原神 プレイ日記150

2022年11月27日

gnsn3157.png

netabare.jpg

 Ver.3.3公式PV「六処解悟、諸相空無」が配信されました。
 いきなり綾人の語り口で始まるので大喜びなのですが、まさかの冬に肝試しとは!!! 今回はドラスパ&アルベドな12月ではないのだな~というので新鮮ですがまさかの肝試し。綾人がどういう形で出てくれるのかとても楽しみです! しかも復刻きますしね!!!!! 武器も重ねたいですがとりあえず綾人本人の凸を進めたいです。
 肝試しは平蔵の出番も楽しみですね! どうやって綾人や一斗、宵宮やゴローなどと絡むのか。その他は七聖召喚やお馴染み風の行方などが楽しみですね! 今回はマップ追加なしのようですし、個人的に地獄期間というのもありちょうどよかったです。原神的にはその次の時期こそ大事ですもんね! 

 そしてそして待ちに待ったスカラマシュではなくて放浪者実装! 魔神任務間章でいろいろなことが分かりそうですね。道化からの博士の話や、博士とスカラマシュのやりとり、たたら砂の掘り下げなども含めて気になることばかりです。
 にしても放浪者のスキルなど含めてかなり凄いですね!? 予告番組の方で見てみたのですが、空中移動もそうですし探索に役立ちすぎません!? しかもモチーフ武器が会心の法器!!! これはクレーにもぴったりすぎでは!!!?? 放浪者もですが武器が物凄く見た目も中身も良すぎてこちらにつぎ込みたいくらいです。しかし探索といえばやはりウェンティ贔屓なので外せなさそうです。ウェンティは伝説任務2くらいで何らかの強化がとかあってもいいなぁと密かに思うのでした。
 さらにファルザンの声優さんも発表されたのですが、まさかの堀江由衣さんで驚きすぎました。というか堀江由衣さんで☆4キャラクタ!!?? というのでも驚きです。放浪者でもピックアップに入るので1人くらいは来てくれそうな気がしますが☆4ピックアップも魔境ですからね…どうなるのか…! とりあえず財布との戦いですね(白目)

 
 以下、これまでのネタバレも含むので追記に。
 魔神任務:
 伝説任務:
 世界任務:黄金の眠り
 イベント:旅の写真に閃きを・緑葉編
 その他:
 好感度:



gnsn3158.png

 イベント「旅の写真に閃きを・緑葉編」に宵宮とタルタリヤ出てたんですね!!!??? 全然知らず! 最終日に知ったのですが、どうやら毎日台詞が変わっていたとか!!? 逃しまくりましたよ自分…まとめてやろうって考えは甘すぎましたね今回…! 残念ですが最終日だけでも見ることができてよかったです。
 しかし一体どんなお話をしていたのか。というかタルタリヤは何をしにまた稲妻に来ていたんですかね? 式少将イベではスカラマシュ関連でやってきていてその後ロザリンの葬儀でスネージナヤに戻ってその後また稲妻ってことですか? 
 それはさておき、お土産をどうするかということで宵宮と話し合っているようです。テウセルからは「オニカブトムシ」を所望されていたのもあり捕まえていたところ、魔物に追われる子供を見つけて救い、その後一緒に宵宮のところに行って…という流れで知り合ったようです。辛炎も宵宮もタルタリヤの正体を知らずにこのままだといいなぁと思うのでした。
 宵宮への相談で妹のトーニャへは着物や羽織物などを買っていってあげることに決めたようです。モラが足りるか数えてみないととタルタリヤが言うのは面白いですね。稲妻には北国銀行がなさそうですし手持ち分しかないからという理由でしょうか? しかし着物2着、絹織物3反、小説1冊、お菓子5箱とオニカブトムシというとかなりのモラ必要な気が…というか3反という数え方さすがです。
 それにしても所属している場所はともかく、いろいろな国のキャラクタがこうして交流をというのは嬉しいですね! 何度も書いている気がしますがいつかバドルドー祭をというときには、コレイはもちろんのことトーマも1度と思ってしまいます。モンドでトーマに会ってみたいですね。酒はあまり…という同士でディルックと会話とか見てみたいです。


