タクティクスオウガ 運命の輪 プレイ日記5

2010年11月17日

嬉しいのと悲しいのがいっぺんにきた流れでした…。
そしてゲームにハマると睡眠不足がですねぇ…ネ・ルー…

3章のダムサ砦までです。以下ネタバレ含むので追記に。
【すくいきれないもの】

ランスロット・タルタロスたちのシーンからでした。
再度中立を保つことを約束し、バクラムへは枢機卿職をくれてやると言っています。どうやら任務はこの島の制圧ではないようです。ゼノビアのやつらに悟られるわけにはいかないと言っています。
そしてプランシー神父をなんとしてでも取り戻せと。デニムの父親はそうとう重要な鍵みたいですね。
そこにオズマたち姉弟が。弟はオズという名前みたいです。この姉弟は解放戦線を任されたようです。

今度はロンウェーのシーンに。デニムにヴァイスを討てと言いました。何もいえないデニムにカチュアはついに怒り出て行ってしまいました。デニムにとっても複雑でしょう。
そしてレオナールとガルガスタンの残党狩りに行き、生き残った者は仲間にすることになりました。
称号が帰還した英雄になっていました。帰還しましたがなんというか…。
そういえば、ロスローリアンが探しているマナフロアという人物は人かどうかも定かではない、一切が謎みたいです。気になりますね!

城を出ようとすると、ミルディンたちのシーンに!
ウォーレンは意識が戻っていないようですが、命に別状はないようです。ホッ。それにしてもウォーレン・レポートの曲が素敵過ぎます。大好きです!
ミルディンに、ランスロットやギルダスのことを聞きますが別れたまま行方知れずだそうです。心配だ…。
さて、ヴァイスの話になり見殺しにしないと固く頷くデニム。ミルディンが加入してくれました!!おおお!

SS_0020.png



ボード砦に行くと、デニムの父親が!!オズマがハイムに連れて行こうとしているみたいですね。
そしてオズがセリエを捕まえたと!!セリエは神父と知り合いのようですね。神父はセリエに、私は死なないから生きろと告げて連れて行かれてしまいました。
解放戦線はセリエ以外はオズにやられてしまったようです。
で、この戦闘なんですが!!セリエ救出するのがむちゃくちゃ難しかったのです!!
一体何回挑戦したのか…。まずセリエを回復しようとするも、遠すぎる上にうろうろするセリエ!
一旦、レベル上げに戻ってまた挑戦。とにかく囮要因と、セリエ回復要因をいち早く敵側にと思い、回復&囮要因としてカノープスの装備をすっぽんぽんにして挑みました。あとはたくさん動けるニンジャも囮にしてとにかく上を目指します。
なんとかセリエに近づいてキュアシードをガンガン使いつつ、それでも失敗したら戻る機能でちょっと違う位置に囮をおいてオズがそっちに攻撃をしかけるように仕向けました。その間にデニムたちはがんがん登り、オズを全力で攻撃してどうにかなりました。運もあったと思いますが、かなり難しかったです…。
なんとか戦闘を終えるとアロセールが不満を訴えました…。なんといってもまたロンウェーの下に戻りましたからな…。

セリエからは、やつらの狙いは島の覇権ではなくデニムの父親だったことを聞かされました。
マナフロアを唯一知っているのが父親だったと!1年前のゴリアテも父親を捕まえるためだったのですか…。
セリエも加入かな?と思ったら仲間にはなってもらえませんでした。まぁそうですよね…。
称号が暗黒騎士を破りし者になりました。



城へ戻るとヴァイスはまだ行方不明のようです。そして暗黒騎士を倒してしまったのを色々言われてしまうデニム。
公爵は、バルバトス派残党の殲滅とコリタニ城をまとめるの先と言って来ました。そしてアシュトンにギルダスらしき人物がいるとの情報に、逃げ出したのだろうと馬鹿にした人物に怒鳴るデニム。ギルダスはデニムをかばってくれた人です。当然でしょうなぁ。
アシュトンに向かう前に、まだ怒っているカチュアに父親の生存を教えます。

SS_0021.png

が、神父は本当の親ではないと!!私たちは捨て子という衝撃な言葉が。

SS_0022.png

そしてデニムに、ヴァイスを見捨てたようにたった一人の肉親である自分もいつか見捨てられると言って去っていってしまいました。思いがちゃんと伝わらないのはもどかしいものです。



タインマウスの丘ではまたガンプが!久々ですね!お友達も増えたようで!!が、また逃げてしまいました。
港町アシュトンへ着くと、ギルダスが!!!!

SS_0023.png

なんか変です。ゾンビのような色ではないですか!しかもどこかへ行ってしまいました。まさか死んでしまったとかではないですよね…?
ゾンビで溢れている街からデボルド兄さんと妹のオリアスを救い、話を聞きます。
そしてギルダスはゾンビだと…。ということは本当に死んでしまったということですよね?
ガーン…凄いショックです
この事件の背景には死を弄ぶものがいると。まさかニバスか!?と思ったらやはりそうでした。しかもオリアスたちはニバスの実の子供であるというのです!デニムは自分の父親を殺すというのか?と言い、デボルドが姿を見せました。
「き、きみは、いったい?───生きているのか!?」というデニムに、首から下は他人の身体という衝撃的な告白を。見せしめとして処刑されたが、ニバスが”反魂の術”を用いて蘇らせたと話してくれました。
ニバスは術を完璧にするために人体実験を行っている。子を殺した枢機卿に取り入ってまで欲望を満たそうとしている。それを許せないとオリアスが言いました。確かに子としてもとうてい許せない気持ちになるでしょう。
1 わかった。仲間として迎えよう。
デボルドとオリアスが加入してくれました。称号が屍人の救済者になりました。
ともかくギルダスを助けなくては!!



ヘドン山ではなんだか見たことがあるような人が。娘のクレシダさんはとてもミステリアスな美人ですね!
カサンドラはモルドバの仇!と言ってきました。ああ、あの人の母親だったんですね!
最後はニバスの薬を使うも作用せず亡くなってしまいました。
バンハムーバの神殿にいくと、クレシダがいました。デニムは、おとなしく降伏と求めますが戦争を続け大勢の命を奪っておきながら死者の冒涜云々はと返されてしまいます。これもまた的を得てますよね。なんだか全員言っていることが正しく聞こえてきました…。
そしてダムサ砦に。ニバスは”完全なる死からの復活”を目指しているようです。そしてギルダスも失敗作だと…。
ギルダスはデニムをかばった際に亡くなったようです。信じたくないです…。ガーン。
ギルダスに話しかけても記憶が全くないという状況にまたショックを…

SS_0024.png

ニバスを討つもまたも逃亡。そして最後にギルダスは記憶を取り戻したようでした。

SS_0025.png

「そうか、おまえは無事だったのか。そいつはよかっ…た…」
安らかに眠ってほしいです。ギルダス…ギルダスとミルディンとカノープスでまた一緒に戦いたかったです。
他のルートだとどうなるのでしょう!全部のルートが気になります。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)