タイバニ 22話感想

2011年08月28日

 熱く魅せられた前回!!やっと1週間待って続きが見られましたよ!!
 どうなるのか気になって気になってしょうがない日々&本日はいつもより配信が遅めなのでじれったくもなりました(笑)
 というか今回UST途中で2回くらい一瞬止まったような…?

 以下ファイヤーネタバレなので追記に、そして追記に。
 ※毎回配信直後に何も見ず記憶を頼りに書いているので、時系列や台詞などはあやふやです。ご了承下さい。


 今日のインタビューはファイヤーエンブレム役の津田健次郎さんでした!ファーイヤ~ン!
 TIGER&BUNNYの魅力は、話の大筋がまとまっていてかつ遊べるところ。ポップな所だと!ご自身としては、シリアスな部分はしっかりと決めて遊ぶところは遊び、決めるところは決めるところも大事だと。分かりますな~、タイバニって本当にシリアスなお話でも遊ぶ部分が色々散りばめられていて、そこも見ていて楽しいです部分ですよね。
 ファイヤーエンブレムとしては、虎徹やロックバイソンはやはり距離感が近いようですね。最初の頃はまだまだ他のキャラクタとの絡みが少なかったものの、ブルーローズの恋愛話につっこんでいくなど彼女たち女子ズも距離が近いとか。ハンサムとか他はあまりないですねぇ!
 それからアドリブはいっぱいあるようですねぇ!やはりファーイヤ~ンという台詞や、男性版のファイヤーとの違いなどが面白いと。ファイヤーエンブレムというキャラクタだからこそいっぱい遊べていいですよねぇ。
 個人的にお気に入りの回は沢山遊べた6話だそうです!!あれはネイサンの魅力がたっぷりでしたね。落ち込む虎徹に腕枕してあげるわよ、と気を遣う姿。愛車を燃やされて出た地の部分(笑)ハンサムが出ると虎徹の扱いが雑になるなど、ネイサン回でしたな。
 それにしても津田さんのインタビューは撮影している方が特に津田さんの映し方を熟知している感じがしたのは自分nだけでしょうか!?とてもかっこよかったですね!!
 最後の「津田健次郎よ」と遊んでくださった津田さん最高でした~!!



 殺人犯鏑木・T・虎徹は、ベンさんとの協力により秘策を思いついたと!
 アポロンメディアに全ヒーローを呼び寄せ、クソスーツでワイルドに吼えます!実況では、ワイルドタイガーの旧スーツを着ているとされてましたね。
 また出動待機しているバニーに対し、マーベリックが「感情的になるのが君の唯一の欠点だ」とズバリ。
 このシーンは意外だったというか、マーベリックの本性が出たのかな?と思いました。ズバリ指摘されてすぐに黙り込むバーナビーでしたし、まさかマーベリックにそんなことを言われるとは思ってなかったのかな?と。
 バニーはずっと優秀で、そつなくなんでもこなすまさに優等生だったでしょうし、マーベリックも叱ることもあまりせず(というかそうしなくても良かった)だからこそこの言葉は重かったのではないかと思いました。
 そしてマーベリックもそういうことを口にした時点で余裕もなくなってきている証拠ではないかと。

 虎徹はというと、どうにか思い出してもらおうとクソスーツでハンドレッドパワーを発動!
 決め台詞である「ワイルドに吼えるぜ!」と言ったり、色々なポーズを取ったりしましたが、全く誰も思い出しません。
 俺が殺人なんてするわけないだろう!と必死で訴えますが、それすら届かず。今回でも記憶が戻らないのか?と思ってしまいました。
 悠長に虎徹の話を聞いているヒーローたちに、さっさと捕まえなさいと指示するのはアニエス。
 ヒーロー6人に囲まれ、虎徹がぼこぼこにされてしまうのかとドキドキでした。真っ先にスカイハイがジェイク戦のように「今の私は最大風速計測不能!!」でしたが、今回はアレンジされてましたね(笑)
 「最大風速計測不・能!!」みたいな!風の魔術師のノリノリっぷりが凄かったです。
 前回のスカーイハイハハーイと言い、絶好調じゃないですか!!15話で己の壁を本当に乗り越えられたんだな、と改めて嬉しくなりました。やっぱりスカイハイにはこうやって明るく自由に空を飛んでてもらいたいですね。