gnsn3159.png

 世界任務「黄金の眠り」の続きです。落とし穴で落ちてしまった一行でしたが無事に出口を見つけることができ、オアシスでキャンプの準備を…というところからです。サイリュスや風車アスター、蒲公英たちが全員無事で本当によかったです! キャンプを全員で準備するとジェブライラが遠くを見渡せるところで周囲を見てみると言って離れてしまいました。ジェイドも様子がちょっとと言うくらいなので気になりますね。
 すぐに上に向かうと、砂漠にあった意味深な石碑のところにおりました。この石碑はこの任務関連だったんですね。誰かのお墓のようですが、ジェブライラは「さあな、無名の学者のものだろう」と旅人たちに説明します。絶対知ってますよね? というかパートナーの方ですよね!? さらには石版を旅人が持っていることも知っているようでしっかり保管しておけと改めて忠告されました。この石版の価値もよくよく知っているようですし、やはりご家族はティルザードの…と、思ってしまうのでした。

 キャンプの場所まで戻ると、ティルザードは物心ついたときからずっと書物の相手をしていたからこんなに家から離れたのはこれが初めてだという話題が。ヒンディ家は学術の家系だから他の職には…なので傭兵業や商人、旅人などに転職というのは難しいそうです。しかし自身の学術の成績はイマイチで才があって実績のある親戚には到底及ばないから他のことをやっても難しいだろうと自己分析しておりました。それでもここまでやってきてるのですから凄いと思うのですがね。しかも今回第一歩を踏み出してますし、ジェイドはこれと同じように次、そして次に一歩一歩と踏み出せば「自分だけのもの」という研究材料が見つかるよ! と、元気に言ってくれました。ジェイドの素直さは素晴らしいですね。まさに竹を割ったようなという言葉が似合う感じで。

gnsn3160.jpg

 更に仲が深まった様子でしょうか。朝になり、次の行程に移りますが商人たちはここで待機となりました。しかしここは何が起きるか分からぬ砂漠ということで、ジェブライラが予め不測の事態に備えての準備を託していたようです。一部の物資は埋めておくんですね。何かあって離れてもまた戻ってくるチャンスがあればそのときに回収できるように。何もないのが1番ですがね。とくにサイリュスたちに何かあったら任務クリア不可能レベルになってしまうのでここだけは何卒…全員無事で帰れますように(涙)
 出発前にナハティガルから「蒲公英」の由来を聞けました。他の駄獣よりも毛がふわふわで抜け毛が多いのだそうです。しかも「蒲公英」はその名前がお気に召さないようで、名前を呼ばれる度に頭を振るのでボニファズは毎回毛まみれになるとか! かわいいですね。ナハティガルは、モンドの名前が気に入らないのかもなと言って「ティルザード」とかと挙げてますが、心のなかで「いや、やっぱり違う名前にしよう」と言っているのがナヒーダのスキルで読めるので笑いました。サイリュスにティルザードになったらなかなかに濃い集団になりそうですよ!?(笑)

 和むお話を聞いたあとはいざ遺跡へ! しかも扉がしまっているので誰も入っていない=私の課題と被っているような学者はまだいないという朗報展開です。しかし遺跡を狙っているのは教令院の学者だけではありません。開けるのは他に任せて一緒に入ってちょろまかすという人たち少なくないと思いますし。
 ちなみにここで、「勉強はいつ始めたって遅くはない」といいことをティルザードが言ってくれますが、そのすぐあとに「素人の君が十年苦行したところで結果は出せないさ」ととんでもなく辛辣なことまで言うので爆笑しました。だんだん好きになってきましたよティルザード。人間臭さがいいですね。
 というわけで誰も扉を開けることができない…という冒険が終了しそうなくらいのことになってましたが、なんとブンブンが開けてくれるという奇跡! ブンブン凄い!! 遺跡にもブンブンと同じような柄がたくさんありますし、ブンブンは鍵なんでしょうか。意思がある鍵というのも面白いですね。開けたくないときには開けてくれないとかもあるのか、扉を見ると開けずにはいられないというプログラム的なものが組み込まれているのか。ジェイド曰く、他の物より「扉」に対して特別な感情を持ってる気がするそうなのでやはり鍵的な存在で作られたのですかね。ブンブン2号や3号とかも存在するのだとしたら会ってみたいですし、カカタと会わせてあげたいです。

