零の軌跡 プレイ日記3

2010年09月30日

まだ序章です!書くことがいっぱいありすぎます!!
今のところ戦闘が凄く楽しいです!よく喋るのがこういいですねぇ…。

ネタバレ含むので追記に。


無事に地上へ出たロイドたちに課長から緊急連絡が。旧市街で喧嘩のようです。
仲裁するために向かったロイド。最初の選択肢は、明かさず仲裁に。するとバトルになりました。うーむ、失敗だったか?
勝利するも、更に向かってこようとする不良グループ。
そこにサーベルバイパーのヘッドのヴァルドと、テスタメンツのヘッドのワジが登場。どうやら本気で潰し合うようです…。
一応は仲裁できましたが、本当の意味での仲裁ではないとロイドが。
ここでの選択肢は、本部に応援を呼ばない方にしました。こっちは当たってたようですね。
そして、なぜ本気で潰しあう必要があるのか各ヘッドに聞き込みを。
まずはキーンツのいるワジからにしました。
どうやらバイパーに仲間を闇討ちにされたというのです。なんでその相手がバイパーかと分かったかという選択肢では、傷痕を選びワジから「ビンゴ!」をもらいました。ありがとうございます。
うーむ、なんというかヴァルドに聞いても同じような展開になりそうな気がするのは気のせいでしょうか?
そんなことを考えつつ、キーンツにさよならし赤毛のところへ。
怪我したアゼル君は、東通りで心配されていた彼だったんですね~。

今度はヴァルドのところへ。門番の方がなかなか入れてくれなかったのですが、エリィが男前に対処を!!自分の銃を賭けるとはっ!!度胸ある子のようですね。しかし可愛いです。
中に入れたのはいいものの、ヴァルドも対価を求めてきました。エリィとティオを二時間貸せとも言っていましたが、周りの子分たちの反応を見る限り本気ではなさそうな。そういうことはしないワルなんでしょうねぇ、彼は。
そこでロイドが練習的なものを名目にタイマンを!!
ヴァルド一撃が重いですね~。結局引き分けになってしまいました。
そのまま進めると、ヴァルドは言葉は悪いながらもエリィやティオを気にかけてくれてました。
そして本題ですが、やはりこちらもワジたちと同じようなことを。
どういうことは悩んでいると、グレイスが!欠けたピースを知っているとも言ってくれ、東通りに一緒にご飯を食べることに。ああ美味しそうです…じゅるり。
そこではルバーチェの名が出てきました。ルバーチェとはクロスベルにいるマフィアのことですね。ガルシアの登場が待ち遠しい!
まさかマフィアが絡んでいるとは…なロイドたち。どうするんでしょうか。



以前、ミシェルにまた後で来なさいということを言われたのを思い出しギルドへ。
ミシェルの挑戦状のサブクエストがスタート!一発で全問正解できましたぞー!というわけで正解を記載しておきます。

1、50年前 2、エプスタイン 3、欠片 4、黄金の軍馬(帝国で昔、鉄騎隊と呼ばれる騎馬隊が活躍したのが由来) 5、ヴェルヌ 6、七耀教会 7、典礼省 8、レマン自治州 9、怪盗B 10、不戦条約

個人的には怪盗Mを押したいですが、作品が違いますからな(笑)
全問正解したので行動力1ももらいました。
ギルドの2階では、今度は別の遊撃士たちが。エオリアはどう考えてもアネラスでしょう!!(笑)
東通りでは訪問し忘れていた、列車で同席だったおじいさんたちにあえました。
なんとこのおじいさん超大物!!クロスベル商工会会長さんらしいです。そんな人物だったとはっ!
警察署では、魔獣手帳を見せたら500ミラとUマテリアルをくれました。頑張って魔獣も埋めたいです。
ヘイワーズ宅ではソフィアは料理上手だとか…。そうですか…。
武器屋では、許可証の偽造が大量に出回っていることも分かりました。ずぶずぶじゃないですかクロスベル!



そして久しぶりのセルゲイ課長!!なんと、アドバイザーを紹介してくれました。仕事してるよ課長が(笑)
そのアドバイザーはイアン弁護士。さっそくお宅に向かうと先客が。
おおお!ダドリーです。ロイドたちを見るなり、冷たいのですが、セルゲイさんと彼は呼んでいるみたいですね。
いよいよ熊ヒゲ先生ことイアンさんとご対面!!なんて優しそうなお人!!
熊・バンバン・ヒゲ先生はガイのことをご存知でした。超有名人じゃないですか、ガイは。アリオス級ですね。
先生からはルバーチェの対抗組織の存在を教えてもらいました。ヘイユエですね。
ミーティングをしに、特務支援課の分室に戻ると課長はどうやら留守のようです。こういう美味しいときにいないのがタマランですね!!
というかロイドは推理力に長けてますね~。さすが捜査官!このミーティングの選択肢は、ヘイユエの存在にしました。
ロイドの推理、ルバーチェは対抗勢力のヘイユエに負けぬよう不良たちの力を足しにというのを、ワジとヴァルドに伝えるという方針に決まり、ヘッドの二人を呼び出すことに!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)