 フルボッコフラグが立った虎徹が次にしたことは、ヒーローたちの過去を話すことでした。
 虎徹はドラゴンキッドに歩み寄り、市長の息子のサムを預かった話。そして両親がくれた髪飾りをつけるようになったことを話しました。プライベートでしかつけてないそのアクセサリーの話を「何で知ってるの!?」と驚くドラゴンキッド。
 次にブルーローズに、本当は歌手になりたかったことなどを話し、折紙にはヒーローアカデミーでのヒーローとしての自信の話などを次々に打ち明けました。
 ここまでは実際に放送された話なので懐かしいな、とじ~んとしながら見ていたのですが次からが爆笑でした!
 スカイハイ、まさか目玉焼きの黄身の部分をすすっていたとは…!!(笑)
 虎徹はどこでそれを見たのか気になります!!元キングオブヒーローの凄い暴露話ですね!
 そしてファイヤーエンブレムが昼夜ヒゲと腋毛の手入れをしていることも暴露!さすがネイサンです!!ずっと気にしているとは…!
 親友なのに全然気付く気配のないロックバイソンには貸した20シュテルンドル(数字があやふやです…)のことを!しかし全然思い出しません。高校時代からの親友なのに…本当ロックバイソンです!



 こうやって過去を話すも、ドラゴンキッドに「ストーカー!?」と言われてしまい、ついにはスカイハイに手を掴まれてしまいました。
 しかしブルーローズだけは、「私はその人が殺人を犯すような人に見えない」と!!
 やっぱりブルーローズが1番最初に気付いたか!と嬉しくなりました。そしてしつこいようですが、高校時代からの親友であるロックバイソンはそんなブルーローズに「情に訴えかけてるだけだ!」と。お前~~!!と思いましたが、そんなのがロックバイソンですよね。そこが彼の魅力だと思います。
 しかしそれでもダメだったかと見ている自分もしょぼくれていると、なんとそこに現れたのは楓でした。
 必死で父、虎徹の無実を訴えると能力が発動!白いたまのようなものが頭上に現れたかと思うと、その場にキラキラと散っていきました。
 スカイハイの「おや?」でついに全員の記憶が戻ったことが判明!!楓がコピーしたマーベリックの能力がここで発動されました。前回、楓がマーベリックに触れた瞬間勝利だと思ってましたよ!
 全員、何が何だか分かってないようですね。ここで面白かったのはやはり虎徹とロックバイソンでした。虎徹はバイソンって呼んでることも何気に判明しましたね!「ゲス野郎って2回も言われたぞ!?」と突っかかられてました。こういう虎徹とロックバイソンの気が緩んでしまう関係がいいですよねぇ。
 そしてずっと信じてくれたブルーローズにも真剣な顔で「ありがとう」と言っていました。これは惚れ直すでしょう、ブルーローズ!頬を染めて虎徹を見ないようにする仕草は本当に可愛かったです。

 楓がマーベリックの能力をコピーしたことも分かり、黒幕がマーベリックだということを全員に告げる虎徹。
 そして和やかな雰囲気の中、楓が全員に挨拶を。しかしまぁしっかりした子ですよねぇ。友恵さん似なんでしょうか?
 スカイハイもいい挨拶だ!と声をかけますが、楓はバーナビーはどこどこ!?と。ちょっとスカイハイが可哀想でしたが、そこも良かったです(笑)
 
 その様子を見ていたマーベリックはついにバーナビーにGOサインを。
 一体彼はこのあとどうするのでしょう。最高視聴率を取れたと報告しているアニエスをまたも操作しそうな感じでしたが、急に電話も切ってましたしね。
 しかしそれでアニエスがどこかへ走っていってましたが…アニエスとマーベリックの行方も非常に気になる所です。
 マーベリックとしてはこのままでは捕まるだけですしね、一体どうするのでしょう。

