シードを追え パパ・将軍・副長・整備長もいるよ編1

2010年04月08日

4/15 少し追加

軍部を追えをちょっとお休みして、本命のシードを追えの時間に。
空の軌跡SCは、マクシミリアン・シードが密かに超活躍をしていると思います。
どのくらい密かに活躍しているのかをご紹介!!
台詞は全部書き留めてあるのですが、さすがに全部載せると膨大な量になるのでピックアップしながらにします。
それでも長くなるので複数に。2?3章のやつです。
健全にしてあります、多分(笑)

以下ネタバレ含むので追記に。


《FCでシードに会う前》
まだシードに会う前に、レイストンの門番のサムエルから貴重なことを聞けます。

サムエル「ふう…しかし、シード少佐も大変だな。情報部の連中にいいように使われちゃってさ。実直なのはいいんだけど少佐も相手を見て態度を…」
サムエル「一応、シード少佐の名誉の為に断っておくが…少佐は善人だ。頭も切れる。ただ…善人すぎるんだよ

やはり部下はよく見ているものですね。家族を人質に取られて逆らえないようにされていいように使われてしまう、そんなマックスが良いです。
それにしても、先輩であるリシャールにクーデターの話を聞かされたときはどんな思いだったのか…。妄想し甲斐がありますなぁ。


《2章訓練クエスト》
初めてマックスの副官登場!隊長自慢を始めたり、真面目ですがどこかゆるい感じの副長です。

中佐に昇進したことをエステルに祝福され、謙虚だと言われたとき。
ベルク「いや、まったくそのとおり。中佐にはもっと前に出ていただかないと……」
シード「ベルク副長……職務を忘れたのかね?」
ベルク「……これは失礼。それじゃ、早いとこ依頼の件の説明をしましょう。」

でも内心絶対嬉しかったと思うのは自分だけでしょうか!?自分の右腕が自分の自慢ですし。

VSベルク副長
シード「――次、ベルク副長!」
ベルク「はっ!」
ベルク「ふん、さすがは大会優勝者……わざとスキを見せて我らの油断を誘うつもりか!」
シード「訓練中だぞ。私語は慎みたまえ。それでは第2戦――勝負始め!」

VSシード中佐
シード「――そこまで!」
ベルク「くっ…敗れたか…」
シード「……。副長……まだいけるかね?」
ベルク「……!?は、はい!問題ありません。」
シード「よろしい……ではすぐに準備をしてくれ」
ベルク「了解しました。」

返事は一つしかないのですね!さすが軍人さんです。それにしても、「よろしい」って萌えますなぁ。


《機械設置のとき》
カシウスがエステルと再会。「これでも昔は王国軍きっての伊達男で鳴らしたくらいだからな。リシャールなど目じゃなかったぞ」というパパ節炸裂!

そんな中、駆け寄るマックス。
カシウス「そうか、俺の留守中にうまく運営してくれたようだな。中佐に昇進した以上、シードには今まで以上の活躍を期待しているぞ。でないと、俺がいつまで経っても引退できなくて困る」
シード「お言葉ですが、あなたに簡単に引退されては困ります。少なくともモルガン将軍が退役なさった後にしてください」
カシウス「ふう、いつの日になることやら」
そして「行くぞ、シード」との声に「はっ!」と答えパパの一歩後ろを歩くマックス。

十年前はどんな風だったのかが非常に気になります。リシャールも交えての三人の十年前がとても見たいです!
そして「あなた」に萌えた(笑)


《レイストンで地震》
カシウスの部屋でモルガン将軍とマックスで軍議中に地震発生。
シード「准将、これは……!」
カシウス「ふむ、読みが当たったか。念のため発着場の作業を止めておいたのは正解だったな」
モルガン「むむ、まさかお前の言った通りに揺れるとは……カシウス……どんな魔法を使ったのだ?」

父ちゃん凄すぎ!!そりゃあ将軍だってリシャールだって必死で引き止めますな。


《ライプニッツ号レイストン入り》
公式で親しいと書かれているグスタフ整備長とマックスの会話。この二人が色々な意味で大好きで外せません!!(笑)

シード「やあ、グスタフ整備長。忙しい所を良く来てくれたね」
グスタフ「よお、シード中佐。またあんたの出迎えかい。偉くなって、ここの守備隊長はお役御免になったんじゃねェのか?」
シード「はは、そうなんだけどね。実はこの後、部下と共に警備艇で出発する予定でね。準備が済むまでヒマなので出迎えさせてもらったのさ」
グスタフ「はは、ご苦労さんなこった」
?略?
シード「ああ……案内しよう。今行けば、面白いものをお見せできると思うよ」
グスタフ「はあ?」
?ユリアVS父ちゃん?
グスタフ「は?こりゃあ凄いモンを見ちまったなァ」
シード「二人ともお疲れさまでした。シュバルツ大尉。本当に見事だったよ」
ユリア「シード中佐……それにそちらの方は……」
グスタフ「中央工房から派遣されたグスタフっていう者だ。よろしく頼むぜ、隊長さん」
?ユリアと整備長が去る?
シード「ふふ……さすがですね、彼女は。これから更に伸びそうです」
カシウス「ああ、そうだな。お前やリシャールの域まであと1、2歩といった所だろう」
?父ちゃんのヤブ蛇?
モルガン「そうだシード中佐。今日には出発するそうだな?」
シード「はい、正午には。警備艇2隻をもって3個中隊を率いる予定です」

初!モルガン将軍との会話。しかしモルガン将軍も階級つけて呼ぶんですね。パパやリシャールは呼び捨てでしたけど。シードはリシャールにも絶対階級付けか君呼びですし、カシウスからしか呼び捨てにされてない!?
それより何よりグスタフ整備長との会話ですよ!ああああ!これ以上は健全でなくなるので語るのは止めます(笑)ユリアの「シード中佐……それにそちらの方は……」から妄想に突入しました…
ハッ…実はアントワーヌが来ているかもしれない!と思っての出迎えだったり!?

2へ続く。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    アロイさん

    当たり障りなく公開でお返事を(笑)

    えぇSCのお話です!!SCは軍部も結構絡むので本当に美味しいのですよーー!!
    個人的に軍部が出る時と出ない時のテンションの落差が非常に激しいのもSC(センチメンタルチキン)でした…!
    パパスゴすぎですよね!!?
    英雄伝説ってパパの伝説か!ってツッコミ入れましたもん!!
    これがまぁ3rdでまた色々分かるのですよ…このオヤジは人間じゃないと確信しますぜ?(笑)
    3rdまでやると、そりゃあリシャールさんは嘆くしモルガン将軍だって必死で引き止めるよな~と思いました。ガチで。マックスはどこまで引き止めたのか気になります!!

    この辺りも二次的で公開で書けないような妄想も美味しいですね。ぐふふ…
    いやーあのコメントはすみませんでした(笑)
    2年くらい前にチャットでファンの方と語っていたのですが、それでですね…もう凄いことに!!
    パパは無双しか浮かばないですよ!!まだまだあるのですが、ここじゃ書けないっすな!!

    整備長はSCでも出ますので、是非見てみて下さいな~!!
    続きも完全ネタバレなので、大丈夫でしたらGOっす。ふひひ…

    追伸…
    舞台の返信が読めるようになっております。
    加筆で、手話ダンスの動画なども載せましたので、興味がありましたら覗いてみてくださいな~♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)