味いなぁ」と妖怪化していく様子が出ていてぞわっとしたのと、これはまるで自分…となるのでした(笑)いやでも霊石って石ですし見るからに歯が折れそうなんですけど意外とバリバリ食べれるものなんでしょうかね? どういう味なのか気になってきましたよ…フラグ……。

516nioh2.jpg

 アッーーーーー!!!! 謎のサムライ殿、伊達家だったんですねこれは絶対前作とかけているでしょーーーう! しかも分霊青龍ですし!!!!
 しかし残念ながら伊達家にも疎すぎる自分は朝宗殿がどの程度の先祖に当たるのか分からずググりました。大変失礼致しました。伊達家の初代当主様であられたのですね! 前作を考えるとやはり第1弾でしかも東北でと思うと伊達家ファン荒ぶりのミッションですね!!!
 にしてもここで初めて前作の政宗殿が17代で、実は9代目も同名であったというのを知るのでした。周囲に伊達家ファンの方が多いので、世の中落ち着いてまた直でお話できる機会があれば話したいものです。

 そういえばここのミッション達成で猫又が達成時の台詞を言ってくれますが、ここ奥州で隆盛を誇ることになると未来の話を言ってくれますね。実際にこの目で見てきたというのもあると思いますが、この朝宗の気概と政宗の野心というのもそれぞれ味わえるとか仁王美味しすぎでは!!? 毛利も!!! 毛利もいつか何かで何卒!!!!!!(血涙)仁王だけでなく下天や戦国無双でもなんでも!!!


サブミッション:付喪の武僧

 弁慶から直々の依頼のタイマンミッションです。中陰の間でも話した通りなので、受けて立とうではないですか。しかもそのタイマンの地が美しい花畑というのもとてもいいですね。この場所、フォトスポットになっていてたくさんの方が投稿されておりますよね。例にもれず自分も投稿したのでした。
 さて、白澤先生の台詞で始まるのですがミッション名の付喪と九十九がかかってるんですねなるほどとなりながらスタートです。

517nioh2.jpg

 弁慶と義経のやりとりやあのメインミッションの怒りを見れば分かる通りの絆ですが、牛若呼びというのだけでも十二分に伝わりますね。あやかしと人、半妖のそれぞれの絆を感じられる2のお話が好きです。このテーマ的なものはやはり第2弾や第3弾も見られるのでしょうかね、楽しみです。
 というわけで無事に1度で勝利できました。レベル差ありますしね! 果たして修羅で超えられる日がくるのか…!?


 そして達成後ですが、それでも成仏はできぬというあたりの忠臣っぷりが染みます。

518nioh2.jpg

 そんな弁慶の頼みもあって義経もここに来てくれました。この空間だけ浄化されている気がしますね…下におりるとアレというかウヒョヒョ空間なので……(笑)
 さてさて、あのあと義経はどうしたのかと思いきややはり兄上がというのは変わらずだったようで。しかし兄上がというよりもその陰に潜む闇にまで辿り着いていたというのがさすがです。そして祓うためにはその始まりにまで遡らねばならぬと。これを秀の字がやるというのがDLCなんですね。義経の力が秀の字の力にもなり、それで始まりへと思うと胸が熱いです。なのでDLCで確定であろう安倍晴明に扮して撮影してきました。河西健吾さんが更に喋ってくれるはず!!!! というのも期待しております!!!!
 というので話が終わるわけもなく、再び義経戦でした。


サブミッション:白刃を越えて

 メインミッションでも苦戦した義経とのタイマンということでおっかなびっくりでした。タイマンはすけびとさん呼べませんし…。まれびとはOKなんですかね?
 さて、選んだ場所は鞍馬山というのが義経らしいです。最初からあの姿で全身全霊にて参る! と、言われてしまい晴明の格好で来ている己はビビっておりました。戦っている最中はフォトモードを起動する余裕はなく、台詞をスクショするので精一杯なので全然まともなフォトはなく。しかし追い詰められて尚、「はは、この胸の高鳴り……悪くない!」と爽やかに言える辺りが凄すぎです。肝が据わるというのを遥かに超えてますね。

519nioh2.jpg

 無事に1度で勝ててホッとしました。今回も常闇に入ると灯籠の上に乗るというのがあるのですが、そこで攻撃を何度か当てると落下というのは変わらないようですね。橋よりも難しかった気がしますが落とせました。これはここで落としてもあのトロフィーもらえるんですかね?
 というわけで無事に勝利なのですが、心中の霞を晴らすようだというのを聞くにやはり色々と思う所があったからこそ中陰の間にも来てくれてだったんだなぁと思わずにはいられません。兄のことを心配していた義経がその陰に迫るものの…というお話を思うと辛いものはありますが、それはまた秀の字に託して、そして自身はただ無心で刃を交えて悔いなく旅立てる後押しができていたらとても嬉しいことですね。


 中陰の間へ行けば弁慶も義経も旅立っていたあとでした。またカオス空間に戻ってしまった…(笑)という思いもあるのですが、台詞を聞けば一気にシリアスモードへ。どこまでも、お前と共に…と言う弁慶と義経の間柄には涙腺が…でしたし、秀の字宛に残してくれた台詞もとてもよかったです。

