ペルソナ プレイ日記4

2011年04月19日

まったりと進めています、ペルソナです。
いやはやA Lone Prayerはやっぱり大好きな曲です!何度聴いても全く飽きがこないです。
合ってるかどうかはさておき、音楽がいいゲームは個人的には楽しいゲームが多いです!

あきに入れてあげないよーと言われたところから、幽霊屋敷にいくところまでです。ネタバレなので追記に。


コメントで、南条君の真価は「物で釣る」だ!と教えて頂き、早速試してみて爆笑しました!!南条君やはり可愛過ぎる!!
南条君のサイン入りブロマイドとか自分だったら100%釣れますよ!!
しかしいまだにどの悪魔に誰のどういう話がいいのかが微妙で、失敗ばかりしています。
あと悪魔のLvのが高過ぎてスペルカード貰えない事も多々…Lv上げしないとダメそうですかね?

さて、《マナの城》というところへ行きました。あきがいましたが、入れてあげないよーだと言われてしまい、迷いの森へ行くことになりました。
また西側へ戻るんですねぇ…。ここで南条君が、あきに踊らされている気がすると言っていました。はて?

西側へ戻り、そういえば行ったことがない《御影遺跡》にも足を運んでみました。
ここは悪魔のLvが低いのでカード集めるにはいいですね!奥へはどうやら進めないようです。何があるのでしょう。
そして《迷いの森》へ。迷いとついているのでビクビクしながら進んでいると、ここで悪魔の話し合いに大失敗し、初のゲームオーバーを食らいました(笑)
どんどこ進んでいると、お菓子の家っぽいのが!!入ってみると白い女の子がいます。そしてマークが早速泣かしましたよ(笑)
しかしこの子はあきと似ていますねぇ、なんて思っていたらあきもまいなのだそうです。悪いまいがあきというわけですね。神取が悪いまきを出したようです。
そしてまいの宝物であり、神取が欲しがっているというコンパクトで、この街を作ったのだそうです。どういう力なのでしょう…。
ここでまいから幾つか質問をされます。真面目に答えましょう。「逃げるな」「みんなのため」「その答えを探すため」にしてみました。優等生的な選択をしましたな。
しかしこの最後のその答え云々は零の軌跡のOPを思い出しましたよ、思わず。
まいからコンパクトを借りることが出来、そしてこのコンパクトがマキのと同じだということも判明しました。
というと、まいとあきはマキなんですかね?この世界は元気だったらというマキの願望の世界なのでしょうか??うーむ、どうなのか非常に気になります。



東側へ戻る前に装備を整えるのですが、すぐに金欠になります…全然防具が揃えられないです…。
一応防御力の高い身体部分を全員分揃えて出発!

《マナの城》へ着き、コンパクトを嵌めると入り口は開くものの、コンパクトは取られてしまいました!
しまった!そういう仕組みだったんですね!!南条君はこれに気付いていたからこそ、踊らされていると言っていたんですねぇ…
しかしこうしないと神取に会えないから黙っていたというわけですか。南条君、凄いです!
というわけで、どんどん進み神取の部屋に到着。
すると城戸が倒れていますよ!!一人でここまでどうやって来たのでしょう…
さて、揃ったコンパクトで何が起こるのかを目の当たりにします。あきが鏡を取り出すとムービーが!
元の世界に変な建物が出来てしまいました!!その部分街が消えてしまったのですが、なんてことをしてくれたのだ神取!!
初対面のときから猛烈に怪しかった神取は、この建物を”デヴァ・ユガ”と名付け、しかも自分が神になると宣言です。どこかで聞いた事があるような話ですね。
神取は元の世界に一足先に戻ってしまいました。ここでボス戦です!
が、このボスは南条君とマークの体力が少ないところからスタートです。しかも強いんですけど…気がついたらアイテムも尽きて(金欠で全然買ってませんでした…)ブラウン一人。ブラウンでちくちく攻撃していたらやっと倒せました。お陰でブラウンのレベルだけ物凄く上がりましたが。
なんとかボスを倒すと、既に諦めモードのブラウンですが、マキの言葉で復活!元の世界へ戻るために幽霊屋敷に駆けつけます。
その前に、マキが幽霊屋敷で誰かに怒られたなんて台詞が。やっぱりマキが重要人物っぽそうですな。
というわけで次は幽霊屋敷からです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 白夜叉+ | URL | -

    なるほど
    じゃあ神取さんがキラである確率は99.999999%ですね

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    白夜叉+さん

    神取「新世界の神になるっ!」
    そして小畑氏の絵になって…って主人公がいい歳したオジサマな少年漫画ってあるのか!?
    他にも某ソフトでもこんな展開があって、デジャヴか!なんて思ったりもしました。
    こういう展開は多そうですなー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)