 そうしてヒーローたちの前に現れたのは、怒りしかないバーナビー。
 バーナビーとの再会に嬉しいはずの楓も、これが対面ではピンチです。そこですかさずコピーした能力でバニーの記憶も戻してくれと頼みますが、なんと発動されたのは風!!
 楓が挨拶したときにスカイハイが触れてしまったからでした…なんということでしょう!という感じですよね。一瞬、なんてことを!と思いましたが、まさに誰も悪くない状況と言いますか。互いとのことになるとどんぞこまで間が悪くなる、虎徹とバーナビーらしいです。
 他のヒーローたちの言葉に耳を貸さず「サマンサおばさんをどうして殺した!」と詰め寄るバーナビー。
 そうですよね。バーナビーは虎徹とは信頼関係を築いてきましたが、他のヒーローたちとはやっぱりまだまだですよね。むしろこれから作っていく、という感じでしたしね。もしもここで他のヒーローたちとも少し打ち解けていればまだ違った展開になったのかな?とか妄想しました。
 そんなバーナビーは、いきなりお得意のキックで攻撃してきますが、ここを守ったのがなんとロックバイソン!!!いやはや凄く魅せてくれましたね!!
 今までいいとこなしが彼の魅力でもありましたが、こうされるとは…!今回1番かっこよかったシーンではないでしょうか?
 そして虎徹は、俺に何かあったら楓を頼むと親友に託し、バーナビーの記憶を戻すために出ていってしまいました。
 最愛の友恵との宝物である楓をロックバイソンに託すほど、やっぱり二人の絆は深いんですよね。全然思い出してくれなくとも、こうしてお互い繋がりあっているのが垣間見れて、凄く嬉しかったです。



 バーナビーの記憶を戻すため、まずは今のスーツへと着替えるタイガー!
 というか斎藤さんはもしかして記憶失ってなかったんですか!?それとも自力で思い出したのでしょうか!?抱き合う二人と斎藤さんのブキミ(褒め言葉)な笑いが、ああ懐かしい!と。
 緑が映えるヒーロースーツを身につけ、いつも二人で出動していたバイクに跨りバーナビーを待つ虎徹。何故!?とバニーは敵意むき出しにしますが、それをさらりと交わして走り出します。
 道路では、巻き込まれ子ちゃんも非常に今日は活躍でしたね!!ここのカーチェイスっていうんでしょうか?はアツかったですね~。
 ああやって虎徹のバイクはサイドカーになるのか!と今回初公開されましたしね。サイドカーに座り、いつもこうしてただろ?と言うも、まったく分からないバニー。ひたすら虎徹を攻撃しています。虎徹が顔を殴ると、更に怒りも増していますしね。
 この顔を殴るシーンは、あの平手打ちを思い出してしまって少し悲しかったです。あれからどんどんズルズルとこうなっていったんですよねぇ。
 虎徹は最初に出会った場所、お姫様抱っこで助けてくれたことも言いますがそれも聞く耳持たず。
 ひたすら語りかける虎徹に混乱もし続けているのでしょうか?2人は最後、バイクを乗り捨て、5話で初めて息ピッタリになったと斎藤さんから言われ、そしてお互い照れていたグッドラックモードを発動しお互いめがけて――

 あああああ!!こんないいところで終わりですか!!!!という感じです!!
 次回どうなるのでしょう!?
 あのバイクは船に落下したのか!?とか、あのままだと二人とも船か海に落ちるんじゃ!?とか記憶戻るのはお姫様抱っこなのか!?とか色々と妄想が止まりません。
 それに残ったヒーロー組の前に現れたブラックタイガーというか偽ワイルドタイガーの正体は一体なんだったのでしょう!?
 スカイハイがフェイスオープンにしていましたが、やはりロボットなのでしょうか?



 足の裏にほくろがある方虎徹です!ですか!!
 今回はヒーローたちのかっこよくはない暴露話も聞けて、ああこれがタイバニのヒーローたちだよなぁ!とにんまりしてしまいました。いいですね!!
 しかし残りあと3話ですか。一体どうなるのでしょう!?マーベリックはどうするのか!?
 今回も1週間が長く感じられますが、みんなの記憶が戻ってホッとしているので、いつもよりはハラハラ感が少なく済んでおります。
 やっぱりヒーローみんなのいつもの可愛い顔はいいですね!!元気になれます。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. マリー | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    はるさん

    はるさんのコメントに嬉しさのあまり目から涙で画面が見えません!!
    こんなに嬉し過ぎるコメントを頂けて本当に本当に心からありがとうございますとお伝えしたいです。
    いえ、ここは\ありがとう、そしてありがとう/ですね!