520nioh2.jpg

 悔いなしと思ってくれたなら何よりです。
 しかしここで気になることが1つ。ここで義経は短き旅路って言ってるのです。これは義経自身のことを言っていると思っています。ですがその前の白刃のミッションでは長い旅路と言っているのですよね。最初に白刃をやったというかやらないとお別れにならないのでやらざるを得ないのですが、この時長い旅路というのは義経自身のことを言っていると思っていたんです。でも短き旅路と言っているということは、あの時長いと言っていたのは秀の字のことで後世からやってきてさらに始まりまで遡ってというのを感じていたからなのかな? と。
 義経にとっての旅を締めくくるに相応しきその技をとくと見せて欲しいと思っていたのが、秀の字ならば潜む闇を締めくくれると思っていてだからこその長い旅路でありそれらができる相応しきその技と思うのでは印象が異なるなぁと面白かったです。
 これの正解は分かりません。なので色々と妄想できるというのもあり。どう思った方が多かったか気になるところの1つです。

521nioh2.jpg

 そしてこのミッションもクリアしたということで、牛若戦記の全ミッションが終わりました。全ミッションクリアでトロフィーが貰えたはず…と、思っていてもいつまで経っても取得できず。あれ!? 不具合!? なんて思いながら2つの場所を虱潰しに見るもどこにもやっていないミッションはなく。ええええええ…一体なんで!? と、焦っていると1つだけ完全に背景の地図と同化しているサブミッションを発見したのです!!! これかーーーー!!! と(笑)


サブミッション:源氏の忠臣

 というわけで同化していて全然見つからなかったミッションはこちらでした。義経の家来があやかし退治の加勢を求めているようです。一体誰だ? と、思ってみればこの人でした。

522nioh2.jpg

 梶原景時さんです。疎い自分は、遙かなる時の中での攻略対象の人だ! 確かCV井上和彦さんだ! でも仁王2では井上さんは信長様だ! という知識しかなく。義経の家臣だったのか~レベルなので新鮮でした。那須与一も出てきてくれましたし、主だった方はこうしてNPCで動いて喋ってくれるのが嬉しいです。少し話がそれますが、平安時代なので在原業平が仁王で見てみたいなと思ってます。どういった造形になるのかなと外見も中身も気になるのですよ。

 という個人的な話はさておき、梶原景時が一緒に来てくれるので道中は気が楽です。基本2人で動けるというのは大きいですよね! それでもなんかこっちばっかり狙い撃ちのときもあるのですが、それはそれでまた面白く…って言えるのもこの難易度だからですけどね! 難易度上げたら奇声を発するだけになるだけで!

523nioh2.jpg

 しかし常闇のところは妖怪がわっさわっさといるのでおびき寄せて1体ずつ仕留めて…と思うも景時さんが突撃していって全員こっちにやってきて一網打尽にされたりとそういう難しさが(笑)それでも1人よりマシだ~! と頑張って常闇を晴らしたらなんか不穏な台詞が…。
 青目!? 青目って義経のことじゃないですか。義経の家臣なのに義経を生かしてはおけんって追い詰めたの景時さんだったんか!? と、びっくりです。それとも何か聞き間違いか…? と、物凄く疑心暗鬼にかられながら最終地点を目指すと。最後に河童が。さくっと倒すもそういえば景時さんここまで戦ってくれたのになんで河童は一緒に戦ってくれないんだ? と思っていたらめちゃくちゃおかしなこと言うではないですか。

524nioh2.jpg

525nioh2.jpg

 しょせんはあやかし!!? この人義経が半妖だって知っててこう言うか!? おかしくない…? なんか変だこれ…と、思いながら聞いていれば「義経様にはご内密に……」なんて白々しいこと言うではないですか。
 なんなんだこの人、そしてこのミッション……と、トロフィーが取れたのは嬉しいですが物凄く違和感もりもりのミッションでした。一体何がしたかったミッションなんだろう…と、猫又の台詞を読んだらどうやら大変なことをしでかしたと!!!!! あの猫又殿が「何か大きなものを見逃してはおるまいな?」と言ってますよ。これ絶対分岐があってバッドエンド選んだ側では!!?
 でも分岐ってどこだ…? と、スクショを見返していたらなんと最後の河童の目が青じゃないですか!!!!

