「零の軌跡 ザ・コンプリートガイド+設定資料集」 感想

2010年10月30日

 待望の攻略本が、いよいよ本日発売!
 設定集も載っているとのことでわくわくしています。
 
 というわけでネタバレ含むので追記に。
 ※Amazonのリンクは商品画像のために載せてあります。










今までと出版社が違うため、新感覚な軌跡の攻略本です。
サイズが小さいので、細かいところは文字がかなり小さいですが、依頼や本回収できるチャートや、各ダンジョンのマップもゲーム画面の絵で載っていてとても攻略本です!実績もどうすれば取れるのか網羅してますしね。
好感度のポイント配分なんかもちゃんと書かれておりました!おお、凄いですな。
攻略部分はさておき、設定資料の部分の感想を書きたいと思います。
そういえば、栞の柄がランダムみたいですね!自分はキーアでした。後ろがロイドとランディでニヤニヤしました(笑)



さてワールドガイド部分ですが、エナミカツミ氏の美麗な絵が満載です!
ゲーム中で使われた絵や、極秘設定集に描かれていたラフ画などもたくさん載っています。
やっぱりティオの正装とアーマーなしが可愛い!!とんでもなく可愛い!!
表情集に、泣き顔があるのですが正装の泣き顔ってもしやここだけでは?ゲームでは確かなかったような…。
ティオはやはり可愛いです!ロリ枠って大事ですね。
セルゲイ課長もがっつり拝める(0,5ページではありますが)のがいいですね!
というか昼行灯と書かれていて、思わずマックスが浮かびましたぞ(笑)CVが書かれていないのは、ゲーム中では喋らないからのようですね。レクターも書かれておりませんでしたし。
それからツァイトの中の人がヴァルドだったとは…!知りませんでした。

それより何よりアリオスのラフ画ですよ!!!!!!!
これはもうリベールの軍服に似すぎでしょう!色とか色とか色とか。
あとベルトもですね。今の色になったのが分かります。これで出てきたら間違いなく、王国軍と見間違える!と思うのですがどうでしょう。
ゲーム中でも散々思いましたが、プロフィール見てまたツッコミました。妻を亡くして遊撃士って、どこのカシウス・ブライトですかと。こういう経歴があると《剣聖》になるんでしょうか!?

さてさて、ワジやセルゲイ、エステルたちが0,5ページなのに反してなんとイリアさんが堂々の1ページ!
リーシャなんて1,5ページ!銀のも合わせれば主役級の2ページです!それだけアルカンシェルに力を入れたってことですね。
ここで、リーシャのラフに見たことのない絵が!最初、「ん?テイルズシリーズ?」と思ってしまいました。どういう経緯で出来た絵なんでしょうなぁ。気になります。
インのラフでは全体像が。足元がシャレてるんですねぇ。可愛いです。と思っていたら、ツァオの全体像(ラフ)を見て、この人も似たような感じでした。東方風はみんなこんな感じのズボンなのかもしれないですね。

あとはグレイスは24歳だったんですね。ケビンの一つ上なんですなぁ。なんとなく、もう少し上かと思っていました。
マルコーニ会長はOPで映っていた、ワイングラスを傾けた絵が。そういえばFCのOPでは同じくワイングラス傾けて座っていたのはリシャールさんでしたね…。とても悪役っぽかったです、あれは(笑)
小物臭が微妙に漂う准教授こと、ヨアヒムのCVはEDで見つけたときに思い切り噴出した記憶があります。だってクルツさん!!ついにクルツさんがラスボス進出とは…(笑)
しかしラスボスだったのにとても小さいですな!!!
教授のときとは大違いです。
ソーニャ副司令の全身ラフも載っていたのですが、この表情たまりませんな!!この表情のソーニャさん見てみたかったと!!これはレイモンド捜査官が色々言われたいと言っていたのが、ものすごくよく分かる表情だな、と。

NPCセレクションとして、一部のモブたちの説明もありました!
個人的にゲイリー教授とラゴー教授が載っていたのが嬉しかったです。前も書きましたが、ゲイリー教授の「チェストォォォ…!」は爆笑しました。



エニグマカバーやストラップのことも詳しく載っていました!
特にゲーム中で見られなかったレンのはここだけだそうです。黒地に赤い猫のが可愛いですね。ストラップは抱いていた黒いウサギのようですなぁ。ストラップつけないダドリーはさすがだと思います。
エニグマストラップも詳しく載っていました。ロイドのはガイの形見もつけてたんですね、気付きませんでした。
エリィも両親との写真が入れてあったなんて!ノエルは私服も可愛いですし、可愛いものが似合いますよね。ノエルも可愛いです。フランも可愛いですけど!