    タイバニという作品が物凄くいい作品ですし、自分もとても大好きなのでついつい書くと止まらなくなってしまいます!
    どのキャラも(敵味方問わず)魅力的ですし、お話も王道な所は王道で、でもどこか遊び心があって凄く楽しいですよね!!
    残り3話となりましたが、楽しんで書いていきたいと思います。
    こうして、はるさんと出会えるきっかけになったタイバニにも感謝感謝です。

  2. neco* | URL | 9f0rHTfc

    タイバニ22話!

    ようやっと見て来ました~
    失念しないうちに感想をば。

    今回のキャストインタビューは津田さんだったンですね!
    USTの特典ですよね~羨ましい!
    でも、こうやってマリーたんとこで感想聞けるの嬉しいです♪

    虎徹さんがいちいちカッコよすぎてたまらんす…!
    OP入る前の「行くぞ」って一言。
    色々な決意が入り交じっていて、何があってもきっと諦めない虎徹さんに希望を貰う。

    >マーベリックが「感情的になるのが君の唯一の欠点だ」と…
    私は、記憶操作されておきながらもマーベリック家に引き取られたバニーは、
    それなりに家族として共に時間を過ごしていたのではないかな?と思います。
    そうでなければ「僕の夢は…」と、虎徹さんに語ることもなかっただろうと。
    (例えマーベリックが仮面を被っていたとしても)家族としての体裁を取っていたからには、
    マーベリックは時には厳しい言葉もかけたのだろうと思います。
    このシーンでバニーが言葉に詰まったのは、本当の父親のように信頼・尊敬(記憶操作で)
    しているマーベリックに注意されたからだと。
    個人的に深読みすれば…ジェイク戦で逸るバニーを「冷静になれ!」と
    何度も声をかけた虎徹さんの声が少しでも脳裡に蘇ったのだったらなア…

    ベンさんと話している時に思いついたという秘策。
    一体(あのおじさんが)どんな秘策を思い付いたンだろう…
    と思ったら、案の定、行き当たりばったりでしたね…;
    おじさん、そんなので思い出したら苦労しないよ~
    でも、こういう無鉄砲さが虎徹さんのよいところだと思います。
    考えるより、行動しろ!
    やってみなけりゃ、分かるかよ!
    そんな虎徹さんの心意気に心底惚れます。

    「今日の私は最大風速、計測FU・NOU!!」
    もうもう…スカイハイはどこまで行ってしまわれるの?
    初っ端から笑わせて貰ったよ~
    この微妙なアレンジがいいね。
    スカイハイの中の中の人のノリノリ具合も想像できます。
    スカイハイ=キースは、天然だけど、とても強い芯をもっているよね。

    ワイルドタイガーが一番、色んなヒーローズと絡んでいるのかなア?
    各ヒーローとのエピソードを暴露していくシーンには、懐かしさも笑いも含め面白く見ました。
    スカイハイと目玉焼き。
    こ、虎徹さんは一体どこでそのキースを見たンですか!?
    詳細に教えて頂きたい…!!!オフですよね、オフの日ですよねー!?
    キースの目玉焼きは黄身は普通に。キースメモメモ。
    (私は固焼き派…どうでもいい)
    ネイサンはきっとブルジョワやから脱毛してるのだと思ってました…
    しっかし、昼夜気にしているとは、乙女ですな…!益々ネイサン好きに…!
    毛の手入れをしているネイサンって…何だかちょっぴりシュールですね;
    ロックバイソン…何だか見る度お茶目に見えて来ましたー
    貸した20ドルは飲み屋での貸し借りかな?
    一緒によく酒を飲む友達だってのに…ホント。
    猛牛戦車の名の如く、思い込んだら何にでも一直線なんだな~と。

    「そろそろ落ち着いたかい?バーナビー?」「ええ」
    この一瞬のシーンの、怒りに燃えるバーナビーの瞳が…
    心臓掴まれそうです。
    記憶操作されているとはいえ、何の疑いももたずにおじさんを犯人と認識する…
    焦れったいね!

    楓ちゃん、颯爽登場!
    楓ちゃんのNEXTとしての能力はコピーで確定ですね。
    意外な人物との共闘…って父娘コンビ?もしや…?
    娘の引き出しを勝手に開けて、なかなか謝れなかったおじさんが、
    今回は素直に謝っている姿を見て、おじさん、父親としても成長したなア!
    と、何だかじわじわと胸にくるものがありました…
    回を追う毎に、それぞれのキャラクタが成長してゆく姿を見られていいですね~

    スカイハイ「目玉焼きの件のところで気付いていればこんなことには…」
    もうどんだけド天然…!
    明らかにひとりだけ浮いてるのですけど!