gnsn3161.jpg

 遺跡を探索していると、ブンブンが扉と会話をしているということも明らかになりました。ジェイド曰く、過去に誰か来たことはあるけど扉を開けることはできなかったこと、扉はとても大切なものを守っていてでも時間があまりにも経ってしまって開き方を忘れてしまいそうになったこと、遥か昔はここは人の往来が1日に何度もあったそうです。その当時の様子を見てみたかったですね、賑わっていたでしょうし。
 その後はみんなで手分けをして先に進めるよう頑張ります。あのやる気がなかったティルザードですらここに来て張り切ってますのでね、きっといい兆しが見えるに違いないかと。

gnsn3162.jpg

 実際に、建物内にある意味深な船だったり壁画だったりと様々な発見がありました。この壁画に関してもいろいろな見方があるので面白いですね。ティルザードは権力の象徴だと言い、太陽と目はキングデシェレト自身を象徴したもので下の「七つの柱」はキングデシェレトのための権力の塔を建て、不満ひとつこぼすことも許されずただ臣服するのみ、そして滅びてしまったという文献に書いてあったものとまさに一致すると話します。
 対してジェイドはこの壁画は平和な感じがするという第一印象で、どこも秩序立っててみんながそれぞれの役割を果たしてるという好印象ですし、ジェブライラはティルザードに対して砂のことを知らなさすぎるとまで。黄砂の民は願いによってキングデシェレトと固く結ばれ、すべての災いを防げると考えていたとも話します。
 結果的にティルザードが物凄く怒り始めてしまい、喧嘩状態に…。ジェブライラが急に饒舌になったのもとても気になりますね。明らかに何か知っているようですが話す素振りはなく、こうしてティルザードとぶつかり合いになってしまうのでどうにかうまい落とし所があるといいのですが…。

gnsn3163.jpg

 せっかく少し縮まったかと思えた仲でしたが木端微塵くらいにまでなってしまったものの、どちらが正しいか白黒つけよう! というくらいにまでなったので探索はさらに進みます。ついにこの砂漠で最も目立つ霊廟に足を踏み入れることになりました。雨林側からみても物凄く目立つものですよねここ。あの逆さのピラミッドになっているような1番上の部分には行けるのでしょうか? 何があるのか気になるので行ってみたいです。

 ティルザードとジェブライラの仲はどんどこ悪くなっていきますが、なんのその状態でブンブンが先へ行ってしまいます。ブンブンにとってとても気になるものがあるのですね。しかも中の敵はブンブンは通し、旅人たちのことは止めてきます。ブンブンは味方、旅人たちは敵とみなしているのですね。
 大急ぎで追いついてから気付いたのですが、遺跡内にあるのって大量のモラですよね…? それは宝盗団も狙うし色々な勢力の人が狙うだろうなぁと思いながらもまず真っ先にドリーが浮かびました。ドリーにこのモラの山で寝て欲しいです!!!
 さてさてせっかく内部に入れたもののどうにも行き詰まったのでまた全員で手分けして探りますが、ここでジェブライラが気になる名前を。ユフィに見せられないのが残念だと呟いているのですが、それがご家族の方でしょうか。どうしてもビジュアルがFF7のユフィで浮かんでしまうのが!!!! Remakeの続きはいつですかー。
 そんなわけで霊廟内にある棺のギミックは解除できましたがフェイクでした。ティルザードはもっと上に本物があるはずということで上を目指しますが、ジェブライラはそもそもの用途が違うと言っています。結局何がどうでどうなっているのかというのはこの任務で分かるのか、探索していって埋めていくようになるのか分かるのか。とりあえず今は石版はカギだけどもすべての扉を開けられるものではなく、カギも「許可」を得る必要があるという物凄く厳重になっているということだけ分かりました。セキュリティ万全ですね。