個人的にこの設定集で、一番おおっ!ときたのがリベール・クロスベル・エレボニア・カルバード・レミフェリアの位置が分かる地図でした。
リベールとクロスベル以外はほとんどが雲に隠れてしまっていますけど、こういう風な位置関係になってたんですね。しかし帝国と共和国はとんでもなくでかいですな。ゲームになったらどうなるんでしょう。行ける地域が限られそうな?
あとはレマン自治州や、オレド自治州の場所も気になります。
エレボニアは明かされている、ガレリア要塞とパルム市(オリビエとミュラーが視察に行っていた場所でしたっけ?)カルバードはアルタイル市のみ書かれていますね。
ここでもレイストンという文字を見てニヤニヤと(笑)
クロスベルはリベールの約半分くらいの大きさですかね?
あとはマップなどのラフなども載っていました!極秘設定集のが主っぽいですなぁ。色々コメントもあって楽しいです!
帝国の首都デザインとか帝国軍詰め所とか気になるコメントの所もあり、今後に期待です!!帝国編はいつですかー!



サブイベントが網羅してあるページもありました!!これは嬉しいです。見てみると、落としている箇所もチラホラ!
ぜひ全部見てみたいですね。そしてやっぱりクマのぬいぐるみはバンバンと!!!
クロスベル支部の遊撃士のシフトも載っていました。クロスベルは単独行動が滅多にないですよねぇ、そういえば。
あとはトランプコレクションも!!モトロさんに大興奮!!!
最後は空の軌跡との繋がりの説明をしたページも。アントンとリックスはやはり大事ですね!!
というか猫語日常会話の部分がありましたぞ!!!アントワーヌとミシュラムに行きたいです、とても。

そんな感じの一冊でした!チャートを見ながら、またプレイしたいと思います。
個人的には、空の軌跡FC・SCスペシャルコレクションブックみたいなのが出てくれると一番嬉しいなぁと!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. ななみゆき | URL | -

    某攻略本のキャラ紹介ではダドリー・ソウサカーンでしたね。こんちわー!

    この人のファミリーネームは一体何なのか。
    相変わらずネタネタしい男です。と言うか、ふいた(笑)
    今まで攻略本を出していた某社の本のレイアウトや紙質があんまり好きではないので、メディアワークスが発刊してくれて嬉しい限りです。
    エニグマストラップとか猫語とか、細かい所にも力が入っていてニヤニヤできますよね。

  2. ひのぼう | URL | -

    こんにちわー。
    攻略本、買おうか迷ってたんですけど、資料集的に充実してるなら買いですね。

    俺もスペシャルコレクションブック激しく希望します(笑
    まあ出るならSCで完結してからかな?

  3. マリー | URL | 1JkepbtE

    もうこれはファミリーネーム確定!?(笑)

    ななみゆきさん

    一人だけやたらめったら浮いていましたね、名前が!!!
    一人だけ漢字かよ!一人だけソウサカーンかよっ!と。
    さすがダドリー様ですな。クルツさんと軌跡界のネタキャラ頂点に君臨ですな。
    今回の本は攻略本攻略本してましたよね。読みやすく、分かりやすかったです。あとは全部カラーとか(あ、3rdはカラーでしたね)構成とかも良かったです。某社のは独特ですな~。
    エニグマのや猫語のところとか細かい所があって良かったですね!まさか猫語まで網羅してあるとはっ。さすがコッペです。
    ニヤニヤしながらまたじっくり読みたいです、ソウサカーン!

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    コメントありがとうございます!

    ひのぼうさん

    こんにちは~!
    攻略本、今回は自分は買いだと思いました。資料集の部分も、特にエニグマカバーとかストラップとかマップ部分は非常に充実していて楽しかったですよ!

    スペシャルコレクションブックはやはり激しく希望しますよね!?(笑)
    あれは素晴らしかったですよ!感動しました。
    続編のあとにでも是非出して欲しいですよね~!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)