    タイガーがブルーローズに真摯な思いを込めて「ありがとう」という
    シーンはキューンときますな!
    タイガーは、ブルーローズの恋慕の情に気付いていないにも関わらずあの言葉は…
    罪な人…!

    タイガーとバイソンのフランクな関係、いいね~
    都合が悪くなるとすっとぼけて、話題を変えるバイソン…ふふ*

    ブラックバーナビー登場。
    いきなり怒髪天を衝く勢いでの戦闘モード。
    他のヒーローズの言葉も完全に届かず…
    「鏑木・T・虎徹を倒せ」
    という、洗脳までされているのではないかという位の狂気。
    そんな荒ぶるバーナビーがタイガー目がけたキックをブロックしたのが…バイソン!
    本当にこのシーンかっこよくて何度も見てしまいました*
    本編では時々可哀想な扱いをされたりもしますが…矢ッ張り決める時は決める!
    バイソン、惚れ直しました~

    「俺に何かあったら楓を頼む」
    重みがある一言、でしたね。
    でも、長年の親友だから愛娘を託せる。
    そんなふたりの関係を垣間見えて、私も嬉しかったです。

    斎藤さん、一体どうして…?
    何か色々考えてみたけど…よく分からんかったです;
    クソスーツ(愛)姿のタイガーだったので、素顔を見ていないから
    鏑木・T・虎徹だとは思わなかった…とか?
    斎藤さん色々と不思議が多すぎて読めませんな~

    巻き込まれっ子ちゃんが今回喋ったー!
    しかもタクシーの運ちゃんと一緒に「タイガー&バーナビー!」と。
    シュテルンビルトの市民は君たちのことを忘れていないんだよ!
    と、何だか希望が胸に湧きました。

    タイガー&バーナビーのライディングテクニック凄いね!
    惚れ惚れして見てました*
    しかしブラックバーナビーの攻撃が…小賢しい…ちまちまと…
    タイガーはバーナビーを攻撃するのに、遠慮しているようだね…
    矢ッ張りバディだから?傷付けたくないのかな…
    でも、虎徹さんがバニーに平手打ちしたのは、今でもアリだったと思ってる。
    バディだからこそ、本気でぶつかり合える。きっと。

    ブラックタイガーの正体は一体…?
    お互いにグッドラックモード発動での空中戦…!
    一体次回はどうなるの?
    物凄く尾を引く終わり方でしたね…
    次回も期待して見ましょう!

    足の裏にほくろがある方…
    ついつい自分の足の裏を確認してしまいましたヨ!
    それにしても…いつも意味深な予告ですよね~ね~?

    毎度毎度長々と感想返し申し訳ない!
    マリーの感想を見ると滾り倍増!

  3. マリー | URL | 1JkepbtE

    neco*さん

    津田さんでした~!本当津田さんはかっこよかったです!!
    あの渋い声に整ったお顔は凄いです!
    ただUSTは今回見たく視聴者がむちゃくちゃ多いと一瞬カクカクになったりするという(笑)

    >それなりに家族として共に時間を過ごしていたのではないかな?と思います。
    そうかそうか~!!これは凄く納得しました。
    そうでなければ、確かに「僕の夢は」と語ることもなかったですね。これは完全に失念していた。彼は育ててくれたマーベリックさんへの恩返しでヒーローTVを盛り上げたいと語っていたもんね。だからこそ、だったかぁ!
    もっともっとバーナビーのことを思い出して23話は見てみるようにするよ!過去も含めて見れば全然違う風に見られるですな。
    いやはや本当にありがとうございました!!これはもっと他にも見方があるのかな?他にどういう風に解釈した人がいるのかどうかも気になってきました。
    感想のまさに醍醐味!!

    >でも、こういう無鉄砲さが虎徹さんのよいところだと思います。
    そうそう!どんな秘策だ?と思ったら、やはりオジサンだったーと。そこがいいところですなぁ。
    でもそのくらいで思い出してくれるわけないと周りが思うようなことでも、思い出してくれるってそれだけ仲間を信じてたのかなとかも思えるようなシーンで、またよかったですな!