 ここには一体どういった真実が埋まっているのか…というわけで引き続き探索をします。キングデシェレト遺跡にある一部の装置は石版の権能ランクを上げることもできるようで、これまで進んできた場所で入れなかった部分も行けるようになるみたいですね!
 が! 今までどこをどこまで進めていて何がどうなっているのか全然把握できなくて笑うしかないです。地下がとてつもなく広大というのは聞いておりましたが、地表と同じくらいあるではないですか!! とんでもないですね?! あと、スメールはワープポイントが地上なのか地下なのか覚えていないと分からないので、何か変化があるととても助かると思いました。
 フォンテーヌが実装される前にはきっと探索ができるはずと信じて進むと、突然みんなが散り散りに。一体何が!? 慌てて探しに行くと、ジェイドとジェブライラとティルザードがファデュイに襲われておりました。なんでここにファデュイが!? ほんとにどこでもいますね。しかしブンブンがいないのです。ファデュイは北国の格好のまま砂漠に来て暑くないのかというパイモンのツッコミを聞きながらブンブン探しを続けると、結構行った先にファデュイとエルマイト旅団がいました。グルなようですね…。ファデュイはまだまだ博士の命令で砂漠を探っているのか他の執行官の命令なのかそちらも気になるところです。

gnsn3164.jpg

 ですが今はファデュイではなくエルマイト旅団の方が重要そうですね。ジェブライラを知る人物が出てきました。しかもどう考えても悪者っぽそうです。ジェイドは彼のことを知らないですが、サミエルの方は知っているどころかジェイドが物心つく前に焚火にあたりながら抱きしめたことがあると話すのです。相当長い付き合いではないですか! ジェブライラが過去のことを話さないのはこういうことがあったからだったんですね…しかもさり気なくサミエルは商人たちから話を仕入れたことを言うのですよ…これはナハティガルというかサイリュスたちの無事が気になりすぎて探索してる場合ではないです!!!! 無事でいてください……。
 気が気でないままボタンを押していると、ジェブライラがかつて「カギ」を持ち出してすべての砂を裏切ったということも明らかになり、最終的にはブンブンを返してもらうためにもぶっ倒すことになるのですがサイリュスたちが気になりすぎて全然頭に入ってきません。サミエルたちをサクッと倒すとまず突っかかってくるのはティルザードでした。思い返せば、ジェブライラには何か裏がある気がすると読んでいたのは大正解でしたね。
 ジェブライラはここで色々と話してくれました。トトメスという集団の1人であったこと、サミエルは目的のためには手段を選ばない完全に狂った野郎であること、ジェイドの母親はサミエルに殺されたということ、母親は1人の学者であったこと、自分についてこなければもっと明るい未来があっただろうことなど…。ティルザードには動機を隠していたことも告げ、しかしそれでも任務が終わるまで守り切ると宣言していました。こういうところに惚れ込んだのだろうなぁと思いながらも、ティルザードの御免だという一言で我に返りました。そうでした、そういう人でしたね(笑)

gnsn3165.jpg

 王道だと、そういう過去が…分かった最後までよろしく頼む的な展開かもしれませんがティルザードですので、君に恨みを持っている危険人物がいる以上一緒に行動していたら狙われるだけという理由で却下です。しかしジェイドが、むしろ今サミエルの狙いはキングデシェレトの秘宝なのだから父親がいようがいまいがその頭脳目当てに狙ってくるに決まってるというまっとうなことを指摘して解決になりました。ティルザードは幸運でしたよね、これ同行する傭兵がジェイドやジェブライラのような性格でなかったら何度大爆発することになってたんだと(笑)というかティルザードはアルハイゼンと話すとどうなるのかめちゃめちゃ見てみたいですね。