526nioh2.jpg

 スクショですと小さいのですが目が青いですよね!? つまり青目を生かしてはおけんってのはこの河童で、あやかし退治ってのはそもそも怪しまれることなく河童を仕留めるための壮大な罠だったんでは!!!? と、思い込んでからは即行でやり直しました。
 最後の地点まで行くと河童はやはり変な動きはせず、かわりに動かなくなった景時に攻撃が入るようになってました! 全然気付きませんでした。そもそも景時のことを知っている人であれば最初から正解ルート選べている方が多いんでしょうかねやはり。自分は無知な上に言葉鵜呑みにしてしまったので大変なしでかしをしてしまったと…
 結果的に攻撃を一発でもいれるとすぐに化けの皮が剥がれますね。「あやかし如きが……」と、言ってくれます。義経のこともそう思っていそうですねこの感じでは…。

528nioh2.jpg

 景時を倒すと河童くんが話しかけてくれました!!!! さっきはごめんよおおおおおおお罪なき者を手にかけてしまった…と、物凄い罪悪感でいっぱいでしたがこうして手助けできて何よりです。
 しかし景時も言っていましたが時既に遅し…。この続きが衣川の戦いになったりしますし間に合わなかったと…。この話を先にやっていたらどういう感想を抱いていたのかというのも気になったのでした。


 そんなこんなで牛若戦記の全ミッション達成です、やったー!! まだまだこの先は長いですしフォトコンもあるので、マイペースに進めたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 野良 | URL | mQop/nM.

    牛若オールクリアおめでとうございます!🎊

    マリさん、遅ればせながら牛若全ミッションクリアおめでとうございました👏
    これからのDLC三部作の序章としても、仁王アレンジな義経譚としても、いろんなベクトルから楽しめるシナリオでしたよね〜🙌
    自分も今から次回が楽しみです。

    そそ、あの方のシルエットが出たとこ、マリさんきっと荒ぶってらっしゃるだろうなーと思いながらムービー見てたのですがやっぱり荒ぶってらっしゃったー😂とブログでまた楽しませていただきましたw
    第二弾ではあの方との同行ミッションなどもあるんでしょかね。あればいいですね🎶
    台詞やムービーもたくさんあると滾りますね!

    フォトコン没フォトも素敵で、没なんてもったいなーい。
    応募フォトともどもこれからもマリさんの激写楽しみにしてますね🙌
    そして、またお時間合えばDLCミッションも、絵巻も、ぜひご一緒してくださいませ♪

    ところで平曲の屍狂いの方々ですが、最初の方は平知盛、倅に先立たれた方は平教盛、兄上~な方は平重衝か資盛ではないかなーと思いました。
    (知盛は鬼討ち極でも2でもミタマになってますし、教盛は倅(次男)が極でミタマになってますねw)
    自分も子どもの頃に義経記読んだ程度の知識でめちゃめちゃ詳しいわけではないのでもしかしたら勘違いしてるかも…ですが、その時はまた教えてくださいなー。

    それにしてもあのライブは全員倒すまで止められないのがヤバすぎでしたねww
    サマ◯ニオウ、リアルでも開催していただきたいですよねー。いい曲ばかりなのでいろんなアレンジ演奏で聴きたいです😊

    源氏の忠臣の話とか、お肉大好きぬっぺちゃんの話とか、伊達の方の話とか、反応したいことがいっぱいありすぎマンなのですが書き出すとキリがなく長くなりそうなのでまたいずれw
    マリさんのブログ楽しみにしつつこれからもまだまだ落命しまくりますね💪💪

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    >野良さん

     野良さん、コメントありがとうございます。
     わ~い野良さんありがとうございます!!! 野良さんの方も修羅開幕おめでとうございます!!
     義経のお話とてもよかったですよね。なるほど、そうきたか! と、仁王2ならではの妖怪と絡めた作りがとてもよかったです。普段落ち着いている義経でしたが、メインの最後での怒りに我を忘れ…という部分の激しい様子などの差もよかったです。だからこそ描かれなかった最期を思うと辛くもあり、描かれなくてよかったなとも。
     そして次のDLC確定ですよねこれは!!!! いやはやついにきたと荒ぶっております(笑)野良さんの予想的中でございましたさすがです!!
     いやはやしゃべるだけでも嬉しいですが、同行ミッションやムービーあったら文字化け叫びの字にしかなれないですね(笑)あとは姿写しのときのお顔の作りのブラッシュアップを切に願いつつ…(笑)

     フォトコンのにまでありがとうございます!
     同じポーズだしなぁ…とやめたのですが、こうして供養といいますか…! こちらこそ野良さんの楽しすぎるギャグ路線だったり、真面目なフォトだったりと作品楽しみにしております! 個人的にあの月を背負ってのあの歌詠みが歌込みで大大大大のお気に入りです!

     屍狂いの方々の解説ありがとうございます!!!! なるほど知盛殿! ミタマでミタマとしては知っているものの解説がすっぽ抜けでしたありがとうございます!!
     戦国時代の同じ名字の方々はなんとなく見分けがつくのですが、平安時代の平家の方々含めて名前で見分けがつかない病なので、お名前メモしたのを見ながら平曲~をまた再戦してみたいと思います!
     いつも野良さんの歩く辞典な知識に助けられております!!!

     しかしあのライブ、こんな出てくるの!!? ってくらいでしたよね!?(笑)
     サマ○ニオウ開催してほしすぎます!!!! あまりの良さにぶっ倒れても生き返れる特典付き!!!(笑)

     いつも本当にコメントありがとうございます!!! またどこでもやりとりできたら嬉しいですし、共闘もまたお誘いさせてください~!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)