    スカイハイはノリノリすぎて最高っす!そして攻撃したり行動するのは彼からなのもまたツボでした!!
    そういえば、スカイハイハハーイはアドリブじゃないみたいだねぇ。今回の「FU・NOU!」はどうだったんだろ?
    目玉焼きのくだりは爆笑でした!!そしてneco*さんが固焼きなものメモメモ…自分は半熟派ですが、さすがにすすったことはないです(笑)
    今度挑戦してみようかどうか…
    そしてオジサンは一体どこでそれを見たのかは猛烈に気になって気になってしょうがないですが、暴走しそうなので感想では控えめに触れました(笑)
    オジサンちかキースの家なのか…!?

    オジサンと各ヒーローの暴露シーンはよかったね!
    フレッシュ組が心情もので、オールド組が癖とかそういうのもよかった!
    自分もネイサンは脱毛してるものだと思っておりましたが、日々手入れを忘れない!というその行動が乙女心を保つ一部なのかもしれないですな!
    ロックバイソンのお茶目っぷりが本当可愛いです!見た目があんな感じなのにドジっことか新ジャンルすぎるところも!

    >「そろそろ落ち着いたかい?バーナビー?」「ええ」
    neco*さんの感想でも、他の方の感想でも思ったのですが、今回自分バニーをあまりにも見てなさすぎたと反省です…
    22話はある意味感情むきエビじゃなかったむき出しなバニーに注目して見れば、色々思うところがあったろうに、本当見てなさ過ぎてバニーには申し訳なかったです。というわけで、反省して23話はしっかりバニーを見てあげたいと思います。
    今回自分は牛角さんに入れ込みすぎました(笑)

    鏑木親子バディ!!が意外な人物との~だったのかもしれないね!というか、残りでもまた二人で活躍するのかな?
    素直に謝るオジサン、そしてむくれつつも協力してくれる楓という、親子の成長も垣間見れて嬉しかったですなー!
    タイバニってキャラクタのちょっとした成長がこうして見られるのがいいよねぇ!!

    スカイハイさんは常に空気読めてないところがいいですな。ディナーショーとかも(笑)さすが天然!
    ブルーローズに対してのおじさんはよかったですなーー!!
    あれはぎゅんぎゅんでした。感情に気付いてないからこそ出来ることでもあって、さすがオジサン!!と。ブルーローズは一生忘れられない言葉の宝物を貰いましたな。

    黒兎の何も耳に入らない!!というのももどかしかったねぇ…
    こういうのがバーナビーだよねぇ、と思いつつあのバイソンさんに惚れ直しました!!
    かっこよすぎる!!ああいうところで、決めるとか反則級に!!
    しかもそのあとで、「楓を頼む」とかもう今回はオジサンとロックバイソンの話だろーー!と一人で盛り上がってました。
    なんだかんだ言いつつ、長年連れ添ってきた仲間なんだなというのは見られて本当に嬉しかったです。

    斎藤さんのは自分も謎です!
    クソスーツを自分でクソスーツと名付けたのを思い出したとか…?とか考えたけど全然分かりませんでした!
    とりあえず、斉藤さんは凄いというのは分かりました!

    巻き子ちゃんがまさかの大活躍で驚きました!!伊瀬さんも大活躍!!
    市民も忘れてないというのがここで描かれて、あとは感動のフィナーレまでまっしぐらーという感じがよかったです。

    二人のドライビングテクニックと言い、ヒーロー凄過ぎる!!と。
    まさか折紙先輩もこんなの出来るの…?とか想像して笑ってしまったのは内緒です(笑)
    ネイサンも凄いテクニックだし、ブルーローズも華麗な運転技術だし皆凄い。
    あの平手打ちは自分もとてもアリだったと思ってます!!
    あのシーンは重要すぎたと!今回もあくまで記憶を思い出させるためだからあまり手を出さないのだろうねぇ。バニーは「貴様ァァァ反撃かあああ!」が大分ネタになってますが(笑)

    エビの正体は誰なんだろうね!!!本当に気になる!!
    そして次回で記憶は戻るのかどうかもだし、今後どうやってもって行くのか気になりすぎます!!

    これは感想巡りしてて知ったのだけど、おじさんはバニーの足の裏にほくろがないことをどうやって知ったのかとかあって、ゴクリ…となりました!

    こちらこそいつも滾らせてもらっております!!!
    ありがとう、そしてありがとう!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)