 もはやどうあってもサミエルからは逃げられないモテモテっぷりなので、今後も一緒に調査を続けることになりました。まずは、サミエルがいたとなればここには何かしらがあるというわけで周囲を探ります。サミエルのメッセージも残ってましたね、丁寧な文なのでファデュイ向けでしょうか。
 結果的に先に進めるようになり、石版を使用すると地図のようなものが映し出されました。位置関係や建物の様子が分かるような立体地図です。これの読み解き方をティルザードに頼めば、どうもこのあたりから色々とジェブライラの見解を認めてきているのか自身の見解の過ちなどの非を認めていました。頑固にならずに変化できるなんて凄いではないですか! ティルザードも徐々に変化が出てきておりますね。

gnsn3168.jpg

 そしてサイリュスたちですよ!!! サミエルが…ということで光速で無事かどうかの確認に向かいました。するとやはりエルマイト旅団が!! すぐに追い払いましたが、どうやら物凄い剣幕でやってきたようです。ジェブライラが予め託した知恵で切り抜けられたようですが、ティルザードが「知恵」という部分につっかかっているのを見て、さっき褒めたけど止めようかなと思いました(笑)
 それでも色々な人達の話を聞いて少しは考え直したようで、キャンプを作ったあとに腹を割って話すことになった一行。まずはサミエルとの関係についてのお話でした。エルマイト旅団「トトメス」の一員であったジェブライラですが元々わだかまりがあったサミエルを裏切って今、こういう状況になっています。というのも、後に家族になったユフィという有能な学者の知恵にトトメスは目をつけ、その知恵を利用してアフマルが残した謎を解こうとし、トトメスの言いなりになっていたジェブライラはユフィを砂漠まで「招待」して各地の遺跡を探索するというも成果はあがらず…。そんな頃ジェイドも産まれ、ジェブライラはこのままでいいのかと自問しユフィのスランプを理由に砂漠とトトメスからも離れますが、サミエルがアフマルの謎を解けない学者は何の価値もなく、さらにそんなユフィがいなくなればジェブライラもトトメスから離れる理由がなくなるということで凶行が……。
 今回出会ったのもアフマルの謎を解くチャンスを逃さないトトメスにとっては狙いで、しかしサミエル自身に遭遇するとは思わなかったそうです。しかも明日向かう場所は玉座がある場所ですよ。絶対出てくるじゃないですか。だからこそティルザードは、対面したときに妻の仇をとるのか護衛の役割を守るのかどっちを取るのかと尋ねます。パイモンもどうしてそんな意地悪な質問をするのかと怒っていますね。これらの話を聞いたジェイドは、思い出が父さんを苦しめているのならすべてをここに埋めて行こうと思い切り自分の気持ちをぶつけていました。それを聞いて任務が完了してないんだから行っちゃダメだぞと引き止めるティルザードがティルザードすぎて面白かったです。シリアスな展開が続きそうで続かないというのはこのシリーズの特徴ですね。

gnsn3169.jpg

 最終的にジェブライラは、アフマルの秘密を解くのを手伝いティルザードを守り切ると約束していました。ユフィのことはまた別の機会にジェイドに話すそうです。しかしここまでユフィの名前に1度も反応しない辺り、ティルザードの親戚ではないってことですか…? 「招待」というのが駆け落ち的なものになっていると思ってしまいましたが。
 それにしても彼女の美しい品性は俺の言葉をもってしてもその千分の一も表現できないと語るのが物凄く印象に残っています。どうやって招待したのか分かりませんが、出会いのところから見てみたかったです、回想シーンなどで。

 みんなで休んだあとは出発なのですがその前に「風車アスター」の由来を聞きます。実は風車アスターが酒樽を倒してその場でずっとグルグル回ってたところから付けたんだそうです。最初は「酒樽」の予定でしたが、ボニファズが響きがよくないと言い、蒲公英がいるんだから風車アスターもいたほうが自然ということで決定したと判明しました。ナハティガルがボニファズの名付けセンスはどうも納得できないと言っていますし、心のなかで「俺のネーミングセンスはあいつよりずっと優れてる」と言っているので笑いました。「酒樽」と「風車アスター」だと割りと近いようなものを感じるのは自分だけでしょうか(笑)

 いよいよ聖顕殿に辿り着きますが目の前には何もありません。こういう仕組みになっているのもわくわくしますね。しかし案の定先にエルマイト旅団がいるのでさっさと倒しにいきました。このときジェイドの心の中が「ブンブンは弟?それとも妹かな?」となっているのがとてもかわいかったです!!!
 それでもってサミエルたちが、こちら側が謎を解くのを待ってすべてをかっさらっていくという算段であることも見抜き、ではここの探索はまた別の機会にとティルザードが言えば、あいつらが先に謎を解けばここがこのままの姿でいられるかも分からないぞということでやはり今解くことになりました。頑張れティルザード!
 しかし顕現させるためには三つの試練をクリアせねばならないのです。ギミックもちょうどいいくらいの難易度になっていて攻略がとても楽しかったです。一体どんな建物が顕現するのだろうかというわくわく感もあって一連の探索はどれもこれも面白かったですね! あまりにも広すぎてこの先は考えたくないんですけども(笑)

gnsn3170.jpg

 しかし建物に入ってすぐにバーンと玉座があるわけではなく。パイモンが早く座ってみたいぞ! とおっしゃっているので頑張って進めました。玉座はどういったものなのかと楽しみにしていると結構あっという間に到着し、パイモン王の誕生が目前というところでサミエルが出てきました。やはり。しかもさり気なくジェイドを人質にとっています。ジェイドの頑固なところはジェブライラ似、おしゃべりなところはユフィ譲りなようです。
 さて、ここにきて1番肝心なアフマルの秘密とは…ですがキングデシェレトの知恵を得た者は黄金の眠りに入る許可を得られ、そこで永遠の安寧と喜びを得ることができるというものらしいです。サミエルがそういうものを欲しがるのも意外な気がするなと思いますが、どうやらただ単に玉座に座るだけではカギが足らないということが分かりました。まさかあの文献からユフィが解読した歌がそれだったとは…これが祈祷文に値するものだったんですね。

gnsn3171.jpg

 玉座に座るサミエルですが祈祷文が終わっても動く気配がありません。黄金の眠りに入ってしまったようです。黄金の眠りは帰路なき道、つまり現世と自由に行き来はできないものだったんですね。サミエルは行き来できると思っていたのかどうなのか…
 仲間のエルマイト旅団も倒して無事にハッピーエンドへ…なのですが、明らかにあっさりしすぎていておかしいです。これで終わりなわけがなかろうと思っていたらのアフマルの力を得たサミエルが権能を使って呑み込もうとしているではないですか!!! ここで突然の逃げ切りTAが始まりますが、道のりが分からなくて何度も失敗した自分(笑)
 何度目かの正直でどうにか逃げ切ることができましたが、扉がしまっていて外に出ることができないという致命的な展開になっておりました。誰かが永遠の夢郷に入ってサミエルを倒さねければ呑み込まれるだけという全滅エンドがひしひしと近づいてくる頃、必ず守ると約束したジェブライラが入ってしまいました…帰路なき道なのです。ここでジェブライラが入ればジェイドを残していくことになってしまいます。せっかく過去を話せて、これからユフィの話をたくさんしてブンブンと一緒に生きてというところで……。最後のジェイドの泣きながらの言葉がグサグサと刺さってきて辛すぎました…全員生還してこれからというハッピーエンドはどこに………

gnsn3172.png

gnsn3173.png

 アアル村まで戻ってきましたがジェイドのショックが強く……。しかしこれらを経たティルザードが、今度は私が自分の責任を背負わなければならないといけないとなってくれたことが嬉しかったです。きっとこの論文で自分だけのという道が切り開かれると思うのです。
 そして悲しみに明け暮れるジェイドですが、父親が「タニット」というところの出身だと分かったのでブンブンと一緒に行って父親のことを聞いてみることにしたようです。しかしそのすぐあとに泣き崩れる姿を見て言葉がなかったです……

 このシリーズの任務は一応終わりましたが、まだまだ砂漠の探索は全然なので引き続き挑みながら色々な謎を知っていきたいです。
 ジェブライラの死とジェイドの悲しみに泣いてましたが、ボニファズがサイリュスを危険な目に遭わせるのはよくないからお前が荷物を運べばいいとナハティガルに言っているのを見て爆笑しました。笑い涙に変わりましたよ。ちなみにサイリュスには話しかけることもできて、誰であるか認識してくれたようです! 嬉しいですね!! 話しかけると頭をゆらしてくれるサイリュスかわいいです。これからは荷物はナハティガルが持ってくれますし少しでも危険が減るといいですね!(笑)
 でもジェイドとブンブンのところに向かうとやっぱり悲しすぎるのですがね…ジェブライラもとてもいいキャラクタだったのでまた会いたいです…

 それにしてもみんないいキャラクタだったのでどこかで再会ということがあればいいなぁと思ってしまいます。今行ける砂漠エリアの先にも砂漠が続いていますし、マップの拡大があると信じてそこでジェイドとブンブンと再会! ということなどあればいいなぁと思っています。カカタのようにいつでも出会えるような感じで。あとティルザードもどこかで会いたいです、ジャザリーのように。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 早くディシアを引きたい桜 | URL | -

    世界任務お疲れ様でした!

    スメールの巨大世界任務二つめクリアおめでとう御座います🎊
    スメール追加では森林書でアランラナの世界が、砂漠追加でも権能という別の大掛かりなギミック開放のための世界任務がある原神は本当にすごいですよね。
    層岩巨淵やえんかのみやでも思ったのですが特にスメールはスメールマップそのものが地下とか洞窟とかピラミッドとか縦にながーーーい広ーーーいマップが沢山あって探索ルートも様々でとても満足です。
    (なお毎回迷っていますがww。。。ミニマップではすぐ近くにあるはずの瞳がないあるある)
    さて、今回の世界任務で追加された赤砂の石板ですがこの世界任務だと開放できる権能がほんの半分くらいしかないのが驚きですよね。
    つまり世界任務で訪れた場所に権能を開放してからもう一度来て探索できると思うととてもワクワクすると!
    巨大なピラミッドも権能を全開放しないと……(ファイトです!)
    とはいえストーリーとしてはかなりバッドエンドと言いますか後味が…
    なんとか親父殿には生きててほしかったですね…NPCとして親子が一緒に戦う姿はすごくよかったですし、属性持ちのおかげでふつーに強かったですし。
    娘さまの方、せっかくなので少し回復した姿を別の世界任務伝説任務等で見せてくれたらと思います。
    (とりあえずディシア追加時にあるとか噂されているかつてのヴァラナーラの左側の追加エリアまだですか?)

    続いて写真イベントですが実は私もタルタリヤと宵宮気づけず……!1日め?と2日めだけ発見できましたがまさか毎日会話が変わっているとは…!
    でも宵宮のファデュイなんだけど悪い人とは思えない、とか、あんちゃんって言い方も
    タルタリヤの宵宮お嬢みたいな言い方も2人らしくてよかったですね。
    にしてもタルタリヤ、博士から何も聞いてないのか…?ファデュイ内での報連相はどうなってるんでしょうと。
    1人だけ自由気ままにテイワットを飛び回ってますよね。

    そして!ついに3.3の祈願情報とイベント等が出ましたね!
    やはり注目はスカラマシュでしょうね。
    あっかんべーにやられた女性旅人は数知れずでしょうね…w
    ただ普通に男性から見ても飛行モーションとか攻撃モーションスタイリッシュでかっこいいんですよね。どことなく子供っぽさが残っておりますが笑

    そしてファルザンもこれまでの風キャラとは一線を引いた性能になりそうですし、
    スカラマシュに関連している雷電の復刻予想が当たってやったーとなっております。
    ただTwitterでは荒瀧神里お兄様復刻きたのにエウルアと胡桃はまだかー!という悲鳴が目立ちましたが…

    七星召喚もすごく面白そうですし何よりカードゲーム要素ありでPvP要素をあえて排除したのはすごいですよね。原神はPvP要素がないので廃課金、微課金、無課金の差があまりないですし、毎日コツコツやれば天井のおかげで誰でも星5キャラを引けるのもいいと!

    最後に一言!
    アルハイゼンとディシアはまだですか…?

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    >桜さん

     桜さん、コメントありがとうございます。
     スメールがさらに好きになる世界任務でしたね今回も! 雨林の方ではアランナラたちと音楽を奏でながら掘り下げていくという癒やしで、砂漠では権能というまさにキングデシェレトらしい文明を感じながら、生きるか死ぬかを賭けて進むというギャップの差がまたよかったです。
     淵下宮や層岩巨淵は今思うと、スメールに向けての序章だったのだなというのをすんご~~~く思います(笑)チュートリアル的な!?
     迷うのは同じくですよ! すぐ近くにあるはずの瞳もヒエログリフもないですし(笑)おまけにワープポイントも分かりません!!(笑)

     これでもまだ権能半分なんだ!? と、驚きましたよ。あの霊廟もまだまだ隠し玉色々ありますね!? という感じなので楽しみです。権能全開放目指して頑張ります!

     お話はNPCたちがみんなよかったので生きている世界線も見てみたかったです…。ジェイドがアアル村で泣き崩れる姿は見ていられなかったですね…
     ジェブライラとジェイド父娘強かったですよね!? しかも武器もかっこいいですし、NPCと一緒にというのが今後も増えたりするのかなと思うとそういう意味でも楽しみです。
     ジェイドの行方は是非世界任務で見てみたいですね! そしてディシア追加時に~という噂があるんですね!? ディシア追加が一体いつになるのか謎ですが、砂漠もまだまだ先がありますし今後のマップ追加も待ち遠しいですね。

     写真イベント初日と2日目発見できたのですね!? 凄いです! 公式側からのまとめてやろうなんていう考えは許さんというのを感じました(笑)
     なるほど! 最後の会話だけしか聞いていないので桜さんのコメントで知ることができましたが、ファデュイというのは明かしてるんですね!? そうでしたか!
     ファデュイ内の報連相気になりますよね!? 博士とタルタリヤとかウマが合わなさそうすぎますけど、一体何をしに稲妻へ!? という感じなのでその辺りの掘り下げもあるのかないのか楽しみです。
     他のファデュイの動きも知りたいですよね。普段どういった行動をしているのか気になりすぎます。

     3.3はまさにスカラマシュ一色! でしたね。あっかんべーはむしろ可愛すぎましたね!? 男女問わず虜にする魔性加減が凄いですね。
     モーションの格好良さ分かります!!! どことなく子供っぽさもというのもいいですし、上から目線っぷりもしっかり残っていて安心しました。

     ファルザンも風で、どんだけ風推しなんだとなりましたが個人的に堀江由衣さんのボイスにばかり夢中になりそうで!!
     そういえば雷電復刻の予想、桜さんお見事でしたね! なるほど、確かにエウルアと胡桃をしばらく見ていないような…。一斗はこの間も復刻してませんでしたっけ? 

     七星召喚はルールや遊び方をどこまで理解できるかどうかが不安ですが、無課金でも廃課金でも関係なく平等に遊べる! というのはありがたいですね。ランキング等もないですし、穏やかに過ごせるのが。

     そういえばそろそろ3.4のキャラクタの発表ですかね? アルハイゼンとディシアは同じく待っておりますが、ここまでひたすら財布が悲鳴を上げ続けているので少し休憩も欲しくありつつでもというジレンマ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)